新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

例えばですが・・・
一度は扶養控除申告書の適用を受け、甲欄適用の上で毎月の給与を支給してきた社員が、年末になって乙欄適用者であることが分かった(別の会社で甲欄を適用されていたなど)場合、年末調整はできないということになるのでしょうか?その場合、その人の年税額はどうなるのでしょうか?事業所では、年税額を乙欄で遡って処理する事務処理が必要なのでしょうか?どなたかご教授をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

年末調整 とは」に関するQ&A: 年末調整とは

A 回答 (1件)

 扶養控除等異動申告書はご承知のように1か所にしか提出できないことになっていますが、それは控除を受ける所得者本人の申告を基本とします。


 提出を受ける事業所としては「あなた、2か所に提出していないでしょうね」くらいは尋ねることはあっても、その従業員が働いている他の事業所を訪問したりして申告書を提出していないかまで調査する責任はありません。したがって、遡って乙欄での徴収をする必要はないでしょう。
 扶養控除等異動申告書の提出先をどちらにするかを社員に尋ね、「貴方の事業所にする」ということであれば他事業所への提出は撤回してもらい、貴方の事業所で年末調整を行い、従業員へは他事業所分を含めて確定申告を行うよう促す程度でいいでしょう。
 「扶養控除等(異動)申告書の提出先を他の事業所にする」ということであれば、貴方の事業所では年末調整をしない(できない)、ということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与支払報告書の提出義務の範囲

給与支払報告書の提出義務の範囲についてお尋ねいたします。

(1)昨年、数人のアルバイトを数ヶ月雇い、
ひとり当たり多くても総額15万円程度の給与でした(中には1万円程度も)。

既にアルバイト雇用は昨年10月時点で終了しており、
今年の1月1日時点では、雇用しておりません。

調べたところによると、
1月1日時点で雇用していない、かつ
年間の給与支払金額が30万円以下の就労者については、
提出義務はないとありました。

この場合、給与支払い報告書を市町村に提出しなくてよろしいのでしょうか?

(2)また、上記のケースで提出義務がない場合、疑問に感じることがあります。
(給与支払い者の立場からすれば、どちらでもいい話です)

給与を支払われている者が、他の会社でも同様にアルバイトをしていたとすると、

今回、私が支払った少額の給与をプラスした額が、当人の昨年度の正確な収入になるは
ずですが、

給与支払い報告書を私が提出していない以上、役所は、他社での給与額しか知りえない
はずです。

したがって、実際の払うべき税額を払わなくてもいいということになるのではないでし
ょうか?

どうぞ、よろしくお願いいたします。

給与支払報告書の提出義務の範囲についてお尋ねいたします。

(1)昨年、数人のアルバイトを数ヶ月雇い、
ひとり当たり多くても総額15万円程度の給与でした(中には1万円程度も)。

既にアルバイト雇用は昨年10月時点で終了しており、
今年の1月1日時点では、雇用しておりません。

調べたところによると、
1月1日時点で雇用していない、かつ
年間の給与支払金額が30万円以下の就労者については、
提出義務はないとありました。

この場合、給与支払い報告書を市町村に提出しなくてよろし...続きを読む

Aベストアンサー

>源泉徴収票の作成義務はありますよ。
>たとえ給与の額が1円であっても(極端ですが)給与を支払った場合源泉徴収票は作成しなければなりません。

>確かに「1月1日時点で雇用していない、かつ年間の給与支払金額が30万円以下の就労者」については、税務署及び市町村には提出を『省略することは出来ます』が、受給者本人には交付しなければならないのです。

>源泉徴収票の作成目的は、御社の責任のもとでその従業員に対する給与の支給額、社会保険料等の額、源泉徴収税額を証明することなのです。(でなければその人は確定申告も出来ないでしょう)

>参考URLの6頁「3 その他の注意事項」の(5)を参照ください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hotei/tebiki2007/pdf/03.pdf


人気Q&Aランキング