旦那の年末調整の際に医療控除の申請?をしようと思っているのでいくつか質問したいのですが、
⑴一年間の医療費というのは旦那と結婚する前にかかった病院代は含まれるでしょうか?
今年の3月に婚姻届を提出していて、3月以前にも何度か病院にいってます
⑵娘の入院費用に高額療養費制度を利用しようとしているのですが、支給決定通知までに3ヶ月かかるとのことで確定申告に間に合わないのですが、この場合どうしたらよいでしょうか

以上の2点です
質問分かりづらかったらすみません、、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>還付が遅くなっても問題はないので


還付申告というのは確定申告することで
確実に還付がある場合(納税がない場合)の
ことをそう呼んでいるだけです。

下記にあるように過去5年間の申告ができる
ようになっていますので、安心してください。A^^;)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm

また、医療費控除で確定申告をする場合、
ふるさと納税をしているなら、いっしょに
申告する必要があります。

医療費控除の計算は
医療費や通院にかかった交通費などから、
高額療養費や医療保険の支給額を
引いて、
さらに
10万円を引いた額が控除額となりますので、
ご注意ください。

この金額がマイナスになってしまうと
申告が無駄になってしまいます。
    • good
    • 0

はじめまして。

税理士の小川と申します。ご質問に回答させて頂きますので参考にしてください。

まず、医療費控除は年末調整ではなく確定申告の時に申告します。年末調整は旦那様が会社員であれば会社でやってくれるのが原則ですが、確定申告はご自分若しくは税理士などの専門家にお願いしてください。また、確定申告の期限は原則3月15日ですが、医療費控除のみであれば3月15日を過ぎても大丈夫です。

⑴残念ですが、3月以前の分は医療費控除の対象とすることができません。医療費控除は「自己または自己と生計を一にする(一緒の家計というような意味です)配偶者や親族に限定されていて、婚姻届を提出する前はこれに該当しないこととなります。

⑵上記の通り医療費控除のみであれば期限を気にする必要はありません。医療費控除のみでない場合は3月15日までに見込みでいいので申告してください(高額医療費の支給額は自分で計算することもできます)。そして、もし見込み金額と違った場合には、後日間違えてしまったので訂正しますというような申告をもう一度することになります(修正申告または更正の請求といいます)。

以上になりますが、分かりにくければまたご質問ください。
よろしくお願いいたします。
    • good
    • 0

専門家紹介

税理士_小川健太

職業:税理士

「税務相談」はTRUSTAX認定税理士の小川健太にお任せください。

昭和59年東京都生まれ。平成13年年早稲田実業学校高等部卒業。
卒業後、プロの競輪選手を目指すも22歳で断念。
その後税理士を目指し会計事務所に勤務。
平成23年税理士試験合格。平成27年11月独立し小川健太税理士事務所を開設。

https://trustax.jp/tax_accountants/90057083

詳しくはこちら

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

まず根本的なことですが、医療費控除は年末調整ではできません。

来年2月からの確定申告で行ってください。もう一つは10万円以上払ってある分が控除金額となりますので。

(1)結婚前の分の医療費についてですが、12月31日で夫の扶養に入っていれば使用できます。とりあえず確定申告の時、すべての医療費の領収書を持って行かれることをお勧めします。それでわからないとこは職員さんにきけばOKです。

(2)高額療養費の額はわかっていると思いますのでその分は差し引かれて計算されると思います。この点についても、不明な点は職員に聞くべきです。
    • good
    • 0

まず、年末調整では医療費控除の申告は


できません。来年の3月の確定申告
で申告することになります。

>(1)一年間の医療費というのは旦那と
>結婚する前にかかった病院代は
>含まれるでしょうか?
これはだめだと思います。
入籍前の医療費は認められないでしょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
『配偶者』『親族』というのはやはり、
戸籍上の必要があります。

>(2)娘の入院費用に高額療養費制度を
>利用しようとしているのですが、
>支給決定通知までに3ヶ月かかる
>とのことで確定申告に間に合わない
返還される見込みの高額療養費を
差し引いて申告するしかなさそうです。
その旨を医療費の明細書に記述しておけば
よいと思います。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku …

大きく金額が違ってしまうと修正申告が
必要となりますが、そのあたりの確度は
ご判断ください。

但し、還付申告であれば、3月15日までの
確定申告の後で申請しても問題ありません。
還付が遅くなるだけです。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます!
すごく分かりやすくて助かりました(*^_^*)
還付申告というのを初めて聞いたのですが、3月15日の機嫌を過ぎても、医療費控除の申告ができるということですか?
それであれば、高額療養費制度の支給決定通知書が届いてから、申告しても大丈夫なんでしょうか?
還付が遅くなっても問題はないので
期日過ぎても申告できるということであれば、金額がハッキリ分かってから申告した方が自分的には楽なのですが、、、

お礼日時:2015/12/16 15:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整の用紙の配布に関して

はじめまして。年末調整の用紙の配布ですが、最長でどの位、遅れるものなのでしょうか?
実は主人の会社ですが、昨年だとこの時期にはとっくに職場より年末調整の用紙を配布されていましたが、今現在もまだ配布されて来なく、心配になりました(年末調整に間に合うのか心配です。)。ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

会社の規模や準備態勢にもよりますが、
当社の場合だと毎月20日締め切りで給料日は25日で、12月15日までに年末調整用の書類があれば間に合います。

つまりそれまでに社員から記入されて集めますので
12月初めには配布したいですね。

でも当社は先週に配布して11月末まで提出するように指示しています。
今現在配布していないというのは、ちょっと遅いですね。
でもそろそろ配布されると思いますよ。

Q年末調整の控除申告書を書いています! 生命保険料控除欄の イ、一般の生命保険料 ロ、介護医療保険料

年末調整の控除申告書を書いています!

生命保険料控除欄の
イ、一般の生命保険料
ロ、介護医療保険料
ハ、個人年金保険料

イロハの合計が、99166円になりました。

12月のお給料に99166円がプラスとなって返ってくるのでしょうか?


違う場合は、どのくらい返ってくるのか教えて下さい!

宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

>12月のお給料に99166円がプラスとなって返ってくるのでしょうか?
そうはいきません。A^^;)
年末調整で記入する金額は、所得控除と言って
給与所得を安くみてくれる制度なんです。

控除額×税率が還付される税金と
考えてください。
所得税率は所得により
5%~45%と開きがあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

さらに生命保険料控除は払った保険料から
ごちゃごちゃ計算して、控除額が下がって
しまいます。
さらに限度額も決められており、実際の
返ってくる税額はスズメの涙でしょう。

あなたの今年の収入
配偶者や扶養者の有無
各保険商品の保険料の内訳
各保険商品の契約の新旧
あたりの情報があれば、
いくら返ってくるか
計算できます。

いかがでしょう?

Q年末調整の計算式で 退職金等

お世話になります。
似たような質問がたくさんある中で、改めて質問してしまって申し訳ないのですが、扶養控除 特別扶養控除の 範囲がイマイチわかりませんので、教えて頂けますでしょうか。

1、今年7月正社員退職(以降無職) 源泉徴収票は所得が102万6300円と記載されていて、入籍し旦那の扶養に入り保険証&家族手当を受ける。

2、8月 中小企業退職金共済機構より 退職金をもらう。
  掛け金5千円の勤務年数分=28万円(なぜか振り込みは29万1千円ほどありました) 会社からの退職金は無し。

3、年末調整 所得103万はぎりぎり超えてないし。と思っていたら、
退職所得という欄あり。
源泉徴収票の金額と退職金を足すと130万を超えることに気づく。

4、旦那に会社の総務に聞いてきてもらえば良いのでしょうが、
旦那が派遣社員であり、本社とは郵送のやり取りでしか年末調整ができません。。 

以上の課程があったのですが、今年の収入が130万超えているという事で、私は扶養(保険など)から抜けてしまうのでしょうか?

用紙の計算式で計算すると 合計所得の欄は130万よりは だいぶ低いのですが。
なので、旦那は「大丈夫じゃない?」と言うのですが、
本当に大丈夫なのでしょうか?

どなたか教えて頂けますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。
似たような質問がたくさんある中で、改めて質問してしまって申し訳ないのですが、扶養控除 特別扶養控除の 範囲がイマイチわかりませんので、教えて頂けますでしょうか。

1、今年7月正社員退職(以降無職) 源泉徴収票は所得が102万6300円と記載されていて、入籍し旦那の扶養に入り保険証&家族手当を受ける。

2、8月 中小企業退職金共済機構より 退職金をもらう。
  掛け金5千円の勤務年数分=28万円(なぜか振り込みは29万1千円ほどありました) 会社からの退職金は無し...続きを読む

Aベストアンサー

既に回答がありますが、退職金については、勤続年数に応じた退職所得控除額を控除した後の金額が所得金額となりますので、退職所得控除額は最低でも80万円ありますので、28万円であれば、退職金に関する所得金額は0円という事になります。
(定率減税分について確定申告すれば還付、というのは、退職金から所得税が源泉徴収されていた時に限っての事ですので、ご質問者様は関係ないものと思います。)

所得税の扶養については、合計所得金額38万円以下であれば入れますので、給与所得については、給与所得控除後の金額となりますので、1,026,300円-650,000円=376,300円、という計算により、所得金額は38万円以下となりますので、扶養に入れますので、配偶者控除は受けられる事となります。

健康保険の扶養について、誰も触れられていませんが、こちらについては、向こう1年間の収入見込み額がおおむね130万円未満であれば扶養に入れるのですが、所得税のような控除等の計算は関係無しで、あくまでも収入金額が基礎となりますが、この収入は恒常的な収入に限られますので、退職金や保険の満期金のような臨時的な収入は含まれませんので、給与の金額のみで判断されれば良い事となります。

ご質問者様自身については、源泉徴収されている所得税があれば、確定申告されれば全額が還付されますので、還付のための確定申告は年が明けて1月から受け付けていますので、源泉徴収票、認め印、還付口座となる預金通帳を持参されて税務署に行かれたら良いと思います。
(もしも、ご質問者様自身で支払われている生命保険料があれば、住民税の計算に影響してきますので、それらの控除証明書も持参された方が良いと思います。)

既に回答がありますが、退職金については、勤続年数に応じた退職所得控除額を控除した後の金額が所得金額となりますので、退職所得控除額は最低でも80万円ありますので、28万円であれば、退職金に関する所得金額は0円という事になります。
(定率減税分について確定申告すれば還付、というのは、退職金から所得税が源泉徴収されていた時に限っての事ですので、ご質問者様は関係ないものと思います。)

所得税の扶養については、合計所得金額38万円以下であれば入れますので、給与所得については、給与...続きを読む

Q住宅借入金等特別控除 について質問です。 まだ住宅借入金等特別控除の申請書類がのこっているのですが旦

住宅借入金等特別控除
について質問です。
まだ住宅借入金等特別控除の申請書類がのこっているのですが旦那の扶養から子供2人を抜いて私の方につけようと思ってます。
旦那の扶養から子供をぬいても控除の額は変わらないのですか??

Aベストアンサー

>旦那の扶養から子供をぬいても
>控除の額は変わらないのですか??
変わりません。扶養控除の適用は
16歳以上が対象です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

年末調整の扶養控除等申告書や
確定申告に16歳未満の子の申告をする欄が
あるのは、住民税の非課税条件の対象と
なるからです。

非課税条件の例
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html#kju_4
引用~
ウ 前年中の合計所得金額が区市町村の条例
で定める額以下の方
35万円×(本人・控除対象配偶者・扶養親族
の合計人数)+21万円
~引用

つまり、
①35万×(本人+子2人)+21万
=126万(合計所得)以下なら、住民税は非課税
②35万×(本人+子2人)+32万
=137万(合計所得)以下なら、住民税の所得割
は非課税
となります。

合計所得とは、給与所得の場合、
給与所得控除を引いた額なので、
給与収入でいうと、
①なら204.4万未満
②なら221.8万未満
となります。

奥さんがこの収入条件を満たすので
あれば、奥さんがお子さんの扶養を
申告された方が得になります。

但し、扶養手当については勤め先ごとに
異なる規定(条件)があるため、もらえるか
どうかは、不明です。

条件の例
・世帯主であること
とか
・世帯で所得が一番多いこと
とか
・本人の社会健康保険の扶養と
 なっていること
とか
様々です。

勤め先の条件をご確認下さい。

>旦那の扶養から子供をぬいても
>控除の額は変わらないのですか??
変わりません。扶養控除の適用は
16歳以上が対象です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

年末調整の扶養控除等申告書や
確定申告に16歳未満の子の申告をする欄が
あるのは、住民税の非課税条件の対象と
なるからです。

非課税条件の例
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html#kju_4
引用~
ウ 前年中の合計所得金額が区市町村の条例
で定める額以下の方
35万円×(本人・控除対象配偶者・扶養親族
の合計人数...続きを読む

Q年末調整後に配偶者特別控除を確定申告で受けられる?

年末調整後に配偶者特別控除を確定申告で受けられますか??
夫はサラリーマンで年末調整をしています。昨年後半に結婚したのですが、妻である私は個人事業主、社会保険の扶養には入れないので年末調整時は特に配偶者控除など記入をしていませんでした。今回私の分の確定申告(青色)をした結果、所得金額が配偶者特別控除の対象になる範囲と判明しました。この場合、夫は確定申告で配偶者特別控除の申請をすることができるのでしょうか、自分で調べようとしても求めている答えを見つけることができません。お分かりの方いらしたら教えてください。

Aベストアンサー

私は経験がありませんが
=>該当項目に出てこず分からなかったのですが

・配偶者欄に氏名/所得金額を入力したら配偶者控除/特別配偶者控除が自動的に表示されるのでは。

Q年末調整で保険の支払い者が親なのに控除申請をした

 職場の年末で加入している保険があれば、払込証明書を添付すれば控除対象になるという話を単純に鵜呑みにして、自分が加入している県民共済の証明書を添付しました。

 提出した後に間違いに気づいたのですが、私が加入しているのは支払っているのが父親だったのに、自分の年末調整として提出してしまいました。

 これは全く無意味な行為でしょうか?

 本来は、父が申請すればよいはずなのに、控除申請をしなかったと思われます。実は父親はどこかで仕事をしているのですが、家に寄り付かず蒸発状態にあり、連絡が取れません。

Aベストアンサー

生命保険の契約者と支払者が違う場合、生命保険控除は実際に支払った人が受けることになっています。

しかし、契約者と支払者が違う場合、それをどうやって証明するのでしょうか? 特に質問者様のようなケースで連絡が取れなく、支払証明書が質問者様宅に届いているのですから、質問者様が控除を受けても何の問題も発生しないと思います。

法律に反しているのかどうかは別にして、要は所得税を一番多く支払っている人が控除を受ければいいのではないでしょうか。無職などで所得税を払っていない人が生命保険の支払者であっても控除は受けられないのですからね。
ですから、今回の質問者様の場合ですと、結果として生命保険控除は受けられることになります。

Q年末調整の給与所得者の保険料控除申告書の記入について

年末調整(給与所得者の保険料控除申告書)の記入について社会保険料控除の欄に国民健康保険を記入するのですが国民健康保険は口座引落としで12月25日です。会社に提出する年末調整(給与所得者の保険料控除申告書)の〆切が12月15日なのですが、12月25日に引落しされる分も記入してよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

#1と2で色々と回答がでてますが…。

結論としては計上すべきです。

社会保険料控除は、その年に支払った金額が基本的に控除対象となります。
何年間分も滞納していたものを一括して支払った場合はまた状況が変わりますが。

なぜ、支払った年度になるかというと所得控除は担税力(税金を払う力)を考慮するために設けられていますので、雑損控除・医療費控除・社会保険料控除・生命保険料控除・損害保険料控除・寄付金控除などなど金銭の支払が控除対象になるものはすべてその年に実際に払ったかどうかで判定します。
もちろん一部例外はありますが。

ですから、厳密にいうと口座残が不足していて12/25に引き落としが出来なかった場合は確定申告で社会保険料控除を訂正しなければなりません。
実務的にはそんな人いませんし、税務署もそこまで細かいことは言いませんが。(笑)

Q旦那の扶養家族から外れる場合 手続きは必要ですか? 旦那の年末調整の時に 扶養家族の欄に名前を書かな

旦那の扶養家族から外れる場合
手続きは必要ですか?
旦那の年末調整の時に
扶養家族の欄に名前を書かないだけで大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

今年の収入等で、今年の年末調整の配偶者控除から外れる場合、ご主人が昨年の年末調整時に書かれた「平成28分年給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」(年末調整時に会社から確定内容の確認のため渡されます)から、控除対象配偶者を削除(抹消)してください。
同時に、「平成29年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」(来年の源泉徴収のための申告書で、年末調整時に会社から渡されます)の、控除対象配偶者の欄は未記入にしてください。

後は、あなたがご自身の年末調整で申告するだけです。
あなたの控除できるもの(生命保険等)は年末調整で行います。(保険会社からの証明書の添付が必要です)
もし、間に合わないようなら、年が明けてから確定申告で申告すれば、所得税の還付や住民税が安くなります。

健康保険もあなたの会社の健康保険ですよね。念のため。

Q育児休暇中の年末調整(配偶者控除)

こんにちは。
育児休暇中の年末調整(配偶者控除)について教えてください。
私も主人も会社員です。
私はH20.12より約1年間産休及び育休をとっています。

私のH21年の給料の総支給額=ひかれる前の金額は、賞与の25万円だけですので、
主人の年末調整において『配偶者特別控除』ではなく『配偶者控除』の対象となりますよね??

主人が会社に提出すべき書類で、≪平成22年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書≫というのがあります。
これに記入するのだと思っていたのですが、
裏面の注意事項に、”平成22年中の所得の見積額が38万円以下の人”とありました。

平成21年中は38万以下ですが、平成22年は復帰するので超えます。
ということは、去年の年末調整時に記入すべきだったのでしょうか??
ということは、源泉徴収票を会社からもらって確定申告をするのでしょうか??

お分かりになる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>主人の年末調整において『配偶者特別控除』ではなく『配偶者控除』の対象となりますよね…

はい。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>主人が会社に提出すべき書類で、≪平成22年分…

それは、夫が来年、所得税を前払いするためのもので、取らぬ狸の皮算用です。

>去年の年末調整時に記入すべきだったのでしょうか…

それは無理です。
ご質問のように、皮算用と実際に狩りに行ってきた結果が異なるときは、年末調整前に
≪平成21年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書≫
を会社に提出します。

>源泉徴収票を会社からもらって確定申告をするのでしょうか…

年末調整は夫の税金に関わること。
確定申告をするかしないかは、妻の税金に関わる話。
次元が異なります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>主人の年末調整において『配偶者特別控除』ではなく『配偶者控除』の対象となりますよね…

はい。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>主人が会社に提出すべき書類で、≪平成22年分…

それは、夫が来年、所得税を前払いするためのもので、取らぬ狸の皮算用です。
...続きを読む

Q年末調整について 社会人になったばかりで年末調整などよくわかりません。 1月〜12月までの収入につい

年末調整について


社会人になったばかりで年末調整などよくわかりません。
1月〜12月までの収入についてですか?
翌年1月に新しい勤め先になるつもりなのですが
昨年の源泉徴収票とか出さなきゃいけないですか?

Aベストアンサー

28年12月分の給与はいつ払われるのですか。
28年12月中に支払いがされるというのでしたら、来年の就職先に、28年分の源泉徴収票を提出しなくてもよいです。する必要がないからです。

28年12月に働いた分の給与が、29年1月になってから支払いがされる場合には、以下。

現在働いてる会社から発行される源泉徴収票には「平成28年1月1日から12月31日の間に支払いした給与額」しか計上されません。そしてその額で年末調整がされます。

29年1月に支払いを受ける給与は、内容は平成28年12月に働いた賃金ですが、平成29年分の収入になります。
そのため、現在の会社では「退職者時までの給与支払額の源泉徴収票」をくれます。
ピンと来てると思いますが、29年1月に支払がされた給与額がそのまま記載されます。

29年分源泉徴収票ですから、29年に新しく入社した職場には、この源泉徴収票を提出します。
29年1月に支払いを受けた給与を、今後その職場であなたに支払う給与と合算しないと、正しい年末調整ができないからです。

不明な点は補足質問なさってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報