過去分詞で始まる分詞構文は、過去分詞の前にbeingが省略されているといわれています。
 例えば、(Being) Made of wood, the house burnt down in a moment.という感じです。
 しかしながら、どうしてbeingは省略されてしまうのでしょうか。これが省略されなければ、分詞構文は現在分詞出始めるのが基本という形で文法規則もわかりやすくなると思うのです。
 どうしてbeingは省略されてしまうのか。その謎をわかりやすく説明してください。どうしてなのでしょうか。教えてください。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

興味ある質問だと思いますが、この質問の答えはすべて憶測になってしまいます。

感じとしては、beingやhaving beenだと省略されているのが構文上わかるというのが妥当みたいですが、これではあまり説明になっていない気がします。
だったら、
If I had been a bird, I would have flown to you.
(鳥だったら、あなたのところへ飛んでいけるのにな)

は、A bird, ~
となぜならないのでしょうか。
せいぜい省略できたとしましても、Had I been~
とif程度ではないでしょうか。

あくまで、受動態だけではないことは下の回答の方の
従属節でも省略があり得ることを考えれば歴然です。
比較級や感嘆文でも省略は可能です。
She is as tall as he (is).
How beautiful (it is)!

こうしたのはむしろ言語そのものを見る必要があるかと思います。英語だけの特徴ではなく、他の言語でもよく省略されるかと研究することです。研究して、関係が仮にないとわかるだけでも価値があると思う人がいないでしょうか。私は特別に言語の専門ではありませんが、言語には認知の方から興味があり、ロシア語ではBe動詞に相当する現在形を省略したり、中国語でも省略するときがあると認識しています。もしかしたら、言語一般としての現象かも知れませんし、認知の観点からもしかしたら解決の糸口が見られるかも知れません。

beingやhaving beenの省略はあくまで任意であって、必須ではありません。規則に沿ってそのまま省略しないでもいいのですから、文法規則としてはわかりやすいのではないでしょうか。いつ省略できるのかを知る方がまだ興味のあるところではないでしょうか。
    • good
    • 1

分詞構文の方からは説明がされているようなので、受身から考えてみるのはどうでしょう。



受身の文はbe動詞+過去分詞という形をしています、受身の意味は過去分詞がすでにもっています。それなのにどうしてbe動詞がいるのでしょうか、もちろん、単に時制を示すために使われています。未来形ならばwill be p.p.
となるし
現在完了ならば
have been p.p.
となります。

いずれもbe動詞が未来形、現在完了形として変化して時制を表しています。

さて分詞構文になると、beingとなり時制を示す役割は果たせなくなって不要になるのです。

同じ理由で分詞構文の場合にbeingが形容詞などの前でも省略されることがあります。
Unable to fly a kite, the boy asked me to help.

また#4の方が書いていらっしゃるとおり、副詞節を導く接続詞のあとで主語が主文と同じでなおかつ動詞がBeならば主語とbe動詞が省略できるのも同じ理由です。
Mhen (he was) young, he would ofter sit up till late.
    • good
    • 2

大変、失礼しました。



No.5の回答中の(2),(3)は、それぞれ(b),(c)と読み替えてください。
    • good
    • 1

これは、過去分詞がもともと持っている性質と関係があります。



分詞構文と言うと、doing形は、主節と(ほぼ)同じ時を、having done形は、主節に先行する時を表すと習いますね。ところが、過去分詞は、それ自身で、主節と(ほぼ)同じ時、あるいは、先行する時を表すことができます。ですから、あらためてbeingやhaving beenを入れるのは、余分な手間と意識されるので、一般には、言語表現化しないのです。

(1)を例に取ると、
(1) That was a poem written…では、

writtenの可能な解釈は、「理論的」には、(a) that would be written, (2) that was written, (3) that had been writtenの3つがあるはずですが、このうち、英語が、この形式の読みに許容しているのは、(b)または(c)です。
言い方を換えれば、主節に後行する「未来のある時」を、過去分詞単独では、表さないのです(to be continuedのように、別の仕掛けに訴える必要があります)。

