昨年末、母(77歳)が急性心不全で倒れました。救急車の中で心肺停止になり病院で心臓マッサージにより蘇生は致しました。停止時間が15分以上あり脳へのダメージがかなり有るだろうと医者は言っております。3日前に麻酔が切れて少し眼が開くようになりました。呼びかけに少し反応しているように思えるのですが、まだ、意識は回復しておりません。医者はどうなるかの明言を絶対しようとしません。この先どの位回復するのか、不安でなりません。
同じ様な体験をされた方がおられましたら、その時の経験を教えて貰えないでしょうか?
どうぞよろしく御願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

下記リンク先の図によると、心肺停止からおよそ2分経過ごとに10%程救命の可能性が落ちてしまうようです。


胸骨圧迫や人工呼吸のやり方、AEDの使い方も記載されているので、参考となるでしょう。

・東京消防庁 心肺蘇生の手順
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/life0 …

A 回答 (4件)

通常は心肺停止が約3~4分間前後続くと


脳にいく酸素がその分少なくなるため
脳に重大なダメージを与えるか
死につながる可能性が高いと言われるようです。

心肺停止からの救命率は?
http://www.hachiouji-seikei.com/search/detail.ph …

 ですので、その基準を今回のケースに杓子定規にあてはめると
「停止時間が15分以上あり脳へのダメージがかなり有るだろう」
という医師の回答も当然とも言えます。

ただ、ここ最近のケースでもあるように
心肺停止、2時間以上経過後になんらの後遺症も
残らずに退院される人も中にはいるようですが、
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/2 …
http://d.hatena.ne.jp/stealthinu/20060609/p3
http://kazux.tea-nifty.com/blog/2006/06/post_8ca …

海でおぼれた中学生、奇跡的回復
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/20060 …

奇蹟の回復のポイントは
現場が雪山&冷水等 寒さの中での出来事だっただけに
「低体温症になって、脳が必要とする酸素消費量が少なくて済み、
脳への影響が抑えられた」
更に「搬送中に心臓マッサージ&マウスツーマウスが継続されて
いた」にあるようです。

 つまりは今回のケースの場合
「昨年末」でもあり寒い時期であって(暑い時期ではなかった点)
としては「低体温」になる可能性は高いですが、
問題は倒れていた間、ストーブ&暖房&浴室
等のあるあったかい部屋に
いたか否かも大きな鍵になるような気が致します。
(「あったかい部屋」ですと「低体温」から遠ざかる
わけですし)

低体温症(冬眠状態)の逆利用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8E%E4%BD%93% …

低酸素脳症で損傷を受けた大脳の障害程度は
(様々な外的&内的条件によって個人差がありますので
一概には言えませんが)
意識が本当にはっきりするのに3ヶ月くらいかかっている
人も珍しくありませんので
(心肺停止後の植物状態の回復は、
大体3ヶ月がリミットといわれています。)、
現在の不安の気持ちを少しでも
払拭しつつも、希望を捨てずに時の経過を
待つ姿勢も大切かと思います。

手を握ってあげたり、話し掛けてあげること。
担当医と相談した上で、四肢の拘縮防止のためにも
四肢を少しでも動かす(リハビリ)。
等 できる範囲の事をしたうえで
絶対に回復するんだ という強い信念(極論すれば、強い信仰心)
を持つことが大切だと思います。

余談ですが、親交の深かった近親者の肉声ほど
「植物状態の方の無意識の世界」に届くものはないと
言われています。
できれば、カセットやCD-Rに「親交の深かった近親者の肉声」
を録音して耳元で何度も何気に聞かせてみるのも効果的かも
しれません(もちろん、主治医の許可の下で)。

そして貴殿御自身の「不安感」を少しでも除去する意味でも
毎日朝早く近くの神社に参拝に行くのも悪くは
ないと思いますよ。
「神様はいないかもしれない。でも、神社の境内で
お辞儀をする行為そのもの」自体に深い意義が
あるように思えて仕方がありません。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

御丁寧な回答ありがとうございました。
母が倒れたのはデイセンターの部屋の中でした。
10分位で発見されたのですが、救急車で運ばれる途中で心肺停止になったそうです。
3~4分で、そこまでの状態になるとは知らなかったので、少々ショックを受けております。
こういう事実を知るのが本当は怖かったのです。
これからは出来るだけの事をして、悔いの無い様励まして行こうと思います。
奇跡の回復をする事を願って...

お礼日時:2008/01/08 13:22

基本的にもと通りの生活に戻るのは難しいです。

意識のこれ以上の回復も難しいいと思います。
回復するかどうかは何分間心肺停止状態だったかということで、通常は10分以内が基本です。
    • good
    • 1

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

心停止15分以上ですか・・



今まで通りのお母様に戻ることは難しく、植物人間状態もしくは高度の麻痺や言語障害が起きることが予想されます。しかし、今はどのくらい機能が回復するか・・というよりどのくらい生きることが出来るか?という厳しい状況です。

発作が起きてそのまま戻ってこない人も多いなか、77歳の高齢にも関わらず、15分以上の心停止状態から復活したこと。そこで奇跡が起きることを信じましょう。

私の父が66歳で同じく急性心筋梗塞で逝ってしまったので、他人事には思えなくて。父は復活することはなかったのですが、質問者様は「復活」しています。お母様の生命力を信じて。

奇跡が起こりますように。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

励ましのお言葉ありがとうございました。
母は1年前にも脳梗塞で倒れて、1.5日後に発見されました。そこからがんばって、やっと安心できるまでに回復したところでした。
今回も奇跡が起きることを祈ります。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/08 13:12

体験者ではありませんが 医者にもどうなるか分からないってのが


実際のところだと思います。 奇跡に近いですが何年も植物状態だった人が急に目を覚ましたりすることもあります。
年齢的に考えても後遺症の覚悟は必要だと思います。
入院中ということもあり退院時はとくにレベルも落ちている可能性もありあますから歩けなくなる等の筋力低下による身体的な後遺症もありますし 低酸素状態が続いていたのであれば認知症等の疾患的な後遺症も
考えられます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早々の御回答ありがとうございました。
覚悟はしてはいるのですが、なかなか認めるのが出来ませんでした。
奇跡が起こる事を期待します。

お礼日時:2008/01/08 13:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心肺停止から蘇生、しかし意識は戻らず全身痙攣を

83歳の父です。昨日夕方5時過ぎに自転車に乗っていて転倒。通行者に救急通報していただきましたが救急車到着時には、心肺停止状態でした。が、その後、蘇生はしたものの意識は戻らず、痛みに対しても反応しません。最初は、左がわのみの痙攣でしたが、17時間後位から全身へ激しい痙攣が起こり始めました。痙攣止めで一時は治まるものの気休め程度です。入院当初のCTには脳の異常は見られず、何が起こっているのかわかりません。脳への酸素不足で、脳細胞が破壊されていてこんなにも時間がたって痙攣が起こってくるのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃれば、お教えいただけないでしょうか、お願いします。

Aベストアンサー

あくまでも、可能性として見て下さい!

転倒した時、既に心肺停止状態又は、心肺停止に近い状態であったと仮定したら、脳への酸素が5分以上運ばれなかったという事になります。
心肺停止から、3分がタイムリミットとなり、蘇生した場合でも、脳への酸素不足での細胞の死滅があり、当初のCTでの検査は、頭部の強打による脳挫傷の有無を調べたのでしょう。
脳の細胞死滅は、時間経過と共にCTやMRIで判明するものです。
無酸素状態が、恐らくはお父さんの場合は脳細胞にダメージを与え、蘇生した後でも昏睡に落ちていると思われます。

Q心肺蘇生法と熱中症

心肺蘇生法と熱中症の処置の分かりやすいHPはないでしょうか!?
自分で探してみたんですが、文字ばかりのところが多くて。

出来れば、絵で分かりやすく説明してあるHPがいいです!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

心肺蘇生はこんなんどうでしょう。

参考URL:http://www.city.himeji.hyogo.jp/syoubou/teate/sinpai/

Q蘇生法について

さっき違う質問で回答をいただき助かりました!!
それでまだレポートを書く課題があってまた質問したいと思います。
「蘇生法」にはいくつの方法があるのでしょう??
おしえてください。

あと友達の課題で薬を飲む時なぜ水でなくてはいけないのか。
この2つの回答をぜひお願いします。

Aベストアンサー

 救急蘇生には順序があって、アルファベット順にairway,breathig,circurationと続きます。エアウェイは気道確保口ー喉ー気管と空気が流れて肺胞(実際にガス交換を行う場所)までいかなければ意味がありません。次に呼吸、気道が確保されれば人工呼吸などで空気を送ればガス交換ができます。次はその酸素を運ぶために血液が動かなければなりません。それが循環、例えば心マッサージなどです。そのあとD=drug,E=ecg,F=(de)fibrilationと続きます。dは薬物投与、eは心電図、fは除細動(電気ショック)、gはゲージ=計測(いろいろな検査)と続いていきます。医師意外に出来るのはabcまでですが、この3つが最も重要です。特に気道確保=Aがもっともむつかしいのです。

 薬をふくようする時に水またはぬるま湯でと書いてあります。これにはいろいろな理由があり、水なしで飲むと咽頭(のど)や食道にひかかる可能性がありますし、胃の中でカプセルや錠剤が溶けたとき水分が少ないと高濃度の薬剤が胃の粘膜を痛める可能性があります。また吸収も悪くなる可能性もあります。また他の方が書いてるように降圧剤(カルシウム拮抗剤といわれるものの一部)はグレープフルーツジュースと一緒に服用すると分解されにくくなり血液中の濃度が高くなったり、鉄剤(貧血の治療剤)はお茶なんかのシブミの成分であるタンニンと一緒になると吸収されにくくなったりすることもあります。また食前とか、食後、食直後など飲み方の指定されている薬にはそれなりの理由があるのです。薬の飲み方にも充分気を配ってください。

 救急蘇生には順序があって、アルファベット順にairway,breathig,circurationと続きます。エアウェイは気道確保口ー喉ー気管と空気が流れて肺胞(実際にガス交換を行う場所)までいかなければ意味がありません。次に呼吸、気道が確保されれば人工呼吸などで空気を送ればガス交換ができます。次はその酸素を運ぶために血液が動かなければなりません。それが循環、例えば心マッサージなどです。そのあとD=drug,E=ecg,F=(de)fibrilationと続きます。dは薬物投与、eは心電図、fは除細動(電気ショック)、g...続きを読む

Q心不全で死亡する場合、死亡する当日に初めて症状が現れることはありますか

心不全で死亡する場合、死亡する当日に初めて症状が現れることはありますか?

Aベストアンサー

質問の意図が分かりませんが、結論から言うとあります。

血糖やコレステロールの値が高いと、動脈硬化を起こします。
悪玉コレステロール値が高いと、活性酸素を退治する能力が格段に落ちます。

この活性酸素が動脈硬化でボロボロになっている血管を内側から傷つけます。
そこに血小板が集まり血栓をつくり、血流が悪くなります。

ちなみにこの状態では、赤血球がくっついたドロドロ血です。

ある時この血栓がはがれ、心臓の血管を詰まらせることがあります。
血流が途絶えた心筋は死んでしまいます。

これが心筋梗塞です。

心臓を鷲掴みにされているような激痛が走ると言われています。

心筋梗塞の処置が遅れると、心臓からの血液が正常に来なくなります。
他の心筋もドミノ倒しのようにして機能しなくなり、
やがて心停止します。

心停止しても、脳死までは5分かかります。
この5分以内に心臓を再鼓動させないと、脳死に至ります。

心停止⇒脳死⇒多臓器不全⇒死 と言うことになります。

なので、この質問の答えはYESです。

蛇足
血栓がはがれ、脳の血管を塞いでしまうのを、
脳梗塞といいます。

質問の意図が分かりませんが、結論から言うとあります。

血糖やコレステロールの値が高いと、動脈硬化を起こします。
悪玉コレステロール値が高いと、活性酸素を退治する能力が格段に落ちます。

この活性酸素が動脈硬化でボロボロになっている血管を内側から傷つけます。
そこに血小板が集まり血栓をつくり、血流が悪くなります。

ちなみにこの状態では、赤血球がくっついたドロドロ血です。

ある時この血栓がはがれ、心臓の血管を詰まらせることがあります。
血流が途絶えた心筋は死んでしまいます。

これが...続きを読む

Q視力を維持、もしくは回復する方法

日常生活で簡単に出来る視力維持法および視力回復法に興味があります。私が実践してる維持法は、(1)俯かないで、正面を見据えて歩く(2)裸眼で遠くの木や鉄塔を数十分見続ける(3)バスや電車の待ち時間に遠くを見据えて(バスなどが来る側を)バスや電車が来るのを待つ(4)パソコンを使う時は画面から顔を70cm位離して使う。以上の四つなのですが、皆様の中で、視力を維持したり回復したりするならこの方法がベストだ!というのはありますか?なるべく日常生活で簡単に行える範囲でご意見をお願いします

Aベストアンサー

>(2)裸眼で遠くの木や鉄塔を数十分見続ける

裸眼よりも良く見える状態で遠くの物にピントを合わせるほうが視力は鍛えられます。
遠くは漠然と見るのではなく、意識して物を認識するようにしています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報