電気通信業の会社に勤めているのですが、同僚から特別教育の低圧電気取扱業務という講習を一緒に受けないかと言われました。
仕事に必要なのか?と聞くと、持ってる資格は多いほうがいいからと言う事で内容はよくわかってないようでした。
調べると、交流600v以下、直流750v以下の充電電路の敷設や修理、開閉器の操作の業務とありました。
この低圧電気の講習とはどのような仕事や作業をする人が受講するのでしょうか?
また、電気工事士などの資格を持ってる上で付随するような ものなのでしょうか?(これだけ受講しても意味がない?)

わかる方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

感電する可能性のある場所で作業をする従業員に雇用者がしなくてはいけない教育です。


講習全体の時間は14時間以上で実習は普通は7時間あります。
(「開閉器操作」限定なら実習は1時間ですみます)

雇用者は「すでに教育を受けている場合」には特別教育を「行わなくていい」ので、下請けに入ったり、頻繁に雇用関係が変わるばあいには資格っぽい側面もあります。

電気工事士の資格の中には作業安全は含まれてませんので、電気工事するならこの特別教育はだいたい必要。(電気工事士免許もっていたら不要だと誤解している人が多いけど)。

あと点検に従事する場合なんかだと電気工事士の資格がなくても、この特別教育が必要な場合があります。

電気通信業だったら電力線の近くでの作業もあるだろうし、”簡易な電気工事”をする場合もあるだろうから内容は知っておいたほうがいいと思います。ただ講習の費用に見合うかどうかが疑問かな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。とてもわかりやすく説明して頂き、どういうものか理解できました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/01 22:40

電気工事士は、経済産業省の法令のひとつで電気工事士法といい、作業員が電気工事を行う為に必要な資格です。


一方、低圧電気取扱業務は、厚生労働省の法令で労働衛生安全法に基づく教育になります。
こちらはどちらかと言えば、作業員に教育を受けさせなさいと雇用者に向けて指導しているものです。

監督官庁が違う法律なので、どちらも電気工事を行うには必要なものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/01 22:41

>この低圧電気の講習とはどのような仕事や作業をする人が受講するのでしょうか?



電気とそれに付随する仕事につく人が受講します。


>また、電気工事士などの資格を持ってる上で付随するような ものなのでしょうか?

それではないですね。
単なる特別教育だから資格ではないし。
むしろ、そういうのに関係ない人が受けるものだと思います。


私は某テーマパークで仕事する時に受講させられました。
内容は100Vでも舐めていると感電死するよ。というものです。
(実際はもっと細かい内容ですが、概略はそうです)
だから、電気の仕事をするわけでなくても、
機械類に触る時は、常に漏電とかで感電するリスクがあるんですよ。
というような感じだったと思います。

単なる予備知識として受けましょう。というようなものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/01 22:27

まず、特別教育は資格ではありません。

事業主が従業員に対して指導する(受講させる)教育です。
(転職すれば受け直しです)
労働安全衛生特別教育で検索すれば内容から受講案内まで出てきますので参考にしてください。
低圧だと1日、高圧特別高圧だと2日間、テキストの内容を講師が話していくだけ(最後に実習が1時間程度ありますが)です。
受けなくてはならない人は、感電など電気の事故・ケガをするおそれのある業務に就いている人です。
工事士などの資格はその業務ができる資格、特別教育は事業主が従業員を雇用する上で科せられる教育ですので
工事士などを取得していても付随したり免除されるものではありません。

参考URL:http://www.kdh.or.jp/study/low.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/01 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低圧電気取り扱い作業者の講習を受けようと思います。

低圧電気取り扱い作業者の講習を受けようと思います。

電気に関しての作業が職場であるので、この講習を受けようと思いますが、難しい内容なのでしょうか?
どんな知識を、もしくは勉強をして臨んだら、よいのでしょうか?
闇雲に受講して、まったくわからない...なんてことのないようにしたいのですが...
また、会社にも寄るのでしょうが、修了証は、公的に評価されるものなのでしょうか?
どうぞ、受講経験のある方、ご意見を拝借できればと思います。

Aベストアンサー

「低圧電気取り扱い特別教育」ですね。
電気工事士や電気主任の試験には作業安全についての試験(感電した場合の対応とか)は出ないので、それを補完するための講習です。管轄は他の方も書いているように厚生労働省です。

何も勉強していなくても問題ないと思います。時間が長いのでみっちり基礎から教えてくれますよ。
修了証は評価されるというか…。この講習受けてない人に活線作業させたら違法ですから、当然みんな持っているはずのものです。

基本費用を会社持ちで研修させる(電気工事を業とする会社だと自分で講習することができる)のですが、ほかで講習を受けていることが証明できる場合には講習を免除することができるので、中途採用なんかのときに会社が得するかも知れません。その程度の資格です。

Q低圧電気取扱業務について

工事現場にて直流100V程度の電源ケーブルをケーブル同士接続するとき、低圧電気取扱特別教育を終了した者のみで作業をしても良いのでしょうか?それともさらに電気工事士の資格の必要なのでしょうか?教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

一般論で言えば、電気工事士にやってもらってください。電線の接続には技能が必要ですが、技能試験をしているのは電気工事士だけだからです。

法律的には次のようになります。

電気事業法・電気工事士法(経産省)
電気主任技術者が選任されていない場所
電気工事士が施工する

電気主任技術者が選任されている場所
電気主任技術者の指揮の下であれば誰がやってもよい。ただし現実的には電気工事士が施工することがほとんど(さもなくばそれなりの教育をする必要がある)

工事現場であっても上記のいずれかに当てはまります。

労安法(厚労省)
(電気主任技術者の有無にかかわらず、)電線の敷設等を従業員に行わせる場合には、作業者全員に特別教育(低圧電気取り扱い)をおこなう。
作業の指揮をするものには職長教育を行う

この特別教育は電気理論ではなく身を守るための知識
教育ですから、電線や遮断器のサイズの選定などの計算、材料の適切な選定、施工や試験に必要な工具・器具の使い方の知識を得ることは出来ません。

現場によってはすべてを電工に行わせると高くなるとの理由で、資格者が設計、工事のチェック、試験を行うが、無資格者に配線・取り付けなどの力仕事をやらせるような分業を行うこともあります。

一般論で言えば、電気工事士にやってもらってください。電線の接続には技能が必要ですが、技能試験をしているのは電気工事士だけだからです。

法律的には次のようになります。

電気事業法・電気工事士法(経産省)
電気主任技術者が選任されていない場所
電気工事士が施工する

電気主任技術者が選任されている場所
電気主任技術者の指揮の下であれば誰がやってもよい。ただし現実的には電気工事士が施工することがほとんど(さもなくばそれなりの教育をする必要がある)

工事現場であっても上記の...続きを読む

Q電気工事士等の資格の違い

第一種電気工事士・第二種電気工事士と低圧(高圧)電気取扱特別教育はどのような違いがあるのかいまいちわかりません。各資格の違いを具体的にどなたか教えてくださいませ。(低圧電気取扱を持っていれば第二種電気工事士が必要ないような気がしてなりません。)

Aベストアンサー

電源が切れていれば充電線路にならないという理屈はありません。「充電電路の敷設若しくは修理の業務」ということから活線作業と停電作業とを混同していると思いますが、スイッチを入れて電気を通すことが出来れば「充電電路」です。
工事現場の分電盤でブレーカーが切ってあっても、端子への接続が悪ければブレーカーを入れた瞬間に漏電やショートが発生して事故になりますね。検電せずに端子に触れたら感電ですね。だから電線と電源との接続は教育を受けている人に限定する必要があります。隣り合っている端子が充電されていて、モンキーレンチのような絶縁されていない工具が接触しても事故になります。


電気溶接の場合は、アースのとり方、ケーブルの点検、電撃防止器の仕様前点検などを各作業者にやらせていなければ死亡災害になります。(過去に多数例があり)だから低圧電気取り扱いの教育だけでは不十分で、アーク溶接特別教育(学科・実技講習) が必要です。
溶接機がコンセント差込式であれば、コンセントの部分の接続には教育は要りませんが、(掃除機と同じなので)溶接ケーブルの端子への接続、溶接棒の取り付けなどは技能教育が必要です。

たとえばあなたが現場に来た中学出たての人に溶接棒の接続をさせ、運悪く暑い日で手が汗ばんでいて漏電事故が発生した場合、もし教育していなかったら、労働安全衛生法違反に問われます。

建設現場や工場では教育・講習・免許が除外される場合はまず無いと思ったほうがよいでしょう。会社やあなた自身の身を守るためには、やるべきことをやっておいたほうが結局手間も時間も費用も少なくて済みます。教育を受けさせられるほうも、そういった手厚い保護をすることでやる気を出してくれます。

安衛法では作業の難しさに応じて
作業主任者:指揮者が必要。作業者は指揮者の元で作業する
特別教育:事業者が教育する、作業者全員が必要
技能講習:指定講習機関が行う。作業者全員が必要
免許:国家試験
が必要です。

電気取り扱い特別教育は免許や指定機関の講習ではないので、上司などで適切に講義を行える人が居れば社内で行うことも出来ます。教科書があるのでその内容を教えらればOKです。免許証はありません。会社が教育した内容と実施日を記録していればよいことになっています。現場ではステッカーを作って、ヘルメットや名札に貼ることも行われています。


就業制限(有資格業務の確認)は現場管理者の重要管理ポイントです。
○労働安全衛生法で定められた一定の危険業務に労働者を就労させるときは、免許又は技能講習修了者でなければならない。いわゆる就業制限の規定です。
○現場では、予定している作業について、それが資格の必要な業務か否かをあらかじめピックアップ゜しておき、その作業に就かせる労働者の資格を免許証や技能講習修了証を呈示させて確認しなければならなりません。
○類似のものに、一定の危険有害作業に就く際に実施する法定の特別教育がある。これは本来、安全教育の一つであるが、現場実務上は免許、技能講習と同様に資格確認の対象として取り扱っています。
 これは労働安全衛生法が、対象機械の能力等によって資格等を免許、技能講習、特別教育の3種に区分しているためである。例えば、移動式クレーンの運転はその吊り上げ荷重によって、5トン以上が免許、1トン以上5トン未満が技能講習(平成4年10月からの適用)、1トン未満が特別教育とされているなどである。

電源が切れていれば充電線路にならないという理屈はありません。「充電電路の敷設若しくは修理の業務」ということから活線作業と停電作業とを混同していると思いますが、スイッチを入れて電気を通すことが出来れば「充電電路」です。
工事現場の分電盤でブレーカーが切ってあっても、端子への接続が悪ければブレーカーを入れた瞬間に漏電やショートが発生して事故になりますね。検電せずに端子に触れたら感電ですね。だから電線と電源との接続は教育を受けている人に限定する必要があります。隣り合っている端子...続きを読む

Q特別教育について

お世話になります。
よく製造業のクレーン操作などの例のように社内講習で実施される
特別教育終了でそれを終了すると社内でその内容に関する業務が
行えるようになると思いますが、その特別教育終了証は他者へ転職
した場合は有効なものなのでしょうか?
質問内容が大まかでわかりにくいかもしれませんがどうかご回答
お願い致します。

Aベストアンサー

あなたのクレーンは、5トン未満の床上操作式のクレーンだと思います。労働安全衛生法では、特別教育を原則として社内でやることになっています。学科と実技をやらなければなりません。指定教習機関でなくても行えます。国家資格(免許)ではありませんが、教育を受けていないと仕事は出来ないと思ってください。転職先には今の会社から受けたという証明をもらえば使えます。クレーンには、玉掛けの技能講習が必要です。それは、指定教習機関だけしか行うことが出来ません。これに関しては都道府県の労働基準協会連合会に聞いてください。

Qペン形検電器の原理について

ペン形検電器の原理はどういう仕組みで、ブザーを鳴らしたりランプを点けたりしているのでしょうか?

今わかっているのは、
「電圧のあるところへペン先をくっつけて、自分の体を通してアースへ電流がながれ、検電器の内部にある抵抗に発生する電圧を増幅してランプとかを点ける」
みたいな感じなんですが、電圧を増幅するというのはどんな方法なんでしょう?

検電器の中に発生する電圧なんかすさまじく小さいようにも思えます。

どなたかご存知の方教えてください!!

Aベストアンサー

検電器といっても私の知っている範囲で次の3種類あります
1.ネオン管を光らせるもの 検電ドライバなどがある
2.低圧検電器  AC100/200Vを検出してLED点滅、ブザー鳴動するもの
3.高圧検電器  400だか600V以上を検出してLED点滅、ブザー鳴動するもの
#1の回答は多分1のタイプだと思います
質問者の想定しているものは#2のタイプではないでしょうか?
推定されているとおり検電器内部の微小電流を検出増幅しています。増幅にあたっては50/60Hzのみ検出するようにフィルタを通したりして検出精度を上げているようです
詳細は検電器メーカに尋ねるのが早道ではないでしょうか

Q電気工事士の資格がないとやってはいけないこと?

第二種電気工事士の資格がなくてはやってはならないことってなんでしょう? もう少し具体的に申しますと、たとえばコンセントからテーブルタップ(延長コード)でのばして蛍光スタンドをつけるという行為に資格は必要ないですよね。でも壁にあるコンセントから渡りで別の場所の壁にコンセントを増設するのには資格が必要なのでしょうか?たとえば屋内のブレーカーから、壁のコンセントまでを変更する場合には資格が必要で、壁のコンセント以降の変更はいらないとか、なにかそういった線引きはあるのでしょうか?先日壁の埋め込みスイッチが故障したのでホームセンターで買ってきて交換しましたが、この行為には資格が必要なのでしょうか? どうもすっきりしないので、ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「電気工事士の資格を持つものでなければしてはいけない作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、電線相互を接続する作業
2、電線を造営材に固定する作業
3、配線器具(スイッチ、コンセントなど)を取り付けたり、それに電線を接続したりする作業
 反対に「電気工事士の資格がなくともできる作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、差込式接続器(電源プラグ、コネクタなど)にコードを接続する作業
2、インターホン、ベル、ブザー、チャイムなどの、電圧36V以下の配線作業

 従って、壁の埋め込みコンセントから直接電線を接続して別のコンセントを増設する作業は、資格がなければできません。
 壁の埋め込み式スイッチ、コンセントの交換も、本来なら資格が必要です。
 ただし、露出型の器具の場合は、既設の器具を交換するだけなら、資格は不要です。
 詳しくは、参考URLのページに解説されています

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6224/denki/houki.html

Q低圧電気取扱特別教育について質問です。

低圧電気取扱特別教育について質問です。
電気工事士(2種)の資格だけでは、電気工事はできないのでしょうか?
小職なりにしらべると、電気工事士(2種)は安全品質上の資格(経済産業省)であって、低圧電気取扱特別教育は工事士本人の安全(安全衛生基準法)についてである。
どちらもないと電気工事はできない?という認識になるのですが、電気工事士(2種)を取得したときは、低圧電気取扱特別教育について何も触れていなかった?と思うのですが、低圧電気取扱特別教育とはどういう位置付けになりますか?

Aベストアンサー

電気工事士のほうは、通常電気の来ていない状態の低圧電路の工事になります。
低圧電気取扱特別教育は、充電電路の場合で、特に充電部分が露出している開閉器の操作をするときに必要となります。
したがって、通常の電気工事では、低圧電気取扱特別教育は必要ないように思えますが、仮設電源などがあるため、この操作をするときは、工事士の免許だけではダメで、低圧電気取り扱いが必要になります。

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Q分電盤の主幹器具に漏電遮断器ELBをつけるのはなぜでしょうか。配線遮断

分電盤の主幹器具に漏電遮断器ELBをつけるのはなぜでしょうか。配線遮断器MCCBの場合とは何が違うのでしょうか。

Aベストアンサー

分電盤の主幹器具に漏電遮断器ELBをつけるのはなぜでしょうか


法律に定めがあるからつけるのです

内線規程
1375節「漏電遮断器など」
 住宅に施設する低圧の電気機械器具に電気を供給する電路には漏電遮断器の施設を設置は義務的事項と成ってます。

詳しくは内線規程をご覧下さい


人気Q&Aランキング

おすすめ情報