…の部分に、in 1920が来れば(2)、ten years beforeが入れば(3)のように、主節との相対的な時間関係は、通例、前後のコンテクスト情報から簡単に識別できるように、話者は工夫します。

英語では、従って、*a poem being written…とか、*a poem having been written…という言い方をしないで、単に、a poem written…で済ませてしまうのです。

この特質が、分詞構文に受け継がれて、一般には、過去分詞の前に、beingやhaving beenを、「わざわざ」付け加えないのです。

ただし、分詞構文(これは、a poem written…のwrittenを、制限的・限定的と考えるのに対して、カンマで区切られる分詞表現は、非制限的・非限定的用法と理解することもでき、実際、日本[の学校英語]では、分詞構文を、一般に、副詞的表現と結びつけて考えますが、対応する欧米[の規範文法]では、形容詞的表現として分析する傾向があります)。

もちろん、過去分詞で始まる分詞構文では、being(コンテクストに応じて、having been)を補うことは可能です。
ただし、put differently (=to put it differently; in other words)のように、イディオムあるいはイディオムに近い定型表現は除きます。
    • good
    • 4

分詞構文なんていう文法は本来、複文を単文に、つまり文を簡単に、短くすることが目的です。


実際は、接続詞が省略されているため、分詞構文を用いたほうが、意味の推測が求められ、かえって理解に時間を要することもありますが。

Beingの省略もなるべく英文を短くしようという、分詞構文の目的に即した決まり事です。過去分詞から始まっていれば、「~される」というニュアンスは分かりますし、分詞構文ではなく進行形の~ing(現在分詞)ぁら始まっていれば、「~している」と分かります。まぁ、分詞構文の~ingなのか進行形の~ingなのかは自ら意味判断する必要があります。

また、beingだけでなく、having beenも省略可能です。
As this letter was written in a hurry, it has many mistakes.

(Having been) written in a hurry, this letter has ~.
「この手紙は急いで書かれたので、多くの間違いがある」
これは主節と従節の時制が異なる場合に用いる用法ですが、これも全体から文意は明らかです。しかもwrittenという過去分詞も置かれ、受身であることも明確です。
つまり、beingが省略、というよりもbe動詞の分詞構文は省略可能と理解しておく方がいいと思います。

分詞構文に限らず、接続詞以下のS+be動詞も省略されることがよくあります。
I studied French while (I was) in France.
などです。
be動詞というのは、それ自体で「です/いる/ある/なる」という様々な意味を持っていて、一般動詞よりも限定される意味ではありません。前後の単語から容易く推測できます。
これも全て、「英語はなるべく簡単に!」という考えから来ています。be動詞も実は大切な単語ですが、意外に軽視されているんですね。
    • good
    • 1

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

 (今、韓国から書いています)

私なりに書かせてくださいね。

私の回答は「単に、英語も言葉だからです」と言う事になります.

日本語でも、俗に言う文法で日本語を使っているわけですありませんね.

特に、最近の、助詞を使わず、「私いらないわ」「学校行きたなくないんです」「日本これからどうなるんでしょうか」と言う具合ですね.

なくても分かるからなんですね. もちろん、これらの例は口語的表現だからと言う事になるかもしれませんが、日本語にも、省略されたと思われる表現と言う物はたくさんあるに違いないと思います. ただ、気にしない、気がつかない、と言う事なのではないでしょうか.

丁度、英語の二つの文章が接続された場合、主語が同じな場合、二番目の文章から主語は外される、と言う具合にですね. I now want to eat some good food and drink al night!と言う感じですね.

言葉の暗黙の了解なんです.

更に、省略される、と解釈されるものとして、関係代名詞を含んだthat isがそうですね.

友達から来たメールを見たところ、このような文章がありました.

Jimi Hendrix is known for a stage show that is prohibited in several areas in England.

このthat isを省略した、

Jimi Hendrix is known for a stage show prohibited in several areas in England.

つまり、過去分詞がその形になるためには、BE動詞がある、と言う基本がありますね. あると言う事が基本であれば、なくてもいいじゃないか、必要を感じる必要はない、と言う事でもありますね.

文法を教える為に、教える行程というものを作らなくてはなりませんね. よって、文法に基づいて英語を教えるとなると、どうしても、このような「これが省略されなければ、分詞構文は現在分詞で始めるのが基本という形で文法規則もわかりやすくなると思うのです。」と言う事になってしまうのです. 仕方ない事だと思います.

だからこそ、その分詞構文を部分を強調する為に、Being made of wood, the house burnt down in a moment.と言うBeingをつけた表現ができるわけですね.

これは、英語に限った事ではなく、体系付けて物を教えようとする副産物なんですね. つまり、かえって難しくしている、と言う事でしょうね.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 1

>過去分詞で始まる分詞構文は、過去分詞の前にbeingが省略されているといわれています。


>どうしてbeingは省略されてしまうのか。

明確な回答ではないのですが、分詞構文の決まりで進行形や受動態の分詞構文は、beingを省略する、とあります。

Made of wood,the house burnt down in a moment.
[木で出来ていたので、その家は一瞬で燃えてしまった]
なので、the house is made of woodと受動態ですからbeingを省略しているのだと思います。

分詞構文はwhen,while,as,since,if等の接続詞を含む複文を単文に変える働きがありますが

When the earth is seen from the moon,it looks like a ball.
[地球を月から見た時、それはボールの様に見える]

これを分詞構文にすると、地球は月から「見られて」いるので受身で

Seen from the moon,it looks like a ball.
となっています。
Seen from the moon,the earth looks like a ball.でもいいと思います。

参考URL:http://www.oct-net.ne.jp/~bowy/particles.htm
    • good
    • 0

be動詞があれば後ろにくる動詞はingの現在分詞か過去分詞かと決まるので、beがなくても容易に過去分詞の前にはbeがあると想像でき

るからではないでしょうか?また、過去分詞のみでも受身的な意味が含まれているからでは?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の省略について。

英語の省略について。
 英語の授業で、「be busy (in)Ving のinは省略されて分詞に見えるけど、動名詞なんだぞ。」といわれたのですが、このような英語の省略ってよく聞くんですけど、この場合なんで省略できるんですか?

Aベストアンサー

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が難しいのですが、英英辞典で「gerund」を調べると「a noun in the form of the present participle of a verb」とされていますので、native speakerにもそれなりの違いは認識されているのだと思われます。

 ただし、現代においては「in」が用いられることはほとんどなくなっていますので「in」を用いた場合には非常に古臭い印象を与えます。例えば、日本語で「私は忙しゅうございました。」という表現は理解できないわけではありませんが、わざわざそのような言い方をする人はほとんどいないでしょう。それと似た感じではないでしょうか。

 なお、今では「go ...ing」で定着している表現も、もとをたどれば「go for ...ing」の「for」が取れた形だと言われています。

 ご参考になれば・・・。

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が...続きを読む

Q分詞構文beingの是非と独立分詞構文について

分詞構文でbeingを省略しますが明確なルールはあるのでしょうか?
独立分詞構文ではIt being Sunday, the shop~という風にbeingが
いつもありますが省略は無理ですか?
さらに独立分詞構文はなぜ主語が代名詞のときはitしか無理なのですか。他の三人称普通名詞ならOKなのに不思議でなりません。
どなたかご指南ください!

Aベストアンサー

No 3 です。はい、分詞句と帰結節の主語の異なる文章、つまり独立不定詞構文においては、不可だと思います。なぜなら分詞構文ですから、分詞は接続詞と動詞の働きを併せ持っているわけで、省略は…!ただその働きを代用する分詞がほかに用いられ得る場合は省略可でしょう。

Cheers still ringing in her ears, she slipped out of the stage door.

He talked on and on, the audience begnning to
feel bored.

Her aunt having left the room, he declared his passionate love for Helen.

これらは、being を使ってない独立不定詞構文の例です。

さらに、以下のような特例もあるそうです。(江川泰一郎著英文法解説より)

The ceremony over, the crowd dispersed.

Camp made, the boy settled down to relax.

No 3 です。はい、分詞句と帰結節の主語の異なる文章、つまり独立不定詞構文においては、不可だと思います。なぜなら分詞構文ですから、分詞は接続詞と動詞の働きを併せ持っているわけで、省略は…!ただその働きを代用する分詞がほかに用いられ得る場合は省略可でしょう。

Cheers still ringing in her ears, she slipped out of the stage door.

He talked on and on, the audience begnning to
feel bored.

Her aunt having left the room, he declared his passionate love for Helen.

これら...続きを読む

Q英語の日記では、主語の“I”は省略されることが多いでしょうか

英語国人が英語で日記を書くときには、一人称の主語“I”は省略することが多いでしょうか。
例えば、“I joined a party today.”を、“Joined a party today.”と、“I”を省略して、日記には書くことが多いでしょうか。

Aベストアンサー

多いと思います。
友達同士のメイルなどでもよく省略されていますし、私も省略しています。

Qbeingの省略なんでしょうか? 分詞構文?

Resighned, I try to spend as much of my time as possible with the master.
「吾輩は猫である」の英語訳の一文です。
「吾輩は仕方がないから、出来得る限り吾輩を受け入れてくれた主人の傍らに居る事をつとめた。」

文頭の"Resigned" は "being resigned" としてもいいのでしょうか?
それとも、being などつけるのは変ですか?

昔の記憶をたどりながら、英語学習を始めましたのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 これは確かに分詞構文で、being resigned の省略形です。省略をしなくても良いのですが、大抵は書きません。分詞構文の場合、要らないものは出来るだけ切り捨てた方が良いと思います。
 お役に立てたでしょうか。私も日々英語と奮闘しています。お互い頑張りましょう。

Q会話時の英語においての主語の省略

おはようございます。
英語における主語の省略についての質問です。
日本語では「私はそこにいった」という意味の事柄を述べるとき
話の前後関係で
私はの部分を省略することができますが
英語では無理なのでしょうか?
例えば
went there.といえば 命令文でもないし、
二人で話をしているとしたら聞き手が行ったということもないでしょうから、話し手がそこへいったということが明確だと思うのですが。
会話において、英語では主語は省略されないのですか?
またはかなり弱く発声されるのでしょうか?
お分かりになられる方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25年以上殆ど英語の生活をしている者です。

命令形や詩、古典など特殊な場合を除き、英語の会話やメール、手紙で主語を省略することはあり得ないと思います。

これは英語が動詞の変化の少ない言語だからだと思います。例えば一人称、二人称、三人称と動詞がそれぞれ変化する言語なら主語を省略することがあります。

ロシアに行ったらロシア人は主語をバンバン省略してロシア語を喋っていますし。

普段英語を喋ったり書いたりするときは、ほぼ100%の確率で主語は省略しないと考えておいたら間違い無いと思います。

Q分詞構文 beingの省略について

分詞構文を勉強しているのですが、beingが省略されたりされなかったりする例文がありよく分かりません。
(1) Because there was no bridge, we had to...
(2) There being no bridge, we had to...

(3) Because Mary was absent today, we couldn't prepare...
(4) Mary being absent today, we couldn't prepare...
(5) Mary absent today, we couldn't prepare...

主語が異なる時のことなのですが、上の文はbeingが省略されていませんが、下の文は省略されています。これはどういう事なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

*There no bridge, we had to swim across the river.

there だけで存在を表そうとすることに無理があります。また発音する場合 there is/was では there に強勢がなく be を省略して分詞構文にしようとしても no bridge の前に弱勢の there があっても意味不明(むしろ発言としては there's の s が聞こえなかったようになりそれでは分詞構文として意味がない。話し言葉なら接続詞なしで文がつながっても不思議ではない)。もっとも主語(thereも含めて)つき分詞構文自体書き言葉的ですが、there no bridge では「あそこ、橋がない」としか見えません(書き言葉では there に強勢があるかないか分からないから)。
むしろ No bridge, we had to swim across the river. のようにした方が意味が伝わります。no だけで非存在を表したり、接続詞なしで節がつながるのできちんとした文では使わない方がいいでしょう。

It being Sunday なども being を省略しません。it は人称代名詞「それ」としては働いておらず(非人称の形式主語)何かを受けているという内容がありません。「それが日曜」ということではなく it is/was で時間を表す用法なので *it Sunday と言っても奇妙なだけです(完全な主語として機能していても代名詞が主語のときは主語付き分詞構文は好まれません)。

主語が名詞で句としての重さがあれば(補語にあたる部分も重さが求められます)可能です。She (being) sick, のような形が好まれないのは she に強勢が来ることは稀でバランスを欠くからです。there や it のような軽いものが付いていると余計なのです。
前後で主語が一致する場合は Absent today, Mary could not... のような形は可能です。
A strange fellow, he is not liked.「変なヤツなので彼は好かれていない」のような名詞句でも可能です(< As he is a strange fellow,...)。

結局のところ残った語だけで意味が推し量れること、バランスを欠かないことが主語付き分詞構文ができる条件です。

*There no bridge, we had to swim across the river.

there だけで存在を表そうとすることに無理があります。また発音する場合 there is/was では there に強勢がなく be を省略して分詞構文にしようとしても no bridge の前に弱勢の there があっても意味不明(むしろ発言としては there's の s が聞こえなかったようになりそれでは分詞構文として意味がない。話し言葉なら接続詞なしで文がつながっても不思議ではない)。もっとも主語(thereも含めて)つき分詞構文自体書き言葉的ですが、there no bridge ...続きを読む

Q以前塾で英語の受動態の単元を習った時、 byのあとの省略について、 by us, by you,

以前塾で英語の受動態の単元を習った時、

byのあとの省略について、

by us, by you, by people, by someone

は、省略可能で

by a lot of peopleとby many people

は、省略不可と教えてもらいました。

なぜ a lot of や many が付くと省略できないんですか?

Aベストアンサー

○by us, by you, by people, by someoneというのは「一般的」だから省略可能なのです。

 たとえば、日本語でも、「ベニスは水の都と呼ばれている。」、「ライオンは百獣の王と呼ばれている。」・・・これらは「誰が」ということではなく一般的に呼ばれているから明示する必要がないのです。

 これに対し、a lot of people,many peopleは「限定的」なのです。数の多少とは関係なく、限定された人々なのです。だから、受動態になった時、省略は一般にしないのです。

Q分詞(現在分詞や過去分詞)と分詞構文の見分け方

1 Who is the girl painting a picture over there.
この文は(painting a picture over there.)がthe girlを修飾している現在分詞。

2 My mother is cleaning the kitchen singing a song.
この文は(singing a song)が分詞構文。

なぜ2の文で(singing a song)がthe kitchenを修飾する現在分詞にはなれないのでしょうか?
キッチンは歌っているはずがないから・・・・みたいな理由で判断するしか無いんでしょうか?

Aベストアンサー

まあ, そういうことですね. 構文上はどっちもありえるから, 「常識」で判断するということになる.

ただし「MP3 プレーヤー機能内蔵キッチン」なんてものの可能性を考えると「the kitchen を修飾する」という解釈もできないわけではありません.

Q英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか? 例えばwanna 、tryna 、

英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか?
例えばwanna 、tryna 、he's/she's 、I'm/you're 、there're などなど…。
会社との契約時には省略形は使わない方が良いだとか、目上の人には使わない省略の仕方などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

wannaとかgonnaとかの省略形っていうか崩れた言葉って感じ。
それらはビジネスの場面では使わない方が良いと言われてるね。
とは言え、実際にはみんなちょいちょい使ってるけどね。
目上の人なんかには、want toとかじゃなくてwould like to とか使うけど、その時はI'd like toって省略するのは特に問題ないね。
それと、It'sとかI'mとかは、まさに省略形なんだけど、こういう省略形はどんな場面でも普通に使うよ。
逆にこういうのは省略しないと相手は違和感があると思う。

Q名詞+to be 過去分詞、being 過去分詞、過去分詞

英語やり直し組みです

The government meanwhile says more than 12 hundred people detained for their part in the protests in Rangoon have been released, about half of them Buddhist monks, after they pledged not to demonstrate again.

最初見た時に意味がわかりませんでしたがdetainedはpeopleを形容して「引きとめられた人々」のような意味になるのだと思います。
そこで気になったのですが
(1)people detainedはpeople being detainedにはならないのでしょうか?
名詞+to be+過去分詞、名詞+being+過去分詞、名詞+過去分詞
これらの使い分けがよくわかりません。
toは未来志向だ、とかingは動いているイメージ、というのはよく見ますが、最後の名詞+過去分詞はどういう状態なのでしょうか?

お願いします

英語やり直し組みです

The government meanwhile says more than 12 hundred people detained for their part in the protests in Rangoon have been released, about half of them Buddhist monks, after they pledged not to demonstrate again.

最初見た時に意味がわかりませんでしたがdetainedはpeopleを形容して「引きとめられた人々」のような意味になるのだと思います。
そこで気になったのですが
(1)people detainedはpeople being detainedにはならないのでしょうか?
名詞+to be+過去分詞、名...続きを読む

Aベストアンサー

まず質問の意味を取り違えていたらすいません。
あと、私は日本語での解釈は日本語の「~された」のような日本語の過去形が影響するので好きではないですが、一応こんな違いがあります。

people detained は、「拘留された人々」
people being detained 「拘留されている人々(拘留中の人々)」(今もまさに人が拘留されているという状況のイメージ。通常文章も拘留が継続中であることを示すような文が使われてる)
people to be detained 「拘留『状態』となった人」(なったとは過去形だが、peopleを直接修飾しておらず、状態[to be]を修飾している。)


最初のは名詞 peopleを過去分詞がまま修飾しています。
people (人々)
───
   └── detained(その人々は「拘留された」)

ここでは過去分詞(分詞は)が直接名詞を修飾していることで、形容として拘留されたということと同時に、その形容はすでに過去であり終わったイメージがあります(形容が出来ているからこそ、「~した、された」と述べることができる。出来ていないなら「~した、された」と形容ができません)。事実文章中では、have been released (解放された) と完了していますので、その人々は解放されたイメージがつたわります。

最後のは、to を中心として peple(人々) | be(~の状態) が対峙しています。
people to be  (人がある状態になっている)
    ───
      └── detained(その状態は「拘留された」という状態)

これは真ん中も同じで
people being (人がある状態になっている。またそれは進行している)
    ───
      └── detained(その状態は「拘留された」という状態)


to が未来志向なのかは、前の動詞との兼ね合いによったり、後ろにくるものが名詞なのか他の品詞なのかによるので、すべてのtoの説明に適用できるものではありません。
本来英語は英語で判断されているので to は to でしかないのですが、日本語による説明はその時々で、説明する人によって、あるいは説明を受ける人の理解のレベルなどにより、使い分けられています。
(なので解釈や説明の違い、という分けのわからない言い訳もでてくる)。

まず質問の意味を取り違えていたらすいません。
あと、私は日本語での解釈は日本語の「~された」のような日本語の過去形が影響するので好きではないですが、一応こんな違いがあります。

people detained は、「拘留された人々」
people being detained 「拘留されている人々(拘留中の人々)」(今もまさに人が拘留されているという状況のイメージ。通常文章も拘留が継続中であることを示すような文が使われてる)
people to be detained 「拘留『状態』となった人」(なったとは過去形だが、peopleを直接...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報