あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

うちは小さい会社なのですが、
決算のために会計ソフトを集計したところ、前期よりも売上高が増加しているのに、
売上原価が減っていました。
棚卸資産の金額が間違ってるのかとも思ったのですが、間違いはないようです。

売上高と売上原価は比例するという認識なので、売上高が増えたのに売上原価が減るということはありうるのでしょうか?
それはどういうことが原因なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

売上高と売上原価は比例するという認識では、改善(業務効率など)も商品開発も技術力向上もないことを暗示しており、それでは健全な経営にはなりませんよね。

売上原価率(売上を対してかかった原価)を下げる経営努力をしないと。
売上高が増加しているのに売上原価が減っていれば(それが間違いでなければ)経営がうまく行っていることになります。
    • good
    • 3

システム上の上位が問題を提起し、その下位システムに答えが有ります。


トータルの会計システムが問題を提起したので、その下のシステム つまり、売上原価の中を分解して昨年と対比する。
昨年と今年の構成比でも良いし、売上高に対するウエートを昨対で見るなど。
    • good
    • 0

売り上げに占める商品構成が変わってもなります。


原価率10%の商品と原価率90%の商品を販売していて、原価率10%の商品の占める割合が高くなると原価は下がっていきます。
    • good
    • 0

私わ売上原価という文言を使ったことがないので理解できませんが、考えられることわ前期と後期の仕入れ材料又はその他の購入品の急激な変動はなかったですか。

後は棚卸の集計誤記かも。私わ仕入れ材料単価の固定化をしていました。 T9218
    • good
    • 1

売上高と売上原価は比例するという認識に誤りがあるようです。


その認識どおりですと、売上原価を上げるために、仕入れを増やす、人件費を上げるなどすれば売上が上がることになります。

前期よりも売上が上がってるのに、売上原価が下がってるという現象の原因はいろいろ考えられます。
売上額が安定して伸びているが、関わる人員を減少させたため人件費が減ってるケースもあります。

もう、業種によっていろいろ考えることが可能です。
    • good
    • 1

どのような商売をされているのかによって判断が変わってきそうですが、


売上原価にはどのような内容のものが入っているのでしょうか?

基本的には売上が上がれば売上原価も上がるはずですよね。

そのうえで売上が上がったのに売上原価が下がったことについてざっと思いつくものをあげれば、

1燃料費が原価の大部分を占めている業種であればこのところの原油安が影響している
2業務の改善等により効率よく売上を計上することができている
3売上の単価が上昇していて、安く仕入れたものを高く販売できている
4売上の構成内容が大きく変化した(利益率のいいものを扱うようになった)
5前期売上原価で計上したものが今期は販管費に入っている

1.2.3.4あたりの理由であればおそらく原価が減少した実感があると思います。
売上原価内の人件費等の削減ができているならば売上原価の科目ごとに前期、前々期と比較してみるとわかるかと思います。

5が原因であれば売上原価は下がったけど販売管理費が上がっているという状況になっているかと思います。そのあたりも考慮して再度見直してみて下さい。
    • good
    • 1

単純に粗利が増えたということではないですか?


100円で仕入れたものを仕入れから20%増しで120円で売っていたものを、25%増しで売れば125円になります。
もしくは社員が一人減ったとか、必要経費が少なくなったとか。
ガソリン代などは随分価格が下がりました。
    • good
    • 0

メーカーであるならば工場コストが下がったという事です。


工場原価が下がる要因は、
収率が改善された。(原単位改善も含みます)
原料価格が下がった。
稼働率が向上して、固定費分配が下がった。
動力費(重油やその他の動力コスト)が下がった。
製造機の減価償却が終了した。
工場人員が削減された。
その他は、営業が前期より高値の販売を達成した。
等をご検討ください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q在庫残高と売上原価について

初めて質問させて頂きますので,宜しくお願い致します。
次月に繰り越す在庫残高が減少すると,その分当月の売上に対する売上原価が増加すると、聞きましたが、よく分かりません、仕分けではどのようになるのでしょうか、教えてください。
在庫が減ると,なぜ売上原価が増えるのでしょうか?

Aベストアンサー

簿記の世界で売上に対する売上原価を計算するには次のようにします。

売上原価=前期末棚卸金額+当期仕入れ金額(または製造原価)-当期末棚卸金額

棚卸金額は仕入れたり製造したけれどもまだ売れていない残りの金額です。
これは前期末もある程度あったはずですが、これと当期の仕入れや製造額を合計したものが当期売ることができたはずの総額になります。
これに対して当期末棚卸金額は当期の売れ残りの金額(売りたかったけれども売れなかったもの)りです。
期末までに売れていない物は売上原価にはならないですよね。売上原価は売れたものの原価ですから。

以上の理由で上記の式をよく見れば、前期末棚卸金額+当期仕入れ金額が同じであれば、当期の在庫(当期末棚卸金額)が小さくなると売上原価は大きくなることが判りますね。

Q原価率とは?

具体例で教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

先ず、通常の売買では『売価=原価+利益』の式が成り立っている
ことは理解できますよね。
原価率とは売価に占める原価の割合を指しますから、『原価÷売価』
若しくは『売上原価÷売上高』で導かれます。
また、原価率に関しては、『100%=原価率+利益率』若しくは
『1=原価率+利益率』と言う式が成り立ちます。

具体例ということなので・・・
某古本屋で漫画家のサイン本を100円で購入。
友達に見せたら5千円で買うといったので、その金額で売った。
この場合の原価率は 100円÷5,000円=0.02=2%

因みに利益率は先に書いた『100%=原価率+利益率』を変形し、
 100%-原価率2% で、98%になりますが、 
原価率が示されていない場合には次の式になります。
 (5,000-100)÷5,000
  =4,900÷5,000
  =98%

Q在庫と利益の関係についてです。通常、仕入増がそのまま在庫増になっても売

在庫と利益の関係についてです。通常、仕入増がそのまま在庫増になっても売上原価は変わらず、粗利益にも影響を与えないと思います。製造業の場合、製造原価増=在庫増が見た目の荒利益増につながるというケース紹介されますが、よく理解できません。製造原価と棚卸在庫の単価が違うのでしょうか?どなたかお手数ですがご教示くださいますと助かります。

Aベストアンサー

全部原価計算によるマジックです。


小売業の場合、減価償却費や人件費は販管費に含まれます。
しかし製造業の場合、製造装置の購入費用は製品を製造するために必要な費用ですから、製造装置の減価償却費は製造原価に含まれます。また従業員の給与も、製品を製造するために要した費用なので製造原価に含まれます。工場の光熱費も製造原価ですし、工場に常駐し、自分では直接は製造しないけれども工場全体の管理をしている工場長の給与も製造原価になります。

そして売上から製造原価を引いたものが粗利になります。

さて、工場で製品A、製品B、製品Cの3種類の製品を同じ工作機械で作っていました。
この場合の製造原価を計算しようとした場合、工作機械の減価償却費は製品Aの製造原価でしょうか?それとも製品B?それとも製品Cの製造原価としますか?

この場合の原価の考え方には直接原価計算と全部原価計算の2種類があります。

直接原価計算というのは、その製品の製造に直接的にかかわる費用のみを直原価として認識する考え方です。つまり、製品Aの製造原価は、製品Aに使った原材料の費用と従業員給与のうち、製品Aの製造にかかわった時間を時給換算で計算したものの合計つまり直接変動費のみの合計とするものです。製品B、製品Cについても直接変動費のみをそれぞれの原価とし、それ以外の減価償却費などの固定費は、「期間原価」つまり直接費とは別の1年間の原価とし、それらの合計を今期の会社の製造原価とする考え方です。
この方法は1年間の工場全体の製造原価はわかりますが、製品Aなどのここの製品の正しい原価がわかりません。原価のうちの直接変動費という一部分しか原価として認識しないからです。

これに対して、固定費などを含めた全部を製造原価として認識しようとするのが全部原価計算です。たとえば、同じ工作機械を使って、製品Aを年間2000個、Bを1500個、Cを500個作ったとします。製品1個を作るのに要する時間が同じだとすると、1年間で工作機械を使った時間はAが全体の2000/4000、Bが1500/4000、Cが500/4000ですから、減価償却費のうち4/8がAの原価、、Bは3/8、Cが1/8と考えるのは合理的な判断と言えるでしょう。このようにして他の固定費も何らかの基準でABCのどれかに割り振る(配賦すると言います)ことで、固定費などを含めた全部の費用を使って原価を計算しようとするのが全部原価計算です。


さて、ここからマジックが始まります。だまされないように良く考えながら読んでくださいね。

前期には上と同じように、製品Aを2000個、Bを1500個、Cを500個作りました。
計算を単純にするために、価格はすべて単価¥5000としましょう。そうすると売り上げは
¥5000×4000個=20百万円です。

製造のための変動費が製品1個当たり¥2000かかるとします。

減価償却費やメンテナンス費工場の管理費などの固定費の合計を800万円とします。
この800万円を生産数量に応じて各製品に配賦しますから、製品1個当たりの固定費は¥2000です。

製品1個当たりの製造原価は
¥2000+¥2000=¥4000
となり、販売価格が¥5000ですから1個当たり粗利は¥1000です。
前期の製品Aの粗利の総額は
¥1000×2000個=2百万円
です。


さて、前期の売れ行きが良かったので、今期は製品Aを3000個作ることにしました。
すると固定費¥800万の配賦の方法が変わります。製品ABCの全部で5000個作りますから、製品Aは6/10、Bは3/10、Cは1/10になります。
製品Aには480万円が配賦されますから、3000個作ると1個当たり固定費は1600円になり、1個当たりの粗利は

¥5000-¥2000-¥1600=¥1400

です。たくさん作ったので製造原価が割安になり、製品1個当たりの粗利が増えた。当然ですね。

ところが、3000個売れると思っていたら、前期と同じ2000個しか売れませんでした。1個当たりの粗利が¥1400ですから、製品Aの粗利は
¥1400×2000個=2.8百万円
になります。
つまり、3000個作って1000個が売れ残って在庫になると、粗利が80万円増えるのです。


この計算は税法上、正しい計算です。たくさん作って売れ残ると、粗利が増えるのです。
でも、だまされてはいませんか?売れ残った在庫は、BS上でいくらと計上されるのでしょう?製造原価は単価¥3600ですから製品Aの在庫は

¥3600×1000個=3.6百万円

です。この計算は適法です。しかしこの原価には今期の固定費が含まれており、それが来期に先送りされることで見かけの利益が増加するのです。

全部原価計算によるマジックです。


小売業の場合、減価償却費や人件費は販管費に含まれます。
しかし製造業の場合、製造装置の購入費用は製品を製造するために必要な費用ですから、製造装置の減価償却費は製造原価に含まれます。また従業員の給与も、製品を製造するために要した費用なので製造原価に含まれます。工場の光熱費も製造原価ですし、工場に常駐し、自分では直接は製造しないけれども工場全体の管理をしている工場長の給与も製造原価になります。

そして売上から製造原価を引いたものが粗利になりま...続きを読む

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q原価率を下げるためには?

私は化粧品関係の商品管理の仕事をしています。
会社全体での目標が『利益率UP!!』という事のようで、
私の部署では『原価率を下げる』という事が課題となりました。
が、しかし・・・私にはちんぷんかんぷん。何をどうすればいいのか全く思い当たりません。。。

原価率を下げる為に、何をどんだけ改善したか分かる様!!にと年末に宿題と出されました。

こんなバカな私にそんな宿題を出されても・・・と思いながら正月を過ごしましたが。
思い浮かんだのは、運送費ぐらい?

私の会社はディーラーでもありますが、顧客でもあります。
ディーラーとして顧客に品物を発送するその発送費を、運送屋に交渉して下げてもらうぐらい?
しか思い当たりません。

でも、何をどんだけ改善したか・・・難しい。もっと頭を柔かく使わないとだめなんでしょうが。


ヒントでも構わないのですが、ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

あなたのお仕事は化粧品の小売りですよね? ということはこの場合の原価とは化粧品を仕入れるのにかかった費用である「売上原価」を下げるという事だと思います。 そうであれば、

・商品(化粧品)の仕入れ価格をメーカーと交渉して値下げしてもらう
・商品の仕入れにかかる運賃を出来るだけ安く、あるいはゼロにする
・仕入れて在庫になっている商品も仕入れ費用として計算されるので、できるだけ在庫を減らす

が私の思いつくところです…

Q原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

Aベストアンサー

原価÷原価率=売価
例えば原価840円、原価率75%なら、
840÷0.75=1120円(売価)

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング