マンガでよめる痔のこと・薬のこと

司法試験は規則や条例の問題も出る?

司法試験や予備試験は、法律を基にして定められた規則や条例の問題も出るのですか?

A 回答 (2件)

規則はでます(あまり頻繁にではなく、たまにですが)。


司法試験時の貸与される六法には、
会社法施行規則(法務省令)や民事訴訟規則(最高裁規則)などが掲載されています。

選択科目の経済法なんかは、公正取引委員会の告示である「不公正な取引方法」の知識は必須ですね。

条例は、地方自治体ごとに存否や内容が異なるため、どこどこの条例しっとけという問題は出ません。
ただ、憲法や行政法の出題で、条例にまつわる出題がされることはあります。
(条例の合憲性が争われた憲法判例はいくつかあるので、そういうのは問われる。また条例の条文を初見で憲法・行政法の規律に従って解釈してみて、といったたぐいの問題が出てもおかしくない。平成26年の司法試験憲法の問題は、架空の条例を素材に出題されています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2017/09/21 20:03

私は行政書士試験を受けましたが、「規則」(相対的に問題数は少ないと思います)や「条例(意味を問うのではなく判例)」の問題も出題された事があります。

行政書士試験より更に科目が多い司法書士試験では、より内容の濃い問題が出題される可能性が大だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2017/09/21 20:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建試験 平成18年 問22ー4について

宅建試験の平成18年22問目「建築基準法に関する次の記述の内、正しいものはどれか」についてお尋ねします。

答えは4の「法第56条の2第1項の規定による日影規制の対象区域は地方公共団体が条例で指定することとされているが、商業地域、工業地域及び工業専用地域においては、日影規制の対象区域として指定することができない」でした。

原則では商業・工業・工業専用地域は日影規制の対象とはならないものの、例外として高さが10mを超え、対象区域に冬至日に日影を生じさせる場合は、対象区域内の建物とみなし規制の対象となるため、これにより『商業・工業・工業専用地域』も対象となりうるはずです。

問22-4は『商業地域、工業地域及び工業専用地域においては、日影規制の対象区域として指定することができない』なので、例外パターンと矛盾する形になると思うのですが、どうなのでしょうか?
それともこれは当該建物だけに対する規制と考え、対象区域としての指定ではないととるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

問いは法56条の2第1項の「対象区域」に指定できるか?
で、
「対象区域」とは、「別表第四(い)欄の各項に掲げる地域又は区域の全部又は一部で地方公共団体の条例で指定する区域」
のことなので、
別表第四(い)欄の各項に掲げる地域又は区域に、
商業地域、工業地域及び工業専用地域が存在しない以上、
指定はできないが、正解と思われます。

ご指摘の例外ケース(同条4項)でみなされるのは、
「区域」ではなく、「建築物」です。
また、対象区域に指定できないことには変わりないです。

なので、問題文との矛盾は生じないと思われます。

Q食品の表示義務ですが 傷みが早い生のものは消費期限や賞味期限の表示はしなければなりませんよね? なら

食品の表示義務ですが
傷みが早い生のものは消費期限や賞味期限の表示はしなければなりませんよね?

ならばスーパーなどでは
時期になるとさんまなどが発泡スチロールなとに入れられて消費者が単品で好きな数だけ
ビニール袋などにいれて購入する場合がありますがあのような販売の場合は賞味期限、消費期限の表示はしなくても違法にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

生の状態で販売されているさんまは、法律上野菜と同じ扱いです。
ですので消費期限の表示義務はありません。

目安は、刺身なら当日
焼くなら2.3日以内です

Q農地法5条の許可が「農林水産大臣の許可」ではなく「都道府県知事の許可」になる理由は?

模擬試験に出てきた問題についての質問です。
添付画像の上が、問題文です。
そして添付画像の下が、解答です。

問題を見ると、面積は4.5ヘクタールになっています。
農地法5条は原則、都道府県知事の許可が必要です。けれど転用する目的で権利移動する農地の面積が4ヘクタールを超える場合は、農林水産大臣の許可が必要になります。
4.5ヘクタールは、4ヘクタールを超えているので、農林水産大臣の許可が必要になると思うのですが、解答を見ると、知事の許可となっています。
なぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

農地法の改正で面積にかかわらず都道府県知事等の許可になったから。
地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律
法律第五十号(平二七・六・二六)第7条 参照
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/housei/18920150626050.htm

法令は常に変わるのだから古いテキストで勉強するなという見本。


人気Q&Aランキング