今年7月で60歳になるものです。送付された「ねんきん定期便」では私の場合、
60歳から  特別支給の老齢厚生年金30万円
63歳       〃       〃      〃   定額部分30万円 計60万円
となっています。

そこで、定年後も3年ほど嘱託で勤務予定ですので、
60歳からの受給を63歳から受給するという選択はありますか? 
その場合、60歳から63歳までの3年半分の受給分は
全部カットされるのでしょうか?
いくらか63歳以降の受給分に加味されるのでしょうか?

よろしくお願いします。
     

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

分かり易く簡単に説明します。


質問者さまの場合、60歳の誕生日以降特別支給分の老齢厚生年金を受給手続きを実施してください。
手続きからの約2ヶ月後から30万円の1/6の5万円が、2ヶ月毎に受給できます。
事前に近くの市区町村の国民年金の窓口でも詳しく教えてくれ、必要書類や準備するものを親切に教えてくれます。

>そこで、定年後も3年ほど嘱託で勤務予定ですので、
>60歳からの受給を63歳から受給するという選択はありますか? 
選択はありません。
特別支給分については、繰り下げ受給の制度はありませんのでメリットはありません。

>その場合、60歳から63歳までの3年半分の受給分は
>全部カットされるのでしょうか?
>いくらか63歳以降の受給分に加味されるのでしょうか?
「28万円の壁」がありますが、質問者さまの場合は関係しないので、カットも加算もありません。(女性の場合63歳以降64歳までは、特別支給の定額部分が受給できるのです。)
参考:
http://president.jp.reuters.com/article/2009/02/ …

>63歳  定額部分30万円 計60万円
の「定額部分30万円」の金額が気になりますが、国民年金の未加入期間が長かったのでしようか?
満額で「定額部分約79万円」ですので、60歳からの任意加入で「定額部分30万円」を上乗せする方法もありますので年金窓口で相談に乗ってくれます。
*誕生月が近付いたら、近くの市区町村か年金窓口で相談してください。
 
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご教授ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/19 17:16

まず年金の受給年齢の考え方なんですが、公的年金は昭和61年の法律改正から本来の受給開始年齢は65歳なんです。

 
ただし時代は定年60歳が一般的になってきた頃であったため、60歳で定年退職した方又は給料が低くなった方に65歳まで特別に厚生年金を全部又は一部支払いましょうということで制度化されたのが「特別支給の老齢厚生年金」なんです。
 またこの間の年金改正により、最終的には定年年齢を65歳に政策的に繰り下げし、段階的に「特別支給の厚生年金」はなくなります。

 そこで貴方様の年金は、60歳から特別支給の厚生年金の一部(報酬比例部分)が、63歳から全部(報酬比例部分+定額部分)が支給される年代の形です。 あくまで65歳までは給料がなくなった又は少なくなってしまったことに対して特別に支払われるものですから、もらわなければ最悪の場合ただ時効により損するだけです。 もらうのを我慢すれば増えるのは65歳からの分からです。
 
 また嘱託で継続雇用されるようですから、
60歳以降も厚生年金に加入するのか? 
雇用保険から高年齢雇用継続給付はもらうのか? 
厚生年金に引き続き加入するのであれば報酬はどの程度なのか? 
など年金以外で生活保障される金額により、年金は全部・一部分又は全額不支給のいずれかとなります。

 厚生年金については、日本年金機構の各地年金事務所(旧社会保険事務所)での請求行為が必要です
 電話でも相談できるようですから一度ご相談をお勧めします。

参考URL:http://www.nenkin.go.jp/calender/tel.html
    • good
    • 4
この回答へのお礼

丁寧なご説明ありがとうございます。

お礼日時:2011/02/19 17:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金(報酬比例部分)が支給されなくて困ってます

在職老齢年金について教えて下さい。
私は会社で従業員の社会保険の取得・喪失手続きをしてまだ間もないのですが、今回初めてのケースでよくわからないので教えて下さい。

昭和20年8月生まれの従業員が今年8月で60歳となり、一旦定年退職後継続雇用の形態で引き続き勤務しています。

現在の収入の状況は
・毎月の給料・・・19万円
・雇用保険の高年齢継続給付・・・毎月3万円
・ボーナス(見込み)・・・6月と12月に30万円ずつ

となっております。
60歳になったので、厚生年金の報酬比例部分を受給できるはずなのですがなかなか支給されないので、昨日本人が社会保険事務所へ相談に行ったところ、「前年の収入が多いから今年は年金は0です」と言われたそうです。

私の認識では、前年の収入に関係なく、給与収入と年金額が28万円を超えたら超えた部分の2分の1をカットされると思っていたのですが、どういうことでしょうか?

Aベストアンサー

60歳前半の在職老齢厚生年金は年金の基本月額と総報酬月額相当額の合計により停止額が計算されます。総報酬月額の計算方法が給与月額+直近1年の賞与総額÷12になるため、年金の基本月額が安くても退職時の前年の賞与額が多く合計額が28万以上の場合には、支給停止額が発生することになり、その額が基本月額を超えた場合、全額支給停止となります。たとえば年金額120万、給与額19万、昨年の賞与額240万だとすると

基本月額=120万÷12=10万
総報酬月額相当額=19万+240万÷12=39万
基本月額+総報酬月額相当額=10万+39万=49万
停止額=(49万-28万)÷2=10.5万

となり全額停止となります。

Q働きながら最大の年金をもらう給料の上限

現在60歳以上で、正社員として働きながら最大の年金をもらう給料の上限はいくらですか?さまざまな条件で変わってくるとは思うんですが・・・。

Aベストアンサー

昨年の国会で年金法案が可決しました。

60歳で在職年金の受給は年収の12分の一と年金給付額の合計が28万円までは年金のカットは無くなりました。
今年3月までは厚生年金に加入している企業に勤務している場合、年金額の20%は強制的に支払停止となっていましたが…。

これは64歳までの処置で、65歳からは上限が48万円に繰り上げられます。(変ですよね)

もしそれ以上の収入がある場合には、超過額の1/2が支給停止となるようです。

ただし年金は個人個人で状況が変わってきます社会保険事務所でお聞きされては? 
年金番号、名前を言えば、電話ででも、教えてもらえます。

私も現在報酬比例部分の支給を受けていますが、このたびの改正で2万円ほどアップすると心待ちにしています。

多少は改善されたことを喜んでいる一人です。

Q60歳定年後も働き65歳まで厚生年金をかけたら?

厚生年金を中学卒業とともに就職し45年かけまして60歳定年となりますが 再雇用
で65歳まで働きひきつづき厚生年金をかけたら65才時に いかほど増額しますか?

  事例でいいので教えてください。

Aベストアンサー

NO2のかたが書いておられます、長期特例について補足します。

44年以上厚生年金加入、かつ退職(被保険者ではなくなる・・パート嘱託なども含む)されてる方は、長期特例に該当し、通常例えば昭和26年生まれならば60からは厚生年金の報酬比例部分のみですが65歳からしかもらえない定額部分の支給がうけられます。
簡単にいえば、65歳からの金額が早めに受けられます。

1、ですので、年金事務所に行き、退職した場合の金額を確認しましょう。
一定の条件にあう配偶者がおられる場合加給年金もつくことがあります。

2、かたや、継続雇用の場合、長期特例の扱いは受けられず、在職老齢年金となり、報酬とのかねあいで年金額が減らされる場合もあります。

結論として1,2の点を確認されることが重要となります。
また、同時に増える年金額も確認されたらいいでしょう、
年金額は報酬によりますので人の事例はあてはまりません。

Q収入制限

現在、62歳の男です。
給与収入(報酬月額620)が高く、60歳から64歳の在職老齢年金の計算でも年金は全額支給停止でした。
ここまでは自分でも理解できるのですが、年収が800万いくらある人は年金自体が受給できない(受給権がない)と言われました。
金額をはっきりさせようと色々調べるのですが、配偶者が加給年金や遺族年金を受給する際には850万円の制限があるようですが、本人にも収入制限があるのですか?
いくら収入が多くても受給権はあるが、支給が停止されると捉えていたのですが違うのでしょうか?

Aベストアンサー

調整かけるためには、報酬を社会保険庁が知る必要があります、
それができるためには、厚生年金加入者であるということです。
すなわち、厚生年金の加入してない会社や、個人で月に何百万稼いでも、1円も減らされないということです。家賃収入も同様です。


厚生年金加入は70歳までなのですが、
70歳以上にも19年4月より65歳以上と同じように調整かかることになりました、この場合は、適用事業所(会社)が報酬を報告しなければならなくなりました。

Q報酬比例部分について

厚生年金の60歳から支給される「報酬比例部分」という項目がありますが
これは65歳まで繰り下げると支給額は増えるのでしょうか?。
そもそも「繰り下げ」は出来ないのでしょうか?。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 60歳になりましたら申請して貰わないと損になるということでしょうか?

いいえ。
生年月日ごとに異なります。

60歳~64歳の間に支給される「特別支給の老齢厚生年金」は、
報酬比例部分(65歳からの老齢厚生年金に相当)の支給開始年齢が、
以下のように段階的に定められています。

● 男性
 昭24.4.2~28.4.1生まれ 60歳
 昭28.4.2~30.4.1生まれ 61歳
 昭30.4.2~32.4.1生まれ 62歳
 昭32.4.2~34.4.1生まれ 63歳
 昭34.4.2~36.4.1生まれ 64歳
● 女性
 昭29.4.2~33.4.1生まれ 60歳
 昭33.4.2~35.4.1生まれ 61歳
 昭35.4.2~37.4.1生まれ 62歳
 昭37.4.2~39.4.1生まれ 63歳
 昭39.4.2~41.4.1生まれ 64歳

したがって、生まれた日によるこれらの段階ごとに、
その年齢を迎える日までに申請を行なわないと損、ということになります。

なお、
男性は昭36.4.2生まれの人から、
女性は昭41.4.2生まれの人から、
いずれも「特別支給の老齢厚生年金」を受給することはできません。
これは、老齢年金の支給開始年齢が完全に65歳になるためです。
これに該当する人は、65歳になって初めて、
老齢厚生年金(報酬比例部分に相当)と
老齢基礎年金(定額部分に相当)を受給できるようになります。

> 60歳になりましたら申請して貰わないと損になるということでしょうか?

いいえ。
生年月日ごとに異なります。

60歳~64歳の間に支給される「特別支給の老齢厚生年金」は、
報酬比例部分(65歳からの老齢厚生年金に相当)の支給開始年齢が、
以下のように段階的に定められています。

● 男性
 昭24.4.2~28.4.1生まれ 60歳
 昭28.4.2~30.4.1生まれ 61歳
 昭30.4.2~32.4.1生まれ 62歳
 昭32.4.2~34.4.1生まれ 63歳
...続きを読む

Q65才からの年金支給の平均月額は

65才からの年金支給の平均月額は
平均でどのくらいなんでしょうか。厚生年金35年加入、男性定年後無職。年々減額されているとか聞きましたが。
10年先は、今よりもぐんと下がると思うので、今のうちからセカンド資金を準備しておかないと思いまして。

Aベストアンサー

「厚生年金35年加入」ですが、本当にこればかりは人それぞれに違いますので「年金機構」旧社会保険事務所で査定して見て下さい。今、申請するといくら支給されるのか、65歳になって国民年金と合算したものがいくら支給されるのか、全部出て来ます。私は63歳ですが60歳から「厚生年金」を受給致しています。これだけ仕事が無い、という時代に「減額でもいいから年金を」と思って藁を掴む思いで申請しました。厚生年金は「報酬比例部分」「定額部分」と二つに区分されています。60歳から申請すると、この「報酬比例部分」のみが支給され、64歳から「定額部分」が上乗せされ支給されますが、私は64歳まで待てないから「一部繰上げ」の申請をして今は全額支給されています。通常の年金額(64歳まで待った金額)と比較しても年間4万円しか違いませんでしたので、今の方法を選びました。65歳から「国民年金」が加算されます。その金額も全部算出してもらっています。年金だけは絶対、年金機構から申請の方法など教えてくれないので、自分で出向いて担当者に聞いて判断するしかありません。お役に立ったでしょうか?

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思

44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思っています。
再雇用すると月160,000円でボーナス年間600,000円で、年間2,520,000となります。

再就職すると失業保険から月20,000円ぐらいもらえると聞きました。
厚生年金は年間2,088,000円の見込額です。月174,000です。
再就職すると厚生年金がひかれると聞きます。
年間給与所得2,520,000円月210,000のとき。
再雇用した場合、厚生年金額はだいたいどのくらい支給されるのでしようか?
再雇用した場合のおよその収入を知りたいのでよろしくお願いします。
再雇用を1年でやめた場合44年の特例はそのまま継続されるのでしようか。
再雇用の参考にしたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フルタイムやそれに近い勤務形態の非常勤で再雇用された場合、
厚生年金に加入する義務があります。
なお、厚生年金に加入している間は、44年の特例は受けられません。
厚生年金は普通の人と同じ、報酬比例部分だけの支給になります。
あとでさかのぼって特例分の差額が支給されることもありません。
在職老齢年金で年金月額と直近1年間に受けた賞与の1ヶ月分と給与の
総合計が28万円を超えれば支給がカットされたりします。

厚生年金に入らなくて済む程度の勤務時間や勤務日数で働かないと
44年の特例は受けられないことにご注意ください。

Q特別支給の老齢厚生年金の加給年金について

私は今月61歳になります年金機構から、年金請求書の用紙が届きました、その中で私は特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)が受給出来ると思いますが他の用紙の箇所に、妻子に加給年金が支給される項目があります(妻は40代半ば子はいません)が妻の分も支給されるのでしょうか又添付書類に本人は戸籍抄本の提出は分かりますが仮に妻の分も貰えるとなると用紙には別に戸籍抄本の添付?みたいに明記されていますが、そうなると2通添付と言うことでしょうか年金事務所に聞けばいいのですが場所が離れているので質問してみました、よろしくお願い致します

Aベストアンサー

補足でのお問い合わせについて。

65歳になった際に加給年金額が支給される前段階の手続きとして、
請求書に配偶者の氏名等は記入されたほうがよろしいかと思われます。
認定関係の書類を添付だけして記入しなかった場合、
65歳到達時にもう一度認定関係の書類を提出する必要が出てくるかもしれません。

Q65歳以上で年金をもらいながら働いている義父について

タイトルどおり、義父について、質問いたします。
義父は、現在69歳。60歳で定年を迎え、その後再雇用継続で、厚生年金を払いながら同じ職場で勤務しております。65才からは、厚生年金(65歳まで納めた分)をもらいながらなのですが、その後も引き続き厚生年金を払っている状態です。この場合、65歳以降支払った厚生年金はどのような形で返ってくるのでしょうか。それとも、返ってこないものなのでしょうか。年金の仕組みがよくわからないので、構造的に解き明かしていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足して年金額を再計算し、支給を受けられるようになります。
 厚生年金は70歳までしか加入できないので、在職したまま70歳を迎えれば、厚生年金の脱退届をそこで会社から出してもらい、70歳に達した月の翌月分から、65歳以降に加入した厚生年金の分が年金の受給額に
含まれてくることになります。
 ただし、70歳以降も引き続き在職する場合は、在職による年金額の減額や支給差し止めが続く場合がありますのでご注意を。一般的には厚生年金の月額と月給・ボーナスを12等分した額が48万円を超えた場合に年金減額の対象になります。

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報