色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

あの、、ドローンを無断。無許可で他人の家屋の中に飛ばす、放つのは犯罪にはならないですか??

例えば。「屋根裏や、ロフト、物置、などなど、、」そう言うところ。ですが、、、犯罪にはならないですか???
人が侵入すれば家屋侵入罪ですが。ドローンを無断、無許可で、飛ばす。放つのは許されるのですか??

あれって、、、かなり高度なガジェット、ですよね??使いようによっては人も殺められそうですよね???どうなんですか???宜しくお願い致します。。(TOT)

gooドクター

A 回答 (3件)

航空法では、ドローンの飛行に関して、明確に飛行禁止空域を定める他に、飛行のルールについて定めています。

下記のように6つのルールが定められています。

・夜間の飛行
・目視外での飛行
・物件との距離が30m未満になる飛行
・イベントなどの会場での飛行
・危険物の輸送
・飛行中の物の投下

他人の家屋の中に飛ばす、放つのは「目視外での飛行」となるので、航空法違反です。 それに、上記6つのルール以外にも、屋内での飛行は禁止されています。 ドローンスクールの屋内練習場だけは例外扱いです。 
 
ところで、200g未満の重量のドローンは模型航空機という別のものに分類されるため、航空法の適用外となります。 ただし、航空法の適用外と言っても、なんの制限もなく飛ばせるわけではなく、200g未満の機体の場合は、小型無人機等飛行禁止法という法律が関与してきます。 この法律によれば、他人の私有地では飛ばせません。 また、民法が関連する場合があります。 民法207条では、土地の所有権の及ぶ空域について定められています。 要するに、人の土地に勝手に模型航空機を飛ばしたら、その土地の所有者の権利を侵害することになるということです。 権利を侵害したことがわかれば、法的措置が取られる可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。。かなりかなり細かい規定、規約があるのですね。わかりました、ありがとうございます。

お礼日時:2021/10/24 19:55

まず、土地には空中権があり、一定の高さまでは土地管理者の権利になります。

ドローンであれば、この時点で無断侵入となり違法性が出てくるでしょう。
住居侵入罪には色々論争があるようで、人以外の侵入は想定されていないように思います。
ただ、「人が」とは限定されていないので、拡大解釈すれば何が侵入しても罪に問えますから、悪意をもって機材を侵入させれば成立するんじゃないかな?
    • good
    • 0

規制があります、無許可の物も含まれます。


他人の敷地に許可なく入るのは無断侵入になるので警察に相談すると
良いでしょう。
https://drone01.com/entry8.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング