2車線の直線道路で対向車Aが突然右折したため自車Bは急ブレーキを掛け衝突を避けたが後続車Cに追突をされてしまった。この場合の過失割合はどうなるのでしょうか。またCは急ブレーキの原因となったAに損害賠償出来るでしょうか?その場合の過失割合はどうなるのでしょうか?お教えください。なおAとB、AとCの衝突はありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

事故の過失割合というのは基本的な値がきめられており、それに修正を加えて求めます。


一般に100:0といわれるのは追突とセンターラインオーバーでの事故です。

同じ追突でも意味もなく急ブレーキを踏むと過失割合の修正でー30となり70:30になります。
しかし本件は明らかに事故回避のためですから100:0です。

A車に対しての損害賠償請求は基本的にはできません。
なぜならA車は、行った右折が不適当かどうか判断しようがないからです。
仮に交差点から50m離れていてもB車が危険と感じたらブレーキを踏みます。
しかしA車は安全と判断しており、また両者は衝突していないわけですから、A車の行為を危険(有責任)というのは難しい判断だからです。

個人的に同じような経験があります。
交差点(青信号)に入ろうとしたところ、赤で入ってきた車があったので急ブレーキ(せいぜい強めのブレーキって感じでしたが)を踏んだら追突されました。
賠償はすべて追突した方が行いました。
ちなみに赤で入ってきたのはカンカン鳴らしながらの消防車でした。
    • good
    • 0

適切な車間距離と速度を順守していれば、Cは衝突する前に止まれるはず。



と主張されると思います。

実際、
1:適切な車間距離を取り
2:法定速度「以下」で走行し
3:前方に注意義務を怠らない
これだけすれば追突事故は防げるのです。保険会社を挟んだやり取りなら、適当なところで落ち着けると思われますが、弁護士が出てきたらCが不利な立場だと思われます。Bがブレーキを踏んではいけないルールはないです。

Aに対しては法令違反があれば責任追及できると思われます。
    • good
    • 0

Cが100%。


前車が急ブレーキでもとまれるだけの車間距離をとっていなかったCが悪いことになります。

Bがブレーキかけて衝突回避できているのにCが回避できないなんてだめな運転だと言われるだけ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新幹線が急ブレーキを掛けると、

どうなりますか?270kmや300kmから
急ブレーキを掛けると人間にはどのくらいのダメージが
かかりますか?
地震とかで自動的にブレーキが掛けられるととっさなので
あぶないのではないのでしょうか?
またシートベルトがついてないのが、不思議なくらいです。

もし300kmでたった状態でいると、、、、、
(((((゜Д゜)))))ガクガクブルブル です。
お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
先日の新潟の大地震で脱線した上越新幹線「とき325号」は、地震発生時には210km/hで走行していたと言われています。

にもかかわらず、大きな怪我人が出なかったのには、橋脚が崩落しなかった、脱線の仕方が良かったなど、様々な要因があります。

では300km/hで走行するのぞみで同じ状況になったとしても、実際のところ起きてみないと分からないと思われます。

脱線や崩落などの二次災害を想定せず、ただ純粋に急ブレーキをかけて停車するまでの間は、最小のGをかけながらできる限りの最短距離で停車できるよう、コンピュータ制御で停車するようになっています。
それでも、車内には通常ではありえないGがかかるため、着席していないと怪我をする可能性は高いと考えられます。

Q相手の急な車線変更に伴う急ブレーキによる同乗者の怪我

相手の急な車線変更に伴う急ブレーキによる同乗者の怪我

片側3列の一般道路の真ん中を走行中に、相手の方が急に右側の車線から当方の車線に入ってきて、しかも
一番左側の車線に寄っていくようにして停止したため、(一番左側の車線はパーキングメータが設置しており、いわば二重縦列駐車のような状態になった)衝突回避のため慌てて急ブレーキを踏み。寸前で停止した
ものの、後列中央に座っていた子供が「飛んでくる」形で前列中央のインパネに顔を強打して、顔を怪我
してしまいました。

私のほうも子供にシートベルトをさせていなかったという落ち度はあるのですが、あまりにも急で非常識な
車線変更だったので、相手側になんらかの補償を求めることができないものかと考えております。
(相手側も車線変更の急さに関して認めていた)
先方の車のナンバー等は確認しているのですけれども、何から対応というのは可能なものなのでしょうか?
お教えいただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

>先方の車のナンバー等は確認しているのですけれども、何から対応というのは可能なものなのでしょうか?
 
相手に賠償責任を認めさせるのも可能ですが、その場合、人身事故にしなければならず、人身事故にした場合は「質問者さんが、人身事故の刑事処分・行政処分を受けることになる」のでご注意を(事故の扱いとしては「単独事故で同乗者が怪我をした場合」に該当し、同乗者の怪我の責任は運転者が負う事になるので)
 
なお、処分の内容は、以下の通り
シートベルト装着義務違反(※):1点
事故の程度:専ら以外の原因、治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故
人身付加点数:2点
刑事処分の相場:罰金刑120000~150000円
注:子供が6歳未満の場合は「チャイルドシート装着義務違反」となる。
 
そういう訳で、相手からお金を取れたとしても、自分が国家に最低12万を払わされる事になります。
 
「相手から自分が払う罰金以上の金が取れる」と言う確証が無い限り、人身事故にしない方がお得です。
 
また、警察で事故調書を取れば、
 
・子供が6歳以上の時
道路交通法第71条の3第2項
自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転席以外の乗車装置(中略)に乗車させて自動車を運転してはならない。
 
・子供が6歳未満の時
道路道交法第71条の3第4項
自動車の運転者は、幼児用補助装置(いわゆるチャイルドシート)を使用しない6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。
 
のどちらかに違反したのが明白になり、行政処分(違反点数1点)の対象になります。
 
もし、ゴールド免許所有者であれば、ゴールドが消えますし、相手に責任を認めさせてもメリットよりデメリットの方が遥かに多く、どう考えても損をします。

>先方の車のナンバー等は確認しているのですけれども、何から対応というのは可能なものなのでしょうか?
 
相手に賠償責任を認めさせるのも可能ですが、その場合、人身事故にしなければならず、人身事故にした場合は「質問者さんが、人身事故の刑事処分・行政処分を受けることになる」のでご注意を(事故の扱いとしては「単独事故で同乗者が怪我をした場合」に該当し、同乗者の怪我の責任は運転者が負う事になるので)
 
なお、処分の内容は、以下の通り
シートベルト装着義務違反(※):1点
事故の程度:専ら以...続きを読む

Qどうして、交差点を曲がる直前で急ブレーキしないといけないんでしょうか?急ブレーキすると止まってしまい

どうして、交差点を曲がる直前で急ブレーキしないといけないんでしょうか?急ブレーキすると止まってしまいます。

Aベストアンサー

「交差点を曲がる直前で急ブレーキ」なんて誰が言ってるんですかね。

急ブレーキが許されるのは突発的な場面だけです。

「交差点を曲がる」ことは通常のことですから、その時に突発的が何かが起こらない限り、急ブレーキは絶対ダメです。

その交差点を曲がりたいのなら、急ブレーキにならないように、その前までに車速は落としていなければなりません。

常識的な話なんですけどね。

Q右折車に左折車が追突事故の過失割合

先日、乗っていたバスがトラックと接触事故を起こしました。
T字路の青信号で、私が乗ったバスが右折、対向車のトラックが左折するところで、
先に右折にかかったバスの後方左側面にトラックの左前面が突っ込んだようです。
(「ようです」というのは、接触時に私は寝ていて、ぶつかった衝撃で目覚めて振り返ってみるとそういう状況だった、ということです)

このT字路は直進車が多く、普段バスが右折するには信号が黄色に変わるタイミングくらいしかないため、そのときも同じようなタイミングで右折したのだと思います。
右折車と左折車では、当然左折車が優先ですが、相当のロングボディであるバスの後部に当たっているので、トラックはバスの右折がほぼ完了した状態でよぼど無茶な左折をしてきたと予想できます。

バスの乗客は、事故車を脇に寄せて次のバスに移されたので、以後のやりとりは分からないし、バス会社に電話して顛末を聞くまでする気はないので、単に興味本位でここで質問します。
この事故の過失割合は、どのようになるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

周囲の状況にもよりますけど
http://kashitsu.e-advice.net/car-car/87.html これと同じ考えで
バス 75 トラック25から査定スタート

右折車は、特に大型車は慎重に右折せよ ということです。

Q電車は急ブレーキをすると何メートルで止まる?

よく鉄道の人身事故の報道で「急ブレーキをしたが間に合わなかった」という記事を見ます。
私鉄の特急電車の先頭車両に載って、速度メーターを見ると100kmぐらい出てるときがあります。仮に100kmで走っている特急電車が急ブレーキをすると、何メートルぐらいで停止できるのでしょうか?
もし人が線路にいることを発見したとき、急ブレーキしても間にあわない場合は乗客の身の安全を考えて急ブレーキはせずに走り抜けたりするのでしょうか。そのあたりはマニュアルはあるのでしょうか。
なんとなく前から気になっていたのでご存じの方がいましたら教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

>急ブレーキをすると、何メートルぐらいで停止できる…

非常用減速度は、4~5km/h/sぐらいと思います。

一応 4km/h/sとして、100km/hから 0km/hまで減速するのに、25秒。
この間の速度変化が直線で表されるとすれば、平均速度は、50km/h。
50km/hで 25秒間に走る距離は、357m。

運転士が危険を視認して、実際にブレーキが効き始めるまでの時間を 1秒とすれば、この間に走る距離、すなわち空走距離は、28m。

つまり、357+28=385m ぐらいは走ってしまわなければ、止まることができません。
ただし、この数字は晴天の場合で、雨や雪が降っている場合は、もっと延びます。

>急ブレーキしても間にあわない場合は乗客の身の安全を考えて急ブレーキはせずに走り抜けたり…

それはないと思います。

-----------------------------------

なお、600mで止まらなければならないのは、踏切のある普通の鉄道の場合です。
この規定から逆算して、JRの在来線では、最高速度が 130km/hに制限されています。
関西地方の「新快速」は、普通列車でありながら、130km/hの高速運転をしていることで有名です。

山形新幹線の福島以北、秋田新幹線の盛岡以北は、いずれも在来線の線路幅を広げただけで、踏切があるので、130km/hまでしか出せません。

一方、在来線でも踏切のない北越急行ほくほく線などでは、160km/hまで出しています。

>急ブレーキをすると、何メートルぐらいで停止できる…

非常用減速度は、4~5km/h/sぐらいと思います。

一応 4km/h/sとして、100km/hから 0km/hまで減速するのに、25秒。
この間の速度変化が直線で表されるとすれば、平均速度は、50km/h。
50km/hで 25秒間に走る距離は、357m。

運転士が危険を視認して、実際にブレーキが効き始めるまでの時間を 1秒とすれば、この間に走る距離、すなわち空走距離は、28m。

つまり、357+28=385m ぐらいは走ってしまわなければ、止まることができません。
ただし、...続きを読む

Q急な車線変更での交通事故の過失割合について

急な車線変更での交通事故の過失割合について

高速道路で事故に合いました。
私が追越車線を走行中、相手の方は走行車線の後方を当方より早い速度で走行。
次第に併走状態となり、先方車両前部が見えた当たりから、先方が突然に追越車線へ進入。
私はそれに気付き、すぐにブレーキを踏むと同時に右へハンドルを切りましたが、間に合わず接触。
接触箇所は先方の右側中央側面から後部にかけてと、当方左側前輪周辺です。
それを踏まえて2点相談があります。

1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。
2点目は10:0の主張は通らないでしょうか。相手の方の事故の内容に対する主張(言い分)は分からないのですが、証拠となる事実は、接触箇所が先方の右側中央側面から後部にかけてと、当方左側前輪周辺という事だけです。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。

交通事故が発生したときに言われる「過失」とは、刑法の故意・過失の理論から派生したもので、一般的には注意義務違反として、予見可能性や回避可能性を問議することになるため、質問者さんの言われる「事故を未然に防ぐ方法=過失」とはならないことがあります。

道路交通法は、あくまでも道路を走行するときに規定された基本ルールですが、道路交通法もありとあらゆるケースを想定して条文が構成されているものではありません。
一般的な車両等の通行ルールがそこに示されている以上、「自車以外の他の自動車も、ある程度は交通ルールを遵守して走行しているであろう。」と予測することは許されます。
その意味では、著しい交通違反行為を行っている車両は、他の周囲の自動車運転者にとってもそういう違法車両がいることを予測することが困難な状態になるのです。
ただし、ある程度軽微な交通違反車両が存在することは、自動車を運転する上では常識的に予見しておかなければならないと言われます。

まず第一に、質問者さんが高速道路の追越車線を走行していた理由や状況が分かりません。
高速道路は一般的に「走行車線」と「追越車線」があり、客観的に正当な理由がないまま継続して追越車線を走行し、走行車線に戻らない場合は、車両通行帯違反(道路交通法20条1項違反)になります。
この条文の考え方(条理と言います)では、一般車両は道路に車両通行帯がある場合は、一番右側の車線を追越用の車線として空けておかなければならないということになります。
本来、質問者さんが走行車線を走っていれば何の問題もないといえますが、追越車線を走行していて、後続車が質問者さんの車両に追いついた、または、追いつきそうになった場合は、基本的に質問者さんは走行車線に進路を変更して追越車線を空けなければなりません。
また、後続車は、先行車両が走行車線へ進路を変更したことを確認後に、安全に追越行為を終了して走行車線に帰る必要があるのです。
後続車から見ると質問者さんの車両は、車両通行帯違反をしている先行車両という位置づけになり、元々違法状態で走行している車両と評価されてしまうでしょう(具体的に走行車線を走行できない理由がある場合を除く)。
本来、左側追越は違反ですが、後続車は追越車線を違法な状態で走行している先行車の後方で、車間距離を取りながら追従しなければならなくなり、善し悪しは別として、左側追越という手段に出てくる可能性があることは予見できるものです。
また、速度の高い車両は、更に前方の先行車両を追越ために、左側追越を終了したら、再び追越車線に進路を変えてくる可能性もあるといえます。
こうした予見可能性があり、車両通行帯違反が質問者さんにもあるのだから、基本的に無過失ということはありません。
ただし、違反状態にある車両は、違反状態にない車両以上に高度な注意喚起が求められ、周囲の車両の動静(動き)に十分注意しなければなりません。
その場合、当然進路変更時の基本的な動作や安全確認が必要となりますが、お互いに違法走行状態にあるのであれば、特にその動静には注意すべきであるという結論になります。
一般の割り込み事故は、若干その性質を異にします。



>2点目は10:0の主張は通らないでしょうか。

結局、1点目の質問と同じ趣旨の質問です。
民事上の過失責任割合とは、発生した損害の分担を意味し、そこには民事上の「公平な負担の原則」という考え方があります。
また、進路変更事故として認定が可能か、割り込み事故と認定すべきか、追い越し事故として認定すべきか、法律的にその判断も難解な事例と考えてよいと思います。
具体的な割合は、ご自身が加入されている保険会社と十分に相談されてください。


※ 本来的に過失責任の割合を特定するためには、もっと詳細な道路状況や走行状態等が分からなければ、質問者さんの質問には回答できるものではありません。
 また、判例タイムスは裁判官を直接拘束するものではありませんが、保険会社が作成した書類ではなく、専門複数の裁判官が集まって作成している出版物で、ある程度公的にもその価値が認められています。
 このサイトには不用意な発言をする人もありますが、そうした無責任な回答に振り回されないように注意してください。

>1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。

交通事故が発生したときに言われる「過失」とは、刑法の故意・過失の理論から派生したもので、一般的には注意義務違反として、予見可能性や回避可能性を問議することになるため、質問者さんの言われる「事故を未然に防ぐ方法=過失」とはならないことがあります。

道路交通法は、あくまでも道路を走行するときに規定された基本ルールですが、道路交通法もありとあらゆるケースを想定...続きを読む

Q急ブレーキはなぜ燃費に悪いか?

エコドライビングには急発進・急ブレーキはいけないということがよく言われます。急発進はエンジンにガソリンが急に送り込まれるので燃費が悪くなるのはわかります。急ブレーキはなぜ燃費が悪くなるのでしょうか?ブレーキを踏むとバックにならないまでも、逆方向にエンジンを回転させているのでしょうか?

Aベストアンサー

だって今走っているスピードを出すのに使ったエネルギーを全部無駄にして(ブレーキの摩擦熱に変換して)、もう一度加速を始めるんだから、急ブレーキを何度も繰り返したら、その分だけエネルギーが無駄になるということですよね。

Q路駐の車に追突した場合の過失割合

停車している車に追突したら、過失割合は10対0で追突した側の過失ににると思いますが、
駐車禁止の道路の路肩に駐車している追突した場合はどちらに過失があるのでしょうか?
いつも路駐の車をすったりしないかヒヤヒヤしています。

Aベストアンサー

駐車中だから過失がないというのはひと昔前の話です。

現在の判例タイムズでは、駐停車禁止場所の場合は駐車側にも10%過失修正されます。
また視認不良の場所に駐車している場合にも10%修正されます。

夜間駐車車両に原付が衝突した事故で、駐車車両に35%過失を認めた判例もあります。

Qアメリカン(シャドウ750)で急ブレーキ、月に2度転倒

先月、シャドウ750を新車で購入しました。買って4日後に右前方を走っていたタクシーが急に車線変更をしたため急ブレーキをかけたところ転倒し16メートルも引きずられました。バイクの修理後、1週間足らずで、T字路の一時停止から出てきた車を避けるため再び急ブレーキをかけたところまた転倒しました。運転技術は「うまい」とは思っていませんが、決して「下手」でもないと思っています。現在また修理に出していますが、1か月に2度も急ブレーキで転倒となるとさずがに怖くなりもうアメリカンはやめます。750に乗っていて恥ずかしいのですが、バイクのことはあまりよくわかりません。アメリカンの大型で急ブレーキをかけると転倒しやすいのでしょうか?同じような経験をした方はいますか?私は自分の技術ではなく、バイクに問題があるような気がするのですが。

Aベストアンサー

こん**は・・・
新車を購入して運転するのには最初にバイクに慣れる事が必要ではないでしょうか
 バイクの癖(クラッチ繋がる感覚、アクセルを開けた時の出力のかかり方、ブレーキのタッチ感、カーブでの倒れこみの感覚、などなど)を慣らし運転と同時に行わなければなりません。

 慣らし運転は、バイクのメカが動かす事により、なじみが出て可動部がスムーズに動くようにする為に必要です。

 公道を走る上で、危険は付き物です。

自分が安全に走っていても、常に危険は回りに存在しています。
自分の運転技術の向上(急ブレーキを掛けた時、タイヤをロックさせない)は当たり前ですが、急ブレーキを掛けなくても良い走り方を心がける、危険予知が必要です。
 自分の周りの状況判断を的確にし、危険な物には近づかない。
  後続車が車間距離を詰めてきたら、先に行かせる
  初心者マーク、県外ナンバーには近づかない

 自分の存在を回りに分かりやすくする
  前走車の死角に入らない
  視認性の良い服装を心がける

最後に、市場に出ているバイクが悪いのなら、そのバイクは、市場から無くなるはずです。
バイクと言う道具を扱うのは、人間です。
使い方を間違えれば良い道具でも役立たずになります。

初心わするべからず・・・自動車学校の講習を思い出してください・・・そして、楽しいバイクライフを過ごせることを願っています。
  

こん**は・・・
新車を購入して運転するのには最初にバイクに慣れる事が必要ではないでしょうか
 バイクの癖(クラッチ繋がる感覚、アクセルを開けた時の出力のかかり方、ブレーキのタッチ感、カーブでの倒れこみの感覚、などなど)を慣らし運転と同時に行わなければなりません。

 慣らし運転は、バイクのメカが動かす事により、なじみが出て可動部がスムーズに動くようにする為に必要です。

 公道を走る上で、危険は付き物です。

自分が安全に走っていても、常に危険は回りに存在しています。
自...続きを読む

Q追突事故は追突した方が過失100%?

赤信号停止中に後ろから追突されました。警察と保険会社には報告済みです。加害者のお年寄りは私に「いや~すいません、赤信号わかってたんだよ、ブレーキ踏んだけどスリップして」と言いましたが、その日のうちに相手側の保険会社から電話が来ましたが「青信号だから進んだらスリップして追突したという事で」と言いました。私は「違いますよ赤信号停止中ですよ」と反論したら、「そうでしたか申し訳ありません」と言いました。加害者は私に言った事と違い保険会社には嘘を言ったようですが。この場合でも追突した加害者側が100%悪いという事になりますか?

Aベストアンサー

信号の青・赤に関係なく、止まっているあなたの車に追突したのであれば100%相手が悪いです。


人気Q&Aランキング