安室奈美恵、DA PUMP!!ユーロビート最強曲!!

いつもお世話になっております。
3月決算の会社なのでもうすぐ決算書類等の作成に入ります。前任者からの引継ぎも100%ではないのでいろいろ処理の仕方で異なる点が発覚してきて、迷っていることがあります。
たとえば、毎月発生した費用でも自動的に翌月に引落としとなっている費用は結構皆さんの会社でもあると思うのですが、(例えば、新聞代や電気代、水道代、電話代など結構細かくあります。)これらもきっちり、決算月は未払いで計上しているものでしょうか?私自身としては、かえって煩雑になりそうなので、そういう処理はせずに毎月引き落とされたときに費用とする形にしたいのですが(従来3月末に引き落とされるものが土日で4月になった場合は未払い計上しますが)、間違ってますでしょうか。金額の大きさとかも関係するのでしょうか?
前任者はその辺はまちまちです。というのも、上記にあげたものはどうやら、そのまま引落のときに費用化しているようなのですが、その中のひとつに弊社は建設会社で工事の保証を申し込んだ際に保証料が発生しまして、これも翌月に自動引落になっているのですが、前任者はこれは期末は未払であげているようなんです。確かに毎月必ず発生するというものではないのですが(工事を請け負った際に発生するので、保証対象の請負工事が無い月は発生しません)、翌月の自動引落となっているので、前任者から引き継いで始めての決算では未払いでは私はあげておりませんでした。私としてはこれを未払いであげるのなら、他の翌月引落のものも未払いであげないといけないのか?となって混乱するといけないと思い未払いにはしなかったのですが、、、。アスクルの事務用品費なんかも同様です。皆さんはどうされてますでしょうか?何か基準等があるのでしょうか?
またそれを踏まえての今後なんですが、私が担当するようになってから初めての決算では、未払いにあげませんでしたので、今回(担当2回目)の決算でも、もうそれで継続していったほうがむしろいいのか、いや、前任者のやり方に戻すべきか迷っております(つまり今期に費用が多くなる。)。
(継続性からすると一旦変えたものをまた戻すのはあまりよくないような気もしますし)
金額的には保証料、アスクルともに5万円程度でした。(もちろん前期末がたまたまそうであって、月によって金額が変わりますので、毎期末それぐらいとは限らないのですが。まあ、さすがに月によって、この10倍にもなるとかはないと思います。)。
引落とし時に処理していいのは、毎月必ず発生するものものとか、金額のある程度の一定性が要求されるのでしょうか?
アドバイスお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 大変ですが頑張ってください。

御社のように建設会社は普通の会社と違うので企業会計原則などのルール通りにならない経理処理があると思いますので、何度でもたずねてください。

(1)契約書・保証料また請求書のようなもの・・・・負債計上をする。
(2)工事用電力量料金は請求書が来るはず・・・・・負債計上。
(3)事務所(詰め所)等の電気料は使用明細あり・・・・費用処理。
(4)アスクル(小額の必要品等と思います)契約も請求書も来ないまとめて買うから高額になる事かな?・・・・即費用処理でよいです。

※さて〆日と月末引き落としと期末を挟んだ処理に入ります。相手と自社の〆と締め日や支払い日等が違うのでなかなか思うようにならない。
(それから、〆=帳簿等金額の場合。会社の経理関連等は締め切です)

質問者maidenさんの〆は例えば3/31日に帳簿の〆をして3/31日に引き落としはできません。たぶん3・31日〆を4月10日に締め切る(つまり扱いなどを打ち切る)と言うことです。

A・締め日が10日で月末日で引き落とし・・・・問題ありません。
B・あなたの会社は例えば3月31日〆の翌4月30日締め日なら一ヶ月遅れの締め日に過ぎないのです。
C・A・Bから考えると締め日を10・20・25・月末にすれば取引相手が多数あっても処理出来ると思います。
D・月末でも期末でも請求書にも基づいて負債計上してください。
E・1日~10日とか11日~月末に分けない。先月分(1日~月末日)の請求書が当月の10日に届いたら請求書の金額で先月分で計上してください。
(手書きでも電算処理でも月末日迄分を月末日に締め切り手続きや経理処理は出来ないと思います。普通は10日までに先月末日付で処理をするはずです。)
F・この事から10・20・25・月末と締め切り日があればたいていの取引は処理できます。
G・期末締め切りは翌期の最初の締め日(4月10日)迄に(もし決算期が3月31日なら)あわせて経理処理を行います。
※見ていないのでよく把握できないので一応参考で見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。とても丁寧に回答していただき恐縮です。
請求書が来るものに関してはわざわざ内容を日割りに分けたりする必要は無いようですね。
あとは、原則を把握した上で、重要性、継続性等を考慮して処理して行こうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/31 08:55

※これは会社によって異なるのであくまでも参考にしてください。

この辺りを考慮して読解ください。また簿記の基本である(1)P/L(2)B/Sはなぜ作成するか理解していると言う前提で少し書いてみます。

※決算は一期というスパンで年計としている場合(1)と(2)の形で決算報告書を作成します。このことから祭日・休日がはさむ、とか、はさまない、とかは関係ありません。翌月自動引き落としなのでだとか、決算期に負債科目に計上が煩雑・面倒等々の考えは、簿記(仕訳経理処理)管理の意味がないことになります。

※建設会社なので前任者は保証債務を計上していたとの事ですが、正解です。自動引き落としを信じて、計上もしないで、間違いが発生した場合その処理は厄介なことになります。

※簿記とは何か取引とは何かを考えたとき、取引相手・どうして自動引き落としされたのかを確認するのが経理担当なのです。上の(1)と(2)はどうして必要か請求書・領収書は何故必要か再確認してください。

>初歩的なアドバイス・・・・毎月発生する、やや決まった金額の電気料・ガス料・水道料・電話料・新聞料等々で小額のものは費用処理でいいでしょう。これら金額は上記(1)や(2)に波及することは少ないと思うので翌月。また決算期であっても費用処理でよいと思います。
最後の方の下から5~6行上に保証料5万円(金額に変動あり)と書いてありますが、このようなものは計上すべきです。

>建設会社なので現場で使用する電気・水道・電話料等々は費用処理でなく負債科目に計上すことを確認してください。

>実際に見ていないので、あくまでも推測でアドバイスしていますので参考にしてください。取引に関連するものは振替計上。小額な新聞他は費用処理と思って処理すれば、煩雑な仕事を省けると思います。ただ、経理は正しいくて当たり前ですから、そのつもりで頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
保証料については、前期は期末に費用化しなかったんです(うっかりしてたというのもあって)が、今期からはやはり未払い計上したほうがいいようですね。そのようにしたいと思います。
taisetu様にもう少しお聞きしたいのですが、例えば質問文中のアスクルなどは、電気料等と同じ考えでもいいものでしょうか?(金額的には5万円前後でほぼ毎月なんですが。)
未払いであげたほうが間違いないとは思うのですが、未払いであげる場合、次に考えるのが、〆日が10日でその月の月末に引落としになってるんです。(弊社は月末〆)
そのような場合、期末の場合は4月に来る請求書から、残りの3/11~31購入分も費用化すべきなのか、もう次の請求分も一括費用化するのか(3/11~4/10)なんですが、、、。過去の帳簿をみても、日割りで費用を抜き出しているような形跡は無かったのですが、どう処理すればよろしいでしょうか?

お礼日時:2008/03/29 08:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未払金計上のルール?

未払金の計上について教えてください。

「納品・役務の受領は終了しているが、決算期間までに支払いが発生していない買掛金以外の費用」を未払金として処理しますよね。

9月で中間決算です。
そのため、未払金の計上をしようと思ったのですが、上司より

(1)9月中の仕入でも、例えば10/8引落し、のように記入されているものの場合は、計上しなくてよい。

(2)10/8までに支払うよう、等の記入でも同様である。

と言われ、混乱しています。

分かりやすいルールのようなものがあれば、どなたか教えていただけないでしょうか。

無知な質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

商法会計原則上は、当期の費用・収益はすべて計上することになっています=原則論

しかし、例えば、電気代 とか 電話代 とか、支払家賃などの、未経過分(過支払分) などの、 毎期定時的に発生する費用などで、損益に対して過少と判断出来るもののような費用については、決算時に必ずしも未払い金若しくは、前払い金に計上しなけれいけないということもございません。

この場合に、注意することととして、
(1)毎期期末(期首)に決まって発生する 損益に影響の少ない(過少)な費用であるということがポイントです。

例えば、毎期決まって発生する電気代でも、(大型店舗)工場のような大きな金額となる場合には、やはり未払金の計上が必要になります、

過少な金額であったとしても、たまたま今期の決算月だけ発生したようなものは、経常的とは言えませんので やはり未払金(前払金)に計上する必要があることとなります。

最後にもう一つ、
経常的に発生する損益に対して過少な費用でも、前期未払金計上していて、今期は計上しないというのもいけません し 逆の場合もいけません=継続性の原則

商法会計原則上は、当期の費用・収益はすべて計上することになっています=原則論

しかし、例えば、電気代 とか 電話代 とか、支払家賃などの、未経過分(過支払分) などの、 毎期定時的に発生する費用などで、損益に対して過少と判断出来るもののような費用については、決算時に必ずしも未払い金若しくは、前払い金に計上しなけれいけないということもございません。

この場合に、注意することととして、
(1)毎期期末(期首)に決まって発生する 損益に影響の少ない(過少)な費用であるということ...続きを読む

Q10万円以下の物を複数買い10万を超えた時の資産計上はする?しない?

例えば1つ1万の椅子を10脚買った場合、一つ一つと個別のものとみて消耗
品費で計上するのでしょうか?それとも10脚すべてを1つの資産をして資産
計上するのでしょうか?

もし資産計上するのなら、その理由も教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

しません。
一つずつ使用できる物であれば、まとめて購入しても資産計上しません。
逆にセットでしか使用できない物は、まとめての金額になります。

例えば、パソコン本体とモニターを新規で購入した場合、別々に買っても合計で計上します。本体だけではパソコンは使えませんからw

Q勘定科目を教えてください。

来客用の飲料や茶菓子等の勘定科目は何にするのがいいのでしょうか?交際費?雑費?消耗品費?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には、その内容によって、会議費、福利厚生費、交際費に分かれるものと思います。

その場で商談する際に出す飲料や茶菓子であれば会議費、主として従業員のためのものであれば福利厚生費、来客へのお土産については交際費に該当するものと思います。
(飲料や茶菓子について、来客と従業員、どちらにも出す場合は、どちらが比重が大きいかで判断されれば良いと思います。)

ただ、金額がそれほど大きくなければ、雑費で処理する会社もあるとは思います。
(もちろん、そのうちの交際費については、税務上は交際費で処理すべき事となります)

Q請求月と振替月(支払月?)が異なる支出の場合、帳簿にはどちらの月として計上するのですか?

経理、会計、税などにまったく無知なので教えてください。

たとえば銀行振込(引き落とし)で定期的に支払うべき代金があったとして
1. ある月の請求分が翌月に振り替えられる(引き落とされる)
・・・ ex. 11月分が 12月○日に振り替えられる
2. ある月の請求分が前月に先に振り替えられる(引き落とされる)
・・・ ex. 11月分が 10月○日に振り替えられる

この場合、帳簿(出納帳)には、請求月、振替月(支払月?) どちらの所へ支出として書くのが一般的なのでしょうか?
統一されていれば、どちらでもかまわないのですか?

Aベストアンサー

出納帳の支出欄には、預金引落しの場合、引落日(振替日)で記入するのが一般的です。出納帳は現預金の動いた日付で記入するものだからです。そのうえで、摘要欄に使用月を記入することをお勧めします。

なお、納税額計算のときは原則として、使用月ベースで年間合計額を出すことになります。そのため、摘要欄に記入しておくことをお勧めする次第です。ただ、毎月定額を前払いするもの(家賃など)、毎月おおむね定額で発生するものなどは、引落日ベースでの年間合計でも差し支えありません。

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q発生主義 経費の計上タイミング

青色申告、複式帳簿で記帳しています

例えば12月1日~12月31日に使用した12月分電話料金の場合。

請求書記載の発行日は1/12日、郵送されたのが1/15日、実際の支払は1/20日の場合、この電話代金は1月の経費になりますか?それとも12月の経費となりますか?

また、記帳の日付は何時にすれば良いですか?




買掛け帳の日付は何時で記帳すればよいでしょうか?


としたら、

Aベストアンサー

たぶん、いろいろな回答が出てくることと思いますが、私は、
【支払額が確定した日の属する月の経費】
としています。
ご質問の場合、支払額が確定するのは、1/15 ですから 1月分とします。

ただ、12月分として、12/31 付で「未払金」を計上すべきというご意見もあるでしょう。
今回は「12/1~12/31」と大変わかりやすいので、12月分とすることに大きな障害はありません。

しかし、電話や電気、ガスなどは 12/9~1/8 とか 12/25~1/24 とかなどいろいろあって、これらを 12/31 で分けるのは事実上不可能です。
特に、水道料金などは、検針が2ヶ月に1度で、12月後半に使用した分が、3月頃にしか請求されないこともあり、発生主義に固執していたら、申告受付期間までに決算できないことになります。
したがって、前述の基準は合理性があると考えています。

水道光熱費でなく、形のある消耗品などで、12月に買って支払いが 1月の場合は、厳格に 12月分として計上する必要があることは、言うまでもありません。

>買掛け帳の日付は何時で記帳すればよいでしょうか…

「買掛金」は商品や原材料の仕入れに使う言葉です。この場合は「経費帳」ですね。

1/15
通信費/未払金
1/20
未払金/普通預金

たぶん、いろいろな回答が出てくることと思いますが、私は、
【支払額が確定した日の属する月の経費】
としています。
ご質問の場合、支払額が確定するのは、1/15 ですから 1月分とします。

ただ、12月分として、12/31 付で「未払金」を計上すべきというご意見もあるでしょう。
今回は「12/1~12/31」と大変わかりやすいので、12月分とすることに大きな障害はありません。

しかし、電話や電気、ガスなどは 12/9~1/8 とか 12/25~1/24 とかなどいろいろあって、これらを 12/31 で分けるのは事実上不可能...続きを読む

Q修繕費と消耗品の仕訳の境い目

いつも悩んでしまうのがこの二つの科目の仕訳です。
例えばほんの何百円の車の電球は修繕費にするべきか(一昨年は修繕費にしてしまいましたが)、消耗品にするべきか・・・。
知り合いの税理士事務所でバイトしている友人はどちらでも問題ないと言いますが、自分でどちらかに決めておかないとモヤモヤすると思い、最近では下記のように考えています。

「本体自体が高額なもの、もしくは備品などに相当するもの交換や修理で一万円前後かかったものは修繕費。もしくはそのものを維持するために不可欠な部品(車のバッテリーなど)。または外部の人に来ていただき(たとえ修理物が消耗品でも)修理をした場合に発生した費用(これは一万円以下でも)」
例えば車のバッテリー交換やエアコンの修理は修繕費にするなどです。でも車の電球の取替えなどは交換してもらっても(交換手数料はサービスですし)消耗品に、というふうに。
前記の場合、車は車両運搬具ですがエアコンは消耗品です。しかし人件費がかかるためエアコンの修理は(一万円以下でも)修繕費にする。

以上のように考えようかと思っていますが、いかがでしょうか?これは間違っている、こうしたほうがいい、などというご意見をいただければ嬉しいです。

ちなみに今度車のシートカバーを交換しようと思っているのですが(一万円くらい)、これは消耗品にしようと思っています。

いつも悩んでしまうのがこの二つの科目の仕訳です。
例えばほんの何百円の車の電球は修繕費にするべきか(一昨年は修繕費にしてしまいましたが)、消耗品にするべきか・・・。
知り合いの税理士事務所でバイトしている友人はどちらでも問題ないと言いますが、自分でどちらかに決めておかないとモヤモヤすると思い、最近では下記のように考えています。

「本体自体が高額なもの、もしくは備品などに相当するもの交換や修理で一万円前後かかったものは修繕費。もしくはそのものを維持するために不可欠な部品(...続きを読む

Aベストアンサー

 この違いは結構面倒なのです。皆さんの回答。アドバイスは一理あります。よって解り易く簡単に述べてみます。その方が理解しやすいのです。

*消耗品とは
 (1)小額 長期にわたって使用出きない。使い捨てのものをいう。

 一個の値段が10万円より安いもの、10万円以上はすぐに費用処理を出きない。固定資産です。

 消耗品でも使わず倉庫に入っているものは貯蔵品になります。

 ですから、会計帳簿と管理台帳を作って記録してください。

*修繕費とは。

 (1)費用にしていいかどうかわかりにくいものは、30万円未満か修繕資産の取得原価の10%未満を目途にしてください。

 例えば4.000万円の事務所を100万円で修繕しました。

 4.000万円×10%=400万円と言うことは100万円は10%未満ですから100万円は費用処理します。

 もし事務所を拡張した場合は法令に基づき資本的支出になります。

 

Q社会保険、労働保険の仕訳

こんにちは。
労働保険料と社会保険料を支払ったときの仕訳はどのようになるのでしょうか??

新入社員で経理を担当しているため、前期の仕訳を見たり、先輩に聞いて処理をしています。

●前期
・社会保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

・労働保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

●今期(これは先輩に聞いて仕訳をしました)
・社会保険料
預り金 ××× /普通預金 ×××
保険料 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金


となっていました。どうして前期と今期が違うのか??
ネットで調べた結果、
・社会保険料
預り金 ×××   /普通預金 ×××
法定福利費 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金

なのかなぁ~?と思っています。
先輩は出社していないし、正しい仕訳かどうか不安なのでこちらに質問させていただきました。
正しい仕訳おしえてくださいm(__)m

ちなみに、給与の支払い処理では
未払金 ××× /預り金 ×××
で処理しています。

よろしくお願いしますm(__)m

こんにちは。
労働保険料と社会保険料を支払ったときの仕訳はどのようになるのでしょうか??

新入社員で経理を担当しているため、前期の仕訳を見たり、先輩に聞いて処理をしています。

●前期
・社会保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

・労働保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

●今期(これは先輩に聞いて仕訳をしました)
・社会保険料
預り金 ××× /普通預金 ×××
保険料 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金


となっていました。どうして前期と今期が...続きを読む

Aベストアンサー

正しい仕訳は

・社会保険料
   預り金 ×××   /普通預金 ×××
   法定福利費 ××× 
  
・労働保険料
   法定福利費 ×××/普通預金

企業によっては 法定福利費を明確にするためにさらに補助科目を
使う場合もあります。その場合は
 法定福利費(社会保険料)
 法定福利費(労働保険料)
 とする場合もあります。

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング