出産前後の痔にはご注意!

簿記を勉強中です。
立替金の消し込み処理で不安があります。

■商品の仕入時に自社が送料を負担。仕入と同時に請求される。
【仕入】
仕入高4500/買掛金5000
立替金500

【支払】
買掛金5000/預金5000

【立替金の消し込み】
運賃500/立替金500

仕入時の送料は当社費用なので、「運賃」等の科目に置き換えるのでよいのだと理解しました。
(これで合っているのかまだ不安ですが)

わからないのは売上時です。
売上時の送料が先方負担である場合、自社の費用にならないので、どのような科目で消し込めばいいのかがわかりません。

■商品の売上時の送料は取引先負担。商品代と一緒に入金してもらう。
【売上】
売掛金5000/売上高4500
     /立替金(送料)500

【入金】
預金5000/売掛金5000

【消し込み】
立替金500/???

売掛金としていただいた金額に含まれているので、立替金500/預金500 という消し込みでよいのでしょうか?

勉強し始めたばかりで、仕入や売上時の仕訳の記述が良くないのかもしれませんが、
いったんは以上の取引である場合で教えていただければ幸いです。

A 回答 (1件)

立替金(資産)の使い方がおかしいですね。


立替金は立て替えた側しか使えません。

1.AはBから仕入(4500)をした。その際送料(500)をAに立て替えてもらった。
なお以上の全額を掛けとした。
【A】借方 売掛金 4500 立替金 500 貸方 売上 4500 現金(※)500
※ 現金で無いこともある。
【B】借方 仕入 5000  貸方 買掛金 5000
仕入(費用)の際の送料(費用)は仕入れに含めることができます。
送料を別に仕訳するのであれば、
【B】借方 仕入 4500 送料 500  貸方 買掛金 5000

2.1の取引分を預金(資産)からAの口座に振り込んだ。
【A】借方 預金 5000  貸方 売掛金 4500 立替金 500
【B】借方 買掛金 5000  貸方 預金 5000

 ここからは質問の後半
3.CはDに4500売上があった。送料500は一旦Cが現金で立て替えた。後日売上分とまとめて振り込んでもらうことにした。
【C】借方 売掛金 4500 立替金 500  貸方 売上 4500 現金 500
【D】借方 仕入 5000  貸方 買掛金 5000

4.上記3.の取引分を口座から口座へ振り込んだ。なお、口座の勘定は預金とする。
【C】借方 預金 5000 貸方 売掛金 4500 立替金 500
【D】借方 買掛金 5000  貸方 預金 5000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前任が登録していた仕訳を元に勉強をしているのですが、質問した仕訳はなかなか理解できなくて困っていました。今一度「立替金」の使い方を認識し、過去を引き継がず、正しい仕訳登録になるようにします。ありがとうございました。

お礼日時:2018/01/17 15:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金に含まれる立替金の仕訳を教えてください。

経理を自力でやっている、素人経営者です。
外注業務として行った作業について、発注先より売掛金として振込み入金されるのですが、その中に個人的に立て替えた文房具代や交通費が一緒に振り込まれてしまいます。
すべてを売り上げとして処理すれば簡単なのですが、課税対象となってしまい、また無用な法人税や消費税が掛かることになるため、できれば別に仕訳をしたいと考えています。
現在使っている経理ソフトでは「諸口」のような入力方法ができないため、困っています。
請求時には売掛金として、「売上」、「交通費」「立替金」の3つに分けて仕訳を行っているのですが、入金時に普通預金に一括して振り込まれた後の仕訳方法がわかりません。
そのままでは当然ながら、「交通費」と「立替金」がマイナスになったままとなってしまいます。
また、立て替えた交通費と文房具代は、後日個人として会社へ請求して支払いを受けることになるので、個人の立替金を一旦会社へ預ける形になり、会計上問題がないか不安です。
素人にもわかりやすいアドバイスをいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交通費は、会社が中抜きとか増額とかせえへんと、受け取った金額をそっくり渡すのやろ?ほいだら、仕訳に交通費そのものが出てこなくて一向に構へんのよ。

税務署に対しては、そのとおりで、請求書とか見せろ言われたら出せばええ。

請求については、別個にせんでもええよ。一括で請求して構へん。内訳書とか内訳欄とかで内訳が分かれば十分よ。

既に仕訳で分かりやすいんが出とるもの、そちらの回答さんも参考にしてな。「預り金」か「未払金」かは、きっちり言うと契約内容とか関わってくるけどこだわる必要ないもの、どっちゃでもええ。あなた自身で分かりやすいほうを選んでええよ。

Q売掛金と立替金

経理初心者です。
ご指導宜しくお願いします。
売掛金 1,000,000 / 売上高 1,000,000
立替金   10,000 / 売掛金   10,000
受取手形  10,000 / 立替金   10,000

売掛金の中に立替金が含まれていた場合、上記のような仕訳でいいのでしょうか? この仕訳だと立替金までが売上高に上がってしまうと思うのですが。

Aベストアンサー

間違ってました(^^ゞ
売上 1,000,000です。

最初から仕入であがってたんですね。

であれば、単純に立替金勘定というものが必要なかったわけです。

仕入れて売上げるそれだけのことでした。

Qあとから戻ってくる「立て替え経費」、帳簿のつけかたは?

フリーでカメラマンをしています。
今年から青色申告をすることになり、本をみながら帳簿を付けています。

発生する経費に、
「自分で支払う必要のある経費」と
「立て替えておいて、発注元に経費の領収書と請求書を提出し、
 数週間後に銀行に振り込まれる経費」の
2種類があります。

後者の立て替え経費について、帳簿にはどのように記録をしたらいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一時的に立て替える場合は、「立替金」という勘定科目を使って次のように処理をします。

2万円を立替えて支払ったとき
立替金 20.000 / 現金 20.000

立替金が戻り、銀行に振り込まれたとき
普通預金 20.000 / 立替金 20.000

Q請負先への交通費実費請求は売上となってしまうのか

請負先で当社社員が業務を行っています。そこで発生した交通費実費分は、当社を通じて請負先へ請求し、受領分を当社社員に支払っています。
この場合、この交通費実費は当社の売上となってしまうのでしょうか?
それとも、売上は請負金額のみで、交通費実費は売上には算入されないのでしょうか?
算入されないなら、請求時と、相手会社からの入金時、及び社員への支払い時に、どのような仕訳を行えば良いでしょうか?

Aベストアンサー

請求書などに、交通費の内容が具体的に詳しく書かれ、しかも主要な交通費の受領証の写しを保存しておくことが出来るならば、そして交通費の合計額と請求額が一致しているならば、請求の内容を「立替金の精算」として会計処理できます。また税法上も、「立替金の精算」として認められます。つまり、売上にする必要はありません。

この場合は、
(1)交通費実費を支払った時点で、
〔借方〕立替金оооо/〔貸方〕現金оооо

(2)請負先から入金した時点で、
〔借方〕当座預金оооо/〔貸方〕立替金оооо

しかし、請求額が交通費の合計額よりも多い場合は、交通費の実費に利益を上乗せしたとみなされるので、請求額は売上にせざるを得ません。

Q相手に立て替え払いしてもらったお金の科目とは

極めて初歩的な質問で申し訳ありません。
相手に立て替え払いしてもらったお金
例えば運賃等を取引先に支払ってもらって
いずれ返金しなければならないお金の科目名って何だっけと
ふと迷ってしまいした。

単純に考えれば「未払い金」でしょうね。
しかしそれは「いずれ相手に払わなければならない」という意味のみであって、
それはあっていますが、
「こちらが払わなければならないものを
まず相手に支払ってもらっている」という意味がありません。

そういう意味合いの科目名ってあるでしょうか。

Aベストアンサー

資産科目やと未収入金のほかに立替金あるのに、負債科目には未払金のほかに見当たらないやん、どないなってんねん、いうことね?

答えは、そないな科目はないんよ。

昔からの慣行いうんも大きいし、資産と違うて分ける必要性があまりないいうんも大きいわ。

資産は事業との結び付きがどれだけあるんかが大事になるけど、負債は結び付きよか将来お金がどれだけ出ていきそうかが大事やもの、分けなくても別に構へんのよ。

ただ、負債でも事業との結び付きを決算書に出したいとかで、上場企業なんかは「営業未払金」とかの科目を使って「未払金」と区別するとこもあるわ。簿記の問題では出てこないけどな。

Q過去年において、立替金で処理していたものが、結局お金の回収ができず、当

過去年において、立替金で処理していたものが、結局お金の回収ができず、当期で雑損処理する場合、消費税は課税でしょうか?対象外でしょうか?宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

消費税は関係ありません。資産の譲渡ではありませんので。

それよりも、回収不能となった事情は何でしょうか。
先方の倒産や不渡りならば、雑損処理は可能ですが、単に支払いを渋っている程度であると、税務上の損金にはならない恐れがあります。

このような場合は、とりあえず貸し倒れ引当金で処理をしておいて、しばらく経過後に先方の支払い能力がないようであればそこで最終的に貸し倒れ処理にもっていくというような手順にしないと、否認されるかもしれません。
金額の大小にもよりますが、とりあえずは税理士に確認したほうが安全です。

貸倒の処理について下記のサイトをご参考にしてください
http://www.kk-support.com/setsuzei/taore_son.htm

Q立て替えた費用の現金出納帳の記載の仕方で困っています。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

でよろしいのでしょうか。また、これは口座を通さずに現金です。なので、銀行帳には記載する必要はないと理解しているのですが、いかがでしょうか。勘定科目は未払費用ではなくて借入金でよろしいのでしょうか。
そして、別に、借入金表(未払費用表)を作成して、誰がいついくら何の支払いをするためにお金を立て替えたという事がわかるようにする。
また、これを社長・役員ではなくて社員が立て替えて支払い、いつ返せるか分からない場合でも同じ処理の仕方でよろしいのでしょうか。このような事はきちんとした企業ではあり得ない事とは思うのですが、
私の会社ではまだ設立したばかりというのもあるとは思うのですが、誰かが立て替えて(ほとんどは社長です)返せるようになったら返そうという事になっています。。。
すいませんがどうかよろしくお願い致します。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費...続きを読む

Aベストアンサー

 #2さんのとおり、借入になると思います。複式簿記ですから、

借方科目:水道光熱費
貸方科目:借入金

 というような感じになるかと思います。
 返済まで何年かかろうと関係ありません。もし、あとで経営者に立替分の費用を払ったなのなら

借方科目:借入金
貸方科目:現金

 というようになります。
 もし、経営者がそのまま自腹を切るつもりで、会社の建て替え分はもういらないよ…という場合には、それは債権放棄(借金の棒引き)を受けたことになり、収入になります。

借方科目:借入金
貸方科目:雑収入

 という感じでしょうか。

 ちょっと話はそれますが…

>  摘  要          入金  出金

>借入金 山田太郎        4986
>光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

 この場合、「コンビニに」お金を払ったわけではなく、「コンビニで」お金を払っただけですから、適用の支払先は市町村の水道局や電力会社名などになると思います。

Q預り金を消しこみたい場合

個人事業を始めて数年経ちます。
初めの頃は、みようみまねで経理を始めたので、
わからないまま使用していた預り金の科目が消せない
状態になっています。
さかのぼって調べましたが、内容は不明です。
消しこむ方法はありませんか?

Aベストアンサー

確認ですが、「売上」は、一人分と言うか、正確に計上されているわけですよね。

一番良い処理は、親御さんへ返金したと言うことで、(1)の処理が良いのでしょうね。

この場合、金額が多くないのであれば、(3)の処理でも問題ないと思われます。
まずこんな状況も起きないでしょうが、何かの拍子に突っ込まれた場合、基本的に110万円を超えているならば、「贈与」と認定される可能性がなくはないと言うところですが。
もしそのような場合でしたら、「借入金」に振り替えて、証拠を残しながら、返済する必要があります。

Q修繕費と消耗品の仕訳の境い目

いつも悩んでしまうのがこの二つの科目の仕訳です。
例えばほんの何百円の車の電球は修繕費にするべきか(一昨年は修繕費にしてしまいましたが)、消耗品にするべきか・・・。
知り合いの税理士事務所でバイトしている友人はどちらでも問題ないと言いますが、自分でどちらかに決めておかないとモヤモヤすると思い、最近では下記のように考えています。

「本体自体が高額なもの、もしくは備品などに相当するもの交換や修理で一万円前後かかったものは修繕費。もしくはそのものを維持するために不可欠な部品(車のバッテリーなど)。または外部の人に来ていただき(たとえ修理物が消耗品でも)修理をした場合に発生した費用(これは一万円以下でも)」
例えば車のバッテリー交換やエアコンの修理は修繕費にするなどです。でも車の電球の取替えなどは交換してもらっても(交換手数料はサービスですし)消耗品に、というふうに。
前記の場合、車は車両運搬具ですがエアコンは消耗品です。しかし人件費がかかるためエアコンの修理は(一万円以下でも)修繕費にする。

以上のように考えようかと思っていますが、いかがでしょうか?これは間違っている、こうしたほうがいい、などというご意見をいただければ嬉しいです。

ちなみに今度車のシートカバーを交換しようと思っているのですが(一万円くらい)、これは消耗品にしようと思っています。

いつも悩んでしまうのがこの二つの科目の仕訳です。
例えばほんの何百円の車の電球は修繕費にするべきか(一昨年は修繕費にしてしまいましたが)、消耗品にするべきか・・・。
知り合いの税理士事務所でバイトしている友人はどちらでも問題ないと言いますが、自分でどちらかに決めておかないとモヤモヤすると思い、最近では下記のように考えています。

「本体自体が高額なもの、もしくは備品などに相当するもの交換や修理で一万円前後かかったものは修繕費。もしくはそのものを維持するために不可欠な部品(...続きを読む

Aベストアンサー

 この違いは結構面倒なのです。皆さんの回答。アドバイスは一理あります。よって解り易く簡単に述べてみます。その方が理解しやすいのです。

*消耗品とは
 (1)小額 長期にわたって使用出きない。使い捨てのものをいう。

 一個の値段が10万円より安いもの、10万円以上はすぐに費用処理を出きない。固定資産です。

 消耗品でも使わず倉庫に入っているものは貯蔵品になります。

 ですから、会計帳簿と管理台帳を作って記録してください。

*修繕費とは。

 (1)費用にしていいかどうかわかりにくいものは、30万円未満か修繕資産の取得原価の10%未満を目途にしてください。

 例えば4.000万円の事務所を100万円で修繕しました。

 4.000万円×10%=400万円と言うことは100万円は10%未満ですから100万円は費用処理します。

 もし事務所を拡張した場合は法令に基づき資本的支出になります。

 

Q他社が立替えて払ってくれた会場費の仕訳について

NPOの事務局をしています
会員企業さんが、NPOに代わって会場費を一時的に立替えて払っていただきました。
この立替えて払ってもらった時の仕訳について
会場費 ○○○円/立替金 ○○○円
と仕訳をして、その立替分を支払うとき(精算時)に、
立替金(○○さん) ○○○円/現 金 ○○○円

と考えていたんですが、上司から科目が違うと指摘され、決裁がおりず、困ってます。(訳があって、それでは正しい科目を聞きたいんですが、諸般の事情があって聞ける状況ではありません)

立替金でなく、仮払金の方がよいのでしょうか?
それとも、こちら(NPO)ではお金を支払っていないので、未払金で処理を立てて、精算時に「未払金/現金」の仕訳をいたてるべきなのでしょうか?

過去の回答例を見ると、立替金の科目をたてるのがベターに思えたんですが、自信がないので新たに質問させてもらいました。
ご教授のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

立替金は事務局が立て替えた時の仕訳です。これは相手方が本来支払うべき費用を仮払いしたときの仕訳。

今支払う経費の未払い分は「未払金」としての仕訳のほうが正しいといえます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング