『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

2日前に同様の質問をさせていただき、写真データを再添付させていただき、補足させていただきます。
(前回の質問は
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8734568.html
です。)
最初のベランダの笠木のうらからの雨漏りの指摘は写真の中の(1)です。また、今回シーリングの劣化による雨漏りの原因部分は写真の中の(2)です。そして、家の中に雨漏りしたのは、この(2)の下にある窓からです。
ご回答いただける方よろしくお願いします。

「戸建て住宅の雨漏りについて」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

再び・・・#3 です。



・・・#4 さんの貼り付け URL のきじより パラペット天場の詳細図を見て下さい。

パラペット外壁の 下地防水紙の張り方の解説図ですが
昨今 サイディング下地に透湿防水紙がよく使われるのですが
天場の防水紙も この透湿防水紙のみでを使ってる建物が殆どです。

この 透湿防水紙 には 穴を空けると ルーフィングの様に 釘を巻き付けて
防水する機能がないので 笠木下には 必ず ルーフィング以上の防水性能が
ある 防水紙を使わないと 笠木フォルダーを取り付けた ビス周りから 水が浸入
するのです。・・・・笠木裏に吹き込んだ雨 が入り ビス周りから雨漏りを引き起こすことは
充分に考えられるメカニズムです。

笠木を外してみれば・・・多分防水紙の使用が間違ってる・・・と推察します。
・・・・であれば 最初からの 施工不良だと 云えます。

最初の雨漏りは 10年以内ですね・・・このときの施工対応が間違ってた・・・
と云う 論理が成立して来るのです。

以後の事は 優秀な弁護士さんと相談して下さい。
  良い結果が出ますように・・・頑張って下さい。
「戸建て住宅の雨漏りについて」の回答画像9
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親身に何度もご回答くださりありがとうございます。
業者との話を何度もし、結果的には内部の点検はしていただけないものの、そこの部分のシーリングは直してくださることになりました。不安は残るものの、10年以上立ったサイディングを外してまた元に戻すことのリスクもありますし…。
あとは、おっしゃられるように、ここまでになると弁護士も必要になるのでしょうね。そこまでの気力はなかなか難しいものですよね…。
今回は本当に多くの方に親身になってご回答いただいたことに大変感謝いたします。

お礼日時:2014/08/30 20:21

No.6です。


防水シートと防水テープがしっかりと施工した建物はそのままでも雨漏りしません。サイディング張りの職人が忙しいと数日間平気で放置していて雨が降っても問題ないからです。笠木すら施工していなくても大丈夫なものなのです。その後にサイディング張りと笠木設置したあとに、シーリングの職人がシールするのです。それらは建物のお化粧なのです。
ハウスメーカーが防水シートと防水テープの施工不良を認めないのは、再施工するにはシールもサイディングもすべて外して張り直さねばならないからです。その費用は100万円必要です。
ハウスメーカーの施工監理が行き届いていないのが原因ですが、職人も忙しいと平気で手抜きをするのです。しかし、一流どころのハウスメーカー(セキスイ、ダイワ)ではそのような手抜きを見たことがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですよね。そうとしか考えられません。サイディングがなくても家の中には水が入ってこない作り方をしていると、調べる先々で目にするのですが、業者は「入らないとは言い切れない」「入りにくいようにはしている」という、卑怯な主張の仕方しかしません。例えば、防水シートを止めるタッカーの穴だってあるんだなどという主張です。非を認めたくない一心なのが本当に不愉快です。
家を建てる時に、セキスイハウスそこかで迷いましたが、木の家にこだわり、そのメーカーにしましたが、坪単価も高い割にその辺りが大変がっかりです…

お礼日時:2014/08/30 16:51

防水シートの施工が悪いのは皆さんの指摘どうりでしょう。



笠木の深さも足りないように思えます。

壁面のコーキングが切れているお家はたくさんありますが、雨漏りになるようなことはほとんどありません。

本気で雨漏りを治すのなら、天井と、壁面を壊してみる必用があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ハウスメーカーに今回の件を告げても、防水シートの役割は全くと言っていい程認めてくれません。雨が入るから笠木の裏をコーキングで詰めたんだだとか、シーリングが劣化してるから入ったんだとかなどです…。
そもそも築1年の時の笠木からの雨漏りの時点で防水シートやテープの施工を点検すべきだったのではないのかという主張も全く受け付けてもらえません。
やはり、納得できるためにはシーリングを再施工する時に、そこの部分の外壁を外すしかないのですよね。

お礼日時:2014/08/30 14:23

前回も回答しましたが、サイディングの完全防水はシーリングではなく、防水テープで行なうものです。

シーリングはいずれ劣化するのでそれには頼れないからです。雨戸シャッター戸袋の上側に防水テープが施工されていないと思います。
笠木の施工の方法も問題なのかも知れませんが、笠木の下から雨水が入っても大丈夫なようにしなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
みなさんのおっしゃるように、シーリングが最終防水方法ではないのではないかと主張しても、業者はシーリングが最終防水なのだと一貫して主張します…。
施工方法の非を認めたくないからなのですかね…。

お礼日時:2014/08/30 14:25

#3ですが・・・追加です。



  笠木金具と外壁サイディングの隙間をコーキングした場合・・・・

笠木ジョイントや中間に取り付けられた 笠木を留める フォルダー で外壁へ排水する排水口をコーキングで塞いでしまい 笠木のジョイント部分で 雨量の多いとき浸入した雨が サイディング外部に排水されずに サイディング内部に浸入して 階下の室内側へ雨漏りした・・・と言うメカニズムです。

尚、此の現象は なかなか見つけにくく 工務店や 設計業者も同じように 見過ごします。

私も最初は 見過ごしたのですが 何度対応しても解決しないので 笠木メーカーさんとの共同調査で見つけ 以後同様の雨漏りを この五年で 10箇所(何れも雨漏り調査依頼)程で食わして 解決してます。

以上 実際には 現場を見ないと解らないのですが・・・参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご丁寧にありがとうございます。
業者は素人相手ということで、きちんとした説明はなされないのですね…。現在メーカーと何度も話をしてますが、施工方法に問題はなかったと主張をするだけです…

お礼日時:2014/08/30 14:27

下記リンクの利用して説明したいと思います。



http://www.mamoris.jp/kasitanpo/standard/pdf/201 …

47ページ 笠木上部の防水シートが正しく施工されているか。
     壁だけ貼って上部面のシートを張り忘れる人もいます。

49ページ ベランダ防水立ち上げり部の上部に有る水切りに防水紙を重ね貼りしているか
     この絵からも分かるようにサイディング部分のシールが無くても雨漏れしないように防水シートを納める必要が有ります。
     笠木と外壁との隙間は排気のための隙間が必要であるため台風時には此処から内部への吹き込みが有るからです。
     この部分をシールで潰すのは通気工法で有る通期の出口を無くすことになるので壁内結露を助長する原因を作る事となり感心しません。

今回の天漏れの原因は(2)の部分から漏ったとなると防水紙の貼り方が相当適当だと思われます。
多分サッシ廻りの防水テープ(54ページ)も貼って無いのではないかと疑いたくなります。

この回答への補足

ご丁寧にありがとうございます。
>多分サッシ廻りの防水テープ…
そうなんです。私もそこを疑ってなりません…。ただ、見えない部分なので、業者は上手いこと言うんですよね…。この場合、サイディングを外して、確認してもらうしかないのでしょうか。

補足日時:2014/08/30 12:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考資料大変ありがとうございます。無知でしたが、資料のおかげで予備知識が得られました。
このようなきちんとした施工方法がされていたのかどうか…

お礼日時:2014/08/30 14:28

パラパットのアルミ笠木・・・雨漏りしてる上部延長線付近に


アルミ笠木のジョイントはありませんか?

若し有れば・・・ジョイント部分の施行不良が有ると思われるので
施工業者でなくて 笠木製造メーカーに見て貰われることをお薦めします。

・・・尚、シーリングで止める 事は 二時的な対応ですので
  根本的に 雨漏りのメカニズムを検証する必要が有ります。

  調査方法は 晴天時に 水を掛けて雨降りと同じ状態を再現する事です。

まず、漏った時の気象状態を 気象庁のデータ^ベースで調べます。
お住まいの近くのアメダスの過去データーで 漏った日の時間当たりの雨量や
風向き・風速・・・等を事前に調べて それに近い人工降雨を行うのです。

 雨を降らす役と 雨漏り状況を監視する作業員と 指示する責任者が必要ですので
 費用jは 高く付きますが 根本的な解決には 必要な 調査です。

以上 ご参考に・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
築後すぐの雨漏りの時にはハウスメーカーの再現実験では笠木の裏からということで笠木の裏をコーキングしました。
そして、今回の雨漏りでの再現実験では業者が考えられる箇所に集中的に防水したところ、シーリングの劣化部分から雨が外壁内部に入り込んでいるとの見解でした。
私の中でどうも腑に落ちないのは、外壁から内部に入水したことはシーリングの劣化だからというのは納得できるのですが、そこからサッシ伝いに室内に入ってきてしまうということなんですよね…。

お礼日時:2014/08/30 11:57

サイディグの目地用、水切りを入れて、コーキング材を。

充填していませんか。それと、シャツターボックスの、上端のサイディグ隙間が、有りますか。通常は目地から。水は水切り部材を伝わりシャツターボックスの外に流れる様になるはずですが。水切り部材がボックスまで届いていないかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。施工にミスがあったのではないかと疑ってしまいますよね。見えない部分の施工なだけに、余計そうなります…

お礼日時:2014/08/30 14:32

>戸建て住宅の雨漏りについて。



 通常は、シーリングから入水しても室内の壁まで明らかに濡れるなんてことはありません。しかし、問題は入水量と入水箇所です。その程度と場所によっては、いわゆる雨漏り現象が室内でも確認されるようです。

 我が家の場合は、2階のベランダの排水口にベニア版が詰まって水嵩が30cmにもなるという状況が発生し和室内に雨漏りしてしまいました。サッシの下部から大量の水が浸入したようです。

>防水シートの施工を点検すべきだったのではないでしょうか?

 我が家の漏水事故に限っては、防水シートの施工不良は考えられません。なぜなら、完全な工場生産住宅だからです。ですから、想定外の事故と考えています。もちろん、設計・想定ミスと言えば、それまでのこと。でも、そんな事を言いだしたら水掛け論。その後は、ベランダの水=10cmを越さないように注意を払って事なきを得ています。

>二階のベランダの手すりの裏から雨が・・・

 ベランダ自体から水が入り込むのは、これは構造の問題かと思います。我が家の場合は、ベランダに水嵩20cmまで水を張っても、それだけでは入水しない構造になっています。そういう構造でない限り、防水シートの僅かな劣化部分、釘穴その他から水が内部に染み込むと思います。また、構造だけではなく全ての主な窓の上部は雨を直接に受けないようになっています。例外は、トイレと台所、それに風呂の窓ぐらいです。写真を見ますと、質問者宅は入水防止対策はコーキングのみのようです。屋根の張り出しが少ないようですね。そこが問題と言えば問題。でも、それは設計と仕様の問題ですから、今更どうしようもないのかも知れませんね。

・小まめにシーリングをメンテナンスする。

 実際問題としては、それしなないのではと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。シーリングの点検は必要ですね。
しかし、サイディングの釘穴などからも水は入ると業者に説明されてしまったのですが、そうだとなると、日々雨漏りに不安を抱えながらの生活になりそうです…

お礼日時:2014/08/30 14:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戸建て住宅の雨漏りについて

台風による大雨で2階建ての一戸建ての一階の窓サッシから雨漏りをしました。現在築12年なのですが、築3年程の際にも雨漏りがしました。その時は二階のベランダの手すりの裏から雨が入っているの だと業者に言われ、そこをコーキングで詰めてもらうだけの作業で雨漏りを直してもらいました。
そして、今回はサイディングのシーリングが劣化している為、そこから雨がサイディングの内側に入ったのが原因で雨漏りしたのだと言われました。確かに、再現実験ではシーリングの劣化部分に放水すると雨漏りしました。
ここで私が不可解なのは、シーリングの劣化によって雨水がサイディング内に入るのは理解できますが、防水シートがあるはずなのに、なぜ水が家の中に入ってくるのかということです。業者はシーリングの劣化ということを原因としてメンテナンスを勧めてきますが、そもそも施工段階で防水シートの施工ミスがあったのではないのかと疑問を抱きます。また、当時は全く無知だったのですが、築3年の時の雨漏りの時点の対処方法として、業者はコーキングだけではなく、防水シートの施工を点検すべきだったのではないでしょうか。(他の話では、家はサイディングがなくても雨が家の中に入ってこないようになっているとも聞きますし…。)
みなさんのご意見を伺いたく投稿いたしました。
ちなみに、住宅メーカーは国内でも有名な木造住宅メーカーです。

台風による大雨で2階建ての一戸建ての一階の窓サッシから雨漏りをしました。現在築12年なのですが、築3年程の際にも雨漏りがしました。その時は二階のベランダの手すりの裏から雨が入っているの だと業者に言われ、そこをコーキングで詰めてもらうだけの作業で雨漏りを直してもらいました。
そして、今回はサイディングのシーリングが劣化している為、そこから雨がサイディングの内側に入ったのが原因で雨漏りしたのだと言われました。確かに、再現実験ではシーリングの劣化部分に放水すると雨漏りしました。
ここ...続きを読む

Aベストアンサー

透湿防水シートとサッシ類の上から防水テープを貼るのですが、シャッター雨戸の戸袋部分に施工されていないのだと思います。シールが劣化しても雨漏りしないようにするためです。防水テープ施工が手抜きされているのではないかと思います。

Qサッシから雨漏りします

新築の家に丸2年住んでいます。
今月の強い雨風でサッシから雨漏りするようになりました。2度雨漏りしました。1階と2階の2箇所からです。
施工主に来てもらったところ、「最近の天変地異のような雨風で、台所などの小さな排気口にありえない角度から雨が入り、このようなことになったのかも。メーカーもそんな角度を想定して作っていないから」みたいなことを言われました。
素人で申し訳ないのですが、そのようなことってあるのでしょうか?
本来、家とは雨漏りしないことが普通なのですよね??
一応、明日きてもらって、なんとなくの修理はしてもらえそうですが、一生雨漏りに悩まされそうで、不安を感じています。
きちんと原因を追究して、修理してもらいたいのですが、どうしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

<サッシから雨漏りします>
 具体的な情報(事実)は下記の文章だけなので、少し情報不足です。

<今月の強い雨風でサッシから雨漏りするようになりました。2度雨漏りしました。1階と2階の2箇所からです>
 まず、サッシの何処(どの部分)からなのか分かりません。
 「雨漏り」と書いてあるので、サッシのレール部分から入っきて「敷居」或いは「開口枠の下部」の角から雨水が垂れているのではないと考えました。
 通常、外壁からの雨漏り、水の浸透は、「浸湿シート」の外側で収まれば、内側には入ってきません。外壁下地のシートが、何処かで本来の機能を発揮していないものと考えられます。
 そして、シートの内側に入った雨水は、横方向に部材がある場所でせき止められ、場合に拠っては内側(家の内部)にあふれ出す場合もあります。
 (上記は、通常はその様になります)
 サッシの上部、「鴨居」或いは「開口枠の上部」からの雨漏りであれば、(多分)外壁から入った雨が、外壁下地のシートの内側に入ってしまい(上記の通り)サッシの部分から内側に染み出したものと考えられます。

 或いは、サッシの上部の外壁のシール(コーキング)がされてないか、切れている場合に、強い横風の時、隙間から雨水が押し上げられサッシの上部(内側)に入ってしまう可能性もありますが、「浸湿シート」がサッシの枠(ツバ)に接着かテープを使って貼り付けられていれば、内側には入ってきません。

 サッシの外壁側のシールをやり直しても雨漏りが再び発生する場合は、サッシの上方の外壁(或いは外壁の継ぎ目)から雨水が入っている可能性が高いです。

 しかし、2箇所同時に雨漏りがするのは、一般的にいって不自然ですが、同じ方角に取り付けてある1階と2階の窓で、(サッシの)同じような場所からであれば、サッシそのものの可能性もあると思います。
 現在のサッシは、下部(レール部分)を含め、閉めて鍵をかければ強い横風の雨水でも入ってこないのですが、不思議ですね。
 障子の立て付けが悪ければその様なことも考えられます。障子をギリギリまで閉めて、障子の上と下が、枠に対して同じ隙間かどうかご確認下さい。

 最後に、まずは外部の何処から雨が侵入してくるのか特定するのが先決です。

 ご健闘を祈ります。

  

 こんにちは。

<サッシから雨漏りします>
 具体的な情報(事実)は下記の文章だけなので、少し情報不足です。

<今月の強い雨風でサッシから雨漏りするようになりました。2度雨漏りしました。1階と2階の2箇所からです>
 まず、サッシの何処(どの部分)からなのか分かりません。
 「雨漏り」と書いてあるので、サッシのレール部分から入っきて「敷居」或いは「開口枠の下部」の角から雨水が垂れているのではないと考えました。
 通常、外壁からの雨漏り、水の浸透は、「浸湿シート」の外側...続きを読む

Qベランダから雨漏りします。

二階建ての一軒家(築20年)です。
二階のベランダから雨漏りがして、一階の天井が染みになっています。

ベランダの床は一畳ほどの大きさで、
コンクリートのような素材に何本もひび割れが入っています。
どこから漏れているのか検討もつきません。

できれば自分で修理したいのですが、素人のため、なにかいい方法や知恵等ございましたら、教えて頂けると幸いです。

情報も足りないとは思いますが、何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベランダの雨漏りの原因として考えられるのは主に「ベランダ内の排水の有無」と「ベランダ床と建物壁面の境目」、「ベランダ床面の防水層の破損」です。
ベランダに雨水を流す排水溝は無いでしょうか?そして外部へ排出する「出口」の様な所を確認して下さい。ゴミが詰まったり鳥が排水管の中に巣を作っていたりして排水が出来なくなっていると、ベランダ内が「ミニプール」状態になってしまいます。
水かさが増せば、防水層を超えてしまう場合(コップの淵から溢れた状態)がありますので、そうなると階下に漏水する可能性は高くなります。

ベランダ床と建物壁面の境目ですが、ベランダ床と壁面の繋ぎ目で「コーキング(シリコンで隙間を埋める)」が剥がれていたりするケースがありますので、ソコから雨水が浸入する事があります。

ベランダ床面の防水層の破損ですが、恐らく質問者様のパターンはコレではないか?と思います。
>コンクリートのような素材に何本もひび割れが入っています。
と言う事からして、表面に「モルタル」が塗られていたのだと思います。
それが割れている為に隙間から雨水が浸入するのでしょう。
ホームセンターで「モルタル」を買ってきて『左官』作業で床面をもう一度モルタルを塗ってやれば良いと思います。

個人的な意見ですが、安モノのモルタルは余り長く持たない(自分の左官技術の低さも影響していると思いますが)と思います。

ベランダの雨漏りの原因として考えられるのは主に「ベランダ内の排水の有無」と「ベランダ床と建物壁面の境目」、「ベランダ床面の防水層の破損」です。
ベランダに雨水を流す排水溝は無いでしょうか?そして外部へ排出する「出口」の様な所を確認して下さい。ゴミが詰まったり鳥が排水管の中に巣を作っていたりして排水が出来なくなっていると、ベランダ内が「ミニプール」状態になってしまいます。
水かさが増せば、防水層を超えてしまう場合(コップの淵から溢れた状態)がありますので、そうなると階下に漏水...続きを読む

Qベランダ下の部屋は雨漏りしますか?

よろしくお願いします。

家を新築予定で、建築申請の許可が下りるのを待っている段階です。
いろいろと家のことを調べていましたら、「ルーフバルコニーの下に居室があると雨漏りしやすい」というようなものを見つけました。

我が家は3階建てで、3階バルコニーの下が和室になっています。
ちなみに3階のバルコニー(ベランダ?)の広さは91×364です。(平面図しか無いので数値が間違っているかも知れません)
バルコニー上には予算の関係上、屋根をつける予定はありません。

広いバルコニーでもないので、雨漏りはあまり心配しなくても大丈夫なのでしょうか?
また、少しでも雨漏りの可能性がある場合、どのような対策をしたら良いのでしょうか?

今から間取りの変更は難しいと思うので、かなり不安です・・・。

Aベストアンサー

通常の設計では、
バルコニーの下に防水層(屋根)が確保されていますので、
早々簡単に雨は漏りません。

ただし、
屋根の上にデッキを造るような話ですから、
設計や工事に問題があれば、
雨が漏りますし、
どうしても雨漏れの原因箇所が隠れてしまうケースが多いので、
通常人が上にのらない屋根に比べると、
雨漏れの可能性が高くなります。

どうしても不安だという場合は、
矩計図(かなばかりず)という断面図で説明してもらうように、
設計者に注文してください。

そのような指摘があれば、
現場側も慎重に施工するでしょうし、
万が一雨漏れした場合でも、
問題解決がしやすいと思います。

どなたでも住宅を建てられる場合は、
知らないことやわからないことで不安になられると思います。
初めての経験でわからないのは当然ですし、
何も恥ずかしいことではありませんので、
是非、設計者に説明していただけるようにお話されることをお勧めします。


良いお住まいになるとよいですね。
ご参考下さい。

Qサッシ窓上から雨漏りを修理したい。

年に数回雨風が強い時に、サッシ内側上部から雨が浸みて落ちてきます。
ネットで見たのですが外側サッシの上のコーキングを削り取り、新たにコーキング剤をガンで押し入れる以外には修理方法はありませんか?
重量鉄骨4階建て、ALCにボンタイルです。筑後40年過去に2度ボンタイルメンテ最終メンテより13年経過。

Aベストアンサー

>築年数からサッシが下がってきて、外側サッシ上部とのコーキングが密着していないのではと思います。
>信頼できる建築業者に施工さしましたので処理は完璧

処理が完璧ならサッシ枠が下がる事はありませんし、雨漏りも無いと思いますが?
仮に処理が完璧でも材料の性能寿命を無視する事は出来ませんので、何処が進入路になっても不思議ではありません。
なので、No.1の方も書かれていますが、進入場所を特定する事が先ではないかと考えます。

「重量鉄骨3階、ALC」の物件で同じ位置への雨漏りがあり対応しましたが、窓部壁上端アルミ笠木の裏のコーキング切れ部が進入場所でした。
雨量が少な目でも風の強い降雨時のみの進入です。


元々の質問である
>新たにコーキング剤を押し入れる以外の修理方法

は、それ以外にあってもDIYではそれがベストな処理でしょう。
ただし、シリコン素材にシリコン素材は接着しないので、古いコーキングは壁、アルミの表面が出るまで除去です。

Qシャッターから雨漏り?

新築に引っ越してから約一ヶ月たちます。最近感じ始めたのですが雨が降ったあとは1Fのシャッターの内側が雨でびっしょり濡れています。シャッターの上部には庇も何もありません。三協立山アルミ製ですが品名まではわかりません。シャッターの内側って漏れないものだと思っていたのでショックです。シャッターとはこんなものでしょうか?ご存知の方回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして、メーカー勤務の者です。(三協立山さんではありませんが)
まず、シャッターには気密・水密性能は全くないので強風が伴うとスラット(シャッターの板部分)の内側が濡れると言うのは普通の出来事です。空っぽになったBOX内に吹き込んだり、スラットの噛合わせ部分からにじみ出ます。
また、スラットの室外面が濡れた状態で一度でも巻き上げますとロールケーキのクリームのように雨水は室内面にも付着します。
でも万が一、漏水だと大変なので工務店やハウスメーカーへ調査依頼してください。ちゃんと水掛けして原因を突き止めてもらいましょう。

Qバルコニーのアルミ手摺りについて質問します。外壁サイディングが剥がれて

バルコニーのアルミ手摺りについて質問します。外壁サイディングが剥がれてきてHMに相談したところアルミの手摺笠木から水が浸入しサイディングの裏側を伝って下まで流れているのが原因と言われアルミ手摺り全部

交換、外壁を金属サイディングに全交換するしかないと言われ300万円の見積りを頂きました。サイディングの剥がれは新築から5年目で発生しているので手摺からの水浸入もそのころからだと思います。HMが言うには5年前の手摺はこう言うことが良くあった今の最新の手摺は防水加工がしっかりしているので大丈夫と言いますが、そもそも屋外で使用する物が5年しか持たないのでしょうか?施工自体にミスは無いのでしょうか?自分で手すりを見るとストレート部分の繋ぎ目には防水カバーが付いていますが90°コーナー部分は繋ぎ目が少し空いているのにカバーは有りません。また、笠木の下にはコーキング等の防水処理がされていると言うのですがその防水加工に問題は無いのでしょうか?素人考えでは手摺りを外し防水修理をして戻せば問題ないと思うのですがHMは手摺りは一度外すと歪みができ二度と設置することはできないと言います。また、サイディングは2年前に12mm幅が廃版になったので剥がれた部分のみの修復は出来ない全面を金属サイディングにするのが一番安く長持ちすると言われました。そもそも築5年で300万のリフォームがかかる事に不信感があります。HMからは外壁、バルコニーの保証期間は2年で終わっているので全額お客様負担と言われています。住宅建設、リフォームに詳しい方お知恵を拝借させて頂けないでしょうか?宜しくお願いします。

バルコニーのアルミ手摺りについて質問します。外壁サイディングが剥がれてきてHMに相談したところアルミの手摺笠木から水が浸入しサイディングの裏側を伝って下まで流れているのが原因と言われアルミ手摺り全部

交換、外壁を金属サイディングに全交換するしかないと言われ300万円の見積りを頂きました。サイディングの剥がれは新築から5年目で発生しているので手摺からの水浸入もそのころからだと思います。HMが言うには5年前の手摺はこう言うことが良くあった今の最新の手摺は防水加工がしっかりして...続きを読む

Aベストアンサー

引き続き・・#2です。
補足の >コーナーの丁度裏側に当たる押入れ内部のコーナーがカビています。
が気に掛かりますね。

コーナー部分を中心に 外壁内の現状を調べる必要が有りそうです。
外壁に 8mm の穴を空けて ”ファイバースコープ ”で 覗く方法か サイヂングを一部ゆるめるか、剥がしての調査となります。
”見えない処への雨漏り ”も 立派な雨漏りですので 貼り替える場合でも 調査は必要です。

JIO等の専門家の調査が必要ですが、調査費用は 高く付きます。

全瓦連のメンバー店なら この方面での詳しい方が 多いので (クボタ松下との繋がりが太い処が多い)全瓦連メンバー店を 探して 相談して見るのも良いのでは・・・? と思います。

9年ですと、あと僅かですので 少し急がないと・・・とは思いますが、
 5年前の 可視補修工事自体が 瑕疵工事だと 認められたら(裁判所の判断ですが 認められる事も有ります)民法で補修工事での 10年 の補修責任を 争うことも可能か? とは思いますが 時間と費用が掛かりますので 難しい処です。

将来を予想して・・・今までの経緯と 担当者名や名刺 等を 記録に残して 今後の対応は全て ノートに残すのが お勧めです。出来るだけ 第三者的な目線からの文書を心がければ 良い記録が残ります。

記録に残してることは 業者に云う必要は有りませんが 気付かれるのは 構いません。
 ”?・・? なんか記録を取ってる・・・やばいぞ!・・・”となって 対応が有利になることも多いのです。

取りあえず 壁内調査が 必要ですので・・・ 頑張って下さい。
   先の URL ではもっと突っ込んだ相談が 可能かも・・? と思います。

参考URL:http://www.yane.or.jp/

引き続き・・#2です。
補足の >コーナーの丁度裏側に当たる押入れ内部のコーナーがカビています。
が気に掛かりますね。

コーナー部分を中心に 外壁内の現状を調べる必要が有りそうです。
外壁に 8mm の穴を空けて ”ファイバースコープ ”で 覗く方法か サイヂングを一部ゆるめるか、剥がしての調査となります。
”見えない処への雨漏り ”も 立派な雨漏りですので 貼り替える場合でも 調査は必要です。

JIO等の専門家の調査が必要ですが、調査費用は 高く付きます。

全瓦連のメンバー店なら この方面で...続きを読む

Qアルミサッシ枠(下部)からの雨の漏れ

お世話になっております。
建築師さんにお願いして、戸建て住宅を設計していただき、昨年末に完成しました。

住んでみて、気になっているのが
アルミサッシ(下部)から、雨水が漏れて侵入してくるのです。
我が家は、コンセプトとして
「軒がない」ので、雨水がダイレクトに窓ガラスに当たります。その水がレールから外側に落ちる(水切り?)
仕組みにはなっているのですが、風向きや雨の量によっては、多少室内のサッシレール→サン(と呼ぶのでしょうか?)に入り込んできます。
勿論、サッシレールと床には段差があるので、
床にまで水が入ってくることはないと思うのですが・・・ただ、台風などが来て、大量の雨が降った場合に心配です。

これが、仕方の無い「仕様」としてのことなのか
それとも、サッシの取り付けにおいて防水処理などの
問題から来ているのか、分かりかねております。

お忙しいところすみませんが、どなたかご存知でしたら
お教えいただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

当方、建設業者です。

No7さんの回答どおり、一定量の水がレールに溜まるのは問題ありません。
水漏れを起こしているかどうかが、気になります。
床や壁に水が浸みたような跡はありますか?
どうしても不安な場合、床下から部材が濡れた後がないか点検してみてください。
漏水の痕跡がなければ問題ありません。
参考程度に…

Q住宅ローンの金消契約について教えてください。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信用情報に照会すると履歴が残ると思うんですが、
銀行は仮審査・本審査と信用情報に照会を
入れているんですよね?
その上、また金消契約の際も照会するのでしょうか?

それと、順番がよくわからないのですが
金消契約の際は新住所の住民票や印鑑証明が
必要とありました。
中古住宅の購入なので、今売主が住んでいます。
ちょうど引渡しの前日あたりに引っ越していく
予定らしいのですが、金消契約日(つまり融資実行)
を引渡しの5日ほど前にしたいと売主から連絡が
ありました。どの段階で住民票を写すことに
なるのでしょう?

あと、この金消契約で融資実行となり、
その後はもう銀行に行くことはないですか?
銀行に直接聞けばよいのですが
不動産やさんに任せてるのであまり聞けず・・・。

最後に金消契約の段階で融資不可、となることは
ありますか?それはどんな場合ですか?

色々書いてすみませんが
宜しくお願いいたします。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信...続きを読む

Aベストアンサー

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の出る、ありがたい客」になるので、堂々とした態度で臨みましょう!
※借金しているといって「卑屈」になってはいけません。

金消契約時に新住所の住民票を用意できればベストですが、売主の退去の都合等、社会通念上合理的事由がありそれを銀行に説明し納得していれば、事前の移動は必要はありません。入居後速やかに住所変更すれば良いのです。
※銀行側としては、後での住所変更(通常の住所変更とは異なり、融資取引の住所変更は手順が多い)はメンドーかつリスク(債務者が速やかに住所変更をしてくれない等)が伴うため、金消契約時に新住所になっている方がありがたい。

取引日当日の動きとしては、一般的に買主側の取引銀行(住宅ローンを利用する銀行)で行います。双方の必要書類を確認し、
1.住宅ローンの実行・買主口座への入金
2.買主口座から決済相当額を出金し、売主へ支払い
3.売主が入金確認後、登記手続
となります。これが「取引」です(決済ともいいます)。
買主と売主の取引銀行が異なると、代金決済後の入金確認に時間がかかることも考えられますので、決済は朝一番からはじめた方が良いと思います。

この段階で物件は買主のモノになりますが、実際はその後(一週間程度、この期間については双方合意の上、売買契約書に記載します)売主が退去することになり、不動産屋を通じて「鍵」を受け取ります。これが「引渡し」です。

引渡し後、買主は中古物件の「リフォーム」等をし、速やかに引越しします。同時に役場へ出向き住民票の移動を行います。そして速やかに銀行へ住所変更の届けをします。

リフォームの有無、市外からの転入、売主の転居都合等により、全体のスケジュールは異なりますが、概ね上記のとおりになります。例外のケースもあるので、銀行・不動産屋とよく相談・確認をしてください。

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の...続きを読む

Q雨漏りの原因究明に有効な方法 (長文です)

雨漏りの原因究明に有効な方法を教えてください。
私は天井をはがして調べればいいと思うのですが、売主の不動産業者は外から水をかける方が有効だと反論します。
この不動産業者の反論は正しいのでしょうか?
また、ほかに何か有効な方法はあるでしょうか?

以下、これまでの経緯です。

今年の9月から大雨のたびに月一度ぐらいの頻度で雨漏りがしています。弱い雨では漏りません。
場所は一階の台所で、台所の天井の二箇所に亀裂が生じ、そこから数十秒に一滴くらいの水が漏ります。
台所の上に屋根はなく、金属製のひさしがあります。台所の上の二階部分は洋室で、出窓があります。また、二階に雨漏りはありません。

中古ですが、売主が不動産業者のため、二年間の瑕疵担保責任がある住宅です。
この不動産業者にクレームをつけたところ、
ひさし周辺、二階の出窓をそれぞれ点検し、コーキングなどの修理を行いました。

しかし、先日また雨漏りがありました。
私は「外から見ても分からないから、天井をはがして調べてくれ」と言いましたが、
業者は「はがしても分からないから、外から水をかけて調べさせてくれ」と反論してきました。
私はこれを受け入れ、年明けに水をかけることになりました。

雨漏りの原因究明に有効な方法を教えてください。
私は天井をはがして調べればいいと思うのですが、売主の不動産業者は外から水をかける方が有効だと反論します。
この不動産業者の反論は正しいのでしょうか?
また、ほかに何か有効な方法はあるでしょうか?

以下、これまでの経緯です。

今年の9月から大雨のたびに月一度ぐらいの頻度で雨漏りがしています。弱い雨では漏りません。
場所は一階の台所で、台所の天井の二箇所に亀裂が生じ、そこから数十秒に一滴くらいの水が漏ります。
台所の上に屋根...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは!

 ご新居の雨漏り、ご心配ですね。

 雨漏りは必ずしも水が漏れてくる上辺りに原因があるとは限りません。思いがけない遠い所からあちこち伝い、一番低いところに溜まってから滴る場合が多い様です。弱い雨の場合は漏っていないのではなく、雨水は浸入していますが、滴る場所まで到達していないだけだと思います。

 察するに、大屋根(2Fの上の屋根)が原因ではなく、壁面が怪しいと思えますので、最初の判断として、庇、出窓周りのコーキングは正解だと思います。

 それでも解決しない場合は次に怪しい場所を探さなければいけませんが、不動産屋さんのおっしゃる『水をかける』とliving-simplyさんのおっしゃる『天井をはがす』作業を同時にして、雨水の伝う経路から原因箇所を探すのが確実です。水をかけるだけでは原因箇所を探すのは困難だと思います。ホースで水をかけた程度では症状がでない可能性もありますので、症状のある雨天時に作業をするのが理想だと思います。

 天井をはがす作業は大掛かりになりますので、天井点検口を設置しても良いかと思います。但し、1Fと2Fの天井裏高さは20~30cm位しかない場合が多く、点検口では目視できないかも知れません。

 今一度、壁面、大屋根等外回りを再確認、補修していただき、雨天を待って確認し、それでもダメな場合は上記の作業にかかられてはいかがでしょうか。

 こんにちは!

 ご新居の雨漏り、ご心配ですね。

 雨漏りは必ずしも水が漏れてくる上辺りに原因があるとは限りません。思いがけない遠い所からあちこち伝い、一番低いところに溜まってから滴る場合が多い様です。弱い雨の場合は漏っていないのではなく、雨水は浸入していますが、滴る場所まで到達していないだけだと思います。

 察するに、大屋根(2Fの上の屋根)が原因ではなく、壁面が怪しいと思えますので、最初の判断として、庇、出窓周りのコーキングは正解だと思います。

 それでも解決し...続きを読む


人気Q&Aランキング