【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

昔から思っていたことなんですが、毎回買うフライパンはいつも真ん中が少しだけ盛り上がっていて
油を入れても真ん中で留まらず、周りのふちに集まってしまいます。
焼き物もうまく油が回りません(端で焼く感じです^^;)

いつも普通のショッピングセンターで売っているような、
IH用のフライパンしか買ったことがないのですが安すぎるのでしょうか?(2000円前後)
安いフライパンは決まって真ん中が盛り上がってますか?
ちなみに今回買ったフライパンはマーブルコート使用!とかいうフライパンでした。

綺麗に真ん中で油が留まって欲しいです・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

安いからということではないでしょう。


私のスーパーで買ったものは直径21cm、安売りで980円、テフロン加工でもう2年使っていますが何の問題もありません。真ん中も盛り上がっていませんし、油を引いて使う限りくっつくこともありません。
製造元の問題ではないでしょうか。ご自分にあったものを選ぶしか、ないと思います。
ちなみに、スーパー等ではあまり置いていませんが、鉄製のフライパンは安いし、使い方や手入れ方法を間違わない限り一生物です。
    • good
    • 1

補足です。

ナントカコート、あるいは加工というフライパンは油を少量入れてもきれいに真ん中には集まりません。(特に新しいうち)
ちょうど水をはじいた感じになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こちらにお礼させていただきます。有難うございます^^

そうですか~安くてもそんなことはないのですね。
今まで生きてきて買うフライパンどれも油が回りに集まって真ん中で留まりませんでした。
毎回買うときに触って平らな気がするんですけど・・

フライパンの種類にもよるのですね。参考になります。

お礼日時:2008/10/15 09:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIH用フライパンの真ん中が盛り上がる

昨年末にマンションを購入し、200VのIHヒーターを使用し始めました。
IH用調理器具のフライパンをホームセンターで購入し、使用しているのですが、使うにつれフライパンの中央部が盛り上がってきているみたいなのです。

目玉焼きを作る際に、中央に卵を割っても周辺に流れて
偏ってしまいますし、肉を焼いても焦げ目のつき方が均等ではありません。

以前のガスコンロの時はそんな事はありませんでしたが、
マンション購入前にIHヒーター用(ガスでも使用可)のフライパンを先に買って(これもホームセンターで買いました)ガスコンロで使用した時にも同様な感じになりました。
その時はフライパンに問題があると思い、今回はなるべく平らなフライパンを購入したのですが、やはり中央部が盛り上がってしまいました。

IH用のフライパンは、特性上みんなこの様な現象が起こるものなのでしょうか?
それとも、ホームセンターの安い品物だったからなのでしょうか?高価なものなら大丈夫?
そうだとすれば、その中でもお奨めのフライパンはありますか?

ご回答よろしくお願いします。

昨年末にマンションを購入し、200VのIHヒーターを使用し始めました。
IH用調理器具のフライパンをホームセンターで購入し、使用しているのですが、使うにつれフライパンの中央部が盛り上がってきているみたいなのです。

目玉焼きを作る際に、中央に卵を割っても周辺に流れて
偏ってしまいますし、肉を焼いても焦げ目のつき方が均等ではありません。

以前のガスコンロの時はそんな事はありませんでしたが、
マンション購入前にIHヒーター用(ガスでも使用可)のフライパンを先に買って(これも...続きを読む

Aベストアンサー

うちでは昔、東急ハンズで買った厚底の鉄のフライパンを使ってますが、IHヒーターでも問題有りませんよ。価格はそこそこ高かったかな?
たぶんこれと同じです。
http://www11.plala.or.jp/taka-lab/20041128-fly-pan/frying-pan.html

Qプロのフライパンはなぜくっつかない?

ホームセンターなどで売っている家庭用フライパン、テフロン加工、フッ素加工してこびりつきにくくしてありますよね。目玉焼きがスルスル踊っていたり。とはいえ、長く使っているとその加工もはげて、たいした効果もなくなってきます。

一方で、料理のプロが使うフライパン、黒光りする使い込まれた?とおもわれる、さすがプロの道具とうなっちゃいます。でも、プロがテフロン加工のくっつかないフライパンを使っているって聞いたことありません。

ふつ~の鉄製のフライパン、くっつかなく使うにはどうしたらいいんでしょう?

Aベストアンサー

こんにちは。
答えは単純明快。
ズバリ「油が染み込んでるから」です。
プロのフライパン油の量も違い結構多めに使っているのも、要因の一つです。
しかし、家庭ではそう簡単にはプロフライパンは出来ません。

そこで作り方ですが、まず買ってきたフライパンを親の敵の如くチンチンに空焼きします。
この時に、表面の錆止め塗料が凄まじい勢いで煙を立てますが(注:体にはとても悪そうな物質が出て来ている事間違いないので、換気は十分に)ひるむ事無く焼き続けます。
(焼きが甘いと後で油が馴染みません)
そのうちに、全体(一部分だけではなく、縁まで)が青黒く光る様になったら、自然に冷ましてから金タワシ&クレンザーで洗います。
その後、十分に冷めたら食用油(勿体無いから特価の時に買った安いサラダ油)を半分位入れて、煙が出るまで温めたら最低一時間位弱火にして熱します。
出来ればその時に、縁にスプーン等でかけて油をまわしてやりましょう。
その後、油を捨てて結構照り照り状態で保管したら完成です。
但し、しばらくの間はまだ油の馴染みがよくないので、揚げ物をせっせと揚げて油を鍋に吸わせてやって下さい。

手入れに関してですが、洗剤は基本的には使わずに金タワシやササラ等で流し洗いしてすぐに火に掛けて完全に乾燥させた後に、薄く油を引いて保管して下さい。

ちなみに、中華鍋も同様の方法でプロ使用が作れます。

最初面倒かも知れませんが、一度しっかりやっておけば家庭用なら数十年もちますよ。
(下手したら人間の寿命より長いかも)
ちなみに、小生がこの様にして作った百均フライパンは、友人の家で五度目の正月を迎えましたとさ。

取り急ぎ、回答まで。

こんにちは。
答えは単純明快。
ズバリ「油が染み込んでるから」です。
プロのフライパン油の量も違い結構多めに使っているのも、要因の一つです。
しかし、家庭ではそう簡単にはプロフライパンは出来ません。

そこで作り方ですが、まず買ってきたフライパンを親の敵の如くチンチンに空焼きします。
この時に、表面の錆止め塗料が凄まじい勢いで煙を立てますが(注:体にはとても悪そうな物質が出て来ている事間違いないので、換気は十分に)ひるむ事無く焼き続けます。
(焼きが甘いと後で油が馴染みま...続きを読む

Qコンビニおにぎりの冷凍保存について

余ったご飯は冷凍して保存するってよくあることですよね。では、コンビニにおにぎりは冷凍保存して数日後食べても大丈夫なのでしょうか?おにぎりの場合、おかずが入ってるのが心配なんです。シャケやこんぶならなんとなく安心ですが、明太子や海老マヨネーズのような生っぽいおかずまで一緒に冷凍してその後解凍して食べても平気ですか?

Aベストアンサー

殆どの物が取り合えず冷凍は出来ますが

コンビニのおにぎりは水分が少ないので
電子レンジ解凍しても美味しくありません
具の方が先に熱くなってしまいます

生の具を加熱しても味は変わりますが品質には変わりありません
充分食べられますが美味しくはないと思います
それは食べた人の味覚の問題ですでご自由になさってください

近頃では「冷凍寿司」なる物が通販で売られているので
それを参考に自然解凍ならまあまあ美味しいかもしれませんね

のり巻きやいなり寿司も冷凍できますよ

シュークリームやケーキは一般で、私もやりますし
元から冷凍されている物もあります
但しこれも自然解凍ですよね
      (余計な事を言って失礼しました)

Qフライパンを熱してから油をひく原理

フライパンの使い方の常識として、「熱したフライパンに油」というのがあります。
油を入れてから熱するのと、原理としてどうちがいがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

今週は忙しくて料理できなかったのですが、先ほどやっと実験できました。なかなか興味深い結果が得られました。材料は前回と同じ豚バラです。実験で変えた条件は、

1. 鍋の表面の材質(たわしでよくこすったあとか、酸化膜があるか)
2. 油を入れるときの鍋の温度
3. 油の量
4. 材料を入れるときの鍋の温度

の4つです。

さて、前回まで、鍋表面に酸化膜が形成されていて、高温で材料を入れたときは、油を入れるときの鍋の温度に無関係にくっつかないことを報告しました。今回、酸化膜をとるために、研磨剤つきのたわしでゴシゴシこすって、キッチンペーパーで水気をざっとふき取り、そのまま10分程度自然乾燥させた鍋を用意しました。火にかける前に油を投入し、よく鍋を熱してから材料を投入しました。鍋表面は火にかける前にあらかじめ油で覆われているので、酸化膜の形成はある手程度阻害されているはずです。結果は・・・、全くくっつきませんでした。

したがって、私の仮説はウソだということがわかりました。もしかすると、鍋さえ熱ければ油の有無とは関係なく十分な酸化膜が形成されるので、実際上は油を引く前に酸化膜を形成させることに神経を使う必要はないということかも知れません。

いずれにせよ、この結果は、材料を投入するときの鍋の温度が重要であることを示唆しています。そこで、もっと厳しい条件にするために、鍋を徹底的に洗った上で油を全く敷かずによく熱し、材料を投入しましたが、やはりくっつきませんでした。もっとも、豚バラの場合、自分自身が油を出すので、この結果から油の効果を云々することは出来ませんが、いずれにせよ、油を入れる温度よりも材料を入れる温度の方がずっと重要だということが示唆されます。

そこで、温度の効果を確認するために、鍋を火にかける前に材料を入れてみました。その結果、油の有無、酸化膜の有無にかかわらず、必ずくっつくことが判りました。つまり、鍋に材料をくっつけないようにするためには、上記の4つの条件のうち4、つまり、鍋をよく熱することがもっとも重要な要素であることが明らかになりました。ですから、ご質問の「常識」は(少なくとも物理的プロセスに関しては)「迷信」だということですね。これは私にとっても以外でした。

ではその背景にある科学は?というと実は良くわかりません。豚バラの場合常に油があるので、油と鍋との結合力が高温ほど強くなる、というstarfloraさんのモデルで結果は説明できそうですが、高温になればエントロピー項が効いて自由エネルギーが下がりますので、鍋と油分子との間に化学反応が起こらない限り結合が強くなることはあり得ないように私には思えます。間違っていましたらご指摘ください。私自身はたんぱく質の場合、熱が加わると変性して凝固しますが、その過程が長ければ鍋表面の微妙な凹凸と固着してしまうのではないかと今は想像しています。鍋が熱ければ、肉表面はあっという間に凝固しますからくっつきません。ご飯のようなでんぷん質の場合も、糊化したくっつきやすい状態から、表面が固まる、もしくは油で覆われた状態になりやすいため、鍋が高温の方が良いのだと思います。いずれにせよ、単なる潤滑や吸着の問題ではなく、化学反応も介在しているので事態はちょっと複雑ですね。

ちなみに、くっついたものをあまりきれいに洗わなかった場合、高温にしてから材料を入れても、油をたっぷり入れても、くっつきました。温度以前に鍋を良く洗って綺麗にしておくことは重要です。その点では「鉄鍋を洗剤で洗ってはいけない」というのは迷信だと思います。もっとも洗ったあとの表面は非常にさびやすいので、よく熱して保護膜としての酸化膜をつけ、油を薄く引いておくことは重要です。

今週は忙しくて料理できなかったのですが、先ほどやっと実験できました。なかなか興味深い結果が得られました。材料は前回と同じ豚バラです。実験で変えた条件は、

1. 鍋の表面の材質(たわしでよくこすったあとか、酸化膜があるか)
2. 油を入れるときの鍋の温度
3. 油の量
4. 材料を入れるときの鍋の温度

の4つです。

さて、前回まで、鍋表面に酸化膜が形成されていて、高温で材料を入れたときは、油を入れるときの鍋の温度に無関係にくっつかないことを報告しました。今回、酸化膜をとるために、研...続きを読む

Q自動車は何km、または何年走れるか

一月に1回は洗車とワックスがけをして、オイル類やタイヤなど(エンジンなどの交換したらめちゃ高く付く部品はのぞく)をちゃんと定期的に交換している場合、車は何km、または何年くらい走れるものなんですか?
一般的には10万kmくらいが寿命みたいですが、中古車市場では15万kmも走ったベンツなどが売られていますよね。 国産車は10万kmが限度で、ベンツなどの高級外車は15万km走ってもへっちゃらなんでしょうか。
お願いしますー。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に交換しているという前提で)
タイミングベルトなど交換する時期でもありますが
それらをちゃんと交換していれば10万キロ以上でも
走行は可能です

運転手さんの乗り方にもよりますが
短期間で走行距離が嵩むよう乗り方なら
必要な油脂類や部品の交換をしていれば
20万キロでも問題無いでしょう
実際に私は5年間で16万キロ程度走行した車両が
3台程ありますし特に大きな故障はありません
(新車から乗っていると仮定して)

中古車で低年式の走行距離が嵩んでいる車両は
流石に購入する気にはなりませんが
新車購入で長く乗るなら特に定期的な整備点検をして
長期間乗る事は問題無いでしょう

ただ何年まで大丈夫とか
何キロまで平気だとかは
各々の個体の問題なので結果論ですから
言い切る事は出来ませんが
メーカーから部品が供給されている間は
苦労も無く乗り続ける事は出来るでしょう

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に...続きを読む

Q鉄のフライパンの空焼き→油ならしの途中でまわりに油の膜が…

鉄のフライパンをいただいたので、空焼きして油ならしをしていました。
たっぷりめの油を弱火で数分間熱すると説明書に書いてあったので、その通りにしていたのですが、火が強かったのか油があたっていない周辺部分が焦げてきて、油の膜の様な物ができてしまいました。
(油を入れた境目の線が入ったような感じです)
水(洗剤なし)&たわし(他ささら)で洗ってみたのですが、とれません。
これは、油ならし失敗でしょうか???
焦げつきとまではいかないのですが、これから使っていくうちに、この膜が、焦げ付きに変わってしまいそうで、不安です。
新しいフライパンなので、できるだけ傷をつけず、この膜のようなものを取り除き、使い始めたいと思っているのですが、何か方法はありますでしょうか?
鉄のフライパン初心者です。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうしても気になるようなら、もう一度空焼してみてはどうでしょう。
使っているうちに焦げ付きなどができた場合も、直火で炭になるまで空焼きすれば、きれいに取れます。
目の細かい耐水サンドペーパーかスチールウールたわしでこすればもっと簡単です。

わが家はリバーライトのスチールパンを十数年来使っていますが、この方法で何度かリニューアルしました。
http://www.furaipan.com/shouhin/15furaipan/ribaaraito/furaipan61.html

Q雑誌のモデルが皆素足に見えますが・・・

VERYやSTORYなどをよく読んでいます。
靴を見ているとサンダルでない時でも
モデルさんが素足ではいているように見えます。
私はストッキングが苦手なので
パンプスでも普段は素足のまま履くことが多いのですが
こういうはき方は普通になってきてるのでしょうか?
それとも素足に見えるだけで(指やスジの感じがどう見ても素足ですが)
何かはいているのか・・・
または雑誌はわざとはかずに映しているのでしょうか?
はかずにオッケーなら苦手な私はとっても嬉しいのですが^^
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは★

個人的には、ストッキングって大切だと思います。

ですが、確かに履き心地は気になるもの、
苦手なのでしたら、無理に履く必要はないと思います。
ただ、私生活以外はちょっと・・・と思います。
TPOとして、仕事や公式の場などでは必要なのではないでしょうか。

素足でパンプスを履くことは多くなっていると思います。
私も夏は素足で履きます。
また、オープントゥなどのつま先が見えるデザインが流行しているので、パンプスであっても素足じゃないと変、という側面もあるかと思います。(ストッキング+オープントゥパンプスの方もいらっしゃいますが)

ただ、冬は、足がどうしても綺麗じゃなくなるんですよね。手入れしても時間が経つと・・・。
かさついたり、色が青くなったり赤くなったり・・・。
そういうのがみっともないと思うので、私は多くの場合履きます。

足の手入れがバッチリで、素足でパンプスでしたら「綺麗!」と思うと思います。

そしてもう1つ。
靴が汚くなります。
これは本当に格好悪いです。恋も冷めちゃうよ~って思います(笑)
靴を脱ぐ場で、靴が汚いとかなり印象悪いです。
学生なら世間知らず(身だしなみが・・・)で済みそうですが、社会人だとちょっとみっともないのではないでしょうか。

これらの問題をクリアできれば私もストッキングを履かないかもしれません(*^_^*)
自分は気にしているので、他人のこともつい見てしまいますが、別に押し付けようとは思いませんよ~。(他人は他人ですし。あまり他人に興味もないので(笑)
私は大学生ですが、たぶん半分くらいの子がストッキングは履いていないと思います。(冬も)夏は9割以上履いていないでしょうね。若いほど、ストッキングを履かない傾向があるかと思います。

ですから、質問者さんがストッキングなしでパンプスを履いていても全然不自然じゃないと思います!!

私も雑誌は素足だと思います。足が綺麗に見えるように、スプレータイプのものを利用したりしているかもしれませんが、普通のストッキングを利用しているようには見えないですよね。。
それとも、知らないだけで写真を上手く処理しているのでしょうかね?

雑誌でOKならOKというわけではないと思います。
でも、ストッキングを履かない文化(?)は10代後半~20代前半の世代では確実に広がっていると思うので、変に見られることはないと思います。

参考になれば嬉しいです♪

こんにちは★

個人的には、ストッキングって大切だと思います。

ですが、確かに履き心地は気になるもの、
苦手なのでしたら、無理に履く必要はないと思います。
ただ、私生活以外はちょっと・・・と思います。
TPOとして、仕事や公式の場などでは必要なのではないでしょうか。

素足でパンプスを履くことは多くなっていると思います。
私も夏は素足で履きます。
また、オープントゥなどのつま先が見えるデザインが流行しているので、パンプスであっても素足じゃないと変、という側面もあるかと思い...続きを読む

Q卵焼きをするとフライパンにくっつくのですが…

卵焼きをするとフライパンにくっつくのですが…
この前IHを買った時についてた
結構質がいいと思われるホットプレートではくっつかなかったのに…
いちいち卵焼きするときにデカイホットプレートを使うのは面倒なので小さい玉子焼き器を買ったのですが
凄くくっつきます
くっつきやすい素材とかあるんでしょうか?
そういう場合くっつかないコツとかありますか?

Aベストアンサー

素材はなんでしょうか。
ステンレスはとてもくっつきやすいです。
鉄も使い慣れるまではくっつきやすいです。鉄の場合はきちんと処理をする事。この処理はあちこちのサイトで丁寧に紹介されてると思いますので、もしお持ちなら見てみて下さいね。


小さい玉子焼き用パンならテフロンが多いと思うんですけどね~テフロンなら買ったばかりは油がなくてもスルスルですから違うのでしょうが疑問です。玉子関連に使うにはテフロンが便利です。


あと何故かは知りませんが、皆さん油を後に言われていますね。
わたしは先に入れてます。殆んどの素材は空焚き禁止だからです。
特にテフロンは強火もダメ(つい自分もやっちゃいますが、有害なんです)なので注意して下さい。
鉄やステンレスならどんな強火でも空焚きでも特に問題ありません。

QIHと鉄のフライパンについて

洋食中心の料理研究家を目指している者です。
この度、自室の一角を改装してミニキッチンを作りましたが、
予算と消防法の関係上、卓上のIHヒーター1口のみの導入となりました。

そこで、ミニキッチン専用の窒化鉄のフライパンを購入しようと思っているのですが…、
・IHは炒め物などの調理が難しいと聞いたが、鉄のフライパンはプラスかマイナスか?
・窒化鉄は強度が高いそうだが、強火で扱っても大丈夫なのか?
・普通の鉄のフライパンと比較して、味が落ちたりこびりつきやすくなったりしないか?
……という疑問があります。

ちなみにフライパンの使用用途は、オムレツ、パスタの具、肉料理が中心になります。
IHヒーターを本格的に調理に使用するのはこれがはじめてです。
調理に詳しい方、ぜひアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 IHは、電磁誘導加熱と言って磁場の変化で発生した電流が抵抗のある金属内を流れることによって鍋自体が発熱する方法で、電子レンジとはまったく原理が異なります。電子レンジは磁気共鳴と言って水分子と共鳴する周波数の電磁波(マイクロウェーブ)で水分子自体を振動させて過熱します。
 大きなチェーン店やホテルでは、IHは欠かせません。ガスの場合はその熱の大部分が室内に逃げてしまいますが、IHの場合は鍋自体にほぼ100%熱が移動(97%)しますから、熱量当りの費用が電気が高くても、効率の差でIHのほうがよいのです。さらに厨房や客室の冷房費用を考えると・・
 ⇒業務用 電磁調理器 - Google 検索( http://www.google.co.jp/search?q=%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8+%E9%9B%BB%E7%A3%81%E8%AA%BF%E7%90%86%E5%99%A8+%E4%B8%AD%E8%8F%AF&hl=ja&tbo=d&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=-M4NUZDIJI3umAWRu4DQDw&ved=0CAcQ_AUoAA&biw=1024&bih=590#hl=ja&tbo=d&tbm=isch&sa=1&q=%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8+%E9%9B%BB%E7%A3%81%E8%AA%BF%E7%90%86%E5%99%A8&oq=%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8+%E9%9B%BB%E7%A3%81%E8%AA%BF%E7%90%86%E5%99%A8&gs_l=img.3..0i24.25335.25335.0.25589.1.1.0.0.0.0.92.92.1.1.0...0.0...1c..2.img.I4cKbSekpbw&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.&bvm=bv.41867550,d.dGI&fp=35d3067ecaa590ae&biw=1024&bih=590 )
 特に中華コンロ( http://www.google.co.jp/search?q=%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8+%E9%9B%BB%E7%A3%81%E8%AA%BF%E7%90%86%E5%99%A8+%E4%B8%AD%E8%8F%AF&hl=ja&tbo=d&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=-M4NUZDIJI3umAWRu4DQDw&ved=0CAcQ_AUoAA&biw=1024&bih=590#hl=ja&tbo=d&tbm=isch&sa=1&q=%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8+IH+%E4%B8%AD%E8%8F%AF&oq=%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8+IH+%E4%B8%AD%E8%8F%AF&gs_l=img.3...4406.7580.4.8352.8.8.0.0.0.0.99.636.8.8.0...0.0...1c.1.2.img._e3wNis8ddE&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.&bvm=bv.41867550,d.dGI&fp=35d3067ecaa590ae&biw=1024&bih=590 )は秀逸ですね。★コンロ自体が丸くくぼんでいる★

 問題は、家庭で使用するIH調理器ですが、IHの最大の欠点はその原理上中心のドーナツ状の部分だけが加熱されると言うことです。直径5cmから10cm
 そのため、熱伝導の悪い金属---ステンレス---や薄い素材の鍋だと、焦げ付いたり加熱むらができてしまいます。

・IHは炒め物などの調理が難しいと聞いたが、鉄のフライパンはプラスかマイナスか?
 これは、炒め料理では「鍋全体が均一に過熱」され、しかも「鍋底全体が球形」でないとうまく調理できないという理由によるものです。

・窒化鉄は強度が高いそうだが、強火で扱っても大丈夫なのか?
  というより表面硬度が高く、すでに酸化している為に錆びないということです。
  フライパンはテフロン加工が不向きな調理器具です。
   だから回転率の良いテフロンのフライパンを作って売るのです。本来は不向きです。
  鉄のフライパンがベストです。

・普通の鉄のフライパンと比較して、味が落ちたりこびりつきやすくなったりしないか?
 多少焦げ付きやすいですが、こすっても鍋が傷つかないため落とせると言うことです。
 表面の窒化鉄が取れてしまえば、ただの鉄のフライパンに戻ります。

[ミニキッチン]
 IHヒーターの消費電力を確認してください。200Vの3kw程度はほしいですね。

[鍋--フライパン]
 しっかりした厚みのあるものを使用しましょう。
_________________
 //////     ///////
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ↑薄く熱伝導が悪い鍋
_________________
 ///////////////////////////////
 //////////    ////////////
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    厚く熱伝導の良い鍋

ちなみに熱伝導の良い金属は

↑100 銅     IH×
  64 アルミ   IH×
  18 鉄     IH○
  3.1 チタン  IH×
↓ 2.7 ステンレスIH(種類による)

 フランス料理やイタリアンのようにクリーム系の調理が多い料理で銅やアルミの鍋を使うのは、それらの圧倒的な熱伝導性によるものだと理解できますね。
 中華料理で鉄が使われるのは、強火力で一気に炒めることが多いからです。

 それはさておき、
・鉄にしろ他の素材にしろ十分な厚みと熱伝導性のあるものをつかうこと
・銅やアルミの外側に着磁性のあるステンレス(マルテンサイト)を貼り付けたものが良いでしょう。
・テフロンは不向きです。

 加熱方式、鍋の素材にはそれぞれ一長一短があります。その特性を理解して使用されれば良いでしょう。室内でちょっとした加熱にはIHの利点はとても大きいものがありますが、欠点もあります。
 料理とは、物理・化学の実践そのものです。うまみはアミノ酸であるとか、タンパク質は何度で変性するかとか、デンプンを溶かすにはどうしたらよいかとか、メラード反応とか・・・。頑張ってくださいね。

 IHは、電磁誘導加熱と言って磁場の変化で発生した電流が抵抗のある金属内を流れることによって鍋自体が発熱する方法で、電子レンジとはまったく原理が異なります。電子レンジは磁気共鳴と言って水分子と共鳴する周波数の電磁波(マイクロウェーブ)で水分子自体を振動させて過熱します。
 大きなチェーン店やホテルでは、IHは欠かせません。ガスの場合はその熱の大部分が室内に逃げてしまいますが、IHの場合は鍋自体にほぼ100%熱が移動(97%)しますから、熱量当りの費用が電気が高くても、効率の差でIHのほうがよ...続きを読む


人気Q&Aランキング