忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

 株の売買を特定口座(源泉徴収なし)でやっています。
年末が近づいてきましたが、たとえば、12月30日に
約定した売却益は今年度の分として課税されるのか、
それとも4営業日後(受け渡し日)の新年になってからの、
つまり次年の売却益となるのかどちらでしょうか。

 いずれ、支払わなければならない税金ですが、今年中
に売却すると、確定申告時の税金がかなり多くなります。
来年のことは、だれにもわかりませんのでたとえば
大きく損失した場合、先に払ってしまった税金が
相殺できないような気がしています。
 どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

株式等の譲渡日は、原則として「受渡日」によることとされていますので来年の所得ですね。


ただし、納税者の選択により、「約定日」を収入があった日とすることもできます。

参考
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/19 09:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q譲渡益税徴収ってなんですか?

最近、株をはじめたのですがこのようなメールが来ました。これどういう意味ですか?ここでのマイナスはいつ引かれるのですか?
↓↓↓

「譲渡益税徴収・還付のお知らせ」電子交付のお知らせ

特定口座・源泉徴収ありにしない方がいいのですか?
保有資産評価と儲かった総額があわないのはなんでですか?

Aベストアンサー

>これどういう意味ですか?
↑「あなたがこの前売却した株式の譲渡益に対して税金がかかります。その税金を口座の中から引き落としますよ」の意。
損切りをしたのであれば、「以前に益出しをした時に引かれた税金から、今回の損失分に該当する税金を戻しますよ」の意。

>ここでのマイナスはいつ引かれるのですか?
↑ご利用の会社によって異なると思いますが、通常4営業日目の受け渡しまでには清算されるかと思います。

>特定口座・源泉徴収ありにしない方がいいのですか?
↑あなたの立場によっても異なります。問題ないのであれば、源徴ありにしといた方が楽ですよ。

>保有資産評価と儲かった総額があわないのはなんでですか?
↑保有している株式を特定口座に入れた際に、実際の取得価額と異なる値段を採用されている場合(みなしや、名変日等)には、譲渡益がそれを基に計算されますから、あなたの認識している利益と異なるケースがあります。


人気Q&Aランキング