人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

辞書の例文には、下記のように書かれています。
http://ejje.weblio.jp/content/sure

He's sure of his success. 彼は成功の自信がある
  →確信しているのは、「彼」
He's sure (that) he will succeed. 彼は自分が成功すると確信している
  →確信しているのは、「彼」

He's sure to succeed. 彼はきっと成功する
  →確信しているのは、「私(話し手)」
At that hotel he is sure of a good dinner. あのホテルで彼は必ずすばらしい食事にありつける.
  →確信しているのは、「私(話し手)」

以上をもとに、法則性を見出すと、下記のようになると考えていいのですか?

<主語> is sure that ・・・・・・
「<主語>は・・・・・・になると確信している」

<主語> is sure to do ・・・・・・
「私は、<主語>が・・・・・・すると確信している」

<主語> is sure of
→「私が確信している」のか、「<主語>が確信している」のか文脈による

という理解でよいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おおむねそういうことでいいですが,


be sure of の後に,getting ~とか,あるいはいきなり手に入れるべきものが来た場合,
「きっと~を手にするだろう」という話者の確信を表します。
ただ,この場合も,普通の be sure of と同様,主語の確信にもなり得ます。

そういう意味でも結局おっしゃるように文脈次第ということにはなりますが,
be sure of で話者の確信になり得るのはものを手に入れることについてです。

また,be sure to の場合,話者の確信とするか,
一般的,客観的に人が確信とするか,意見の分かれるところですが,
sure は certain と違って,主観的なので,話者の確信でいいのではないかと思います。

S is sure to 原形 = It is certain that SV. と説明されることが多く,
I am sure that とは今ではあまり説明されないようですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

>be sure of で話者の確信になり得るのはものを手に入れることについてです。
文脈で考えようと思っていましたが、「手に入れる」というかなり限定された内容だとは思っていませんでした。

大変、参考になりました。

お礼日時:2013/08/20 23:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[no]と[not]の違いを教えてください。

NHKテレビ英会話講座より
There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?
(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?
(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

初心者です。愚問ですが、よろしくお願いいたします。  以上

Aベストアンサー

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

thanks は名詞ですから、notと言う副詞を使えません。

(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

基本的に、no は、not よりも強い否定を表します。これは、副詞と言う動詞に依存する表現よりも、名詞に依存する形容詞のほうが、印象が強いからでしょう。名詞と動詞を比べれば、名詞のほうが、ちゃんと存在すると言う意味で具体的であり、はっきりしていますから。また、動詞は、時制も表現していて、そのときそのときと言う制限がありますが、名詞は、時を超越しています。

これから、次のようなことが言えます。

He is not a fool. 彼は馬鹿じゃないよ。普通の人間さ。

He is no fool.彼が馬鹿だなんてとんでもない。実際は賢いんだ。


He does not have any friends.「友達がいない。だけど、他の場所や今後は友人が出来るかもね。」

He has no friends.「友人なんている分けない。それだけ孤立しているんだ。」

のような意味の違いが生まれます。

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

th...続きを読む


人気Q&Aランキング