45歳、乳がんで、見つかった時にはもうリンパと肝臓に転移していて、ステージ4と言われました。

転移があるため手術はできない。
そのため、根治はなくて、治療の目的は延命だといわれました。
ここ数か月のいきなりの出来事でパニックです。



去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?



免疫療法や温熱療法など、いろいろなものがあるようで、詳しいことが知りたいです。

治療された方、詳しいことを知って見える方、その他どんな情報でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。



抗がん剤の治療は今月から始めたばかりで、
今は、エンドキサンとファルモルビシンを投与しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

乳がん ステージ」に関するQ&A: 乳がんステージ4,肺に多発性転移があります。トリプルネガティブでした。半年前から、アバスチン、パクリ

A 回答 (8件)

4月に乳がんの告知を受け、5月に全摘出手術、現在ホルモン治療中です。


質問者さまのさぞお辛い気持ち、本当によくわかります。私も最近になってようやく、普通の精神状態になりましたが、しこりを見つけた3月から治療が始まる7月くらいまでは、何を見ても悲しく、テレビもを見ることも本も読むこともできずに泣いてばかりで、精神科にも通いました。

同じ病気にかかり、転移再発したという人にも出会い、ネットのブログでもよく見かけますが、私は転移再発しても、乳がんは10年以上延命できる時代になっているように感じています。
ですので、再発の不安と恐怖に悩まされながも、「うまく治療すれば大丈夫・・・」なんて、考え方を変えるようにしています。先生も「乳がんにはいい薬がたくさんある」とおっしゃっていました。

>去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、
1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?

トリプルネガティブとか、特殊な悪性度の強いがんなのでしょうか?
専門家なのでわかりませんが、私も2年に一度、マンモの検診を受けていましたが、結局自分で見つけるまでわかりませんでした。(ステージは違いますが・・・)
最後までマンモグラフィーに私のがんは写らず、結果的には
「検診=無効=自分にとってかえってマイナスだった」(ただの被ばくにすぎなかった)ことになりました。
ピンクリボン運動とか、「乳がんは早期発見が大事です。検診を受けましょう。」とかきくと、腹立ちさえ感じます。
啓蒙の言葉を変えない限り、私はそのような運動にはこれからも参加しないつもりです。
検診を受けたために結果が不正確で発見が遅れた人を無視していますよね・・・。少数派だから・・・というのは悲しい考え方です。

治療は、検診を受けた病院ではないと推測していますが、経済的に可能なら、他病院でのセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
私は手術後の病理診断結果に不安をいだき、セカンドオピニオンを求めたところ、大きく診断結果が変わり、それによって治療方法まで変わってしまいました。
命にかかわることですし、遠慮せずにセカンドオピニオンを求めた方がいいと思います。
世間で言われる症例数の多い有名な病院、イコール絶対ではない、という教訓も得ました。

また、心配や不安、疑問は、無料のネット相談を利用しました。
例えば「神奈川乳がん相談室」や「ティームオンコロジ―」などの掲示板などです。ここでは専門的なことが質問できます。
ちょっとした乳がん以外の相談なら「アスクドクターズ」(月ごとに安価だったと思います)などでも相談できます。他にもいろいろ出てくると思いますから、情報化社会を存分に利用していただきたいです。

抗がん剤の副作用など、これから辛い治療が続くと思いますが、乳がんは治療法も豊富で、長く生き延びることのできるがんですから、あきらめない、粘り強い精神力と、自分にとって最善の治療方法を見つけることが大切だと思います。
精神的に辛い時は、精神腫瘍科なども利用すると心が楽になると思います。

どうかあきらめずに、前向きな気持ちでがんばっていきましょう。
私たちの死亡率は、がんでない人も等しく、100%ですからね。
    • good
    • 510
この回答へのお礼

治療している病院に確認したら、トリプルネガティブではなかったし、
おそらく何年か前から癌はあっただろうといわれました。
悔しいです。
お互い、健診に関してはいろんな思いがありますよね。

私も、諦めないで、粘り強く生きていきたいと思います。
お互いに頑張りましょうね。

お礼日時:2013/11/12 09:53

進行が早い癌の場合、1年以内にステージが進行することもあります。

温熱療法や民間療法など、色々な治療が巷ではありますが、科学的にしっかりと効果が証明されたのは今お受けになっておられる化学療法のみです。効果がないものに惑わされず、しっかりと治療を進めて参りましょう。
    • good
    • 15

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

去年も検診を受けていたのに、いきなりステージ4告知はショックですよね…。


私自身が体験した治療ではないので、確かなことは言えませんが、鹿児島にあるUASオンコロジーセンター(放射線治療を行っています。)も選択肢の一つにいかがでしょう?

ただし、こちらは標準治療ではないので、保険がきかず、治療費が自己負担です。
だいたい200~300万円程度かかるみたいですね。(遠方の方だと、これにホテル宿泊や交通費などもかかります。)

ネットで検索すると、実際に治療を受けた人の話もありますので、参考にしてみて下さい。

尚、どんな治療を受けるにしても効果には個人差がありますし、副作用が伴うことも多いものです。
上記のUASオンコロジーセンターにしても、他の病院で治療を受けるにしても、しっかり医師から治療方法の説明を聞き出来る限り納得のいく選択をされてはどうかと思います。
    • good
    • 210

おはようございます!



自分も、前立腺がんで、悩んで、いろいろな本を見たり、インターネットで、調べたりしました!

最後は、放射線治療を受けて、正常値に戻りつつあります!

その時に、調べたホームページをいくつか載せておきます!

参考にしてください!

紅豆杉(こうとうすぎ) 中国の王様しか使わなかった薬です! 癌・花粉症などにいいらしいです?

福岡天神の大丸デパートでも販売しています!

紅豆杉ホームページ

http://www.kotosugi.co.jp/index.html

癌・健康食品のニュース!

http://www.men-eki.net/
    • good
    • 125

家族が乳がんで再発治療中で、肝臓や肺に転移しています。


転移の場合、根治は難しいですが、がんを進行させなければ大丈夫です。

今は、世界中で様々な新しい薬を開発しており、
日本での保険適用承認も以前に比べ、格段に早くなっています。

がんの進行をできるだけ抑え、新しい薬を適宜使っていければ、
がんに追いつかれることはありません。
ともかくあきらめずに、粘ってください。

今から治療するということは、それだけたくさんの薬や治療法が残されて
いるということですので、十分がんばれます。


がんの治療についてですが、うちの場合、ステージIIIで見つかり、片側を
全摘する手術を行いましたが、2年足らずで転移してしまいました。
手術は肉体的にも精神的にもダメージがありますので、再発するなら
余計な手術をしなければよかったと思うこともあります。

手術前の化学療法で、パクリタキセルとFEC、術後に放射線治療を行い
ました。
転移後は抗がん剤をゼローダ、ナベルビン、パクリタキセル+アバスチン、
ハラベンという順で使い、途中からホルモン剤のフェソロデックスも併用
しています。

乳がんはがんのタイプごとに標準治療がきまっており、どこの病院でも
大差はないようですが、うちは骨に転移した影響で白血球が下がりやす
かったため、使用する容量やサイクルは少なめに(継続を第一に)して
もらいました。

抗がん剤治療は効果がありますが、脱毛や吐き気などの副作用もあり、
これはこれで大変ですが、「がんに負けない」気持ちを強くもって
がんばってください。

PS.うちもがんとわかるまで、3人のお医者から「がんではないですよ」
   と言われ、そのたびに安心してしまいました。
   「がんではない」という誤診がどれだけ重大な結果を招くかを
   患者の立場に立って考えてもらえていれば・・・と思います。
    • good
    • 229
この回答へのお礼

1961augさん、ありがとうございます。

同じ病気と闘っている方に励ましてもらえると心強いです。
お互い、頑張りましょう。

3人から癌ではないって言われたんですか?
それは酷いですね…。
ちゃんとしてほしいですよね。

お礼日時:2013/10/28 22:48

西洋医学が万能ではありませんよ。

むしろ、抗がん剤は癌細胞も殺しますが、健康な細胞もダメージを受けます。私の友人も乳癌で、その人の為にいろいろ調べました。免疫療法では、メシマコブ、アガリクス、チャガ等キノコ類、βグルカンなど、どれも個人差がありどれがベストとは言えませんが、ネットで検索して御覧になると良いでしょう。酵母から作られるβグルカンは、キノコ類より免疫機能を高めてくれるらしいです。それに、それほど高価ではありません。これもキーワード検索で簡単に見つかりますから、ご自分の目でお確かめになると良いと思います。それともう一つ、免疫力を高めるだけでなく、癌細胞の自滅を促す(アポドーシス)作用を持つ、フコイダン療法もあります。これは、抗がん剤治療と並行して行うやり方もあるようです。フコイダンにもいろいろあり、選ぶのは難しいですが、「大阪吉田医院」で検索なさると良いかもしれません。
まだ「有機ヨード」なんてのもかなりよさそうです。製造会社電話窓口で相談にのってくれます。何より大切なのは、落ち込まないこと!絶対に自分で治すぞと、強い意志を持って明るい気持ちで過ごすこと!大丈夫、頑張ってくださいね。取り急ぎ、思い出すだけ書きました。乱文ごめんなさい。
    • good
    • 116
この回答へのお礼

3magoba-baさん、回答ありがとうございます。

今まで西洋医学の方ばかり調べていたので、違う方向からのものを教えていただき、
とても参考になります。

落ち込まないこと。 自分で治す強い意志を持つ。 明るい気持ちで過ごす。
実践したいと思います!

頑張ります!

ありがとうございました。

お礼日時:2013/10/29 17:34

(Q)去年の乳腺専門病院での乳がん検診では異常なしと言われたのですが、


1年でステージ4まで行くものなのでしょうか?
(A)普通はありませんが、可能性がないわけではありません。
特に、トリプルネガティブと呼ばれるタイプの乳がんは、
進行が速いです。

起きてしまったことは、どうしようもありません。
昨年の検査が見逃しだとしても、質問者様の状況が
良くなるわけではないので、そのような話は後回しにするか、
他の人に任せてしまいましょう。

まずは、ご自分の乳がんのタイプがどのようなタイプであるのか
ということを知ってください。
タイプによって、治療が違うからです。

免疫療法には、色々な方法がありますが、
自由診療で高価であること、
巷で思われているほどには、効かない
ということを知ってください。
http://www.j-immunother.com/therapy/record.html
どこも、似たようなものだと思ってください。
癌が消えてなくなれば万々歳ですが、
そうではない場合、無治療で、現状維持ではなく、
バカ高い治療費を払い続けて、治療を続けているという点に
注意してください。
効かなければ諦めもつくでしょうが、
続けなければならないとなったとき、
金の切れ目が命の切れ目となる危険があります。
言い方は悪いですが、確率の悪い賭けです。

化学療法を受けているならば、まずは、
専門医の意見を聞いてください。
セカンドオピニオンで良いです。
セカンドオピニオンを誤解している人も多くいるので、
正しい意味を検索して、把握してください。
ドクターショッピング(医師を替える)と誤解している人が
多いので……
抗がん剤の専門医のリストです。
http://www.jsmo.or.jp/system/pdf/senmon.pdf

まずは、先生からの説明を良く聞いて、理解してください。
ご自分の病状を正しく理解しないと、
治療方法もわかりません。

ついでに、
「サイコオンコロジー」
「医療コーディネーター」
の2つも検索しておいてください。
この言葉を知らない、がん患者も多くいます。
    • good
    • 88
この回答へのお礼

rokutarou36さん、ご意見ありがとうごさいました。

そうですね、なってしまったことはもうどうしようもないですもんね。

免疫療法も、良く書いてあるようなものではなかったんですね。
教えてくださってありがとうございました。

きちんと自分の癌のタイプを把握して、考えたいと思います。

お礼日時:2013/10/28 17:33

>去年の乳腺専門病院


ご心配ですねとにかく一度ここにすぐ再訪し確認

この回答への補足

kyoromatuさん、回答ありがとうございます。
去年の専門病院には確認してみましたが、まったく何も異常はなかったといわれました。
ただ、先生の対応がすごく冷たく、本当かどうか疑問に思えるような感じでしたが、
異常はなかったといっているので、それ以上何も言えませんでした。

補足日時:2013/10/28 11:19
    • good
    • 187
  • 前立腺がん<男性生殖器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    前立腺がんとはどんな病気か  前立腺がんは、欧米では男性がん死亡例の約20%(肺がんに次いで第2位)を占める頻度の高いがんですが、日本では約4・8%(2004年神奈川県)と比較的頻度の少ないがんです。  日本人男性が1年間に前立腺がんと診断される人数は、人口10万人あたり28・6人(年齢調整罹患率、2004年神奈川県)で、胃がん、肺がん、結腸がんに次いで4番目、男性がん全体の12%を占めています。  年齢...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早期の乳がんでステージ4ってありえますか?

先日母が乳がん健診でステージ4と診断され、
詳しく検査した結果「早期の乳がん」と
お医者さんからいわれたそうです。
最初に母から聞いたのがステージ4と聞いていたので
驚いて私がネットでいろいろしらべたら、
ステージ4は早期ではないことをしりました。

1.お医者さんの告知でステージ4の患者を
「早期の乳がん」と告知することはありますか?

それとも母が健診の結果を間違えてるのでしょうか。
私は会社勤めではないので、
検診の結果がどうやって記されているのか
わかりません。

2.会社での乳がん健診の結果は
 ステージでしるされているのでしょうか?

こちらの質問事項をみていたらカテゴリーという言葉も
出てきていましたが、

3.カテゴリーとはなんですか?
 
以上、答えて頂けたら本当に嬉しい限りです。
みなさん、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

早期の癌は1期から2期までのものを言いますので、4期は進行癌という事になります。したがって、早期がんで4期というのはありえません。健康診断くらいで進行具合まではわかりません。癌と聞いて気が動転し、お母様が勘違いしたのではないかと思います。
 今は正しい病期を伝えるはずですが、病院によっては気を使って、本人には正しく言わないところがあるのかも知れません。ご家族が付き添って、今の主治医に確認するのがいいと思います。
 カテゴリーというのは1から5まであって、1は、ほぼ良性であろう腫瘍、2から5になるまで段階的に悪性の可能性が増し、5はほぼ100パーセント悪性という分類です。
 どうぞお大事に。

Q乳がん ステージIaの抗がん剤治療は必要か

現在オーストラリアに在住している者(36歳)なのですが、先月右の胸に乳がん1.6cmが見つかりました。すぐに手術で周りの怪しい組織そして一番近いリンパも検査のため、一つ取り除き、その結果はネガティブでした。乳がん自体の結果はステージIa、グレード2、ER+(90%)、PR+(80%)、Her-2はネガティブ。抗がん剤、ホルモン治療、放射線治療を勧められていますが、放射線治療 5週間の後にホルモン治療を2~3年続けようかなと考えています。その後、自然に妊娠できなければ、冷凍している受精卵を使ってIVFを考えています。抗がん剤をしない為に今後、再発する危険性は高くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

専門用語が多くてわかりにくいでしょうが……
http://www.jccnb.net/guideline/images/gl20_2010.pdf
質問者様の場合、浸潤性乳がんに該当すると思われます。
12ページをご覧下さい。
ER、PR陽性の場合の治療基準が示されています。
質問者様は、HER陰性になります。

全身性アジュバント療法-ホルモン受容体陽性
HER2陰性、BINV6となります。
アジュバントとは、補助療法の意味です。

14ページをご覧下さい。
表の左から3つめ、中ほど……
0.6~1cm、グレード2……
1cm超え……
の部分に該当します。

遺伝子検査を実施しない場合には、化学療法をすることになります。
遺伝子検査をして、再発スコアが低い場合には、
ホルモン療法だけで良いことになります。

治療の選択権は患者側にあり、
化学療法を受けないという選択肢は、あります。
そのためにも、担当医と話し合ってください。

Q大腸がん、腹膜に転移ステージ3、なぜ?

