これからの季節に親子でハイキング! >>

弊社の給与は、15日締、当月25日支給なんですが、
このたび、社員が入社しまして、11日に入社になったのですが、交通費の日割りはどうしたらいいと思いますか?

給与の支給が25日なので、そのときに1か月分の定期を渡したほうが良いのか、11日に一ヶ月の定期代を支給したほうが良いのか、わからなくなってしまいまして。
11日に渡すと、12月11日に定期が切れてしまいます。
そこから25日までの交通費はどうすれば良いのか教えてください。

無知で申し訳ありません。

A 回答 (3件)

まずお聞きしたいのは今まで前例がないのでしょうか?


また、こういった場合の計算は事業所ごとに決めるものです。
質問者様が決まりを作ることを一任されているのであれば、
ここでアドバイスを受けることもありとは思います。

それを踏まえて、私が今まで実際に経験してやっていた計算方法は次の3通り(3社)です。
1、入社日から締日まで、通勤した日数×一日あたりの往復交通費
2、1か月定期÷所定勤務日数×締日までに通勤した日数
3、1か月定期÷締日までの暦日日数×入社日から締日までの暦日日数
上記の金額を最初の給与支給時に支給というやり方でした。
このように各事業所で、決まり事があります。
ちなみに、定期が切れる時期を考慮することは無いです。

もし、質問者様の会社で決まりが無いのなら、この際、上司に相談の上決まり事を作っておくことを
お勧めします。傷病手当金の受給申請を作るときに、どういう計算方法で算出したのか書いたりする
機会もあるからです。

締日まで日にちが迫ってきていますから、質問者様が無知なのではなくて、
上司にお聞きになってみてくださいね。解決すると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

前例はありました。
ですが、少し疑問に感じた為、質問させていただきました。
詳しい回答をありがとうございます。
参考にして、規定を設けてもらいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/12 16:08

一般に、最初の14日間はすぐにクビにできるようにw、日割り(回数券等)


予告が必要になる15日目から定期。本人に買わせて領収書で支払う。
単純な実費でなく、一定額を賃金と一緒に支給する場合は締め日に合わせます。支給日ではない。
でも、ちゃんと文書化した規定を作ってね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

規定がないため、こんなことになりました。
今度きちんと作成してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/12 16:05

通勤費の支給には標準的な方法はありません。



会社で決めるしか有りませんから就業規則等の規定に従うか前例にならうより他にありません。
規定も前例もないのならこの際規定を作るべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

会社の規定がないため、質問させていただきました。
これからの為の参考にさせていただきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/11/12 16:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通費(定期代)の日割計算

交通費(定期代)の日割計算について質問です。
うちの会社は3ヶ月定期が標準なのですが、月の途中で入った場合は日割計算です。
この日割計算なんですが、何日で割るのが普通なのでしょうか。

Aベストアンサー

それはあなたの会社の規定によるでしょう。
質問者さんは、通勤費を支給する立場の方ですか、それとも途中入社の社員の方ですか。

一部のローカル私鉄では、平日専用の定期券などが発売されることもありますが、一般的な定期券は、1ヶ月間毎日通用します。
事故や災害で丸 1日以上普通になったときなど、鉄道側の事情で払い戻しをする場合は、30日を分母として日割り計算をします。
会社での日割り計算を、30日を分母とするか、出勤日数を分母とするかは、それぞれの会社が決めればよいことですから、ここで明解を得ることはできません。

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Qパート勤務の交通費の計算は?

交通費全額支給の職場で、パートで週4日以下で勤務する場合、たとえば月額支給であれば交通費の計算はどのような形になるのでしょうか?

(1)勤怠記録をもとに、ひと月に出勤した日数分の金額だけを給与に加算して支給
(2)通勤区間の1ヵ月分の定期代をまとめて給与に加算して支給

もちろん職場によって条件はいろいろですし、おそらく常識的に考えて(1)だろうとは思うのですが、ご経験者の方のご意見を1つでも多くお教え頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

IT関連企業にてパート(準社員)契約にて勤務をしてます。

私の会社だと、月出勤日数が15日以上であれば定期、15日未満であれば月締めに近距離清算を作業報告書と共に提出し、給料日にその月の交通費を支給だったと思います。
15日以上の勤務は定期代の方がお得になるからとか何とか(正社員時代にそんな事言われた記憶が。)。
バス代は私の会社は使用者は3ヶ月単位で支給。でもこれも出勤日数が少ない人は近距離精算になるのかなと思います。(私は勤務日数多めと言う事なので定期にて通勤、バス代は3ヶ月単位にまとめて自動支給。この辺は正社員と同扱い。)

定期はうちは他社勤務でなければまとめ買いが基本なので、定期代は6ヶ月分まとめ買いしてます。
ただ私の会社のパート(準社員)の人は大概が勤務年数が長い人だったりとかで、かくいう私も正社員5年勤めた後、家庭の事情によりパート契約切替で勤務なので多少正社員同等に見られているケースもあるのかも?しれません。

うちは正社員・パート問わず仕事により深夜帰宅になればタクシー代も精算してくれるような会社なので待遇がだいぶ良い会社かもしれませんが…(かわりに仕事がハードな時は契約上はパートなのに徹夜もしてます…)

IT関連企業にてパート(準社員)契約にて勤務をしてます。

私の会社だと、月出勤日数が15日以上であれば定期、15日未満であれば月締めに近距離清算を作業報告書と共に提出し、給料日にその月の交通費を支給だったと思います。
15日以上の勤務は定期代の方がお得になるからとか何とか(正社員時代にそんな事言われた記憶が。)。
バス代は私の会社は使用者は3ヶ月単位で支給。でもこれも出勤日数が少ない人は近距離精算になるのかなと思います。(私は勤務日数多めと言う事なので定期にて通勤、バス代は3ヶ月単位に...続きを読む

Q就職した月の交通費は?

就職・転職した際、その月の交通費は自腹なんでしょうか?
初任給に加算されるとしても、それまでの間は自腹なんでしょうか?

それとも就職後すぐに現金支給や定期券等の支給があるのでしょうか?
そんなことオマエの会社に聞けよ などの回答はいりません。
みなさんの場合はどうでしたか?

Aベストアンサー

人事総務で実務を担当してきた者の過ぎません。

会社では概ねですが、1ヶ月の半分に満たない場合などその会社の通勤交通費清算書のようなもので上司に報告し、経理等から返金という方法もあり、またご質問の趣旨とは少し離れてしまうのですが、プリペイド式カードを貸与したこともありました。どちらも金額的には同じなのでまとめて清算することが多いと思います。

また会社の経費節減の一環としてですが、通勤定期を1ヶ月より3ヶ月や6ヶ月をまとめて購入すると安いので、一番最適なルートでの支給額とする会社もありますし、拙い経験で申し訳ありませんが、そういったことも事実ありました。
またその途中で転勤や異動の際にややこしくなったことも事実です。

回数券という方法もありますし、一概には言えませんが、ご質問のように給与と同じに支給されるかと(今後は)思います。
会社としてはその方が極めて効率的かと思います。
また通勤交通費は10万円までは非課税になります。

ご自身の所得になることで税金等に関して影響が出るかと思いますので、URLなどご参考にされてはいかがでしょうか。

参考程度にでもなれば幸いです。

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/tax/closeup/CU20070908A/

人事総務で実務を担当してきた者の過ぎません。

会社では概ねですが、1ヶ月の半分に満たない場合などその会社の通勤交通費清算書のようなもので上司に報告し、経理等から返金という方法もあり、またご質問の趣旨とは少し離れてしまうのですが、プリペイド式カードを貸与したこともありました。どちらも金額的には同じなのでまとめて清算することが多いと思います。

また会社の経費節減の一環としてですが、通勤定期を1ヶ月より3ヶ月や6ヶ月をまとめて購入すると安いので、一番最適なルートでの支給額と...続きを読む

Q交通費について

4月から入社しました。入社前は交通費支給というお話でした。入社後の説明で、「4月のお給料に6ヶ月分の定期代をプラスしてて支給します」と言われました。

まてよ、そうなると、1日から25日(25日払いなので)までは交通費出ないという事ですよね。それとも8万近い定期代をまずは自腹で払えという事なんでしょうか?

この疑問を総務の方に質問すると不思議な顔をされます。会社の交通費って月の頭に現金で支払われるか定期券で支給される物だと思っていたのですが、あまり会社勤めした事無いのでよく分からないのですが、この会社の制度は一般的なんでしょうか?

Aベストアンサー

私の会社は先払いでした。
無論、入社日は定期とは別に実費で交通費を請求しました。

また、交通費というのは、会社に出勤するために使う費用です。
それじゃ、半年定期を購入するだけのお金がない場合は?
出勤できないですよね。
それじゃ、出勤するために借金をするんですか?
それも違いますよね。

定期代のように毎日の交通費や出張費というのは、
事前に支給されるべきものなんです。
なので、この制度は一般的ではありません。

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む

Q新社会人、定期券を買うための交通費はいつ貰える?

こんにちは。

新社会人になる方に支給される定期券を買うための交通費はいつ貰えるのでしょうか?

また、それが支給される前に自腹で買ったとして、そのお金はちゃんと貰えるんですか?

Aベストアンサー

>いつ貰えるのでしょうか?

給料と一緒に支給されますが、会社によって支給方法は違いますので、ここではわかりません。

たとえば、6か月定期券の金額を6分の1ずつ毎月支給するとか、3か月に1回、3か月分を支給するとかです。中には定期券そのものを支給する会社もあります。

>そのお金はちゃんと貰えるんですか?

給与規定とか賃金規則に書いてある算出方法で支払われます。それがちゃんとした金額ということです。個人が購入した金額を補てんするのではありません。前記のように6か月定期の6分の1を毎月支給する会社で、個人としては1か月定期を買えば自己負担の部分がでてきます。

最近では、通勤交通費に限度があったり支給されなかったりすることもあります。要は、会社の決めなのです。

Q月の途中に就業した場合の社会保険料額

1月26日から派遣社員として就業し、同時に社会保険に加入しました。就業日数は4日で給与は4万円ほどですか、1ヶ月間就業していた場合と同じ金額の社会保険料を差し引かれました。手取りは2万円ほどです。1月1日から在籍していたわけではないのですから、そんな高額な保険料を支払う筋合いはないと思うのです。無駄遣いばかりするクセに国民には真面目に払えというのすら憤慨しているというのに。どうにか返して貰う方法はないのでしょうか。

Aベストアンサー

通常の企業は、社会保険料は1か月遅れで控除するのですが、中には社会保険料をその月の給料から控除する会社もあります。

社会保険料や国民健康保険料などは、末日に加入しているところに1か月分納めることになっています。1月26日から社会保険とありますが、1月1日から1月25日までの国民健康保険料や国民年金は払う必要がありません。(もし、支払っていたら、返してもらえます)

年金については、1月は6日間の在籍期間でも厚生年金1か月として計算されますので、将来、年金をもらうときに有利です。

Q通勤手当について

通勤手当について質問させていただきます。

雇用契約書の通勤手当欄には月:xxxx円と記載されています。

しかし、今月は通勤手当が半分ぐらいでした。

理由について尋ねた所

通勤手当は日割り計算していて、通勤しなかった日の通勤手当は支給していない。

通勤手当月額 ÷ 通常出勤すべき日数 × 実通勤日数
で計算している。

今回の場合、xx日出張していてその移動費用は、全て会社から出張旅費として支給しているその日については通勤したとみなせないので控除したとの事でした。

賃金規定には

車両等による通勤の場合   :月額 通勤距離×○○円
公共交通機関による通勤の場合:一ヶ月の定期券代金の??%

を支給すると記載されています。

たしかに通勤手当額を決定した時点と通勤状況が違うのですが、通勤定期を購入した後に出張したので全額もらえないとかなり痛いです。

通勤手当を日割り計算することは法律的に正しいのか教えてください。

Aベストアンサー

> 通勤手当を日割り計算することは法律的に正しいのか教えてください。
法律に定めが無い上に、下にも書きましたが、通勤費用には実費弁済の性格がありますから、、法律的に正しいかどうかの判断は裁判所しか下せません。

質問文を読んでの私見ですが、
通勤費用や出張等の手当は一定の範囲内で非課税なのですが、それは実費弁済であるからであると聞き及んでおります。又、実際に使っていに意費用を支払うのは不公平ではないでしょうか?(毎日会社の車で直行直帰を繰り返す人に通勤費用は必要か?)。そう考えますと、会社のやっている事は有る程度は妥当だと思います。但し出来れば、雇い入れの時にもう少し丁寧な説明をすべきですね。

Q退職者の日割計算について詳しい方教えて下さい。

退職者の日割計算に関しての質問なのですが、手当系は日割にしてはいけない決まりがあると聞きました。なので、基本給の部分が日割計算の対象になると教えられたのですが、手当を日割にせずに0円にしてしまうというのは違反なのでしょうか?

Aベストアンサー

給料には割増給と控除がありますよね。
割増給は残業などした場合です。
控除は遅刻や欠勤をした場合です。
これらの計算式は社内規定に載ってい
ませんか?

給料が
(1)基本給  30万
(2)役職手当  5万
(3)家族手当  1万
(4)皆勤手当  1万

とした場合に(1)から(4)までの金額を含めるのか
(1)から(3)までなのか、(1)だけなのかは会社独自
で決めて良いんです。
ただ問題なのは残業代は多くあげたくないから
残業計算時は(1)のみ。控除はたくさん引きたい
から(1)から(4)を含めるでは社員は怒ってしまい
ます。

(1)から(4)と決めたなら割り増し給払うときも
控除するときも(1)から(4)で計算すべきです。

で、この(1)から(4)を(例でいくと37万ですね)
月間の基準日数で割ってあげれば一日あたりの
給料の額が算出されます。

なので次に問題になるのはこの月間基準日数
です。15311531さんの会社は何日ですか?

うちの会社は完全週休二日制なので21日に
なっています。この21日は1月の給料でも
2月の給料でも21日なんです。
じゃないと月によって1日あたりの給料の
額が違ってきますから。

で、遅刻や残業の場合には21日×1日8時
間労働なので168時間で37万を割れば
1時間当たりの給料の額が算出されます。

ですので最低でも社内規定か何かで(1)から
(4)のどこまでを分子に入れるのか、月間基準
日数は何日なのか、月間基準時間は何時間
なのかを明記しない事には後にも先にも
進みません。

15311531さんの質問でいうと手当は(2)から
(3)の部分なのでどこまで分子に入れるかど
うかは会社独自の判断です。

給料には割増給と控除がありますよね。
割増給は残業などした場合です。
控除は遅刻や欠勤をした場合です。
これらの計算式は社内規定に載ってい
ませんか?

給料が
(1)基本給  30万
(2)役職手当  5万
(3)家族手当  1万
(4)皆勤手当  1万

とした場合に(1)から(4)までの金額を含めるのか
(1)から(3)までなのか、(1)だけなのかは会社独自
で決めて良いんです。
ただ問題なのは残業代は多くあげたくないから
残業計算時は(1)のみ。控除はたくさん引きたい
から(1)から(4)を含めるでは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング