『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

タイトルのとおりです。
物心ついたころから太っていた母……昔の写真を見るととても細いので、
出産と年齢による肥満だと思いますが、自身の体系のことを気にしているのでなんとかしたいです。

本人もこれまでダイエットを試みてきましたが、その内容は野菜スープダイエットや
置き換えダイエットなど、食事制限によるものでした。今はリバウンドしています。
アブトロニックなど器具に頼った事もありましたが、効果なく…というか、仕事と家事でできていないようです。
運動は足腰が弱いのと、寝ているだけで腰が痛いというので強要できません。
リバウンドが怖くてもういやだ、と言っている母のために成功させてあげたいです。
50代のダイエットで、健康的でかつ効果のある方法を教えてください。

若い自分のことでしたら適度に断食取り入れたり筋トレしたり夜食べなかったりして調整取れますが、
なんといっても高齢で健康第一優先の母です。
娘の私ができる範囲なら全力で御手伝いして、自身の体系で落ち込む母を変えてあげたいので
ダイエット方法をご教授ください。恐れ入りますが実際の体験談以外はご遠慮ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No.5です。

お礼いただいたので何点か補足。

1.あなたのお母さんはご自分ではご自分のことを本当に高齢だなんて思っていないと思いますよ。自分が高齢だなんて思っていたら自分の体型のことなんか気にしないはずですから。ただ若さに自信を失いつつあるところ、という状況かなとは思います。

ここで運動習慣を身につけて、ウェイトコントロールにも成功したら自信を取り戻せると思うのですよね。運動し始めると筋力も相応に回復するので、足腰が痛いというのはふっとびます。

2.もしあなたのお母さんが「よし少し頑張って痩せてみよう」と思ったのならば、是非とも次の事をお伝えください。まずダイエットってある時期だけ頑張ればいい、というものではないということ。ダイエットは生活改善なんです。終わりがないんですよ。体重を落としてダイエットに成功したと勘違いし、生活を元に戻してしまえば、当然リバウンドします。

そうではないんです。体重を落とした後もずっとその生活を続けることが重要なんですよ。だから体重を落とした後もずっと続けられるような緩やかな運動や緩やかな食事制限でなければダメなんです。リバウンドが怖くていやだ、というのは残念ながら、お母さんのウェイトコントロールに対する理解が誤っていることを表していると思いました。リバウンドしないダイエット法、ウェイトコントロール法はあるんです。
ただし体重を落とすことよりも維持する方が難しいです。だからこそ維持することを最初から念頭において緩やかな減量をするのです。

3.野菜鍋の話ですが、自分の知り合いのその後についてはフォローしていませんでした。今度会ったらフォローしてみます。でもその人糖尿病を患っていますから、もともと食べる物に制限があるはずで、ずうっと何かしらの努力を続けないと聞いています。
お母さんの場合も同じです。2.で述べたように痩せた後も野菜鍋続けてください。ダイエットはやめたときから失敗が始まります。逆にいえばやめなければ決して失敗することがないんですよ。

頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足をありがとうございます。
一度呼んでベストアンサーに相応しいと思いましたので、
あなたのコメントに差し上げたいと思います。

1,2,3どれもおっしゃるとおりです。

母はまだまだ50代、という意識があるからこそ痩せたいんですもんね。逆転の発想でした。

そしてダイエットは短期間頑張ることではなく、生活習慣を変えること。
これが目からウロコでした。よくよく考えれば生活を戻せば体系も戻る、当然です。
なのにどうにも短期間に結果を求めがちでした。
維持が大変だからこそ緩やかな減量を。まさにその通りですね。
これまでスローペースの減量に対する理由があまりピンとこなかったのですが、
まさにぴったりな理由です。素晴らしい。
私も食べ過ぎた時などちょこちょこ修正してはいますが(今のところ)
暴飲暴食の不規則な生活へ戻りがちでした。生活習慣を変えればいい、そう思うと続けられそうです。

鍋ダイエットのような減量は確かに効果的です。
それに併せて効果的なウェイトコントロールも探して行きたいと思います。
ウォーキングも踏み台も食事方法も、何事も続ける。ダイエットではなく生活習慣の見直し。
当たり前で大切なことですね。
実にスマートな回答でした。ベストアンサーにさせていただきます。

他の方もありがとうございました。母に健康的に痩せてもらいます!

お礼日時:2012/02/12 00:06

50歳を過ぎた高齢者ではダイエットは大変なものです。


体重が減っても体脂肪は減らないし皮も余るしで、美しい成功にはたどり着けません。

でも本人が心底痩せたいと思ってその辛さを耐えられるなら体重減少は不可能ではありません。
ただ、本人が辛い思いをするなら太って早死にするほうがましと考えているなら絶対不可能です。

お母さんはその覚悟があるのでしょうか。
あなたにどんなにやる気があっても本人の意思を確認しないことにはなんともできませんよ。

娘のあなたがなんでもやれるなら、お母さんと同じようにカロリーを制限したものを食べて2人で空腹を共有しながら耐えたり、どんなに忙しい日でも一緒にウォーキングに行ったりすれば、お母さんの苦痛を少し軽減できるかもしれません。

逆にあなたが日々の忙しさを言い訳に苦痛を共有できないなら、あなたのこの質問はただの偽善です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私の数ある座右の銘のひとつは、やらない偽善よりやる偽善です。
偽善であるか否かは今どうでもいいことです。
母に痩せて喜んで欲しい、一緒に何かしてあげたい。
そんな想いの最初のアクションがこの質問ですから、偽善であればどうこう、でなければ云々、
とはナンセンスですし、更に言うと私の質問の答えにもなっていません。

ですがあなたが言うように本人が意思を変えなければ成功などできません。
何度かのリバウンドで卑屈になってしまっていると思うんです。
私はそのアドバイスをできる環境にいるわけですから、もちろん私もダイエットの苦痛を
共有していきたいと思っています。

一緒にウォーキングはやはりよさそうですね。
大好きな感触も一緒に我慢して、ヘルシーなお菓子作りなんてしたら空腹が紛れそう。
さっそく試してみますよ!

お礼日時:2012/02/11 13:18

方法と言うより、実体験の話としてお母様にお話していただけると幸いです。



アタシの母親も肥満体型で、やはり昔はそれなりに細く、キレイでした。
でも、アタシが知っている母親はず~っと太っていました。肥満どころではありません。超肥満です。

仕事や家事、育児…色んなストレスをきっと抱え、それを食欲で満たしていたんだと思います。

でも、アタシが高校生位の時、病で入院することになりました。
病名はそう、糖尿病です。

アタシの母親はタバコもビールも飲まないので、とにかく抑えるべきところは間食、普段の食事量でした。
数か月の入院で15キロ程減量して帰ってきましたが、まだ減らさなければいけないと言う事で、カロリー、量を管理する、食事制限を徹底していました。

病気の前兆で膝に水が溜まりやすくなり、歳も歳なのと過度な運動は身体の負担になるためできないと言う事で、ウォーキングという運動をを選びました。

その甲斐あって、標準体重より4キロ程少ない体重まで落とす事ができました。
でも、運動もウォーキングだけなので、身体のバランスは悪かったです。

今、7~8年経ち、少し体重は増えていますが、数値が安定しているので、現状キープをすることで、普通の生活を送っています。薬の量もかなり減ったみたいですし、注射も打っていません。

でも、糖尿病は完治しない病気といわれています。ここまで徹底した母親でも、死ぬまで一生薬の飲み続けなければいけないらしいです。

これは、どうやらかなり優秀な例で、糖尿病患者の方のほとんどは結局、禁煙禁酒からできず、タバコお酒を飲んで、数値を安定させるためだけに薬を飲んでいるような状態らしいです。

ただ体重を落とすためではなく、病気を予防するうえでやはりダイエットは必要だと思います。それをお母様には分かってもらいたいです。
ちなみに、アタシの母親が病気になったのは50代も後半です。

あなたがどこまでできるのか分かりませんが、同居しているなら食事の管理くらいはしてあげられるといいと思います。

お母様には意識を変えていただく。結局は周りが言っても本人にやる気がなければ、ダイエットは進みません。
リバウンドしたくないからダイエットをやらないではなく、今度はリバウンドをしないために、これから先一生続ける気持ちでできる内容をするんです。

長々と書いてしまいましたが、アタシの母親が今でも続けている事で、アタシが把握している事を書いておきます。

まず、食事制限。これは今でも続けているようで、一緒に外食をしてる限りでは出されたものの半分しか手を出しません。カロリーの分からないものはそうしているそうです。
家で食べる時はバランスよく、質素な食生活。ご飯の量も今では量っていないですが、大体130グラム位を目安に食べていた気がします。(量に関しては、ごめんなさい、調べてください。)

間食は病気をして、1~2年程は絶っていましたが、最近は一口で終わらせるとか半分とかとにかく全量は食べないように気をつけ、食べたかな?って思った時は、次の食事量を減らしていました。
例えば、10時位におまんじゅうを半分程食べたら、お昼には「さっき間食したから」といつもよりご飯の量を減らしていました。

運動は病気当初は習慣化するために10時には散歩に行くといって、でかけていき、12時くらいに帰ってくる。それをずっと続けていました。
今はそこまできっかりとはいかなくても、午前中散歩に行く事だけはやめていないようです。
天候が悪い日は家でバイクをやる時もありますし、座ると間食したくなるらしいのでなるべく座らない様に掃除したりと動き続けていました。
その内、趣味に没頭するようになり、座っても食欲に気が向かないように工夫しています。

あなたのお母様がアタシの母親の話を聞いて、気持ちが変わってくれる事を陰ながらに願っています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

とても丁寧なメッセージありがとうございます。
これはぜひ母に伝えたいと思います。

母が入院なんてしたら私は発狂しそうです。そんな風にならないよう
一緒に食べるものをきちんと考えて健康を維持してあげます。頑張ります。
甘いものが大好きなので間食はよくしています。それを指摘すると猛反発されるので
(記録でもして証拠をつきつければ事実は明らかになるでしょうが)
自分の母親に自尊心を傷つけるような言い方はしたくないので、一緒にいるあいだは
気をつけてあげたいと思います。

掃除はいいですね。
仕事をふたつしていることもあり、掃除が得意じゃないのもあり、手がまわっていない
家の中を掃除して、小さい運動を増やして言ってあげようと思います。
お手伝いすると一緒にやろうと喜ぶので、やはり私のサポートも必要ですね。

ありがとうございました。
最後に、あなたのお母様が長生きして健康でいられますよう、私もお祈りします。

お礼日時:2012/02/11 13:07

現在の日本女性の平均寿命は86歳にも達するのだとか。

50歳なんてようやくその半分を過ぎたところじゃないですか。高齢なんてとんでもない。まず質問者であるアナタの認識を改めてください。50歳以上の人たちもこの質問を閲覧していて、高齢者なんていわれて憤慨しているかもしれませんよ。

さて、痩せる・痩せないは個人的なことなんです。家族がいくら口を出してもこればかりはダメです。だって頑張るのは本人ですから。本人がやる気を出さないとゼツタイにだめ。どんなに身震いするような素晴らしいアドバイスをあなたにしても全くの無意味。

あなたがお母さんにしてあげられるのは、そうだな、例えば事アルごとに外出をしようとお母さんを誘ってあげて、歩くことに少しずつ慣れさせていってはどうですか。一人では嫌がってしない運動でも、他の人とおしゃべりしながらだと続くことはよくあります。そして長い距離を歩いたら地図をいっしょに見て、歩いたコースを復習し達成感を共有する。自分はまだまだ結構長く歩けるんだということを自覚させてあげれば、歩くことが苦痛ではなくなると思うんですね。

腰が痛いと泣き言をいうなら、例えばウォーキング用のストックを持たせてあげて姿勢よくウォーキングする手もあります。

それから食事ね。これが一番重要。太っているということは食べるの大好きなんですよ。運動しないくせに食べ過ぎるから太る。だから食べ過ぎをやめさせないとどうにもならない。野菜きのこ鍋なんかどうですかね。肉や魚はなし。具は野菜とキノコだけ。ボクの知り合いでやっぱり50代の人がこれを毎晩食べて5kg体重を落としたと嬉しそうに話していました。

あとは間食しないように注意してあげる。小腹が空いて間食したくなったら散歩に誘ってあげましょう。身体を動かすと空腹感が和らぎます。

いきなりは無理だけど、ちょっとずつ成功体験を積み重ねていって意識を改革して行ってあげればまだまだ遅くない。高齢者じゃないんだから。

ということで頑張ってください。お母さんの末永い健康を祈りしております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに高齢者というにはまだまだだったかもしれませんね。
自分が若いということもあってついついそんな見方をしてしまいました。
50代なんてまだまだ若い、という意識を私にも母にも植え付けようと思います。
私も50代になりますのでね。

鍋はいいですね、でも5キロ落とされた方は維持できていますか?
というのも、母もトマトと野菜のスープを毎晩食べて、同じように5キロ痩せましたが
仕事が忙しくなり、食べなくなったとたんリバウンドしたからです。
食事だけのアプローチでは難しいのかなあと思ったのです。
歩くのはやはり大事なんですね。私も普段まったく歩かないので一緒に運動するつもりで
買い物の散歩からはじめて徐々に運動に慣れてもらえたらいいです。

母への健康をお祈りくださってありがとうございます。頑張りますね。

お礼日時:2012/02/11 13:01

五十代半ばの男から申し上げます。


No.3の方の回答に、大きく同調します。

躰を休めて痛みがなかったりすることが、健康といえるのでしょうか。
いえ、現状は寝ているだけで腰が痛いという憂うべき状況です。
間違った痩身法が生んだ悲劇的状況です。
一刻も早く、躰を動かすことを始めなくてはならない状況です。
ダイエットと言う言葉は食事制限を意味し、決して健康な人が行ってはいけないものです。
No.1の方がおっしゃるように、食事の質や総カロリー量を検討し適正な物にするくらいのことが
せいぜい許される範囲です。
バナナだけを食べるだの、スープでお腹を膨らませるだなんて、おおよそ生命体にとって害ばかりの行動です。
そのために起こる飢餓感から、食欲が増す。あるいはインシュリンの増加(飢餓状態においては、躰は必要以上に体内にエネルギーを脂肪という形で蓄えようとし、インシュリンの量が増します。)により脂肪として蓄えられる物が増えてしまう。
筋肉量低下に伴い、基礎代謝を損ない余剰のカロリーが生じ、結果として脂肪が増える。
今日、巷でもてはやされている、ダイエットという横文字によって飾られた自身の身体を損なう行為をお止めください。
そして、少しずつで結構です、今日より明日、今週より来週とエクササイス(運動)量を増やす行為をお勧め下さい。

私が昨年夏、自身の体で体現していることですが、運動を楽しんで行うことによって体重減、疲れにくくなる、たくさんの
恩恵を受けることとなり、そのことによってさらにエクササイスすることの励みになります。
当初は少々辛いかも知れませんが、励まして差し上げ続けてもらってください。
腰の痛みも解消され、幾分でも体重が減ることでさらに励みになり、一気に健康体へ戻れることでしょう。

脈拍を時々測定しながら歩きましょう。脈拍は180-年齢で計算された数字を越さぬよう、その数字から-10までの範囲に維持しながら
歩いてください。
お母様の年齢ですと130~120までの範囲になります。ときどき脈を計測してその範囲にあることを確かめながら、運動してください。
そうすることで一番脂肪燃焼が促されます。
もちろん、その範囲でない行動であっても、脂肪は燃えます。
お洗濯、掃除機掛け、お料理の時であっても。
しかし、普段の生活行為では多くの場合、その数字の範囲にありません。
掃除や物干しと言った行動では、多くの時間その数字を上回ってしまうのです。
調理の時などは、その数字に至らぬ場合が多かろうと思います。

この範囲を感覚的に捉えると、息が弾まない程度の運動と言われております。
息が弾むほど強い運動ですと、体脂肪は燃えにくい上、疲れにくい体にもなかなかなってきません。
この範囲の運動こそが、毛細血管量を増やしさらに脂肪が燃えやすい躰になります。
津AKレにくいからだとは、脂肪を燃やしながら動く体です。
血液中のグリコーゲンは、食後一気に増え徐々に減っていきます。
この強さを超える運動をすると、グリコーゲンに頼った運動になるため、グリコーゲンが尽きたところでお腹が減り、著しい倦怠感に見舞われます。

この程度の強さでの一時間の運動で、300kcalていどの運動になり、おおよそその半分が脂肪燃焼、残りの半分は血液中のグリコーゲンによってまかなわれます。
脂肪は1グラムで7kcal少々の熱量を持っておりますので、一時間のウォーキングで約20グラム程度減るわけですね。

徐々に歩く時間を増やし、30分程度歩けるようにおなりになれば、次は少々の筋力トレーニングも取り入れましょう。
筋力トレーニングを行った後ウォーキングすることで、筋力トレーニングによる筋肉のわずかな損傷を繕うべく成長ホルモンが発生し、それによりウォーキング中に燃える脂肪量がさらに増えると言われております。
加えて、ウォーキング後になさる食後血液中を流れるインシュリン量も減ることで、脂肪として蓄えられるカロリーも少なくなります。
美しい躰でいましょう、っとお話しください。

私は、死ぬまで三十代くらいの躰を維持したいと、自分に話しかけます。
とっても楽しく歩けますよ。

昨年の夏と申しましたが、その時期時間も取れたこともあり積極的に運動することで、約6~7kg減量を致しました。
秋口に食欲も増し、さらには運動する時間も取りにくくなり、今現在その当時に比べ4~5kg増えております。
しかし、まるで悲観などしておりません。
事実、私の体脂肪率は増えたとは申せ15%程度でありますし、4月か5月になって、時間が出来ればまた積極的に歩き、走りし、一月もあれば元に戻す自信があるからです。

先に申したとおり、疲れにくい体になっており、一時間程度のウォークなら時間さえあればの話ですが日に二回だってやれる躰になっているからです。
不健康に老いるより、若々しい躰で生き生きと暮らしましょう。
美しく歳を取りましょう。そうお話ください。
そして、これを再度断言しておきます。
食事制限など、絶対なさってはいけません。食事制限など、体の良いゆっくり目の自殺行為です、と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり具体的に、かつ丁寧なアドバイスありがとうございました。
ご本人の体験談とあってとても参考になります。

そうなんです。食事をセーブしてもちっとも楽しくないですし
痩せる事=苦痛という方程式になっているのが残念なことだと思います。
本来食事も楽しく健康的に、そして運動も同じく楽しめれば最高だと思います。
母は車を運転するので、それもまた歩かない要因でしょう。
今度旅行に行く計画をたてていて、ちょっとした散歩なんかすれば歩く楽しさを
見つけられるような気がします。一緒に歩いてコミュニケーションとれますしね。

また、あなたは考え方がとてもポジティブで前向きですね。
そのように何事も捉える事が出来るのはとても尊敬します。
>私は、死ぬまで三十代くらいの躰を維持したいと、自分に話しかけます。
とっても楽しく歩けますよ。
この言葉は私にもかなり心に響きます。母の健康を考えながら長生きできるように
私も一緒にいるうちはサポートできたらいいなあと思えました。

そもそも母と娘で時間をとるのがあまりないような気もします。
さっそく散歩にさって、ヘルシーな晩御飯の買い出しにでも出かけてきますよ。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/11 12:43

・・・50代でそんなでは先が思いやられますね。


高齢? 50代は高齢ではないでしょう。
運動しないツケは本人だけでなく、家族であるあなたにも負担がかかると思いますよ。

うちの母も同じです。。もう60代ですがね。
とにかく歩かない。
知り合いの60代の女性は、とにかく歩くので山登りもなんのその。

70代で何か特別な病気出ない限り、寝たきりや車いす生活になられたらたまったものではありません。

本当に歩けないのでしょうか?
歩かなければ歩かないほど、体は恐ろしい勢いで衰えて行きます。

これも習慣の問題なんだと思います。
常日頃から歩く習慣がある人は、50代でそんなにはなりません(うちの母もですが)。


ダイエットよりも健康の事を考えたら運動させたほういいですよ。
結局、あなたが悲惨な目に遭うだけですから。

水中ウォーキングなら足腰の負担もかなり和らぎます。
もっとも本人はうちの母同様やりたがらないでしょうけどね。

習慣的に運動をしないとこうなってしまうんです。
体重がどうのではなく、緊急課題だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水中ウォーキングはいいとよく聞きますね。
私も前に誘ってみたのですが、こんな身体を人様に晒すのがいやだと
つっぱねられてしまいました。同じ女なのでその気持ちはよくわかります。
運動は大事ですよね、ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/11 12:37

私は40歳男性です。


私の場合は…。
間食はガムを噛んで我慢して下さい。
特にキシリトールのガム。
キシリトールの成分が腸内を刺激し、お通じがよくなります。
あまり噛み過ぎると下痢になりますので気を付けて下さい。
太りにくい食べ方があります。
まずサラダを平らげます。
きんぴらごぼうがあると更にいいです。
(食物繊維が多いですし、満腹感を得る事が出来ます)
次にメインディッシュ(たんぱく質)を食べます。
最後に白米(炭水化物)を食べます。
私は運動をしていませんが体重は半年で5kg落ちました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

半年に五キロとは、理想的な痩せ方ですね。
母もついつい一カ月以内に何キロかの効果を欲しがるところがあるので
ゆっくりと痩せていくことを提案したいです。

食べる順番ですね。
母は(私もですが)先にメインディッシュに手をつけてしまいがちです。
サラダは食卓に出る回数が物凄く少ないことを思い出しました。
間食も実に多い!生きているうちはおいしいものを食べてほしい、と思い
本人が好きなお菓子をよく買っていたのでそれをやめなくてはいけないですね。
ガムは私も試せそうでいいですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/11 12:35

こんにちは。


私は50代♀、一昨年、10ヶ月くらいかけて10キロ減量しました。
いまもほとんどリバウンドしていません・・・

ダイエットをしようかなぁと思ってから実行したことをお教えします。

・一番は「自分で本当に痩せよう・・・」と思う事です、まずはこの確認をします。
・目的は痩せることであって、体重を減らすことではない事を理解する。
・周りの痩せた人を思い浮かべて、自分ばっかり太っている訳にはいかない・・・心に誓う。

私がやった事
 ・朝ドラを見る時間の間だけ(15分)TV見ながら踏み台上り下り
  無理をしないで良いのです、初めは和室との境の敷居でしたので6センチほどでした
  3ヶ月くらいして、20センチ位の踏み台に変えました(楽になってきたので)

 ・体重は計らない
  目的は体重では無いし、100や200gでやる気をなくすのが嫌だから。
  その代りきつくてぎりぎり・・・のズボンJパンを毎朝履いてみます。
  ボーダーパンツと呼んでいました。

 ・揚げものやラーメン、スパゲティ、カレー、ピザ…高カロリー食は我慢しましたが、
  たまに付き合いで食べたりした時は、自分に「美味しかったね!」と食べた事を
  忘れない様に言い聞かせ、又ダイエットを続けます。

 ・おやつや食事・・・一食後に回そう!と楽しみを後回しにします。
  その時は、夜だったら「明日の朝、きっとJパンがはけている・・・」などと明日を楽しみにする。
 ・幸い野菜やキノコ、こんにゃくが大好きだったので、夜は好きなだけそれらを食べました。
  体重で考えると、食べた時など増えてしまうのですが、体重は計らないので気が楽。
 ・歩く時はたとえゆっくりでも、一歩を今までより手のひら一個分大股にして歩く。
  犬の散歩がありましたので、30分ほど・・・10分でも身体が熱くなってくる歩き方です。

 ・仕事先や家事の時、立っている時はさりげなく(ほんの少し上げるだけ)片足立ちやつま先立ちをしている。
  疲れるほど長く無くても良いのです、ふらつくのをちょっとこらえるだけで筋肉を使いますので
  インナーマッスルが鍛えられてきます。

ちょっと心がけているだけで、きつかったパンツが履けるようになります。
それが励みになって、次の目標パンツを決めます・・・
結果が人に見えてくるのは4カ月くらいしてからですが、人知れず細くなってくることが
又励みになりますので、くれぐれも早い結果を求めない事!
こうして10ヶ月もしたら、ワンサイズダウンしています!
ダイエットはつらいと思ったら絶対続かないし、リバウンドします、
ひそかに痩せる事は楽しい!

ダイエット食品や、器具を買うと、買った時にすでに半分達成した気になってしまうのです。
普段の心がけダイエットとして、ぜひ実行してみてください。
10ヶ月後は・・・(^_-)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

具体的な体験談をありがとうございます!
踏み台上り下りは母がテレビで見たようで、気になっていました。
母はドラマ見るの好きなので、すすめてみます。私も一緒にやってモチベーション
あがるようにしたいです。
それにしても、母と同い年でとても努力されていますね。
母はスリーエルなことを悩んでいるようなので、同じ女としてかわいそうです。
体重計はしょっちゅうのっているので、ちょっと隠しておきます。
ありがとうございました!

お礼日時:2012/02/11 12:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 糖尿病の基礎的理解<代謝異常で起こる病気>の症状や原因・診断と治療方法

    糖尿病の基礎的理解とはどんな病気か  糖尿病はインスリン作用の不足に基づく慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。健常者では、空腹時の血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)は110mgdl以下であり、食事をして血糖値が上昇しても、膵臓(すいぞう)のβ(ベータ)細胞からインスリンが分泌され2時間もすると空腹時のレベルに戻ります。インスリン分泌低下あるいはインスリン抵抗性を来すと、食後の血糖値が上昇し、次第に空腹時の...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50才でダイエット成功した方

こんにちは。私は50才なのですが 若い時にくらべて同じことをしてもダイエットできません
成功した方がいたら参考にしたいなぁと思っています
よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたが痩せられないのは年齢のせいではありません。

食事量は変えられないわ、ビールは止められないわ、では年齢に関わらず痩せられませんから。
まずその前提をやめないとどうにもなりませんよ。

ちなみに運動だけではほぼ痩せることは無理です。運動すればカロリー消費できますけど、身体は消費したカロリーの分だけ取り戻そうとして食欲増進します。運動して痩せてしまっては困るからです。
その結果ついつい食べ過ぎます。場合に依ると消費したカロリー以上に摂取カロリーが増えてしまうことすらあります。

痩せたいなら基本は食事制限。運動は食事制限のプラスアルファと捉えるべきです。

Q老人のお腹の脂肪

父(80歳)ですが、身長も高くなく、太ってもいないのに
お腹周りに異常に脂肪がつき1メートル近いらしいのです。
多分その脂肪の原因は揚げ物好きと甘い物好きが原因だと思います。
本人も気にしています。
最近はお酒もほんの少し、ご飯の量も人並みだと思います。
間食も控えているようです。
その上、お昼ごはんを抜こうと考えているらしく、
それでイライラして母を困らせているらしいです。
運動の方は足が衰えてきているので、
ほんの短い距離歩くぐらいです。

色々ダイエット方法はありますが、
老人向けのものもあるのでしょうか。
運動・食事どちらでも結構です。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

男性肥満の胴が太く、手足が普通のリンゴ型肥満でしょうか。

無理な減量は、寿命を縮めます。おいしく食べて痩せたいものです。

体重計を脱衣場において、毎日計測して、グラフに書き込むというのは如何でしょうか。まずあなたが書いて、記入はお父さんにしてもらえばよいですね。

身長に対する標準体重の線もいれておけば、どのくらいの肥満状態か、わかりやすくなります。長い目で見れば、努力の結果がわかります。

減量には、揚げ物と甘いものとお酒を控えることが必須ですが、自身でお菜を買いに行ってもらえば、食事と健康への理解が高まることが期待できると思います。

多くのお菜を見れば、糖質、タンパク質、脂肪の知識が少しづつ増え、バランスの良い、減量に有効な食品を買うようになることも期待できます。

Q高齢者のダイエット器具について

僕の祖母(65才)は 身長155cm 体重60数キロ です。
あまり健康的とは言えない体重なので、ダイエットをして長生きしてもらいたいです。
祖母は食べることが趣味なので、きつい食事制限はなるべくさせたくないし、続かないと思います。
そこで祖母の誕生日に ダイエット器具をプレゼントして それをきっかけに健康的に減量してもらいたいと思っています。 予算としては学生なのであまり多くはありませんが、2万円くらいまでならがんばれます。
高齢者でも使えるおすすめの運動器具はありますか?
食事制限も必要なことはわかりますが、その前に祖母のダイエットのきっかけ作りに役立ちそうなものがあればいいなと思っています。
長文で申し訳ありませんが、回答いただけたら幸いですm(__)m

Aベストアンサー

>あまり健康的とは言えない体重なので、ダイエットをして長生きしてもらいたいです。

痩せている=健康、 太っている=不健康と考えている人が非常に多いですが、こと老人に関しては
そうではありません。太っているのは、いろんな栄養をしっかり摂れているという証でもあり、
痩せた老人は低栄養であると言えます。
実際、痩せた老人より、太り気味の老人の方が長生きすることもはっきりしています。
質問者さんのおばあさまは今太っているそうですが、血圧や血液検査でわかる事柄で何か問題点を指摘されたことが
あるのでしょうか?これらで問題があるならば改善する必要がありますが、そうでなければ、無理に痩せる必要は
ありません。
地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センターのサイトを参照してください。

http://www.tmghig.jp/J_TMIG/topics/topics_201502.html

歳をとると、楽しみが減ってきます。その中で食べることは非常に大きな楽しみの一つです。
おばあさまから折角の楽しみを奪わないようにしましょう。

>祖母の誕生日に ダイエット器具をプレゼントして それをきっかけに健康的に減量してもらいたいと思っています。

無理に痩せることは健康のためになりませんが、運動をすることは健康増進に役立ちます。
従って、とりあえず「減量」は考えないでください。そこで、プレゼントしたい器具とのことですが
それよりも、おばあさまの大好きな食べ物をプレゼントなさってはいかがですか。食べることの好きな
おばあさまなら、大喜びだと思います。

老人が運動をするためには器具は必要ありません。ただ歩くだけで結構です。
特別な歩き方も必要ありません。普通に歩けば良いのです。
1日1万歩を目標に歩くのが良いでしょう。
そのための万歩計なら良いと思います。(万歩計なら1000円でお釣りの来るものもあります)

それにしてもおばあちゃん孝行な方ですね。私はうらやましいです。

>あまり健康的とは言えない体重なので、ダイエットをして長生きしてもらいたいです。

痩せている=健康、 太っている=不健康と考えている人が非常に多いですが、こと老人に関しては
そうではありません。太っているのは、いろんな栄養をしっかり摂れているという証でもあり、
痩せた老人は低栄養であると言えます。
実際、痩せた老人より、太り気味の老人の方が長生きすることもはっきりしています。
質問者さんのおばあさまは今太っているそうですが、血圧や血液検査でわかる事柄で何か問題点を指摘されたこと...続きを読む

Q84才の父が食事を食べなくて衰弱する一方

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エンシュアという液体栄養物質も嫌がって口にしませんし・・。
父親が言うには、圧迫感があるというのです。
それだけで、食欲は無くなるものなのでしょうか?

聞くところによると、老衰の症状として、衰弱と食欲の減退から食事を取られなくなり、更に衰弱が進行し、死に至るケースが老衰であるという考えがありますが、どうなのでしょうか?(このケースは老衰によるものなのでしょうか)

医師も初めてのケースらしく戸惑っております。(処置する方法が見つからない) 頑なにここまで食事を拒むケースは見たことが無いようです。精神面からアプローチすべきか?  老人性痴呆を疑ってみるほうが良いのでしょうか?医師も病院を出て行ってほしがります。正直この状態で出て行けば、必ず死が目の前です。

身体は、がりがりで、生きているのが不思議な状態です。栄養経路を断絶し、このまま、家で見取って最後を迎える方が本人の為なのか、わかりません。

どうぞ、お知恵をお貸しください。

父(84歳)が、この前の暑さでまいってしまったのか、食事を受け付けなくなり、一切食事を拒否します。意識はしっかりしていますが、しんどい様子で眠っている時間が多いようです。
医師に相談すると、食事をとらないほかにも、点滴もしても10分と長続きしなくて(自分で抜いてしまう)もうやめてしまったと言いましたので、当方がべったり付き添いで見守っていた所2本まで点滴が入りました。多少安心しました。(私が居なくなるとまただめかもしれません)
老人が食事を取らなくなる理由は何なんでしょうか?エ...続きを読む

Aベストアンサー

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに肉や皮が盛り上がって外部と胃の内部が栓付きチューブでつながった状態になって内出血も無ければ10日~2週間位後(はっきり覚えていない)包帯をとって退院OKがでて、ホームへ一ヶ月以内に戻れました。
医療や介護が家族でできない以上、他人の医師や看護婦や介護士に任せるしかありません。できるだけ頼み込んで要望を入れてしまうしか無いですね。腹を立てていてもお父上の飢餓状態と命の危険が進むだけです。飢餓状態になると脳に十分なブドウ糖や酸素や血流量が確保されずお父上の正常な脳機能(判断能力)が無くなってしまい、栄養失調状態が続けば脳萎縮などが進行して痴呆が進行しないとも限りませんので、まず飢餓状態から脱出するために、早急な胃ロウ手術が必須となります。できるだけお父上の手術に絶えるだけの体力があるうちに手術をされた方がいいと思います。僕の母の場合が、手術病院から胃腸科医院に迎えにきてもらい、手術に耐えるだけの体力を確認して1~2日経過を見てから手術を行いました。
貴方のお父上の場合、お父上の体力があるうちに、胃ロウ手術をされた方がいいような気がします。精神科の治療は時間がかかりますし、飢餓状態が続くほど脳も萎縮して痴呆が進むのではと思います。
精神科は元気で十分な体力と痴呆もなくまともに精神科医師との会話が成立することが前提で、治療に半年以上かかるかと思います。その前に飢餓状態が進めば、命が危なくなってしまう恐れが十分あります。
飢餓状態を回復するには、精神科より、栄養を確保するための便法としての胃ロウ手術の方が良いかと思います。飢餓状態になるとお父上がまともに意思表示さえできなくなってうつろな状態になって、精神科どころでないと思います。
まず、生命を維持できるだけの栄養を身体に取り込むことが必須だと思います。精神科が必要なら命の危機がなくなったそのあとでよいのではないでしょうか?
胃ロウの手術できる病院の医師に一度お会いになって説明を受けたり、手術概要を書いたパンフレット(説明書)を貰ってこられたら如何でしょうか?

僕の母は胃腸科の入院で点滴の限界を医師から告げられ、飢餓状態で命も危なく(飢餓と発熱)当院では手に負えないこと、そして胃ロウ手術の実績のある医師のいる救急病院の紹介をされ、待ったなしで父と僕の兄弟姉妹で相談して胃ロウ手術のできる病院に入院し、手術の内容と過去の手術実績、成功率の説明(インフォームドコンセプト)をうけ、手術承認書を書いて、手術室控え室の隣(カーテンを引いただけ)の手術室で手術をして貰いました。父、僕、妹が隣で手術が終わるのを待ちました。手術後は胃ロウの回りに...続きを読む

Q痩せている人の食事量

一般に、「痩せの大食い」と言われる人達以外は、痩せている人は、やはり食事量が少ないと思います。

私が知っている小柄でとても細い女性は、間食もするけれど食事量が少ないです。
例えば、市販のお弁当や外食では、一人前の半分位しか食べられません。

また、痩せている人は、食への執着というもの自体が薄いように思います。酷くお腹が空いている時以外は、食べなくても平気だし、目の前に食べ物が有っても「食べたい!!」という欲求は余り湧かない様に思います。
間食も、数口程度の少量で満足し、例えばチョコ菓子を一箱、スナック菓子を一袋、たいらげる事なんてしないのではないでしょうか。
また、食べ物を残す事への罪悪感はありながらも、無理矢理食べる、という事もあまりしない(出来ない)ように思います。

参考迄に、普段の食事量はどのくらいなのか、お話をお聞かせ下さい。
外食等の一人前の量は多いと感じますか?菓子パン等は、一個で食事替わりになりますか?お腹がいっぱいになれば、残す事を厭いませんか?

20代後半、165cm位で45kg位の女性の方であれば尚嬉しいです。

一般に、「痩せの大食い」と言われる人達以外は、痩せている人は、やはり食事量が少ないと思います。

私が知っている小柄でとても細い女性は、間食もするけれど食事量が少ないです。
例えば、市販のお弁当や外食では、一人前の半分位しか食べられません。

また、痩せている人は、食への執着というもの自体が薄いように思います。酷くお腹が空いている時以外は、食べなくても平気だし、目の前に食べ物が有っても「食べたい!!」という欲求は余り湧かない様に思います。
間食も、数口程度の少量で満足し、...続きを読む

Aベストアンサー

30代初め、160センチ39キロです。
食事はよく食べます。 
でもやっぱり脂っこい物や味付けの濃いもの、外食、お菓子、ジャンクフードは好きではないです。 体の調子が悪くなるので。 お通じは毎日あります。 消化のよいもの(質の良いもの)が好きなので、新陳代謝がかなりいいみたいです。 (フィットネスクラブではかりました)
女性なので、食事は自分で食べられそうなだけ作るので、あまり残ることはないです。 
ただ、食事を抜くと貯えがないので我慢できません。 いらいらするし、ふらふらして、食事のことしか考えられなくなります。
市販のお菓子はトランスファットが沢山含まれているので、食べると肩が凝ったり疲れやすくなるので、あまり食べません。 
 外食の一人前は動物性のものが多くて、味付けが濃いなあとおもうことがよくありますが、重さだけでいうと、自分で作ったほうが沢山食べます。
今日は朝ご飯が豆とカッテージチーズのインドカレー、ご飯お茶碗2杯半くらい、チャパティ(インドのパン)二枚、カボチャとグリンピースのおかず
昼 魚の一夜干し、サラダ、冷ややっこ、ご飯二杯
おやつ ミルクティーと牛乳で作ったカッテージチーズのお菓子
夜 今から作りますが、カボチャのそぼろあんかけ、まーぼはるさめ、ちりめん山椒 ご飯二杯くらい

みたいな感じです。 量は多いですが、お肉は全然食べない日もあります。 でも、若い時はかなりお肉すきでしたが、やっぱり痩せてました。 痩せてる人には小食で消化が弱いタイプと、大食いで消化が早く新陳代謝が早すぎるタイプとがあるんだと思います

30代初め、160センチ39キロです。
食事はよく食べます。 
でもやっぱり脂っこい物や味付けの濃いもの、外食、お菓子、ジャンクフードは好きではないです。 体の調子が悪くなるので。 お通じは毎日あります。 消化のよいもの(質の良いもの)が好きなので、新陳代謝がかなりいいみたいです。 (フィットネスクラブではかりました)
女性なので、食事は自分で食べられそうなだけ作るので、あまり残ることはないです。 
ただ、食事を抜くと貯えがないので我慢できません。 いらいらするし、ふらふ...続きを読む

Q60歳女性のダイエットについて。

60歳の母へダイエットするように説得したいのですが、いつも喧嘩になりうまくいきません。

母は幼少時から肥満体形で、長年重い体を支えてきた足(膝)が悲鳴をあげているようです。関節の軟骨がかなりすり減っているようで、数年前にも一度簡単な手術をしました。当然その時に医者からダイエットするよう指導されましたが、全くしません。
最近また悪化してきたそうで、今度レントゲンを撮るそうです。
超ド級の肥満体ではないのでしょうが、想像付きにくいかと思いますがダルマに手足が生えたような体型をしています。
食事では肉と間食を好みます。注意すると喧嘩になり、結局買ってしまう事が多いです。
昔からやっているスポーツがありますが、一か月に2回くらいの頻度でレッスンに通っている程度。とてもダイエットにはなりません。
それ以外は祖父母の散歩に付き合う程度です。家にいると時は、家事以外ではパソコンでパズルゲーム・本を読む・庭いじりをする程度であまり動きません。車生活なので歩く機会も少ないです。

・スポーツジム→無理です。安くないですし、多分通いません。以前に公共のスポーツジムに通った事がありましたが、数回行って終わりでした。数年前に数ヶ月間だけ近所にあるサーキットトレーニングに通った事もありましたが、効果なかったです。むしろ運動したから間食していいという発想になり逆効果。
・昇降運動の台→買ったきりやりません・・。結局私が貰い受け、時々使っています。楽な上に、かなり効果があるんですがねぇ。
・食事→注意するも喧嘩。言っても聞かない。私の言い方も悪いのでしょうが。
・散歩→一緒にしたこともありましたが、膝が痛むのか歩くのが退屈なのかよく分かりませんが、嫌だそうです。

いずれ祖父母の面倒を見る~と言っているのに、これでは母の方が先に車イス生活になってしまいそうです。このことを母に伝えたら、「いいの、大丈夫!」と楽観的な答えで真剣に考えておらず呆れてしまいます。

どうしたら母が真剣にダイエットを考えるのか。また関節に負担が少ない良い運動法・食事療法をご存じでしたらご教授願えませんか?
宜しくお願いします。

60歳の母へダイエットするように説得したいのですが、いつも喧嘩になりうまくいきません。

母は幼少時から肥満体形で、長年重い体を支えてきた足(膝)が悲鳴をあげているようです。関節の軟骨がかなりすり減っているようで、数年前にも一度簡単な手術をしました。当然その時に医者からダイエットするよう指導されましたが、全くしません。
最近また悪化してきたそうで、今度レントゲンを撮るそうです。
超ド級の肥満体ではないのでしょうが、想像付きにくいかと思いますがダルマに手足が生えたような体型をし...続きを読む

Aベストアンサー

ためしてガッテン『計るだけダイエット』が有名ですね。他にも膝痛+高齢者+女性にお勧めのダイエット方が複数あるので、組み合わせると効果が上がると思います。

【運動】(1)ためしてガッテン『ひざ痛を治しながらやせるワザ!』http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110105.html
「踏み台運動」体の両側に置いた椅子の背もたれに手をかけて補助する事で膝の負担は軽減され、運動の効果はほぼ同じという簡単な運動です。空腹感を感じたら1分間運動するだけでまぎらわせる事もできるそうです。既に踏み台をお持ちとの事なので、(付き添って)少ない回数からやってもらってはどうでしょう。

【食事】(2)ためしてガッテン『低カロリーダイエット』http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20090121.html
栄養をきちんと摂る事で飢餓スイッチをオンにしない食事方法です。

《たんぱく質の多い食品》1食で2種類選ぶ
牛乳(ヨーグルト) 120ml
チーズ 1枚
卵 1個
赤身の肉 50g
脂の少ない魚 1切れ
豆腐 1/4丁
《糖質の多い食品》
・炭水化物・・・1食で1種類(最低限これだけの量は食べないと飢餓スイッチが入って痩せない)
ご飯 子供茶碗 1杯
パン 8枚切 1枚
ゆでめん 1/2玉
・果物・イモ類・・・1食で1種類
果物 半分 イモ類(かぼちゃ、れんこん、ごぼう、豆類も)卵大
《脂質の多い食品》
食用油 大匙1/2
《カロリーがほとんどない食品》好きなだけ摂ってOK!
野菜(イモ類以外)、きのこ、海藻

【食事】(3)食欲をコントロールできる技(本人も気づかずにダイエットできる)
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110608.html
食事の度に意識して30回噛んで食べるだけです。

お母さんの事を思っているのに喧嘩になってしまうのは残念ですがありがちですよね。よく解ります。身内からの助言は聞きたくない傾向もあるみたいで頑固にもなりますし。
できるだけ運動に付き添い、グラフを書き、時には褒めたりしつつ、右肩下がりのグラフを目にする事でご本人も楽しんでできるのが一番です。ダイエット仲間やライバルはいませんか?楽しめるまで如何にその気にさせるかがキーと思われます。年齢的に女性ホルモンの影響も少ないでしょうから逆に効果が上がり易いかも知れません。大丈夫、きっとできますよ^^
>肉や間食が好き
脂肪と砂糖が更に食欲を増してしまいます。そもそも三食しっかり食べていれば間食の空腹感は無い筈です。空腹感も無いのに間食が止められないなら↑(1)踏み台運動1分・お茶・野菜系(干し芋・生野菜)・甘い物なら洋菓子(脂肪+砂糖)は止めて和菓子(砂糖)・ヨーグルトにすればカロリーも軽減されます。肉は必要な栄養素ですから1食50gは食べられます(脂肪分を落とした食べ方が理想的)。

ためしてガッテン『計るだけダイエット』が有名ですね。他にも膝痛+高齢者+女性にお勧めのダイエット方が複数あるので、組み合わせると効果が上がると思います。

【運動】(1)ためしてガッテン『ひざ痛を治しながらやせるワザ!』http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110105.html
「踏み台運動」体の両側に置いた椅子の背もたれに手をかけて補助する事で膝の負担は軽減され、運動の効果はほぼ同じという簡単な運動です。空腹感を感じたら1分間運動するだけでまぎらわせる事もできるそうです。既に踏み台を...続きを読む

Q40歳おばさんのダイエット。

こんにちは。40歳、女、結婚17年目、子ども2人、パート主婦、体重58.3kg、体脂肪34.6%、基礎代謝1143kcal、筋肉量35.9kgです。
かなり危機的状況です・・・誕生日を迎えたのを機に、最後の(つもりで)ダイエットを決意しました。
こちらの色々な質問を参考にしたりしましたが、現在は毎食腹7分目、夕食は炭水化物抜き、朝食前にスロトレ、就寝前にヨガをしています。
歩いたほうがよいようですが、これ以上に何をすればよいでしょうか。
目標は体重50kg、体脂肪20%台です。
結婚後はランニング等の運動経験はほぼなしです。
ご指導等よろしくお願いします。
生まれ変わるつもりでがんばりたいのです。

Aベストアンサー

こんにちは。
他人事とは思えない決意につい・・・。私も40歳代、子ども2人の主婦です。
体脂肪など、半年前の私にそっくり。(私は身長が結構あるので、体重はもっと多かったですよ~)
1月からダイエットに取り組んだ結果、体重12キロ減、体脂肪34%→27%になりました!

zoro2011さんと同じで、この先一生続けていくための「生活の見直し」と思って始めました。

ダイエットは食事8割、運動2割だそうです。食事の見直しで体重が落ちる時に、筋肉量まで落とさないように運動でサポートをする、と考えると長続きします。(だって、運動によるエネルギー消費で痩せようと思うと、ものすごい運動量必要ですよ・・・。私みたいな40過ぎの運動経験なしの主婦にはつらい・・・)

具体的には、
■一日1600キロカロリーの食事。
間食は絶対にしない。3食ともご飯を1膳必ず食べる。たんぱく質は一日60グラム以上。脂質はほどほど。野菜(芋と豆以外の)は好きなだけ。
炭水化物は太る・・・といって食べない方がいますが、逆におかずだけ食べる方が、高カロリーな上に腹持ちが悪い→イラつく→つい間食という悪循環を招くような気がします。私は計って一食110~150グラムのご飯を必ず食べています。
カロリー計算、めんどくさいという方が多いのですが、ためしに3日間だけやってみてください。すると大体わかってきます。この知識は一生ものの財産です。80キロカロリー食品ガイドが一冊あればできますので、ぜひ。

■一日1時間の運動
ウォーキング・踏み台昇降・スロトレ・ピラティス・エアロビなどの中から、合計で1時間(最低でも30分以上)、その日の気分でやる。
例えば、午前中に犬の散歩をかねて30分早歩き→夜テレビを見ながら踏み台昇降20分→寝る前にピラティス10分・・・など。

以上2点だけで、半年間に12キロ減、ウエスト8センチ減です。
今では、ダイエットがんばってる!って感じではなく毎日の習慣になって、この生活が普通のことになっています。

でもね、なにより一番今回のダイエットで効果があったかというと、最初の動機・決意なんですよ~。
私の場合、何気なく取られたビデオのなかの自分の姿に愕然として、そのショックの大きさから固い決意ができたんです。
この最初の「絶対痩せる!」の決心が固ければ、空腹にも耐えられるし、運動も続きます。
絶対に見たくない!って思うほど太って見える写真お持ちじゃないですか?それを冷蔵庫の前に貼っておくといいですよ~。
あと、おなかが空いたときに、「おなかが空いたからイライラする」と思わない事。うそでも「空腹ってことは今私の体重は減って行っているはず」と思うと少しは耐えられます。

普通の主婦で、家族に食事を作っている限り、極端な偏食にはならないと思います。私もメニューは子どもや夫と一緒です。肉も焼けばハンバーグも作ります。私の分は量が少ないだけで。まさに、腹7部目ですね。
そのうち、これでも満足できるようになります。いままで、いかに食べすぎていたのか・・・。

今では体が軽くなり、少しづつですが走ることも楽しめるようになりました。洋服も以前は大きいサイズの店でしか買えなかったのが、何でも着れるようになって楽しいです。

きれいな中年(うっ・・・)目指して、お互い頑張りましょう~!

こんにちは。
他人事とは思えない決意につい・・・。私も40歳代、子ども2人の主婦です。
体脂肪など、半年前の私にそっくり。(私は身長が結構あるので、体重はもっと多かったですよ~)
1月からダイエットに取り組んだ結果、体重12キロ減、体脂肪34%→27%になりました!

zoro2011さんと同じで、この先一生続けていくための「生活の見直し」と思って始めました。

ダイエットは食事8割、運動2割だそうです。食事の見直しで体重が落ちる時に、筋肉量まで落とさないように運動でサポートをする...続きを読む

Q10キロ体重が変わるとどのくらい違うのでしょうか?

こんばんは。 お世話になってます。
ここ1年で、ストレスによる過食で10キロ太ってしまいました。
今はストレスの原因もなくなり、やっとダイエットしようという気になってきているんですが・・・
イマイチ太った実感がありません^^;
また太る前とは違う環境にいるので、周囲の人に聞ける状況でもありません。
そこで皆さんにお聞きしたいのですが、10キロの増減で人ってどのくらい変わりますか?
「彼女が10キロ太って別人のように醜くなった」
「ダイエットで10キロやせてモテた」
など、具体的にどんな変化があるのか知りたいです。
自分を客観的に見るのが苦手で、絶対前とは違うんですけど変わらないかも?とか思ってしまっています。
こんな自分に喝を入れるためにも現実を知りたいです。
皆様のご回答をお待ちしております。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 165cmで68kgあった体重を54kgに落としました(私はオジサンです)。あれから7年経ちますが、ずっと減量した体重を維持しています。毎日スポーツジムで体重を測っていますが、昨日は53.5kgでした。10kg減量した頃から世界は一変します。久しぶりに会った人からは、大病でもしたのか、と言われるほどです。

 まず、体が軽くなってよく動けます(動くことが苦になりません)。以前は体を動かすとワイシャツがズボンからはみ出しましたが、いまは少々動いてもシャツやズボンは体にピッタリの状態が維持できています。
 体つきも変わります。体が細身になっただけではなく(ベルトサイズが88cmから73cmになっています)、二重あごがなくなってとてもスッキリした顔立ちになりました。二重まぶたが三重まぶたみたいになりましたし、声帯まで痩せて(耳鼻咽喉科で胃カメラで確認しました)ハスキーなしわがれ声に声変わりしています(この点は声が聞き取りにくいとの理由で家族にはとても不評です)。
 健康面でもよいことずくめです。健康診断に行くと以前は生活習慣病にかかわる検査項目でたくさんひっかかり、E(要精密検査)判定が山のように出ましたが、14kg減量した今はほとんど良好な状態に快復しています。脂肪肝であったり糖尿病予備軍だったのが、そこから抜け出ました。血圧も140/90あたりだった(高血圧予備軍)のが、いまは90~100/50~60です。状況によっては立ち眩みするほどです(血圧が80/40のときもあります)

 でもよいことばかりではなく、具合の悪いこともあります。まず、全身にわたってシワや皮膚の弛みが目立ち、顔は一気に10歳ほど老けた感じになります。基礎代謝量も落ち、以前は冬でも寒さ知らずだったのが(夏は大汗かきでした)いまは夏でもそれほど暑いとは思わず、逆に冬は足や手の指先が凍えます(以前は手足が冷えると言う人のことを理解できませんでしたが、いまは身を以って分かります)。

 以前の着物は全部ダメになり(ブカブカで見っとも無い状態になるので)多くの背広も含めて全部捨て、買い直しました。大損です。でも、太っていた以前はどんな高級で格好いいはずの服を買っても着ると似合いませんでしたが、痩せた今はどんなに安物の服を着ても似合い、とても格好よく見えます(周りからそう言われます)。食べる量も減りましたので、食費も助かっていますよ。

 165cmで68kgあった体重を54kgに落としました(私はオジサンです)。あれから7年経ちますが、ずっと減量した体重を維持しています。毎日スポーツジムで体重を測っていますが、昨日は53.5kgでした。10kg減量した頃から世界は一変します。久しぶりに会った人からは、大病でもしたのか、と言われるほどです。

 まず、体が軽くなってよく動けます(動くことが苦になりません)。以前は体を動かすとワイシャツがズボンからはみ出しましたが、いまは少々動いてもシャツやズボンは体にピッタリの状態が維持できていま...続きを読む

Q食べないで運動するとどうなる?

ちょっとした疑問なんですが、食事制限をかなりして、
運動も毎日のよーにするとどうなります?

Aベストアンサー

rokutomo さん こんにちは!

回答は 2通り でてきます。

1)”食事制限”して”毎日運動”の パターン。

「健康的ダイエット」って どうするの? の答えとして
100点満点の答えです。
健康的に、美しく痩せ、脂肪が減り 努力次第で理想の体系に近づく。
健康的に、美しく痩せ・・とは、自己流ダイエットは肌荒れ、生理不順、便秘、貧血等マイナス面ばかりか、贅肉そのまんまで筋肉が痩せ、それに 気づかず、「わーっ、3キロ痩せた!超うれしい!」と脳天気な おねーさん の一人になってしまいます。よ!

2)”かなり”食事制限”” して”毎日運動”の パターン。
体重と言う 絶対的な 数字を 見ると 「えーーっ!こんなに 痩せちゃった!うっそ~」と世の中が「バラ色」に見え夢心地状態になります。が!!
かなり食事制限 ですから、エネルギーの元の 炭水化物、蛋白質、脂肪、が不足状態になり、ちょっとの運動でも すぐバテやすくなります。
無理して続けると運動は筋肉繊維を傷つけ、修復に「蛋白質」が飛んできますが、血液中に「余分な蛋白質」ないと筋肉繊維を分解してアミノ酸を精製して修復に当てます。自分の身を削ってるのと同じことです。

実際は日常生活に、おいてもハラペコ状態が続くわけですからアスリートが目的もって実行するのは心配ないが、一般人が続けると自分の体を削ってく訳ですから 疲れやすい、倦怠感、脱力感、空腹感からくるイライラ、集中力欠如など、心身にマイナス面がでてくるのが予想されます。

どのくらい「食事制限」すればいいのか?
自分の 運動した時の状態チェック。運動中、運動後の状態を厳しくチェック。体重もチェック。ばてやすい、一回の運動が長続きしない、空腹感が早くくる、ときは、食事を多少増やしましょう。

大事なことを1つ。
サプリには安易に手を出さないこと!
気がついたら、手のひらに10粒のサプリが・・こうなったら、立派な「サプリ依存症」です。

ではでは・・・(^.^)/~~~
ほどほどの食事制限 と毎日の運動続ければ大丈夫!健康的に痩せれます!
がんば!!

rokutomo さん こんにちは!

回答は 2通り でてきます。

1)”食事制限”して”毎日運動”の パターン。

「健康的ダイエット」って どうするの? の答えとして
100点満点の答えです。
健康的に、美しく痩せ、脂肪が減り 努力次第で理想の体系に近づく。
健康的に、美しく痩せ・・とは、自己流ダイエットは肌荒れ、生理不順、便秘、貧血等マイナス面ばかりか、贅肉そのまんまで筋肉が痩せ、それに 気づかず、「わーっ、3キロ痩せた!超うれしい!」と脳天気な おねーさん の一人になってしまいます。よ...続きを読む

Qウォーキングダイエット どれくらいで効果が現れましたか?

こんばんは。
ダイエットをしようと思い、ウォーキングを始めました。
毎日30分程度のウォーキング(+ダンベルなど少々)をするようになって、
2週間以上たちますが、体重もサイズも全然変わりません…。
食事は今までと変わっていないので、運動量が増えた分、痩せると思うんですが…
(ちなみにここ2年ほど、体重の増減は殆どありませんでした。
やや下降気味かな、くらいです)
そんなにすぐ効果が出るとは思っていなかったにしても、
ほんとにうんともすんともいわない(^-^;;のでがっかりです~。
ダイエット目的でウォーキングをしている方、どれくらいで効果が出てきましたか?
2週間程度じゃ、やっぱりまだまだこれからですか?

Aベストアンサー

1年前、6kmを60分くらいかけて毎日歩き、2ヶ月で10kg強痩せました。

最初は痩せない…というか、体重は落ちにくいようです。というのは、脂肪が減るかわりに筋肉がつくから。筋肉は重いので体重はかわらない時期があるけど、筋肉がつくと基礎代謝量が増えるので痩せやすい体になるそうです。。

わたしも体重はかわらないけど、体はしまってきた!という時期がありました。特におなかとか、あごとか、普段タプっとしてるところが、スッキリしはじめたのはやはり2~3週間くらいからでしょうか。2ヶ月目からはおもしろいように体重も落ちました。
(narumi27さんのおっしゃる「サイズ」ってどこですか?)

有酸素運動(ウォーキング)と、筋トレを組みあわせて行なうと、効率よく筋肉にかわるそうです。ウォーキングの後にダンベル体操、というのは理想だそうで、この時1杯牛乳を飲むとタンパク質がとれていいみたい。

欲を言えば、ウォーキングは歩きはじめて15~20分で脂肪燃焼しはじめるらしいので、もう少し時間を長めにするといいかも。
がんばってください!p(^_^)q

1年前、6kmを60分くらいかけて毎日歩き、2ヶ月で10kg強痩せました。

最初は痩せない…というか、体重は落ちにくいようです。というのは、脂肪が減るかわりに筋肉がつくから。筋肉は重いので体重はかわらない時期があるけど、筋肉がつくと基礎代謝量が増えるので痩せやすい体になるそうです。。

わたしも体重はかわらないけど、体はしまってきた!という時期がありました。特におなかとか、あごとか、普段タプっとしてるところが、スッキリしはじめたのはやはり2~3週間くらいからでしょうか。2ヶ月目か...続きを読む


人気Q&Aランキング