80代の父が直腸がんの手術をしました。
がんは直腸から腹膜に食い込んでいたそうです。
腹膜から取り出したがんは小指の先ぐらいでした。
どの本を見ても腹膜にがんが達しているとステージ4となっていますが、
医師の説明では4ではなく3の一番進んだものとのこと。
これはどうしてでしょうか?
また5年生存率はステージ4と同じでしょうか?

Aベストアンサー

腫瘍が直接腹膜に浸潤しているときはT4aで、遠隔転移がなければStageIIIbかIIIcです。
お父様はリンパ節転移があったのでStagaIIIcだったのでしょう。
また、少しでもはなれた腹膜に転移があれば遠隔転移ありM1でstageIVです。
下記のサイトのページをめくるとわかります。

参考URL:http://cancerstaging.blogspot.jp/2005/02/colon-and-rectum.html

Q乳がんでリンパ節への転移がある場合、即抗がん剤治療になるの?

54歳の母が29日に乳がんの手術をしました。
リンパ節への転移は病理検査の結果を見ないとわからないということで、現在その結果待ちの状態です。
私の母のしこりは約3.8センチと1.5センチそれぞれ独立した別のもので術後の主治医の説明ではステージ2というお話でした。
触診ですこし硬いものが触れていたので、おそらくリンパへの転移もあるでしょうから、術後の治療はホルモン療法と抗がん剤になるでしょうという話でした。リンパの転移の数に関係なく、転移があれば即あの辛い副作用の抗がん剤を使用しなければならないのでしょうか?
一般的にリンパの転移はどれくらいなら多いと判断するのか判らないのですが、
経験のある医師なら、術中に「多いか少ないか」くらいの判断はある程度可能なものなのでしょうか?母の主治医は「おそらく転移はあると思うけど、はっきりしたことはわからない」と言うあいまいな言い方でした。

Aベストアンサー

私どものところでは、stage2では使う場合もあるし、使わない場合もあるので、そこは何とも言えないです。ちなみにstage3以上では全例に抗癌剤を使っています。抗癌剤は使用する可能性も十分あると思っておいた方がいいと思います。ただ、どんな薬を使って、どういう方法でというような全国的に決まった方法は確立されていないので、医師の判断によるところ多いです。

それから、術中に「多いか少ないか」わかるかといったら、わからない、というのが答えです。肉眼的には判断できないからです。不安でしょうが、医師というのはデータがないうちは歯切れのいい言葉で安心させてあげることができないんです。主治医が曖昧な物言いをするのも当然とおもわれます。一言一言に責任があるので。

抗癌剤ですが、おそらくタキソテールかCEFが使われるのではないかと思います。まあ、ほかにもありますが。共通する副作用は、吐き気、脱毛などです。個人的にはタキソテールが副作用がマイルドなので好きです。(これは3年くらい前に認可された比較的新しい薬です)が、個人によって効くか効かないか変わるので、これも何とも言えません。

歯切れの悪い回答で申し訳ありませんでした。

私どものところでは、stage2では使う場合もあるし、使わない場合もあるので、そこは何とも言えないです。ちなみにstage3以上では全例に抗癌剤を使っています。抗癌剤は使用する可能性も十分あると思っておいた方がいいと思います。ただ、どんな薬を使って、どういう方法でというような全国的に決まった方法は確立されていないので、医師の判断によるところ多いです。

それから、術中に「多いか少ないか」わかるかといったら、わからない、というのが答えです。肉眼的には判断できないからです。不安でしょう...続きを読む

QステージIV:癌摘出後の抗がん剤治療について

はじめまして。抗がん剤の使用について教えていただきたいです。

去年、父が大腸癌で入院をすることになりました。
検査の結果、既に肝臓にも転移しており、ステージは、IVです。

当初の予定では、手術にて癌を全て摘出し、抗がん剤治療を受けるとのことだったのですが、

大腸(横行結腸)の癌 及び、肝臓(約6割)を摘出したあと、
主治医より、「抗がん剤治療は、今後転移した場合に使用しましょう。
なので、抗がん剤治療は行いません。」
と言われました。

本人は、「抗がん剤治療をしなくて済む」と喜んでおりますが、
わたくしとしましては、
・抗がん剤治療をしないと癌が進行してしまうのではないうのではないか?
・ステージIVなのに、抗がん剤治療をすすめない場合もあるのか?

と疑問に思っております。

主治医に聞くことが早いとは思っておるのですが、
本人を同席して話を聞くには、ショックが大きいかもしれないと思うと
主治医に聞くことができません。

どなたか、お詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

http://www.jsco-cpg.jp/guideline/13.html
http://www.jsco-cpg.jp/item/13/algo.html
大腸がんの診療ガイドラインの治療アルゴリズムによると、「遠隔転移巣ならびに原発巣がともに切除可能な場合には,遠隔転移巣の切除を考慮する。その際,原発巣には根治切除を行う。」となっているので、原発巣である横行結腸の癌と、肝臓転移巣の手術が患者さんの同意の上選択されたのかもしれません。

また、大腸がんの術後補助化学療法は、治癒切除が行われたStage III結腸癌がガイドラインでは治療が推奨されているようです。
また、化学療法自体は、切除不能転移・再発大腸癌が対象のようです。

病状は、各個人によって異なりますし、各種臓器の機能も均一ではありませんから、それぞれの病状に応じて治療内容がガイドラインから外れることもあると思います。

予後や再発した時の治療についてなど、ご家族として知っておきたいこともあるでしょうから、お父様の許可が得られるのであれば、担当医とご相談されるのが良いかもしれませんね。

参考URL:http://www.jsco-cpg.jp/guideline/13.html

http://www.jsco-cpg.jp/guideline/13.html
http://www.jsco-cpg.jp/item/13/algo.html
大腸がんの診療ガイドラインの治療アルゴリズムによると、「遠隔転移巣ならびに原発巣がともに切除可能な場合には,遠隔転移巣の切除を考慮する。その際,原発巣には根治切除を行う。」となっているので、原発巣である横行結腸の癌と、肝臓転移巣の手術が患者さんの同意の上選択されたのかもしれません。

また、大腸がんの術後補助化学療法は、治癒切除が行われたStage III結腸癌がガイドラインでは治療が推奨されている...続きを読む

Q子宮がん、肝臓がん、腎臓がん、大腸がんによく効く画期的な治療は?

親が子宮がんです。手術しましたが再発ありうる状態だそうです。
また、肝臓がん、腎臓がん、の可能性も今後あるとのこと。
そして、大腸がんになりやすい体質と判明しているのでよくないことなどあったのですが、これらによく効く画期的な治療はどんなものがあるでしょうか?

保険対象外ならばというものもあるそうですが、兵庫の粒子線治療は300万とかするらしいですが、よく効くならば対象外を優先したいくらいです。

情報お持ちのかたいらっしゃいましたら宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私の友人も癌と告知され、セカンドオピニオンとして全国にある癌専門の病院を調べていました。そのなかのサイトとして非常にわかりやすかったサイトを参考までに添付いたします。癌専門の名医が載っているTVですので是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.meiitv.net/cancer/index.html

Q胃がん ステージ4

義母が、先日胃がんのステージ4と診断されました。
他の臓器への転移は、検査の上では、見られないけれども、リンパに転移が見られるとのことで、ステージ4と言われました。
今週から、抗がん剤の治療を始めました。TS-1とシスプラチンだそうです。
それらを、2クールしてから、年明けに胃の全摘手術をします。
ステージ4とは、やはりかなり深刻なのでしょうか?
抗がん剤をして、全摘手術をすると、また元気な義母になってくれるのでしょうか?
主人は一人っ子で、私のこども達も小さいので、まだまだ元気でいて欲しいのですが。

手術をしてみないとわからないとは思いますが、今後のことをどれぐらい考えなければならないのか、全くわかりません。
同居ではない、私はどんなふうに考え行動すればいいのでしょうか。。。

Aベストアンサー

2年前に義父が胃がんのステージ4と診断されました。
同じように他臓器に転移はありませんでしたが、リンパには転移していて、胃の全摘と転移したリンパの
切除手術をしましたが、手術してからちょうど2ヶ月で亡くなりました。

NO.2さんも書いておられますが、ステージ4で年明けの手術というのは疑問に思います。
他臓器に転移しているよりもリンパに転移があるというのは、かなり悪い状態なのです。
もう一度、医師に確認されたほうがよいと思います。
場合によっては、セカンドオピニオンをしてもよいのです。

告知の問題は私はどちらともいえませんが、お義母さまも自分の状態がなんとなくわかっていると思います。
辛いでしょうが、今あなたやご主人ができることは、この診断が正しいのか、ほかに治療法はないのかなどを調べたり医師と相談したりすることです。
そして最悪のことも考えて、お義母さまや家族が後悔しないようにすることです。

Q肝臓がんのリンパ節の転移について。

肝臓がんで、リンパ節に転移しました。肝臓の近くだということです。
現在50代で、末期がんです。治療法はないのでしょうか?
(医者からは、治療法はないと言われました)
医学的な知識がまったくないので、的外れな質問になるかもしれませんが、転移した場合、そのままリンパ節の同じ場所でとどまり、おとなしくしているということはありえないのでしょうか?それとも、絶対的に広がってしまうのですか?広がるとすると、平均的にしてどれくらいの期間で、広がってしまうのでしょうか?また、移植ということはできるのでしょうか?わたし自身がこの病気をしている本人ではないので、病気の詳しい情報は、末期がん(肝臓)であることと、抗がん剤をつかった治療は効果がなかったということ、50代ということ、肝臓近くのリンパ節に転移しているということ、治療法はもうないといわれたことくらいです。よければ、経験上、または聞いた話、まわりの人で同じような症状になった方の話があれば教えてください。どんな情報でもいいので回答おねがします。

Aベストアンサー

原発性肝細胞癌の約60~80%は、B型肝炎ウイルスまたはC型肝炎ウイルスによるウイルス感染が原因で、ウイルス感染後約20年ほど経過すると肝細胞癌を発生しています。ですので、肝硬変や肝細胞癌が発生する前に、ウイルス感染の有無を抗体検査して、B型またはC型肝炎ウイルスをインターフェロンαで治療することが何よりも肝心なのです。但し、誰にでもインターフェロンαが有効という訳ではないところが、この病気の治療の難しさなのです。あなたの場合は、ウイルス感染の有無はどうでしたか?

さて、肝細胞癌と確定診断され、癌細胞が肝臓内に限局しているのであれば、肝臓は比較的自己再生できる臓器ですので、根治を目指した外科的摘出術を施行するがベストです。しかし、あなたのようにリンパ節転移(肝細胞癌は本来血行性転移を来し易い性質を有していますし、リンパ行性転移も来します)があり、遠隔転移を来す可能性もある症例では、根治を目指した外科的摘出術などの治療が適用外となり、寛解=根治することは残念ながら困難になります。
しかし、肝細胞癌の治療には、寛解=根治できないまでも、症状緩和や延命を目的とした様々な治療戦略……(1)エタノール注入療法(PEIT)。(2)肝動脈塞栓療法(TAE)。(3)マイクロ波凝固療法(MCT)。(4)放射線照射。(5)経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)。(6)養子免疫療法。(7)陽子線照射治療。(8)化学療法(抗ガン剤)。(9)肝移植……が立てられますので、以下のサイトで肝細胞癌に対する治療の可能性に付いて、詳しく学んでください。

■コンセンサス癌治療
http://www.cancertherapy.jp/top.html

■がん情報サイト
「PDQ日本語版(専門家向き)」→「治療(成人)」→「原発性肝癌(成人)」
http://cancerinfo.tri-kobe.org/

■がん患者のあきらめない診察室
「肝、胆、膵がん」の最新抗がん剤治療
http://2nd-opinion.jp/index2.htm

原発性肝細胞癌の約60~80%は、B型肝炎ウイルスまたはC型肝炎ウイルスによるウイルス感染が原因で、ウイルス感染後約20年ほど経過すると肝細胞癌を発生しています。ですので、肝硬変や肝細胞癌が発生する前に、ウイルス感染の有無を抗体検査して、B型またはC型肝炎ウイルスをインターフェロンαで治療することが何よりも肝心なのです。但し、誰にでもインターフェロンαが有効という訳ではないところが、この病気の治療の難しさなのです。あなたの場合は、ウイルス感染の有無はどうでしたか?

さて、肝細胞...続きを読む

Q子宮頸がんの私のステージは・・・

不正出血で細胞診をしてもらったところ
「高度異型成~初期がんかも」ということでがんセンターへ。

がんセンターで組織診をしてもらったところ
「扁平上皮癌・浸潤癌・腺がん」かもしれない。

「まず、円錐手術で病理検査をしてから子宮摘出範囲を決めます。
急ぎましょう。」
と言われました。

私はかなり悪いのですか?
ステージでいえばどのくらいなのだろうか・・・

Aベストアンサー

No.1です。
追加で……

腺がんの場合には、切除範囲が広がる可能性があります。
いずれにしても、病理検査を結果を待つ以外に
方法はありません。

サイコオンコロジーという言葉をご存知でしょうか?
検索をすることをお勧めします。

ついでに、医療コーディネーターという職業の人がいることも
知っておいてください。
利用するかどうかは別として、
情報として、知っておくべきだと思います。

また、がん保険に契約しているならば、
保険会社が提供する情報や相談も利用してください。

Q乳がんの骨転移 遠隔転移 今年62歳になった母の事です。 10年ほど前に乳がんになり切除し元気に生活

乳がんの骨転移 遠隔転移

今年62歳になった母の事です。
10年ほど前に乳がんになり切除し元気に生活してきました。
それが11年目に入った先週、骨に転移してるということが検査でわかりました。
腰が痛くて圧迫骨折と診断されて不安に思って検査した結果です。
医師には即抗がん剤を使い、6回やったら放射線治療をしようと言われました。
とりあえず説明を聞いたら腰骨と背骨に3箇所転移しているとの事です。
肺とか脳とか内臓は全て綺麗だと言われました。
ただ不安なのでネットとかで色々調べたら骨転移は余命何年とか言われるみたいなんですが母は何も言われていません。
これはまだ大丈夫という事なのでしょうか?
それとももう危ないけど言わない感じ?
小林麻央さんが乳がんで亡くなったばかりだし、会社の人も乳がんの再発で亡くなったばかりなのでとても怖いです。
どなたか何か分かることありますか?
ネットももう怖くて見たくありません。
本も怖いです。
ただ覚悟はしようと思います。

Aベストアンサー

いつ死ぬかではなく、これからをどう生きるか、ではないですか?
私も乳ガンの治療を終えて10年以上経っていますが、死は誰にでも平等に訪れる以上、死ぬまで生きるだけかと。
それこそ今日交通事故で死んでしまう可能性だってあるのですから。

泣いても笑ってもその時は訪れます。
ならば、笑っている方が良いだけだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング