グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

経理初心者です。質問させて頂きます。
A社の社内外注として今年から働いておりますが、当方が請求書に記載した額と、振り込まれた実際の報酬額が1円の差額が出る月があります。どういう計算をしたらそうなるのでしょうか?(小数点以下は当方もA社も切捨て計算です)
当方、会計ソフトはMFクラウド及び、MFクラウド請求書を使用しています。

例えばとある月の請求明細の小計が、
(1)441,974円
(2)1,638円
(3)46,137円 で、
合計が489,749円の場合、そこに消費税39,178円を足して請求額528,927円。
そこから源泉徴収税10.21%の54,003円引かれて支払金額は474,924円、そこから振込手数料の648円が引かれて474,276円となるはずです。
ですが、実際に振り込まれた額は1円多い474,277円です。

どこか計算が間違っているのでしょうか?
請求額と振り込まれた額が同じになる月もあり、困惑しています。
また、こういう時は仕訳をどうすればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

請求額と振込額が1円ちがう、ということは良くあります。

その原因のほとんどが、小数点以下の桁の処理の違いなど、彼我の計算方法の違いによります。

わずか1円の違いにこだわって先方に問い合わせたりすれば、当社も先方も、コスト(人件費)がかかります。請求額と振込額が1円ちがうということが、それほど重大な問題とは思えません。経理担当者も費用対効果を考えながら仕事をすべきではないでしょうか。

ですから、
1.当社側で計算し直して、当社の計算ミスと分かったら、当社の請求データを訂正しましょう。
2.当社の計算ミスでないなら(先方に問い合わせないで)、差額の1円は、営業外収益の「雑収入」または営業外費用の「雑損失」で処理しておきましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。確かにたかだか1円のために時間を割くのはお互い人件費の無駄ですね。
初めての確定申告にむけて、数字の正確性に少し神経質になっていたようです。そういう処理で大丈夫なのですね。
対処方法ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/02 18:28

質問者さんは各請求明細(1~3)それぞれに消費税率(8%)を乗じた額を合計して消費税39,178円を算定していますが、A社は請求合計額の489,749円に消費税率を乗じて消費税39,179円を算定していると思われます。

端数処理のタイミングが異なるため出た差分だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、明細ごとに消費税をかけていました。。。
しかし、請求合計額に消費税をかけても、1円合わない月がありました…。
経理に確認したほうが良さそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/01 19:01

答えは簡単。



あなたの計算ミス!

あなたが言う489749の消費税は39,179.92円
小数点以下を切り捨てると39,179円ですが・・。


あなたは39,178.と書いてありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明細ごとに消費税をかけていましたので、合わなかったようです。

お礼日時:2014/12/01 19:02

>そこから源泉徴収税10.21%の54,003円引かれて…



源泉徴収されるって、具体的にどんなお仕事ですか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

というかそもそも、

>A社の社内外注として…

社内外注という言葉を初めて聞きましたが、もしかするとふつうのサラリーマンと同じように定刻に出社して一定時間を束縛され、上司の指揮監督の下に仕事をしているのではありませんか。
見た目に社員と何も変わらないのなら、社会保険料の事業主負担分を免れるための「偽装請負」の疑いがありますよ。

個人事業主というからには、与えられた仕事は納期・工期を守る限り、自分の好きな場所で好きな時間帯にこなせば良いんですよ。

まあ、こちらの思い過ごしで名実ともに個人事業で間違いないなら良いですけど。

>振り込まれた実際の報酬額が1円の差額が出る月があります。どういう計算をした…

そういうことは先方に聞かないと分かりません。

>こういう時は仕訳をどうすればいいのでしょうか…

請求額より多い分を翌月に相殺請求しないのなら
【普通預金 1円/雑収入 1円】

逆に 1円少なくしかもらえないことがあったら、
【売上値引 1円/売掛金 1円】

>そこから振込手数料の648円が引かれて…

これも売上値引ですから、訳の分からない +1円と一緒にして、
【売上値引 647円/売掛金 647円】

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>源泉徴収されるって、具体的にどんなお仕事ですか。

設計補助です。資格等は持っていませんが、ご提示頂いたPDFの「2 第204条第1項第2号の報酬・料金」の「技術士又は技術士補の業務に関する報酬・料金」なのかな…と思います。周りの社員は皆さん技術士ばかりですので…。

>社会保険料の事業主負担分を免れるための「偽装請負」の疑いがありますよ。

私もはじめそれを疑って、会社の経理に問い合わせた所、
https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm
このページを見るよう言われて、源泉徴収をするのだと言われました。…イマイチよく分かりませんでしたが。会社がそうだというのなら、そうなのかと納得していました。

>個人事業主というからには、与えられた仕事は納期・工期を守る限り、自分の好きな場所で好きな時間帯にこなせば良いんですよ。

まさに、その通りですよね。
ですが契約で、社員と同じように定時間(9:30~17:30)があり、基本時間単価があり、、残業代は時間単価の×1.25、休日や深夜は×1.5というように時間で報酬を決められています。。。おかしな話ですよね。

>そういうことは先方に聞かないと分かりません。

今度聞いてみます。

仕訳方法についても、詳しくありがとうございました。

お礼日時:2014/12/01 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q請求額と振り込み額が違う場合、会計ソフトでどのように処理をしたらいいでしょうか

フリーランスで仕事をし、会計ソフトfreeeを使用しています。
原稿料として先方に請求書を送付し、振込してもらっているのですが
毎月100円単位で金額が違っています。
この場合の会計ソフトの処理方法や考え方などを教えてください。

先方への請求書は先方の指定で、小計・消費税・合計額が載った請求書を送り、振込の際に源泉徴収額が引かれた額が振り込まれています。
しかし、私の方で10.21%の額を計算しても100円単位で毎月少しずつ足りません。

例えばある月ですと・・・
税抜き合計 19050円
消費税(8%) 1524円
合計請求額 20574円
なのですが、この場合源泉所得税が1945円になり
振り込み額は18629円となると思います。
しかし、実際に振り込まれてきた額は18474円となっていてー155円です。
他の月も少しずつ違うので、どうしたものかと思っています。

ちなみに、使用している会計ソフトfreeeの請求書発行機能(源泉所得税は自動で計算されます)を使用しても、同じ18629円となり、振り込まれてきた額と違います。

何か計算方法が間違っているのでしょうか?
また、この差額を先方に請求する方がいいのか、何か良い処理の方法はありますでしょうか?

経験が浅く無知で申し訳御座いませんが、お知恵をお貸しください。

フリーランスで仕事をし、会計ソフトfreeeを使用しています。
原稿料として先方に請求書を送付し、振込してもらっているのですが
毎月100円単位で金額が違っています。
この場合の会計ソフトの処理方法や考え方などを教えてください。

先方への請求書は先方の指定で、小計・消費税・合計額が載った請求書を送り、振込の際に源泉徴収額が引かれた額が振り込まれています。
しかし、私の方で10.21%の額を計算しても100円単位で毎月少しずつ足りません。

例えばある月ですと・・・
税抜き合計 19050円
...続きを読む

Aベストアンサー

すでにご回答のあるとおり、先方は税込額から源泉の金額を計算をしているのだと思います。他の月も税込額で検算してみてはいかがでしょう。たぶん合うと思います。

なお、税込で計算するのが原則、「請求書等において報酬・料金等の額と消費税等の額が明確に区分されている場合」に限り税抜で計算しても構わない、とされています。引用文はそういう趣旨です。

また、振込は言い換えると決済取引であり、売上取引とは取引が異なります。そのため「売上値引」を使うのは正しいとはいえません。まして、強がるかどうかという問題ではないと思います。単純にといいつつ話があさっての方向にずれている回答があるようで、残念に思います。

Q請求額と実際の振込額が違う場合の経理処理

こんにちは

例えば、ある会社で100,000円の外注費を振込で支払う場合に、振込手数料を差し引いて振り込むとして、
100,000 - 840 = 99,160円
振込ました。

しかし、実際には同じ銀行間振込で振込手数料がかかりませんでした。

特に相手方からクレームはついていません(向こうはわかりませんからね。。。)

これで、追加で支払わないと仮定した場合、どのように経理処理されますか?(発生したときに未払処理していないです^^;)

【第1案】実額で処理する。

外注費 / 預金 99,160円



【第2案】値引とする。

外注費 100,000 / 預金    99,160
             外注値引    840



【第3案】外注費を直接減額する。

外注費 100,000 / 預金   99,160
             外注費    840



皆様、いかがですか?

Aベストアンサー

金額が少額であるため、雑収入の計上、外注費の減額等、支払手数料のマイナス計上いずれでも特に問題ない。

会計上は、役務提供取引そのものではなく、別個の取引すなわち役務提供に伴う決済取引で生じたものとして取り扱うことになる。そのため、原則は決済取引における収益として雑収入(ないし営業外収益区分の何らかの科目)に計上するのがよい。

ただ、金額が少額なので、支払手数料のマイナス計上でも構わない。また、外注費の減額等で役務提供取引に含めてしまっても構わない。


なお、税務上は外注費の減額(仕入値引)となる。会計と税務とで位置づけが異なっているということだ。もっとも、会計上の処理如何に関わらず、税務上は結論として外注費の減額処理をおこなったことになる。ここからも、会計上の処理はいずれでも特に問題ないといえる。

仕訳段階から仕入値引にすべきとする向きもあるようだが、簿記会計上はむしろ正しくない。

Q売掛金入金不足があった場合の勘定科目

小さな会社に勤めている経理初心者です。

売掛金の回収予定日に取引先から入金された金額が、予定金額の半分以下でした。
当社の担当者が該当取引先に確認したところ担当者は有休で不在。後日改めて確認したところ、
入金された以外の書類を経理に提出し忘れていたとのことでした。

残りのお金は後日きちんと振り込まれたので売掛金の回収自体は完了したのですが、
売掛金入金不足があった日の仕訳をどのようにしたらいいのか分かりません。
借方:普通預金(回収予定日振込金額)、?(勘定科目不明) / 貸方:売掛金
の、?の勘定科目が分かりません。

どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

入金した金額だけ仕訳すればいいんですよ。

【例】

(1) 3/25  売掛金  100,000円 / 売上 100,000円

(2) 4/10  普通預金 40,000円 / 売掛金 40,000円

(3) 4/20  普通預金 60,000円 / 売掛金 60,000円


会計ソフトで入力しているでしょうから、「得意先元帳(売掛帳)」を確認してください。

(1)で、売掛金の残高が 10万円です。
(2)で、売掛金の残高は  6万円になります。
(3)で、売掛金の残高が  0円になり、集金完了ですね。

あと、念のために。
振込手数料分を「差し引いて」入金されることも多いと思います。
この場合、
  雑費 / 売掛金 ***円 (振込手数料相殺)
の仕訳を入力しないと、売掛金の残高が相殺された手数料の分だけ「未回収」になってしまいますので、ご注意くださいね。

経理の事務は、大部分が繰り返し発生する事例です。
馴れて来れば、なんてことはありません。
がんばってください。

Q消費税による請求金額と入金金額の1円誤差について

メーカーで経理ソフト(かんたん販売仕入れ)を使用していますが、うちからの請求金額と、取引先からの入金(振込み)に1円誤差(+、-ともに)がある場合です。
消費税によるものだと思うのできっちり頂かなくてもいいみたいなんですが、数字上きっちりしておかないとなんか気持ち悪くて・・・
みなさんどうされてますか?良い方法ありますか?

Aベストアンサー

請求金額より入金が少なかった場合:

入った金額を入金し、1円をその他入金(手数料と同じ)科目で入力
経理処理は、手数料と一緒に支払手数料に計上

請求金額より入金のほうが多かった場合:

顧客側に連絡してから、過入金として翌月繰り越し、翌月の請求から差し引く。

こんな感じですね。どちらかというと過入金の方が処理が面倒ですね。

Q報酬についての請求書の金額と振込金額

最近、個人事業を始めた者ですが、
先日仕事の報酬について、請求書を提出し、その後振込を受けました。
その金額について質問です。

提出した請求書は2通で、
各¥650,000(単価)+¥32,500(消費税)=¥682500 になります。
合計¥1,365,000の請求額を、
源泉が20%にならないよう2通に分けた形です。

その後、実際の振込があったのですが、
振り込まれた金額は、¥1,234,685でした。

単純に請求金額に0.9をかけても上記金額にはならず、
どのような計算によってこの振込金額になったかを知りたいのです。

お分かりになる方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おそらく、
1,3000,000円×10%=130,000円
および振込手数料 315円

1,3650,000-130,000-315=1,234,685円 ではないでしょうか。

Q銀行振り込み時の振込み手数料の仕訳は?

代金を払うために、銀行振り込みをしました。当然、振込み手数料がかかりました。この費用は、代金に含めて処理するのでしょうか。適用に、「振込み手数料XXを含む」と記入するのでしょうか。
又、振込み手数料には、消費税は含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」又は「手数料」勘定で処理します。
又、振込手数料には消費税が課税されていますから、次のような仕訳になります。

税抜き処理の場合。
支払手数料 500 / 現金(又は普通預金) 525
前払消費税 25

税込処理の場合。
支払手数料 525 / 現金(又は普通預金) 525

Q請求額と小額相違する入金時の処理

通信販売の会社のシステムを開発していますが、困ったことがあります。
代金を振込(コンビニ・郵便局)にて回収していますが、
郵便局の場合、金額の訂正が可能なことから、
請求額とは小額異なる入金がされることが多々あります。
通常は少ないパターンですが、中には多いこともあります。

500円ぐらいまでであれば、請求もしくは返金を行わずに処理したいとのことですが、どのように処理するのが正しいのでしょうか?

少ない場合は、雑損/売掛金または売上/割引?
多い場合は、普通預金/雑収入?

本来であれば、請求もしくは返金が正当なやり方だと思うのですが
金額の大きさからも許容される処理方法について教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

差し引いて入金があったりした場合、売上金額を減額することはダメ出しです(税務署が嫌がります)。少ない場合は雑損(税理士によっては雑費)に多い場合は雑収入です。決算の最終段階では雑損と雑収入は相殺されるかと思います。
私はよく通販を利用していますが、大手の所になると「金額訂正不可」などの文字が良く見受けられます。多分、返品したりして勝手に相殺されると事務的なことが煩雑になったりするからだと思います。後から正しい振込用紙をお送りすることをされるようになれば、顧客の方からの訂正はなくなるような気がします。
金額の相違が多い人や毎回される方をピックアップされては如何でしょうか。手間はかかるかとは思いますが今後の参考のため、その方達の意見をお聞きになった方が良いと思います。少額とは言っても大事な収入源なのですから今のうちに手を打たないと大きく膨らむことになりますので。

Q年をまたぐ売掛金の記帳について

当方、個人事業主です。

昨年12月までに売掛金が発生した取引で
売掛金の入金が1月だった場合、

売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく
「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば
計上した事になるのでしょうか?

この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。

また、年明け1月の記帳には上記の取引案件の入金は
売掛帳に記載しなくても良いのでしょうか?
通常、売掛金の入金の際は、源泉税で引かれた分の記帳も
あわせて売掛帳に記帳しておりますが、それはいつ、
どの帳簿に記載すれば良いかもご教授下さい。

初めての経理で困っております。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳はしません。通常時と同様に記帳しておけば計上した事になります。


・昨年12月25日に売上48万円が発生した場合、

12月25日
〔借方〕売掛金480,000/〔貸方〕売上高480,000
売掛金元帳の借方に480,000、相手科目は売上高
売上高元帳の貸方に480,000、相手科目は売掛金


・代金が1月29日に振り込まれた場合、

1月29日
〔借方〕普通預金431,580/〔貸方〕売掛金480,000
〔借方〕仮払税金 48,000/
〔借方〕売上値引    420/
売掛金元帳の貸方に480,000、相手科目は諸口
普通預金元帳の借方に431,580、相手科目は売掛金
仮払税金元帳の借方に48,000、相手科目は売掛金
売上値引元帳の借方に420、相手科目は売掛金
※仮払税金は元入金でもOK
※売上値引は支払手数料でもOK


以上、税込経理方式

>売掛帳の売掛金が発生した項目の相手科目を「売上高」ではなく「売掛金」として記帳すれば良いのでしょうか?
それとも売掛金発生の旨、通常時と同様に記帳しておけば計上した事になるのでしょうか?
この処理を売掛帳に記帳するのかも明示して頂ければ助かります。


仕訳になじんで下さい。仕訳の初歩を理解するだけでも、会計帳簿への理解が急速に進みます。

決算においては、決算特有の仕訳や記帳がありますが、「売上高」と「売掛金」については、決算の月だからといって、通常の記帳と異なる記帳...続きを読む

Q売掛金が入金されたとき、どう仕分けたらいいのでしょか?

連日質問すいません。現在弥生会計08を使用し、自分なりに決算をして本日税務署に持っていったのですが、数字が合わずやり直しになってしまいましたのでまた質問させてください。


(1)昨年度の売掛金が、預金口座(普通預金)に入金されました。
→預金出納帳に「相手勘定科目:売掛金」「摘要:掛代金回収」の入力でいいのでしょうか?

(2)昨年度の売掛金(¥10,000)が、預金口座(普通預金)に入金されました。
しかし振込手数料(¥500)が引かれ、¥9,500の入金でした。
→預金出納帳に¥9,500は入力したのですが、振込手数料はどこに入力したらいいのでしょうか?
現金出納帳にでしょうか??
それとも、「複数の仕分けは振替伝票で」と聞くのですが、振替伝票に入力するのでしょうか?
振替伝票の場合、貸方・借方それぞれどんな勘定科目で入力したらいいのかも教えていただけると大変助かります。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

預金出納帳に9,500円が入力済ですから、残りの振込手数料500円については振替伝票で入力してください。
借方 支払手数料(又は雑費) 500/貸方 売掛金 500

これで、売掛金の貸方が10,000円となり万事OKです。

なお、ご質問の内容では、現金出納帳は関係ありません。

<仕分け→簿記では「仕訳」です。(仕分は事業仕分の場合)>

Q年度をまたいだ売掛金の扱いと、仕訳帳の始まりは

24年度初めて青色申告にして、税理士に教えてもらないながら何とか提出しました。
仕事が2社から請け負うライターで、月末に請求書発行→翌月または翌々月に入金されます。
※「実際の入金日」で仕訳帳を記載しています。

24年度内に請求書を発行したものの、年内に未入金だったものに関しては、税理士さんの指導通り、
●売掛金計上(売掛金/売上)&翌年分源泉所得税(仮払税金/売上)で、年末に入力
●今年の帳簿の始まりに、前年末売上計上戻し(売上/売掛金)&前年末仮払税金戻し(売上/仮払税金)で戻しました。

25年度になりソフトに日々の仕分けを入力しようと思ったのですが、上記の●分の後、どこから始めたら良いのでしょう。

(1)●分は無視して、あとは今年請求書を送った分のものを記載していく(1月以降発行したもの→2~3月入金されるため1月は売上なしという状態になります)
(2)●分=今年入金されるに関しては25年度の仕分帳に記載していく(また同じ売掛金&源泉所得税を記載する?)

そもそも売掛金→戻すというのが、どうゆうことなのかがいまいち分かってないのです。
悩んでいたらますます分からなくなりました・・分かる方いれば教えて下さい。

24年度初めて青色申告にして、税理士に教えてもらないながら何とか提出しました。
仕事が2社から請け負うライターで、月末に請求書発行→翌月または翌々月に入金されます。
※「実際の入金日」で仕訳帳を記載しています。

24年度内に請求書を発行したものの、年内に未入金だったものに関しては、税理士さんの指導通り、
●売掛金計上(売掛金/売上)&翌年分源泉所得税(仮払税金/売上)で、年末に入力
●今年の帳簿の始まりに、前年末売上計上戻し(売上/売掛金)&前年末仮払税金戻し(売上/仮払税金)で戻しました...続きを読む

Aベストアンサー

>24年度初めて…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

>※「実際の入金日」で仕訳帳を記載しています…

青色申告は、特に現金主義
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/10.htm
の届けでしたか。

普通の青色申告
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm
で届け出たなら、それは間違っていますよ。

>税理士さんの指導通り●売掛金計上(売掛金/売上)…

だから「実際の入金日」で売上計上にはなっていないです。

>●今年の帳簿の始まりに、前年末売上計上戻し(売上/売掛金)&前年末仮払税金戻し(売上/仮払税金)で戻…

違う違う。
24年 12月 (11月かも知れないけど) に、一つの仕事を終えた段階で、
【売掛金 100円/売上 100円】
【事業主貸 10円/ 売掛金 10円】・・・未納付の源泉税
と仕訳をし、大晦日までに入金されなかったら「売掛金」が残ってまま越年。
この仕訳をするのは、請求書を発行した日ではなく、あくまでも仕事を終えて顧客に引き渡した日です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm

年が明けて入金されたら、
【現金 (or 普通預金) 90円/売掛金 90円】
で、これはあくまでも 24年分の売上であって、25年の収支とは関係ありません。

>)●分=今年入金されるに関しては25年度の仕分帳に記載していく…

入金は
【現金 (or 普通預金) /売掛金】
だけであって、「売上」ではありません。
「売上」は、入金された日ではなければ、請求書を発行した日でもありません。
仕事を終えて顧客に引き渡した日です。

>2~3月入金されるため1月は売上なしという状態になります…

前述の「現金主義」ではない限り、そのような考え方はだめです。

>そもそも売掛金→戻すというのが…

その考え方が根本から間違っています。
返品されたのでもない限り、売掛金の戻しなんてあり得ません。

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>24年度初めて…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

>※「実際の入金日」で仕訳帳を記載しています…

青色申告は、特に現金主義
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/10.htm
の届けでしたか。

普通の青色申告
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm
で届け出たなら、それは間違っていますよ。

>税理士さんの指導通り●売掛金計上(売掛金/売上)…

だから「実際の入金日」で売上計上にはなって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング