【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

レポートを書く際に
「/」と「・」の使い分けが良くわかりません。
「/」→ OR
「・」→ AND
かと思いましたが、なんか違いそうだし・・・・
詳しい方ご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.「・」については、文部省編「国語の書き表し方」に出ています。



(1)「・」(なか点)は、名詞の並列の場合に用いる。
例 対話・講演・演劇・映画・放送などにわたる諸問題・・・
(2)日付や時刻を略して表す場合に用いる。
例 昭和・二五・七・一
(3)称号を略して表す場合に用いる。
例 N・H・K 、Y・M・C・A

以上は文部省の公認ですから、役所やビジネスの世界でもそのように使っています。

まあ、質問者さんのおっしゃる 「・」→ AND でしょう。「OR」に使った例は、ほとんど見たことがありません。


2.「/」スラッシュの使い方については、文部省の通達には出ていません。

今まで使われてきた例では(日本文も英文も)、ANDとORの両方があるように思います。
ですから、どちらの意味であるかは読み手が判断することになります。

以上のことから、日本文のレポートの場合は、「・」をANDに、「/」はORに使うのがよいかと思います。
    • good
    • 4

数学では・は×の意味で、/は÷の意味で使われることがあります



3・2=3×2     2/3=2÷3

一般文書では区切りの意味としては・(ポツ)よりも/(スラッシュ)のほうが強いでしょう。混合して使う場合は次例ではの上のほうがいいです。

 ○ 日本・中国・韓国(アジア)/イギリス・フランス・スペイン(ヨーロッパ)
× 日本/中国/韓国(アジア)・イギリス/フランス/スペイン(ヨーロッパ)
どんなリポートかは知りませんが、
「  」 、  など、区切りに使う記号はいくつもありますので、効果的にお使いください。
    • good
    • 2

「/」 は確かに his/her  などと使って or の


意味を表すと思います。
英字新聞を見ていると、文章の区切りにも使われるようです。
"Thank you." / "You're welcome."

ただ、「・」は英文で使われるのでしょうか?
「.」や「,」とは違うのですよね?
「・」は、パソコンでも、半角では出ないです。
日本語で、例えば、「ウエディング・ドレス」のように
使われることはあると思いますが……??

詳しい方のコメントを待ってみましょうか。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「/」の使い方

「/(スラッシュ)」の使い方が今ひとつわかりません。
例えば「A/B」は「A and B」なのか、「A or B」、それとも「between A and B」でしょうか?
「do at 12:00/13:00」と「ask John/Bob」の意味は何ですか?

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

普通スラッシュはorの意味合いが強い方ですが、andの意味合いを持たせるときもあります。

このカテで例文を書く時に I like/love dogs.と言う書き方をしてlikeを使ってもいいしloveを使ってもいい、と言う表現を皆さんしています。 この使い方は I like dogs (very much)と言う表現をしてカッコ内は使わなくてもいい、というような暗黙の了解と同じですね。

do at 12:00/13:00ですが、12時から13時と言うことであれば、12:00-13:00と言う表現をします。 しかし12:00/13:00を使いたいのであれば、12:00/13:00 (time) slotと言う表現を使うことができます。

12時か13時と言うことであれば、スラッシュを使って表現すると、Let's meet either 12:00/13:00と書けばいいわけです。

ask John/Bobですがこれはやはりorになりますね。これをandと理解することはまずないでしょう。 ただ、ask both John/Bobと言う表現になっていればもちろん両人に聞くということになります。

この表現で、andであるとはっきり分かるのは

John/Bob vs Jack/Mikeと言う表現でこれでJohnとBobのチーム対JackとMikeのチームと言う表現になります。

英語を使いこなすようになるには「分からないことや理解できないことはその本人にその場で聞く、そしてそれをその場で自分のものにする」というのが私には鉄則中の鉄則になります。 本人しか分からないことかもしれないしその表現が使われた状況を100%他の人に伝えることはできないかもしれませんね。 ですから、rothさん(昔お会いしましたね、このカテで)もこれをしっかり自分に植え付けて分からないときや不審なときにはそれを言った本人にできるだけその場で聞くようにしてみてください。 絶対にそれをすることでその単語や表現方法が身に付く可能性が高くなります。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

普通スラッシュはorの意味合いが強い方ですが、andの意味合いを持たせるときもあります。

このカテで例文を書く時に I like/love dogs.と言う書き方をしてlikeを使ってもいいしloveを使ってもいい、と言う表現を皆さんしています。 この使い方は I like dogs (very much)と言う表現をしてカッコ内は使わなくてもいい、というような暗黙の了解と同じですね。

do at 12:00/13:00ですが、12時から13時と言うことであれば、12:00-13:00と...続きを読む

Q中黒(・)と読点(、)の区別

中黒(・)と読点(、)の使い分けが分かりません。

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%C2%B7
によると、中黒の使い方として次のようにあります。

複数の単語を並列し、まとまった概念を示すときに、その区切りに使われる。
食品・雑貨売り場
海洋・湖沼・河川を航行する船舶
東京・新大阪間の切符
小・中学校、東海道・山陽新幹線
ただし、並列する物が単語でない場合や、併せてまとまった概念を示さない場合には、読点(、)を用いる。
食品、雑貨を買う。

以上がWikipediaの記述です。

(1)「食品・雑貨売り場」は「食品と雑貨の両方を売っている売り場」という意味であって、「食品売り場と雑貨売り場の両方」という意味ではないと考えて正しいでしょうか。

(2)「海洋・湖沼・河川を航行する船舶」は「海洋と湖沼と河川の3つ全てにわたって航行する船舶」という意味であって、「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川のみを航行する船舶の3つ」という意味ではないと考えて正しいでしょうか。

(3)「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川のみを航行する船舶の3つ」という意味は、「海洋、湖沼、河川を航行する船舶」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

(4)「東京・新大阪間の切符」は「東京-新大阪間の切符」と書くべきだと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか。

(5)「小・中学校」は、「小学校と中学校」という意味なので、「小、中学校」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

(6)「東海道・山陽新幹線」は、「東海道新幹線と山陽新幹線」という意味なので、「東海道、山陽新幹線」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

(7)「並列する物が単語でない場合」というのがどんな場合なのか分かりません。具体例をいくつかお教えいただけないでしょうか。

中黒(・)と読点(、)の使い分けが分かりません。

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%C2%B7
によると、中黒の使い方として次のようにあります。

複数の単語を並列し、まとまった概念を示すときに、その区切りに使われる。
食品・雑貨売り場
海洋・湖沼・河川を航行する船舶
東京・新大阪間の切符
小・中学校、東海道・山陽新幹線
ただし、並列する物が単語でない場合や、併せてまとまった概念を示さない場合には、読点(、)を用いる。
食品、雑貨を買う。

以上がWikipediaの記述...続きを読む

Aベストアンサー

私は専門家ではないので文法的説明は出来ません。もっぱら日常言語感覚からの回答となりますがご了承ください。

> (1)「食品・雑貨売り場」……

どちらかというと「食品と雑貨の両方を売っている売り場」が近いように感じますが、「食品売り場と雑貨売り場の両方」であっても良いと思います。

> (2)「海洋・湖沼・河川を航行する船舶」……

「海洋と湖沼と河川の3つ全てにわたって航行する船舶」というものは実際問題としてほとんど無いので、私は「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川のみを航行する船舶の3つ」という意味に解釈しました。

> (3)「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川のみを航行する船舶の3つ」という意味は、「海洋、湖沼、河川を航行する船舶」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

「海洋+湖沼+河川」は文中で並列した一塊の概念なので、「・」のほうが読みやすいように思います。

> (4)「東京・新大阪間の切符」は「東京-新大阪間の切符」と書くべきだと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか。

「どちらが正しい」とは言えないと思いますが、私だったら「東京=新大阪間の切符」と書くでしょう。「-」は「一(いち)」と紛らわしいので。

> (5)「小・中学校」は、「小学校と中学校」という意味なので、「小、中学校」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

他の設問にも言えることですが、読点「、」は文章の切れ目に使うのが普通のイメージなので、「小」と「中学校」の間で文章が切り離されてしまうかのような不安定感を覚えます。私だったらこういう場合は「・」を使います。下記の例文をご覧ください。
「今年度の○○市内の小・中学校における設備改修費用は、昨年度と比べて……」
「今年度の○○市内の小、中学校における設備改修費用は、昨年度と比べて……」

> (6)「東海道・山陽新幹線」は、「東海道新幹線と山陽新幹線」という意味なので、「東海道、山陽新幹線」と書くべきだと思うのですが、どうでしょうか。

これも(5)と同じ理由で、「・」のほうがよろしいかと思います。

> (7)「並列する物が単語でない場合」というのがどんな場合なのか分かりません。具体例をいくつかお教えいただけないでしょうか。

「赤・青・黄の花々にはそれぞれ虫がとまっていた」
「赤い花には蜂が、青い花には蝶が、黄色の花には青虫がとまっていた」
……などはいかがでしょう。

私は専門家ではないので文法的説明は出来ません。もっぱら日常言語感覚からの回答となりますがご了承ください。

> (1)「食品・雑貨売り場」……

どちらかというと「食品と雑貨の両方を売っている売り場」が近いように感じますが、「食品売り場と雑貨売り場の両方」であっても良いと思います。

> (2)「海洋・湖沼・河川を航行する船舶」……

「海洋と湖沼と河川の3つ全てにわたって航行する船舶」というものは実際問題としてほとんど無いので、私は「海洋のみを航行する船舶と湖沼のみを航行する船舶と河川...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qカギ括弧内の最後に句読点は間違い?(例:「~。」)

「こんにちは。」などという用法は間違いだと言う記事を見かけたのですが、
私は小学生のころに「~~です」と書いてバツを貰い「~~です。」と直された経験があります。
以後、作文などで「~。」という使い方をしていましたが間違いだと指摘されたことはありませんでした。

どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。
【句読点の打ち方──簡略版】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029
 以下は一部の抜粋(重言)。

================引用開始
 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。」)については、それほど問題はないと思います。「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。

1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない
例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れるでしょう」
※一般の新聞や雑誌はこうなっている。しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。他社は句点も読点もつけていない。ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。

2)段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない
例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。「あしたは晴れるでしょう」

3)段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。
  この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。

4)文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった(笑)。

5)文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける
例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れると思います。(談)

6)改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい)

 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。
 新聞でよく見かける3)の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。6)は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。
================引用終了

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールに...続きを読む

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「及び」、「又は」の前の読点の必要性

3つ以上のものを列挙する場合の「及び」、「又は」の前には、読点は書くのがいいのでしょうか、書かないのがいいのでしょうか。例えば、次の(11)、(12)のどちらがいいのでしょうか。また、(21)、(22)のどちらがいいのでしょうか。

(11) A、B、及びC
(12) A、B及びC

(21) A、B、又はC
(22) A、B又はC

また、そのようなことについて記した入手又は閲覧可能な文書があるでしょうか。

Aベストアンサー

文化庁の『言葉に関する問答集』では、(12)(22)を正式としています(総集編p.568)。しかし、現実の法令では、列挙事項が名詞句の場合はそのとおりですが、列挙事項が文節などの場合は、混乱を避けるために(11)、(21)が用いられています(文化庁も(11)、(21)が誤りだとは言っていません)。
JISでは、(11)、(21)を正式としており、実際の運用もそうなっています。
欧米語では、名詞句であっても(11)、(21)を正式としておりますが、英字新聞などでは(12)、(22)が多く見られます。これは、新聞が1字でも詰めて書きたいので、このような習慣ができたとも言われています。
私は、技術文書を本業としているため、一般文書でもJIS方式だけを使っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング