お世話になります。

うちの会社が請求書作成、商品代金の回収を代行しています。
うちが請求書を作成→客から入金→回収した金を依頼者に返す
返す際、そのうち1件あたり2000円を手数料として、引いてから依頼者に返します。
こういう場合は、回収した代金はうちの売上になるでしょうか。
うちが簡易課税となりますので、全部うちの売上にすると、手数料より高い消費税が支払わなければいけないです。会計上の処理はどうしたらよろしいか、ご教授お願いいたします。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>返す際、そのうち1件あたり2000円を手数料として、引いてから依頼者に…



「返す」などという言葉で考えるから、話がややこしく思えるだけです。
たとえば、

・商品を 8,000円で仕入れ、仕入れ代金は後払いとする
・10,000円の値段をつけて販売、客から 10,000円を受け取る。
・8,000円の買掛金を仕入れ元に支払う。
・2,000円が手元に残る。

通常の商行為です。

>回収した代金はうちの売上になるでしょうか…

3,000円が売上です。

>簡易課税となりますので、全部うちの売上にすると、手数料より高い消費税が支払わなければいけないです…

簡易課税を選択することは強制ではなく、あくまでも任意です。
業種ごとに定められた見なし仕入率より、実際の仕入のほうが大幅に高い場合は、本則課税で申告しないと、たしかに損をすることになります。
消費税申告のイロハです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6505.htm

>会計上の処理はどうしたらよろしいか…

上記の数字例で、
【仕入 8,000円/買掛金 8,000円】
【現金 (or売掛金) 10,000円/売上 10,000円】
【買掛金 8,000 円/現金 (or普通預金等) 8,000円】

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

この回答への補足

早速ご返事ありがとうございます。

説明不足、申し訳ございません。
うちが実際商品の仕入れとかないです。サービス業となります。
詳しく説明すると、海外からの輸入貨物に対する海上運賃などに関して、
海外の依頼者→うち 海上運賃を回収依頼
うちが依頼された金額を日本側荷主さんに請求し、回収した海上運賃などは海外の依頼者に支払いという流れです。
たとえば:
海上運賃:\100000/件
うちの手数料:\2000/件
依頼者に支払い:\98000/件
この場合は\100000は全部うちの売上になるでしょうか。

通常、国際輸送に関する海上運賃は免税対象になりますが、
ここで、この\100000に対して、免税対象になると思いますが、仮受消費税ではないと考えてよろしいでしょうか。

いろいろすみませんが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2009/05/24 14:16
    • good
    • 0

代金回収を代行しての手数料が営業収益です。

しかも依頼者が海外なので、この手数料は輸出免税取引に該当すると考えます。消費税は発生しません。

請求書作成時
 回収代行債権(資産)/回収代行未払金(負債) 100,000
(この辺の勘定科目名は適当です。御社のシステムで最適と思われるものにしてください)
入金時
 預金 100,000 / 回収代行債権 100,000
送金時
 回収代行未払金 100,000/受取手数料 2,000
              /預金  98,000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教授いただき、ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 19:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報