プロが教えるわが家の防犯対策術!

私はずっと司法試験浪人をしており、アルバイト以外の職歴が無い身ですが、このたび、社労士・行政書士の資格で開業する予定です。
厳しいのは重々わかっておりますが、自宅で開業してコストを最低限にし、集客等も少し知識あるインターネットでの集客を考えています。

他の事務所で働くという選択は、まずは一人でやってみてから壁にぶつかった後に考えてみようと思っています。

私のように職歴無しで開業するという場合に、足りない能力、常識等は何でしょうか?セミナーに参加する、本を読み漁る等、ギャップを埋める努力をするつもりなのですが、何かほかによい方法、オススメの本等ありましたら、ぜひアドバイスをいただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

行政書士・社会保険労務士に限らず、何にも無しで最初から独立して稼ごうと思うとなかなか大変です。


人脈があればいいけど、なければ確かにインターネットでの集客が手っ取り早いでしょうね。
行政書士・社会保険労務士のサイトで検索をかけて、参考にしながら流行りそうなHPを作ればいいでしょう。
仕事に関しては、ベテランのような顔つきで仕事を請けて、それから調べまくるんでしょうな。
それが一番良い(笑)
特に行政書士は、許認可なんかだと守備範囲が広いから、ベテランでも初めてやる仕事は多いと思いますよ。
セミナーに参加して、あれこれ知人を作っておくのは良い事だと思います。
まずは、顔を売る事が先決だから。

金融関係の友達がたくさんいて、回してくれるというありがたい友情があるのなら、それが財産ですから、早く司法書士の資格を取る方がベターです。
もっとも、話半分に聞いていた方がいいかもしれない。

>>司法書士の登記という仕事は本人でもやろうと出来る仕事でもあること・・・

やろうと思えば、本人ができるのは確かなのですが、金を借りる時に銀行が本人にやらせてはくれません。
融資はしたわ、登記ができないとなると大事ですから・・・
抹消登記は銀行に負担がないから、本人にやらしてくれるかもわかりませんがねぇ。

司法書士試験に合格してから、簡裁訴訟代理権を取って、裁判事務をメインに扱うのが新人に取ってはいいのじゃないかなぁ?
いずれにしても、頑張って下さい。

この回答への補足

やはり大変ですよね。かなりの覚悟をしなくては。
インターネットでの集客の知識は現状ではまだまだですが、もう少し知識を入れればかなり強みになるのではないかと思っています。
ここだけは私のストロングポイントになり得るかもしれません。

金融関係の友人の人脈は、信頼できる友人なのですが、なんというか、ギブアンドテイクが成り立たない予感があるというか。
もらいっぱなしの関係にしかなり得ない感じがして、あまり当てにしてはいけないなと思っています。
軽く期待するくらいで、他から仕事を得られるよう努力指定校と思っています。

>やろうと思えば、本人ができるのは確かなのですが、金を借りる時に銀行が本人にやらせてはくれません。

実際はそういうふうになっているんですね。勉強になりました。

>司法書士試験に合格してから、簡裁訴訟代理権を取って、裁判事務をメインに扱うのが新人に取ってはいいのじゃないかなぁ?

認定司法書士ですね。現場を知っていらっしゃる方のアドバイスはとても参考になります。そちらの方法もしっかりと情報収集していこうと思っています。

補足日時:2008/07/25 01:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/25 01:12

 以下、あくまで私見ですが。


決めたなら、実践しかないと思います。

 ある程度社会経験、労務の経験があれば、要領とか落としどころがわかるので、いきなりでもいけると思いますが、経験が少ないなら、最初のうちは恥ずかしいと思いますが、顧客の質問には、一旦、電話をきって行政官庁(労働基準監督署、社保他)に根掘り葉掘り聴いてから答えるしかないでしょう。本当は少しでも事務所経験を積んでノウハウを掴んだほうがいいと思います。
 セミナーなんか聞いてもためにならないとは言いませんが、余計な出費と思います。これからの生活費にあてたほうがいいと思います。

 

この回答への補足

現在はネット関係で少し収入があり、現在は司法書士の資格を取ろうと勉強中で来年は取りたいと思っており、勉強をしつつ副業的な位置づけで開業したいというのが希望です。

学生時代の友人で銀行員などの金融関係の仕事をしている友人が多く、司法書士を取れば仕事はまわせると思うよ。とは言ってくれるのですが、司法制度改革の影響で弁護士が増えること・司法書士の登記という仕事は本人でもやろうと出来る仕事でもあること等を考え、既存のやり方でない方法での仕事の仕方を模索しています。そのためインターネットでの集客というのを考えているという状態です。

ANo.2さんの紹介してくれた副業行政書士の方の本を読んだ影響というのもあるのですが、社労士にしろ、行政書士にしろ、行政機関に問い合わせれば教えてくれることが仕事の内容であり、また、事務所で働くとしてもそこの先生は将来のライバルになるわけで、自分で開業するほどのノウハウをえることが出来るのかという思いがあり、現時点では開業を考えています。

補足日時:2008/07/09 21:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

要領とか落としどころの感覚が必要なんですね。恥はいくらでもかいていこうと思っています。

セミナーについては地元の市町村の主催する起業関係のセミナーに法律事務所で開業するということで参加しようと思っています。15日間くらいあり、1万円程度なので、セミナーの内容よりも起業をするような人たちの話を聞き、社労士・行政書士としてどのようなサービスを提供すればよいかを調査しようと思っています。

お礼日時:2008/07/09 21:51

顧客となりうる人脈・同業や他士業の人脈はありますか?


無ければつらい期間が長くなることも想定すべきです。

資格試験の知識と業務知識はイコールではありませんので、各士業のでの所属会の研修などが重要になるでしょうし、そこでの人脈確保も重要でしょう。

私は税理士業界で働いていましたが、飛び込みは皆無でしたね。既存顧客からの紹介がほとんどです。専門分野や信用度合いは素人では不安要素です。

同業や他士業の事務所での経験をされることも重要だと思います。
副業行政書士というタイトルのメルマガを出されている方の情報も参考になるかもしれませんね。

この回答への補足

ANo.3の補足にすこし現状を補足させてもらいました。

補足日時:2008/07/09 21:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近副業行政書士のメルマガをだされている川口さんの本を読みました。仕事が無い期間がかなりの時間あるだろうことは覚悟しています。

やはり飛び込みは無いんですね。。。人脈を広げることも含め、いろいろと考えてみようと思っています。

お礼日時:2008/07/09 22:01

水をさすようで申し訳ありませんが、顧客の人脈というものは


こういう業種においては、かなり重要だと思います。
ネットでの集客で、そういう顧客が集まるでしょうか。

また、本やセミナーでは得ることのできないであろう、
客あしらい(ちょっと言葉がわるいですが)は経験からしか
得ることの出来ないものではないでしょうか。

切羽詰ってくる人、いきなり怒鳴り込んでくる人、自分本位で
虚偽の申請をする人など、様々なひとがやってきますが、
あなたはそこを見抜き、さばける自信はありますか。

といっても、開業することはもう決めていらっしゃるので
しょうから、同業者の先輩や他事務所に勤めている友達と
交流をはかり、ノウハウを積んでいくのが得策だと思います。

この回答への補足

ANo.3の補足にすこし現状を補足させてもらいました。

補足日時:2008/07/09 22:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実力不足の状態で開業すること自体のリスクはどういうものがあるのでしょうか?

仕事でミスした場合に損害賠償をされるとか、一回ミスして看板が傷つくと法律関係の事務所は立ち直りにくいのような、法律事務所ならではのリスクというのがあるのでしょうか?

仕事自体はかなりの時間収入が無い状態も覚悟しています。同業の先輩等との交流が大事なんですね。意識して交流を深めていこうと思います。

アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2008/07/09 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q28歳無職職歴なしです。社労士を目指しています。

現在28歳の無職の男です。来年の春で29になります。しかし、職歴はありません。



24歳で大学を卒業してからは、コピーライターを目指して養成講座に通い、広告代理店でも常勤のアルバイトをしていました。アルバイトを始めて約1年後に心筋梗塞で倒れてしまいます。3週間意識がありませんでした。当時のことはあまり覚えていません。

長い入院生活、手術、リハビリの日々・・・長かったです。倒れてから1年後の2010年10月に医師から「もう回復したと言ってもいい状態だね」という言葉を聞きました。それから就職活動を始めます。

始めは前述の通り代理店でアルバイトをしながらコピーライターを目指していたということもあり、クリエイティブ系の職種に絞って履歴書を出していました。経験を生かせると思ったので。しかし、未経験で尚且つ年齢がネックになったのか面接まで進める会社はほとんどありません。気づけば年が変わり春が来ていました。



その頃になるともうクリエイティブという希望は捨てて、業種職種問わずに履歴書を出す日々。そんな時に職安の方に「障害者手帳を持っているなら障害年金の申請でもしてみれば?」と言われます。(バイパス手術を受けたので心機能1級の身体障害者手帳を保持)。

申請に伴い事前に自力での申請は困難だということはわかっていたので、社会保険労務士に相談してみることにしました。3軒ほど事務所を回ったのですが、2軒目までは「これ(心筋梗塞)だけでは(申請の通過は)無理ですね・・・」と言われてしまいます。

藁にも縋る思いで門を叩いた最後の社労士事務所。そこで運命的な出会いが。社労士の女性が物凄く親身になってくださり、依然就活を続けていた僕は「こんな人になりたい」と思います。事務所から出る時にはもう申請は二の次で社労士を目指すことで頭が一杯でした。



今僕は社労士を目指して勉強中です。実家にも戻りました。就活はしていません。勉強に専念しています。勉強が進むにつれて1回の受験で合格することは難しいと思うようになりました。もちろんそれを目指してはいますが。

そこで最近は受かるにせよ、落ちるにせよ、どちらにしろ受験は1回っきり、受験後は東京に戻ることを決めました。来年度の受験は8月末ですので、再上京は9月か10月になると思います。



長々と余計なことを書いてしまいました。すみません。皆さんに質問というか、相談があります。

先ほども申し上げたように、社労士試験の合否に関係なく来秋に上京しようと思っています。
東京で生きて行くために、そして年齢的にも正社員で職種を問わずに就職できればという気持ちがあります。が、できれば働くならばコピーライターのようなクリエイティブ系の仕事をしたいと今でも考えています。(社労士試験に受かっていれば無論社労士として事務所勤務ですが・・・)

僕のような状況、スペックでそんなことを言っている場合ではないでしょうか?(というか言ってられないと思いますが・・・)

皆様からの(厳しくも暖かい)ご意見、ご指摘をお待ちしております。

現在28歳の無職の男です。来年の春で29になります。しかし、職歴はありません。



24歳で大学を卒業してからは、コピーライターを目指して養成講座に通い、広告代理店でも常勤のアルバイトをしていました。アルバイトを始めて約1年後に心筋梗塞で倒れてしまいます。3週間意識がありませんでした。当時のことはあまり覚えていません。

長い入院生活、手術、リハビリの日々・・・長かったです。倒れてから1年後の2010年10月に医師から「もう回復したと言ってもいい状態だね」という言葉を聞きました。それから就...続きを読む

Aベストアンサー

貴方の言っていることは、十分に謙虚で現実的だと思いますよ。
社労士を第一志望としながら、ダメな場合は他の就職先を探すと言っているのですから。
社労士を目指すに至った動機も極めて純粋です。
28歳はまだまだ若いです。頑張ってください。

Q60歳、職歴経験ほぼ無し、行政書士資格取得でどうでしょう?

私の中で、どうしていいものか悩んでいるので投稿させていただきました。
配偶者の他界により今後、長男である私達夫婦が義母の面倒を見ることになりそうなんですが、私達もそう裕福な暮らしをできるほど収入があるわけではないので少し義母に働いてもらえればと思っています。
年齢は60歳です。
ですが、今まで義父が家計を1人で支えていた為、義母は就労の経験は独身時代の2~3年程度しかありません・・・
できることを、のんびりしてもらい自分のお小遣い程度で
私達としてほんの少し、パートでも内職でもしてもらえればと思っているのですが、何を思ったか行政書士の資格の勉強をつい最近から始めているようです。
頑固で、筋を曲げない性格なので頑張れば行政書士の資格は取れなくもないと思います。
資格は持っていてもいいと思うので、反対する権利は私達にはないと思いますが今まで働いた経験もほとんどない上に、今まで自分たちのことだけを考え生活してきたような状態で、貯金はなし、遺族年金はおろか、年金も払ってないのでもらえない状態でおんぶに抱っこ状態の上、資格のお金からすべてを私達が負担しなければならないのです。

持病を持っているため、資格を取り営業活動なんてとてもじゃないですができるほど体力はないと思います。
このまま、黙って資格を取るのを見届けてあげるのが親孝行なのでしょうか?
資格を取るだけが、費用が必要な物ではないので本格的に行政書士として働いていく為の開業の資金などももちろんありませんし、お金をどこかから借りることは不可能です。債務ありますんで・・・

すべての状態をお話しすると長くなってしまいます。。。
どうか良いアドバイスを。。。

私の中で、どうしていいものか悩んでいるので投稿させていただきました。
配偶者の他界により今後、長男である私達夫婦が義母の面倒を見ることになりそうなんですが、私達もそう裕福な暮らしをできるほど収入があるわけではないので少し義母に働いてもらえればと思っています。
年齢は60歳です。
ですが、今まで義父が家計を1人で支えていた為、義母は就労の経験は独身時代の2~3年程度しかありません・・・
できることを、のんびりしてもらい自分のお小遣い程度で
私達としてほんの少し、パートでも内職で...続きを読む

Aベストアンサー

現在は、試験の難易度も高くなったからともかく、昔は定年退職して名刺を出す時の肩書として行政書士の試験を受ける人もいました。
お義母さんが行政書士試験を受けるのに、専門学校に通うような本気でなく、行政書士試験の本を買って受ける位であれば、試験日は11月でまだ半年もありますから、見守って1回だけ受験させてあげたらどうですか?
それだと、費用もかからないでしょう。
難しい試験にあきらめるかも知れません。
その時になって、短時間のバイト程度でも働いてもらうように勧めて見ればいいのでは?
最後に言うと、行政書士で食っていければ、他のどの職業でも食っていける程営業は難しいですよ。

Q行政書士登録についてです。

行政書士登録についてです。
行政書士登録にはいくつかの条件があるとおもうんですが、提出する書類に履歴書があるんですけど、職歴で登録否認されることってあるんでしょうか?
例えば、職歴がない、またはアルバイトしかしていない。
    無職期間がある。       
     など
こういったことで登録できないことってあるんでしょうか?
お答えよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「職歴がない」「アルバイトしかしていない」「無職期間がある」
いずれも欠格事由に該当しませんので登録を拒否する理由にはなりません。

欠格事由・・・・行政書士法第2条の2
登録拒否事由・・行政書士法第6条の2第2項
を参照ください。


人気Q&Aランキング