痔になりやすい生活習慣とは?

木造住宅での耐力壁となる筋交について質問です。
筋交を入れる柱の間隔はどのくらいまで許容されるのでしょうか?狭くなる側は、「高さの1/3以上」、と理解していますが、広くなる側ではどこまでOKなのでしょうか?筋交が45度の角度となるまでは耐力壁とみなしていいのでしょうか?ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2008年版 木造軸組工法住宅の許容応力度設計 によると


最小幅90cmかつ高さ/幅≦3.5
最大幅2.0m程度以下なら長さに対して比例に強度を見れるとあります。
この本がこれからの在来木造の設計のスタンダードになりそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます!!急ぎの計算をしていたので非常に助かりました!ありがとうございました m(_ _)m

お礼日時:2009/06/05 15:46

大所は、#1さんのとおりです。


建築基準法の壁倍率は、最大、概ね1.82m(1間 12尺)で計算されています。
木造建築物の耐力壁の最大長さは、製材所の製材最大寸法長さでほぼ決まっているようなものです。
殆どの製材所での筋違い材等の平割材の長さは、4m物(13尺5寸)が最大長さですよ。
これから計算すると最大で柱間隔2.73mと出ますが、筋違いの座屈長さ等を考えると無理がありますね。
柱間隔を広くすると、柱小径も大きくし、筋交いの厚さも増さなければ無理という事でしょうね。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。座屈長さ。。柱サイズ、筋交の厚さでも変わってくるのですね。んー、もっと勉強に励みます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/16 15:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q木造住宅の間柱ピッチって??

木造住宅の壁
石膏ボードの下地になる間柱って
どんな寸法の形状ですか??
取り付けピッチって何ミリ??

Aベストアンサー

在来軸組工法の場合、間柱間隔は、455mmが標準です。
間柱材寸法は、30mm*105mmが普通です。
予算によって材厚さが27mm~36mmを用いる場合もあります。
以上

Q室内ドアの標準的な寸法は?

室内ドアの標準的な幅を教えてください。

現在、新築住宅の完成間近の施主です。
設計事務所+工務店で建てています。
今日、書斎のドアを見て、なんだか狭いな・・・学習机は入るのかな・・・と思い、寸法を測ってみたところ、約64cmの幅でしか隙間がなく、所有している机の奥行が70cmですので、ドアからは運びこめないことがわかりました。

設計図面のドア幅の寸法は724mmとなっておりますが、これはドアの額縁を含んだ寸法なのか、含んでいない寸法なのかは曖昧になっていて、わかりません。

今まで住んでいた家や、アパートでさえも、ドアは70cm以上ありましたので、64cmのドアなんて、トイレ用を間違えて取り付けられているんじゃないかと疑っています。
窓は全て上げ下げ窓ですので、窓からの搬入はできませんし、机も一体型ですので解体することもできません。
設計時には書斎として部屋を使用すること、学習机を入れることを書面にして設計者に渡してありますので、ドアの寸法ぐらい注意してくれてもいいのにと思います。

この状況で、施工ミス、監理ミスと考えて、クロスも貼ってある状況ですが、ドアの寸法を変えてやり直しを主張するべきなのか、または、64cmという寸法は十分に室内ドアとしては普通と考えて机をあきらめるべきなか・・・ご意見をお願いします。

25年も使用していて、思い入れのある机だけに、もっと注意してチェックすべきだったと後悔しています。

よろしくお願いします。

室内ドアの標準的な幅を教えてください。

現在、新築住宅の完成間近の施主です。
設計事務所+工務店で建てています。
今日、書斎のドアを見て、なんだか狭いな・・・学習机は入るのかな・・・と思い、寸法を測ってみたところ、約64cmの幅でしか隙間がなく、所有している机の奥行が70cmですので、ドアからは運びこめないことがわかりました。

設計図面のドア幅の寸法は724mmとなっておりますが、これはドアの額縁を含んだ寸法なのか、含んでいない寸法なのかは曖昧になっていて、わかりません。...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
まず着工前の図面ではどうする予定になっていたかを確認してみます。
mie_1973さんがもらっているかわかりませんが、予備知識として、
ドアの幅に係わる図面としましては、
平面詳細図(平面図よりも拡大して詳しく描いている図)と建具リスト。
もし、平面詳細図があればそのドアに寸法があるはずです。

そこで幅のおさえ方がわかります。額縁の外面か内面か。
建具リストには、通常ドア本体の寸法を描きます。
但し、姿図に額縁まで描いてある場合は、枠外と考えられます。
そこで、mie_1973さんの話からしますと、
仮に枠を含んだ寸法が724としても、ドアが600なら両側の枠だけで124ですから、
1つの枠は、62ということになります。
つまり、よほどゴージャスな枠でない限りそんな大きな数字には、ならないと思いますね。

これらのことから、図面と実際の食い違いがおそらくあるという事と、
学習机を入れることを書面にして設計者に渡してあるということから、
どんな時期であれ引き渡しまでに変更してもらうことを十分主張できると思います。
あまり細かいことを主張しなくても、
「伝えておいた学習机が絶対に入るようにしておいてください」
ということだけでもハッキリと言っておくべきですね。
付け加えておきますと、厳密に言えば、
ドア幅が724でも片開きの場合、戸当りがある場合がほとんどなので
その分も考えておかなければいけません。

参考URL:http://www.mew.co.jp/naisjkn/catalog/pagepdf/KFCT1A217-727.pdf

はじめまして。
まず着工前の図面ではどうする予定になっていたかを確認してみます。
mie_1973さんがもらっているかわかりませんが、予備知識として、
ドアの幅に係わる図面としましては、
平面詳細図(平面図よりも拡大して詳しく描いている図)と建具リスト。
もし、平面詳細図があればそのドアに寸法があるはずです。

そこで幅のおさえ方がわかります。額縁の外面か内面か。
建具リストには、通常ドア本体の寸法を描きます。
但し、姿図に額縁まで描いてある場合は、枠外と考えられます。
そこで、m...続きを読む

Q木造軸組工法 柱の太さについて

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
管柱                    =105ミリ角
筋交い                   =45ミリ×90ミリ
---------------------------------
となっていました。
通し柱は120ミリ角は最低でも必要だ!って聞いた事があるんですが
105ミリ角の通し柱も使用しているようです。
120ミリ×105ミリって言うのもありました。
このサイズをみて、2階建の木造住宅の仕様として、
どんなもんなんでしょうか?こんなもんなんでしょうか?
危険なものでしょうか??
よろしくお願いします。

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
...続きを読む

Aベストアンサー

地方にもよりますが、東京近辺なら在来工法としては上の中くらいは評価できると思いますが。。。

管柱でも100ミリ角が一本も無いというのはないというのはご立派ですが、不満足とすれば関西以西の方でしょうか?

多分、通し柱を全部120ミリ角にしても、耐用年限が100年から130年に延びるということだと思いますが一般に都会では

設備面が先に古くなるので、耐用年限までは考えない傾向があります。

西欧のように設備やサッシュを取り替えながら、何百年も使うとすれば全部150~240ミリ角くらいの柱がいるかと思います。

Q木造住宅の部材断面寸法について

私は建築士です。木造建築は経験がなく最近勉強をはじめました。
3階建ての木造は構造計算によって部材の断面を求めるようですが、2階建て以下では壁量計算とねじれおよびN値計算による金物を守ること、また柱の最小径を令43条の規定以上とすれば、梁の断面寸法は自由に決めてよいのでしょうか?4号特例の建物なので、チェックする術はないとおもいますが、それは、昔からの大工さんの経験を当てにするということなのでしょうか?経験的にスパンの12分の1程度といっても公にきまっていることではないですよね。どなたか木造に詳しいかた教えていただきたいのですが。
また、金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
本来ならば、木造二階建も構造計算をして主要構造体の部材断面を算定するのが本筋です。
でも、木造二階建なら構造計算は複雑で面倒くさいので、概算で設計荷重を求めて梁のスパンで梁の断面を求める梁断面算定表があります。
木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。
また、住宅性能表示の構造規定の安全な梁断面の算定でも上記本は活用できます。
木材技術センターで検索すれば参考図書の情報が得られるでしょう。

昔から大工さんに言い伝えられている方法は、構造計算しても概ね安全と出ますが、極端に集中荷重がかかったりする場合、安全にならない場合があります。
まあ、この場合、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。
上記参考図書の梁断面算定表も荷重状態によっては、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。

参考に昔から大工さんに言い伝えられている梁断面(梁背)の決め方。
小屋梁・一間四寸(梁スパン1.8mで12cm)
床持ち一寸増し(小屋梁で求めた梁背に+3cm)
柱受け一寸増し(柱一本ある毎に梁背に+3cm)
大梁受け一寸増し(大梁一本受ける毎に梁背に+3cm)
小梁2丁一寸増し(小梁一本受ける毎に梁背に+3cm)
土蔵桁一寸増し(桁梁は、梁背に+3cm)
梁算定例
小屋梁 スパン2間(3.64m)なら8寸梁(24cm)
小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら6寸梁(18cm)
二階床梁 スパン2間(3.64m)なら9寸梁(27cm)
小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら7寸梁(21cm)
二階床梁 スパン2間で柱一本受けるなら1尺梁(30cm)
となり、構造計算および梁断面算定表でみても安全側になりますね。
ためしに手元にある梁伏図でやってみて下さい。

>金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか?。
良心的な施工屋さんなら施工しますが、信頼のおけない業者の場合は注意が必要です。
確りと工事監理をして施工させるようにしましょう。

ご参考まで

北国の設計屋さんです。
本来ならば、木造二階建も構造計算をして主要構造体の部材断面を算定するのが本筋です。
でも、木造二階建なら構造計算は複雑で面倒くさいので、概算で設計荷重を求めて梁のスパンで梁の断面を求める梁断面算定表があります。
木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。
また、住宅性能表示の構造規定の安全な梁断面の算定でも上記本は活用できます。
木材技術センターで検索すれば参考図書の情報が得られるでしょう。

昔から大工さんに言い伝えられている方...続きを読む

Q住宅の図面にある「ALVS」とは?

宜しくご回答下さい。家を立て替えるべく、図面をFAXで業者から取り寄せたのですが、その中に「洋室:A-9.93 L-4.45 V-0.74 S-なし」という表記がありました。この中にある「ALVS」とは何でしょう?ウェブでも調べて見たのですが、見つけられませんでした。ご存知の方がおられましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。建築設計の仕事をしている者です。
ALVSとは採光・換気・排煙計算のことです。
とは言ったものの恥ずかしながら私もALVSが
何の略なのかは知りません(^^;

恐らく
A:室面積
L:有効採光面積
V:有効換気面積
S:有効排煙面積
だと思います。
よくALVSと言う言葉を耳にしますが今まで気に
したこと無かったです。。。
ですのでちょっと自信ないです。

簡単に説明すると、居室等の部屋に対して採光・
換気・排煙に有効な開口部が取れているかを
計算するものです。

例えば質問にある洋室の採光であれば有効採光面積
が室面積の1/7以上でなければいけません。
4.45/9.93>1/7なので採光はしっかり取れている
と見ます。
換気・排煙も同様に計算します。
詳しくは
「採光計算」「換気計算」などで検索をするか
本屋で建築基準法や申請memoなどを立ち読み
してみればどうでしょう。

Q建築基準法上の道路幅員に歩道は含まれるか

仕事で建築基準法上の道路の幅員を測定しています。
その際、歩道の幅員は道路幅員に含まれるのでしょうか?
例えば、車道より1段高くなっているような遊歩道やガードレールで仕切られている歩道などを想定しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お礼の中の捕捉について、
歩道と車道の高低差は関係ありません。
並行していれば全て幅員とみなします。

  歩道--車道--歩道
幅 3m--8m--3m
高さ±0--±0--+1m
建築基準法の道路幅員は、3+8+3=14m

ご参考まで

Q間柱のサイズの規定についてご存知ないでしょうか。

構造用合板の継ぎ手部分ではなく、 構造用合板の中央縦(中心線)の固定に位置する間柱になります。壁の倍率を見込む条件として間柱のサイズの規定はあるのでしょうか。

(通常柱が105ミリ×105ミリならば間柱は105ミリ×30ミリ、又は105ミリ×27ミリを使用されているのはよく目にします。その他105mmや90mmより細い材料を使用されているのを調べました限りでは、現実の強度は別として、特に規定が無くどんなサイズでも良いようですが、間違いないでしょうか)

最小でも45mmx40mmを平で使用を推奨されている記載や、45mmx30mm使用も割りにあるようですが、こういった条件でも壁倍率を見込むことができるということで間違いないでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直しを命じます。

>ちなみに柱と柱の中央455mm位置の既存間柱はありません。
新たに間柱取付する必要があります。
間柱の主要な役割は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持が主要な役割です。
建物の沿直荷重等の負担は無いですからね。
要は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持に必要な断面寸法で有れば良いだけですから。
構造用ボード継ぎ目に用いる間柱寸法の推奨値としては、36×105ですね。
その他の間柱にあっては、27×105、30×105が推奨断面です。

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直し...続きを読む

Q4分の3間(136cm)間隔の柱の筋交いについて。

4分の3間(0.75間、136cm)間隔の柱に、90cmの角の筋交いが入っています。
4分の3間の壁倍率は3と認められますでしょうか。

また、筋交いが入っていますので、半間の位置に1本の継ぎ手として間柱を梁と土台に繋ぐことができません。筋交いをそのまま残して、継ぎ手を入れる方法はありますでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

再再の補足について
>1) 柱間口4.5尺を横桟方式で構造用合板3枚に分けて張っても壁倍率2.5が見込めるということでよろしいでしょうか。
はい!既に筋違い90×90の壁倍率3ですから、構造用合板併用で壁倍率は、施行令第46条の規定により5倍となります。


>2) 半間幅の壁については1枚の合板で横桟方式で施工して壁倍率2.5が見込めるということでよろしいでしょうか。(半間幅の壁の数の方が多くなっています。半間幅の壁には既存の筋交いは入っていません)
筋違いの無い半間(91cm)の場合、壁倍率2.5となります。
注意としては、構造用合板を土台・柱・梁に規定通りに打ち付ける事

間柱の代わりに横桟方式で施工
構造用合板継ぎ目に45×105を平使いして取付ける事
中間には、36×45以上の横桟を配する事
>3) 上記は間柱の約2700mmの長さには厚み45mmは使えないということですね。
意味が少し分かりませんが、横桟間隔は、以下の通り
上から
梁桁 h2,700
横桟 h2,250 36×45
横桟 h1,800 45×105
横桟 h1,350 36×45
横桟 h900 45×105
横桟 h450 36×45
土台

再再の補足について
>1) 柱間口4.5尺を横桟方式で構造用合板3枚に分けて張っても壁倍率2.5が見込めるということでよろしいでしょうか。
はい!既に筋違い90×90の壁倍率3ですから、構造用合板併用で壁倍率は、施行令第46条の規定により5倍となります。


>2) 半間幅の壁については1枚の合板で横桟方式で施工して壁倍率2.5が見込めるということでよろしいでしょうか。(半間幅の壁の数の方が多くなっています。半間幅の壁には既存の筋交いは入っていません)
筋違いの無い半間(91cm)の場合、壁倍率...続きを読む

Q倉庫は居室にあたるか、また排煙設備は必要か

300m2の平家建ての倉庫に排煙設備は必要でしょうか。倉庫が居室でなければ必要ないのですが。
シックハウス対策の条文では倉庫、物置等は居室に該当しないと記載されているのですが。

Aベストアンサー

建築基準法では、倉庫は居室に該当しません。
ただし、物流倉庫の様な場合では、荷捌き詰め替え等の作業があると居室を判断されます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング