人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

 お世話になります。日本の法律の条文において、「条」の番号は漢数字、その下の区分である「項」はアラビア数字、さらにその下の区分の「号」は漢数字となります。それはそれで別に良いのですが、
 条文の中で他の「項」を参照する表現として、例えば「・・・・第○条第二項の規定により・・・」と「項」を指す場合アラビア数字ではなく、漢数字にわざわざ置き換えて使われます。これは何故なんでしょうか?
 普通に考えると非常に不自然というか、正直言って見にくいと思うのですが・・・・
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

既出の通り,法律の原文は,


1.基本的に縦書き。(表中の数式などで稀に横書きが混じることもある)
2.項番号は(もしついていれば)アラビア数字,号番号は漢数字。
3.本文中で引用する場合は,「第一項」のように漢数字。
となっています。

このうち2番の理由は,はっきりとは分かりませんが,No.1さんの書かれているような意味合いが大きいのかなと思います。
また3番は,縦書きの本来の書き方に従ったものということができるでしょう。
「アラビア数字ではなく、漢数字にわざわざ置き換えて使われます」と表現されましたが,縦書きの文章の中で「○○という本の○○ページによると」と書く場合,その本のページ数がアラビア数字で印刷されていても,ふつうは漢数字に直して書きますよね。それと同じことでしょう。

もっとも,最近の新聞記事などでは縦書きの中にアラビア数字を多用することも増えましたが,これは字数を少しでも節約するための便宜的な書き方というべきだと思います。
(「三十一日」を「31日」と書けば2文字ぶん節約できます。)
最近の新聞は活字が大きくなり,その分1ページに収まる字数が減っていますから。
毎日・朝日はほぼ全ページにわたってアラビア数字を多用し,他紙も運動面ではよく使っていたりします。

さて,本来縦書きの条文を横書きで表記する場合,次の2通りがあります。
1.単純に,縦を横にするだけ。
2.数字はなるべく算用数字に直す。

おそらく後者の方が読みやすいということもあり,また「公用文作成の要領」の中で
「左横書きの場合は,特別の場合を除き,アラビア数字を使用する。
 注 1. 横書きの文章の中でも「一般に,一部分,一間(ひとま),三月(みつき)」のような場合には漢字を用いる。」(以下略)
と定められていることもあって,一般的には後者が用いられていますが,中には前者の方式をとっているところもあります。(たとえば総務省の「法令データ提供システム」や衆議院法制局の「制定法律一覧」など)

前者を採る理由としては,
1.極力原文の文字遣いを尊重した。(横書きを縦書きに戻せば簡単に原文が再現できる)
2.後者の書き換え(漢数字→アラビア数字)は機械的にやると「1時停止」とか「1般的」など妙なことになるので,意味を考慮せねばならず,データが多い場合手間がかかる。
などが考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まとめてのお礼ですみません。たくさんのご回答ありがとうございました。ようやく疑問が晴れました。

お礼日時:2004/10/03 05:46

 ご質問から外れますが,あくまで参考です。


 交通事故で裁判所から罰金の通知があり,それを見ると横書きであり,罪名及び罰状欄には「刑法第211条第1項前段」というようなすべてアラビア数字の表現で書いてありました。
 また,交通違反の赤切符も全て横書き記載で,全て道路交通法の条文と思いますが,「8,119・I・(3)」などという記載でした(適当な数字を書いたものであり,実際の条文とは異なります)。これは,道路交通法第8条,第119条第1項第3号を略して記載してあるのだと思います。
 この2枚の紙をもらうためにはたくさんお金がかかります。
    • good
    • 0

必ずしもご質問に対する回答というわけではないのですが、おもしろいページを見つけたので参考URLに載せておきます。

参議院法制局のコラムです。

参考URL:http://houseikyoku.sangiin.go.jp/column/column02 …
    • good
    • 0

基本的に参照条文をあげる際にその数字の表記方法はその文が縦書きか横書きかで違います。


参考書が横書きであるならば177条2項などと書かれ、縦書きなら全て漢数字です。
これは日本語の基本的表記方法と同じだということができます。
たまにこだわりがあって、横書きでも条数をあらわす場合に漢数字を使っているのを見かけることはありますがね。
しかし、漢数字なら漢数字でそろっているならばそれは不自然とはいえないのではないでしょうか。
    • good
    • 0

>例えば「・・・・第○条第二項の規定により・・・」とと「項」を指す場合アラビア数字ではなく、漢数字にわざわざ置き換えて使われます。



 官報をごらんになれば分かりますが、条文は、縦書きに書かれています。一般的に縦書きの文章において、数字を使用する場合、アラビア数字ではなく漢数字を使用するのが日本語の表記の方法だと思います。それにならっているのではないでしょうが。
 余談ですが、古い法律だと条文に二つ以上の項がある場合でも、改行しているだけで、アラビア数字は書かれていません。たとえば、民法がそれにあたります。(六法全書では、アラビア数字が振られていますが、それは編者が読みやすくするためにつけているだけです。)いつごろから、どのような経緯でアラビア数字を振るようになったか分かりませんが、現在では立法の段階でアラビア数字を振っていますね。
    • good
    • 0

 条文で用いられる数字は、漢数字が原則ですよね。


ですから、不自然ではないと思います。

 むしろ、項の表記がアラビア数字であることが不自然と言えます。

 しかし、項や号は引用するときは「第○項」「第○号」と書きますが、
条文内では、数字のみが書かれるため、項と号の区別が付き
にくくなるためではないでしょうか?

たとえば、

第三十三条 ○○○○○○○○○○○○
2 ○○○○○○○○○○○○
3 次の各号に対する○○○○○○
 一 ○○○○○○
 二 ○○○○○○
4 次の各号に挙げる○○○○
 一 ○○○○○○
 二 ○○○○○○
 三 ○○○○○○
 四 ○○○○○○
5 ○○○○○○○○

これをもし項まで漢数字にしたら、わけがわかりませんよね^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
なるほど、そういう考え方だったんですか。そうすると、項のアラビア数字は便宜上使っているだけということになるんでしょうね。

お礼日時:2004/10/01 12:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1項しかない条文の表示の仕方教えて下さい。

たとえば、

(気象庁長官の任務)
第3条 気象庁長官は、第1条の目的を達成するため、左に掲げる事項を行うように努めなければならない。
1.気象、地震及び火山現象に関する観測網を確立し、及び維持すること。
2.気象、津波及び高潮の予報及び警報の中枢組織を確立し、及び維持すること。
(第1項のみで第2項はなし)

といった法律条文がある場合、この第2号を表現したいとき、
「第3条第1項第2号」と、
「第3条第2号」では、どちらが正しいのか教えてください。

Aベストアンサー

総務省の法令データ提供システムで、ぱらぱらと検索してみましたら、民法のなかに例が見つかりました。

第三十七条  社団法人ノ設立者ハ定款ヲ作リ之ニ左ノ事項ヲ記載スルコトヲ要ス
一  目的
二  名称
三  事務所
四  資産ニ関スル規定
五  理事ノ任免ニ関スル規定
六  社員タル資格ノ得喪ニ関スル規定

第三十九条 財団法人ノ設立者ハ其設立ヲ目的トスル寄附行為ヲ以テ第三十七条第一号乃至第五号ニ掲ケタル事項ヲ定ムルコトヲ要ス

ここでは「第三十七条第一号」と言っていますね。言い方が統一されてるなら、お尋ねの件は「第三条第二号」でしょう。

ちなみに、お手持ちの気象業務法では第四十三条の二に「第三条各号」という言い方が出てます。

Q条文の番号

○○法△条□項 や 号 の等の言い方がありますが
この使い分けに何か意味があるのでしょうか

Aベストアンサー

>内容的には98条と98条の2は別の条文だと思った方が適切なのでしょうか?

 別の条文です。もっとも、そこの位置に入れる必然性があるわけですから、関連はあるのが普通でしょう。民法の98条と98条の2は、両方とも意思表示に関する条文です。

>逆に条文を削除した場合にも他の番号を変えない処置はあるのでしょうか?
 これは、条番号を残して、内容を「削除」としてますね。六法を見れば、結構出てきますよ。
 商法は、会社法ができた関係で、第33条から第500条まで削除になっています。
 あと、有名どころだと、刑法200条とかでしょうか。

Q法律用語?【前3項】って?

市町村条例で以下のような文面がありましたが、「前3項」が示しているものが、わかりません。

1.○○○・・・
2.□□□・・・
3.△△△・・・
4.前3項の既定により・・・

(1)3項のみを示している。
(2)1~3項を示している。

(1)(2)で迷っています。どなたかご教授願います。根拠となる資料等あれば幸いです。

Aベストアンサー

<いただいたお礼について>
こういう書き方には、根拠法規やはっきりした通達があるわけではありません。

国の法令で言いますと、内閣提出法案は内閣法制局、議員提出法案は各議院法制局が表現について審査しています。
この過程で、書き方についてある程度の統一が図られるわけですね。
それぞれの法制局がどのような基準で表現を決めるか、というのが、結局法令用語の在り方を決めるわけです。

各自治体においても、法律と違った用語法をすると誤解のもとですから、なるべくこれに即した書き方をしようと努めます。
その際に参考になるように、いわゆる「法制執務」(法令をつくる事務ですね)に関する手引き書が法制局の人などによって何冊か出されています。
参考URLのテキストも、たぶんこういった本を参考にしたものではないかと推測されます。

ちなみに、御指摘の内閣法制局通知は、テキストの記載ぶりから見ても、用字・用語(「行なわれる」か「行われる」かなど)に関するもので、「前号」などの使い方には言及していないのでは、と思います。

Q節、款、目、条、項、号等の区分について

契約書の区分で編、章、節、款、目、条、項、号 などとありますが、この中で契約書において5段階だけ使用したい場合は、章、節、条、項、号でよいのでしょうか(款 、目、はスキップ?)?

この質問に関連するURL等も、ありましたらお教えください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも5段階にする意味が解りません。区分は必要に応じてやるのですから、段階などいくつでもよく、あくまでも必要なようにすれば宜しいです。それに、条項号と編章節款目は使い方が違うのでそれを一緒くたにして5段階というのも無理な話です。形式はあくまでも内容のためにあるのであって最初に形式ありきではないんですよ。

一般的に法律の書き方だと、まず条が中心。しかし、条に分ける必要もない場合には項だけで終わりということもあります(附則ではむしろこちらが原則)。また、号は同列のものを列挙する場合なので条の中で項を使わずに号をいきなり使うこともあります(ちなみに1条しかない場合には条番号は付かない)。つまり、そもそも「項と号を上下関係で区分すること自体が間違い」なのです。ですからここで既に5段階なんてことを言うのは無理になります。
条、項、号は書きたい内容に従って適宜使用するしかありません。

その上で、条を括って内容を整理する場合には一般には最初に章を使います。編はよっぼど大きい法典以外では使いません。章を区分する必要があれば節を、節を区分する必要があれば款を款を区分する必要があれば目を使うというのが通例です。ただし目もまたそんなに使いませんが。


契約書だったら、条分けして、内容によって項、号を適宜使用して、ある程度の分量で整理の必要があれば章を使うくらいで十分だと思いますが。せいぜい、章を更に整理して節までで足りるでしょう。

そもそも5段階にする意味が解りません。区分は必要に応じてやるのですから、段階などいくつでもよく、あくまでも必要なようにすれば宜しいです。それに、条項号と編章節款目は使い方が違うのでそれを一緒くたにして5段階というのも無理な話です。形式はあくまでも内容のためにあるのであって最初に形式ありきではないんですよ。

一般的に法律の書き方だと、まず条が中心。しかし、条に分ける必要もない場合には項だけで終わりということもあります(附則ではむしろこちらが原則)。また、号は同列のものを列挙...続きを読む

Q漢数字と算用数字の使い分け方

タイトルの件でわからなかったので調べたところ、横書きの場合、任意の数に置き換えても通用する語句は算用数字にするところまではわかりました。
ただ下記の語句の場合はどちらなのか分からないので、教えてください。

・一言か1言
・千字か1000字(もし千字とするべきなら900字などの場合は?)

また、下記の場合は、漢数字でよいのでしょうか?またその理由を教えてください。
・世界三大文明
・憲法第九条
・日中国交正常化三原則

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語で分からなかったら文化庁の『国語施策情報システム』です。主管省庁のサイトですから信頼できると思います。
参考URLから「参考資料」→「公用文に関する諸通知」→「書き方について」と進んでください。
それによると、横書きの場合は算用数字で書くのが原則で、例外的に漢数字を用いる場合もあります。

・一言か1言・・・・「一言」です。
☆横書きの文書の中でも「一般に,一部分,一間(ひとま),三月(みつき)」のような場合には漢字を用いる。☆

・千字か1000字・・・・「1000字」というよりむしろ「1,000字」のほうがよいでしょう。
☆千・百は,たとえば「5千」「3百」としないで,「5,000」「300」と書く。☆

・世界三大文明・・・・ok。「一言」と同じ理由。
・憲法第九条・・・・憲法第9条でしょう。例外規定に当てはまらず、原則どおり算用数字。
・日中国交正常化三原則・・・・ok。「一言」と同じ理由。

Q条文の引用について

レポートや論文などで、法律の条文一部引用する場合、

~では、「○○○○(略)○○○○」としている。

といった感じで、引用してもいいのでしょうか?

条文の間を省略する場合で、何か特別な決まりごと?
のようなものがあれば、ご教授くださいませ。

Aベストアンサー

「……とする。ただし、……」
などと、文が途切れる箇所を略すと、本来の意味とは違ってしまいます。

条文の趣旨に合った形でしたら、省略するのは差し支えありませんが、必ず○○法第××条(項、号なども)と明記しましょう。

Q前2項の示す意味について

第九十六条
1 詐欺又は強迫による意思表示は、【取り消すことができる】
2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、【相手方】がその事   実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる
3 前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、【善意の第三者】に対抗することができな  い

上記の3についての「前二項の規定」による~前二項とは、
理解としては、2についてのみの事と考えましたが、よいのでしょうか
それとも1及び2を示すのでしょうか?
よろしくご教示お願いを致します。

Aベストアンサー

「前二項」とは「前の2つの項目」という意味なので質問文の条文では1項・2項の両方をさします。
2項だけをさすなら「前項」となります。
また、「二項」が「2項」だけをさすのは、異なる条文で「第○条第二項」と表記される場合です。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Qexcelの円グラフで値とパーセンテージを同時に表示する

こんにちわ。
アンケートの集計結果をexcelの円グラフで作らなくてはいけません。
例えば,ある質問に対して,選択肢が四つあって100人が答えました。
選択肢aが50人,bが30人,cが15人,dが5人という結果でした。
比率的にはa50%,b30%,C15%,d5%になりますよね。

そこで、円グラフにも,a 50人・50%,b 30人・30%・・・みたいに値とパーセンテージを同時に表示したいのですが、可能でしょうか?
ラベルとパーセンテージは同時に表示できることはわかったのですが,ラベルと値とパーセンテージを同時に表示するのは難しいのでしょうか?

わかる方がいらっしゃいましたら、よろしく御願いします。

Aベストアンサー

A列B列
A50
B30
C15
D5
A列からB列のような状態であれば、
グラフを作成後、グラフの何もない場所で、右クリックし、
グラフのオプションを選択します。データラベルという項目を選択し、
ラベル内容の項目の、分類名と、パーセントの項目にチェックを入れます。同様に値にチェックを入れれば、お望みの設定はできます。
ご確認くださいませ。

Q法律の条番号の枝番号の意味

法律の条番号で「第十条の三」のように「の」を使って枝番表示したものがありますが、このような「の」以降も条番号なのでしょうか。

例えば、「第十条の三」の条文中に「前条」とある場合は、この「前条」は第九条のことでしょうか、第十条の二のことでしょうか。

また、このようなことについて記した文書があるでしょうか。

Aベストアンサー

六法全書等に載っている条文番号をお尋ねですよね。
> 法律の条番号で「第十条の三」のように「の」を使って枝番表示し
> たものがありますが、このような「の」以降も条番号なのでしょうか。
 労基法や厚生年金保険法などで良く見かけますね。
 この場合には「条文番号」であり、第10条第3項を表すものでは有りません。
 例えば労基法第32条と第33条の間には「32条の2」「32条の3」「32条の4」「32条の4の2」「32条の5」が有ります。これは、元々、第32条は『労働時間』を、第33条は『災害等による臨時の必要がある場合の時間外労働等』を定めていたのですが、その後の労働環境の変化に伴い、『変形労働時間制』に関する規制を条文化するに際し、既存の条文番号を変えないようにした上、規制している内容のカテゴリー[労働時間]も同じにするために生じたものです。

> 例えば、「第十条の三」の条文中に「前条」とある場合は、
> この「前条」は第九条のことでしょうか、第十条の二のことでしょうか。
 「第10条の2」のことです。第9条では有りません。
 こちらも労基法で例を挙げます。
 労基法第32条の2「1ヶ月単位の変形労働時間制」の条文に、
 『・・・1箇月以内の一定の期間を平均し1週間当たりの労働時間が前条第1項の労働時間を超えない定めをしたときは、同条の規定にかかわらず、その定めにより・・・労働させることができる』
という文言があります。これは第32条「労働時間」を指しているのですが、若し第31条を指しているとすると、第31条は法改正によって削除されております。では、存在する条文番号で第31条に最も近いのは?とみて見ると、第28条「最低賃金」です。
第28条の条文は、このようになっております。
 「賃金の最低基準に関しては、最低賃金法の定めるところによる。」
第32条の2では「前条第1項に定める労働時間」と断っているのですから、最低賃金について定めた第28条を指すと解釈するのは苦しいですよね。

> また、このようなことについて記した文書があるでしょうか
「法学一般」と言うカテゴリーで教わる事柄ですので、本屋で法律入門書を立ち読みすれば書いてあると思います。
また、其れなりの法律書[六法全書など]には『凡例』と言う説明ページがありますので、併せて読んでおく事をお勧めいたします。

六法全書等に載っている条文番号をお尋ねですよね。
> 法律の条番号で「第十条の三」のように「の」を使って枝番表示し
> たものがありますが、このような「の」以降も条番号なのでしょうか。
 労基法や厚生年金保険法などで良く見かけますね。
 この場合には「条文番号」であり、第10条第3項を表すものでは有りません。
 例えば労基法第32条と第33条の間には「32条の2」「32条の3」「32条の4」「32条の4の2」「32条の5」が有ります。これは、元々、第32条は『労働時間』を、第33条は『災害等による臨時の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング