初めての店舗開業を成功させよう>>

日本人は首狩り族なのでしょうか。日本人は源平の時代から戦のたびに、敵将の首を狩って褒美をもらってました。こうした習慣はずっと続き、新撰組の近藤の首がさらしものにされたりしてます。また西南戦争でも、西郷の首をさらされないように切り落としたと聞きました。明治時代でも、敵将の首を狩る風習は残っていたようです。こうした負かした敵の首を公然とさらしものにするという発想は、(首狩り族のように首を直接加工、保存はしませんが)首狩り族が戦争で倒した敵の首を飾る発想と近いものがある気がします。倒した敵兵の首を公然とさらす発想や習慣は、ヨーロッパやアラブでも日本の明治ごろまでなされていたのでしょうか。それとも日本だげなのでしょうか。歴史に関してはただの素人ですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

首狩族の一つと考えて問題はないと思います。


まず、戦場ですが武士は刈り取った敵の首を持って帰ることで、これが証拠になり恩賞がもらえました。その首がだれのものか判断する首実検も陣中でありますし、その首に対しての扱い作法も事細かくきめられていました。またその首に薄く化粧をほどこし見目良いようにするのは女性の仕事でした。戦場では味方同士で刈り取った敵の首を奪い合う首争いもありました。刈り取った首を入れる専用の「首袋」もあります。家紋で「串に刺した団子」という一見ほのぼのとしたものがありますが、これは槍に突き刺した敵の首をあらわしたものです。運動会の騎馬戦は帽子の取り合いですが、もちろんこの帽子の意味するものは首です
これらを見て他国の戦争と比較すると日本の場合首取りそのものが個人の目的ともとれ首そのものを特別視していることは間違いありません。

もちろん、首は生命の象徴であり死んだ首にはその人の力が宿るという考えもあります。また斬首は確実に相手が死にます。これらを考えると人を殺す場合、首をはねるという方法はもっとも効果的でまた宗教的見地からも納得のいく方法です。また示威的効果もたかいです。
刑罰としては1の方も書いておりますが、斬首は名誉のある方法でした。刑一等を免じて縛り首から斬首ということもよくありますし、ギロチンは罪人を瞬殺するための良心的な発明品でした。首切り役人は一発で首をはねないと見物人からブーイングをおこされましたし、首をきられる側も「うまく一発で切り落としてもらえるように」チップをわたしました。公開処刑というものは中世ではイベントであり市がたつほどでした。公開処刑の価値あることは原因と結果がよくわかることです。
子供心にも悪いことをすればどのような結果が待ち受けているかは容易にわかります。
現在では人権の名の下で密室でこっそりと行われます。人権保護主義者がどういおうと罪人のさらされた死体が本能的に原因と結果をうけとめるのはカラスの死体がさらされた畑にはカラスが近づかないことを考えても効果があるのは確かです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます、やはり首狩り族なんですね。首争い、首袋、騎馬戦まで首に関係しているとは、ちょっと怖いですね。

お礼日時:2007/12/08 23:43

合戦で敵を討ち取っても証拠がないと褒賞はもらえません。


かと言って、体ごと運んでいては、一人討ち取ったら、そのあとは合戦に参加できません。
足や手では、名のある武将を討ち取ったとしても誰かわかりません。
なので、首です。
その時代に、写メがあったら、首は狩らなかったと思います。
証拠の写真を撮って、本陣で待つ大将に送信したでしょう。

首をさらすのは、「敵=悪」が滅んだ事を民衆に報告するためです。
現在、犯人の写真が新聞に載るのと同じです。

どちらも、首を狩って喜んでいたわけではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。要するに首は証拠なんですね。首の重要さはわかったのですがたとえばヨーロッパの騎士達も、戦争で支配者が変われば日本の侍のように敵の将の首を公にさらしていたのでしょうか。

お礼日時:2007/11/21 01:49

中世とかそれ以前の神話の騎士でも相手の首を取るというのが映画の中


で出てきませんでしたか?300で、ギリシャの使いが王達の首を
持ってきたくだりがありました。

普通に今日がありますが、歴史上地球上で流された男の血はすさまじい量だと思います。覚悟の上でやっていたわけですから、普通の兵士でも
相手に切れらたり、銃撃されると分かっている中に進むわけで、

手を切り落とされり、目を付かれたり、腹部を刺されたり、そうゆう時代があって今ですから、彼らの偉業は忘れてはならないと思います。

第二次世界大戦でも、アメリカ兵は硫黄島で日本兵のすねの骨を
煮込んで骨だけにして首飾りにしていました。インディアンも相手の
頭の皮を生きたままはぎます。

普通の生活をしていたら分かりませんが、そうゆう生死を分ける
状況に常に身をおいて、戦うときは雄たけびを上げ高揚させ、会った
相手を殺す。という任務を遂行するわけですから、それをイメージすると単純に残酷というより、儀式を楽しむという事、であると確信しますが。

現代の感覚で良い悪いの問題じゃないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。たしかに戦場での兵士の心理は、現代の日本人には考えられないことだと思います。「第二次世界大戦でも、アメリカ兵は硫黄島で日本兵のすねの骨を煮込んで骨だけにして首飾りにしていました。」とは
恐ろしいことです、その人は復員してきちんと社会復帰できたか疑問ですね。

http://www.asyura.com/0601/bd45/msg/595.html

「ところで日本人も首への執着が強いように思う。中世の合戦は相互の大将の首取りゲームの要素があった。獄門という死刑にした上になおかつその首を晒すという刑罰には単なる“死”以外のものを首に価値づけているからである。江戸時代の赤穂浪士の討ち入りも吉良上野介を殺すことではない、首をとることに復讐の意義がある。吉良上野介の首を下げた行列を誇示して復讐のセレモニーが終了する。
 桜田門において水戸浪士によって井伊大老は暗殺された。水戸浪士が求めたのは井伊大老の死そのものではなくこれもまた首である。明治になっても西南戦争で敗れた鹿児島軍は大将である西郷隆盛の首をとられないように隠した。
 日本とカリマンタン島の中間になる台湾の高砂族も20世紀まで首狩りを慣行とした。日本人の首へのこだわりもその延長にあるような気がするが、民俗学の泰斗(たいと)柳田国男先生の膨大な著作にも日本人の首への執着についての言及は残念ながら一言もない。」

を読んでの疑問でした。こうした日本人の首狩りへの執着した理由はなんなんでしょうね。

お礼日時:2007/11/21 01:46

日本に限った習俗ではないでしょうね。


何故なら「刈り取った頚」というのは敵兵を倒したという「何にも勝る証拠」だからです。また、「素顔」を晒す事で斬首された者の素性を明らかにする効果もあります。斬首された者の知り合いが見れば、生前の面影を見る事も出来、より威圧効果が高い事でしょう。

敵兵の頚を晒さなくなったのは、戦死者が増えた近・現代戦が行われる様になってからではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。たしかに斬首にはそうした効果があるのですね。
やはり、日本以外でも敵の敗将の首を狩る風習は近代までのこっていたのでしょうか。

お礼日時:2007/11/21 01:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界の弓の威力について

歴史上の戦闘でもっとも威力があって射程距離が長かった弓はどこの国の何時代の弓ですか?それと比べて日本の弓の優劣はどのようですか?またそういったことを扱ってる本とかURLをご存知の方がいらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

当方弓道をやっておりますので、知る範囲でお答えします。
威力と射程は矢により変化(一般的に矢重に比例する威力と、矢重に反比例する射程はトレードオフの関係)するので、弓自体の性能についてお話しします。

 一般論になりますが、弓は当然ながら”強い弓”をより引き尺をとって使えば威力・射程とも上がります。
しかし引き絞った時に強いからといって弓にパワーがあるというわけではありません。
 正確には、「引き絞っていく途中の加重の積分値」が弓のエネルギーになります。
(平たく言えば、弓の引き尺に対しての加重をプロットしたグラフの、その曲線の下の部分の面積)
 木製・合板の弓や単純な湾曲の弓ではこの引き尺と加重がほぼ比例します。(和弓もだいたい比例します)
 しかし、強靭な材料を使い、湾曲を複雑にすれば、この曲線を上に膨らますことができるので、前者の弓と引き絞ったときに同じ加重でも(つまり、同じ筋力の射手でも)、より威力のある矢を飛ばせます。
 
この後者の条件に当てはまるのが、騎馬民族系の大きく湾曲した弓で、トルコ弓などとも呼ばれます。
(ちなみにコンパウンドボウという現代の弓は非常に高効率、正確なことで知られていますが、この弓をヒントに作られました。)

 そのため形状で言えば単純湾曲弓より、上記のような特徴を持つ湾曲弓のほうが高性能でしょう。実際、トルコ弓の最大飛距離は実用の矢で400m、遠矢用で約600mだそうです。
材質は、木だけのものは、折れるのを防ぐため引き尺が取れず(ロングボウは折らずに引き尺をとるために長いのです)しなりが少ないため不利で、木竹をあわせた合板弓(和弓はこれ)や、さらにはより強靭な角・腱・革を使ったもののほうが高性能でしょう。

結論として、ご質問のものは時代はわかりませんが、騎馬遊牧民族系の弓だと思います。

和弓では、長い距離を飛ばす競技で最高400mという記録がありますが、これは専用の軽い矢を使った記録なので、征矢では最大でも200m位だと思います。
因みに和弓は、番える位置が中心より下寄りになっているため矢は先端をやや上げて飛行し、遠くに飛びやすくなっています。

有効射程となると一口で言うのは難しいですが、
~2,30m だいたい急所を狙える
~40m だいたい人を狙える
~7,80m だいたい騎馬を狙える
くらいだと思います。
威力ですが、フライパンぐらいなら結構簡単に射抜けますし、
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/kyouken/kamakura/kyuba.html
かつて明珍の鉄兜を串刺しに射抜いた人もいます。

書籍ですが、確か歴史群像シリーズの『北条時宗』で蒙古弓と和弓の比較をしていたと思います。
あとは検索で見つけましたが
http://www.coatl-head.com/arc.html
の『武器の歴史(Weapons)』(マール社)が詳しそうです。
キャッシュでしか見られませんが
http://72.14.203.104/search?q=cache:gEp-EUHAqMkJ:
www.if-n.ne.jp/member2/netdh/Item/mktext.pl
%3Fcorpus%3D0%26id%3DOTAwNjU
も詳しいです。

当方弓道をやっておりますので、知る範囲でお答えします。
威力と射程は矢により変化(一般的に矢重に比例する威力と、矢重に反比例する射程はトレードオフの関係)するので、弓自体の性能についてお話しします。

 一般論になりますが、弓は当然ながら”強い弓”をより引き尺をとって使えば威力・射程とも上がります。
しかし引き絞った時に強いからといって弓にパワーがあるというわけではありません。
 正確には、「引き絞っていく途中の加重の積分値」が弓のエネルギーになります。
(平たく言えば、弓...続きを読む

Q右翼による菊の御紋使用がなぜ野放しになっているのか?

天皇家の紋章である菊の御紋を右翼が使っている事が多いですが、どうして宮内庁や天皇家は、これを野放しにしているのでしょうか?
最近では、菊の御紋=右翼=ヤクザという連想が多くの人にされるようになっていると思います。
このままだと、天皇=菊の御紋=右翼=ヤクザになってしまいます。こんな状況は、日本国民の統合の象徴である天皇のイメージや日本のイメージにとって非常に大きな問題だと思います。なぜ、こんな事が野放しになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

 kamesenninさんは、右翼が国民の統合の象徴である天皇、あるいは日本のイメージを負の方向へ持っていくと憂慮されていますが、はたして危惧すべきは右翼だけなのでしょうか。実際、一部の右翼とヤクザは癒着しているそうですが、ヤクザとの癒着は企業・自○党ets・・・・と他にもあります。やはり、右翼=ヤクザという考えは安直そのものではないのでしょうか。
 右翼の起源・歴史も知り得ないのに(私もなんですが)、嫌悪・凶悪・ヤクザ・恐怖などの感情に囚われ、似たような菊の御紋を見ただけで天皇=右翼=ヤクザと連想する我々市民の無知こそ、真に憂慮すべきことと思います。氾濫する情報を選別し、物事を一点だけに見ず、判断する柔軟性をもち得ることが、日本のイメージを高めることと思います。
 わかりにくいかもしれませんが、とにかく我々の無知さを先に憂慮すべきだと思います。右翼は二の次、参の次・・・・・・。

Q交通死亡事故の加害者はもう一生楽しみを持ってはだめなの?

8年前、ある団体で知り合った友人のことでお聞きしたいことがあります。
実は彼は10年くらい前に交通死亡事故を起こしていたことを最近知りました。
その犠牲者の告別式に向かう途中、彼の奥さんのお母さんが心労で他界。
以来、奥さんは彼に向かって何度となく「貴方は二人の人間を殺した」と責めるそうです。
そして家事をさせ、公休日にはなにかと用事を言い付け、町内の仕事をするよう命じました。
ささやかな楽しいことをしていると、「そんなことをして楽しむ権利があるのか」と言われ、
子どもの躾のことで意見しようものなら「貴方にそんなことを言う資格はない」と邪険にされる。
彼のカバンや携帯は常にチェックされており、私に限らず誰とでも気軽にメールもできず、
少しでも親しげな様子を見せると浮気をしていると勘違いされる始末。
彼女とのえっちは、もう8年もないそうです。
「そんなとこ触っても嬉しくない。下手くそ」と言われ、以来その気が失せたとか…。

この事故によって彼は勤務先にも得意先にも多大なる迷惑をかけたので辞職することもできず、
家では妻から酷いことを言われ、勤務先では身を小さくして働き、
何度も離婚してくれと頼んでいるそうですが、
まるで夫を真綿で絞める楽しみを手放すのが嫌だと思っているのか、
○○したら離婚してやるだの△△したらしてやるだのと請求が増し、
今は週3回深夜にバイトへ行っている始末。昼間結構きつい仕事をしてからですよ?
これでは彼はまた疲労から居眠り運転でも起こしそうです…。
というか、そうなるのをまるで奥さんは待っているかのような仕打ちです。

人一人の命(彼の場合は二人、ってことになるのでしょぅか)を奪ったのだから償うのは当然ですが、
だからといってささやかな楽しみに浸ることも、オトコとして性の悦びも、
自分の子どもへの愛情も全て無しにしなければいけないものですか?
生きていながら死んでいるのも同然の彼が哀れでたまりません…。
でも、彼はそれが罰なのだと耐えるしかないのでしょうか?
私が彼の奥さんの立場にいたら、やはり同様の仕打ちをするだろうか…。
私が彼の立場にいたら、やはり人生の楽しみは全て押し殺し、我慢して生きるんだろうか…。
飲酒運転とかとんでもないスピード違反とかなら殺人と呼ばれても仕方ないと思いますが、
そこまで悪質ではない彼が苦しんでいるのを見るのは忍びないのですが…。
交通死亡事故を起こした方って、皆さん彼のように自分を捨てて生きていらっしゃるんでしょうか…?

8年前、ある団体で知り合った友人のことでお聞きしたいことがあります。
実は彼は10年くらい前に交通死亡事故を起こしていたことを最近知りました。
その犠牲者の告別式に向かう途中、彼の奥さんのお母さんが心労で他界。
以来、奥さんは彼に向かって何度となく「貴方は二人の人間を殺した」と責めるそうです。
そして家事をさせ、公休日にはなにかと用事を言い付け、町内の仕事をするよう命じました。
ささやかな楽しいことをしていると、「そんなことをして楽しむ権利があるのか」と言われ、
子どもの躾...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。

>この事故によって彼は勤務先にも得意先にも
>多大なる迷惑をかけたので辞職することもできず、

文面からすると、彼は交通刑務所に入ったということですよね。

私は小学校低学年のときに弟を亡くし、加害者は飲酒運転でした。

今は、主に「飲酒運転撲滅運動」への参加や
「交通事故を失くそう」の活動へ参加していますが、
普通の会社では、加害者側に実刑が下った時点で、懲戒免職が現状です。

これは活動を通して得た知識を元に聞いているのですが、
迷惑を掛けたから辞職できないではなく、
彼に過失が少なかったからではないのですか?

歩行者が赤信号、運転手側が青信号で角を曲がったところで、
歩行者が飛び出しての死亡事故などもあります。
法的には、この場合でも運転手側の過失責任となりますが。

死亡を伴う交通事故は、新聞に小さくとも記事として載ります。
Elis_loveさんが、彼への温かい心情・思いやり溢れる気持ちは、
文面から伝わってきます。

彼の精神的サポートを考えられるのなら、
事実の正確な把握は必要かと想います。

彼の事故に関して、ネットで検索・もしくは図書館には過去の新聞が大きな本のように閉じてあるものがあります。

現状を知った上で、適切なアドバイスやサポートをしてあげて欲しいです。

・・・私事ですが、私は弟の加害者(飲酒運転)へ、事故当時、自分で、どうしようもないような相手への暴力的な感情に襲われた経験があります。

私は家族や友達の支えもあり、グリーフワーク(悲しみを癒し、悲しみを体験したことで学ぶべきことを知り、未来の力にする)を家族で繰り返しました。

今では、加害者へマイナスな感情はありません。

加害者も、飲酒運転への悔いを心に誓い、それ以来、断酒。
今は、飲酒運転撲滅運動の地域リーダーをされていて、時々、お逢いします。弟の命日には、手を合わせにきてくれ、深い謝罪の言葉と加害者が変われたことへの感謝の念を伝えてくれます。

加害者が交通刑務所に入っているとき、出所直前ですが、少しだけ手紙のやりとりをしました。弟の死によって、私たちは大きなことを学びました。

加害者も心からそういう気持ちになったことを知ったとき、弟の事故の意味するものを大事にしていく心情を築くことができました。

彼も、早く哀しみから脱却されると良いですね。
Elis_loveさんの思いやりが彼に通じ、彼が事故を乗り越えられる日を願っています。

初めまして。

>この事故によって彼は勤務先にも得意先にも
>多大なる迷惑をかけたので辞職することもできず、

文面からすると、彼は交通刑務所に入ったということですよね。

私は小学校低学年のときに弟を亡くし、加害者は飲酒運転でした。

今は、主に「飲酒運転撲滅運動」への参加や
「交通事故を失くそう」の活動へ参加していますが、
普通の会社では、加害者側に実刑が下った時点で、懲戒免職が現状です。

これは活動を通して得た知識を元に聞いているのですが、
迷惑を掛けたから辞職で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報