住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)への返済がついに今月支払う事が出来なくなってしまいました。原因は主人の収入が減ったからです。ローンは30年ローンで、払い始めて6年半というところです。今後の見通しとしてはこのまま払い続けるのは困難だと思います。できれば少しでも払い続けて住宅を手放すのは極力避けたいと思っています。どなたか詳しい方、どうすべきかお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


住宅ローンは本当にはやく支払い終えたいですよね。我が家も毎月15万近く払っていますよ(苦笑)。
さて質問の件ですが、まぁあわてずに住宅金融支援機構のHPに行って下さい。

そして:

「ご融資・ご返済などの情報」→「ご返済情報」→「返済方法変更のメニュー」ページに進んで下さい。
そして中を見ていくと、「個人向け融資をご返済中のみなさま」という項があり、その中に「月々の返済のお困りになったときは」というカラムがありますからクリックして下さい。そして中をよくご覧になって手続きを開始して下さい^^。
住宅金融支援機構は銀行系のローンと違って顧客にかなり優しいです。10年くらい前には「ローン払えなくなりそうだったらはやく相談して下さいね」みたいなお知らせの葉書もよく送付されてきました。これ以上窮地に陥る前に相談すれば大丈夫です。

お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返済困難に陥ったら全く方法が無く、即家が売却になると思っていましたので、半ば家を手放す覚悟でいました。教えて頂いたホームページを見てみたら「なるほど、こういう方法もあるのか」と、具体的な内容が載っておりとても参考になりました。解決に向けて前向きに行動しようと思いました。私は現在パートで少しなら余力がありますので返済計画について一度相談してみようと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/02/14 18:59

>旧住宅金融公庫(住宅金融支援機構)への返済が滞ったら?



民間金融機関と同様に、債権譲渡が行われ、同時に担保になっている住居は競売になります。
住金も、普通の金融機関です。存在価値自体を疑問視されちる機構ですから厳しく対応しますよ。

>ローンは30年ローンで、払い始めて6年半というところです。

6年目で厳しくなったのですか。
返済計画が甘かったですね。
未だ、利息だけの支払いで、全く元本が減っていません。

>少しでも払い続けて住宅を手放すのは極力避けたいと思っています。

正直に住宅金融支援機構に相談する事ですね。
返済計画を見直す必要があります。
かといって、返済金額は減る事はありません。
新たな連帯保守人の追加を求められるでしようね。
あなたが支払い停止になっても、連帯保証人に一括返済を要求する事が出来ますから・・・。

先ず、双方の親族から借りる事です。
社内融資・労働組合融資制度があれば、借りてください。
景気が良くなる事は期待できませんから、この間に転職などを考慮する必要があるかも知れません。

借り入れ先を変更する事も、考慮する必要もありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アアドバイスありがとうございます。当時の主人の収入と私の収入を合わせれば返済できる範囲と思っていました。まさか主人の収入が3割も減るとは思いませんでした。おっしゃるとおり、返済計画が甘かったと反省しています。

お礼日時:2008/02/14 18:48

そういう場合には素直に金を借りたところに相談してください。



あまり期待は出来ませんが返済計画の見直しに応じてもらえるかもしれません。
いずれにせよ約定から外れた部分に関しては先方の判断に委ねるしかありませんが、基本的には「約束通りに返済は出来ないが、家は手放したくない」というニーズが通るほど世の中は甘くないと考えておいたほうが賢明です。
任意売却等、極力残債を残さない方法を模索する必要があるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。これから色々と方法を模索していこうと思います。お言葉も耳にしみいります。有難うございました。

お礼日時:2008/02/14 18:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅金融支援機構の代理店

よろしくお願いします。

住宅金融支援機構の借入があります。
代理店は、MS銀行なのですが、代理店の変更を希望しています。
住宅金融支援機構に問い合わせをしたところ、「銀行が了承すれば可能ですが普通はokしないでしょう」と言われました。
借入の際の契約か何かで「銀行の了承」があるのでしょうか。
ご経験のある方など、この辺を教えてください。

Aベストアンサー

代理店(=取扱金融機関)の変更…ということは、かつての「住宅金融公庫融資」のお話ですよね?
フラット35ならば『変更』はありえないハズなので。

住宅金融公庫融資のこととしてお話をさせていただきます。
私は「住宅金融公庫融資」経験者なのですが、手元には帳票類も何もないので不確かな部分もあり、確認は現在の住宅金融支援機構へお願いします。

まず、住宅金融公庫融資については「返済終了までの手続きは申込先の金融機関で行うこととなります。」ということが『融資のご案内』にも記載されています。
このことから、「返済終了(=完済)まで、申込先の金融機関が取扱金融機関となることは『承知のうえで』お借り入れになっている」ということが前提になります。
その前提があるので、途中で取扱金融機関を変更するということは、『想定されていない』んです。

> 借入の際の契約か何かで「銀行の了承」があるのでしょうか。
これは、
「借入の際の契約か何かで『取扱金融機関の変更を行いたい場合には、取扱金融機関の了承を得なければならない』というような取り決めがあるのでしょうか?」
という意味の言葉でよろしいですよね?

『金銭消費貸借抵当権設定契約証書』などには、そのような契約条項の文言はなかったと思います。
ただ、取扱金融機関は、『金銭消費貸借抵当権設定契約証書』の『当事者』になるはずです。
『金銭消費貸借抵当権設定契約証書』にも、括弧書きで「取扱金融機関 ○○銀行」という形で入っていて、対象物件の抵当権設定文言にも、取扱金融機関名が入っていたと記憶しています。
(『金銭消費貸借抵当権設定契約証書』と登記簿謄本でご確認ください。)
取扱金融機関が契約の『当事者』になっていれば、その『当事者』に了承を得なければ、契約の見直しもできないと思います。

また、「銀行が了承すれば」という点については、現在の取扱金融機関と引受先の取扱金融機関の双方の了承が必要です。
引受先が「引受できません」と言えば、いくら希望をしても変更ができません。

住宅金融公庫融資の実際の債権管理・債務者管理は、取扱金融機関で行っていますので、当該融資にかかわる書類なども取扱金融機関で保管しています。
そのやり取りも必要になります。
取扱金融機関が変更になるということは、当然に返済口座も変更になります。

さらに、先ほど少し触れましたが、当該物件の抵当権設定の文言の中に取扱金融機関名が入っていますので、その変更登記も必要になり、その費用は債務者負担になります。

民間金融機関の住宅ローンへの借り換えならばともかく、住宅金融公庫融資の取扱金融機関の変更は、債務者にとってはこれといったメリットが見えません。
当然、取扱金融機関も『できればお客さまを逃がしたくない』と考えますので、「普通はokしない」んです。
ですから、数万円の費用を負担して(住宅金融公庫は、抵当権の『設定』部分については、決して債務者にはさせません。取扱金融機関にさせますので、取扱金融機関が司法書士へ依頼した費用の分、そのまま請求されます)まで変更しようという意図を探ってくると思います。

実際の事例としては、取扱金融機関の変更は、何件か扱ったことがあります。
「金融機関の合併や店舗の統廃合によって、窓口店舗が不便になったから、便利なこちらに変わりたい」ということもありましたし、「現在の取扱金融機関(の担当者)が信頼できなくなったから、こちらに変わりたい」ということもありました。

代理店(=取扱金融機関)の変更…ということは、かつての「住宅金融公庫融資」のお話ですよね?
フラット35ならば『変更』はありえないハズなので。

住宅金融公庫融資のこととしてお話をさせていただきます。
私は「住宅金融公庫融資」経験者なのですが、手元には帳票類も何もないので不確かな部分もあり、確認は現在の住宅金融支援機構へお願いします。

まず、住宅金融公庫融資については「返済終了までの手続きは申込先の金融機関で行うこととなります。」ということが『融資のご案内』にも記載されてい...続きを読む

Q住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の返済が滞ったら?

現在返済中の住公ですが、最近の不景気で返済が危ぶまれてきました。今のところ1ヶ月遅れではありますが返済していますが、今後返済できなくなったら当然売却になると思います。

返済はまだあと22年ほど残っているので元金自体はあまり減っていないと思われますが、主人にはこの土地建物以外に郷里に田畑を所有しています。住公の返済不能で売却になったとき、売却額が返済額に満たない場合、郷里の田畑も返済金の一部に充てられてしまいますか?

ちなみに主人のみこちらの土地を離れ、現在その郷里の田畑で農業を営んでいます。 
住公の条件に、建てた本人が住むという事がありましたのでその辺も気になっています。

Aベストアンサー

#2です。
ご丁寧なお礼をありがとうございます。

> 住公のローンは30年の固定金利2.8パーセント、5年・10年で返済額が上がるゆとり返済です。
住公の「ゆとり償還制度」は、平成12年3月末を以って取扱い(申し込み受付)を廃止しています。
それで当初の「基準金利」が2.80%ということは、平成11年11月1日~平成12年2月6日までのお申し込みか、平成12年3月13日~平成12年3月31日までのお申し込みかと思います。
返済期間が30年で、残り22年ということは、「ゆとり償還制度」の悪評が叩かれて、「もう廃止しますよ」というギリギリに利用されちゃったんですね…。
5年経過で「ゆとり期間」が終了し返済額が上がる…という連絡は、「去年かおととし(平成19年か20年)」ではなく、もう少し前、平成17年~18年頃のことではないかと思います(住公の一般融資は、遅くとも借入申込みから1年程度で初回返済となるようになっていましたから)。

はい、実は「ゆとり償還制度」の利用者は、「ゆとり期間」が終了する6年目以降、段階金利で「返済金額」が大幅にアップする11年目以降に、返済に耐えられなくなる方が多いんですよ…。
平成4年に始まった「ゆとり償還制度」ですが、第一段階として平成10年頃に自己破産者を続出させ、また、昨年も自己破産者を続出させました。
何の保障もないのに「将来の給与増を見込んで」返済方法を設定した借り方ですから、平成10年になって「ゆとり期間」が終わり、返済額が増えることになったけれど、特に給料は増えておらず、「返済不能」となった方を続出させてしまったので、「悪名高き」とか言われて、平成12年3月を以って廃止されたんですよね。
さらに、「11年目以降」となれば金利が上がり、返済額が増えるけれど、やはり給料は増えていないということで、何とか「ゆとり期間」終了から10年目まではがんばってこられた方も、11年目を迎えて「体力」が続かず、再び「返済不能者」を続出させ、しかも、昨年あたりは不動産価格の下落があった関係で、対象物件を売却して弁済に充てたとしても、なお債務残高が相当あるという現象を引き起こした結果、自己破産せざるを得ないという人を続出させてしまったんですよね…。
本当に「ゆとり償還制度」利用者は、ごく普通の返済方法を採られた方よりも「返済不能」になられる確率が高く、家を手放された方は数知れません。

> 住公のローンは30年の固定金利2.8パーセント、5年・10年で返済額が上がるゆとり返済です。
これは少し違いますよ。
住公の一般融資は「固定金利」ではなく、もともと「段階金利」です。
借入当初に完済までの金利が確定する…というだけで、「ゆとり償還制度」でなくても、最初から「当初~10年目まで」と「11年目以降」の2段階金利が設定されています。
(申し込み時期から考えますと)おそらく、ご質問者さまのお宅の場合、11年目以降は4.00%になると思いますが、その時の「毎月の返済額」は当初渡された「返済予定表」に記されていますよね?
住公の一般融資の場合、条件が揃っていないと当初も「基準金利」だけが適用されているとは限らないので(「大型住宅金利」や「特別金利」が適用される部分がある)、場合によっては、4.00%に上昇しても、さほど毎月の返済額が上昇することはない…ということも考えられなくはないのですが、どうでしょう、その提示されている11年目以降の返済額を返済し続けることはできますか?

> 銀行から本人に向け、返済の遅れの通知は行っていると思いますが、相談はしていないと思います。
相談は、住宅金融支援機構ではなく窓口となっている金融機関に対して行いますので、ご自宅から離れた「郷里」にいらっしゃっては相談できませんよね。
銀行には「住宅公庫融資対象物件に債務者本人が住んでいない」ということは『届け出』てあるのですか?
届出をされていなければ、ご主人には連絡は行きませんよ。
それに、銀行は特に損をするわけでもありません。
損をするのは債務者です。
ですから、金融機関は平気で「ほったらかし」にしておくこともあります(時々、支援機構が金融機関に「ちゃんと対応しているか」と確認するくらい)。
損をしたくなければ、自ら動くしかないんです。

「売却額が返済額に満たない場合で、それ以外に蓄えがなければ、残りの分は『自己破産』して『免責』を受けるしかなくなる。『自己破産』となれば、当然、『郷里の田畑』も売られて返済金の一部に充てられることになる。不動産価格が下落している今は、売却額が返済額に満たないという可能性が高い。家どころか郷里の田畑も失うことになったらどうするの?田畑がなくなったら農業収入も得られなくなるのよ。」とご主人に尋ねてみるくらいしかないかもしれません。

#2です。
ご丁寧なお礼をありがとうございます。

> 住公のローンは30年の固定金利2.8パーセント、5年・10年で返済額が上がるゆとり返済です。
住公の「ゆとり償還制度」は、平成12年3月末を以って取扱い(申し込み受付)を廃止しています。
それで当初の「基準金利」が2.80%ということは、平成11年11月1日~平成12年2月6日までのお申し込みか、平成12年3月13日~平成12年3月31日までのお申し込みかと思います。
返済期間が30年で、残り22年ということは、「ゆとり償還制度」の悪評が叩...続きを読む

Q住宅金融支援機構住宅ローン金利引下げについて。

10年以上前に借りていて4%ですが、
交渉すれば2~3%に下げてくれるでしょうか?

Aベストアンサー

お借り入れが10年以上前ならば、「旧・住宅金融公庫一般融資」だと思います。

返済開始から11年目以降になったので、段階金利により基準金利が4.00%になっているのだと思います。
(11年目以降の金利が4.00%ならば、当初10年間は、2%台前半から3%台だった時代だと思います。)

残念ながら、「旧・住宅金融公庫一般融資」では、「金利の下げ」は対応していません。

返済困難となった方に対する対応は、「一定期間の元金の返済猶予」が原則で、状況に応じては「返済期間の延長」の可能性もあります。

ですから、窓口金融機関では、相談されますと、「窓口金融機関をはじめとする民間金融機関への『借り換え』」をお勧めすることになります。

Q住宅金融支援機構返済遅延について

住宅ローンの返済について質問します。

昨年の秋から毎月返済額およびボーナス返済額が上がり、引き落とし額改定後、引き落とされる口座の残高が足りなかったため、今月引き落としされる予定だったボーナス返済+毎月返済の引き落としがされませんでした。

上がった金額ぶんの数万円が足りなかったため、すぐにでも引き落とされる口座へ預け入れるつもりですが、引き落とし予定日(支払い予定日)が過ぎてしまった場合、どうなるのでしょうか?

遅延金が発生してしまうのでしょうか?

改定後、ボーナス併用返済月にいくら引き落とされるのか、きちんと確認していなかったのは自分の責任なのですが、毎月きちんと支払いしており、今回のようなことは初めてなので、誰か教えていただけないでしょうか?

契約時の冊子には、返済が遅延した場合、全額返済しなくてはならないとか、遅延金14.5%発生する等、書かれてあったので、心配になってしまいました。


このような件について、詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

返済の約定日(契約上の返済日)の口座引落は機械で自動処理されますが、
残高不足で自動引落ができなかった場合は、
窓口金融機関の担当者が手作業で口座に入っている金額を確認して、
引落処理していると思います。(毎日やってるわけではない筈です)
最悪は次月の約定日まで落ちない可能性もありますので、
速やかに金融機関に事前に連絡したうえで入金するのがベストです。

遅延損害金は、引落されなかった金額のうち元本返済相当額に対して、
14.5%÷365×遅れた日数 を乗じた金額が加算されますが、
数日程度の軽いものの場合は「お目こぼし」してもらえる場合もあるようです。
「お目こぼし」は債務者の「権利」ではありませんし、
遅くなると間違いなく加算されると思いますので、
一刻も早く対応されることをお勧めします。

また、一括返済が求められるのは実際には6ケ月ほど遅れた場合で、
それまでは遅延損害金が加算されて自動引落で支払えると思います。

受託している金融機関によって運用に多少の差はあると思いますが、
すぐに対応すれば延滞の履歴にもカウントされない程度だと思います。

今後は十分気をつけましょう。

返済の約定日(契約上の返済日)の口座引落は機械で自動処理されますが、
残高不足で自動引落ができなかった場合は、
窓口金融機関の担当者が手作業で口座に入っている金額を確認して、
引落処理していると思います。(毎日やってるわけではない筈です)
最悪は次月の約定日まで落ちない可能性もありますので、
速やかに金融機関に事前に連絡したうえで入金するのがベストです。

遅延損害金は、引落されなかった金額のうち元本返済相当額に対して、
14.5%÷365×遅れた日数 を乗じた金額が加算されますが、
数日...続きを読む

Q住宅金融支援機構のフラット35について

住宅金融支援機構のフラット35の全ての提携金融機関の融資金利を過去から遡って知りたいのですが,情報を取得できる方法はあるでしょうか?

Aベストアンサー

次のURLをクリックして参考にして下さい。

[過去の機構融資金利の推移]
http://www.jhf.go.jp/customer/yushi/kinri/suji_kikouyushi.html

Q住宅金融公庫の返済で困っています

 都会でマンションを買い公庫100%にてローンを組みました。4年住んでいましたが、実家の都合で転職し、
郷里に引っ越しました。当然マンションは売却を試みましたが希望金額では無理でした。
 ところが、郷里に引っ越し後住宅金融公庫より本人が住んでない物件で転職した場合は全額一括返済を
迫る通知が届きました。知人に相談し今回は事分け書
を提出し(いずれまた、マンションに戻るという前提)3年の猶予をいただきました。
 今時点やはり郷里を離れられないので銀行の借り換えなどの検討をおこないましたが結局は残債が残って
も売却をと進められました。
 皆様でこのようなご経験はありませんか。その場合
どのような解決方法をとられましたか。アドバイスを
お願い致します。

Aベストアンサー

マンションの購入されたとき、
元利金等を選ばれていると、4年ぐらいでは元金はほんの少しきり減っていないのでしょう。私も主人の都合で田舎に戻りましたときは、まだ公庫ロ-ンもさほど厳しくない時代でした。(公庫ロ-ンで賃貸住宅を購入した人が多くなりこれがき審査も厳しくなってしまった原因のようです。)
 幸い、購入より50万ぐらい安かったのですが、場所もよかったのですぐに(半年)で売れました。その間管理費その他の支払いもあり、少々負担でしたが今の状況からは手放されることをお勧めいたします。不動産ロ-ンに切り替えてもこのまま所有したいのであれば別ですが。愚息が関西の大学に入りましたとき、手放してよかったと思えることがおきましたので。果たして維持管理返済続けられるとも考えられませんでした。購入のまま、不動産減価償却で維持できるかどうかを資産するのも方法ですが、新生銀行に相談されてみてはいかがでしょう。(一番親切です。ただ自分で抵当権登記その他する事が出てきますが。)賃貸後減価償却とバランスを考えてその時期に売却という方法も検討されること。

Q断熱材の厚さと住宅金融支援機構の基準について

初めての投稿です。
新築の家を建設中です。
住宅ローンをフラット35で借り入れしようと思っておりました。
審査もクリアしていましたが、建築業者から住宅金融支援機構の
基準にをクリアしていないと言われました。
断熱材が基準より薄いようなことを言っていました。
基準をクリアするには確認申請からやり直しのようで
期間が延びるのとのことで追加でお金がかかる
とのことでした。
1.業者はフラット35は住宅金融支援機構だと知らなかった。
2.自分は契約時に楽○モーゲージを使用する事を
  建築業者に言っている。
3.住宅金融支援機構の基準はそこまで違うものなのか?
以上の条件から自分は追加金を払うべきなのか?
それとも業者のミスなので払いませんと言ったほうがいいのか?
どなたか御教示願います。

Aベストアンサー

一般的には申請で必要な事はどこの金融機関を使うかではなく
「フラット35」のシステムを使うか使わないかが問題なので
金融機関の名前しかいってないとすると業者にはその時点で伝わってなかった可能性がありますね。

断熱基準は地域によっても違いますので
http://www.flat35.com/tetsuduki/kijyun/index.html
ここの断熱構造を地域や厚みでチェックしてみて下さい。
まあ、業者が足りないといえば足りていないのでしょう。

着工前なら後付でフラット35をつけられる可能性はありますが、申請費用は先にやろうがあとにやろうが普通よりプラスかかるので支払い義務はあるでしょう。断熱材の工費割り増しも同じく。

業者のミスというにはどうかなあ。微妙..
意思疎通だけの問題だとなかなか判断しにくいですね。

建築業者で1がわからない人はいないと思いますよ。
おそらく楽○モーゲージでフラット35を扱っていることを知らなかったのだと思います。融資の段取りを営業がやっていないで全て施主がやろうということだったのでしょうか?

コミュニケーション不足は建築作業では大きな失敗を生みます。
これだけでなく、伝達不足がないか、早期に全てに関してチェックをした方がいいかもしれませんね。

一般的には申請で必要な事はどこの金融機関を使うかではなく
「フラット35」のシステムを使うか使わないかが問題なので
金融機関の名前しかいってないとすると業者にはその時点で伝わってなかった可能性がありますね。

断熱基準は地域によっても違いますので
http://www.flat35.com/tetsuduki/kijyun/index.html
ここの断熱構造を地域や厚みでチェックしてみて下さい。
まあ、業者が足りないといえば足りていないのでしょう。

着工前なら後付でフラット35をつけられる可能性はありますが、申請費用は先...続きを読む

Q住宅金融公庫の返済(借り換え)手続き

経験した方にお聞きしたい。

地元の信用金庫を窓口として、住宅金融公庫に借り入れをいています。
今回、都市銀行の借り換えローンの審査がOKになり、住宅金融公庫を返済(解約)しようと思っています。
ただ、都市銀行の担当も言ってましたが、その手続きをスムースにやってくれるか?を危惧しております。

そのようなことを実施した方がいたら、どうすればスムースに行ったか教えてください。
また、2週間をみてますが、無理でしょうか?通常もっとかかるものでしょうか?

ちなみに、その信用金庫の借り換えローンにも申し込んだのですが、審査NGだった。

Aベストアンサー

何故スムースにいかないのでしょう??
私もやりましたが、全然OKでしたよ。
住宅金融公庫にしてみれば、全額返済してもらえるのだから、全く問題ないと思いますが・・・・
信用金庫はあくまで中間の窓口ですから、関係ないはずです。
借入れる銀行の窓口の方とよく相談して下さい。
私の場合はすべて段取りをしてくれて、電話するだけでしたが・・・信用金庫がうまく動かないなら住宅金融公庫に直接電話しては?
借り換えに関しては、借入れる銀行の準備が整い次第、すぐに返済出来ましたよ。一日遅れれば、その分利息もかかりますしね。
何がうまくいかないのか理解しかねます。

Q旧住宅金融公庫(住宅金融支援機構)への返済が滞ったら?

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)への返済がついに今月支払う事が出来なくなってしまいました。原因は主人の収入が減ったからです。ローンは30年ローンで、払い始めて6年半というところです。今後の見通しとしてはこのまま払い続けるのは困難だと思います。できれば少しでも払い続けて住宅を手放すのは極力避けたいと思っています。どなたか詳しい方、どうすべきかお教え下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
住宅ローンは本当にはやく支払い終えたいですよね。我が家も毎月15万近く払っていますよ(苦笑)。
さて質問の件ですが、まぁあわてずに住宅金融支援機構のHPに行って下さい。

そして:

「ご融資・ご返済などの情報」→「ご返済情報」→「返済方法変更のメニュー」ページに進んで下さい。
そして中を見ていくと、「個人向け融資をご返済中のみなさま」という項があり、その中に「月々の返済のお困りになったときは」というカラムがありますからクリックして下さい。そして中をよくご覧になって手続きを開始して下さい^^。
住宅金融支援機構は銀行系のローンと違って顧客にかなり優しいです。10年くらい前には「ローン払えなくなりそうだったらはやく相談して下さいね」みたいなお知らせの葉書もよく送付されてきました。これ以上窮地に陥る前に相談すれば大丈夫です。

お役に立てば幸いです。

Q住宅金融公庫の繰上げ返済に何が必要?

住宅金融公庫の繰上げ返済をしたいのですが、通帳、印鑑(または現金)の他に何が必要ですか?
また、窓口は返済している銀行に行けばよいのですか?

Aベストアンサー

繰り上げ返済に必要な書類などは特に有りません。

ただ、事前に取扱銀行に電話などで、返済日を連絡をして、利息の計算を事前に計算してもらう必要が有ります。
その上で、返済日までに銀行の窓口で手続をすれば、返済日に口座から引き落とされます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報