【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

三相誘導電動機の運転中に欠相が発生した場合の電流値に
ついて悩んでいます。

三相誘導電動機は運転中でも、欠相した場合は電流値は三相時よりも増えます。
その電流が増える倍率や理屈について いろいろな参考書や雑誌・ネット検索を
読んで勉強しました。
そして実測もしてみましたが、完全明白な理解には至らず、
それらをもとにして推測した自分の考え方があっているかどうかについて悩んでいます。

ですので、教えてもらえないでしょうか?

では、何点かにわけて質問させてください

(1)電流の倍率は、三相と単相の電力の差である√3によるものだと考えていいでしょうか?
  (同じ負荷を回転させるためには同じ電力が必要 だから約√3倍になる)

(2)(1)は参考書をもとに考えました。それに加えてある雑誌も読んでみました。
  その中でも やはり(1)同様に同じ負荷を回転させるから同等の電力が必要なような
  ことが記載されていました。
  ただ 参考書と違うのは約2倍になるというところです。
  対象座標法から解いていき単相時の電圧が0.5倍となるので電流は約2倍ということでした。 
 (1)の√3とどちらが正解なのでしょうか??

 
√3(約1.73倍)も2倍もたいして違いはありませんが なんかもやもやしています。

すいませんが 教えてもらえないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#5補足に関して。


どの雑誌かまではわかりません。電気機器を扱う雑誌は数誌程度でしょうから、その中のどれかだろうなというあたりまでは想像できますが。

理論的な取り扱いとしては、大学電気工学科での電力工学(対称三相法)、電気機器(誘導機)で習う範囲かと思います。学年としては、3,4年くらいのところでしょうか。もし、理論的な裏づけを押さえたいということでしたら、全体を網羅している解説書やハンドブックの類(全体を網羅している分、個々の事柄は簡潔にまとめられている)と、細部を記述した電力工学や電気機器の教科書を併せて読まれるのが良いかも知れません。(教科書だけだと、対称法と誘導機を関連させての把握がしにくい面もあるかと思います。)

こういうのを扱いなれている分野、となると、電力制御や回転機制御に携わられているところ(今回の問題だと誘導機の特性によるところが大きいので、回転機制御の分野かな)、ということになるかと思います。

実務で扱う、ということになると、実際の機器では非線形性があるので線形なモデルで計算した場合から若干ずれるでしょうし、それ以外の要因(たとえば、通常運転時も電圧のひずみや非対称性がある)もあるでしょうから、(理論的な背景は頭の隅に残しておくとして)ざっくり「2倍弱」という程度で良いかなと思います。

この回答への補足

何度も回答いただきましたありがとうございます。
感謝致します。

<全体を網羅している解説書やハンドブックの類(全体を網羅している分、個々の事柄は簡潔にまとめら<れている)と、細部を記述した電力工学や電気機器の教科書を併せて読まれるのが良いかも知れませ<ん。

私の身の回りでは 大学の教科書で使うような参考書しか見れないようですね。。。。
細部まで と いうのは ないように思えます。(私がわからないだけかもしれませんが・・・)
なぜそうなるのか? ということまで記載されていませんね、そこが知りたいのに

いずれにせよ まだまだ勉強が足りないようです。
電力工学の本は あまり読んでいませんので 参考に読んでみようと思います。

ありがとうございました。

補足日時:2012/09/07 11:25
    • good
    • 3

ご質問文中にある、「単相時の電圧が0.5倍となるので電流は約2倍」は間違ってるように思います。

一線断線ということは、その線の電流が0になり、負荷のその線の電圧は任意になる(どんな電圧が出ても、線電流が0)ことを表していて、切れた線の電圧が0ということではありません。対称三相法で解くなら、後でも書いているように、一相の電流が0で正相電流と逆相電流が等しい、というところからスタートするべきかと思います。これで計算すると、断線前の√3倍となります。

また、一相欠相した単相運転では、力率も変化する(変わらないという保証が無い)ため、三相と単相で有効電力が等しいという条件だけで電流を算出することはできません。(上記の対称三相で算出した値と「電力が等しい単相で算出」した値が同じ√3になっているのは、たんなる偶然かと思います。)

ということで、ご質問で書かれている二つの計算は、どちらも正しくない、ということになりそうです。

「正確な値」を知りたいときにがどれ位の正確さを必要とするか、も考える必要があります。
磁気飽和などの非線形性まで考慮する必要がある場合には、対称三相法は使えない(非線形だと重ねあわせの理が成立しない)ので磁束や電流の瞬時値の分布や変化を数値計算で追いかけて計算することになります。

線形と考えてよい範囲で平均トルク(平均電力)に着目して計算するなら、対称三相法を使うのが以下の点で合理的でしょう。
・トルクは磁束と電流(正確には磁界)の相互作用で発生するが、正相分の磁束と逆相分の電流(あるいはその逆の組み合わせ)によるトルクは平均値が0の脈動トルクになる。このため、正相分、逆相分、それぞれでトルクを計算すればよい。
・一相の電流が0、の条件を満たす状態を楽に計算に組み込める。

欠相したときの計算条件は、1.(つながっている相の)電源電圧が等しい、2.一相の電流が0、の二つがあります。逆相分はすべりが2近い値になり等価回路のインピーダンスが小さくなるため、逆相分の電圧は正相分と比べて小さくなるため、正相分の電圧が同じとして、2.だけを考慮して計算しても大きな誤差は出ませんが、より正確に計算するには、逆相電圧も含めて1の条件も満たすような電圧、電流を計算する必要があります。(正相電圧も若干低下し、その影響が電流にも出るでしょう。)

この回答への補足

ご丁寧な返答ありがとうございます。

このあたりのことは、市販されている基礎を解説した専門書のレベルではなく、
専門に開発や研究するレベルであると認識しましたが間違っているでしょうか?

どちらの計算も間違っているとの指摘ですが、今回のご回答を精読するに
私が手にした雑誌の解説も厳密には間違っている(もしくは複雑になるのであえて説明をさけている)
ということになるのでしょね。
(*foobarさんは この雑誌が何の雑誌かわかっているのではないかと考えています)

単純な電力計算でも確かに力率等がまったく変わらないという条件ではないと
成立しないとも思います。
他計算でも線形・非線型までも考える必要があるのであれば 複雑となりそうですね。

最後によろしければ教えていただきたいのですが、今回 教えてくださったような
レベルのことを仕事とされている方は どのような仕事(その役職等も)をされている方
になるのでしょうか?
電力会社・大学や企業の研究者・開発者のような方ですか? 

補足日時:2012/09/06 10:59
    • good
    • 0

参考に どちらが正解というより なぜ対称座標法かという話を



故障計算などをするのに%Zなどを使用しますが、これは対称三相の場合の%Zです。
発電機、電動機などは電磁的に各相がつながっていますが、1相地絡時の%Zとかいうものはありません。

対称座標法では正相、逆相、零相の3つに分解し、分解された正相、逆相、零相 それぞれは対称三相になっています。
そこで、対称三相としての%Zを使うことができる。と考えます。
例えば、断線して電流が「0」になっている場合でも正相分と逆相分と零相分が合成で0になっていると考えるのです。

故障中の計算については各相が電気的につながっていること、世間一般に知られているのは対称三相の場合のインピーダンスであること。
以上から対称座標法と言えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

非常に簡潔な説明でよく理解できました。

パーセントインピーダンスを使い計算するには、対称ではないといけないと
いうことですね。
ですから、必然的にわける必要がある。

勉強になりました。

お礼日時:2012/09/07 11:18

仰られるような単純な計算ではないと思います。



なぜなら欠相になるという事は、回転磁界に影響を与えるからです。
回転磁界は、3相コイルの合成磁束であり、これにより発生する極は2の倍数になります。
この根本的な磁束が弱くなるので、電力との関係も崩れてきます。

今回の疑問は無負荷運転をさせ、回転を持続させたものだと思いますが、これに負荷が加われば回転子が停止してしまいます。
そうなれば、2次側を短絡された変圧器と同じ状態になり、2次側インピーダンスに対する1次電流が流れ、焼損してしまいます。

この回答への補足

回答いただきありがとうございます。

<この根本的な磁束が弱くなるので、電力との関係も崩れてきます。

とコメントいただきましたが

単相となり磁束が弱くなる → だから電流を増やすことで三相時の磁束をつくる
→このときの実測値・計算値が√3倍から2倍になる

と考えていたのですが、電力との関係がどう崩れるのかについても
ご教授願えないでしょうか?

補足日時:2012/09/05 15:45
    • good
    • 0

非平衡三相は、負荷や回路が線形なら正相分と逆相の和で表現できます。

で、回転機がある場合には、正相と逆相で電圧やインピーダンスに違いが現れます。たとえば、誘導機の場合、正相分はトルクに寄与しますが、逆相分はすべりが2近くなり、ほとんどトルクに寄与しません。したがって、負荷トルクが同じなら、正相分がほぼ同量必要、ということになります。
電流について考えると、全体で単相になるので、正相分と逆相分は同量になります。
このような挙動をまで含めて計算するには、正相分と逆相分に分けて計算する対称三相法を使う必要があります。

ちなみに、単相誘導電動機を解析する場合にも、正相分と逆相分に分けて計算したりします。

この回答への補足

返答いただきましてありがとうございます。

私が目にした雑誌にも同じようなことが書かれておりましたが、それを
更に詳細に解説してもらい理解が深まりました。

逆相分はほとんどトルクに寄与しないので三相時と同じトルクを発生させる
ことを考えるなら 正相分だけ考えて計算すればいいということですね。

重ね重ねの質問で申し訳ないのですが

<このような挙動をまで含めて計算するには、正相分と逆相分に分けて計算する対称三相法を
<使う必要があります。

このような回答をいただいたのですが、単純に電力の差からではなく、このような不平衡回路は
しっかりと正相と逆相にわけて計算し組み合わせる対称三相法を使わないと 
より正確には数値が出せないということでしょうか?
(電力からでもだいたいの値はでるが、より正確な値を出したいなら対称三相法を使う
 必要があるということでしょうか? の意味です)

補足日時:2012/09/05 16:09
    • good
    • 0

対称三相法で、正相分と逆相分に分けて計算した結果のほうが正しいかと思います。

この回答への補足

foobarさん 回答いただきましてありがとうございます。

それは、なぜかご教授いただけないでしょうか?

私は、単純ですが単相と三相の電力の差から求める方が理屈にかなっている気が
してしまいます。。。。。


三相の不平衡の場合はしっかりと対称三相法で正相分・逆相分にわけて計算する方が
こういった場合も正確になってしまうのでしょうか?

すいませんが教えてもらえないでしょうか?

補足日時:2012/09/04 16:08
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欠相によるサーマルトリップ

3相3線式200vのモーターでS相が欠相になり、サーマルがトリップしていました。なぜ欠相でトリップするのか、調べてみたのですが「欠相による過電流」や「過電圧になり、モーター焼損」などしか書いておらず理屈がわかりません。単に単相でまわそうとしているので過負荷状態になっているだけなのでしょうか。教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3相モーターの特性として1相が欠相したときは残った2相の電流が√3倍つまり1.73倍の電流が流れます。
このためサーマルが動作して電源を遮断し焼損を防止しています。
また、「単に単相でまわそうとしているので過負荷状態になっているだけなのでしょうか。」
は、3相電力=√3VIcosφの電力を消費していたモーターを単相で回そうとするためVIcosφの電力しか供給されないため。電流が√3倍となります。
ご参考までに。

Q三相誘導電動機の一相断線・・・

以前、単相誘導電動機について教えていただきながらこのような質問を申し訳ございません。
いろいろ参考書等で調べ、勉強したのですがどうなるのかは載っているのですが、なぜそうなるのかがでていません。
(1)三相一次巻線のうち、一相の巻線が運転中に断線するとどうなるのか?
→そのまま運転を続ける(すべりが増加するや負荷電流が増加するのは別にして)
(2)なぜ運転をつづけるのか?・・・過去のプリントの中に
→いわゆる単相誘導電動機となり、運転中は二相巻線による交番磁界によって交流が誘導されて回転磁界が発生しているので運転を続ける

とありました。また、これ以外の答えはどの参考書にもありませんでした。
ここで、
(3)1次巻線については、Y結線とΔ結線がありますが、Y結線で1相(たとえばa相)が断線した場合、コイルは2相(b、c相)が残ります。しかし、これは直列につながっているだけなので1つ・・・いわゆる単層巻線になってしまうという理解でよいのでしょうか。→これにより単相回路になるので交番磁界になる?
一方Δ結線で1相(たとえばa相)が断線した場合、同じようにコイルは2相(b、c相)が残りますが、Y結線と違い、三線で2つのコイル・・・いわゆるV結線になるのではないでしょうか。→この場合2相巻線になるのであればこれは回転磁界をつくるのでしょうか?

(4)1次巻線の2相が断線した場合について
→Y結線でもΔ結線でも1次側の回路が成り立たなくなり電流が流れないことから当然停止すると・・・。

(5)一方2次巻線が断線した場合についてはどのようになるのか記述された文献がありません。運転中に二次側の巻線が断線した場合どのようなるのでしょうか。またそれはなぜなのでしょうか。

 

以前、単相誘導電動機について教えていただきながらこのような質問を申し訳ございません。
いろいろ参考書等で調べ、勉強したのですがどうなるのかは載っているのですが、なぜそうなるのかがでていません。
(1)三相一次巻線のうち、一相の巻線が運転中に断線するとどうなるのか?
→そのまま運転を続ける(すべりが増加するや負荷電流が増加するのは別にして)
(2)なぜ運転をつづけるのか?・・・過去のプリントの中に
→いわゆる単相誘導電動機となり、運転中は二相巻線による交番磁界によって交流が誘導され...続きを読む

Aベストアンサー

(1)(2)と(3)のY結線の部分は#1さん回答のとおりかと思います。
(3)のΔ結線でコイル一相の断線(想定しているのはコイルの断線で給電線一本の断線ではないですよね?)の場合には、内部に回転磁界が形成されるでしょう。(きれいな回転磁界になるか、楕円状の磁界になるかはチェックしてみる必要がありますが。(感覚的には、きれいな回転磁界になっていそうな気がします。))
(4)コイル2相の断線(給電線2本の断線ではなくて)の場合、Yだと電流は流れませんが、Δ結線だと1コイルが残っていてこれに線間電圧がかかるので、交番磁界ができます。
(5)二次巻き線の断線
かご型の場合、一相の断線というのはありません。二次導体が一本切れて(という状況は想像しにくいですが)も大勢には影響しないように思います。
巻き線型の場合、二次が大抵はY結線になっているかと思います。一線が切れた場合、二次電流による磁界は交番磁界になりますが、(感覚的には)固定子の回転磁界との相互作用で脈動しながらも回転方向のトルクは発生するように思います。(確かめては無いので、、、)

Q2E、3E、4Eってなんですか?

電気設備の設計を勉強中の気分は若者です。
モーターなどの保護回路でよく2Eリレーとか3Eリレーと
か聞くのですが少し調べてみると、
 2E、3E、4E
とあるようです。周囲に聞いても確固たる説明のできる人
がいないので質問なのですが、
 1.各々の意味とその出典は何ですか?
 2.他に1Eとかもあるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)サーマルリレー(熱動形過負荷継電器)・・・1E,2E
(2)モーターリレー(静止形継電器)・・・1E,2E,3E

ここででてくるEは要素(ELEMENT)のことで
1E・・・過負荷
2E・・・過負荷、欠相
3E・・・過負荷、欠相、逆相

一般的に使われるのは2Eリレーです。水中ポンプ等で回転方向が目視出来ないものは3Eリレーを使います。

ちなみにサーマルリレーの1Eは2素子(2E)タイプ、2Eは3素子(3E)タイプと使ったりするので紛らわしいです。

Q不平衡電圧(電流)の影響って?

三相負荷(15kwモーター)に17,19,21(A)の電流が流れている場合の消費電力量の算出はどうすれば良いのでしょうか?受電電圧6600,6600,6800を変圧し430,435,440(V)で使用している工場です。この程度の不平衡電圧では負荷にどのような影響があるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ!!

解る範囲で・・!
不平衡三相回路として、考えると、物凄く難しくなりますよ・・?
方法としては、まず、各相間の電圧の位相差を計測する必要があると思います。平衡三相回路では、各相の電圧の位相差は、120°(電気角)として扱いますが、不平衡では、バラバラな角度になります。同じく、電流についても計測が必要です。あと、電圧と電流の位相差を一箇所計れば、ベクトル図が描けますので、対象座標法を利用して、正三角形でないベクトルを2つの正三角形に分解します。一つは、正回転、もう一つは、逆回転のベクトルになります。
あとは、平衡三相回路として扱えますので、係数の√3に注意して、単相回路として計算すれば答えが出ます。但し、逆相分は、熱的エネルギー損失として消費されると思います(あてすっぽですが・・・・?)また、出力は、正相分の電力量-の逆相分となります。(損失は、逆相分の2倍?ってことかなぁ?)
参考書的には、電験2種レベルってとこでしょうか?最近は、電験2種の試験も選択式になり簡単になったので、参考書が多く販売されていますので、参考にしてください。

一般的に、三相回路の計算は、√3×V×I×cosθで表されますが、この式が使えるのは、平衡三相回路で計算上、単相回路の√3倍として扱える場合だけです。まぁ、電気回路は、受態回路なので、電圧と線路乗数が判れば、キルヒホッフの法則で解けるのでしょうが?労多くして、益少なしってとこでしょうか?
#1さんのおっしゃる通り、各計測値を平均して、単相回路として計算した方が、実用的と思います。
(当然、定数の√3をお忘れなく・・・)
想定する、力率は、一般的には、小容量のものほど力率が悪く、モータの容量に比較して、出力が少なければ、力率が悪くなったと思いますので、インターネットで調べてみればいいと思います。三菱に問い合わせると、モータの100%負荷時のデータと75%負荷時のデータがあります。(50%負荷時は無かったように記憶していますが・・・?)15kWなら、0.85程度でいいのではないでしょうか?(あてすっぽ^^;v)

私のレベルでは、パッと思いつく不平衡になった場合にモータに与える影響は、逆相電力により、出力が下がるのと、損失が増えることだと思いますが?どなたか詳しい方がお答えになるのを期待します。(高調波のゲルゲス現象?とは、現象が異なりますので注意を・・!)←名前間違ってるかなぁ?

不平衡電圧の発生原因としては、電路のインピーダンスが均等でない。(原因は、三相の電線が幾何学的に均等でないなど、作用インダクタンスが発生するなど)三相電源に、単相負荷が接続されているなど色々ありますが、電源自体(電力会社の発電機)は、平衡電源と考えるのが一般的です。(これを、不平衡と捉えると、計算することが、困難となるし、発電機の巻線や、ギャップの改善で、発電機メーカも正弦波、平衡電源に努力しているので、多めに見ましょう?電力会社もねん架などで、多少の努力はしているんでしょう?詳しくは知りません)

思いつくままに書きましたので、参考になるとこだけ読んでください。詳しくは、電気技術者の方の回答をお待ちください。

では、また。

こんにちわ!!

解る範囲で・・!
不平衡三相回路として、考えると、物凄く難しくなりますよ・・?
方法としては、まず、各相間の電圧の位相差を計測する必要があると思います。平衡三相回路では、各相の電圧の位相差は、120°(電気角)として扱いますが、不平衡では、バラバラな角度になります。同じく、電流についても計測が必要です。あと、電圧と電流の位相差を一箇所計れば、ベクトル図が描けますので、対象座標法を利用して、正三角形でないベクトルを2つの正三角形に分解します。一つは、正回転、もう...続きを読む

Qモータコイルの焼損の原因は?

三相誘導電動機のコイルが焼損してしまいました。

原因を突き止めようとしているのですが、
考えられる原因をお教え下さい。

また、機械の運転の仕方で、1秒運転→89秒停止の繰り返しで1年半ほど動かしておりました。
この様な運転方法がコイル焼損と関係があるのでしょうか?(モータに過負荷を掛けてしまったとか?)

Aベストアンサー

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電動機本体温度からは推測が困難です。
(起動停止の回数が少ないほど電動機にやさしい。)

容量にもよりますが、数10kW以上の電動機であれば、通常許容起動頻度が有り、一般的な電動機は連続運転状態から1回停止して起動すると次に停止して起動する際には1時間以上停止させる必要が有るというくらいの物です。
ほぼ1分間隔で寸動を繰り返しておられたようなので焼けて当然です。1年半もよく持ちこたえたと思います。

電動機を新品にしても、また同じ事になります。
電動機メーカに許容起動間隔を問い合わせその範囲内で使用するようシーケンス(運転停止間隔)を変更する必要が有ります。
これが許容できない場合は、電動機を熱容量の大きな物にする、台数を増やし1台の起動頻度を減らすなどの対策が必要です。

定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。

電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。
この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。

電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。
悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電...続きを読む

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Qモーター始動時の電圧降下について

モーター始動時の電圧降下を下記の通り計算したのですが、自信がありません。考え方や計算に間違えがあれば指摘していただきたいのですが・・・
特に、変圧器のインピーダンスを抵抗分とリアクタンス分に分けて計算することが必要なのか分りません。

(系統)
変圧器→バスダクト→低圧配電盤→低圧幹線→動力盤→分岐配線→モーター

(算定条件)
変圧器:1000kVA/3300/440V60Hz %Z=4.92%
(トランスメーカー平均値よりX/R=4.22)
低圧幹線:CVT250sq/30m(R=0.099Ω/km、X=0.0993Ω/km)
分岐幹線:CV3.5sq/82m(R=6.76Ω/km、X=0.11Ω/km)
モーター:5.5kW/11.7A
始動時力率:0.3
始動電流:定格の6倍

(計算)
変圧器、低圧幹線、分岐配線の各インピーダンスを合計する。
但し、バスダクトは極端に短いので無視する。
イ.変圧器
仮にR=0.0022Ωとすると
%R=0.0022×1000×10^3/440^2×100=1.14%
%X=√4.92^2-1.14^2√閉じる=4.79%
X=4.79×440^2/1000×10^3/100=0.0093Ω
(補足:算定条件X/R=4.22となるように、ここで変圧器の抵抗分とリアクタンス分を算出しました。)
ロ.低圧幹線
R=0.099×30/1000=0.003Ω
X=0.0993×30/1000=0.003Ω
ハ.分岐配線
R=6.76×82/1000=0.5543Ω
X=0.11×82/1000=0.009Ω
各インピーダンスを合計すると
R=0.0022+0.003+0.5543=0.5595Ω
X=0.0093+0.003+0.009=0.0213Ω

e=1.732I(RCOSθ+XSINθ)より
 =1.732×(11.7×6)×(0.5595×0.3+0.0213×0.95)
 =22.9V

以上、宜しくお願いします。

モーター始動時の電圧降下を下記の通り計算したのですが、自信がありません。考え方や計算に間違えがあれば指摘していただきたいのですが・・・
特に、変圧器のインピーダンスを抵抗分とリアクタンス分に分けて計算することが必要なのか分りません。

(系統)
変圧器→バスダクト→低圧配電盤→低圧幹線→動力盤→分岐配線→モーター

(算定条件)
変圧器:1000kVA/3300/440V60Hz %Z=4.92%
(トランスメーカー平均値よりX/R=4.22)
低圧幹線:CVT250sq/30m(R=0.099Ω/km、X=0.0993Ω/km)
分岐幹線:CV3...続きを読む

Aベストアンサー

N06の方解説有難う御ざいます。
・電源及び電線路の電圧降下は
Vd=22.88-j64.12[V]です。
・トランスの内部の起電力Vを440Vとすれば
 モーター端子での電圧Vtは
Vt=440-(22.88-j64.1)
 =417.12+j64.1[V]になります。
|Vt|=422.2 [V]
No.3の方はVdに440Vプラスして絶対値をとってから440引いてますが、少しおかしいと思います。
(1)440V-|Vt|=440-422.02=17.98Vこれも余りぱっとしませんけど。
(2)|440-417.12-j64.1|=68.08V
考え方で色々変わります。
端子電圧Vtは
Vt=417.12+j64.1[V]と理解するのが一番問題が少ないように思います。 

Q同軸リレーって何をするもの?

RF部品のひとつに同軸スイッチ(リレー)というものがありますがズバリ、何をするものかご教示ください。

同軸というからには扱うのは交流(それも高周波)ですね?半導体を使って電気的にスイッチングをするのはわかるんですが機械式のスイッチがRF回路のどういうところで使われるのか、なぜリレーでないとだめなのか教えていただきたくお願いします。

Aベストアンサー

同軸リレーというのは同軸ケーブルをつなぎかえる代わりに使うリレーです。

超高周波を扱いますから途中にインピーダンスのアンマッチがあると
反射が起きて非常にまずいことになります。
従って普通のリレーとは違う特殊な構造になっています。

余談ですが同軸ケーブル同士をつなぐときにコネクターにM型とN型が有りますが
N型は厳密にインピーダンスマッチングが考えてあり、特に高い周波数で使われます。
安物の無線機などはM型です。

なぜリレーかということですが前面の押しボタンであるいはプログラムで
同軸ケーブルをつなぎ変えたいことは多いですよね。

半導体スイッチを使わない理由ですが
1.オン・オフ時の抵抗がほぼ0と無限大
2.減衰が少ない
3.アイソレーションが取りやすい
4.外部回路との干渉(電磁ノイズ)が少なくできる
などでしょう。

あとは「同軸リレー」「同軸スイッチ」で検索してみてください。

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。


人気Q&Aランキング