【初月無料キャンペーン中】gooドクター

コロナ終息とも思える状況になり、ワクチンだけでは説明しきれないほど
急に新規感染者が減りましたがなぜでしょうか?

例えば
1.コロナウイルスの生存期間は2年で作られていた・・・とか
2.小室さんの帰国に合わせてコロナがビビった・・・とか

いろいろ説がありますが
どう理解するのが一番でしょうか

gooドクター

A 回答 (33件中1~10件)

ウイルスの解明そのものが出来ていないので答えれる人はいない


実験も兼ねて人為的にばら撒いたり抑えたりしている以外はありえない
    • good
    • 1

#29



選択圧に起因するのであれば、波の間は「新たな主流株に移行するまでの端境期」という考えになります。ピークを越えたことは「それまでの主流株が選択圧によって追い出される傾向が顕著に見えてきた」です。

そこに人の行動様式が入る余地はほとんどありません。拡大期にどれだけの感染行動をしたかだけが人間の要素です。

罹患者数の増加と選択圧に直接の相関性があるならば、急速な罹患者増は患者を一気に増やすものの期間は短く、緩慢な罹患者増は期間が長いのかもしれません。もちろん、急激な罹患者増は医療崩壊を招くので、結果としての致死率はよりあがるでしょう。
    • good
    • 0

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff5f72cb4d65b2 …

今はテレビでも放映された
この2ヶ月周期説が
現実味を帯びてる気がします
これが事実だとすると
また波が来る可能性もあります

ただワクチンがなかった頃の周期と
ワクチン接種が進んでる今では
どうなるかは判りません

しかして
緊急事態解除がなされた今
我々がやるべき事を間違ったら
また繰り返されるのは間違いないです

感染拡大を繰り返さない
これが個人個人で理解出来てるかが
鍵のような気が私はします
尚も拡大を招く行為をしてた輩がいたから
今回の夏の結果を招いたのは
まず間違いないでしょうから
    • good
    • 1

まず コロナウィルスは人工ウィルスである事 目的は生物兵器です たった1人から世界中に広がりました 現実にそんな事あるのでしょうか


収束したり拡大したりを繰り返して居ます 過去のウィルスでは 拡大の波はだんだん小さくなるのが決まっていた 新型コロナは波が大きくなっています RNAワクチン最大のリスク 変異ウィルスを生むです、デルタ株だけではありません 何万の変異を確認してます 新型コロナより強いウィルスは10数種類 変異の速さは一般の100倍以上、

人工ウィルス ウィルス兵器はばらまく人が必ず居ます ばら撒けば 瞬く間に感染拡大 ばら撒くのをやめれば 一気に収息 また時期を見て イベント時期を狙って ばら撒き始めるでしょう 感染拡大も ウィルスも ワクチンも全て人間がコントロールして居ます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
なんとなくわかるような気がします

お礼日時:2021/10/11 13:23

>どう理解するのが一番でしょうか



本質的には「分からない」です。

原始的な防疫では接触隔離が効果的な手法と言われますが、行動の制限が叫ばれるなか、気が緩んだ人達の行動はむしろ拡散しました。

日本での第5波の感染者ピークは8月27日頃だったと思いますが、既に発症者数カウントではなくPCR検査陽性者のカウントですので、ウィルス曝露は長くて1週間前と仮定すると8月20日頃、その頃でワクチンを1回以上接種した者は52%程度です。抗体が機能するのに1、2週間と言われますので、逆算して8月上旬の状況を鑑みると、その頃にワクチンを1回以上接種した者は46%程。

「46%の人にほぼ確実な予防効果があって、残り54%の人に高度なリスク管理ができていた」とは思えません。この比率は日々変わって接種率は高い方に推移していくものの、1週間で接種率が10%ずつ上がっていく訳でもないので、目に見えた感染者減の原因とは思えないです。

個人的な考えでは、ウィルスに選択圧がかかったのではないかということ。何らかの自然選択圧でN501Y変異株が主流でなくなりつつあるのではないかということです。
    • good
    • 0

今のところ、No.21 kattun175さんが一番正しそうですね。

実際の感染者数は PCR検査を症状のある人と濃厚接触者に限っているので、それ以外の症状の出なかった感染者が相当あって、この人たちが感染者を増やしていって免疫獲得者はワクチン接種率より多くなってるんじゃないか?と思ってます。
    • good
    • 0

難しいので、誰もわからないと思います。

    • good
    • 0

ふつうにワクチン接種が進んだからでしょう。


1回でも打てばだいぶ防げます。
あと季節的要因で湿度が高くなってきたので、コロナが活性化しにくいのもあります。
冬にかけて乾燥するので、ワクチンに耐えたウイルスが爆発的に増えるでしょう。

来年はまた騒ぎ出すでしょう。
コロナワクチンも毎年亜種が出るので、それに併せて打つことになると思います。
1度打ったらかなり変異したコロナにも対応、10年以上効果が続きます。
とかいうワクチンは作りません。
儲からないから。
日本だけで1兆円近い購入価格です。
医療報酬など考えるとこの5倍、10倍はしているでしょう。
エタノール消毒薬とか含め大きなビジネスですね。

また増えます。
というかウイルスの進化速度は人の100万、300万倍も速いので耐性ウイルスが出ますよ。
感染するとすぐに死んでしまうウイルスでは駄目なんです。
できるだけ無症状、潜伏期間が長く、軽微でわからない。
でも確実に感染力があり、しばらくしたら急激に悪化し、対処不能で死ぬ。
ようなウイルスが怖いんです。
    • good
    • 0

No.24追加


忘れてました。12万人近い自宅療養、大掛かりな隔離策の成果に他ならないです。
    • good
    • 0

しかし確証があるのはワクチン効果だけですよね。


しいていえば、酸素ステーションの導入と抗体カクテル療法の開始もあるかも、これから服用役がリリースされるらしいから更にコロナを追いつめられる予定です。
    • good
    • 0
1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング