次の仮定法と直説法の文のニュアンスの違いを誰か説明してもらえないでしょうか?

(仮定法の文)仮定法は、時制の一致が適用されないので、that 以下の分は、仮定法過去になります。

Did he think that many people would miss him if he died?

(直説法の文)主節が過去なので、that 以下が would, died と過去になっています

Did he think that many people would miss him after he died?

A 回答 (3件)

確かに僕もこの二つの文は違う感覚があります。

書いてみます。

He says,“Many people will miss me if I die.”
(彼はもしいつか彼がが死ねば多くの人が寂しく思うだろうと言っている。)
*引用部は未来の時、条件の副詞節を現在形でという文法です。単純な推測です。
He says,“Many people would miss me if I died.”
(彼は(今はそんなことはないだろうが、と彼自身は思いつつも)もし自分が死ぬならば多くの人が寂しく思うだろうなんて言っている。)
*引用部は仮定法でwill→would / die→died というふうに時制を一回操作しました。仮定法(起こりそうもないことの空想)を使う
ということは実際、この人は自分が死ぬなんて思ってもいないようですね。
この次に間接話法の文中で時制の一致が働いてもう一回時制操作をすると・・・
He said that many people would have missed him if he had died. となります。
しかし、これでは「仮定法時制操作+時制の一致による時制操作」というように見抜くことは難しいです。
意味もほとんど分かりません。これは正しい文ではありません。
英語では時制操作は一回のみです。そういうことなので仮定法は間接話法の被伝達文中では時制の一致を受けません。
それで、
He said that many people would miss him if he died. とし仮定法の痕跡を残し時制の一致は受けないことになります。原文では
>Did he think that many people would miss him if he died?
(彼は(その時点で自分は死ぬはずがないと思いながら)もし自分が(その時点で)死ぬならば多くの人が寂しく
思ってくれるんじゃないかな、なんて思ったのかな。)
*ちょっとくだけた訳し方にしました。
もう一つの文については
He says,“Many people will miss me after I die.”
(彼はもしいつか彼がが死んだ後で多くの人が寂しく思うだろうと言っている。)
*この人が自分はすぐに、あるいは今死ぬと思っているかどうかは定かではないもののはっきりと死を意識しているのは分かります。
場合によってはもう重篤な病の床にある感じとして取ることも可能かと思われます。
間接話法では
He said that many people would miss him after he died.
この文は時制の一致しか働きません。仮定法にならないのはif ではなくafterだからですがやはり死を覚悟しているように感じます。
>Did he think that many people would miss him after he died?
(彼は自分の死後多くの人が寂しく思うだろうと思っていたのかな。)
歌の歌詞なんかで
You'll miss me after I've gone. (僕がいなくなったらきっと君は寂しく思うんだろうね)
のような直説法はよく見ます。寂しい気持ちを歌っているのですが・・・
参考にして下されば幸いです。

この回答への補足

返事ありがとうございます。私も誤解してたのですが、どちらの文も仮定法ではありませんでした。
Did he think that many people would miss him if he died?
この文も、仮定法ではなく、単なる条件を設定してるだけでした。『もし死んだとすれば」という反現実のことをいうには、 if he died を if he were dead.
としないと、仮定法にはなりませんでした。いまそのことに気づきました。
なので、上の2つのぶんは、同じ事をいっているわけだとわかりました。失礼しました。

補足日時:2009/05/29 12:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2009/06/15 16:28

自分の考えで失礼します^^;



仮定法過去は、現実にはありえないことを示す時に使われます。

つまり、上の文では彼が死ぬということがありえない(非現実)というニュアンスが入り、おそらく彼はまだ死んでいないのだろうことがわかります。
しかし、下の文では仮定法過去のようなニュアンスがないので、彼が死んでいるのか死んでいなのかはわかりません。

というニュアンスの違いがあると思います。

あと、仮定法は絶対に時制の一致を受けないわけではないので注意してください^^

この回答への補足

回答ありがとうございます。言い忘れましたが、この彼はもうすでに亡くなったと仮定して、つまり、生前に彼がそう思ったと言うことです。だから、彼が死んでいるどうかの違いではなく、文全体のニュウアスの違いです。これを踏まえてよろしくおねがいします。

それと、仮定法はぜったいに時制の一致を受けないと言われましたが、それはどうしてですか?説明もなしでは、注意のしようがありません。

補足日時:2009/05/26 21:56
    • good
    • 0

問題そのものに引っ掛かりを感じるのですが....


「仮定法は、時制の一致が適用されない」って本当なんでしょうか?

この回答への補足

本当です、仮定法の時制の一致で検索すればわかります。

補足日時:2009/05/26 20:54
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮定法と直接法の違いについて

If I have graduated from Tokyo university, I could get any jobs.

もし東大を卒業できていたら、どんな仕事にでもつけるのに(直接法)

この英文は、どう思われますか?

仮定法ではありません。

Aベストアンサー

話がイマイチ噛み合わない原因がわかったような気がします。 私は日本で一般的に学校の英語授業で習う「仮定法」という文法をそのまま「仮定法」と呼んで回答を書いて来ました。 でもそれは質問者さんが質問している「仮定法」とは違うような気がして来ました。

質問者さんは学者を信用されていないようですので、以下を引用するのは無意味かも知れませんが、取り合えず英文法学者としては第一人者の一人、Michael Swan氏の著書、"Practical English Usage" (Second Edition, Oxford University Press, 1995) の#541 Subjunctiveから引用してみます。(太字になっている部分は大文字で記しました。)

1. forms and meanings
The subjunctive is a special kind of present tense which has no -s in the third person singular. It is sometimes used in that-clauses in a formal style, especially in American English, after words which express the idea that something is important or desirable (e.g. suggest, recommend, ask, insist, vital, essential, important, advice). The same forms are used in both present and past sentences.

“It is essential that every child HAVE the same educational opportunities.”
“We felt it was important that James WRITE to Uncle Arthur as soon as possible.”

‘Do’ is not used in negative subjunctives. Note the word order.
“We considered it desirable that he NOT LEAVE SCHOOL before finishing his exams.”

2. be
‘Be’ has special subjunctive forms: I be, you be etc.
“It is important that Helen be present when we sign the papers.”

The forms ‘I were’ and ‘he/she/it were’, used for example after ‘if’ and ‘wish’ in a formal style, are also a kind of subjunctive.
“If I WERE you I should stop smoking.”

3. fixed phrases
Subjunctives are also used in certain fixed phrases.
“God bless you.”

4. other structures
Most subjunctive structures are formal and unusual in British English. In that-clauses, British people usually prefer ‘should+infinitive’, or ordinary present and past tenses.
“It is essential that every child SHOULD HAVE the same educational opportunities.” (or…that every child has….)

つまり、subjunctiveは日本語では「仮定法」と訳されてはいますが、実際は「仮定」とはほとんど関係なく、上のような文の時、動詞が原形(if とwishの後のbeはwere)になることを言っているんですね。

ではifを使う場合はどうでしょうか。 同書の該当箇所は以下のように述べています。

#260 if (3) special tense-use
1.unreal situations
We use ‘special’ tenses with ‘if’ when we are talking about UNREAL situations – things that will probably not happen, situations that are untrue or imaginary, past events that did not happen, and similar ideas. In these cases, we use ‘would’ and past tense to ‘distance’ our language from reality.

2.present and future situations
To talk about unreal of improbable situations now or in the future, we use a past tense in the if-clause (even though the meaning is present or future), and WOULD+INFINITIVE in the other part of the sentence.

“IF I KNEW her name, I WOULD TELL you. (not “If I know”)

This structure can be used to make a suggestion sound less definite (for example, if we want to be more polite).

“It WOULD BE nice IF you HELLPED me a bit with the housework.”

(中略)

6. unreal past situations
To talk about past situations that did not happen, we use a past perfect tense (HAD+PAST PARTICIPLE) in the if-clause, and WOULD HAVE + PAST PARTICIPLE in the other part of the sentence.

“IF you HAD ASKED me, I WOULD HAVE TOLD you.” (not ‘If you would have asked me…’, not ‘If you asked me…’)
(後略)

上記の説明ではsubjunctiveと言っていませんが、日本の学校英語では上記の2を「仮定法過去」、そして6を「仮定法過去完了」と呼んでいます。 ですから、私がこれまで書いてきた「仮定法」という名称は上記のifの項目を指しているのです。 つまり、上記の引用にもありますように、英語で「起こりそうもない(起こらなかった)ことを仮定する」時は日本語で言う「仮定法過去」、「仮定法過去完了」を用いて表現する、ということになります。

英語にそもそも仮定法があるのか、というのは昔からある議論らしいですが、英文法学者の中でも意見が分かれているそうです。 しかしそのままではどうしようもないので、日本の学校で‘if’を教える時には「仮定法」という形で系統立てて教えているというのが現状のようです。

話がイマイチ噛み合わない原因がわかったような気がします。 私は日本で一般的に学校の英語授業で習う「仮定法」という文法をそのまま「仮定法」と呼んで回答を書いて来ました。 でもそれは質問者さんが質問している「仮定法」とは違うような気がして来ました。

質問者さんは学者を信用されていないようですので、以下を引用するのは無意味かも知れませんが、取り合えず英文法学者としては第一人者の一人、Michael Swan氏の著書、"Practical English Usage" (Second Edition, Oxford University Press, 1995) ...続きを読む

Q過去完了進行形と過去進行形の見分け方についてです。

初歩的な質問ですが、ご回答の方、お願い致します。
今回質問させて頂きたいのは、題にある通りなのですが、
とある問題集の、英訳問題にて


①その時まで彼女は泣いていた。

②私が今朝目覚めた時、雨が降っていました。

という問題があり、


①が
(She had been crying until then.)となり、過去完了進行形に


②は
(It was raining when I woke this morning.)となり、過去進行形という解答でした。

英訳する際に、
①と②の和文を、どのように過去進行形か過去完了進行形かを、判別すればよいのでしょうか?

色々と調べてみたのですが、①②の和文の違いがわからないバカチンなもので…。

先輩方の回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

過去を更に2つの時点に分けられるかどうかですね。
(1)は「その時」という過去の時点があります(例:昨日の19:00)
そして、その時点まで彼女はずっと泣いていた(例:昨日の
 15:00ぐらいから19:00)、ということです。
 間違って1万円札を10枚、シュレッダーにかけてしまった、とか。

 1.ずっと泣いていた時間というのは、15:00-19:00
2.その時点は(19:00)

 その時点、より泣いていたのは明らかに更に過去だからです。
 異なる時点だからです。

 もし、She was crying until then.
としても、恐らく意味は通じると思いますが、正確ではないです。
 日本語でも、「・・・ていた」とは、その時点より、明らかに
 過去だからです。
 until then(その時まで)が、when I saw her(彼女を見かけた時)
 とかすれば、見かけた時、泣いていた、と同時並行ですので、
 同じ時点の話なんです。この場合は、ちょうど(2)の過去進行形です。
 
(2)は今朝目覚めたら(例 今朝の7:00)、「その時に(同じ時点
 で)」、雨が降っていた。
 今朝目覚めた時=雨が降っていた これは同じ時点での話しです。
 ですから、過去進行形となります。
 つまり、目覚めた時点で「(同じ時点で)行われている出来事」
 です。
 
It had been rainingと過去完了進行形にしてはいけません。
 朝起きた(まさに)その時、ですので。
 
 逆に「朝起きるまで雨が降っていた」としましょうか。
 (例えば 3:00-7:00まで、真夜中から朝方まで4時間降り続けです)
 そうすると、以下になります。
  It had been raining until I woke this morning.
「雨が降っていた」は過去完了進行形(It had been raining)です。
 朝起きた時点(7:00)と、雨が降っていた(3:00-7:00)までは、
 明らかに更に過去で、異なる時点だからです。

そのうち慣れますよ。着実に頑張ってください。
同じことを質問しても全然構わないと思いますので、
うざがられるぐらいに周りの英語知ってる人に聞きまくれば
良いと思います。

 
 
 

過去を更に2つの時点に分けられるかどうかですね。
(1)は「その時」という過去の時点があります(例:昨日の19:00)
そして、その時点まで彼女はずっと泣いていた(例:昨日の
 15:00ぐらいから19:00)、ということです。
 間違って1万円札を10枚、シュレッダーにかけてしまった、とか。

 1.ずっと泣いていた時間というのは、15:00-19:00
2.その時点は(19:00)

 その時点、より泣いていたのは明らかに更に過去だからです。
 異なる時点だからです。

 もし、She was crying until ...続きを読む

Q[no]と[not]の違いを教えてください。

NHKテレビ英会話講座より
There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?
(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?
(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

初心者です。愚問ですが、よろしくお願いいたします。  以上

Aベストアンサー

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

thanks は名詞ですから、notと言う副詞を使えません。

(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

基本的に、no は、not よりも強い否定を表します。これは、副詞と言う動詞に依存する表現よりも、名詞に依存する形容詞のほうが、印象が強いからでしょう。名詞と動詞を比べれば、名詞のほうが、ちゃんと存在すると言う意味で具体的であり、はっきりしていますから。また、動詞は、時制も表現していて、そのときそのときと言う制限がありますが、名詞は、時を超越しています。

これから、次のようなことが言えます。

He is not a fool. 彼は馬鹿じゃないよ。普通の人間さ。

He is no fool.彼が馬鹿だなんてとんでもない。実際は賢いんだ。


He does not have any friends.「友達がいない。だけど、他の場所や今後は友人が出来るかもね。」

He has no friends.「友人なんている分けない。それだけ孤立しているんだ。」

のような意味の違いが生まれます。

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

th...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Q仮定法のif 節の中の助動詞

例えば助動詞shouldには(1)『~すべき』、と(2)『~するはず』という意味があります。can や may も同じです。
ところで、仮定法、または直説法のif節の中でwill would could などの助動詞が来ることがありますが、これらの助動詞はすべて(1)のタイプの意味のものでしょうか?それとも、(2)のタイプのものもあるのでしょうか?
仮定法と直説法と事情が違ったら別々に教えてください。

Aベストアンサー

直説法についてなら、偶然他掲示板「 http://xbbs.knacks.biz/english4a#a4207 」の「仮定のif節での未来」に書き込みがありました。

(1)従属節が意思を表す場合。
(2)従属節が頼みごとなどを表す場合。
(3)従属節が習慣や性質など (時間に関係ない (現在、過去、未来を問わない)) の予想を表す場合。
(4)従属節が結果として生じるであろうことを表す場合。
(5)従属節が現在予想できる未来の状況などを表す場合。

であるそうです。

たぶん仮定法についてもそれに準じると思います。(2)は仮定法過去の would のほうが丁寧になります。

でも、仮定法は実現不可か可能性が少ないことだから(5)の予想は意味がないかと思います。

万一の意味では仮定法過去の should と were to を用いると思います。

参考URL:http://xbbs.knacks.biz/english4a

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qcan be ~ed と can be ~ing

助動詞の受動態( can be ~ed )と、助動詞の進行形( can be ~ing )についての質問です。

(1) “ can ” と “ can be ~ed ” どちらも「~することができる。」と訳して良いのでしょうか?
   日本語にしたときの違いがわかりません。

(2) “ can be ~ing ” は何と訳すのでしょうか?


ご回答をよろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

日本語の場合,受動態があいまいだからです。

「その仕事は簡単にできるよ」
日本語ではこれでいいですが,英語では
You can do the work easily.
The work can be done easily.

work を主語にしたら,受動態です。
される立場だから。

これを日本語では「仕事はできる」で通じる。
「~は」というのが主語とは限らないせいでもあります。

だから,can be done を「できる」と訳すのは日本語で自然なだけ。
Stars can be seen at night.
星は夜見える。
「見られる」は不自然。
でも英語では stars が主語なら受動態。

一方,can be ~ing はあまり用いられません。
interesting のように形容詞化したものなら
「おもしろくあり得る」のような意味にはなります。

とにかく,can be 過去分詞というのは,
英語の直感的には「~されることができる」
という表現には違いありません。

日本語が独特,というか,英語とは違う。

Q間接疑問文のhowと関係副詞のhowの違いを教えてください

Please tell me how I should breathe when running.(間接疑問文)
This is how I get it.(関係副詞)

間接疑問文のhowと関係副詞のhowの違いがよくわかりません。その違いを教えてください。

Aベストアンサー

関係詞と疑問詞は同じ wh- でありながら、違いは確かにあります。
しかし、関係詞でも、先行詞を含んだ(先行詞がない)場合は、ほぼ差がなくなります。

先行詞が含まれている、ということは全体で名詞のかたまり(名詞節)となり、
疑問詞の間接疑問が名詞節であるのと同じになります。

違いとしては関係詞の場合、名詞節といっても、
「~するもの」とか「~する方法」とか、本当の名詞そのものでまとまるのに対して、
間接疑問の場合、「何を(が)~するか」「どのように~するか」
と文的な意味を含んだ名詞のかたまりとなります。

だから、want/like や have のような語の後では関係詞とするのがふさわしく
(節は目的語にならず、もっぱら単純なものや人が目的語となる)
wonder のように、節が基本目的語になる動詞の後では間接疑問がふさわしく、
know のように、どちらも目的語になる語はどちらもまったく差はなくなります。

最初の例の場合、tell me の後は story のような名詞ならまだしも、
「方法」のような名詞よりは、文的な間接疑問の方がよりふさわしいとは言えます。

しかし、「~すべき方法」としても特に問題ないと思います。
実際、how S should ~は how to 原形と書き換え可能で、
how to は「~する方法」と訳されるわけですから。

後の例の場合、This is の後は「方法」の方がよりふさわしいとは思います。

これが、私がそれを手に入れる方法だ。

でも、「いかに~するかだ」でもそんなに悪くはありません。

上で述べた動詞の性質の違いはある程度意識した方がいいでしょうが、
中でも how に関してはあまり違いはないと思います。

関係詞と疑問詞は同じ wh- でありながら、違いは確かにあります。
しかし、関係詞でも、先行詞を含んだ(先行詞がない)場合は、ほぼ差がなくなります。

先行詞が含まれている、ということは全体で名詞のかたまり(名詞節)となり、
疑問詞の間接疑問が名詞節であるのと同じになります。

違いとしては関係詞の場合、名詞節といっても、
「~するもの」とか「~する方法」とか、本当の名詞そのものでまとまるのに対して、
間接疑問の場合、「何を(が)~するか」「どのように~するか」
と文的な意味を含んだ名...続きを読む


人気Q&Aランキング