ネットが遅くてイライラしてない!?

法人税の納付金額が確定したので納付を行なったのですが、法人税にいくらか残高が残っていた場合、どのように仕訳を作成したらよろしいでしょうか?
そもそも残高が残ることってありますか?

A 回答 (2件)

1番さまが疑問を投げかけていますように、ご質問文の内容では状況が見えません。




前期末の決算整理で計上した「(未払)法人税」【または「納税引当金」】が残ったのであれば、原則として、仕訳を起こして残高をゼロにします。
 ・例1(金額が大きい場合やガチガチに考えた場合)
  未払法人税 100 / 前期損益修正 100
 ・例2(金額が少ないいために簡易的な処理を容認する場合)
  未払法人税 100 / 法人税等 100
   ※期末決算整理時の時と勘定科目が逆になる
しかし少額の場合にはそのまま残しておき、今期末の決算整理時に「納税(予定額)-決算前残高」の値で計上することで、「(未払)法人税」の期末残高をあわせるという方法もないわけではありません。
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/questio …
 https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4278714.html
    • good
    • 1

「法人税にいくらか残高が残っていた場合」


が意味不明です。あなたは何を言ってるかわかってるでしょうが、文章を読むだけではわかりません。
税務署に納税する法人税がいくらか滞納になって残高として残っているという意味?
それとも「未払い法人税」として帳簿の上に残高が残っているという意味?
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給料を振り込むときに手数料を引いて・・

その答えがこれ。
この仕訳おかしくありませんか。回答者も自分の間違いに気づいているかもしれないが。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10981049.html

Aベストアンサー

給与30万円から振込手数料500円を差し引いて振り込んだ場合の仕訳の一例を考えてみます。

①振込手数料500円を差し引いて給料を振り込んだ
  給料手当 300,000 普通預金 299,500
            受取手数料  500

②振込手数料500円が普通預金から引き落とされた
  支払手数料 500    普通預金 500

上記①②の仕訳を(貸借相殺して)まとめると

 給料手当 300,000 普通預金 300,000

となりますので、基本的にその方の回答で正解です。

なお「通帳記入すると 300,000が記入されるのではなく、299,352と648が記入されます」については、手数料の引き落とされるタイミングや銀行に提出する伝票の書き方により異なりますが、この問題の主旨ではありませんのであまり立入りません。

Q立替精算について

個人の立替精算を毎月100万円ぐらい行っている社員がいます。
常識的に考えてよくないと思うのですが、なぜダメなのかを説明できません。
立替精算が多額なのは何がダメなのでしょうか?

Aベストアンサー


会社が現金を従業員に渡し、従業員がそれを使い、領収書と共に残額を清算してる。

従業員が会社が負担すべき支払いを立て替えて払っていて、領収書などを会社に提出することで、会社から「従業員が立て替え払いしたお金」を従業員が受け取っている。

このどちらでしょう。質問文だけでは、どちらか不明ですが、1でも2でも「不慮の事故時」に問題が発生します。
 従業員が交通事故にあう、領収書など必要な書類の盗難、紛失など。
1の場合には会社が従業員に渡したお金を返して貰わないといけません。
2の場合には従業員が立て替えた額を会社が従業員に返金しないといけません。

最悪、死亡事故あるいは意思表示ができない重傷を負ったりすると、上記の清算が難しくなる可能性大です。
1では、会社がそこで不明となった現金流出をどのように処理するか。
2では、従業員側が立て替えた現金額をどのように証明して会社に請求するのか。
少々の額でしたら、双方が歩み寄った額で解決できるでしょうが、大金の場合にはそれも難航するでしょう。


死亡事故にあった場合には、相続人が会社と事後処理をすることになります。
生死を彷徨ってるような時に、会社もお金の話をしだすことができません。

強盗被害にあう、置き引きにカバン事盗まれるなど「いくら現金を使ったかの資料がなくなる」事も考えないといけません。

要は「事故が起きたときに大変」なのです。


会社が現金を従業員に渡し、従業員がそれを使い、領収書と共に残額を清算してる。

従業員が会社が負担すべき支払いを立て替えて払っていて、領収書などを会社に提出することで、会社から「従業員が立て替え払いしたお金」を従業員が受け取っている。

このどちらでしょう。質問文だけでは、どちらか不明ですが、1でも2でも「不慮の事故時」に問題が発生します。
 従業員が交通事故にあう、領収書など必要な書類の盗難、紛失など。
1の場合には会社が従業員に渡したお金を返して貰わないといけません。
...続きを読む

Q仕訳がわかりません

給料を振り込むときに、振込手数料を引いて振り込みます。その時の仕訳は
どうすればよいのか教えてください。

Aベストアンサー

例えば、普通預金から300,000円の給料を社員の口座へ振り込むが、その際、648円の振込手数料を差し引いて振り込む場合、

〔借方〕従業員給与300,000/〔貸方〕普通預金299,352
〔借方〕………(空白)……/〔貸方〕普通預金648

通帳記入すると、300,000が記入されるのではなく、299,352と648が記入されます。

Q会社の積立金について。 皆の積立金を経理のおばちゃんが自分の名義の通帳にまとめて入れています。 明細

会社の積立金について。
皆の積立金を経理のおばちゃんが自分の名義の通帳にまとめて入れています。
明細は毎月、独自のWordで管理してるみたいですが。おかしくないですか?

Aベストアンサー

> 会社の積立金について。
話しの流れから、任意の積立金と言うのは判りました。
労働基準法第18条には該当しない預金と言うことで回答を続けさせていただきます。

余計なことですが、これが労働基準法第18条に定める「社内預金」に該当した時には厳しい管理が必要となります。
 https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040324-2a.pdf


> 皆の積立金
積立金はどのような形で各人は支払っているのでしょうか?
1 給料から天引き
 原則として給料から私的な積立金等を天引きすることはできません[労働基準法違反]。
 例外として、次のものは給料から天引きできます。
 ①法律に「控除しても良いですよ」と定められている社会保険料や税金など
 ②労働協約[会社-労働組合]か労使書面協定[会社-労働者代表]を結び【内容に変更がない限り、1回結べばよい(期限がある場合は再度行う必要がある)】、そこに「〇〇の費用は控除します」と書いてあるもの

2 集金に回ってくる
 労基法ではそこまで管理していないので、方法としては問題なし


> おかしくないですか?
他の方と同じ意見です。
ご質問者様個人の行動としては、早々に全額引出をしてもらい、積み立てを止めましょう。
また、誰か音頭取りができる方にお願いして、この積み立てを続けるかどうかと、預金口座をどのような形で運用するのか等の意見を全員に聞いて、仕切り直した方が良いです。

> 会社の積立金について。
話しの流れから、任意の積立金と言うのは判りました。
労働基準法第18条には該当しない預金と言うことで回答を続けさせていただきます。

余計なことですが、これが労働基準法第18条に定める「社内預金」に該当した時には厳しい管理が必要となります。
 https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040324-2a.pdf


> 皆の積立金
積立金はどのような形で各人は支払っているのでしょうか?
1 給料から天引き
 原則として給料から私的な積立金等を天引きすること...続きを読む

Q家賃は1ヶ月あたり20,000で毎年12月1日と6月1日に向こう6ヶ月分を前払いしている。 会計期間

家賃は1ヶ月あたり20,000で毎年12月1日と6月1日に向こう6ヶ月分を前払いしている。

会計期間は平成×8年1月1日から平成×8月12月31日までの1年である。

答えが前払家賃100,000/支払家賃100,000
計算式が20,000×5ヶ月=100,000


解説に
毎年12月1日と6月1日に向こう6ヶ月分を前払いしているということは残高試算表の340,000円は平成×8年1月1日から平成×9年5月31までの17ヶ月ということになります。
って意味わからないです。ほんと頭悪いのでわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

まず、1/1~12/31の間に実際に家賃を支払うのは6/1と12/1だけですね
6/1に支払うのは6/1~11/30の6か月分 120,000円
12/1に支払うのは12/1~5/31の6か月分 120,000円
12/1に支払った120,000円には翌期の1/1~5/31の100,000円が含まれているため
いったん支払家賃として経費に計上した金額を前払家賃として資産に振替えることになります

それが 前払家賃100,000円 / 支払家賃100,000円 という仕訳になります。

解説のほうがややこしいですが、

×8年1/1には前期(×7年)に支払った前払家賃を支払家賃に振替えているはずです

1/1 支払家賃 100,000円 / 前払家賃 100,000円
6/1 支払家賃 120,000円 / 現金預金 120,000円
12/1 支払家賃 120,000円 / 現金預金 120,000円

ということで来期分の家賃を前払家賃に振替える直前には支払家賃の残高は340,000円になっているわけです

こんな感じで理解できるでしょうか?

Q個人事業主 一括償却は償却する年度を選べますか?

最近初めて個人事業主になった者です。

開業にあたり事業で使うことも考え、スマートフォンを新しく購入しました。
10万円以上、20万円以下の出費なので一括償却として3年間で償却しようと思うのですが、先日に開業したばかりで今年度の売り上げはほとんど無く、できれば経費として償却するのを来年度からにしたいと思い質問させていただきました。

一括償却を始める年度を来年度からにすることは可能でしょうか?

具体的には約15万円で購入したスマートフォンで、80%の事業割合で使用しています。

まだ知らないことが多く的を得ない質問かもしれません。アドバイスを頂けると幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>償却するのを来年度からにしたいと思い…

まず、個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

次に、減価償却の開始時期はその資産を取得した月からであり、任意に選べるものではありません。
任意に選べるとしたらそれは利益操作を行うことであり、税法上も (法人なら) 商法の観点からも認められません。

>先日に開業したばかりで…

先日とは 11月か 12月になってからなんでしょう。
それだったら無理に一括償却などせずに、「電話設備その他通信機器」→10年
https://www.keisan.nta.go.jp/survey/publish/34255/faq/34311/faq_34358.php
の定額法で償却していけば良いのです。

これなら初年分は 1/10 × 1/12 = 1/120 か 1/10 × 2/12 = 1/60 しか計上できず、残りは来年以降に持ち越されます。

もちろん、スマホが 10年も使えることはないと思いますが、破棄したときは未償却残高全額を「除却損」として経費にすることができます。

>償却するのを来年度からにしたいと思い…

まず、個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

次に、減価償却の開始時期はその資産を取得した月からであり、任意に選べるものではありません。
任意に選べるとしたらそれは利益操作を行うことであり、税法上も (法人なら) 商法の観点からも認められません。

>先日に開業したばかりで…

先日とは 11月か 12月になってからなんでしょう。
それだったら無理に一括償却などせずに、「電話設備その他通信機器」→10年
ht...続きを読む

Q美容院では領収書(レシート)を出さないのは何故ですか? どんな商売でも客に領収書(レシート)を出すの

美容院では領収書(レシート)を出さないのは何故ですか?
どんな商売でも客に領収書(レシート)を出すのに、美容院だけが出さない所が殆どなのが不思議でしかたありません。そんなことが許されているのですよね?理由を教えてください。

Aベストアンサー

出てるところが普通だと思います。

出ていないところは、可能性としては
売り上げを計上しないようにしているという可能性です。

領収証くださいって言ってみては?

Q会社から出張費用の仮払いをしたんですが、これって税金の対象になるのでしょうか?

会社から出張費用の仮払いをしたんですが、これって税金の対象になるのでしょうか?

Aベストアンサー

仮払いは、ただお金を借りている状態です。
あなたに報酬として振り込まれれば、あなたの所得税等の対象にはなりますし、
領収書をもって、会社で清算をすれば、会社の経費として扱われますが、
現時点では、ちょっと借りた状態なだけですので、税金対象にはなりません。

Q委託業務の仕訳について

お客様からトイレの修理を依頼されましたが、当店では手に負えなかったので、知り合いの専門業者に依頼しました。
修理費用が高額だったので、業者からの請求額をそのままで、当店からお客様に請求しました。業者には当店から代金を支払います。
この場合当店のは売り上げとして処理するのでしょうか?具体的な仕訳を教えて下さい。
また当店が業者からの請求に上乗せしお客様に請求する場合の仕訳もお願いします

Aベストアンサー

そのままではそういうことになります。
そのままの金額が売上金、そのままの金額が外注費。
皆さまのおっしゃる通り、仕事上の取り引きというものは、損はしてはいけないのです。最低でも消費税分や手数料か仲介料は乗せて請求しなければボランティアです。仕事ではありません。
上乗せをどの部分にするかによります。修理代なら売上金ですが手数料なら雑収入かな。

Q水道光熱費の決算日までの見越額が7,000ある。 答え 水道光熱費7,000/未払水道光熱費7,00

水道光熱費の決算日までの見越額が7,000ある。

答え 水道光熱費7,000/未払水道光熱費7,000
なんですが、これ未収水道光熱費のときは絶対ないんですか??貰う側みたいな感じで、

Aベストアンサー

「水道光熱費の決算日までの見越額が7,000あるって問題 未払いなのか未収なのかわからなく無いですか?」
そのとおりです。
問題文に、その企業が水道供給会社なのか電力会社なのか、その他の一般法人なのか個人事業者なのか記述してない限り質問者のように「貰う立場での問題なのか、支払う立場の問題なのか、わからないではないか」と思いますね。


人気Q&Aランキング