ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

所用運転資金を算出する問題で、回答が理解できないので教えてください。

■問題
・平均月商は300万円
・商品回転期間は2ヶ月
・売上原価率は40%
・販売・仕入はすべて掛
・手形は掛代金の支払時、入金時にのみ収受する
・売掛金 ・・・ サイト2ヶ月、回収条件:現金40%・手形60%
・受取手形 ・・・ サイト4ヶ月
・買掛金  ・・・ サイト2ヶ月、回収条件:現金40%・手形60%
・支払手形 ・・・ サイト4ヶ月

回答: 1392万円

回答解説:
 各要素について必要な運転資金はつぎの通り
 1.売掛金   300万円×2ヶ月          = 600万円
 2.受取手形  300万円×60%×4ヶ月        = 720万円
 3.買掛金   300万円×原価率40%×2ヶ月    = 240万円
 4.支払手形  300万円×原価率40%×60%×4ヶ月  = 288万円
 5.商品    300万円×2ヶ月  = 600万円

 運転資金 = 売上債権+商品ー買入債務 にあてはめると
 (600+720+600)-(240+288) = 1392
 
■疑問点
1.まず答えが正しいとして、1392万円の意味というのは、この金額が資金として用意できないと、(開業後?)4ヶ月で資金ショートするという理解でよいでしょうか?というのも、各勘定ごとに毎月の残高を計算すると4ヶ月後に「運転資金=1392万円」となるためです。開業後と書いたのは、開業後5、6ヶ月目の運転資金は、各勘定ごとに毎月の出と入を確認し、計算してみると、それぞれ1608万円、1824万円となるためです。
 
2.上記の理解でよいとするとそもそもなぜ上記のような計算式で算出できるのかが分かりません。例えば、勘定ごとの月別残高を計算していくと、手形の回収等は6ヶ月後になると思いますが・・・

 運転資金、サイトの理解に自信がありませんが、ご教授宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、


>資金として用意できないと、(開業後?)4ヶ月で資金ショートするという理解
が誤っております。

>運転資金とは、在庫投資や仕入の支払と売上の回収にズレが生じる場合に発生する事業活動をしていく上で必要な資金であり、運転資金は、流動資産の売上債権と棚卸資産を合計した金額から、流動負債の仕入債務を差し引き算出し、運転資金の管理は資金繰り(資金管理)には欠かすことが出来ません。
とのことで、

基本的に最終利益が0以上ならば、会社は継続可能なのですが、「ソロバン合ってゼニ足らず」にならないための資金が運転資金、所要資金です。

設問の所要資金は、売上総利益から販売費等を差引いて、最終利益が0であっても継続するための資金です。

質問とは関係ないですが、回答の「5.商品」は300万円×40%×2ヶ月ではないでしょうか。
    • good
    • 5

ここでいう「所要運転資金」(所用ではなく所要です)とは、お金の回収と支払いのギャップがいつもあることを意味し、その差額を埋めるのに必要な金額のことです。



モノとカネだけに着目すると、モノを売ったのにまだ回収できないカネが「売上債権」、在庫として倉庫にありまだカネにならないものが「在庫(商品)」、一方モノを仕入れたのに代金を支払っていないのが「買入債務」ということになります。

完全な現金商売あるいは、「掛け」商売であっても売りと買いが同時に発生し、同時期に決済されるなら、最初の仕入れ資金と経費分があれば商売は出来ますが、現実には複雑な「掛け商売」でお金のやりくりをしています。

結局商売が続く限り「売掛債権+在庫-買入債務」のギャップはあるので、常にこれだけの金額のお金が必要(どこかで動いている)ということになります。
言い換えれば、最初に所要運転資金の金額だけお金を用意できれば、同じ条件が続く限り商売していけるということになります。
(ただし回収や支払いのズレがあるので現預金として残ったり残らなかったりはしますが・・)

手形サイトは売掛(または買掛)期間が終了した後発生しますから、4ヶ月になります。

なお運転資金の考え方はB/S上のものであり、実際にどれだけ利益が出たかというP/Lからは導かれません。しかし順調に利益が出れば利益分だけ手許現金が増えるので、資金繰りは当然楽になるはずです。
もっとも商売が順調だと当然売上増加を目指して商品仕入れを増やすし、新規顧客開拓のため売掛条件が厳しくなったりして、相変わらず資金繰りが厳しいということは良くありますが・・

ちなみにP/L上では利益が出ているのに、運転資金が不足して支払いに苦しむことを「ソロバン合ってゼニ足らず」といいます。

この回答への補足

ご説明有難う御座います。運転資金の意味は理解出来ました。ただ、その計算式という意味で、回答内容が理解出来ないのです。1392万円はいつの時点で必要な資金なのでしょうか?
フォローを宜しくお願いします。

補足日時:2008/04/24 07:03
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q長期借入金の返済原資の額の算出

財務3級で、「長期借入金の返済原資の額」を算出する算式について質問があります!
解説に、
長期借入金の返済原資=保留利益+減価償却費+増資払込金ー既存長期借入金返済額
とあります。

ここで、減価償却費が加算されていますが、費用である減価償却費がなぜ返済の原資になるのでしょうか?

わかる方いらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

 減価償却費というのは、費用ではありません。費用とは、ふつうは、収入を得るために出て行くお金のことを言います。

 しかし、日本の税制というのは、国民の側の、国民のための、制度ではなく、国すなわち税務署側から見て作られた、税務署のための制度なのです。したがって、用語も、当然、税務署側の都合にあわせて作られています。

 さて、 課税対象となる「所得」を算出するとき、「費用」を「収入」から引きます、よね?

 その時、「減価償却される額」も「収入」から引くのです。収入から引くから、費用も、「減価償却される額」も、それが大きいほど所得は減り、それゆえに、課税額も減ります。

 つまり、税務署からみると、「減価償却される額」は「費用」と同じ働きをする(所得税を減らす)悪いヤツなので、「減価償却 費」と呼びますが、実際は、国民の財布からは出てきません(費用は出ていく)。「収入を得た人の財布に残るお金」なのです。だから、返済の原資になります。

 減価償却費の計算方法は面倒なので、省略しますが、例えば、100万円の収入を得た人の減価償却費が100万円だったとすると、100-100=0 なので、所得はゼロ。所得税もゼロになります。が、その人の財布には100万円残ります。だから、この人は100万円を返済に充てることができます。

 減価償却費とは、そういうものです。

 不動産賃貸業を営んでおります。

 減価償却費というのは、費用ではありません。費用とは、ふつうは、収入を得るために出て行くお金のことを言います。

 しかし、日本の税制というのは、国民の側の、国民のための、制度ではなく、国すなわち税務署側から見て作られた、税務署のための制度なのです。したがって、用語も、当然、税務署側の都合にあわせて作られています。

 さて、 課税対象となる「所得」を算出するとき、「費用」を「収入」から引きます、よね?

 その時、「減価償却される額」も「収入...続きを読む

Q支払いサイド(平均)の計算方法

毎月20締めの翌月10日支払いのサイド日数の計算方法はどうすればいいのでしょうか? 20日+15日をたして35日でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

支払サイト(sight)は、締日から支払日までの日数です。
よって、本件では20日となります。

本件の質問は支払サイトではなく、平均サイトをお尋ねになっていると理解し
ました。
これですと、”債権発生から債権回収までの平均日数”
よって、15日+20日(支払サイト)で35日となります。

 ※私は平均サイト=債権発生から債権回収までの平均日数 と理解していま
  すが、これが一般的な概念かどうか不明です。

但し、支払い条件が手形ですと話が異なります。
手形は、支払日起算で手形を発行します。
例:20日締め、翌月10日払い、60日手形払い
この場合、売掛債権は平均35日で消滅しますが、手形債権はその60日後です
から95日後にしか消滅しません。よってこの例の場合(私の場合)平均サイト
は95日として管理します。

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q経常収支比率について

明後日の試験で、経常収支比率の問題が出るのですが、
どうやって計算するのか分かりません。
経常収入と経常支出を出して計算するというのは
分かるのですが、経常収入・経常収支の計算の仕方が
全く分かりません。
先生に質問にいったのですが、テスト前ということで
全く教えてくれませんでした。
それと、キャッシュフロー計算書の時では、経常収支比率の
計算の仕方は変わってくるのですか?
変わるのだったらそれも教えてもらえませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のとおりです。

経常収支比率=経常収入÷経常支出×100%

経常収入=売上高+営業外収入-売掛債権(割引手形を含む)増加分-未収入金増加分-未収収益増加分+前受金増加分+前受収益増加分

経常支出=売上原価+販売費及び一般管理費+営業外費用-買掛債務増加分-未払金増加分-未払費用増加分-貸倒引当金増加分-流動負債及び固定負債の引当金増加分-減価償却費+棚卸資産増加分+前渡金増加分+前払費用増加分

キャッシュフロー計算書の時でも、経常収支比率の計算は同じです。

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q変動費、固定費の算出法を教えて下さい。

初心者です。申し訳ありませんが、教えて下さい。


売上高   100,000
売上原価   6,000
売上純利益  4,000
人件費    16,000
水道光熱費  3,500
賃貸料    10,000
減価償却費  3,000
広告宣伝費  3,500
その他経費  7,000
経費計    43,000

営業利益   -3,000

・売上原価、広告宣伝費は売上に合わせて一定の率で変動する物とする。
・他の経費は全て固定費とする。


(1) この場合の、変動費は

(2) 固定費は

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか


頂いたお知恵は決して無駄には致しません。
何卒、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは、参考書の練習問題ですね。

参考書には、変動費とは売上に合わせて一定の率で変動する物だという内容が書いてあるはずです。ですから、売上原価と広告宣伝費が変動費ということになります。それ以外はすべて固定費とみなして計算しなさい。という練習問題です。

(1) この場合の、変動費は

変動費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(2) 固定費は

固定費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

損益分岐点売上高の公式が参考書に書いてあるはずです。売上高と変動費と固定費がわかっていますから、それを公式に代入して計算するだけです。

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

売上げが10%アップすると変動費も10%アップしますから、その数字を使って営業利益を計算しましょう。

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これは、売上高がそのままで売上原価が今より5%減ったら営業利益がいくらになるのかを計算するだけです。

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これも(5)と同じで、売上高がそのままで固定費だけが10%ダウンしたときの営業利益を計算します。

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか

参考書の損益分岐点売上高の章の終わりのほうに、利益計画の公式が書いてあるはずです。その公式に目標利益額と変動費、固定費、売上高を代入すると計算できます。

これは、参考書の練習問題ですね。

参考書には、変動費とは売上に合わせて一定の率で変動する物だという内容が書いてあるはずです。ですから、売上原価と広告宣伝費が変動費ということになります。それ以外はすべて固定費とみなして計算しなさい。という練習問題です。

(1) この場合の、変動費は

変動費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(2) 固定費は

固定費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

損益分岐点売上...続きを読む

Q買掛金の平均滞留期間について

財務3級の勉強をしています。

買掛金の平均残高を求める問題です。1ヶ月は30日として計算します。
買掛金平均残高=平均月商×売上減価率×買掛金の平均滞留期間÷30

支払条件は
月末締切、翌月末支払です。
この式の中の買掛金の平均滞留期間について質問です。
・最長支払期間:1日 → 翌月29日=59日
・最短支払期間:30日 → 翌月29日=30日

 (59+30)÷2=44.5

なぜ、59日と30日なのかが理解できません。そもそも翌月29日というのはどうしてですか?1ヶ月は30日として計算するので翌月30日だと思っていたんですが、わからないので教えてください。

Aベストアンサー

何月でも良いですが、30日に締め切られた翌日、月が改まった1日に発生した買掛金が締め切られるのはその月の30日です。したがって、2日から30日まで29日間が過ぎています。
その後、30日間経って支払われるので、合計で59日間です。

一日のある時点(例えば23:59)に全て起こる、と考えれば理解しやすいかと思います。

Q売掛金の計算方法

会計初心者です。現在アメリカでビジネス学科に在籍しています。会計の授業でわからない事がありましたので、ご協力をお願い致します。*会計用語の日本語がよくわからないので、言葉が適当かかなり不安があります。

1Qの見積貸借対照表を作成しています。
売掛金(Account receivable)の計算の所で、1Qの売掛金を算出したいのですが、答えには、

前期の売掛金 + 掛売り (sales on account) - Total cash collections = 今期の売掛金

というふうになっています。

*掛売り
売上からcash salesを引いたもの

*Total cash collections
月毎に掛売り (sales on account)から数十%づつ集めたもの(今月から10%、先月から90%のような感じ)。

上記のような形になった場合、

今期の売掛金を求めるのに、何故Total cash collectionsをマイナスするのでしょうか。
この部分がいまいちわかりません。

お手数ですがご協力のほどよろしくお願い致します。

会計初心者です。現在アメリカでビジネス学科に在籍しています。会計の授業でわからない事がありましたので、ご協力をお願い致します。*会計用語の日本語がよくわからないので、言葉が適当かかなり不安があります。

1Qの見積貸借対照表を作成しています。
売掛金(Account receivable)の計算の所で、1Qの売掛金を算出したいのですが、答えには、

前期の売掛金 + 掛売り (sales on account) - Total cash collections = 今期の売掛金

というふうになっています。

*掛売り
売上からcash salesを引いたも...続きを読む

Aベストアンサー

昨日も書きましたが日本で教わっているレベルでよろしければ

昨日のご質問を含めて、これは「管理会計」における『資金繰り』と言う単元が該当する気がいたします。
※管理会計
 予算管理や原価管理など、経営判断・経営戦略のための数値・表を作成する事が主体。
 会計士試験などで勉強しますが、私は『原価計算論の拡大版』と感じて居ります。

1番様の回答で正しいのですが、それは昨日の私と同じく「商業簿記」を基本にした回答。
管理会計であるとした場合には
> 今期の売掛金を求めるのに、何故Total cash collectionsをマイナスするのでしょうか。
資金繰りは、将来の「貸借対照表」「損益計算書」「現預金の増減」等を予想する行為です。
ですので、各企業毎に自社の過去の実績に基づいた一定の前提条件を設けて作成します。
例えば、『購入代金は購入月末の3ヵ月後(末日)にキャッシュ払』と設定した企業では、1月末時点で残っている買掛金は、3か月分=1月購入(4月支払)+12月購入(3月支払)+11月購入(2月支払)。
ではこの3か月分の買掛金は幾らなのか?ここでもしも『原価率80%』『購入は季節変動を考慮し無い』と条件設定すれば、
 年間売上予算×80%÷4=年間売上予算×20%
この様になる。
本題に戻って、『Total cash collections』は、企業が設定した「売掛金の回収額」の条件に基づく「(予想)売掛金入金額」です。
つまり、『今月から10%、先月から90%』と定めているのであれば、「当月の売上【※】の内、10%は当月内に現金回収。残りの90%は翌月回収」と言う事。
 ※ご質問文に『*掛売り 売上からcash salesを引いたもの』と書かれているので、
  チョット苦しい言い訳ですが、『売上予算からcash sales(現金販売)を引いた値』
  と言う意味だと、思ってください。
  以降の文でも「売上」と言う用語はその意味で書いています。
だから、売上が次のような場合には
 12月 売上 500
 1月 売上 100
 2月 売上 200
 3月 売上 150
各月の(予想)売掛金入金額は次のようになる。
 1月の売掛金入金額
  =12月売上の90%である450+1月売上の10%である10
  =460
 2月の売掛金入金額
  =1月売上の90%である90+2月売上の10%である20
  =110
 3月の売掛金入金額
  =2月売上の90%である180+3月売上の10%である15
  =195
  =110
序に、このときの各月の売掛金残高は、翌月回収予定額が残るだけなので、「当月売上×90%」となります。
12月で例示すると
 11月末の売掛金残高+12月の売上500-(11月末の売掛金残高+12月売上の10%である50)
=500-50=450
1月で例示すると
 12月末の売掛金残高450+1月の売上100-(12月売上の90%+1月売上の10%)
=450+100-(450+10)=90

昨日も書きましたが日本で教わっているレベルでよろしければ

昨日のご質問を含めて、これは「管理会計」における『資金繰り』と言う単元が該当する気がいたします。
※管理会計
 予算管理や原価管理など、経営判断・経営戦略のための数値・表を作成する事が主体。
 会計士試験などで勉強しますが、私は『原価計算論の拡大版』と感じて居ります。

1番様の回答で正しいのですが、それは昨日の私と同じく「商業簿記」を基本にした回答。
管理会計であるとした場合には
> 今期の売掛金を求めるのに、何故Total cash...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報