現在、28歳の女性です。
日本の短大を卒業後、貿易/運輸の会社に就職をして6年ほど働いていました。
今更だと思われると思いますが、Master Degreeを取得したいと考えています。
アメリカで就職をして、働きながら大学に通うことは可能でしょうか。
また、働かない場合はローンを組みたいと考えているのですが、アメリカでローンを組むことは可能でしょうか。
日本の短大を卒業しているのですが、アメリカの大学に編入は可能なのでしょうか。それとも、4年間通うようになるのでしょうか。
生活の面に関しては、アメリカ現地でサポートしてくれる人がいます。
その人が言うには、アメリカでローンを組むことは可能だし、Master Degreeは私の人生にとって、大きな糧となると言ってくれていますが、私は、「歳的に少し遅いのでは?」と思っています。
Master Degreeを取得したら、就職先は日本でもアメリカでも他のどんな国でも構わないと思っています。
ちなみに、昨年1年間、アメリカに留学していました。語学と貿易資格取得のためです。
私的には、master degreeが取得できればどの国でも構わないと思っています。しかし、やはりアメリカ大学のmaster degreeが一番有効なのではないかと考えています。
アメリカ大学について、無知のため、アドバイス頂けると幸いです。
よろしくお願いいたしいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私もアメリカにMBA取得のために留学しました。

 渡米したのは36歳の時です。 28歳という年齢で判断するよりは、一度社会に出て実務経験を踏んだうえで留学するということは、きわめて理想的な進め方と思います。 あなたの決心に大いに賛同します。決して遅くはありません。

Master Degreeとおっしゃっていますが、具体的にはどの分野に進まれるのでしょうか? 貿易実務を経験されているので、MBAは妥当な選択と思います。 MBAを選考しても、Programの中ではFinance・Accounting・MarketingなどのMajorといわれる分野の選択肢があります。 入学してから選択すれば良いと思います。 それ以外の分野を志向されるならば、その分野での経験者の助言を求めてください。

以下はアメリカのMBA留学を前提として回答します。 まず、MBA留学をする大学の入試条件を確認してください(Webですべて入手可能です)。 一般に日本人は4年生大学を終了していることの証明(英文)とTOEFLやGMATといった語学力のスコア(大学に応じて程度が異なる)が要求されます。あなたの場合は短大卒とおっしゃっていますので、この点については、個別の大学毎に注意して確認してください。アメリカの4年生大学卒業同等との資格を確認するための資格試験があったと思います。 最後に推薦状(Recommendation)です。職場の上司や海外留学経験者などに求める場合が大半です。 以上の条件がそろえば、入学選考試験に進めます。 具体的にはEssayの提出とInterview(電話やInternetを利用)でしょう。この分野については、かなりの参考文献が販売されていますので、一度読まれることをおすすめします。

最後に難しいのは、働きながら留学できるか?という点です。 基本的にアメリカで働く資格としてのGreen Cardを得ることはかなりの難しさがあります。 現地で採用してくれる企業がスポンサーとなってくれるならば可能でしょうが、何も人づてが無いのに正規の仕事につくことは、不可能ではないかと思います。 ただし、留学生はその滞在中に学生用のVisaが発券されます。本来は留学のためのVisaですが、Part Timeのような仕事にはつくことが可能と思います。 留学する大学の周辺企業は結構、そのようなPart Timerの仕事を提供してくれていますので、学費の足しにはなるのではないでしょうか? 大学もLoan Programを持っていますので、検討してください。

個人的には、働きながらの留学はお薦めしません。2年間の留学中は学業に集中してください。MBAは授業に参加するだけでは卒業できません。テストやエッセイの提出に加えて、他の学生とのCase Projectなど昼夜にわたり取り組む必要があります。 大学の図書館に夜10時ごろ集合して友達と資料集めやPaperの作成をしたことを思いだします。 母国語でない英語を使って学習する環境ですので、日本人には相当な困難が伴います。覚悟が必要です。 その点からは、将来の留学のためには、手持ちの貯金なりを使い果たすことを考えてください。 自分に対する投資です。 一生に一度と言ってよい時間です。 生活費や授業料を稼ぐために仕事に追われては、留学の目的は果たせません。 そして、もう一つ大切なことは、現地での生活を楽しんでください。私も留学中は、アメリカ人の友人と週末にはバーベキューをし、休暇には一緒に旅行しました。 そうした交流からもアメリカの生活や文化を学ぶことを大切にしてください。 テレビやインターネットではわからない本当のアメリカ人の気質ようのようなものを体感してほしいと思います。 

以上、思いつくままに書き連ねましたが、留学は私にとってもいまだに一生の思い出です。 またそれ以来、外資系企業で働いていますが、留学から得たものは大変役に立っています。 あなたにとっても人生の大きな転機となるでしょう。 焦らずに十分な準備をしてから、留学するようにしてください。 成功をお祈りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sepia401さん、
私の不安や無知な質問に全てお答え頂き、本当にありがとうございます!
とても参考になりました。そして、とても勇気になりました!
貿易実務の経験がありますので、その道を進んで行きたいと考えています。
sepia401さんがおっしゃるように、働きながらの留学は厳しいと思います。やはり、可能な限りお金貯めて、ローンを視野に入れて留学を考えたいと思います。
色々と迷っていた事もありましたが、sepia401さんのアドバイスで迷いも飛び、進んで行ける気持ちになりました。リサーチや貯金必要なので、今すぐに!!という訳にはいきませんが、自分の決断や目標を形にしたいと思います!!
本当にありがとうございます!

お礼日時:2014/02/26 15:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Qアメリカへ高卒後大学からの留学か、日本の大学卒業後大学院からの留学か

私はアメリカの大学留学を目指しつつ日本の大学も受験しようと考えました。高校のコース分けで”文系”を選択したのですが、後から生物学を専攻したいと考え、文系でも受験が出来、尚且つ生物についても学べる慶応大環境情報学部を受験し合格しました。

しかし現在の心境としては生物学を深く専門的に学び、最終的には研究職に就きたいと強く思っています。(環境情報学部では浅く生物学を学ぶだけです)
渡米すれば勿論、生物学を専攻できますが、様々な情報を見ると研究職を目指す場合、日本の大卒→アメリカの大学院という進路が無難で適切であり、また学部生として学ぶのであればアメリカの研究重視の大学は学費が平均して高いので日本で十分(メリットなし)と書かれていました。
日本大卒→アメリカ大学院。アメリカ大卒→アメリカ大学院。どちらが良いでしょうか? 何かアドバイスをください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、直接高卒後に入学する場合ですが、願書締切が1月なので、来年の1月に願書をだして、入学は2010年9月(1年半後)になりますね。SATの試験が10,11月なので今から7ヶ月でネイティブなみの英語を身につけることも大変だと思います。せっかく慶応に合格したのですから、1年半受かるかどうか分からない大学の多目に無駄にするのはもったいないと思います。

次に編入。これは合格率は低いですが、難関のSATを必要としない分、ずいぶん楽です。入った後に、大学院に必要な生物の必修科目もとれますし、さらに、大学院に入る際にアメリカの大学からの推薦などももらえるので大学院への合格率もあがります。

そして、大学院から。大学院の合否に一番関係するのは実は研究。大学の卒業論文とか、何かの教授の元で研究をしているのならその成果など。日本の大学の制度がよくわからないのですけど、もし大学のうちに生物学の教授といっしょに何か研究などできたなら、編入よりかはかなり合格率が高かったりします。

さらに、無難なオプションが交換留学。慶応大学はけっこうアメリカの大学と提携がありますから、1年留学して、その大学の教授と仲良くなって、あらかじめ推薦状を書いてもらう。さらに交換留学中に生物の単位もとれますので便利だと思います。学費もかからないですし。

そうそう、学費のことですが、
最終目標は研究職、ということはポスドクをめざすってことになると思います。
普通に考えると、大学4年+マスター2年+PhD2年=8年後です。
留学するかどうかの前に8年分の海外学費が払えるか?って壁にもぶつかるかもしれません。
ただ、マスター以上の場合、TAや研究をすると学費がほぼ免除になります。
ですから、もし節約して留学したいのなら、大学卒業してから、の方がオススメです。

長くなってすみません。
私のオススメのオプションとしては、慶応入学→交換留学/編入→大学院です。
編入とか受からなくてもApplyするだけする価値はありますよね。

がんばれ!!

まず、直接高卒後に入学する場合ですが、願書締切が1月なので、来年の1月に願書をだして、入学は2010年9月(1年半後)になりますね。SATの試験が10,11月なので今から7ヶ月でネイティブなみの英語を身につけることも大変だと思います。せっかく慶応に合格したのですから、1年半受かるかどうか分からない大学の多目に無駄にするのはもったいないと思います。

次に編入。これは合格率は低いですが、難関のSATを必要としない分、ずいぶん楽です。入った後に、大学院に必要な生物の必修科目もとれま...続きを読む

Q大学の偏差値って・・・

付属高校の進学コースに入る者です。
それで将来は上の大学に進みたいと思うのですが、色々そのことで調べてみて偏差値についての疑問があるので質問させていただきました。
僕が入るこの高校は偏差値55より上です。
このコースは同じ学校の大学の合格を目指して勉強していくコースです。
で、その大学について調べたら、偏差値が、大体45ぐらいなんです。一番偏差値が高い学部でも約50ぐらいです。
高校に入るには偏差値55以上の学力が必要なのに、大学に入るには一番偏差値が高い学部でも50ぐらいの学力があれば入れるということですか?
それとも、高校の偏差値の50と大学の偏差値の50は同じ50でもぜんぜん違うということですか?
そうだとしたら、大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?
高校と大学の偏差値の基準(違い)を教えてください。
上の文章でよくわからなかったら指摘していただけたらと思います。
回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値というのは、大学受験しようとする層だけを集めた偏差値であるからです。

仮に、高校入試で55の実力だとして、「これから3年間、すべての生徒が同じように勉強を頑張る」という仮定をすると、
3年後の大学受験時の偏差値は45ぐらいです。
ですから、ほかの人を追い越すためには、ほかの人の勉強量や質を上回る猛勉強が必要になります。

もっとも、
現時点で重要なデータは、高校の偏差値(55)ではなく、質問者さん自身の偏差値です。
その偏差値から10を引けば、(これから3年間の勉強量と質が、ほかの人と同じであるとして)大学受験時の偏差値になります。


ちなみに、
知人で、偏差値50ぐらいの高校から早稲田大学に合格した人がいます。
私の知っている範囲では、ほかに同様のケースを知らないので、まれなケースですけど、
頑張り次第で難関に合格するのは、必ずしも不可能ではないということでしょうね。

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値という...続きを読む

Qアメリカ短大留学 Community College of Southern Nevada

今来年の9月入学を目指して人生で一番勉強してます。
ハッキリ言いまして私はかなりバカです(笑)
しかし今は勉強をすることに苦痛を感じていません。
カジノ経営学を目指し、いろいろ勉強しているんですが、自分で調べた限り、願書締め切り時期のことが書かれていないのです。
これくらいの事は自分ですべき事だとは思っておりますが、みなさんにお聞きします。

CCの場合、願書の平均締切日及びいつ書類を提出されましたか?
今私がすべきことは勉強以外で何をしたらいいでしょうか?
もう行きたい学校と学部は決めてあります。
まだTOEFLは受験していません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカ在住者です。

必要なことはどんな学校でもHPに全て書いてあるのが普通です。
ちゃんと探せていないのではないですか?
ここもトップページから何秒もかからずに知りたいところにいけましたよ。

International Student用のAdmissionのURLは下記です。
  → www.ccsn.edu/iss/admission.html
ここに今年のdeadlineがあるので、おそらく来年も同じようなものでしょう。
日本から受けるなら書類の中の
9) Immigration documents and college or university transcripts when appropriate
は必要ありません。

それから一応老婆心ながらアドバイスしますと、アメリカ大使館のVIsa発給は時間がかかりますから、このdeadlineで日本から出すと、合格してもVisaの発給を待つ間に学部が始まってしまう可能性がありますね。
早めに応募することをお勧めします。

参考URL:http://www.ccsn.nevada.edu/iss/

アメリカ在住者です。

必要なことはどんな学校でもHPに全て書いてあるのが普通です。
ちゃんと探せていないのではないですか?
ここもトップページから何秒もかからずに知りたいところにいけましたよ。

International Student用のAdmissionのURLは下記です。
  → www.ccsn.edu/iss/admission.html
ここに今年のdeadlineがあるので、おそらく来年も同じようなものでしょう。
日本から受けるなら書類の中の
9) Immigration documents and college or university transcripts when appropriate
は必...続きを読む

Q大学の偏差値の算出方法について

タイトル通りですが、大学の偏差値はどのようにして計算されているのでしょうか?

恐らく、大手予備校の模試の結果から算出していると思うのですが、その模試の結果から"各大学の偏差値"をどうやって求めているのかがわかりません。

模試の結果の、平均点と個々人の得点および対象者の総数などから、"個々人の学力偏差値"が計算できることはわかります。

そこからどのようにして、"各大学の偏差値"を出しているのでしょうか?

もしかして、個々人の学力偏差値とその人の第一志望校から、大学の偏差値を計算しているのでしょうか?要するに、例えば、「模試の時にA大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が70であった場合、A大学の偏差値は70になり、B大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が40であった場合、B大学の偏差値は40になる」ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値には予想偏差値と結果偏差値があります。
結果偏差値は、模試を受けた生徒に大学受験結果をアンケートして
「どの模試でどのくらいの偏差値であった生徒がどのくらいの大学に合格している」かを統計的
に処理し、(一定の職人的調整も入るようですが)、80%合格値(その偏差値だった生徒の8割
が合格した)、60%合格値などを求めるものです。
意図的に誤った結果をアンケート結果として報告する生徒なども一部いるようですが、
大多数の生徒が正確な結果を回答していると見られ信頼できるものとなっています。


予想偏差値は、その模試を受けた生徒たちの希望(第1、第2、etc)をもとに、
その大学の定員やその試験の受験者のゾーン、その他もろもろの情報
(試験日はじめ、校舎移転計画、OB動向、教授陣の異動etc)を総合的に
判断し数値化するものです。
例えば、ある中堅大学を、成績上位の生徒が皆で第1希望としたら
その試験結果から算出されるその大学の予想偏差値は上昇します。
逆に模試を受けただれもが希望していない大学の偏差値は下降します。
その予想偏差値の作成には、各予備校の英知が結集しており単純に、
これとこれを掛けてこれを足したら出来上がりっ、なんてものではありません。
まさに職人芸的な算出をしています。

このように、数学の統計分野で語られる狭い意味の「偏差値」とは別に、
社会的に意味を与えられ有効に活用されている「偏差値」が存在します。

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値に...続きを読む

Qアメリカ短大かカナダ短大の違い

こんにちは。
私は、高校を卒業してすぐにアメリカのコミカレに入ろうと思ってました。ところが、調べてるうちにアメリカのコミカレは日本の短大と違く私立の方が良い。と知りましたが、費用の問題が、…。
なんとなく、カナダ短大の資料を見たら学費も安いし、なんといっても寮がある!!両親は「寮の方が良い」と話していて、私自身も寮がある方が良いです。
いろんなサイトを見てみたんですが、カナダはアメリカと違って編入しにくいのでしょうか?あるサイトでは、留学生はコミカレのG.P.Aの基準が高くって編入にハンデがあると掲載されてましたけど、事実なんでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。補足がありましたので、再び回答させて頂きます。

>今希望しているカナダの短大の願書受付日が「通年」と記載してありました。冬入学する生徒の場合、9月入学の生徒と比べ勉強の差があり2年後の確か5月?に卒業するのが困難だと思うのですがどうなんでしょう?

はい、確かに9月入学の生徒のスケジュールと比べると、1月に入学する生徒のスケジュールは、教科数も多くかなりハードです。ネィティブの人達も当然苦労しています。もちろん夏休みも9月入学の生徒が4ヶ月くらいあるのに対し、1月スタートの生徒は数週間しかありません。しかし、確かに教科数も多くハードですが、やる気と根性があればやれないことも無いと思います。

さて、ここまでは一般的なコースの話です。もし、質問者様が希望しているコースに実習(Co-op)が含まれているなら、1月スタートはオススメしません。過密スケジュールの中で、更に規定の時間以上、実習をこなさなければいけないからです。1月スタートの生徒は実習のための夏休みがほとんどないので、規定の時間以上卒業までに働くのが難しく、卒業が遅れる人が多くいるとよく耳にします。

No.1です。補足がありましたので、再び回答させて頂きます。

>今希望しているカナダの短大の願書受付日が「通年」と記載してありました。冬入学する生徒の場合、9月入学の生徒と比べ勉強の差があり2年後の確か5月?に卒業するのが困難だと思うのですがどうなんでしょう?

はい、確かに9月入学の生徒のスケジュールと比べると、1月に入学する生徒のスケジュールは、教科数も多くかなりハードです。ネィティブの人達も当然苦労しています。もちろん夏休みも9月入学の生徒が4ヶ月くらいあるのに対し、...続きを読む

Q大学の偏差値ってよくわかりません。 高校1年です。 大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。

大学の偏差値ってよくわかりません。
高校1年です。


大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。
偏差値50が普通なんでしょうか…?

Aベストアンサー

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人たちは大学受験をしない人も多くなります。つまり大学受験はざっくり言って高校入学時の偏差値50から70以上の人が対象になるわけです。

ということは、偏差値50が中間地点ですから、高校入試時の偏差値60ぐらいが真ん中になるといっていいでしょう。質問者様の地域が分かりませんが、偏差値60ぐらいで入れる高校の生徒は大学入試偏差値50ぐらいがちょうどよく入れる大学が固まっているはずです。

たとえば、日大の付属高校はだいたいどこでも高校偏差値55から65ぐらいだと思いますので、日大が大学偏差値50ぐらいから(学部による)になっているはずです。

ということで偏差値は50が平均値です。平均値よりも低いと50より下、高いと50よりうえの偏差値になります。
大学の偏差値は高校入試と違って偏差値の低い人が少ないので、元々高校入試時に偏差値60ぐらいだった学力の人たちが50になる、ということです。

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人...続きを読む

Qアメリカの短大に留学したいものです。

こんにちは!私は今進路で悩んでいる高校3年生です。私は中学のときから、それはただ漠然と「英語力をつけたい」という理由で留学したいと思っていました。高校に入って、海外旅行をした時のあることをキッカケに、「海外のグランドホステス」になりたいと考え、1年ほどその職業についてや、どうやったらその職業に就けるか調べている内に、また私の考えは留学の方に傾いてきました。理由は、旅行・観光学を学びたいと思ったのとインターンシップが魅力的だと思ったからです。
今私は
(1)海外の短大に直接行く
(2)留学専門のの学校や機関などで速記・速読の勉強を1年間してから留学
(3)日本の短大を卒業してからアメリカの4年制大学に編入

の3つの方法を考えてます。ただ、英語のHPを見ただけで「わー!!!」とか言ってる今の私じゃ(1)の方法ではあまりにも不安です。そして過去の質問に対する回答を見てみると、ESLや語学学校に入ってから大学に入ってる方もいるようなんですが、語学学校などは大学進学希望の人が少ない為、流されやすいとよく聞きます。やはりそれは本人次第なんでしょうか?
長々とスイマセンm(_ _;)mそしてここまで読んで下さって有難うございます。もしよければ、みなさん意見を書き込んで頂けると嬉しいです!

こんにちは!私は今進路で悩んでいる高校3年生です。私は中学のときから、それはただ漠然と「英語力をつけたい」という理由で留学したいと思っていました。高校に入って、海外旅行をした時のあることをキッカケに、「海外のグランドホステス」になりたいと考え、1年ほどその職業についてや、どうやったらその職業に就けるか調べている内に、また私の考えは留学の方に傾いてきました。理由は、旅行・観光学を学びたいと思ったのとインターンシップが魅力的だと思ったからです。
今私は
(1)海外の短大に直接行く...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。カナダに8年いた元留学カウンセラーです。

私の経験はカナダでのものなので、必ずしも参考になるかどうかはわかりませんが、私の経験から一言…

私は高校を卒業してすぐにカナダに渡り、ESLを1年受講してから短大に進学、大学に編入して卒業しました。

語学学校やESLは、本当にたくさんありますよね。でも、私が選んだESLは、短大にあるもので、ESLを終了したら、その短大の大学編入コースに進学できる、というものでした。ESLも、大学入学準備コースとなっていて、大学で勉強するために必要だと思われるもの(ノートの取り方、ディスカッションの仕方、レポート作成の仕方等)が中心に構成されていたもので、短大や大学で勉強するのにはとても役に立ちました。

普通の語学学校だと、必ずしも大学進学希望者対象ではないので、望んでいる英語力が付かない事もあるかもしれません。

流されやすいかどうかは、あなた次第ですよ。これは、どんな状況に置かれても一緒です。留学先の大学に入ったって、日本人といつも一緒にいたら英語は上達しないであろうし、それが原因で、学校の勉強にも付いていけなくなる人もいます。そんな人をたくさん見てきましたよ。

(2)の、速記・速読の勉強を1年間してから留学、とありますが、これは学校に行くために、でしょうか? 
私個人的な意見としては、特に必要ないと思います。実際ESLを終了して短大で専門分野の授業を始めた時、私の英語力はたいしたものではなく、クラスについていくのは大変だったものの、友達をすぐに作って友達に協力してもらったおかげで、授業が理解できるようになったし、友達を作ることで、たくさんのいい経験をしました。もちろん、備えあれば憂いなし、だとは思いますが…

ESLを現地で受けようとお考えであれば、勉強したい大学にESLがあるところを探し、ESLと大学が直接つながっているのであれば、普通の語学学校に行くよりも効果的だと思います。

私も留学を決めた当時は、学校のパンフを見て「あちゃー」と思っていました(笑)。最初はみんなそうですよ。でも、何事にも初めがあるし、思い切りも時には必要です。
是非頑張ってくださいね。
また、分からない事があったらおっしゃってください。

こんにちは。カナダに8年いた元留学カウンセラーです。

私の経験はカナダでのものなので、必ずしも参考になるかどうかはわかりませんが、私の経験から一言…

私は高校を卒業してすぐにカナダに渡り、ESLを1年受講してから短大に進学、大学に編入して卒業しました。

語学学校やESLは、本当にたくさんありますよね。でも、私が選んだESLは、短大にあるもので、ESLを終了したら、その短大の大学編入コースに進学できる、というものでした。ESLも、大学入学準備コースとなっていて、大学で勉強するために必...続きを読む

Q同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部 立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部 関西学

同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部

立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部

関西学院高等部(偏差値69)→関西学院大学国際学部

関西大学高等部(偏差値68)→関西大学法学部


上記の高校から大学へ内部進学するのと


山城高校(偏差値62)→同志社大学法学部、立命館大学法学部

大阪国際大和田高校(偏差値59)→関西大学法学部、関西学院大学国際学部

上記の高校から一般入試で大学に進学するのでは、入学者の学力はどちらが上になるのでしょうか?


よく内部進学者は外部受験者より劣るなどと言われますが、有名大学附属高校はどこもかなりの高偏差値です。上記の例で見ても高校受験時の偏差値では10以上の差があります。

大学受験の勉強を一切していないと偏差値10は埋まると思いますか?附属高校は受験勉強をしないだけで英語や一般教養レベルの勉強はその分やっています。

高偏差値の附属高校からの内部進学者と偏差値が中レベルの高校からの一般入学者、学力が高いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

大学入学時の学力で言えば、(一般入試の)外部入学者の方が圧倒的に上です。
内部進学は高校時代、受験勉強せずに、受験勉強以外に重点を置いて、学校教育がなされているからです。

例えば、山城から関関同立に現役合格するとすれば、それはかなり受験勉強しているという証です。

この問題、中学や小学校ではいかがでしょうか?
関学の小学校はかなりの高偏差値超難関校です。
しかし、12年間にわたって、一切受験勉強をしません。同志社もそうです。
但し、立命館小学校は、小学校入学者のみで12年間、ひたすら受験勉強を行い、決して立命館大学ごときへの進学が許されません。

Q■日本の短大卒業してからアメリカの4大にInternational s

■日本の短大卒業してからアメリカの4大にInternational studentとして編入する場合のPercent of Applicants Accepted(合格率)はどれくらい下がるor上がる?
College Board
http://collegesearch.collegeboard.com/search/adv_typeofschool.jsp
UN NEWS
http://colleges.usnews.rankingsandreviews.com/best-colleges/search
最近↑などのサイトでなまら時間かけてアメリカの大学を比較検討して志望校選びをしています。
↑のサイトで記載されている大学で合格率50%~90%の大学から選ぼうと思ってま―した。。

そこで本題です。そこで思ったのが、その合格率はきっとfreshmanの合格率ですよね?
アメリカ国外の短大卒業してアメリカの大学に編入しようと思ってる人―
つまりInternational studentでしかもtrasferの人―の合格率は含めてないですよね。
いろんな大学の公式HPのadmissionのページを見ましたが、編入生の合格率書いてある大学はまだ見たことないです。

タイトル通り、International studentでtransferする人の合格率って↑のサイトに載ってるようなfreshmanの合格率と比べるとどれくらい変わるんでしょうか?

■日本の短大卒業してからアメリカの4大にInternational studentとして編入する場合のPercent of Applicants Accepted(合格率)はどれくらい下がるor上がる?
College Board
http://collegesearch.collegeboard.com/search/adv_typeofschool.jsp
UN NEWS
http://colleges.usnews.rankingsandreviews.com/best-colleges/search
最近↑などのサイトでなまら時間かけてアメリカの大学を比較検討して志望校選びをしています。
↑のサイトで記載されている大学で合格率50%~90%の大学から選ぼうと思ってま―した。。

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

>>いろんな大学の公式HPのadmissionのページを見ましたが、編入生の合格率書いてある大学はまだ見たことないです。

 書いてない理由があるのでしょう。ちょっと考えても「外国人学生」ってピンからキリまでありますから、○国からの学生が多い年と、△国からの学生が減る年とで違いますし、×国の経済状態が悪化して、誰も来ない年もある、ですからコンピュータではじき出すのは簡単でも、意味の無い数字が出るだけです。

 受け入れる側では、今は州を上げての赤字時代ですから、合格率をまず決めて、合格させる訳ではありません。□国の石油が売れて、寄付金付きの大金持ちが来れば、他は後回しにする所もあるでしょう。

 ですから、信憑性のある返事があるかは別として、行きたい所へ聞くのがいちばんと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング