スルファミルアミド合成までの反応過程について質問します。
アニリンをパラ位でクロロスルホン酸を用いてクロロスルホン化するために、事前にアミノ基をアセチル化しました。こうすると都合良くパラ位にクロロスルホン化するらしいのですが、いまいちこのアセチル化の意味がわかりません。
 自分で考察した結果、オルト位への反応を防ぐというものは推測できました。
しかし、わからないのはアセトアニリドの酸との反応です。文献等で調べても
どこにもアセトアニリドが酸と反応するとはありません。しかし厳密に言えば、
アセトアニリドも非共有電子対をN原子上に持ち、プロトンを受容できるようです。つまり若干ですが塩基性であるはずだ、と先生はおっしゃっていました。
ではなぜアセトアニリドは酸であるクロロスルホン酸と酸塩基反応を起こさないのでしょうか?
 困っています、回答の方宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

化 意味」に関するQ&A: 初期化の意味

A 回答 (2件)

確かに、アセトアニリドは非共有電子対を窒素上に持ちますが、塩基としての性質はほとんどもっていないと考えたほうが良いでしょう。

恐らく、ご存知だとは思いますが、通常のアミンにベンゼン環が一個ついたフェニルアミンになっただけで、塩基の性質はかなりなくなります。アセトアニリドの場合はフェニル基についでアシル基がついているために、さらに塩基性はなくなりますね。で、先生がおっしゃっている「若干残る塩基性」の意味なんですが、塩基とは考えないが、非共有電子対を持っていて、それが様々な反応にはからんでくるというふうな意味合いではどうでしょうか。

そう考えますと、まず、アセトアニリドの酸塩基反応の可能性は消えます。アセトアニリドのパラ位での置換反応もアシル機の影響でかなり起こりにくくはなってくるとは思いますが、実際それが起こるという事は、窒素上の非共有電子対の効果が、パラ位まで伝わっているということです。そのこともあって、先生は窒素上の非共有電子対が、完全にはアシル基のほうに引っ張られるわけではないと言いたかったのではないでしょうか。つまり、窒素上の非共有電子対は、反応には関わってくるが、塩基性を示すようなものではないということです。水やエーテルの酸素みたいな感覚で良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
つまり「若干は非共有電子対を持ち塩基性だが、それは塩基性として以外の
効果を反応に及ぼす」という考え方ですね。確かにそう考えたなら柔軟な
考察ができそうです。またしばらくいろいろ考えてみます。

お礼日時:2001/05/20 00:36

アセトアニリド: C6H5-NH-COCH3


クロロスルフォン酸: Cl-SO2-OH
ですね。

お書きの様にアセトアニリドにはN上に非共有電子対がありますが,この電子対は隣にあるカルボニル基との間に共鳴して( NH-C=O ⇔ NH(+)=C-O(-) )存在しています。ここにプロトンがつくと( NH2(+)-C=O )この共鳴が壊れます。したがって,その塩基性は非常に弱いものです。

で,ご質問の「酸塩基反応は起こるか」ですが,これは起こります。ただ,酸塩基反応は平衡反応です。上記の様にアセトアニリドの塩基性が弱いために,平衡はフリ-のアセトアニリド側に片寄っており,大部分はプロトン化されていない状態で存在します。

このフリ-のアセトアニリドがクロロスルフォン化を受けるのです。すると,酸塩基平衡はフリ-のアセトアニリド側へ移動しますから,新たなふり-のアセトアニリドが供給され,反応が進行していくわけです。

いかがでしょうか。必要なら補足下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、やはり酸塩基反応は起こるんですね。
自分はアセトアニリドがクロロスルホン化されたあとの平衡移動まで
頭が働きませんでした。まだまだ勉強が足りないようです。

詳しい御回答、ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/20 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるのでしょうか?

化学反応は、おおまかに分けて酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである。という話を聴いた事があります。

確かに、化学の教科書で化学反応のページに載っているのは酸・塩基反応と酸化還元反応です。

世の中には、数え切れないほどの化学反応があると思うのですが、どんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する、というのはいまいち信じられません。

化学反応の種類というのはそんなに単純に分けられるものなのでしょうか?
たとえどんな化学反応が起ころうとも、どんな化学反応式に出くわしたとしても、「酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである」というような態度で化学を勉強しても問題ないのでしょうか?

また、有機化学の分野では付加反応とか縮合反応など、いろいろな名前の反応が出てきますが、これもより一般的に考えれば酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する化学反応なのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めているのはそれが電子状態がもっとも安定だからなわけで、歪んでいるというのはその結合内に電子密度の差が出来ている状態です。これを解消するために反応が進行するわけですからやっぱりおおまかには酸、塩基反応と言っていいでしょう。またラジカルの反応は一電子酸化、還元になります。長ったらしく書いてしまいましたが電子状態に差がなければ少なくとも有機反応は進行しませんので、そのようなことを理解した上ならどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるといっていいと思います。
最後に勉強の姿勢ですが、このような考え方は有機合成反応の反応経路を勉強するのには非常に役に立ちます。立体などの知識は必要ですが、基本的には反応式を見てそこにある分子のもっとも電子密度の高いところと低いところを反応させていく、それだけで教科書レベルの反応は全て説明可能なはずです。

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めて...続きを読む

Q酸塩基反応と酸化還元反応

受験勉強です。酸塩基反応ではH+を出すほうが酸で受け取るほうが塩基、酸化還元反応では酸化数の増減で決まるというのはわかります。H2SはSの酸化数が下限なので還元反応できないというのも分かりますが酸塩基反応では酸として働くと言うのがわかりません。酸塩基反応と酸化還元反応の違いも分かりづらいです。

Aベストアンサー

「酸」と「酸化」が何となく似ているために、「酸を加えることが酸化???」といった誤解を招くことがあるようですね。

No.1のご回答にもありますように、全く別物ですので、分けて考えて下さい。「酸塩基反応」と「酸化還元反応」を並べること自体が誤解の元です。

酸化数が変化しない限りは酸化還元反応ではありません。このことを的確に理解するためには、酸化数の決め方を理解する必要があります。
例外はありますが、「化合物」中のHの酸化数は+1、Oの酸化数は-2というのが基本で、それに基づいて他の原子の酸化数が決められます。
したがって、H2SにおけるSの酸化数は-2です。
これが、NaOHと反応して、Na2Sとなった場合にも、Naの酸化数は+1(アルカリ金属だから)ですので、Sの酸化数は-2のままであり、この反応は酸化還元反応ではないことがわかります。
その一方で、H+がH2Sから、NaOH由来のOH-の方に移動していることになりますので、酸塩基反応ということになります。

Q酸塩基反応と酸化還元反応

合成関数の微分公式について質問です

dy/dx = dy/du * du/dx

この公式の代数的証明は教科書に載っています。
でもなんかしっくりこないです。形式的に見えます

微分っていうのは接線の傾きを求めることなんですよね
この認識のもとに立って、合成関数を幾何的な考え方で
納得したいんです。そうでなくても、公式の本質を少しでも
理解したいです。どなたかご教授お願いします。
不明な点は補足します。おっしゃってください。

Aベストアンサー

「酸塩基反応と酸化還元反応」と「合成関数の微分公式について質問」
とはつながりません。
「数学」カテでお聞き下さい。
なお数学の専門家ではありませんが、
>dy/dx = dy/du * du/dx
を見たとき、
>微分っていうのは接線の傾きを求めること
と言われたばあい、なるほどそういう意味から捉えるとこの式は御質問とは逆に非常に論理的で美しく見えます。
なぜなら、dxとdyが「線形」の関係ならduが間に入っても、dx、du、dyの全てが線形であることに変わりはなく、変数交換(微)積分の意味が良く分ります。

Q脂肪酸は、塩基じゃないのに「1塩基酸」?

脂肪酸(オレイン酸とかリノール酸とか)は「酸」であって、塩基(アルカリ)ではないですよね?

なぜ、「脂肪酸は炭素鎖の端にカルボキシル基(-COOH)をもつ1塩基酸で・・・」のように、「塩基」という言葉が入るのでしょうか?

Aベストアンサー

等しいモル数の一価の塩基と反応して中和される酸を一塩基酸といいます。『一』価の『塩基』と反応して中和される『酸』ということです。同様に、『一』価の『酸』と反応して中和される『塩基』を一酸塩基と呼びます。

以下は蛇足で無駄なのかもしれませんが、あんまりですので言わせてください。

非常に特殊な場合を除いて酢酸を弱塩基に分類することなど有り得ません。そもそも塩基としての性質があるかどうかなどは「一塩基酸」の呼称とは全く関係ありませんので念の為。

pHやpOHはそれぞれ水素イオンおよび水酸化物イオンの濃度の対数にマイナス1を掛けた値です。系内に水酸化物イオンが存在するからといって弱塩基であると判断していたら、硫酸や硝酸などの強酸は言うに及ばず、スーパーアシッドも塩基に分類されてしまいます。通常はこんな分類はしないことも念の為に付け加えておきます。

Q酸化還元反応と酸塩基反応

酸化還元反応と酸塩基反応は1つの化学反応で
一緒に起こるのでしょうか?

それと酸塩基反応が起こってる際は
酸化数は変化しないのでしょうか?

Aベストアンサー

酸・塩基、酸化・還元の基礎的な意味で言えば
酸・塩基反応では酸化数は変化しません。
ただ酸が酸化剤・還元剤として働くという場合もありますから
物質としての酸・塩基と酸・塩基反応をする酸・塩基とは区別しておく必要があるでしょう。

中和反応を
H^+ + OH^- → H2O  (1)
で考えれば
酸化数は変わっていません。
酸はこの反応でのH^+を提供しています。
HA→H^++A^-  (2)
の反応ではHAを構成しているH,Aどちらでも酸化数は変わっていません。
OH^-は塩基から提供されます。
金属の酸化物との反応ではOH^-は見当たりません。酸化数の変化は起こっていませんので(1)と同等な反応が起こっているとみなします。酸化物+水→水酸化物 というステップを入れてもらうと納得しやすいでしょう。(水に溶けにくい酸化物が酸には溶けるという場合もありますから形の上からだけの判断だとしておいて下さい。)

酸が関係する反応で酸化還元反応であるとすると
(1)(2)以外の変化が起こっているはずです。

Mg+2HCl→MgCl2+H2  (3)
これは酸化・還元反応です。(1)の変化がありません。
Mgが酸化されています。HClは酸化剤として働いています。
酸HAの中のHの酸化数が変化しています。Aの中にある元素の酸化数は変化していません。

Cu+4HNO3→Cu(NO3)2+2NO2+2H2O
HNO34つのうち2つが酸化剤として反応しています。残りの2つは酸として反応しています。
この反応では酸HAのなかのAの部分で酸化数が変化しています。
イオン反応式に書き直すと酸化数の変化した部分を抜き出すことが出来ます。
Cu+4H^++2NO3^-→Cu^2++2NO2+4H2O
両辺から2NO3^-が消えてしまったのです。
これがH^+を提供する役割だけをした酸の分です。

H2SO3のように還元剤としての働きを持っている酸もあります。

酸化数は酸・塩基反応が起こったのか、酸化・還元反応が起こったのかを区別する手がかりになっています。

酸・塩基、酸化・還元の基礎的な意味で言えば
酸・塩基反応では酸化数は変化しません。
ただ酸が酸化剤・還元剤として働くという場合もありますから
物質としての酸・塩基と酸・塩基反応をする酸・塩基とは区別しておく必要があるでしょう。

中和反応を
H^+ + OH^- → H2O  (1)
で考えれば
酸化数は変わっていません。
酸はこの反応でのH^+を提供しています。
HA→H^++A^-  (2)
の反応ではHAを構成しているH,Aどちらでも酸化数は変わっていません。
OH^-は塩基から...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報