「教えて!ピックアップ」リリース!

グリニャール反応は水分を嫌うらしく、反応容器を十分乾燥させる必要があるのですが、なぜこの反応は水分を嫌うのでしょうか。あと、超音波を使うと十分に容器を乾燥させる必要がない様なのですが、これはどうしてでしょうか。考えてみましたが、どうしても分かりません。

A 回答 (3件)

 グリニヤが水分を嫌う一番の原因はNo1さんの説明にあるように水と反応して、つぶれてしまうからです。



 ただ、微量の水分にでも、マグネシウムの表面に塩の皮膜ができて反応の開始を阻害することがあります。通常は不活性雰囲気中で激しく撹拌して表面が削れることで活性なマグネシウムの表面を出すことができますが、時には(化合物によっては)超音波でマグネシウムの表面を活性化してやることがあります。
 そのほかのマグネシウムの活性化法に、1,2-ジブロもエタンはマグネシウムと反応して気体のエチレンとMgBr2のみ与えるので副反応が少なくお勧めです。実験化学講座にいろいろ詳しく載ってたと思いますので見てみてください。

 また、グリニヤはいったん反応が始まると活性なマグネシウムの表面がどんどん出て反応性があがるので、はじめ反応しないな、といって全部滴下してしまうと、一旦反応が始まると制御不能になって反応液が噴くことがあるので気をつけてね!
    • good
    • 1

HSAB則において、Hardな酸(電子受容体)であるマグネシウムに対しては、Softな塩基(電子供与体)であるカルバニオン(炭素陰イオン)よりHardな塩基である水酸化物イオンの方が強固に結合するため、#1さんの書かれる反応が起きます。



超音波を使うと十分に容器を乾燥させる必要ないというのは、合成の研究や仕事に関わっている間には聞かなかった話ですね。唯一マグネシウムの活性が低く、反応開始剤であるヨウ化メチルと反応しづらい場合には超音波かけてましたが。とにかく超音波かけるとマグネシウム表面が高温、高圧になりますので、反応性が上がります。

こんなとこでよろしいでしょうか?
    • good
    • 1

グリニャール試薬が水で分解されるからです。


RMgX + H2O → RH + Mg(OH)X

超音波の方は詳しくは知りませんが、振動などによって乾燥が行われるみたいです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング