シリカゲルのガラス板を用いたTLCを行ったのですが、Rfを求めて
値がでてきたんですけど、これでその物質の純度はどのようにして求め
られるんですか??文献値との比較ですか??教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

TLCのRfはあくまで定性、つまり、既知化合物の


Rfと同じ場所までスポットが移動した。ということから、
「その化合物である可能性が高い」という推測が得られるだけです。

基本的に純度がどうか?という定量には向きません。
しいて定量に用いるとすれば目的物以外の
スポットが認められなかった場合に
「純度がかなり高そうだ。」
程度のことはいえるかもしれません。

それよりは融点の幅が狭いとか、NMRでシグナルがきれいであるとか、
そういった手法で確かめます。

より厳密には滴定などを行います。

この回答への補足

融点も測ったんですが、ここから不純物の有無を確かめるには文献値の融点との違いくらいしか頭になかったんですけど、融点の幅が狭いとはどういうことですか??○~△℃とでたらこの間の値が狭いほうがいいってことですか??

補足日時:2001/06/22 22:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうことだったんですか。今回初めてTLCを扱ったもので…

お礼日時:2001/06/22 22:45

No.1の補足に対する回答です。


hiroshihoさんの書かれているとおりです。

純物質であれば理想的にはある温度で一様に融解するはずですが、
不純物が存在すると、いくらかの幅を持つようになります。
150℃で融け始めたけれど完全に融けたのは160℃だったとか。
きちんとした文献であれば、必ず融点はこのように範囲で示してあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/24 15:24

Rfの方は先の方が回答されていますので、違う角度から。



バイオの実験でしょうか?
前段階にカラムで混合物の分画を行いませんでしたか?

もしそうでしたら、TLCでは純度が問題なのではなく、
カラムで混合物を分画する際に、どの条件のキャリアー(エーテル:アセトン等)
で出てきた物なのか、ということが大事です。
つまりは、どういった条件のキャリアーに極性が近いか等といった
収穫物質の性質を検討するわけですね。
勿論カラムの精製で上手く分画出来たかどうか(言うなればこれが純度ということでしょうか:一つの画分でスポットが二つ以上出現していないかどうか)ということも確認するわけですがね。



といった可能性も考えられます。が、見当違いの答えでしたら、ご勘弁下さい。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう実験ではなかったのですが、ためになりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/22 22:53

Rf値から純度の決定はできません。



TLCは混合物の各成分をそれぞれのRf値によってスポットとして
分離することによって分析します。

目的の化合物とRf値が異なる不純物が混じっていればTLC上の
スポットが複数になり、不純物が存在することが分かります。

また、Rf値が目的化合物と等しい不純物の存在を確認するには、
展開溶媒を変えてRf値を変化させたり、様々な呈色試薬を使って
スポットを発色させ、目的化合物だけのときとの発色の違いを見たり
する方法があります。

しかし、純度を定量的に求めるのは困難です。
呈色試薬を使って各スポットの発色濃度を測定するという方法が
ないわけではありませんが、精度はあまり高くありません。

よって基本的には不純物があるかないかだけが分かるものと考えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。まだまだ知識不足なものですいません

お礼日時:2001/06/22 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTLCのrf値からカラムで用いるべき溶媒を推定

題名のようなことを定量的に計算できるような式はありますか?
ソフトウェアとかがあればもっとうれしいです。

Aベストアンサー

moritex の Purif-α2、Purif-compact(中圧分取システム)のオペレーティング・ソフトウェアには、TLCのRf値から適切な分離溶媒の種類とグラジエント設定を自動計算する機能がありますよ。というか、その計算をさせて使う機械です。宣伝じゃありません。うちのラボにありますので。ちなみにソフトだけでは買えないと思いますが、聞いたことがないのでわかりません。

Qシリカゲルを用いた薄層クロマトグラフィー

シリカゲルを塗った薄層を用いた薄層クロマトグラフィーは順相である、と言われますが、なぜそう言えるのでしょうか。順相クロマトグラフィーとは固定相(この場合シリカゲル)の極性が移動相の極性より高いクロマトグラフィーですが、シリカゲルSiO2・nH2Oはどのような構造をしていて、極性はどのようになっているのでしょう。

Aベストアンサー

前回答えた責任上、追加します。
一般に順相とか、逆相といったことが明確に区別できるのは分配クロマトグラフィーであると理解しています。
すなわち、固定相液体と展開溶媒の間での分配平衡によって分離しているわけです。
しかしながら、シリカゲルの場合には吸着クロマトグラフィーということになり、原理が違います。ただ、その場合にも、移動相(展開溶媒)もシリカゲルに吸着されて、固定相に類似した働きを部分的に起こしていることになり、両者を厳密に区別することは難しいようです。
現実には、シリカゲルの酸素原子が部分的な負電荷を有しており、比較的極性が大きい物質と言えるでしょう。そのため、極性の大きい物質を優先的に吸着することになり、展開される順番としては順層と同じになるということだと理解しています。

ただし、シリカゲルの場合でも、仮にシリカゲルに非極性の固定相液体を吸着させた上で、極性溶媒で展開できれば逆相になる可能性があるでしょうが、現実にそのようなことを行うのは困難だと思います。

QTLCにおける紅茶と緑茶のRf値の違い

高校の実験で、紅茶と緑茶からカフェインを熱水抽出したのち、酢酸エチルで液液抽出し、
エバポレーターで濃縮乾固させました。
これをカラムクロマトでフラクション1‐5に取り分け、TLCでこれらのRf値を求め
カフェイン標準物質のRf値との比較でカフェインを同定するという実験をしました。

この時、緑茶由来のカフェインと、紅茶由来のカフェインで現れるスポットの数が違い
Rf値にも差がありました。
このようなことが起こる理由はなんでしょうか。
やはり、緑茶と紅茶の含有成分の違いからくるのでしょうか。
また、カフェイン以外に観察される成分はどのようなものでしょうか。
お願いいたします。

Aベストアンサー

1) 高校の実験自体はそれでいいでしょうが、教師はその後に、実験の解釈の難しさを生徒に知らすべきです。
2) 紅茶、緑茶(玉露)にはカフェイン含有率は 2.7%、 3.5% (wt%) ですが、熱湯で抽出すると 0.05%、0.16% 位に減少するようです。
3) 熱湯抽出にも、温度、タイムなどで、抽出量がかわるし、この様な自然物質は、カフェインだけでなく、色々な物質が含有されて、抽出されますので、スポットの数が違い、 各物質(多分)のRf値にも 同じものも違っているのも観察したことでしょう。
4) 成分として、ポリフェノール (渋み成分)として、6種のカテキン類、テアフラビン、テアルビジン など、 カフェイン、 ビタミン(A, B1, B2、C) アミノ酸、 脂質、 糖類、などあり、これらが、抽出方法で、色々多少、抽出されます。
カフェインはメインピークではありません。
5) モダンな分析方法としてLC-MS (液体クロマトグラフィーーマススペクトロスコピー) の機器で、50 以上もある各物質を分析できます。
6) Google > 紅茶 成分 > 紅茶の成分について をみると 多くのインフォメーションが。
7) Google > 緑茶 成分 > でも 色々あり。
8) このような自然物は多くの物質で成り立っており(乾燥などの過程もいれて)、人が合成できないです。
9)Good Luck

1) 高校の実験自体はそれでいいでしょうが、教師はその後に、実験の解釈の難しさを生徒に知らすべきです。
2) 紅茶、緑茶(玉露)にはカフェイン含有率は 2.7%、 3.5% (wt%) ですが、熱湯で抽出すると 0.05%、0.16% 位に減少するようです。
3) 熱湯抽出にも、温度、タイムなどで、抽出量がかわるし、この様な自然物質は、カフェインだけでなく、色々な物質が含有されて、抽出されますので、スポットの数が違い、 各物質(多分)のRf値にも 同じものも違っているのも観察したことでしょう。
4) 成分として、ポリフ...続きを読む

Q水ガラス → シリカゲル への変化について質問です。

簡単な化学書籍で見かけたのですが、水ガラスを乾燥するとケイ酸となり、ケイ酸を完全に脱水するとシリカゲルになるとありました。
乾燥・脱水を繰り返しての変化ですので、当然H2Oが放出されると思います。
具体的にシリカゲルに至るまでに放出されるH2O量はどのくらいなのでしょうか?

また、水ガラスとはどのような状態なのでしょうか?
実は私が通った中学では理科の授業で1度も実験を行わないところだったので、見たことがないのです。

Aベストアンサー

> 水ガラスの組成はどのようになっているのでしょうか?
> 水で薄めるので強アルカリは示さないのでは?

水ガラスの組成は Na2O.nSiO2 (n=2~4) で液性はアルカリ性,水で希釈すると NaOH が生じるので強アルカリ性になる。

> 普通に乾燥させることが可能ではないかと思いました。

水ガラスを空気中で放置すると CO2 を吸収して Na2CO3 を生じるため,ケイ酸がゲルとして遊離する。

これでよろしいですか?

QTLCでのRf値

シリカゲルTLCにおいて、シリカゲル表面に対する官能基の吸着の強さは、COOH>OH>OCORの順であるとかいてあったので、これから予想するとサリチル酸のRf値はアスピリンのRf値よりも小さいはずであるけれども、実験結果では逆になりました。
どうしてでしょう・・・?
そして他の参考書では吸着の強さは全然逆の結果となっていました。教科書自体がちがうのでしょうか。もしかしたら、酸素元素がベンゼン環から電子をひきつけて、電子密度を偏らせることからその誤差が生まれるのかと考えてみましたが、不安です。

Aベストアンサー

同様の質問がこれまでにも何回かでており、yoshitakasanさんとは逆の実験結果を書いたものもあります。

ただ、色々なことから判断して、サリチル酸のRf値はアスピリンのRf値よりも大きいというのが正しい実験結果だと思います。
また、COOH>OH>OCORの順も正しいと思います。

すなわち、サリチル酸ではヒドロキシル基の水素が、カルボキシル基に対して分子内で水素結合を形成するために、シリカゲルなどに対する吸着が起こりにくいと考えられます。こういったことは、オルト位にカルボニル基などを有するフェノールにおいてよく観察されることです。
 -O-H・・・O=C(OH)-:同一分子内
こういった、サリチル酸の構造に基づいた分子内での相互作用によって、順序が逆転していると考えるのがよいでしょう。

「TLC サリチル酸」で化学のカテゴリーを検索すると何件かヒットしますが、その中の1件をあげておきます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=884011


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報