所用運転資金を算出する問題で、回答が理解できないので教えてください。

■問題
・平均月商は300万円
・商品回転期間は2ヶ月
・売上原価率は40%
・販売・仕入はすべて掛
・手形は掛代金の支払時、入金時にのみ収受する
・売掛金 ・・・ サイト2ヶ月、回収条件:現金40%・手形60%
・受取手形 ・・・ サイト4ヶ月
・買掛金  ・・・ サイト2ヶ月、回収条件:現金40%・手形60%
・支払手形 ・・・ サイト4ヶ月

回答: 1392万円

回答解説:
 各要素について必要な運転資金はつぎの通り
 1.売掛金   300万円×2ヶ月          = 600万円
 2.受取手形  300万円×60%×4ヶ月        = 720万円
 3.買掛金   300万円×原価率40%×2ヶ月    = 240万円
 4.支払手形  300万円×原価率40%×60%×4ヶ月  = 288万円
 5.商品    300万円×2ヶ月  = 600万円

 運転資金 = 売上債権+商品ー買入債務 にあてはめると
 (600+720+600)-(240+288) = 1392
 
■疑問点
1.まず答えが正しいとして、1392万円の意味というのは、この金額が資金として用意できないと、(開業後?)4ヶ月で資金ショートするという理解でよいでしょうか?というのも、各勘定ごとに毎月の残高を計算すると4ヶ月後に「運転資金=1392万円」となるためです。開業後と書いたのは、開業後5、6ヶ月目の運転資金は、各勘定ごとに毎月の出と入を確認し、計算してみると、それぞれ1608万円、1824万円となるためです。
 
2.上記の理解でよいとするとそもそもなぜ上記のような計算式で算出できるのかが分かりません。例えば、勘定ごとの月別残高を計算していくと、手形の回収等は6ヶ月後になると思いますが・・・

 運転資金、サイトの理解に自信がありませんが、ご教授宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、


>資金として用意できないと、(開業後?)4ヶ月で資金ショートするという理解
が誤っております。

>運転資金とは、在庫投資や仕入の支払と売上の回収にズレが生じる場合に発生する事業活動をしていく上で必要な資金であり、運転資金は、流動資産の売上債権と棚卸資産を合計した金額から、流動負債の仕入債務を差し引き算出し、運転資金の管理は資金繰り(資金管理)には欠かすことが出来ません。
とのことで、

基本的に最終利益が0以上ならば、会社は継続可能なのですが、「ソロバン合ってゼニ足らず」にならないための資金が運転資金、所要資金です。

設問の所要資金は、売上総利益から販売費等を差引いて、最終利益が0であっても継続するための資金です。

質問とは関係ないですが、回答の「5.商品」は300万円×40%×2ヶ月ではないでしょうか。
    • good
    • 5

ここでいう「所要運転資金」(所用ではなく所要です)とは、お金の回収と支払いのギャップがいつもあることを意味し、その差額を埋めるのに必要な金額のことです。



モノとカネだけに着目すると、モノを売ったのにまだ回収できないカネが「売上債権」、在庫として倉庫にありまだカネにならないものが「在庫(商品)」、一方モノを仕入れたのに代金を支払っていないのが「買入債務」ということになります。

完全な現金商売あるいは、「掛け」商売であっても売りと買いが同時に発生し、同時期に決済されるなら、最初の仕入れ資金と経費分があれば商売は出来ますが、現実には複雑な「掛け商売」でお金のやりくりをしています。

結局商売が続く限り「売掛債権+在庫-買入債務」のギャップはあるので、常にこれだけの金額のお金が必要(どこかで動いている)ということになります。
言い換えれば、最初に所要運転資金の金額だけお金を用意できれば、同じ条件が続く限り商売していけるということになります。
(ただし回収や支払いのズレがあるので現預金として残ったり残らなかったりはしますが・・)

手形サイトは売掛(または買掛)期間が終了した後発生しますから、4ヶ月になります。

なお運転資金の考え方はB/S上のものであり、実際にどれだけ利益が出たかというP/Lからは導かれません。しかし順調に利益が出れば利益分だけ手許現金が増えるので、資金繰りは当然楽になるはずです。
もっとも商売が順調だと当然売上増加を目指して商品仕入れを増やすし、新規顧客開拓のため売掛条件が厳しくなったりして、相変わらず資金繰りが厳しいということは良くありますが・・

ちなみにP/L上では利益が出ているのに、運転資金が不足して支払いに苦しむことを「ソロバン合ってゼニ足らず」といいます。

この回答への補足

ご説明有難う御座います。運転資金の意味は理解出来ました。ただ、その計算式という意味で、回答内容が理解出来ないのです。1392万円はいつの時点で必要な資金なのでしょうか?
フォローを宜しくお願いします。

補足日時:2008/04/24 07:03
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運転資金計画と適正在庫の関係

運転資金計画と適正在庫の関係

会社の予算を作成する部署で働いています。

予算を作成する際は、運転資金計画も作成すると思うのですが、
その運転資金計画と適正在庫の関係が分かりません。

どなたか、教えてください

Aベストアンサー

運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務 
で、この金額だけ現金化されていないので別途調達する必用があると考えます。
よって在庫が増えれば,それだけ資金調達が必要になります。

なお、運転資金÷年間売上高=運転資金要調達率(売上100をあげるのに運転資金が幾ら必用か)とすると
売上増加計画額X(限界利益率-運転資金要調達率)=計画資金流入増加額になります。

適正在庫は売上機会を逸しないための最低在庫です。売上の回収条件、仕入の支払い条件を比較考慮して決定するものです。

Q運転資金のな計算方法を教えてください。

以下のような状況での運転資金の計算方法を教えてください。
※数字は仮です。

毎月の売り上げが500~1000万円ほどあります。
利益は不定期ですが平均すると毎月50~100ほど出ています。
預金についても毎月の必要最小経費の2倍ほどはあります。

上記のような状況ですでに運営は問題なくできていますが、事業拡大のために資金を調達しようと考えています。(できれば1500万円ほど)

おもな使用用途は

・事務所移転費
・事業拡大に伴う運転資金になります。

1)後者の運転資金の計算方法なんですが、これは事業拡大に伴う差額だけでなく、既存事業の分も含めて考えてよろしいでしょうか?

2)また、

=(売掛金+受取手形+商品)-(買掛金+支払手形)

上記の計算式をよく見かけますが、当社のビジネスモデルでは売掛が3ヵ月~、買掛金が~15日以降となります。

3)また計算式にはいわゆる人件費や事務所家賃などが出てきませんがこちらはどうしてですか?当初は人件費や事務所家賃などが運転資金と考えていたため、いまだ理解できない部分があります・・・

以上、長文で大変もうしわけございませんが、よろしくお願いいたします。

以下のような状況での運転資金の計算方法を教えてください。
※数字は仮です。

毎月の売り上げが500~1000万円ほどあります。
利益は不定期ですが平均すると毎月50~100ほど出ています。
預金についても毎月の必要最小経費の2倍ほどはあります。

上記のような状況ですでに運営は問題なくできていますが、事業拡大のために資金を調達しようと考えています。(できれば1500万円ほど)

おもな使用用途は

・事務所移転費
・事業拡大に伴う運転資金になります。

1)後者の運転資金の計算方法なんで...続きを読む

Aベストアンサー

yputhttです。

つたない質問で申し訳ございませんが・・・・
返済資金とは「月々の返済額」と同義と考えてもよろしいでしょうか?
・・・・は 元利合計金額=社外流出金 と 考えてOKです。
零細企業の場合(私も含めてほとんどです)は 個人の住宅ローンや カーローン なども  入ります。
・・・・・・・・・・・・・・・・
可能であれば1000万円前後を融資していただきたいのですが・・・
1000万を 約3%で 借りれば 10年返済なら 月 10万が
元利合計です。 5年なら 約 20万以下と
簡略計算できます。 500万なら 5万です。
これを 基準に 利益と 返済額合計で 考えれば 銀行は 出します
月の利益= 月に生じる 返済に回せる資金 ー 返済額>10万
20万 と 規模と 安定性で 異なります
・・・・・・
別の見方で 返済に回せる資金の 7掛け 6掛け 8掛け などです。
担保や 信用などで 異なります
・・・・・・・・・
優良企業ですから 銀行は あなたには 貸したい企業でも あります。
・・・・・・・・・・・・
零細でも 優良企業もたくさん あります。規模や 資産が ないからといって 不良?企業 だとは 思わないで。
零細企業は 将来の 一流企業なのですから。
うぬぼれないで 真面目に 自信を もって 頑張ってください。

yputhttです。

つたない質問で申し訳ございませんが・・・・
返済資金とは「月々の返済額」と同義と考えてもよろしいでしょうか?
・・・・は 元利合計金額=社外流出金 と 考えてOKです。
零細企業の場合(私も含めてほとんどです)は 個人の住宅ローンや カーローン なども  入ります。
・・・・・・・・・・・・・・・・
可能であれば1000万円前後を融資していただきたいのですが・・・
1000万を 約3%で 借りれば 10年返済なら 月 10万が
元利合計です。 5年なら 約 20...続きを読む

Q運転資金とは?

運転資金は、売上やその具体的な見込みがないと認められないのでしょうか?
これから売上を出すために、それまで商品を仕入れるなり作るなりする資金は運転資金とは言わないのでしょうか?

Aベストアンサー

運転資金とは、事業経営を行うにあたって必要な資金のことですから、売上増加を図る為の商品仕入れ資金も運転資金の一種と考えます。

金融機関は、取引先から融資の申出があった際、決算書を診て、まず経常運転資金を算定します。算定式は極めて単純で、以下の通りです。

経常運転資金(正味営業運転資金)=売上債権(売掛金+受取手形)+棚卸資産-買入債務(買掛金+支払手形)

これで、申出先がそもそも運転資金を必要とする事業なのか、金額的に月商の何ヶ月程度なのか、決算書を眺めて大凡掴むのです。そして、その経常運転資金を決算時点(バランスシート上)では、どう調達したのか(借入なのか、増資なのか等)を把握します。こういった下準備を行った上で、申出先がなぜ更なる運転資金を必要としているのかをヒアリングしていくのです。

それは、融資の採り上げ可否を(1)資金使途(2)返済財源(3)担保(4)メリットの順に判断していくからです。一番大事なのが、(1)の資金の使い道の把握なのです。これが把握できれば、どう返済されるのかも導き出されますし、短期的に返済がなされることが分かれれば、担保も必要ないなという判断にも繋がります。また、融資することによって、融資先の成長が見込め、預貸金のボリュームが増加すれば金融機関にとってもメリットとなります。

従って、運転資金として融資の申し込みをするのであれば、漠然と運転資金とするのではなく、売上が増加することで手元資金が枯渇する増加運転資金なのか、大口の受注が取れた為に仕入を増やす仕入資金なのか、取引条件が変わった為に支払いサイトが短くなり支払増運が発生するのか等具体的な必要事由及び必要金額の説明をするべきだと思います。何か分からない資金には融資しないと考えた方が良いと思います。

蛇足ですが、運転資金が要らない業種からの申出、経常運転資金が発生しない事業からの申出、赤字資金申出は、金融機関が最も警戒するものです。こういった場合に申出をする際には、それを承知の上でそれでも経営上どうしても必要な旨(赤字の場合には担保を添えて)を説明することが求められると思います。

運転資金とは、事業経営を行うにあたって必要な資金のことですから、売上増加を図る為の商品仕入れ資金も運転資金の一種と考えます。

金融機関は、取引先から融資の申出があった際、決算書を診て、まず経常運転資金を算定します。算定式は極めて単純で、以下の通りです。

経常運転資金(正味営業運転資金)=売上債権(売掛金+受取手形)+棚卸資産-買入債務(買掛金+支払手形)

これで、申出先がそもそも運転資金を必要とする事業なのか、金額的に月商の何ヶ月程度なのか、決算書を眺めて大凡掴むのです。そし...続きを読む

Qキャッシュフロー計算書の運転資金について

間接法によるキャッシュフロー計算書の営業キャッシュフローの計算では売上債権の増加はマイナスになると教科書には書いてありますが、実際の連結キャッシュフロー計算書では貸借対照表の売上債権の増減額と一致していません(それも大きく)。在庫や仕入債務でも同様です。この原因を押しえて下さい。

Aベストアンサー

以下、原因となりそうなものを書き出しますので、チェックしてみてください。

売上債権の増減額:営業活動に係る債権から生じた破産債権・更生債権等を含む

たな卸資産の増減額:たな卸資産評価損を含む

仕入債務の増減額:設備の建設、固定資産または有価証券の購入その他通常の取引以外に基づいて発生した手形債務は含まない

Q運転資金について

銀行から運転資金の融資をうけようと考えているのですが、
10万円以下の機材を購入する際、(パソコン1台のみ)は運転資金に入れることが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

運転資金として融資を受けた場合使い道は限定されません
設備用として融資を受けた場合その他の物に使えません
気にしなくて大丈夫です

Qキャッシュフロー計算書の非資金費用の調整方法について

キャッシュフロー計算書の作成にさいし、非資金費用の減価償却費と各種引当金の調整方法の違いがどうしても分かりません。
「減価償却費はP/L上の金額をそのまま調整するのに対して、各種引当金は引当金の期首残高と期末残高との純増減額を調整する」と習いました。減価償却費を調整する時も減価償却累計額の期首と期末の残高との純増減額を調整するということではだめなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

 減価償却累計の期首と期末の残高から算出した純増減額=当期の償却額にならない場合があります。会社によって仕訳が異なる場合があるので一概に言えませんが、固定資産を廃棄や除却、売却した場合、その固定資産に係る減価償却累計額を固定資産全体の減価償却累計から減額する場合があります。この場合は当期の償却額と違ってきます。
(例)
  取得価格 1,000,000
  残存価格  100,000
  償却累計  900,000 の車両を廃車した場合
   
   (借方)     (貸方)
  車両除却損    100,000 車両運搬具
  減価償却引当金 900,000 車両運搬具
このような仕訳を行う場合もあります。

 従って、キャッシュフロー計算書に使用する減価償却費は、その期の一般管理費に計上した減価償却費を使用するのが良いと考えます。

Q運転資金、一株当たり純資産額について教えて下さい

よろしくお願いします。
運転資金と1株あたり純資産額について教えてください。

■運転資金について
運転資金=在庫+売上債権ー支払い債務

と勉強しました。しかし、いまいち理解できません。
例えば、在庫がなく、車1台作るのに150万円かかり、200万で打った場合、
200-150=50
が運転資金となると思うのですが、50万円は何に使われるのでしょうか?
150万円を支払い、200万のキャッシュが手に入るまでのタイムラグに必要な資金というのが運転資金と勉強しました。
キャッシュアウトからキャッシュインまでの諸経費(給料や光熱費)が
50万円ということでしょうか?
例えばキャッシュアウトからキャッシュインまで3ヶ月あるとしたら、50万では資金繰りがような気がします・・・。
また上記の式で在庫を在庫を保管するのにお金がかかるから、という理解でいいのでしょうか・・・?
運転資金についてわかりやすく教えてください!

■一株あたり純資産について

ある有価証券報告書を読んでいて

純資産額:600億
総資産額:1兆5000億

となっているのに
一株あたり純資産額:△1011

となっていました。
なぜ純資産額はプラスなのに一株あたり純資産額はマイナスなのでしょうか?

ちなみに株式数は
普通株2億株
優先株1億5000万株

となっていました。

計算方法を教えて下さい!

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
運転資金と1株あたり純資産額について教えてください。

■運転資金について
運転資金=在庫+売上債権ー支払い債務

と勉強しました。しかし、いまいち理解できません。
例えば、在庫がなく、車1台作るのに150万円かかり、200万で打った場合、
200-150=50
が運転資金となると思うのですが、50万円は何に使われるのでしょうか?
150万円を支払い、200万のキャッシュが手に入るまでのタイムラグに必要な資金というのが運転資金と勉強しました。
キャッシュアウトからキャッシュ...続きを読む

Aベストアンサー

回答が遅くなりすいません。
追加の質問がありましたので回答致します。
参考文献を添付しましたので、こちらもご参照下さい。

>ここまでは理解できたのですが、支払い債務の150万さえキャッシュがあれば、債権の回収までキャッシュアウトがないという前提なら、
運転資金は150万でもいいのではないかと思ってしまいます。

確かに1取引を想定すれば、立替は150万円だけなので
150万円が運転資金ということになりますね。
ただ、企業は生き物なので…この1取引だけを限定して
お金の貸し借りをする場合、銀行では繋ぎ資金として
短期融資をするケースがあります。

話を戻して計算式上の200-150=50の50万円ですが、
これは利益であり、次のビジネスに会社が投資できる
資金。会社は生き物ですから、日々営業をしていかなくては
行けません。ただ、融資する側から見れば今回のケース
のように1個1個ひも付きで融資出来れば楽ですが、
大抵の場合、紐つけるのは至難の業(手間暇かかります)。

そこで、必要最低限の運転資金はいくらかと考慮したとき、
融資できる資金はこの差額分ではないか、と考えます。

参考URL:http://www.zeiri4.com/intro2/useful/104.html

回答が遅くなりすいません。
追加の質問がありましたので回答致します。
参考文献を添付しましたので、こちらもご参照下さい。

>ここまでは理解できたのですが、支払い債務の150万さえキャッシュがあれば、債権の回収までキャッシュアウトがないという前提なら、
運転資金は150万でもいいのではないかと思ってしまいます。

確かに1取引を想定すれば、立替は150万円だけなので
150万円が運転資金ということになりますね。
ただ、企業は生き物なので…この1取引だけを限定して
お金の貸し借りをする場合...続きを読む

Q財務3級「資金運用表」に関する問題

財務3級の試験勉強をしています。

「資金運用表における諸項目の額の算出」の範囲で、固定資産増加額を求める問題においてわからないことがあります。

求め方として解説に、固定資産増加額=当期末の固定資産+当期の減価償却費ー前期末の固定資産

とあるのですが、
一、なぜ、減価償却費を加えるのですか?
二、なぜ、当期の減価償却費だけで、前期末の減価償却費は加えないのですか?

以上2点の質問にお答えいただきたいです!わかる方いらっしゃいましたら、ぜひ教えていただけないでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

まず何の為の表、或いは何を表している表なのかを考えればよいのだと思います。
「資金運用」という名前の表ですので、年度における資金(キャッシュ)の動きを分析する為の表だと理解すれば良いと思います。

つまり、固定資産増加額は資金(キャッシュ)の減少を意味します。
言い換えると資金を固定資産で運用したことになります。

ところが、減価償却費というのは損益上費用項目であり、バランスシート上固定資産からもマイナスされるのですが、実際に資金の流出を伴っている訳ではありません。
つまり、減価償却費は資金(キャッシュ)を伴わない費用項目なのです。

例えば、当期全く固定資産を購入しなかった場合でも減価償却により固定資産は減少します。
(例:前期末固定資産100-減価償却10=当期末固定資産90)
通常、資産の減少(売却を想定)は資金の増加に対応する筈ですが、何もしていないので資金が増えるはずがありません。

整理すると・・・
(1)なぜ、減価償却費を加えるのか?
 ⇒ 減価償却が資金を伴わない費用なので補正してやる必要があります。

(2)なぜ、前期末の減価償却費を加えないのか?
 ⇒ 資金運用表の対象が、その年度内の資金(キャッシュ)の動きなので。
   (前期分は前期の資金運用表には加算されています)

こんな説明でどうでしょうか?

ご参考まで。

まず何の為の表、或いは何を表している表なのかを考えればよいのだと思います。
「資金運用」という名前の表ですので、年度における資金(キャッシュ)の動きを分析する為の表だと理解すれば良いと思います。

つまり、固定資産増加額は資金(キャッシュ)の減少を意味します。
言い換えると資金を固定資産で運用したことになります。

ところが、減価償却費というのは損益上費用項目であり、バランスシート上固定資産からもマイナスされるのですが、実際に資金の流出を伴っている訳ではありません。
つまり、減価...続きを読む

Q低金利が続いてますが。

低金利が続いてますがなぜでしょうか?

低金利を続けてもいっこうに景気は良くないですが、何か意味はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

マクロに見ると、

a)将来の見通しが暗いので、お金を使うのではなく貯金する人が増える
b)それにより物が売れないから、企業は生産を抑制する。
c)企業は生産を抑制しているから、新たな投資は必要ないので資金需要はない
d)資金需要がないので金利は低下する
e)金利に連動している預金の利率も低下する
f)cと同時に企業は従業員への給与を抑制、首切りする
g)fのためにますまず将来の不安から預金する。

という悪循環ですね。

本当は、bで物が売れないために物価は低下し、物価の低下とeの預金利率低下で消費意欲が生まれて物が売れ出すと、経済は回復します。
同時に金利も再度上昇するでしょう。
でも、不安があるのでお金を使おうとはしないから連鎖を断ち切れない。

あるいは、dから企業が安く資金を調達できるので、再度設備投資など生産力増大、従業員雇用を目指すと、f,gのスパイラルが断ち切られて再度経済は回復し、金利も上昇します。
でも増強しても売れなかったら困るから連鎖を断ち切れない。

ということですくみあっている状況です。

物価が下がるデフレでは、今買うよりも少し待って買うほうが安く替えますので、みな預金に走ります。
しかし資金の需要は物が売れないからますます低下して、金利は限りなく低くなる。

ということですね。

あともうひとつ重要なことは、銀行は既に大量の不良資産を抱えています。
これは担保の土地の価値低下や、不景気による企業の株価が低いためにますます膨れています。
そうすると、銀行は危険な融資を出来なくなりますので(これ以上不良資産が増えると自分が持たないから安全な投資しか出来ない)、資金需要の盛んな中小企業や新顔のベンチャー企業への投資は*金利をその相手にどんなに高くすることが出来ても*進みません。
でも銀行にとって安全な融資先は少ないからそのパイの奪い合いになり、金利は低いままとなります。
もし不良債権がなければ、高めの金利で大量にその融資を引き受けることができ(不良債権が発生しても優良債権で回収できるので損にはならない)、生産に資金が回り、そこで人が雇用され、物が売れデフレスパイラルが解消します。

これがいわゆる不良債権問題で、日本経済が景気低迷の連鎖を断ち切れない理由の一つがこれであるといわれています。

では。

マクロに見ると、

a)将来の見通しが暗いので、お金を使うのではなく貯金する人が増える
b)それにより物が売れないから、企業は生産を抑制する。
c)企業は生産を抑制しているから、新たな投資は必要ないので資金需要はない
d)資金需要がないので金利は低下する
e)金利に連動している預金の利率も低下する
f)cと同時に企業は従業員への給与を抑制、首切りする
g)fのためにますまず将来の不安から預金する。

という悪循環ですね。

本当は、bで物が売れないために物価は低下し、物価...続きを読む

Q損益分岐点の算出方法(固定費・変動費の算出)をご教授いただけますでしょうか?

競合企業や取引先企業の損益分岐点を算出したいのですが、
企業全般でなく、特定の事業セグメントについて行いたいです。
それにあたり、
○固定費と変動費の特定(推察)が必要になるかと思いますが、どのような方法を取ればよろしいでしょうか?

有価証券報告書では、セグメント情報としてその事業の「売上高」、「営業費用」、「資本的支出」、「営業利益」あたりまでは開示されていることを見受けます。
・資本的支出は固定費と考えて良いものなのでしょうか?
・営業費用の中には、売上原価や販管費が含まれると思われますが、
これらの中で「変動費」と「固定費」を算出する方法はございますでしょうか?
・もしくは、全社の財務諸表を見て、それらから特定の事業セグメントの固定費や変動費を案分するといった方法はありますでしょうか?
・案分する場合は、売上をベースにしたらよいのでしょうか?それとも
営業利益をベースに考えたら良いのでしょうか?

質問項目が多そうですが、一番上の「特定事業セグメントにおける変動費と固定費の特定」のやり方をご教授いただきたいです。

お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、よろしくお願いいたします。仕事で考えなければならず、少々急ぎで困っています。。。。

競合企業や取引先企業の損益分岐点を算出したいのですが、
企業全般でなく、特定の事業セグメントについて行いたいです。
それにあたり、
○固定費と変動費の特定(推察)が必要になるかと思いますが、どのような方法を取ればよろしいでしょうか?

有価証券報告書では、セグメント情報としてその事業の「売上高」、「営業費用」、「資本的支出」、「営業利益」あたりまでは開示されていることを見受けます。
・資本的支出は固定費と考えて良いものなのでしょうか?
・営業費用の中には、売上原価や販管費が含...続きを読む

Aベストアンサー

個別の費用を変動費と固定費に分解するには企業内部の詳しい情報が必要です。

例えば、従業員の給与は、基本給は固定費ですが、残業をしてたくさん売った場合の残業手当は変動費になります。また、パートを雇って販売をするとこれも変動費になります。競合企業のこういった情報は入手不可能です。

そこで、個別の費用を分解することは断念して、2年分の損益計算書を使って、費用全体を変動費と固定費に分けます。

Yを総費用
Xを売上高
aを変動費率
bを固定費

とすると、変動費は aX となりますから、総費用Yは

Y=aX+b

となります。

Y=総費用=売上高ー営業利益

ですから、開示されている情報からXとYが得られます。
2年分の数値を使って連立方程式を作りこれを解くことで、変動費率 a と固定費 b を求めることができます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング