プロが教えるわが家の防犯対策術!

衛生管理者とは衛生工学衛生管理者免許と第一種衛生管理者免許などありますが、第一種衛生管理者は試験が必要で、衛生工学衛生管理者は大学理工系の卒業者で労働安全衛生研修所の講習を受ければもらえるとありますが、同じような資格なのでしょうか?それとも衛生工学衛生管理者は第一種衛生管理者の上位資格なのでしょうか?これらには大きな差があるのでしょうか?良く分からずご存知の方お教えください。
実力で第一種衛生管理者を受験して受かれば良いのですが、結構覚えることが多く一応工学部卒なので簡単に衛生管理者の資格を得たいのです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E7%94%9F% …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

衛生工学衛生管理者免許を受け、社内事業所での安全衛生委員の経験からですが。



衛生工学衛生管理者と第一種衛生管理者の資格の違いは。。。
実質的な業務上での違いはないと思いますが、労働安全衛生規則の第3節衛生管理者(衛生管理者の選任)第7条6項に、
「 常時五百人を超える労働者を使用する事業場で、坑内労働又は労働基準法施行規則第十八条第一号 、第三号から第五号まで若しくは第九号に掲げる業務に常時三十人以上の労働者を従事させるものにあつては、衛生管理者のうち一人を衛生工学衛生管理者免許を受けた者のうちから選任すること。 」
<参照>http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000 …
とあるので、衛生工学衛生管理者の資格の方が、効力の幅が広いのではないかと思います。

因みに、理工系出身者は講習会を受講して、講義を受けた直後に、テストを受ければ良いので、時間的にも、1週間で資格が取れるので良かったです。
会社も、講習会受講という事で、研修の為の出張扱いにして貰えました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
では無理して第一種衛生管理者を受けずとも、1週間講習の衛生工学衛生管理者を会社のお金で取に行こうと思います。

お礼日時:2014/10/13 15:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q衛生工学衛生管理者の難易度

衛生工学衛生管理者の不合格の件で教えてください。
私は、第一種衛生管理者の資格取得者です。
今度、衛生工学衛生管理者の講習を受け、資格を取得しようと思います。
4日間コースですが、遠方ですので講習費用・交通費でかなりの負担になります。
講習中、2回テストがあります。
不合格になった方、いらっしゃいますか?
不合格になった場合、再講習の救済措置はあるそうですが、遠方で費用もかなり掛かります。
会社にも迷惑をかけることになります。
非常に悩んでいます。
受講経験者、遠方からの不合格経験者の方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

この方のブログが一番勇気付けられると思います。

> 衛生工学衛生管理者の合格率について
> 講義初日にオリエンテーション担当の方が
>「過去に私が不合格連絡をした方は1名のみです」
> とおっしゃっておりました。

http://blog.livedoor.jp/yuevolv/archives/50751169.html

慰めになるかどうか、以下も追記されています。
講義の間、寝ないで頑張って勉強してください。

>2日目の朝と4日目の最後に試験があり、それぞれ6割以上取らないと
>再受講and再試験のようです。
>(再受講には費用は不要)

http://blog.livedoor.jp/yuevolv/archives/cat_10023964.html

Q労働衛生コンサルタントは仕事ある?

労働衛生コンサルタント試験はかなりの難関だそうですが、しかし実際、資格を取得しても、仕事はあるのでしょうか?世の中、試験の難しさと、仕事の需要度は必ずしも比例していないと思いますが。何か資格取得後のメリットはあるのでしょうか?ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

安全コンサルタントです。
コンサルタント会の衛生コンサルに聞いた話や見聞きした範囲ですが、この資格のみでの自営独立は難しいです。
衛生は大別して保健衛生(産業医)と労働衛生工学に分けられ、前者が大半です(医師は科目免除が多いため)
保健衛生は産業医あるいは保健師として専門性を高めるためにこの資格を取得しています。
労働衛生工学は向上などで粉塵やシンナーなどで病気にならないように換気システムの設計をしたりする仕事の専門家です。
主な顧客は社内に衛生管理者を含めて衛生の専門家がおらず、かつ労働衛生の向上を図りたい(その予算的な措置ができる)と願う企業になります。
このご時勢で投資をするからには法令違反があって是正処置を求められた企業が多くなります。
コンサルは法律で「労増安全衛生改善計画を作成する場合に国がコンサルタントを利用することを推奨できる」としか書いてありませんので、コンサルの利用は義務ではありません。
しかし監督署へ営業活動をしていれば、改善指示を出す場に同席させてもらうことも可能です。

衛生コンサルは主に有機溶剤やアスベスト、放射線、シールド工法等の健康に影響がある作業の際に技術的な立場で作業の改善を図る能力がある者です。
安全コンサルは墜落や爆発感電などの事故の防止のための技術の専門家です。

このようにコンサルの業務は主に技術面のため、多くの人は社労士または診断士、技術士の3点セットで資格を有し、企業経営の改善指導や手続きまで踏み込んだ指導をしています。

安全だけ、衛生だけでも仕事がありますが、共有のほうが仕事が多くあります。
衛生だけの人は環境管理、公害防止、計量士などの化学系の資格やメンタルヘルス・カウンセリングなどがあると強みになります。

専業で年収1千万円クラスの人もいますが、少ない人は100万円台です。

安全コンサルタントです。
コンサルタント会の衛生コンサルに聞いた話や見聞きした範囲ですが、この資格のみでの自営独立は難しいです。
衛生は大別して保健衛生(産業医)と労働衛生工学に分けられ、前者が大半です(医師は科目免除が多いため)
保健衛生は産業医あるいは保健師として専門性を高めるためにこの資格を取得しています。
労働衛生工学は向上などで粉塵やシンナーなどで病気にならないように換気システムの設計をしたりする仕事の専門家です。
主な顧客は社内に衛生管理者を含めて衛生の専門家...続きを読む

Q第一種衛生管理者資格を取れと言うが・・・

会社で第一種衛生管理者資格の試験を受けろと言われています。
上司には、「この資格は転職にも完全に優位だよ。」などおいしいことを言われています。
この資格を取るとどんなメリットがあるか良く分かりません。持ってる方、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

私の個人的な経験談です 最近転職したのですが

第1種衛生管理持っていますが、全くといってよいほど転職には役に立ちませんでした。 事業所の業種・規模に応じて有資格者が必須ですが、この資格を持っている人をどうしても欲しいといっている会社は 社員にこの程度の資格を取らせる余裕のない会社ってことですから、そこには就職しない方がよいでしょう。

資格を持っていても、あまり出番はなかったです(たまに安全会議とかに呼ばれるだけ)、資格手当てが高いのであれば、とってもよいでしょう。(私の会社では 月2,000円でした。 今の会社では0円 設定自体ない)

Q第一種衛生管理者を取得した後・・・

先頃第一種衛生管理者を取得しました。
うちの会社はもうこれで十分なんですが、せっかくのチャンスなので、衛生管理者からステップアップしたいと考えています。
ウェブを見ると・・・
(1)衛生工学衛生管理者
(2)作業環境測定士
(3)労働衛生コンサルタント
が取れることが分かったんですが、高額な講習料を自費で支払って、「衛生工学衛生管理者」を取得するのか。
はたまた、しばらく期間をおいて、「作業環境測定士」「労働衛生コンサルタント」を取得するのか。
関係ないのなら、いずれも取得しないのか・・・迷ってます。皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

おはようございます。
さて、一番大切なのはご質問者様が将来どうしたいのか、
どうなりたいのか、ということにつきると思います。
第一種を取得されたということは製造関係の方でしょうか。もしそうなら、一番本業に関連しそうなものからはじめるべきでしょうね。受験資格などの関係から労働衛生コンサルタントは最後の本丸とお考えになった方が良いと思います。(2)→(1)→(3)の順が良いのではと思います。ご質問者さまの会社の本業は何でしょうか?途中にその関係の資格を取り入れた方が良いでしょう。労働衛生についての理解が厚みを増すと思います。
いろいろと勝手なことを申し上げました。
がんばってください。

Q労働衛生コンサルタントの受験資格について

下記の要件で、労働衛生コンサルタントの受験資格があるかどうか教えてください。

文系の学部を卒業し、臨床心理士の資格有
企業領域で、10年メンタルヘルスに関する業務に従事

お詳しい方がいらしたら、教えてください。
よろしくお願いします。

また、すぐに受験できなくても、衛生管理者などを取得の上、受験できるようでしたら、その方法についてもご教示いたくだきたく存じます。

Aベストアンサー

この資格は、受験資格に必要な「衛生の実務(実務経験)」がネックになりますね。
-------------------------------
衛生の実務とは、事業場の労働衛生管理部門の管理職、衛生管理者等のほか生産現場等において労働衛生管理を担当し、所掌する者が下記の業務を行うことを示します。
  (1) 労働衛生管理計画の企画、立案及び運営に関すること  
  (2) 労働者の健康診断及びその事後措置に関すること
  (3) 作業環境や作業条件の調査、測定やその改善に関すること
  (4) 衛生教育計画の作成、運営に関すること
  (5) 有毒物中毒者の調査、分析に関すること
-------------------------------
…ということなので、メンタルに限らず広く衛生(身体の健康、職場の照度、換気の管理etc)に関する業務に従事した経験を要します。

貴方の雇用主が上記の要件を満たしていると認め経歴証明書を発行して、安全衛生技術試験協会がその経歴を認めてくれれば話は早いのですが、、やはり最終的な判断は協会が行うことになると思うので、協会に照会するしかないと思います。

ちなみに技術士や一級建築士など実務経験を要さない資格もありますが、その資格の取得自体に実務経験が必要なので、簡単な話しではありません。
衛生管理者の免許を持っていても「選任されて10年」の実務経験を要しますし、衛生管理士にしても「医師・薬剤師+4年の実務経験」といった具合に、必ずどこかで実務経験を積む必要があります。
実務経験を得るには然るべき職場において然るべき部署に配属されるしかなく、自分の頑張りでどうにか出来るものではありません。

そんな煩わしさを唯一回避し自分の頑張りでやっていくとすれば医師か薬剤師の免許を取得するしかありません。
最短でも大学で6年間学ぶ必要がありますが、実務経験を積むためにどこかに就職し、希望の部署に配属されるかどうかを心配するより遥かに楽です。他の資格者に要求される実務経験年数を考えると、6年間というのは期間も短くて魅力的です。

私も労働安全コンサルタントの資格取得を目論んだ時期がありますが、これらの資格はそれなりの規模の事業所の特定の部署で長年働いてきた、高い専門性と経験を持つ人にしか相手にしていない印象を受けますね。

参考URL:http://www.exam.or.jp/exmn/H_shikakueisei.htm

この資格は、受験資格に必要な「衛生の実務(実務経験)」がネックになりますね。
-------------------------------
衛生の実務とは、事業場の労働衛生管理部門の管理職、衛生管理者等のほか生産現場等において労働衛生管理を担当し、所掌する者が下記の業務を行うことを示します。
  (1) 労働衛生管理計画の企画、立案及び運営に関すること  
  (2) 労働者の健康診断及びその事後措置に関すること
  (3) 作業環境や作業条件の調査、測定やその改善に関すること
  (4) 衛生教育計画の作成、運営に関す...続きを読む

Q衛生工学衛生管理者の不合格の件で教えてください。

衛生工学衛生管理者の不合格の件で教えてください。
私は、第一種衛生管理者の資格取得者です。
今度、衛生工学衛生管理者の講習を受け、資格を取得しようと思います。
4日間コースですが、遠方ですので講習費用・交通費でかなりの負担になります。
講習中、2回テストがあります。
不合格になった方、いらっしゃいますか?
不合格になった場合、再講習の救済措置はあるそうですが、遠方で費用もかなり掛かります。
会社にも迷惑をかけることになります。
非常に悩んでいます。
受講経験者、遠方からの不合格経験者の方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

そういう講習を受けての資格試験、というのは、

まともに講習を聞いていればどこが大事なのか、というのは合格に十分なほど理解できるようにできているものです。

講師の方が「重要」と強調しているところ、テキストの表現の試験問題との対応、など、それを聞き逃さず受講していれば、まず落ちないものです。

逆に言えば、独学でいきなり受けると不合格になりかねません。

Q第一種衛生管理者の点数は知らせてもらえますか?

第一種衛生管理者を受験された方に伺いたいのですが、
受験後、合格または不合格の通知がくるときに、
実際の点数もお知らせされるものでしょうか?

それとも、合格不合格のみのお知らせになりますか?

ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

労働安全衛生法の国試の結果は合格した場合は合格通知として合格の事実のみが表記され、
残念ながら不合格の場合は、結果通知として各科目の取得得点も表記されます。

Q衛生工学管理者

来年衛生工学管理者講習に参加します。現在53歳ですが、老後の再就職に有利になるのではと思い参加しようと考えています。現状の同資格の需要というか募集ってあるのですか?現在は設備システムメーカーの営業所の所長、及び安全管理者をしており、1種衛生管理者の免許を持っています。宜しく御願いします。

Aベストアンサー

 資格を取得しておくことは良いことと思います。履歴書にもかけますしね。
 衛生工学衛生管理者は、昔と違って、講習に行くだけで取得できるようになりました。衛生管理者を取得していれば、講習に申し込むだけで可能ですね。
 この資格の必要フィールドは主に大企業向けと思います。この資格だけの募集というのはあまりないと思います。1週間程度の講習でとれますし、社員で養成できるでしょうし。。一度、ハローワークで検索されるのもいいと思います。あるかもしれませんし。
 でも衛生管理者より、レベルアップしますし、勉強好きと評価されるでしょうから、取得されるのは良いことと思います。

Q防火管理者と防災管理者の違いはなんでしょうか?

(1)防火管理者と防災管理者の違いはなんでしょうか?
(2)防災管理者の資格を取得した際には、「防火管理者・防災管理者」と2つ併記することは可能ですか?

Aベストアンサー

元々の資格としては、防火管理者が先にありました。
呼んで字のごと、(火災による被害の防止を図る為に存在します。
乙と丙の2種類あります。
受講により取得できます。受講条件はありません。

防災管理者は、それに加えて大規模地震やテロなど防災管理も行います。
大規模・高層の建築物において必要となります。
また、この場合は防災管理者は、防火管理者と兼任となります。
受講により取得できますが、受講条件があります。
甲種防火管理者を取れば満たせますので、さほど問題ないかと思います。

大きい建物は防災管理者兼防火管理者が必要となります。
普通の雑居ビルのような小規模であれば、防火管理者だけで問題ありません。

資格としては、別物なので2つ併記でいいと思います。
実務的には、防災管理者といえば、防火に関する知識を持っているのが前提です。
その為、防災管理者と名乗れば分かる人は分かります。

Q安全管理者資格の取得の難易度はどの程度ですか。

事業所に50人以上の従業員が居る場合、安全管理者の選任が必要となっていますが、異動する事業所がそれに該当します。従業員60名。
安全管理者の資格取得が必要とのことですが、どの程度の難易度でしょうか。
講習をうけて修了書をいただくという程度でしょうか。教えていただけるとたすかります。

Aベストアンサー

回答#1の方への「お礼」欄で追加質問されている件について補足説明します。

正確に言うと、「安全衛生推進者」です。
これは10人以上50人未満の小規模事業所が対象です。
安全管理者を置かなければならない大規模事業所とは法的な背景が違います。

従って、「安全管理者」の資格があったとしても、そのまま「安全衛生推進者」にはなれないと思います。
「安全管理者選任時研修」には、衛生に関する講義はないからです。
「安全管理者」と「衛生管理者」の両方の資格があれば可能でしょう。

「安全衛生推進者選任時研修」か「安全衛生推進者養成講座」を改めて受ける必要があると考えます。


人気Q&Aランキング