来年、1年間留学する予定のものです。

先日、学校から帰国後の単位変換のためにあらかじめ留学先の大学のシラバスを提出するよう求められました。

私自身、留学先の大学のウェブサイトを検索したり、シラバスを見つけるのを試みましたが、どうしても見つかりません…。

冷静に考えてみると、シラバスは学校関係者(生徒を含む)以外に対しては公開されないのではないかと疑問に思い、ここで質問させて頂きました。

どなたか詳しい方がいらっしゃり、教えてくださると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

留学確定先に事情を説明して、取得予定courses について、student advisor に連絡し、course syllabuses を入手する事は可能であると思います。


相手校と現在在籍中の学校の関係がわかりませんが、姉妹校提携をしているとか何らかの友好関係で一定期間の留学となっているのであれば、現在在籍中の学校が情報を入手すべきです。
但し、相手校にaccreditation がなくただState pernmitがあるだけのlevelであれば、syllabus を整備していないこともあり得ます。
通常はあなたの考えのようにsyllabus は入手できません。onne nameさんのおっしゃるように、なんでもsiteにあるわけではありませんから資料を直接mailで、一番良いのは郵便による書状でお願いするべきです。
米国、イギリス、オーストラリアの大学ならかなり詳しいadministrator の事がわかるので、国、州などの情報がわかればもっと具体的に説明できると思います。
    • good
    • 1

直接大学に請求するだけですね。


何でもウエブサイトに出ているものではないと言う事は馬鹿でなければ解ることですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校留学、留学先の決め手と留学会社について

現在高校1年生で、今度海外への留学を考えています。
その留学先の高校を卒業する予定です。
また、留学目的は英語力をつける事です。

現在留学先がなかなか決められずに困っています。
オーストラリアとニュージランドがいいと聞くのですが、英語の訛りが心配で…。

そこで、このような場合の

・留学先の決め手
・おすすめの留学先(そのメリットとデメリット)
・おすすめの留学会社

を教えてもらいたいです。
上記の質問のどれかひとつへの回答でもいいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどくなります。 やはり多くの人がオーストラリア訛りを気にしますが…こちらではイギリスの様な階級が存在し、金持ちはイギリス英語をしゃべりブルーカラーの人たちはオージー訛りの英語をしゃべります。実際に私が思うのは入る学校によって英語の訛りが物凄く憎くなることです。お金持ちの多く入る私立であればキレイなイギリス英語をしゃべりますし、逆に田舎の公立高校に通えばオージー訛りになります。

留学先の決め手…これは学費・学校の整備・留学条件によって変わると思います。NZは比較的に学校数も少なく、町自体もこじんまりとしています。逆にオーストラリアは多くの学校があり、有名な私立高校が沢山あること、町自体も大きく不自由なく過せる。私はオーストラリアをお勧めします。最近ではNZの若者や国民が大量にオーストラリアに移民して問題になるぐらい、NZは少し寂れているからです。

お勧めの留学先…私の経験上、公立高校に留学し、ホームステイをされる留学はやめたほうが良いです。留学でも勝ち組と負け組みがはっきりと分かれており…留学後に大学に入りたいか、そもそも留学中に真面目に学業を学びたいのかで変わります。真面目に留学してよい学校を出て、良い就職先を見つけて不良にはなりたくない場合は真剣に学校を決める必要性があります。

おすすめさきの留学会社…はっきり申しますとあまり留学会社に頼ると良い留学はできないと思います。留学会社は利益を優先しているために現地の高校と提携を結んでいることが多いです。私はオーストラリアに留学していたのでわかるのですが…留学斡旋会社のホームページに、よく“○○高校はオーストラリアの中でもレベルが高く名門校です”とか書かれていますが信用してはいけません。なんせ現地では名前も知られていないような私立や公立の可能性が大です(おまけに生徒は日本人だらけ)。やはり肝心なのは本当に行きたい学校を自分自身で探して得ることです。オーストラリアの中でも有名な高校は都市部に集中しており、中でも名門高校といわれる学校は全寮制や寮制である事が多く、殆どが私立高校です。おまけに歴史の古い学校の方が良いです。

ちなみにオーストラリアのビクトリア州では私立高校の集まりでAPSと言われる学校の組織が有ります。この組織に名が乗っている学校は全て名門高校です。ちなみにオーストラリア人であれば名前を聞くだけで大抵は知っている(日本で慶応とか灘、開成など)学校です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Associated_Public_Schools_of_Victoria
このリストの中の高校に通っていましたが…日本人の留学生は何処の学校も一学年に0~3人程度。その日本人も殆どがハーフ(外国人と日本人との)やすでに海外に長い間住んでいるような日本人です。また、留学斡旋業者を通して留学している人は学校の中で1人居るか居ないかぐらいでした。

ただ、英語力を付けたいのであればあまり高校留学はお勧めできません。何故ならオーストラリアの高校2~3年生は日本以上に受験勉強が激しいからです。すでに高校3年で大学1~2年の分の授業などを受けるので(こちらではその分、大学が3~4年で卒業できる)生半端な英語で留学すると留年を1~3年程度見なければなりません。そこまでするならば高校卒業後に語学留学でオーストラリアやニュージーランドに行かれることをお勧めします。

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどく...続きを読む

Q短期留学(初めての留学OK、大学1・2回生OK、学校団体での留学)を考

短期留学(初めての留学OK、大学1・2回生OK、学校団体での留学)を考えています。
現在大学1回生で、外部大学院の院試を考えています。
最近は院試のためだけではなく、海外で使える英語、英会話に興味を持ち始めました。
卒業までに、字幕なしで映画が観れたり、海外の大学へ進学したり、
海外旅行に行けるレベルまで、英語力をつけたいと考えています。
ですが、今は英語が苦手で、高校初級レベルあるかないかくらいで、非常にレベルが低いです。
院試には英語が必須で、就職する時にも語学力は武器になると思います。
留学時期は2011年の2月か、2011年の8月など、春か夏の長期休暇中を考えています。留学期間は5週間です。
留学前に大学による事前講義がありますが、
海外(アメリカ)の大学で英語の集中講義を受けたり、ボランティア活動をしたりするわけなので、
いくら事前講義があるとはいえ、これだけでは留学生活が出来る英語力を身につけることはできません。
留学前にはどれくらい英語力が必要なんでしょうか?
また、勉強法や、知っておくべき文化の違いなども教えていただければ幸いです。

短期留学(初めての留学OK、大学1・2回生OK、学校団体での留学)を考えています。
現在大学1回生で、外部大学院の院試を考えています。
最近は院試のためだけではなく、海外で使える英語、英会話に興味を持ち始めました。
卒業までに、字幕なしで映画が観れたり、海外の大学へ進学したり、
海外旅行に行けるレベルまで、英語力をつけたいと考えています。
ですが、今は英語が苦手で、高校初級レベルあるかないかくらいで、非常にレベルが低いです。
院試には英語が必須で、就職する時にも語学力は武器になると...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問は、「大学のの短期留学に参加するために、どのくらいの語学力が必要か?」ということでしょうか。
そのプログラムの参加条件や目安というのは無いのですか?学校に聞くのが一番早いと思います。

ただ、現状の語学力では確かに心配ですね。もし学校側が語学力を問わないとしていても、やはり語学力があるほうがより充実した海外生活ができると思います。それに5週間という短期間では、語学力は殆ど向上せず、元々の知識を実践する・テクニックを身に付ける場だと思ったほうが良いでしょう。なので元々の知識が無ければ、「ちょっと分かるようになってきた」というだけで、5週間は終わってしまうと思います。
遊び目的であればそれでも十分だと思いますが、そうでは無いのですから、是非頑張って下さい!

参考まで、下記の英語レベル表をみてください。
http://www.ryugakugo.com/australia-study-info/basic-info/english-levels.htm
Upper-intermediate(中級上)くらいはあった方が良いのではと思います。TOEICで言うと600点前後、英検なら2級くらいだと思います。

勉強方は、安いor無料のものがいろいろあります。
MP3プレイヤーを持っているなら、iTunesの無料英語音声教材や英語のニュースをダウンロードして、空いた時間は常に聞くようにすると良いですよ。またsmart.fmのような無料英語学習サイトもあります。
http://smart.fm/
英会話レッスンを受けたいなら、skypeの英会話レッスンが安いのでオススメです。講師はフィリピン人というところが多いですが、十分です。
文法の基礎から学びたいということであれば、「Essential Grammar in USA」という文法書兼問題集がオススメです。海外の語学学校で実際に使われている教材だそうです。全て英語ですが、英語で英語を学ぶのは近道だと思いますし、内容は初級者向けなので分かりやすいと思います。

ご質問は、「大学のの短期留学に参加するために、どのくらいの語学力が必要か?」ということでしょうか。
そのプログラムの参加条件や目安というのは無いのですか?学校に聞くのが一番早いと思います。

ただ、現状の語学力では確かに心配ですね。もし学校側が語学力を問わないとしていても、やはり語学力があるほうがより充実した海外生活ができると思います。それに5週間という短期間では、語学力は殆ど向上せず、元々の知識を実践する・テクニックを身に付ける場だと思ったほうが良いでしょう。なので元々の...続きを読む

Q私は留学中ですが、日本で義務教育を終わらせてから留学しました。 なのに、留学先では9学年(日本でいう

私は留学中ですが、日本で義務教育を終わらせてから留学しました。
なのに、留学先では9学年(日本でいう中学3年生)に入れられました。
これはなぜですか?

Aベストアンサー

私も同じ9学年です。といっても日本でも中学3年生ですが。(留学ではなく、住んでいます)
no1.の方が言ったように、ただ単に英語力が他の生徒より少し劣っているから学年を落とされることもあります。あと誕生日での学年の決め方も少し日本と異なっていたような気がします。だから落ちるだけでなく、上がったりもしますよ。
アメリカは12年生までが義務教育です。しかし質問者さんは日本人だし、もう終わらせてあるので、9年生か10年生を選べる自由があったのだと思います。ただ10年生よりも9年生が簡単だから、誰かがそう決めたのでは?

Q留学先の学校の探し方

カナダに留学を考えています。
家具を作る専門学校かアカデミー、ワークショップでもいいのですが、しっかり学べるような学校を探しているのですが、Yahoo Canadaで、どのような検索ワードで検索するべきなのかわかりません。
「furnitures maker school」, 「create furnitures school」くらいしか浮かんでこないのですが、ほかに何かいいワードってありますか?
場所はモントリオールで探しています。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

家具のデザインとなるとやはり大学になりましょうか。下にカナダで家具デザインを勉強できる大学(または学校)のリストが出ています。
http://www.valuecreatedreview.com/educ.htm

これは下のキーワードで出てきました:
「industrial technical furniture design montreal」

尚、furniture にはsが付きません。

Q留学先からの留学

ふと思ったのですが、交換留学のようなスタイルではなく、正規留学で海外の大学や大学院に入学をした場合、条件によってはですが、その留学先からも別の国に留学できますよね?
気になってネットで探したのですがあまり探せませんでした・・。もし経験された方や周囲にこんな人いたっていうお話があったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こどもが経験しました。
アメリカの大学で中国語をマイナー(副)専攻していたので、大学が提供している語学プログラムで半年台湾の師範大学へ語学留学し、そこでとった単位を中国語専攻の単位に認定してもらいました。

語学以外の科目でも、他国へ行って単位を稼ぐことは、大学が提供している(認定している)プログラムに参加すればできるはずです。そして留学生でも正規学生であれば、当然この制度を利用できます。(日本(母国)の大学への交換留学プログラムに参加できるか否かは、各大学によって規定が異なると思います)

ただし、又留学先への入学申請やビザ取得等はすべて自分でしなければなりませんでした。
アメリカの場合、又留学期間(本来の大学を離れる期間)が5ヶ月以上に及ぶ場合は、いったんI-20を打ち切られます(休学のような形)。再度復学するときに新しいI-20を発行してくれるので、それを元にF-1ビザも新規取り直しです(したがって必ず日本に戻る必要があります)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報