ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

会議の日程などで,it has to be before Fridayを,「金曜日より前でお願いします」(金曜日は不可)ととったのですが,「金曜日まででお願いします」と訳す人がいました。

「金曜日まで」というのは日本語の感覚では金曜日でもよいということになると思ったのですがどうなのでしょう?
たとえば,the report should be by Friday (morning)というと,金曜日(の朝)でもよいと思っていました。

本題に戻って,
it has to be before Friday
は「金曜日より前」と「金曜日まで」のどちらが適切か教えてください。

A 回答 (2件)

こんにちは。

1/9のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

ご質問1:
<it has to be before Fridayを,「金曜日より前でお願いします」(金曜日は不可)ととったのですが>

その解釈の通りです。


ご質問2:
<「金曜日まで」というのは日本語の感覚では金曜日でもよいということになると思ったのですがどうなのでしょう?>

おっしゃる通りです。

1.日本語の「まで」は、「時の流れ、空間的移動、状態・動作の継続によって至り及ぶ限界点を示す」のに使う副助詞です。

2.つまり「限界点」「帰着点」を含みますから、「金曜日まで」となっていたら、到達点である金曜日も含まれるわけです。


ご質問3:
<it has to be before Fridayは「金曜日より前」と「金曜日まで」のどちらが適切か教えてください。>

前者の「金曜日より前」です。

1.beforeが時を表す名詞や節で使われる場合は、=earlier thanというニュアンスで覚えておかれるといいでしょう。

2.つまり、「~するより前に」「~より先立って」「~ないうちに」という原義があり、「~」の部分は含まれないのです。

3.before Fridayとは言い換えれば、「金曜日になる前に」と言っているのです。それが簡潔になると「金曜日の前に」→「金曜日前に」とはなりますが、これは≠「金曜日までに」とは違う意味です。

4.before Fridayを日本語のこなれた翻訳にすると「金曜日までに」となってしまう場合もありますが、正確には「金曜日前」「金曜日になる前」なのです。特にその期日が重要な場合は、正確に「金曜日前に」と訳す必要があります。

以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても説得力のあるご解説ありがとうございました。
自分の解釈でよかったと安心できました。
またお願いします。

お礼日時:2008/04/14 12:37

 なるほど。

いろいろな苦労をされていらっしゃることでしょうね。次の文を見ても、

●It's the day before exams and everyone is studying like crazy.(試験前日なので,みんな猛烈に勉強している。)

 試験日は含まれていないことはわかりますね。問題のは、「日本語にするどくない人が翻訳をしている」ことではないでしょうか。たとえば、「課長以上は、交通手当がつく。」というときの「以上」の意味をどうとらえるか? という問題など。「one more than」は、「2つ以上」ですね? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/14 12:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qby Fridayというと金曜日は含まれますか?

日本語で金曜日までに送ってください、と言う時、by Fridayが最も一般的だと思いますが、Fridayは含まれるのでしょうか。before を使うとその日は含まれないのでbefore Saturdayとなることや、はっきりと明確にしたいときはon or before Friday(金曜日あるいはそれ以前に) ということはわかります。by についてどなたらご教授下さい。

Aベストアンサー

yasupiyasupiさん、こんにちは。

by で辞書を引いてみました。
by Friday というと、金曜日は含みます。

by 2 o'clock 2時ころまでには

by this time 今頃はもう


という感じで、その時を含む意味になっています。
ご参考になればうれしいです。

Qby, till, from, to日付はその日を含む?

ものの本によると by,till,from,to プラス日付はその日を含む、と書いています。対し、before, after は含まない、と。しかし "from 10th to 12th" では 12日が含まれないこともあるので"through"に変えると12日が含まれることがはっきりする、とありました。どちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

We accept your offer till and excluding April 1.
この場合、
till and excludingまたは、before
を使うことによって、明確にApril1を除外してます。

逆にその日を含む場合、
till and includingや、by
を使います。


始点を表す場合、
from and including 日付.
or
on and from日付.
or
on and after日付.

みたいにします。

例えば、tillだけじゃ、凄く曖昧に聴こえちゃうので、excluding と including で明確さを加えるのです。

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Qbetweenとfrom A to B 違い

betweenとfrom A to B の違いがよく分からないのでお聞きします。
今まで私は,betweenは2つのものについての関係について、
from A to B は,A、Bという2つのものの間 ”~” に相当する
と理解していました。
例えば、
・some value between 0 and 1 
(0か1のなんらかの値)

・some value from 0 to 1
(0以上1以下のなんらかの値)
という感じ。


しかし、以下のような例文があり、よくわからなくなりました。

Space ALC の"between"の例文より(http://eow.alc.co.jp/between/UTF-8/)
Between 100 and 150 comedians will take turns at performing on stage.
公演では100人から150人のお笑い芸人が入れ替わりで舞台に立ちます。

100か150とは考えないのか?

Aベストアンサー

こんにちは。
between と from ~to については、どちらでも使える場合とそうでない場合があります。感覚さえ掴めれば、それほど難しくはないコンセプトです。

1.
between と from~toの両方が同じように使える場合:
・The distance between Tokyo and Nagoya is about 366km.
・The distance from Tokyo to Nagoya is about 366km.
、、、「~から~まで ⇒ ~と~の間」と言い換えられますから、この場合はどちらでもOKですね。

2.
between しか使わない場合:
・You have to choose one between two (among three).
、、、対象が二つあって、それから一つを抽出する場合などは「~から~まで」ではなくて「~と~との比較で」ということですから、betweenとしか言いません。

3.
from ~ toしか使わない場合:
・To go from NY to Tokyo, there is no other way but to fly.
、、、この場合、「~から~まで移動」という意味合いです。単に「~と~の間」ではなく「~から~に動く」という文意では from ~to が使われます。つまり「起点と終点」がある時ということですね。

また:
・She studied from history to mathmatics at the college. (歴史から数学までいろいろな学科)
、、、「~様々な、あらゆる」という意味合いでも from ~ toが多用されます。これもやはり betweenでは表現できません。

4.
・Between 100 and 150 comedians will take turns at performing on stage.
、、、この場合の between とは、「100~150人なのは確かだが、正確な人数は分からない ⇒ ただ99人でもなければ151人でもなく、多分その間のどこか」という「漠然」とした数値を指しています。


余談ですが、以前も Space ALC(http://eow.alc.co.jp/)云々を参照していたご質問者がおられました。僕は見たことさえありませんが、その正確性や実用性については何故かあんまり良いことを聞きません。参照する程度に留めておくとよろしいかと考えます。


ご参考までに。

こんにちは。
between と from ~to については、どちらでも使える場合とそうでない場合があります。感覚さえ掴めれば、それほど難しくはないコンセプトです。

1.
between と from~toの両方が同じように使える場合:
・The distance between Tokyo and Nagoya is about 366km.
・The distance from Tokyo to Nagoya is about 366km.
、、、「~から~まで ⇒ ~と~の間」と言い換えられますから、この場合はどちらでもOKですね。

2.
between しか使わない場合:
・You have to choose one between ...続きを読む


人気Q&Aランキング