どうしても理解できない。
末期がんでただ死んでいくだけの患者がイタイイタイと泣いている。
どうしてモルヒネを打ちまくって安らかに死なせてあげないのだろうか? ただ痛いだけで生きている価値があるのか? たとえ寿命が半分になって半年生きるところが三ヶ月になったところで痛いだけの六ヶ月と安らかな三ヶ月とどちらが良いか。モルヒネなんて病院の畑でケシの花かなんか知らないけど栽培したらただで作れるじゃないか。値段の問題は栽培すれば解決する。どうして末期がんの患者を苦しませるのだろうか? モルヒネ投与を禁じている医者が末期がんになったら自分で打ちまくるのではないだろうか? もしそうだとしたら矛盾していないだろうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

質問拝見しました!!


質問者様の身内の方が、その患者さん・・という事で良いのですよね?
それとも・・別の患者さんを、質問者様が見ていらして感じたこと?では無いですよね?
(ちょっと判らなかったので・・すいません!)

私の父は・・ガンで亡くなりました。
一番ビックリしたのは・・1ヶ月に1回外来で行く状況(慢性膵炎で)のある時・・。

突然として
「胃ガンです!余命1年です」と言われて帰ってきたのです。
その様な言葉は・・冗談でも出る内容とは違ったので、本当にビックリし、又、とてもショックでした。

そして検査入院で「スキルス胃がん、リンパ節転移」とわかり・・。
父の希望を真剣に聞きました。
◎抗がん剤治療はしてもよいが・・入院は避けたい!!
(父は良く判らなかったけど・・私は延命治療・・と感じました)
◎手術は絶対したくない!!・・体を開けてしまったらもっと不自由になるに違いない。
◎とにかく・・とにかく「痛い」「苦しい」「辛い」の状態を一番少なくして欲しい。
(告知された時は痛みや苦しみはまだなかったです)
この3つが「父」が私にゆっくりと、真剣に話してくれた希望でした。
医師に私が伝えました。

そして・・運良く内服の抗がん剤で時を過ごしました。
少し気持ち悪いけど・・その気持ち悪さもだんだん取れて、元気になってきました。食欲はあるし、車を運転して好きな場所に行くし、買い物も行くし・・普通の人と変わらない?・・それ以上かも・・と思われるくらい!

(でも私は・・この元気さが、いつか突然ひっくり返る瞬間が来ると思っていました)
11ヶ月弱経った、ある日の朝・・父は「痛いんだ・・」とぽっつり言いました。
私は「とうとう来たか!!」と深呼吸をして・・明日から色々な事が変わっていくのだろう・・と思いました。

痛みがでて・・毎日通院で「処置室」で点滴を8時間して帰る日々が続き・・。
ついに「外科部長」に・・
「入院してはどうかな?お父様にもおっしゃってみて!」と言われました。
・・・そうだよなぁ!その日が来たんだな~・・と思い、父に話しました。
父は「そうだなぁ・・入院するかぁ~・・・」と答えました
入院して主治医は同じですが・・いつも来てくれるのは研修医です!
「痛い」「苦しい」「辛い」・・この3つをとにかく・・
とにかく避けて進めて!・・と言いました。
研修医は優しく、真面目ですよね!一生懸命だし・・。
そして・・「そろそろモルヒネ打ちませんか?・・その分色々あると思いますがどうでしょう?」・・と。
「有難う!・・そうだよね!痛そうだモンね・・お願いするよ!」と告げました。
研修医は「こちらの点滴がモルヒネです!(モ)と書いておきますね!わかるように!」・・と。
すこしずつ、言葉の「ろれつ」が回らない感じ、色々な事がわからない様子が見えてきましたが・・それと同時に・・。
「お父さん!!痛い?」と聞くと「ううん!痛くないよ・・!」と
良かった・・と思いました。
更に命が短くなる事は覚悟していましたし・・でも「痛く、辛く、苦しくない!!!!!!」
これです!!重要なのは・・。
5日後に亡くなりました・・眠るように気分良さそうに!
良い亡くなり方だったと思いました・・悲しさは逆に半減しました。
ですから・・医師に、とにかくお願いしてみてはいかがでしょうか?
長々と・・しかも体験談だけのくだらないお答えかもしれませんが書かせて頂きました!!
お願いして・・早く辛さを取ってあげて下さい!!
そうすれば・・自分達の辛さも同時に取れます!!
くれぐれもお大事になさってください!!
    • good
    • 1323
この回答へのお礼

お心遣いありがとうございました。
身内に末期がん患者はおりません。一般によく見られるケースとして今回質問いたしました。
私自身、別の手術を受けたとき麻酔が切れて痛み始め寝られなくなったとき座薬をお願いしたのですがなかなか聞いてもらえず苦しんだ経験があります。
日本の病院は「痛みは元気な証拠。我慢しなさい」みたいな体育会の根性比べみたいなところがあります。やめて欲しいです。とくに末期がんのように治る見込みのない場合は穏やかに逝かせてほしいと願います。

お礼日時:2008/12/21 08:37

癌の末期症状に対して、モルヒネの使用は一般的です。


基本的に痛みがコントロールできるまで、量を増やすというのが通常のやり方です。
その先生がなぜモルヒネを使われないのか分かりません。セカンドオピニオンなどで、癌終末期治療に詳しい先生に意見を求めてみてください。
    • good
    • 11

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

日本人が美徳とする、【我慢】【痛いコトはイイコトだ】…。


こういう貧乏臭さが元凶です。
~病院によっては、生ける屍になっている患者をチューブ
だらけにして【生かす】のだそうな。そういう医師に
とって、死は存在してはいけないものなんだそうです。
日本では、死は汚れ…とされている。日本の仏教式
の葬式を見て下さい。

痛み緩和をしない病院だったら、早く転院するべき
ですね。
    • good
    • 314
この回答へのお礼

>日本人が美徳とする、【我慢】【痛いコトはイイコトだ】…。こういう貧乏臭さが元凶です。

そのようですね。困ったもんです。日本の良いところは残してほしいけど、末期がんの痛みに耐えさせるなんてのはやめてほしいです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/21 08:30

 生きる意味がないなら、モルヒネじゃなく、安楽死がいちばんでしょ。

意識低下の眠るように死ねる薬を投与すればいい。だけどしないよね。殺人になるから。首締めても痛みが取れる時間と、苦しくて気が遠くなる時間は変わらないと思う。だから君にもしてあげられるよ、法は許さないが。同じ法の理由で、栽培もできないわな。モルヒネは痛みを取るだけ。モルヒネに対して耐性もでき、効きにくくなる。いずれまた痛みが来る。医者も末期ガンになっても投与はしていないようだね。最後の最後に使うモノなのだろう。そのような女性のコラムが最近あったような。
 君は実際にそのような人が身近にいるのかな。私の母が交通事故したときは、医者には「この人はいずれ死ぬ」ことはわかったいたんだろうね。それでも私たち家族にいろいろ可能性がゼロではない手術を提案する。家族は一縷の望みにかけたいから、たとえ無理そうでもお願いするわな。今から思えば、あれは私たちに「するだけのことはした」あきらめをプラス思考に納得させる手だてだったと理解している。末期ガンのモルヒネもひとつのそれも最後の方の手だて。だけど他にもその前にできることはあるかも知れない。故に君の意見に矛盾を感じる。一方からしか見ていないように思うよ。
    • good
    • 492

私の伯母が胃がんの末期に痛みで唸っていました。


医師いわく「これが生きている証(あかし)です」だそうです。
伯母の子供たちが(私の従兄弟)が楽にしてやってくれと頼んでも無駄でした。
    • good
    • 225
この回答へのお礼

頭に来ますね。
日本人の特徴です。苦しみをこらえる。我慢する。根性。これらが最大限に表現されたのが腹切りでしょう。
わたしは我慢したくありません。
六ヶ月の苦しい生活と三ヶ月のおだやかな生活を選べるなら疑いなく後者を選びます。日本人医師はまだここのところがわかっていないようです。この傾向は是正しなきゃ・・・
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/21 08:10

どの病院のどの医者かわからないけど、その医者に直接聞いてくださいよ。


私が通院している病院では打ってくれますよ。
    • good
    • 150
この回答へのお礼

そうですか。そういう病院が増えてくれることを希望します。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/21 08:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q末期の癌です。痛み止めとして点滴にモルヒネが入ってる状態です。 モルヒネを使うと日に日に意識も薄れて

末期の癌です。痛み止めとして点滴にモルヒネが入ってる状態です。
モルヒネを使うと日に日に意識も薄れていくのでしょうが、
後どのくらい生きられるのでしょうか?痛みも強く余り意味ないと思いますが…

Aベストアンサー

長くはないのは確かです。どのくらいかは本人の生きる気力、体力次第です。
最終的には殆ど眠っている状態になります。
でも意識が薄れていても、反応が無くても、聞こえていることもあります。
大好きなら、最期のときまでしっかり声をかけ、見つめてあげてください。

大好きだからと医師の話に耳をふさぐのは現実を受け入れたくないだけの逃避です。
お婆様から目を逸らしているのです。そうじゃないでしょ?
しっかり見つめていれば気持ちも落ち着いてきます。

最期の別れをするまではあなたと同じ世界に一緒にいます。少しでも長く記憶に留めてあげてください。

Q肺がん末期の痛み、呼吸の苦しみ、転移先の脳の痛み苦しみは、モルヒネでほ

肺がん末期の痛み、呼吸の苦しみ、転移先の脳の痛み苦しみは、モルヒネでほぼ緩和することができるのでしょうか。

Aベストアンサー

私は父を末期の肺がんで亡くしています。
あくまで私の父のケースですが・・

痛みという点でいえば、私の父の場合も最後はモルヒネを使用してました。特に痛さで苦しむということはありませんでした。最後のほうは薬の影響で寝た感じになりました。

ただ呼吸の苦しみはかなりあったみたいです。最後は寝たきりですが、タンがのどに溜まり、定期的に取り除いていました。
 
同じ末期がんでも人によって痛さや苦しみは変わってくると思いますので、担当医をしっかり相談して最善の治療をすることをお勧めします。

Q新しい病院は末期がん患者を受け入れてくれますか?

義父が末期がんです。
医者からはもう手の施しようがないと言われました。
余命3~6ヶ月だそうです。

家族として精一杯のことをしてやりたいのです。
地方在住ですが、都会の病院に行けばもしかしたら何とかなるのではという思いがよぎります。

果たしてこのような病人を受け入れてもらえるものなのでしょうか?
非現実的な話なのでしょうか?
何でもいいので、お返事ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

ただ闇雲に都会の病院に行ったとしても、無理かもしれません。
#1の帯津先生もそうですが、終末期医療を取り入れている病院を探してみると、受け入れてくれるかもしれません。

新しい病院に行く際は、必ず今の病院から紹介状を貰ってくださいね。

いくつかのサイトを紹介します。

・緩和ケア病棟を有する病院一覧(国立がんセンター)
 http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/index/hospitals_k.html

・ターミナルケアを考える会・広島
 http://www.hiroshima-cdas.or.jp/home/term/

・全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会
 http://www.angel.ne.jp/~jahpcu/

「ホスピス」「緩和ケア」「終末期医療」「末期癌」等で検索するといろいろ参考になるものが検索できると思います。

本人がしたいことを優先させてあげて、且つ、家族が後々後悔しないように、出来る限りのことをするのが良いと思います。
家族の思い出を作るもよし、考えうる限りの治療をうけさせるのもよし、民間療法もよし、効果はともかくやるだけのことはやった。と言うことが出来た方が、お義父様にとってもご家族にとっても大切なことだと実感しました。

頑張ってください。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/index/hospitals_k.html,http://www.hiroshima-cdas.or.jp/home/term/

こんにちは。

ただ闇雲に都会の病院に行ったとしても、無理かもしれません。
#1の帯津先生もそうですが、終末期医療を取り入れている病院を探してみると、受け入れてくれるかもしれません。

新しい病院に行く際は、必ず今の病院から紹介状を貰ってくださいね。

いくつかのサイトを紹介します。

・緩和ケア病棟を有する病院一覧(国立がんセンター)
 http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/index/hospitals_k.html

・ターミナルケアを考える会・広島
 http://www.hiroshima-cdas.or.jp/home/t...続きを読む

Q末期肺がん患者は、いつぐらいから意識がなくなるものなのでしょうか?

 人それぞれでしょうか?
 親族の人が、いまのうちに聞いておけることは聞いておけというものなので...

Aベストアンサー

我が父親は直前まで意識はあったようです。
亡くなる1週間前から夜になると危篤、朝持ち直すのを繰り返していましたが、持ち直している間に親族や母親が声をかけていた事や、内容等は理解していたようです(母親談)。

ただし、理解していたとしてもあなたに分かる形で意思表示ができるかは別の話ですよ。
長年連れ添ってきた人の方が何気ない仕草等で何となく分かる様ですね。

父親は入院して1月程度で亡くなったんですが、自分の意志で動けたのは最初の1週間でした。入院直前には片腕が麻痺していました。
本人も「もう長くない事」は理解していたのか入院前に家族に伝えておかなくてはいけない事は文書等にして残してありました。

Q痛みの強い末期がん患者 退院したらどうすればいいのでしょうか

 父が末期のスキルス胃がんと診断され、余命少ない状態です。
先生は、これから悪くなる一方だから、一度は家に帰らせてあげましょう。と言ってくれます。確かに帰らせてあげたい。でも、現状は毎日2,3回モルヒネ点滴。貼る痛みどめは3枚も貼っています。
飲むタイプの痛み止めも飲みますが、口から物を入れるのが厳しく、薬を飲んだ後はいつも胸につかえて、しばらく苦しみます。
モルヒネは自宅には持ち帰れないと言われ、先生もいろいろ薬を考えてはくれていますが、なかなかモルヒネ以外の薬が見つかりません。
 せっかく自宅に帰ってきても、ただつらい思いをするなら、あまりに可哀相だし私たちも見るのもつらいです。
早ければ来週半ばに退院です。何かいいアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

モルヒネは自宅にもって帰れます。ただ、モルヒネのアンプルをもって帰ることはできません。

取り出しができない容器にいれて持続的に注入する、持続投与方法が在宅で可能です。

在宅で麻薬注射を扱える往診の先生も増えていますから、病院のソーシャルワーカーを通じて、往診医を探してもらってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報