ちょっと変わったマニアな作品が集結

本を読んでいる時や日常の会話の中で「旅行に行く」と言う表現や言葉使いに遭遇しますが私は以前からこの表現が国語的に正しいのか疑問に思っています。「旅行をする」が正しいのではないかと思うのです。しかし書物のなかでも、TVの番組で結構教養のある方でも「旅行に行く」とおっしゃると私の理解が間違っているのか?とも思いますが果たしてどうなのでしょうか?国語に詳しい方の見解を教えていただきたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

漢字というのは、中国より伝わってきたものですが、「旅行」という熟語は、読み方からして、中国伝来のものですね。

ここでは、旅行「RYOKOU」という一つの単語があるとお考えください。
対して、「行く」という動詞は、日本語(和語)の動詞「いく」に、適当な漢字をあてただけのこと。というか、もともとは漢文を日本語に読み下す時、動詞として使われていた「行」という漢字に、和語の「いく」という動詞をあてただけなのです。
「旅行に行く」では、同じ漢字がダブっておかしく感じるかもしれませんが、「RYOKOUにいく」だったらOKですね?
勿論、漢文の読み下しの段階で、我行旅行となっているのを「我旅行に行く」なんて読むことはなかったでしょうがね。

文字として書く場合は、「旅行に行きました」ではなく、「旅行にいきました」の方がいいかな。

以下は、「旅行に行く」で表記するが―

「旅行に行く」と「旅行をする」は意味・用法がが違います。
「私は彼女と、伊勢へ旅行に行きました」
「私は彼女と、伊勢まで旅行をしました」
ニファンスが違いますね?「旅行に行く」は「仕事に行く」などと同じように、旅行が目的で行く、ということを示します。対して、「旅行をする」「旅行する」は、旅行というものをする、となります。

trabelが名詞として用いられるか(動詞はgo)、動詞として用いられるかの違いですね。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

学問的には私の浅学では分からないのですが意味、用法が違うということが勉強になりました。有難うございました。

お礼日時:2014/02/13 22:23

「旅行に行く」は正しくなくて「旅行をする」が正しい。



 こういう問題を考えるとき、「正しい」とか「間違い」(正しくない)とか考えるのが適切なのか……という問題がまずあります。
 たしかに「旅行に行く」は重言っぽい表現です。だからと言って「間違い」ではないでしょう。
 仮に重言だっとしても、「間違い」とは言い切れないと思います。
 ひと言で重言と言ってもいろいろなレベルがあります。たとえばいま使った「重言と言う」とか「ひと言で言う」は字面で見ると重言のようですが、重言ではないでしょう。
「旅行に行く」は同族目的語の一種と考えるべきだと思います。
【同族目的語】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E6%97%8F% …

「旅行に行く」が気にならない人は使えばいいし、気になる人は「旅行にいく」と書いてもよいでしょう。「旅行をする」「旅行に出る」という言い方もあります。

 重言に関して詳しくは下記をご参照ください。同族目的語は【4】です。
【重言の話4(第1稿)】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-863.h …

 以下は一部の抜粋(重言)。
================引用開始

【1】不注意もしくは無神経の例
  1)だいたい60字ぐらい
  2)古来から
  3)第1回目
  4)まず第1に
  5)1階~3階までは
 ※1)~5)に関しては下記参照。
【伝言板 板外編4──重言の話3】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-59.html

  炎天下の下→炎天下/炎天のもと
  一番最初→最初/一番はじめ
  ダントツの1位→ダントツ/断然トップ/大差の1位
  過半数を超える→過半数に達する/半数を超える
  思いがけないハプニング→思いがけない出来事/ハプニング
  返事を返す→返事をする(「言葉を返す」だと意味がかわる。何を返せばいいのだろう)
  射程距離→射程/射程圏
  元旦の朝→元旦/元日の朝
  お体御自愛下さい→お体にお気をつけください/御自愛下さい
  あらかじめ予約する→予約する/あらかじめ申し込む
  収入が入った→収入があった/○○が入った
  満○周年→○周年/満○年
  すべて一任する→すべてまかせる/一任する
  捺印を押す→捺印する/印を押す
  はっきりと断言する→ハッキリ言う/断言する
  頭をうなだれる→うなだれる
  秘密裏のうちに→秘密裏に/秘密のうちに
  違和感を感じる
162【重言の話5──「まず第1に」「違和感を感じる」】(2010年04月17日)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1176. …

  各店舗により→店舗により/各店舗で
  ※これは最近街で見かけた。
  http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1336226955&owner …

  
【2】重言っぽいが直せない
  1)消費者の立場にたって考える
  2)なぜ犯罪をおかすのか
  3)東日本が甚大な被害をこうむった
 ※1)~3)に関しては下記参照。
【伝言板 板外編4──重言の話3】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-59.html

  4)違和感を覚える?
  事前予約
  最後の切り札  

【3】動詞などによって主語などが限定されるため、重言っぽくなる例
  献身的に尽くす?
  馬がいななく

【4】同族目的語
  着物を着る?
  旅行へ行く?
  寝言を言う?
  ひと言で言う

  歌を歌う
  走者が走る 

【5】微妙な例
  1)特別な例外を除く
  2)日頃から/ふだんから
  3)第1号機
 ※1)~3)に関しては下記参照。
【伝言板 板外編4──重言の話3】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-59.html

  2時から会議を始める
  おのずから→これはフツーの日本語
  自然の生薬
  新発売
  総称で呼ぶ
  常日頃
  排気ガス→排気/排ガス
  みずから墓穴を掘る

  少なくとも2人以上
※新種かもしれない。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7821535.html


【ほとんどネタ】
あとで後悔する/まだ未定/エントリーナンバー○番/まずはじめに/
永遠に不滅/わたしのマイミク(笑)
================引用終了
    • good
    • 4
この回答へのお礼

とても詳しいご説明をしていただき有難うございました。黒白をつけること自体が間違いであるという事でしょうか。言葉、表現のむつかしさを感じます。一つ一つ納得して読ませていただきました。有難うございました。

お礼日時:2014/02/13 22:17

本来、「旅行」という熟語は「たび」という同義の複合語にあたります。


「行」はもともと「いく」「やる」「おこない」の外に、「みち(=道路)」や「たび(よそへ出発すること)」という意味があります。
行子(コウシ):旅人、旅客
行客(コウカク):旅人
行人(コウジン):通行人、旅人(漱石の小説の題名にもなっています)
行装(コウソウ):旅に出る用意、たびじたく、旅装
行旅(コウリョ):遠くへ行く旅人、たび、旅行

ですから、「旅行に行く」は「「遠方へのたび」に行く」という表現であって重言にはなっていません。
「一人でねころんだり、旅行に行つたりするのも好きだ。」(坂口安吾「破門」)
「どっかそのうち旅行に行こう。セヴィラかトレドの方へ一度行きたいんだが。――」 (横光利一「旅愁」)
「東北の旅行に行つて来るといふいとま乞ひ!」 (牧野信一「鱗雲」)
「初めて二泊宿りの修学旅行に行くことになったのです。」(菊池寛「勝負事」)
「お天気がよいから旅行に行きませう。 」(村山籌子「あひるさんと時計」)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

教養のない私にはますますわからなくなりましたが有名な作家の方の例まで示されると間違いではないということが分かってきました。有難うございました。

お礼日時:2014/02/13 22:12

旅行と行くを合わせた言葉の使い方は無いでしょう


「旅に行く」なら解りますね・・・・・・・

旅行をする・・・というのも「する」と「行」が重なりますね
「旅行する」で完結でしょう

現代の言葉の使い方はあまり国語意識なく
文章として書き込むときにも気にしない人が多いですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何か納得できるご説明でホッとするのですが国語的に論理的に納得したいのですが、言葉や表現は論理的な理解を求めること自体が無理なのでしょうか。有難うございました。

お礼日時:2014/02/13 22:09

「に」という格助詞の用法の一つに、「動作・作用の目的を表す」というのがあります。

前に付くのは必ずしも動詞だけではありません。名詞の場合も「旅行」の外に、「買い物」・「キャンプ」など、明らかに動作を含む名詞につきます。動詞なら、「飲みに行く」や「歌いに行く」などです。

>私は以前からこの表現が国語的に正しいのか疑問に思っています。「旅行をする」が正しいのではないかと思うのです

 確かに「旅行をする」・「キャンプをする」・「買い物をする」は普通の言い方です。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文法的にも私の理解が間違っていたのですか。何か表現としていまだに違和感がありますが、ご説明を伺いますとやはり私の間違いか???有難うございました。

お礼日時:2014/02/13 22:05

旅行に行く



とか、ちょっと引っかかって考えると面白いですよね。

「旅行」というのは一つの行為の名詞でしょう

~に「行く」というのは実際にその行為を行うことで
散歩、旅行というのはその行為を表す一つの名詞ですね。
「語学を学ぶ」とかとも共通するものがありますね。


逆に「旅行をしに行く」とか「散歩をしに行く」は間違いです。
どこかへ行って~をする、という意味ではないので。
「旅行に行く」「散歩に行く」というのは正解です


こういうの考えだすときりがないですよね。

「お湯を沸かす」 ん?沸かすのは水で、沸かしてお湯になるのでは?
「ご飯を炊く」  ん?炊くのは米で、炊いたらごはんになるんだよね?
「穴を掘る」  ん?掘ってできたのが穴で、穴は掘れないよね?


などなど。

この辺も、専門のサイトや、日本語文法の本に出てきますので。
興味があれば調べてみるといいと思います。

こういうの考えて調べていくと本当に面白いですよ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご説明をお伺いしますとなるほどと思うのですが・・・・有難うございました。

お礼日時:2014/02/13 22:02

「旅行」っていうのは名詞なので、その「旅行」という目的に行く、と考えれば間違えではないと思いますよ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

文法的にはよくわからないのですが間違いでは無いということですね。有難うございました。

お礼日時:2014/02/13 22:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q経験を活かす?それとも生かす

質問の通りなのですが、どちらが正当なのでしょうか?
辞書も見ましたが、「活かす」が正しい様な・・・
どちらでもいいような・・・?
私自身はずっと「生かす」と覚えていたのですが、
活用するという意味だから、
「経験を活かす」がより正しいのでしょうか?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新字源ではどちらにも「いかす」の意味があります。ただし常用の訓読みがあるのは「生」の方だけです。

さてその「いかす」ですが、

「生」…「死なさない」の意味
「活」…「役立てる」の意味。活用

「経験を生かす」とは「経験を役立てる」ことなので、漢字としては「活」がふさわしいと言えます。

しかし、常用訓では「活かす」は現状認められていないため使用する状況を考えた方がいいでしょう。

「たずねる」の意味の「きく」を「訊く」「尋く」と書くようなことと同じで、近年特に目立つようですが(実際仮名漢字変換ではすぐ出ます)、状況を考えずにあまり使いすぎるのは考え物です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング