アセトンと2,4-ジニトロフェニルヒドラジン試液との反応で、
2,4-ジニトルフェニルヒドラゾンが出来ると聞きました。
しかし、化学反応式がわかりません。
どなたかわかる方いらっしゃいましたら、教えて下さい!
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はい、図を貼ります、なお2,4-ジニトロフェニル基は書くのが面倒なのでArと書きます。

芳香族の基を略すときは良く使うので覚えていても良いでしょう。
「2,4-ジニトロフェニルヒドラゾンについ」の回答画像1
    • good
    • 7
この回答へのお礼

とてもわかりやすい解説をありがとうございます!
しかも図をつけていただいて助かりました^^
やっと、2,4-ジニトロフェニルヒドラゾンの反応式が理解できました。
本当にありがとうございました!!

お礼日時:2009/05/14 22:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q危険物甲種の受験資格について教えて下さい。

【受験資格】-(消防試験センターから引用)

◆乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱いの実務経験が2年以上の者
◆(乙種の免状交付を受けた後、2年以上の危険物取扱いの実務経験を有する方は甲種危険物取扱者の受験資格があります。)
◆なお、実務経験とは、消防法令で定められた製造所等での危険物取扱いに係る経験を言います。


私は4年ぐらい前に乙4の資格を取り、
それから、ある工場でアセトンや油などを扱う仕事をしていました。
この事は、消防法令で定められた製造所等での危険物取扱いに係る経験に入るのでしょうか?

危険物製造所、消防法令で定められた製造所が
いまいちどのような会社、職種のことを言っているのかが分かりません。

分かる方いたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

答えが三者三様になってしまいますが、私の理解の範囲でお答えします。

製造所等は例として
製造所:危険物を製造し出荷するところ:石油精製所、化学工場など
屋内危険物貯蔵所:いわゆる危険物倉庫
移動タンク貯蔵所:いわゆるタンクローリー
給油取扱所:ガソリンスタンド、バスの車庫、空港、漁港などにもある。
販売取扱所:小分けされている危険物を販売する所、灯油を扱うお米屋さん、塗料店など
一般取扱所:危険物をつり扱う工場など、塗装や印刷、油だきボイラー室など

質問者様の工場が、一般取扱所に合致するか、それとも工場施設内に、貯蔵所があるか、だと思います。

取り扱い経験は、指定数量と関係りません。その名のとおり、4類の危険物を取り扱った経験があればいいです。

受験申請の際、危険物取扱等実務経験証明書に、その工場の社印と工場長印等を押してもらってください。
http://www.shoubo-shiken.or.jp/denshi/pdf/template_kikenbutsu.pdf

Qデンプン試液と溶性デンプン試液の違い

みなさんこんにちは、わたしは製薬会社で理化学試験の業務をしている者です。

早速なのですが、一般試験の指示薬に用いられる、『デンプン試液』と『溶性デンプン試液』の違いを詳しく教えていただきたいのです。
『デンプン試液』は多くの試験で使用しますが、『溶性デンプン試液』は消化力試験の時など、使用する頻度は少ないです。では、なぜ消化力試験に用いられる指示薬は『溶性デンプン試液』でないといけないのでしょうか??
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

デンプンを水に溶かすと、分子量や構造の違いなどによって、完全な水溶液になるものと
コロイド溶液になるものがあります。

消化力試験の際に「溶性デンプン試液」を使用するとのことですが、その際、分光光度計
などで吸光度の経時変化を測定されているのではないでしょうか。
そうであれば、吸光度の変化を不規則にしかねないコロイド溶液では問題があるために、
完全な溶液となっている「溶性デンプン試液」を使用しているものと考えられます。
(コロイドが共存すると、「ヨウ素デンプン反応」によるものに加えて、「コロイド粒子の減少や
 コロイド粒径の減少」によっても、吸光度が変化する可能性が生じてしまうため、
 デンプンの分解速度に対する定量的な議論ができなくなります)

一方、デンプンの有無のみを見る場合は、ヨウ素デンプン反応さえ起これば問題ないので、
コロイド溶液であっても問題ないので、(「溶性」に限定しない)デンプン試液を使用できる
ものと思います。

Q危険物第○類の区別の仕方

タイトルが微妙で申し訳ありません。
早速ですが、危険物に第一類酸化性固体、第二類可燃性固体とか
ありますよね。
そこで、質問です。例えば「アセトン」は第○類?「メタノール」は?
というところなのです。
つまり、「この液体は第○類危険物だ」という見極めはどうしたらいいのでしょうか?
ネットで検索してMSDSとか物質の性質を調べてみたのですが、
何処を見てコレは○○だから第○類危険物だと考えればいいのでしょうか?
なにか参考になるHP・意見ありましたら教えてください。
宜しくお願いいたします。
例)エタノール・メタノールはネットで検索するとアルコール類と記載されているから第四類。みたいに1つ1つ調べないといけないのでしょうか?
何か物質を調べたらこれは第○類です。と記載されているものはないのでしょうか?
文書がめちゃくちゃですみません。
アドバイス宜しくお願いいたします。
  

Aベストアンサー

そもそもの話として、個々の化学物質に関するある程度の知識がなければどうしようもないと思います。
たとえば、アセトンが引火しやすい液体であるということが常識としてわかっていれば、それが第4類に該当することはすぐにわかるはずで、表さえあれば、さほど難しくないと思います。
わからないということであれば、例を見ながらその物質の特性を理解する必要があると思います。
そこから先の細かい分類についての判断は少し難しいと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4801/k1.html

Q2,4-ジニトロフェニルヒドラジン

ベンゼンから2,4-ジニトロフェニルヒドラジンを合成するにはどのようにすればいいのでしょうか?教科書を調べても載っていないのでお願いします。

Aベストアンサー

ベンゼン→ブロモベンゼン→2,4-ジニトロブロモベンゼン→目的物

たぶんこれでできるんじゃないか?と思いますが、これが最も効率的なルートかどうかわかりません。アニリンを経由する方法も考えられるかと思います。

ブロモベンゼンのニトロ化がオルトパラ配行性である理由はおわかりですね。1つ目のニトロ基はすんなり入ると思いますが、2つ目は入りにくいので強い条件が必要です。ここで精製が必要でしょう。

芳香族求核置換反応はニトロ基が2つもあれば簡単に進みますが、反応させるヒドラジンには何か工夫が必要かもしれません。保護ヒドラジンを使うとか。

間違っているかもしれないので、良く調べてください。

Q少量危険物格納庫の保管する危険物を調べています。

少量危険物格納庫の保管する危険物を調べています。
消防法に定められている第一類から第六類の危険物以外の物・・・
例えば、殺虫剤やガラスクリーナーなどの高圧ガスを含むスプレーは
少量危険物格納庫に保管しなければならないのでしょうか?

危険物の定義が法律により色々あって困っています。

ご存知の方がおられましたら、回答をお願いします。

Aベストアンサー

危険物に関しては消防法、高圧ガスに関しては高圧ガス取締法ですから、危険物とは無関係です。
高圧月取締法に規定された場所に保管すべきです。

Q2,4-ジニトロフェニルヒドラジンについて

2,4-ジニトロフェニルヒドラジンとグルコース、マルトース、フルクトース、ラクトースを反応させました。各糖はアルデヒド基を持っているので2,4-ジニトロフェニルヒドラジンを還元し、結晶を生じることは分かるのですが、マルトースは結晶が生じませんでした。マルトースは還元糖なのになぜ結晶を生じなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそもの認識に誤りがあると思います。
2,4-ジニトロフェニルヒドラジンはカルボニル基の検出に使われるはずです。
したがって、通常、ケトンとアルデヒドがあれば下式のような縮合を起こして、結晶性の沈澱を生じます。これは酸化還元反応ではありませんので、還元糖かどうかは無関係です。
>C=O + H2NNH-Ar →>C=N-NH-Ar + H2O
ただし、過剰量のヒドラジン類を用いた場合には、次の段階として酸化還元が起こり、オサゾンを生じるということのようです。

一般に糖の場合には、アルデヒド基やケト基を有するような互変異性体の割合が低いので、通常のカルボニル基に比べて反応が遅いはずです。また、一般にアルデヒドよりもケトンの方が反応が遅く、立体的な要因の影響も受けます。

上述のことをふまえて考えますと、マルトースの場合にもアルデヒド構造の互変異性体が存在するでしょうから、2,4-ジニトロフェニルヒドラジンと反応するものと思います。おそらくは、アルデヒド構造のものの比率が低い上に、それを生成する速度が遅いだけだと思います。温度を高くしたり、反応時間を長くすれば反応が進むのではないかと思います。手元の教科書には、マルトースがフェニルヒドラジンと反応するように書かれていますので、2,4-ジニトロフェニルヒドラジンとも反応すると思います。

そもそもの認識に誤りがあると思います。
2,4-ジニトロフェニルヒドラジンはカルボニル基の検出に使われるはずです。
したがって、通常、ケトンとアルデヒドがあれば下式のような縮合を起こして、結晶性の沈澱を生じます。これは酸化還元反応ではありませんので、還元糖かどうかは無関係です。
>C=O + H2NNH-Ar →>C=N-NH-Ar + H2O
ただし、過剰量のヒドラジン類を用いた場合には、次の段階として酸化還元が起こり、オサゾンを生じるということのようです。

一般に糖の場合には、アルデヒド基やケト基を有す...続きを読む

Q危険物保安統括管理者の定期点検

危険物取扱者乙種4類の勉強をしていますが、法令が複雑で良く分かりませんのでお聞きします。

危険物保安統括管理者の業務ですが、
危険物施設保安員を置かない製造所等では定期点検をすることになっています。

一方定期点検は、調べた範囲では、
危険物取扱者や危険物施設保安員でない限り、有資格者による立会無しでは実施できないように見えました。

ということは、
危険物保安統括管理者が危険物取扱者でない場合、
危険物施設保安員としても選任(兼任)しておかない限り(まあ、すればいいのでしょうけど)、
定期点検を実施するには有資格者による立会が必要になる、ということでしょうか?
それとも法令のどこかに、
危険物保安統括管理者も危険物施設保安員同様、定期点検できる、とあるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 危険物保安統括管理者
例えば↓の「意義」の所を読んだ時、この任に当たる方は、一般的に誰なのかイメージできていますか?
 http://otu4.mayap.net/hourei/hourei7.htm
近々、私の勤め先では現在この任に当たっている「(元)常務」が退職するので、後任には営業所を管理監督している「営業部部長(兼 営業所所長)」または危険物施設の鍵を管理している「業務課課長」のどちらかを充てる心算です。
つまり、その危険物施設が存在する事務所・事業所でそれなりに管理する権限があるものが任じられるのが通常だと思います。

> 定期点検を実施するには有資格者による立会が必要になる、ということでしょうか?
確かに、有資格者の立会いの下で危険物取扱者の資格を持たない「危険物保安統括管理者」が定期点検をすれば良いのですが・・・有資格者に対して点検を行うように命令すればよいですし、言うまでも無く、危険物施設に有資格者が1名も存在しない状態では許可が取り消されてしまいます。
その為にも『その危険物施設が存在する事務所・事業所でそれなりに管理する権限があるものが任じるのが通常』と言う考えに至る訳です。
 http://www.city.osaka.lg.jp/shobo/page/0000225908.html
 http://www.mantannet.com/pdf/periodic_check.pdf

> 危険物保安統括管理者
例えば↓の「意義」の所を読んだ時、この任に当たる方は、一般的に誰なのかイメージできていますか?
 http://otu4.mayap.net/hourei/hourei7.htm
近々、私の勤め先では現在この任に当たっている「(元)常務」が退職するので、後任には営業所を管理監督している「営業部部長(兼 営業所所長)」または危険物施設の鍵を管理している「業務課課長」のどちらかを充てる心算です。
つまり、その危険物施設が存在する事務所・事業所でそれなりに管理する権限があるものが任じられるのが通常だ...続きを読む

Q2,4-ジニトロフェニルヒドラジンを入れる理由

酢酸エチル、ブチルアルデヒド、アセトンに2,4-ジニトロフェニルヒドラジンを加えました。この操作は何の為に行ったのでしょうか。どうしても分かりません。教えて下さい、お願いいたします。

Aベストアンサー

ブチルアルデヒドとアセトンの2,4-ジニトロフェニルヒドラゾンを作るためでしょう。
何のために作るかは知りません。融点をはかったりするのかもしれませんが、他人の計画した実験の目的まではわかりませんね。
普通は、関連する実験内容と照らし合わせれば判断できるでしょうけれどね。

QLPGガスって危険物扱い?

LPGガスって危険物扱い?

エアゾールにLPGガスが入っている商品は全て危険物扱いになりますか?中には危険物にはならないような商品も見かけます。。。LPG自体は危険物ではないのでしょうか?
危険物の場合は消防法にかかってきますよね?倉庫の保管や、輸送で届出も必要になるのでしょうか?
わからないので教えてください。

Aベストアンサー

あくまでも消防法では・・・と言うことです。

法令というのは守ればいいと言う物じゃなく、最低限の厳守義務と思っている位が良いと思います。

たとえば、爆発の危険性のあるエアゾール管などは注意事項に「○○度以下」といった保管上限温度などが記載されていると思いますが、これについても、絶対ではありませんので御家庭で保管するのであれば、常識の範囲、自分や家族を危険にさらさない範囲で保管なされば良いと思います。
(容器も古くなると劣化するので、40℃以上になる倉庫などには保管なさらない方が良いと思います)

Q大変申し訳ありませんが、どなたかNH4,NO3,CH,CO,PO4,S

大変申し訳ありませんが、どなたかNH4,NO3,CH,CO,PO4,SOの英名を教えていただけないでしょうか。
英語で化学の授業を受けるのに解りません。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ammonium (cation),
http://en.wikipedia.org/wiki/Ammonium
nitrate (anion)
http://en.wikipedia.org/wiki/Nitrate
methyne
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Methyne_group.svg
carbon monoxide
http://en.wikipedia.org/wiki/Carbon_monoxide
or carbonyl
http://en.wikipedia.org/wiki/Carbonyl
phosphate (anion)
http://en.wikipedia.org/wiki/Phosphate
sulfur (sulphur)
http://en.wikipedia.org/wiki/Sulfur
or sulfide (anion)
http://en.wikipedia.org/wiki/Sulfide


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング