人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

先月追突事故にあい病院へ通院しているのですが 事故が起こったときには専業主婦でパートの仕事を探しているところでした。  扶養してくれる主人はいませんが子供はいます。
母子家庭の給付金で生活していました。

事故後病院へかかるにも自費ということで両親に頭を下げて一時お金を借りました。
(後に保険会社が内払い金として病院代を払ってくれているのでお金はかかっていません)
現在も通院中ですが生活費の面でもきつくなりつつあるので 検索して調べたところ仮払金制度というものがあることを知り まずは自分の自動車保険会社に電話をしてたずねた所 「加害者側の保険会社に聞いてみてください。」といわれ 今度は加害者側の任意保険会社に電話して聞いたところ
『病院代はこちらで払っていますのでお仕事されていない○○さんは仮払金制度は利用できないですよ』といわれてしまいました。

【仮渡金請求】
被害者からだけ請求出来ます。
加害者側から損害賠償金の支払を受けていない場合で、当座の費用が必要な場合は、被害者は仮渡金を請求することが出来ます。

とあるのですが 任意保険会社さんが言うように 
『仕事をしていない』私は仮払金制度を利用することができないのでしょうか?

お知恵をください。 お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問の仮渡金制度は自賠責保険のものですから、自賠責保険へ被害者請求することになります。



しかし、質問者様の場合、相手損保が対人一括払対応(自賠責保険が支払う分を含めて任意保険会社が一括して被害者側に支払うこと)をしていますので、相手自賠責保険に「現存確認」を行っており、直接被害者請求しても相手損保の承諾後でないと、支払われません。

また、支払われたとしても、仮渡金の額は5万円で、示談時に精算(差引)されることになります。

なお、仮払金は、被害者が立替えて支払ったもののほか、主として休業損害が発生した場合に相手損保が支払ってくれるもので、示談時に精算します。

主婦業というのは、他に収入のある家族がいて、その家族らのために家事を行うことですから、単身者は自炊していても主婦業として認められません。
従って、現状では質問者様の主婦業としての休業損害は発生しませんから、相手損保は仮払金を支払いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Tomo0416様 ご回答ありがとうございます。

金額が5万円ということも調べてわかってました。

ただ 任意保険会社が対応してることで『相手損保の承諾後でないと、支払われない』事はわからなかったのです。  詳しくありがとうございます。

一応私以外に収入あるものがいますので私が家事をしております。
ほかの家族に負担にならないようにと思い仮払金で自分の身の回りのもの等出せたらいいなと 考えていた次第です。

ご意見ありがとうございました。 

お礼日時:2011/09/01 13:35

察するに、仮払金って休業損害として支払うお金の一


部を先に支払う!っていう事ではないでしょか。

事故で働けなくなって、仕事できなくなったら
給料がもらえない。でもその補償は「休業損害」とし
て保険会社が補償する。
それを先払いで補償するのが仮払いなのでは?
そのためにはxylitol05さんの収入があるのが
前提なんです。
だって収入がなければ、補償のしようがないの
ですから。

でも専業主婦の場合、たとえ無職でも保険会社が
「これでは主婦業は無理ですね」となれば、1日
5700円の休業損害がもらえます。

なので、xylitol05さんの場合その休業損害が
認められれば、先払いで払ってくれるのでは
ないでしょうか。

でも通院できるくらいの怪我なのですから
主婦業だってできるでしょ!ってなると思います。
だから休業損害は認めませんって。

やはり一番の敗因はこうなったときの事を
考えて貯金しておかなかったことだと思います。

あるいは示談すれば慰謝料が入ってきますし。

ただ母子家庭の給付金って交通事故でも入って
きますよね???しかも治療費は保険屋が持つの
ですから生活が厳しくなるのはなぜ??
ちなみに病院までの交通費も補償の対象になりま
すよ(^^)

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>ただ母子家庭の給付金って交通事故でも入って
きますよね???しかも治療費は保険屋が持つの
ですから生活が厳しくなるのはなぜ??

細かく書いてなくて申し訳ありませんでした。
扶養してくれる旦那さんがいないのに 何故生活できたのか? と指摘されると思いまして
母子給付金のことをかいたのですが 事故前には母子給付金は切れてるので蓄えも何もありませんでした。   (そのためにパート咲を探してました)
貯めて置けなかったのが悪いのは生活状態のこともありますし いまさらどうにもなら無いので・・・。

専業主婦も休業損害出たり慰謝料が出たり交通費が出たりするのも調べられました。

示談は治癒もしていない今 まだ先の話だと思います。  

nik670さんありがとうございました。

補足日時:2011/08/31 16:44
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故 仮渡金以外での当面の費用を工面する方法は?

先週、交通事故に合いました。
信号待ちのところを、後方から追突され、過失割合は100%相手方となっています。

事故時の衝撃により、首のむちうちと腰の椎間板が出ている(ヘルニア?)の状態で、医師からの指示で毎日通院しております。
当面は3週間の通院とのことですが、治療が終わるまでは3カ月から6カ月かかる見込みとのことです。

相手方が任意保険に入っており(損●ジ●パ●)、現在はその保険会社と、自賠責からの支払いについてやり取りしております。

病院でかかる医療費については、保険会社から直接支払いをしているので立替などの自己負担はありませんが、通院費(基本的にバスですが、具合が悪い日はタクシー)が毎日のことなので、立替が負担になってきています。

その他運転できないために、普段の用事についても交通費が発生していますし、痛みのために料理等の家事が出来なため、食費についても多くの出費を余儀なくされております。

どうにかこの当面の費用を工面できないかと、保険会社に問い合わせたところ、通院費については月末〆でひと月ごとに請求出来るとのことでしたが、それでは立替から実際に入金があるまで、1ヶ月以上もかかってしまいます。

通院1日につき支払われる4200円の慰謝料については、治療がすべて終わってからの支払いになると聞きました。
つまり、3カ月~半年後になってしまいます。。。

ネットで色々と調べて、自賠責には「仮渡金」の制度があると判ったので、保険会社に問い合わせてみました。
結果、
「仮渡金については、被害者から直接請求を行えば可能だが、病院への支払いを保険会社から直接行っているため、自賠責と被害者(私)の間に保険会社が入っている。そのため、被害者(私)が自賠責へ直接やりとりすることは出来ない。」
「もしそうして直接仮払金の請求をすると、病院への医療費支払いについても保険会社から直接支払いが出来なくなり、立替てもらうことになる」
とのことで、仮払金については出してもらえませんでした。

どうすれば、当面の費用を先に出してもらうことが出来るでしょうか。

保険がらみでは、私の知識と調査能力では、もう限界です。

因みに、私が加害者の方へ、当面の費用として慰謝料の一部を直接請求しても問題ないのでしょうか。

その場合、どのような手続きを行えば良いのでしょうか。
(領収証の発行等)

教えて下さい!
よろしくお願いします。

先週、交通事故に合いました。
信号待ちのところを、後方から追突され、過失割合は100%相手方となっています。

事故時の衝撃により、首のむちうちと腰の椎間板が出ている(ヘルニア?)の状態で、医師からの指示で毎日通院しております。
当面は3週間の通院とのことですが、治療が終わるまでは3カ月から6カ月かかる見込みとのことです。

相手方が任意保険に入っており(損●ジ●パ●)、現在はその保険会社と、自賠責からの支払いについてやり取りしております。

病院でかかる医療費については、保...続きを読む

Aベストアンサー

相手との示談についてはお済でしょうか。保険下の補償の部分で貴方がおっしゃっているものを、相手に立替払いをして貰ったら如何ですか。瞬間的に此方の持ち出しが発生し支払いがかなり遅れてしまいますので不便です。「先に幾許かの支払いをお願いできませんか?」と保険会社を通じて連絡依頼されれば対応してくれると思います。ただしここでの交渉で譲歩はしてはいけません。

Q交通事故示談金の支払いまでの日数について

以前からこちらで相談させていただいておりました事故被害の示談交渉が終了しました。
皆さんのアドバイスやお心強いお言葉のおかげで、
何とか納得できる形で終わる事が出来ました。
本当にありがとうございました。
昨日(10月7日、金曜日)に示談書にサインをし保険会社に送付いたしました。
保険会社に到着が11日の火曜日としますと、入金までにどのくらいの日数がかかるのでしょうか?
うっかり聞くのを忘れてしまい、相手方も休日のために確認できません。
通常どの程度の日数がかかるのかご存知の方がおられましたらお教え願います。

今までご回答いただきました皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

 示談が完了されたとの事ですが良かったですね。示談が済んで賠償金が精算されれば、事故での嫌な思いでも忘れる方向に向かう事が出来るでしょう。さてご質問の件ですが、相手の保険会社の担当者の手に渡れば後は担当者の手順次第です、担当者が直ぐ手続きをすれば、保険会社からは一番早い場合3日位で振り込まれるでしょう。もしお急ぎなら賠償金ですので遠慮なく請求すべきです、担当者は沢山の支払い案件があると思います。従ってどうしても請求される方を優先しますので、遠慮しないで請求して下さい。もし示談書(免責証書)を郵送した事を連絡していなければ改めて連絡して、そのとき必ず支払い日の確認をして下さい。送付した事を連絡をした後でしたら、確認の電話をした方が良いと思います。

Q任意保険会社が休業補償を出さないが仮払い位は出ないのか?

先に休業補償の考え方について質問をさせてもらいましたが、
「休業補償は保険会社の"好意"によって被害者に対して(加害者の代理すなわち加害者自身とも言える人間が)払って"あげている"のだ」というバカげた回答を頂きました。
回答者がバカげているという意味ではなく、これが事実ならこのような思想が当然としている保険会社や日本国のあり方がバカげているという意味です。
加害者の(重)過失によって被害者が何らかの損失を被ったなら加害者が補償するのは当然の理でありましょう。

余談はさて置き前回に満足の得られる回答を頂けなかったので少し視点を変えて質問をさせて頂きます。
詳細はqa4239263を読んで頂くとして、簡単に説明します。
被害者の私は「治療中の為に休業」しております。
加害者の保険会社は「治療はいいけど仕事ができない程ではないだろうから休業補償はあげないよ」と突っぱねてきました。
仕事を始めると時間的にも通院が疎かになるかもしれないし、最終的にはこの期間も治療中として交渉したいので安易に復職するのも如何なものかと思っています。
復職してしまえば休業補償は一切認められないでしょうから。
とはいえこのまま休業補償も出ない、仕事もしていないではその内に貯金も枯渇し、生活に困ることになってしまう事になりかねません。
そこで、休業補償というか自賠責の内払いのようにある程度の金額を先に受け取ることはできないでしょうか?
できないでしょうか?と書きましたが「できません」という回答なら要りません。
出させる方法を教えてください。
幾つかのサイトで「交渉次第」と書いてあったのを見ましたが、その場合は「出させる交渉方法」の回答をお願いします。

ちなみに前回に書きそびれましたが自営業なので「有給休暇」も「休業証明書」も「配置転換(できる範囲で仕事する)」もありません。

先に休業補償の考え方について質問をさせてもらいましたが、
「休業補償は保険会社の"好意"によって被害者に対して(加害者の代理すなわち加害者自身とも言える人間が)払って"あげている"のだ」というバカげた回答を頂きました。
回答者がバカげているという意味ではなく、これが事実ならこのような思想が当然としている保険会社や日本国のあり方がバカげているという意味です。
加害者の(重)過失によって被害者が何らかの損失を被ったなら加害者が補償するのは当然の理でありましょう。

余談はさて置き前回...続きを読む

Aベストアンサー

休業損害の支払基準は医師の診断です。なので、保険会社から仕事が出来ない程ではないだろうから、という言葉があり、質問者様が「まだ出来ない」と言い続けたのであれば、医師から保険会社に、仕事が出来る程度には回復している、との話があった可能性があります。

前回の質問も拝見させて頂きましたが、残念なことに残り1%が完了していないから休業損害を払い続ける、という風習は保険会社にはないかと思われます。
残念なことに、質問者様がまだ完全に治っていないと自覚症状があっても、客観的に(例えば診断書とかで)治ったと判断されれば、それまでになってしまうところがあるのです。
質問者様の症状も、通院が疎かになる可能性があるとはしても、全く働けない状態ではないように読むことも出来てしまいますので、そうすると保険会社は休業損害は出せないと判断して来るのだと思います。

医師にまだ仕事は出来ないという診断書を書いてもらえるか、確認をして、書いてもらえるのであれば、保険会社に医師からまだ仕事が出来ないという診断書を出せるとのことだから、取り寄せて対応してくれるように伝えてみては如何でしょうか?

後はご自身で自動車保険に加入されていませんか?搭乗者傷害があればOKです。そちらに連絡して、先に、今日までの入院・通院分の保険金を払って欲しい、まだ治療中だから残りはまた請求したい、と伝えましょう。相手保険会社からの賠償が終わったら、人身傷害保険も請求出来ますよ。(ちなみにこの手続きで翌年の保険料が高くなることはないですよ)
他にも医療保険や傷害保険に加入していれば、同様の手続きをすることで、ある程度の金額を受け取ることは可能だと思います。

相手保険会社から休業損害を出させるには、保険会社が今の段階で休業損害を認定出来る日分までは先に支払って欲しい、と伝えてみては如何でしょうか?
質問者様と保険会社でいつまでを休業損害と認定するか、の問題と切り離して、少なくとも入院中は間違いなく休業損害が認めれるはずなんだから、その分だけでも先に払ってもらえるように頼むことです。

相手保険会社はあくまで相手の代理人です。ということは、相手加害者に保険会社がきちんとしてくれないから、相手から相手保険会社にもっと誠実に対応するように言えばOKです。相手保険会社は、自分のお客様からの苦情になるわけなので、質問者様が相手保険会社に言うより効果があると思います。

参考になれば幸いです。

休業損害の支払基準は医師の診断です。なので、保険会社から仕事が出来ない程ではないだろうから、という言葉があり、質問者様が「まだ出来ない」と言い続けたのであれば、医師から保険会社に、仕事が出来る程度には回復している、との話があった可能性があります。

前回の質問も拝見させて頂きましたが、残念なことに残り1%が完了していないから休業損害を払い続ける、という風習は保険会社にはないかと思われます。
残念なことに、質問者様がまだ完全に治っていないと自覚症状があっても、客観的に(例え...続きを読む

Q交通事故ってこんなにお金もらえるの?

友人が夜中に車の信号待ちをしている所に車が突っ込んできました。
相手が100%悪いらしいです。
車は一部つぶれてしまったので修理に出しています。
友人は少しむちうちぎみなので病院に通っていますが、普段は全然健常です。
友人いわく、1度病院に行くと4万円もらえるから行ける日は毎回行くと言っています。180日通えるようなので、計算すると700万円以上になります。また、後遺症は全くないのですが診てもらう時にウソであたかも後遺症があるようにすればうまくいくだろうと考えています。軽自動車だったんですけどこれでセルシオ買えるって言ってます。自分はそううまくはいかないと思うのですがホントにこんなうまくいくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責から貰える慰謝料は日額4100円で、
任意保険会社でも同額を出してくれるときがあるので
最高で日額8200円になりますね。

その他、休業損害は賃金を貰えなかった分となります。

自動車の損害は時価額となりますから、
100万円で購入した新車で全損となったときで
2年乗っていれば約50万円しか貰えず、
ローンが60万円残っていれば10万円の損となってしまいます。

もらい事故で得をすることはありません。
得をするなら保険金詐欺が多発してしまいます。

また、被害者よりも加害者が得をすることもあります。
加害者の車両が残存価値150万円で全損となったとき
自分の車両保険に170万円入っていれば
20万円多く貰えることもあります。
被害者の車両は保険金額に関わらず原価償却法による計算されるので
損をすることが多いようです。

Q自賠責限度額120万を越えた部分は・・

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。
(保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています)

例をあげると
治療費が55万円なので
自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が
任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと)

しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると
76万円位にはなります。
ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・

保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治...続きを読む

Aベストアンサー

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120万までは求償が出来ますから、自賠責基準で処理した方が有利なのです。

>通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)交通費 5万円

 上記の具体的な場合について考察します。
 私の任意計算では、慰謝料は、¥56万になりますので、休業補償と交通費を加えれば、被害者の取り分は、¥71万になります。

 当然¥71万>¥70万なので、任意基準たる¥71万で示談すべきです。治療費は¥50万ですので、保険会社の支出は、合計¥121万になりますが、自賠責保険から¥120万は還ってきますから、任意保険会社の支出は、差し引き¥1万となります。(保険会社の負担する電話料等の諸雑費は考慮外です)

 一般に過失ある場合は、自賠基準の方が有利なことが多いのですが、この場合は、任意基準と自賠基準の両方を示して貰い、有利な方で示談して下さい。

 いずれにしても¥76万の賠償は、無理でしょう。




 

 

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120...続きを読む

Q休業損害が支払われるまでの生活費

3月17日に事故にあいました。
過失の割合は10(相手):0(私)です。
現在、ケガの治療中で仕事も休んでおりますが、生活費のやりくりも負担になってきましたので、勤務先に3/17~5/16までの休業損害証明書を書いてもらい、6月のあたまに源泉徴収票と一緒に提出しました。
未だ相手の保険会社からは何の連絡もないのですが、必要書類を提出してから休業損害が支払われるまでには、一体どれくらいの期間を要するものですか?
以前、保険会社の人身担当者は、必要書類がそろっても保険金を支払う支払わないの決定は保険調査会社がするものなので、調査会社の混雑具合によってはいつまでに支払えるとは言えない。
調査会社の決定が出ないと損保会社は支払のしようが無いと言われました。
先の生活の見通しが立てられず、大変困っています。
私は正社員で勤続25年で会社も一部上場企業なのですが、その勤務先が証明した書類でも、保険調査会社がいちいち調査して、金額を決定しないと休業損害さえ払ってもらうことはできないのですか?
私の場合は主人の収入がありますので、切り詰めて何とか生活を維持していますが、一家の大黒柱が事故にあわれたご家庭はどのように生活費を工面しているのでしょうか。
7月から仕事に復帰する予定ですが、7/1~7/31に働いた分のお給料は8/25が支給日になります。
4月の給与以降休職期間の社会保険や厚生年金等が、復帰後の給与から引かれますので、8/25の給与の手取りはゼロだと思われます。
これから給与収入が入る9/25まで、どうやって生活して行ったらいいのか、不安な毎日を送っています。
私のような場合、何をどうすれば良いでしょうか。

3月17日に事故にあいました。
過失の割合は10(相手):0(私)です。
現在、ケガの治療中で仕事も休んでおりますが、生活費のやりくりも負担になってきましたので、勤務先に3/17~5/16までの休業損害証明書を書いてもらい、6月のあたまに源泉徴収票と一緒に提出しました。
未だ相手の保険会社からは何の連絡もないのですが、必要書類を提出してから休業損害が支払われるまでには、一体どれくらいの期間を要するものですか?
以前、保険会社の人身担当者は、必要書類がそろっても保険金を支払う支払わないの決...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社によってだいぶ違いますね。

俺も被害者で休業補償もらっていましたが
保険会社に届くと、金額の確認に電話が入
ってきます。

では、XXXX円お振り込みします。

と言われ、それから中3日くらいでは振り
込まれていました。

しかも給料0円では生活大変でしょうから!
と保険屋に言われ、休業損害報告書は毎月
出していましたよ。その為に会社には毎月書いて
もらいましたが。

それともはじめの一回目をもらうときというのは
日数かかったかな?
少なくても2回目以降は中3日くらいです。

世間では賞与の時期ですから、休んだために減額
された賞与分も「賞与減額報告書」で補償して
もらえますよ。

それとのちのち慰謝料の計算でもめますから
このHPみて参考にしてみてください。

俺も、いくらが妥当なのか無料相談で金額聞きました。
その金額と保険屋が提示した金額が大幅に差があるよ
うなら相談した弁護士さんに依頼して裁判を起こすつ
もりです。

Q慰謝料は通院回数以外認められないのか

交通事故の慰謝料について質問です。

6/1~7/14まで約1月半の間が治療期間ですが、
実質病院には7回。

保険会社から提示されたのは
5200×7×2=72800

確かに病院には7回、これは平日は通えず土曜日だけで
日曜日は病院が休みのためですが、ここで質問です。

(1)1ヶ月半首が痛い状況は続いていたわけですが、それでも
通院回数でしか認められないのでしょうか。
7日毎日通って完治したのと1月半も痛い思いしたものが同じ
評価というのが納得できないので何がしかの根拠が欲しいのです。

(2)5200円という基準額は妥当なものでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通るか通らないか、等級によりますが、「日弁連基準」これで知るだけで金額が変わります。
勿論全て日弁連基準で計算して請求です!
保険会社の意味不明な自社基準に従う理由は、どこにもありません。
むちうちの一番下の14級でも日弁連基準なら慰謝料や逸失利益含めて数百万、12級なら一千万近くになります。
後遺症認定には、医師が必要ですから医師と良好な関係を築き必ず整形外科に通院です。
整骨院だと医師でないので後遺症認定の書類が書けないのです。


私は、10、0のオカマ事故被害者で「バックミラー見てなくて怪我したのが悪い」ってニュアンスの言い方するような保険会社を相手にもう話し合う気すらないので弁護士に依頼して訴訟して闘います。
後遺症残った場合など全て日弁連基準で取れるなら仮に借金しても着手金払う価値ありますから(弁護士特約付いてるなら使えますが私付け忘れてた…、これを期に特約付けました)。
ついでに忘れがちなのが生命保険、交通事故通院で出るか確認して忘れずにきっちり請求しましょう。

知ってる弁護士が有り難い事に相談料金無料にしてくれ、「等級決まったら正式依頼で着手金だけ先に払ってね、取れるだけ取りますよー、成功報酬は貰うけど(笑)」と言ってくれてますから、面倒くさい紛争センターより私は、こちらを選びます。

必ず慰謝料は、日弁連基準請求で!これが基本です。
「裁判にならないと日弁連基準適応されない」なんて保険会社の大嘘信じたらダメですよ。

頑張って下さいね。
お大事に。

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通る...続きを読む

Q交通事故 慰謝料はいつもらえる?

5月に交通事故に遭いました。全治1ヶ月程度で、その後後遺症もありません。
相手はタクシーで当事者ではなく、事故担当係りがいるらしくその方と連絡を取って先日、慰謝料の明細と示談書が送られてきました。
慰謝料を支払ってもらってから、示談書を取り交わすのだと思っていましたが、書面を見ると示談書にサイン・捺印して返送してもらってから、慰謝料の保険申請を行うとのこと。 では、一体いつになったら慰謝料を支払ってもらえるんでしょう? 普通、こういう段取りなのでしょうか? 
初めてのことで、分からないことだらです。 事故に遭って、会社も休んだしボーナス減らされるしで、金銭的に困っているので早く欲しいところです。
ご回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

示談書は領収書ではありませんので、慰謝料の授受より後でなければならないというものではありませんが、ご心配なら示談書に慰謝料支払の方法と期限について明記するよう要求してはどうでしょう

Q休業損害は「いつ」「どのくらい」給付されるのか?

同様なキーワードで質問検索はしましたが(「教えてgoo」「日新火災(相手側任意保険)HP」にて)、該当するものが見つからない為、質問させて頂きます。

私が危惧している点は、
(1)「いつ」→「いつも給料が貰えるタイミングで支払いがおこなわれるのか?」(具体的な数字では「16~翌15日〆」の「25日払」です。「次の12/25に支払いがおこなわれるのか?」という事です。)
(2)「どのくらい」→「今回の件の場合、一般的な責任比率の見解は10:0でいいのか?」「残業代+交通費なども含んだ金額を出してくれるのか?」(また、算出方法などはどうなっているのか?)
の2点です。
※細かい点をお聞きしてると存じますが、何卒、経験者・専門家の方の御指導頂きたいと思います。また、不明な点がありましたら、ネット・メールにて御指摘下さい。

<内容>
先日(11月中旬)、交通事故にあいました。私(♂)が自転車で通勤時(アルバイト)、「停車中の左前方車が、右扉を開けた」際、自転車が突っ込み、その扉の角に衝突しました。
現状では、幸い(?)左鎖骨骨折で、全治約1ヶ月、通院3ヶ月(退院時の「診断書」による記載より)との診断になっています。(検査も全て終わり、退院しています。)

<各担当者のコメント>
会社の人事担当者:「休業損害に対する証明はいつでも準備しておく」
保険会社の担当者:手続きをしてお支払いします。」

<加害者の保険加入状況>
相手側加入保険:任意保険(日新火災)

<責任比率>
未だ痛みがある為、警察での事情聴取を受けてなく、正式な回答はもらっていません。責任比率においても、給付額が変わることを知りました。
(※会社の上司の話だと「おそらく今回の件の場合、'車対人’という事と、'乗車している人の後方確認(バックミラー)の義務があるだろうから、10:0の確率が高いだろう。」とアドバイスして頂きました。)

同様なキーワードで質問検索はしましたが(「教えてgoo」「日新火災(相手側任意保険)HP」にて)、該当するものが見つからない為、質問させて頂きます。

私が危惧している点は、
(1)「いつ」→「いつも給料が貰えるタイミングで支払いがおこなわれるのか?」(具体的な数字では「16~翌15日〆」の「25日払」です。「次の12/25に支払いがおこなわれるのか?」という事です。)
(2)「どのくらい」→「今回の件の場合、一般的な責任比率の見解は10:0でいいのか?」「残業代+交通費なども含んだ金額を出してくれる...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。まずは事故お見舞い申し上げます。
早速ですが、
1.休業損害の支払は休業損害証明書およびその裏づけ書類(源泉徴収票や賃金台帳)さえ整えば、被害者の方のご要望に沿う形で内払いは可能です。
2.過失割合はドア開け事故の場合は開けてから衝突までのタイミングによって大きく異なるので一概には言えません。加害車側と言い分が異なる場合は特に難しい問題です。そのあたりは保険会社と早急につめる必要があると思います。
次に休業損害ですが、アルバイトということですが、どの程度の勤務状況でしょうか?
週30時間以上勤務されていれば「給与所得者」とみなされ、事故前3ヶ月の所得(残業手当なども込み)を90日で日割りして、休業期間を支払います。
「アルバイト」とみなされる場合は、休業期間すべてを支払うのではなく、実治療日数が原則的に対象日数となります。(自賠責の考え方では)
交通費については定額を支払ってもらうものであれば給与の一部として算定にいれますが、実費であれば算定対象になりません。仕事を休めば交通費はかからないからです。

Q事故(むちうち)の慰謝料

初めてのことなのでさっぱりわからないため教えてください。

昨年7月に追突事故にあい、現在通院しています。
友人の運転する車に乗っていて追突されました。

友達は1月に症状固定とのことで通院終了し、保険会社より慰謝料の試算?が来たそうなのですが、思ったより少なくてだいたい50万円くらいになると言われたそうです。(7月~1月まで半年間でだいたい100日くらい通院したそうです。)

通院一日当たり8400円で計算されるのかと思っていたのに、通院費を自賠責の限度(120万)で差し引い感じらしく、友人からまだ病院へ通っている私に病院へ行けばいくほど少なくなるから気を付けたほうがいいと言われました。

まだ痛いのでもう少し通いたいのですが。友達は整骨院にずっと通っていたのですが私は病院に通っていて最初にMRIも撮ったのでもっと治療費がかかってるはずなので、さらに少なくなるんでしょうか?

そういうシステムなんでしょうか?
わかりにくい文章で申し訳ありませんが教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通院すればするほど減っていくというわけではありません。
自賠責基準が通用するのは、損害額の累計が120万円までのことで、それを超えたら当然任意保険基準になります。
任意保険基準では、通院期間が長引けば長引くほど、期間あたりの慰謝料基準は少なくなっていきます。
怪我は治っていくという観点からです。
半年通院で643,000円、7か月なら706,000円、8か月で769,000円、9か月で819,000円とかいった具合に。
保険会社によりばらつきはありますが、まあどこも似たようなもんです。
半年通院で50万円はちょっと少ないですね。交渉してみる価値ありかもですね。


人気Q&Aランキング