出産前後の痔にはご注意!

重い車輌が載る駐車場を作ろうと思います。

1つのタイヤに、10トンくらいの荷重がかかります。(40tでタイヤが4輪です。)

厚さ20cmのコンクリートに、鉄筋を入れようと思いますが

コンクリートの配合・鉄筋の太さ、ピッチなどが分かりません。

地盤は大きな重機が出たり入ったりしているので、比較的締まっています。


自分では、

(1)コンクリートの配合:27-18-25N

(2)鉄筋:D16を20cmピッチで、かぶり下から6cm(140-16だから、上から124mm?)

初めて、素人で、1人か2人でやるので、鉄筋の長さが5500だそうなので
5620×5620×200の正方形の土間をまず作って、それを何回も繰り返したい
と思っています。(ポンプ車代も浮かせられる!と思っています。)

表面は、つるつるにしたいんですが(ほうきでざらざらにしたりしたくない。
新しくできたガソリンスタンドのような面にしたい)何時間おきに何度くらい
かなごてで押さえればいいでしょうか?


なにか、間違っている事
こうしたほうが良い!

など、ありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

>今の地盤は、その車両が走っても沈んだりしません。


そんな瞬間的な話ではダメです。
ボーリング調査をしない場合、平板載荷試験というのをしますが、これは、地面に30cmぐらいの鉄板を置いて、30分ごとに重りを載せて重くしていって(それぞれ30分たった時の)沈下を測定します。はじめのうちは重りのおもさと沈下量は比例しますが、ある重さから沈下が急に増え始めるので、その時の重りのおもさを鉄板の面積で割ったものを、「極限耐力」とし、普通の耐力(長期耐力)としては1/3に低減した値を使います。

それから、前は、話の流れで付き固めると地盤の耐力が増えるみたいに書いてしまいましたが、増えるのは表面の部分だけで、その下は変わりません。
付き固めをするのは、表面を荒らしたために締まりが悪くなった地盤を、もともとの耐力に戻すために行います。
地盤の耐力が影響するのは基礎の幅の2倍ぐらいの範囲といわれていますから、元の地盤の耐力が重要です。

地盤の長期耐力のおよその目安は、
・固結粘土(石のように固まった粘土)=500kN/m2
・石、砂利がほとんどで、隙間は砂が詰まった、よく締まった地盤=300kN/m2
・石、砂利が全体の半分ぐらいで、隙間は砂が詰まった、よく締まった地盤=150kN/m2
・砂(および少量の石、砂利)でできた、よく締まった地盤=100kN/m2
・砂と普通の土(シルト)が混じった、よく締まった地盤=70kN/m2
・普通の土(シルト)の、よく締まった地盤=50kN/m2
・普通の地盤=30kN/m2
・ゆるい地盤=15kN/m2
ぐらいです。これぐらいで見ておかないと、毎日使っているところでは、必ず沈下を起こします。

おそらくその地盤の耐力は70kN/m2ぐらいだと思うので、コンクリート厚30cm、D16ダブル配筋-中心間隔150mm程度に作ることをお勧めします。
耐力200kN級の地盤でない限り、40tの車を乗せる土間が厚さ20cmは、非常識な数字です。

あと、鉄筋のかぶり(コンクリート表面から鉄筋表面までの距離)は、40mmが標準で、土圧を受ける部分(土間の下面)は60mmです。重要な数字なので、セパレータを使って、きちんと確保してください。上面はすり減りを考えて50mmとしたほうがよいでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

地盤の強度の事をたくさん心配して下さってありがとうございました。

厚さ300のコンクリートで、地盤から75mmに1層目のD16の200ピッチのメッシュ状に配筋した鉄筋。
その150上層部に2段目の1層目と同様の鉄筋。
そして表面からのカブリ75で、という配筋でどうにか強度を保てるでしょうか?

予算を組んでみて、年中60tラフターが走り回っているわけじゃないので
安価な設計にしてしまうか、よく検討してみます。

いろいろと、幾度も真剣な詳細な回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/21 15:49

No1です。

 私は設計士ではありませんので推奨的な数値は差し控えます。

<土間と土間の間には、エラスタイト・・・・
 =エラスタイトはスポンジ状ではありません。切断は目の粗い鋸必要。
 具体的にはどの部分ですか? 既設のコンクリート土間と今回の新設部の間なら
 施工後の不等沈下によって段差が出てきます。=要対策、また逆に目地が飛び出てくる場合も

<狭いので土間コン用の木鏝と、土間コン用の大き目な金鏝・・・・
 左官作業にとってこの施工幅は決して狭くありません。(一度に手の届く範囲の幅ならOKかも)
 従って、その中間位置での高さの目標が要ります。=具体的対策は?

 なおご承知ようにコンクリートは製造後時間とともに固くなってきます。一人で仕上げられる
 御経験はおありでしょうか? =所々にごく浅い水たまりが出来る事も考えられます。

<型枠に使うサン木?(3cm×4cm角の棒)を2、3mに切って均しに使おうかと思っています。
 通称トンボと言いますが、頑丈に作っておかないと壊れます、参考まで。
 なお、3Mのものではプロでも使いこなせません。 1Mと2Mの2種類くらい用意されては。
 形状的には断面が角では使い物にならず、板状の物で斜めに接するよう生コンを押したり
 引いたり出来る構造が求められます。

 バイブ使用の場合、その太さで能力も変わってきます。トンボによる荒均しとバイブを一人で
 することは出来ませんから、最低でも打設要員は3名ですかね。あとは体力次第。

また、コンクリート打設の場合「のろ」や浮水が発生します。これらの排除吸収対策も考えて、
通常は、排水勾配的に自然に流し、左官の工程で処理する。
余分なのろが多い所は白ボケしたり、長くこてでいじくっていると黒っぽく仕上がります。


鉄筋の配置に関しては一部読み違えによる計算違いの回答を出されていますので気にしないで、
しかし、かぶりは20-30mmもあれば十分ですから、なるべく縁部に配筋した方が有利です。
打設の時、20CMピッチと言うのは一番歩きにくく、鉄筋を踏んづけて壊すことの無いように
歩み板が少々必要です。また、スペーサーの用意も各種対応を。

<それと、底面には、厚さ0.15mm幅1800mmの防湿シートを敷く予定です。
 生コンの水分が土間に逃げないようにする手立てに良いですね。
 今回は適用外と思いますが、先に均しコンを施工の場合は不要。

スランプは、施工的にはポンプ車の配管径も考慮しなくてはなりませんが、12CMでも十分だと
思います。 生コンの配合設計は、生コン屋さんのコンクリート技師さんに相談されて下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

施工方法に関しての詳しい回答ありがとうございました。

エラスタイトというのは、黒いアスファルト成分を含んだ板のようなものですね。
ぼくが想像していたものとは違いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/21 15:42

>600mmを25本の鉄筋でわれば、600÷25=24mmになりませんか?


ああ、鉄筋の隙間のことですね。間隔といった場合は、普通、中心間隔をさすものですから。

>地盤は、かなり強固なので、当初の設計で大丈夫そうですね。
かなり・・・では140kN/m2には遠くおよびません。
カチンカチンに入念に突き固められて、ようやく達成できる地盤強度です。
当初設計では、長い間には土間コンが凹んできますよ。
(ちなみに最初に書いた30kN/m2は、普通によくある程度の土の締まりぐあいです)

それから、タイヤの空気圧を書いている人がいますが、土間コンの鉄筋量に影響するのは、タイヤがコンクリートに触れている圧力でなく、それが「それだけの範囲に広がって地面に伝わるか」です。
(地盤の強度-コンクリート重さ)が100kN/m2だと、1m2の範囲で上からの100kNの荷重を支えることができるので、荷重を1m2にまたがったコンクリートで支えることができるような配筋が必要になる理屈です。1m2にたいして影響があるようなタイヤの接地面積でないと、鉄筋への影響はあまりないわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答をありがとうございます。

10kN=1tf だから
140kN=14tfですね?

1m2(へーべー)に14tの重さがかかっても沈まない硬さってことですよね?
多分大丈夫だと思います。

https://www.tadano.co.jp/service/data/wdata/gr60 …
↑より1cm2あたり6kgは間違いなさそうです。
1cm2あたり6kgということは、1m2あたり60000kg=60tf

Nの単位にすれば、600kN/m2 >140kN/m2

今の地盤は、その車両が走っても沈んだりしません。
タイヤの接地面積よりも狭い、アウトリガーでセットしても沈みません。
ですので、できるだけ今の地盤を掘削したりして弱くしないようにして
施工するつもりです。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/15 01:53

GR-600N-1 施工用重量データ




走行姿勢でのタイヤ接地圧(計算値)


タイヤサイズ 505/95R25 183E


前軸 後軸

タイヤ接地幅[L] 40.5cm 40.5cm

タイヤ接地圧[W/2L] 244.7kg/cm 244.7kg/cm

タイヤ接地面積[S] 1650cm2 1650cm2 標準空気圧

タイヤ接地面圧[W/2S] 6.0kg/cm2 6.0kg/cm2 標準空気圧
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1cm×1cmの面積に対して6kgの接地圧がかかるんですね。
大丈夫そうな気がしてきました。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2013/09/15 01:18

N という単位は、国際単位統一(SI単位)によるもので、およそ 10N=1kgf、10kN=1tf です。


それから、No.2回答にも書きましたが、1mに25本は40mm間隔ですよ。

No.6回答にある、「締め固めが重要」というのはその通りで、強固に締め固めて地盤の強度を4倍の140kN/m2にすれば鉄筋は半分で済みます。
またダブル配筋にして、コンクリート厚も220mmぐらいにすれば d=80mmがd=160mmになり、またまた鉄筋が半分になります。これで鉄筋間隔は160mmですね。

なお、「タイヤの接地面が大きい」というのは、タイヤの接地面の大きさ程度では、それほど影響ありません。接地面が60cm角ぐらいなら、かなり効いてきますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>1mに25本は40mm間隔ですよ
鉄筋の太さが、0ならば間隔は40mmだと思いますが
D16が、25本ってだけで、16mm×25=400mm
600mmを25本の鉄筋でわれば、600÷25=24mmになりませんか?

まあ、25本の鉄筋ですから、正確に言えば間隔は24間隔だから
600/24=25mmですね。

どっちにしても、25mmの骨材はきついですね。

地盤は、かなり強固なので、当初の設計で大丈夫そうですね。

お礼日時:2013/09/14 00:07

>素人の上、人数も1人か2人なので、面積は


>5.5m×5.5m=30m2くらいです。

No5です そのくらいなら全然DIY おkですね、

クレーン屋さんですか、何時もお世話になっています(笑


どうでしょう?

土間の鉄筋の太さより 土間のコンクリ下の 天圧 それと

採石等の敷き詰め具合の方が重要な気がしますね。


ラフたークレーンのタイヤは 比較的 接地面積が大きいので

少々 末切りをした位でコンクリーが痛む事はないと思います、

通常 高荷重の土間で有っても せいぜい 4分筋(D12)程度です

ダブル筋で 下筋と上筋のスペーサーは 50~75mm程度

上筋からのコンクリかぶりは50mmから75mm程度 位じゃないかな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コンクリートの下の盤になるところは、かなり締まっています。
これを利用したいので、あえて掘削などしないで(多少の調整はしますが)
作ろうと思っています。

でも、やはりダブルにしなくてはなりませんかぁ・・・

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/13 23:59

土間の押さえは大変ですよ~、



何平米位の面積でしょうか 人間に手で つるつるに仕上げるのは

限界があります、





http://www.youtube.com/watch?v=Za1JZKRI7og

http://www.youtube.com/watch?v=ul9fZYSoVtY

http://www.youtube.com/watch?v=KjlJAW-jewc
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

素人の上、人数も1人か2人なので、面積は
5.5m×5.5m=30m2くらいです。

お礼日時:2013/09/13 23:00

枕木と砂利とレールがあれば済むんじゃないの?



第一 40トンもの重量の車両って何なんでしょう???

まさか 道路から常時出入りする物体でもないでしょうし・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

枕木と砂利とレールを、どのように使うのですか?
枕木を型枠に、砂利を盤、レールはおさえですか?

40tの車両は、60tのラフタークレーンです。
仕事があれば、道路から最低、1日2回出入りがあります。

お礼日時:2013/09/13 22:58

すみません、前の計算は、地盤強度からコンクリートの重さを引くのを忘れていました。


コンクリートの重さはコンクリートの比重= 24 kN/m3 なので
w=24*0.2=4.8 kN/m2
これを地盤強度から引いて(F=30-4.8=25.2として)計算しなければなりませんでした。
(前の計算は 地盤強度=34.8 kN/m2 の計算だと思ってください。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

でも、Nという単位がどうもわかりませんので
ごめんなさい。解読不能です。

お礼日時:2013/09/13 22:54

コンクリートの調合、左官仕上げ、ともに素人では難しいと思いますが。

。。
調合については、土間コンの場合、18-12-25N (呼び強度18N/mm2 スランプ12cm 骨材大きさ25mm)ぐらいのほうがよいように思います。安上がりですし、施工もやりやすいはずです。

配筋については、土間コンの場合、曲げ応力は地盤の強度Fと集中荷重Pで決まって、およそ
M=P^(3/2)/(π^(3/2)*√F)
地盤強度を30kN/m2(3tf/m2)とすると10t(100kN)の集中荷重では M = 32.8 kN.m/m
ただしこれは中央付近の応力なので、縁のほうはこれの2倍とみて 66 kN.m/m
鉄筋量は、コンクリートの表面から鉄筋中心までの距離dを施工誤差を考慮して80mm、鉄筋はSD295を使うとして引張り強度ft=195 N/mm2
at = M/(ft*7/8*d)= 66000000/(195*7/8*80) = 4835 mm2/m
D16は199mm2の断面積なので、1mあたりの本数 =4835/199=24.3 → 25本
40mm間隔で鉄筋を入れることになります。ちょっと鉄筋が多すぎるようなので、もっとコンクリートを厚くしてダブル配筋(dはコンクリート表面から遠いほうの鉄筋までの距離)にしたほうがよいようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

素人のため、ちょっと数式に関しては解読不可能ですが

1mあたり、D16の鉄筋が25本ということは、5.5mの正方形の土間コンで
275本のD16の鉄筋が使われるなんて、ちょっとナンセンスですね。

だいたい、1mに25本もD16の鉄筋を配筋したら
鉄筋と鉄筋の間が24mmで、25mmの骨材が通りません。

難しいですね。

お礼日時:2013/09/13 22:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリート土間の耐荷重が知りたい

土間コンクリートが、鉄筋が入っておりません。厚みは、10cm打ってあります。
土間コンクリートの耐荷重はどのぐらいになりますか、どなたか教えて頂けませんでしょうか

Aベストアンサー

コンクリートの圧縮強度は、1.8N/cm^2程度は期待出来るので、曲げ応力のかからない状況(下の地盤が沈下しない状態)ならば、圧縮強度までは期待できます。
地耐力が、コンクリートの圧縮強度以上ある場合は、1㎡=10000cm^2より、1.8N/cm^2×10000=18kN→1836kgfの荷重に耐えられます。
建物がべた基礎の場合は、長期地耐力は20kN/㎡以上あるはずなので、コンクリートの圧縮強度以上はあると考える事ができます。(布基礎の場合は、もっとあります)
そう考えれば、無筋コンクリートで、曲げ応力がかからないならば、18kN/㎡程度と言う事ですので、1㎡あたり1836kgまでならば、耐えられる事になります。
建物が、杭基礎などで、地盤改良をしていない場合は、盛土等により、地耐力が20kN以上は期待出来ないので、地盤の調査結果などを参照する必要があります。

Q土間コンクリートの配筋について

駐車場の土間コンクリートを施工するため、鉄筋はD-10の□150から200のシングルで検討しております。
左官の見習い程度の素人が施工しますため、鉄筋については既成品のメッシュワイヤーを利用したく考えておりますが、現場でD-10鉄筋で組むのと、既成品のメッシュワイヤーとは経費的にもかなり違ってくるものでしょうか。
また、施工のしやすさはどちらがよろしいのでしょうか。
素人的な質問となりましが、施工性と経済的な検討もしたいため、どなたかご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

防湿シートは、土壌の乾燥していない地域などに土との絶縁ということですが、生コンの過不足抑える意味でも使います。雨の養生にも役だちます。21Nでいいですね。あとは、2台分とかでしたら割れ防止に目地を入れるといいですね。レベル調整剤をかねて。私の方ではD10は使ってませんが(D8ぜんごかな?)重ねは全部固定しますね。

Q土間コンクリートの厚みは?

近々、倉庫の土間にコンクリートを打つ予定です。

そこで業者さんと話し合っている最中で、厚みを2通り勧められました。
1.コンクリートの厚みは70mm程度として、線径5mm,150mm角のワイヤーメッシュを敷く。
2.ワイヤーメッシュなしで、コンクリートの厚みは100mm程度。

どちらの方が良いでしょうか?
メリット、デメリットなどありましたら教えて下さい。

ちなみに、置いておく物(機械)で最大重量があるのはフォークリフトで4,5tです。

Aベストアンサー

お礼の補足について
最低ワイヤーメッシュを入れる事をお勧めします。
1tぐらいの軽トラ、1.5tぐらいのトラクターが頻繁に出入りするなら
推奨
コンクリート厚さ100mmのファイバーコンクリート打設(コンクリート設計強度F18)をお勧めします。
私が過去(平成5年)に設計した倉庫物件は、3tリフトが頻繁に走行する倉庫で、厚さ120mmファイバーコンクリート打設で、現在も何の障害も発生していません。
車両等が入る建物の土間には、下手なワイヤーメッシュや鉄筋配筋するよりファイバーコンクリート打設が強度も大きく大変長持ちします。
施工価格は、鉄筋配筋(D10タテヨコ@150)してコンクリート打設するのと同じくらいです。
コンクリートに入れるファイバーは、ドラミックスと言います。
ご参考まで

Q駐車場に使う生コンの配合

今度家の駐車場を作るため生コン車を依頼しようと計画しています。
コンクリートの厚さは150-200mmで150mmのメッシュの鉄筋を入れる予定です。しかしながら、駐車場を作る場合どのようなコンクリートの配合が標準的であるのかが分かりません。強度、スランプ、骨材はどれくらいのものを注文されているのでしょうか?また、セメントの種類は普通(N)でよろしいでしょうか?ご存知の方教えてください。なお、駐車場には普通車のみで大型車は入れる予定はありません。

Aベストアンサー

コンクリートの厚みは100mmでいいと思います。
配合は18-15-20Nで充分です。
また、生コンは朝1(AM9:00)で注文しましょう。
取は一輪車がいいです。
注文数量は 面積*厚み(0.1)*1.2くらいしてください。
*1.2とは食い込みの余裕です。糸を張って自信が有っても、最低0.25位の余裕を見ましょう。(追加は別途費用が発生&仕上げが面倒になります)

Q車庫の土間コンクリートの施工方法について教えてください。

自分で車庫の土間コンを施工しようと思います。あとはワイヤーメッシュをスペーサーで浮かして固定し、生コンを流すだけです。生コンは生コン屋さんにもってきてもらう予定です。そこで簡単に施工手順を教えてください。トンボで均一にならしてからどれくらいで木ゴテや金ゴテで仕上げるとかの生コンの目安、時間などです。道具は一通り揃っています。左官屋さん等で詳しい方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が、打設する部分の奥まで届かないときには一輪車で運ぶことになります。後は、ジョーレンやスコップ、そしてトンボで均一にならしますが、均しただけでは内部に気泡が入り、いわゆる「豆板」になりますから、全体にバイブレーターをかけると良いのですが、お持ちじゃないでしょう。で、代わりに棒で、突いて行くのです。(特に、基礎や、型枠の周辺を重点的に、型枠は、金槌で、こんこん叩いて振動を与えてやる)トンボで均した面は砂利が飛び出しているので次に、この砂利を沈めるために、角材(10cm角で、長さは2~3メートル)に足を付けて平均台のようなものを作り、これをひっくり返し、二人でそれぞれの足を持ち、息を合わせて打設したコンクリート面に打ち下ろして(バチャバチャという感じで)行きます、こうすると平らになりつつ飛び出していた砂利が沈み、代わりにモルタルが浮いてきますからその後のコテで均すのが楽になります。
一人でするなら専用の工具が売ってます(名前は知りません。土間均し専用工具で、長方形の金網に取っ手を付け、金網の横にゴムシートが取り付けられている形のもの)
木ゴテだけでも慣れれば砂利は沈んで行くようですが・・・・。
金ゴテ仕上げをしたいのであれば、木ゴテで均した後、表面に浮いた水が引くまでしばらく待ちます。(この、水の引き加減を見分けるのが素人には難しい)
金ゴテで撫でているときにコテが砂利に引っかかると石が浮いてきてきれいに仕上がりませんから、そうならないように、砂利はしっかり沈めて表面にはモルタルの層が出来るように木ゴテで均しておくのです。
金ゴテを使うときは、自分の足形が出来ないようにコンパネを敷いてその上に乗って作業をしますが、可能であれば空中に足場板を渡せるようにしておき、その上に乗って作業が出来れば最高です。
なお、金ゴテで均すときに「表面硬化剤」を使うと、コンクリートに色が付けられてしかも、硬くなり、ほこりが立ちにくくなります。
がんばって、すてきな車庫に仕上げてください。

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が...続きを読む

Qカーポートの土間コンクリート

素人ですが、我が家のカーポートの土間コンクリートを見よう見まねで自分でやるつもりでいます。
見ると土間コンクリートにメッシュの鉄筋を入れてコンクリートをならしていますが、プロの方教えて下さい。
コンクリートの配合はいくつですか?厚みは5cmくらいあればよいですか?ならしは専用のコテとかあるのですか?お願いします。

Aベストアンサー

生コンはN21-18-20かN21-15-20でしょ。強度ースランプ(硬さ)-骨材の大きさの順番ですが、夏場だしスランプ8とかは素人では無理。厚みは120mm以上、ワイヤーメッシュは6mmの50角。奥から手前に片流れ勾配なら、均せるかもね。一度均してから2時間位置いて、そ~っと乗れるくらいになったら、木ゴテで円を画くようにぐりぐり擦りましょう。そうするとノロ(セメントペースト)が出てきます。つるつるな仕上げが好きならば金ゴテで仕上げ、ざらざらが好きなら木ゴテ若しくはほうきで仕上げましょう。粗が目立たないようにほうき目仕上げが良いかなと思います。2㎥弱ですから3万円弱ですかね。上手く行くかは半々かな?でもチャレンジする価値はあります。何事も経験ですから、頑張ってみては。。。

Qコンクリートの養生期間について

早速質問させて頂きます。
コンクリートの養生は季節によって期間が違ってくるのでしょうか?
私は12月から家の方が着工しております。
基礎のコンクリートはこの時期、どれ位養生期間が必要ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋の良心として
 安全率を見込み、かつ、出来る限り工期を短縮して
 お客様の経済的負担を減らすという、二つの観点の
 中庸を取ると、大体この位になるでしょう。)


蛇足ですが、養生について少し。
養生ってのは、単なる放置じゃないんです。
もし、単に放置しているだけなら(極論すれば)いくら
放置していても駄目です。

【コンクリートの強度(実験結果より)】
 は打設(コンクリートを打ことです。)後1年の物の
 強度を100%としますと、約1ヶ月で80%、約3ヶ月で
 90%の強度が出ます。パーセントの強度が出ます。
 (それ以後も徐々に強度は上がります。 また、1年
  経過後も徐々に強度は上がります。)
 しかしそれも、その期間中に正しい環境条件としてい
 た場合。 コンクリは、85%以上の相対湿度で硬化が
 始まり、乾燥に伴う収縮も小さくなります。
 ですが、もし打設後直ぐの強度が十分に出ていない
 時期に、湿度が低すぎる状態にさらしていると、急激
 な収縮が発生して、コンクリの割れ・ヒビ(=基礎強
 度低下)が起きます。
 

そこで、養生期間中の注意点を少々。

【正しい養生(簡単に....)】
1.湿潤養生をする。(急激に乾燥させない)
 打設後、例えば乾燥しないように散水をする、表面から
 急激に水分が蒸発することを防ぐために、養生シート
 をかぶせる等。
 (高価な施行では、シートの代わりに"膜養生剤"と
  いうものを塗布する方法もありますが....)
2.温度保持
 養生中は、コンクリート温度を5度以上に保つように
 します。(保温・防湿シートによる養生等)
 もし日平均気温が4度以下になるようなら、凍害と
 いって、コンクリートの凍結(厳密にはコンクリ中
 の水分の凍結)が発生し、基礎強度低下の原因と
 なりますから、寒中コンクリートという施行方法
 (凍結しない、しにくいコンクリを用いる方法)
 を採ったり、気候を見てやったりします。


まとめますと、養生ってのは期間を取れば良いという
訳でなく、有る程度の強度が出てくる期間、すなわち
施工屋の基準なら一週間程度は、十分な養生をしてやる
事が肝心です。
ちなみに、季節によっても(コンクリ温度によっても)
若干変わりますが、冬だから劇的に短くなるって事は
ありません。

 ※私も専門はエネルギ・環境系で、この部門では
  2年ほどしか飯を食っていませんから、もし
  念を入れられるなら、町の設計士事務所等で
  依頼して、施工中の視察やアドバイス等を
  受けられることをお勧めします。

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q駐車場のコンクリート 鉄筋かメッシュか

駐車場を1台分広げようかと思い、
数社に見積もりをお願いしました。
外溝やさんとリフォーム店ではメッシュで、
造園屋さんは鉄筋を入れないと絶対にだめだといいます。
また、ある程度高さがあるので一般的なブロックではなく
型枠ブロックか天然石の入った丈夫なものでないと
検査に通らないと言われました。
外溝やさんに頼んだ場合、おそらく市を通したり
しないのでしょうが
造園屋さんの施工内容はかなりしっかりしすぎな
気がします。
一般的にはメッシュが主流だと思いますが
鉄筋を入れれば費用も数十万円違ってきますし・・・
実際に、ほとんどの一般家屋の駐車場の施工は
メッシュでしょうか?

Aベストアンサー

一般にはワイヤーメッシュで宜しいでしょう。
主に表面のひび割れ防止が目的です。
従ってコンクリートの上部側に配筋します。
鉄筋を入れるのは違った目的ではないかと思います。
上戴荷重に対しての物であれば下側に配置すると思われます。

どちらがしっかりしていると言う事では無いと思います。
造園屋さんでも一定の知識がある方も居ると思いますがお話しの内容からは過剰設計に思います。
路床・路盤の状況によりますので参考意見としてお考え下さい。

Q駐車場のコンクリート打設後の養生期間

駐車場のコンクリート打設後の養生期間はどれ位取れば十分なのでしょうか。
今月26日に引越しをしますが、4トンクラスのトラックが来ると思います。
あと1週間位しかないので、引越し後にしてもらった方がいいのでしょうか。
場所は九州で零度以下になることはないと思います。

Aベストアンサー

後1週間で、今からコンクリート打設。
4トントラックを乗せるのはやめたほうがいいと思います。

実際問題としては2~3日すれば割れることはないと思いますが、用心のためには普通車でも1週間は置きます。

といいながら、なかなか難しい状況も多いので普通車クラスでしたら2日くらいで乗ったりしますし、きちんと施工していれば割れたという話もあまり聞きません。

でも、4トントラック。
もし後回しでもどうにかなるのなら、後回しにしたほうが安心ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング