グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

英文法の用語で、逆接と譲歩というのはどうちがうのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

簡単に説明します。

AとBという2つの文が A + B(+は例えば接続詞)のように繋がっているとします。

『逆接』とはAで内容とBの内容が違うことですが、A、Bどちらにも重点があります。butがその典型です。
I have lots of money but he doesn't. 『私は沢山お金を持っている、しかし彼は持っていない。』これが逆接。

『譲歩』とは AかBのどちらか一方が主に言いたいことで、もう一方はついでです。したがってAかBかいづれか片方に重点があります。例えば though。
Icarried an umbrella though it was not raining. 『雨は降っていなかったが、傘を持っていった。』「傘を持っていった」ことが主で「雨が降っていなかった」ことはついでのことで、いわゆる譲歩節。

リンクに詳しく説明されています。英語がんばってね。

http://qanda.rakuten.ne.jp/qa1110398.html?rel=in …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

傘 英語」に関するQ&A: オブリガードの語源

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q逆接と譲歩

文法用語として、「逆接」と「譲歩」の意味のちがいがいまいちわかりません。意味関係をわかりやすく説明していただければ、と思います。

Aベストアンサー

この問題は、(1)文法的観点と、(2)論理的観点とに分けて説明しておく必要があります。

分かりやすく書くつもりですが、(1)の最後のほうに述べてあることが理解できれば十分です。


(1)文法的な観点から

◆逆接 →後続文の内容が、先行文の内容と異なる場合。
  たとえば、
  先行文をP、後続文をQとすると
     「P しかし Q」
  の関係になるもの。

  便宜上覚えておくとよいのは、
  接続詞としては but が、
  副詞としては however が、「逆接」の論理関係を
  表すということです。

◆譲歩 →先行文 または後続文の
   どちらか片方が、自分のいいたい主張に相当し、
   もう一方はその主張のひきたて役になる場合。

  したがって、譲歩の文は、
  メイン(主節)とサブ(副詞節)に分かれます。

  たとえば、
   Aが自分のいいたい主張だとし、
   Xが譲歩節だとすると、
  次のような構造を「譲歩」と呼びます。
  (1)Xであることは認めるが、Aだ。
  (2)確かに(一般的には)Xだが、Aだ。
  (3)たとえXだとしても、Aだ。
  (4)Xであるにもかかわらず、Aだ。

  大ざっぱにいって
  接続詞としては though/although/if/even if が、
  副詞としては though/nevertheless 等が、
  前置詞としては in spite of/despite が、
  「譲歩」の論理関係を表すと考えてよい。

以上が、だいたいの原則です。

◆「譲歩」は、「逆接」をより効果的な形に発展させたものだということができます。
 (※その証拠に、逆接の論理関係を示す however は、譲歩の副詞節の代用として生まれたものです。)
 つまり、譲歩は広い意味で逆接の一部なのですが、文法的説明の際には、【接続詞 though / even if 等を用いて、主節・副詞節を区別するもの】、および【それに準じた論理関係のもの】を「譲歩」とよび、単なる「逆接」と区別しているのです。

◆「譲歩」とは、相手の言うことをある程度認めた上で違いを主張したり、一般論を引き合いに出して「たしかに人々は○○と言うに違いないが、私の言いたいのは××である」という論じ方をすることによって、自分の主張をより効果的にアピールするためのレトリックなのです。



(2)論理的観点から

(1)で述べたような「確かに○○だが、××」という意味をつくっている場合、but を用いた英文でも「譲歩」という場合があります。それは、次のような場合。

may ~ but ...
 She may hate him, but I like him.
 「彼女は彼のことを大嫌いかも知れないが、私は
  彼のことが好きである」

これは文法的には逆接ですが、意味関係について論じるときは便宜上「譲歩」と呼ぶことがあります。

同様の例に、
It is true SV~ , but SV...
「なるほど~ではあるが、…だ」
Surely SV ~, but SV ...
Certainly SV ~, but SV ... 等々々…があります。


※ご不明な点があれば、コメントなどでお知らせください。

この問題は、(1)文法的観点と、(2)論理的観点とに分けて説明しておく必要があります。

分かりやすく書くつもりですが、(1)の最後のほうに述べてあることが理解できれば十分です。


(1)文法的な観点から

◆逆接 →後続文の内容が、先行文の内容と異なる場合。
  たとえば、
  先行文をP、後続文をQとすると
     「P しかし Q」
  の関係になるもの。

  便宜上覚えておくとよいのは、
  接続詞としては but が、
  副詞としては however が、「逆接」の論理...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング