今は、社会保険と厚生年金に入っています。
会社を退職してフリーで契約をしようと考えているのですが、今まで通り社会保険&厚生年金にするか、国民健康保険&国民年金にするか迷っています。
※扶養:妻、子供2人、別居の父の4人

1.収入が60万円とした場合、家族全員分の
  国民健康保険&国民年金はいくらぐらいに
  なるものなのでしょうか?

2.国民健康保険&国民年金にした場合のデメリット
  というのはあるのでしょうか?

3.社会保険&厚生年金と国民健康保険&国民年金の
  主な違いはどのようなものがあるのでしょうか?

知識不足で申し訳ございません。(^_^;)
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>今まで通り社会保険&厚生年金にするか、



今まで通り退職しては社会保険や厚生年金の加入は健康保険の方は2年間任意継続できますが、厚生年金は原則任意継続というものがありません。
したがって奥様と一緒に国民年金第1号被保険者に加入することになります。

>収入が60万円とした場合、家族全員分の国民健康保険&国民年金はいくらぐらいになるものなのでしょうか?

国民健康保険は前年の所得を基に計算します。
市町村によって計算の仕方が多少違いますので、市町村役場で試算してくれますのでお問い合わせした方が確実な保険料が分かります。
国民年金は1人月額13,580円です。

>国民健康保険&国民年金にした場合のデメリットというのはあるのでしょうか?

国民健康保険には「扶養」というものがありません。
したがって家族全員が「被保険者」となり、家族全員の前年の所得を合算して保険料を求めたものを世帯主宛に送付されます。

国民年金は現在奥様サラリーマンの妻ため国民第3号被保険者で納付義務はありませんでしたが、あなたが国民年金加入しますと、奥様も国民年金第1号被保険者となって保険料を納付義務が発生してきます。

>社会保険&厚生年金と国民健康保険&国民年金の主な違いはどのようなものがあるのでしょうか?

健康保険の任意継続被保険者制度は退職前の保険給付が同様に使えるものです。
国民健康保険は保険給付の内「傷病手当金」や「出産手当金」などの所得補償を担う保険給付がありません。
国保は保険料の支払の困難な場合は減免や分割納付などが利用できる場合があります。

厚生年金と国民年金の違いは「厚生年金」は、国民年金の上乗せの年金です。「2階建て年金」といわれるます。
厚生年金被保険者であると共に国民年金第2号被保険者であるからです。

余談ですが・・・
健康保険の任意継続被保険者制度は今までの保険料の他に事業主分も加わります。
ただし、保険料に上限がありますので安くなる場合もあります。
国民健康保険も在職時の前年の収入で算出された保険料の負担は馬鹿にはなりません。
よく比較検討されるの一番です。

参考URL:http://www.nof.co.jp/kenpo/hkd_9443/94430045.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと細かいところまで教えて頂きありがとうございました!
市役所に確認した上で、金額等を比較して検討してみます!

お礼日時:2005/04/13 23:50

(1)について、


国保の保険料は、住んでいる自治体で大きく違うので何とも言えません。
国民年金は、月額13580円で、妻も同じだけ納めなくてはなりません。別居の父の年齢等がわからないのでこれは何とも言えません。

(2)(3)について、大きなものだけ。
社会保険には、傷病手当があります。病気になって働けないとき、一定期間の保障があります。
厚生年金については、一番違うのは、もらえる年金額です。
次に違うのは万が一の時の遺族年金です。
細かいことは省略しますが、国民年金の遺族年金は、子供が18歳になるまでしか貰えません。
遺族厚生年金は、奥様が自分の年金を貰える年齢まで貰えます。(その後はどちらか選択)
過去の厚生年金の加入期間次第では、遺族厚生年金をもらえる可能性もありますが、複雑なので違いだけ記しました。

社会保険・厚生年金は、半額会社負担です。
任意継続の場合は、全額自己負担になります。
法人にしての起業であれば、半額は経費で落とせることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
とても勉強になりました!

お礼日時:2005/04/13 23:46

健康保険については、選択肢があります。

まず国保料(税)の確認ですが、算定方法、限度額は市町村ごとで異なります。お住まいの役所で試算してもらえますので、金額を聞いて下さい。会社の任意継続と比較して安い方で健康保険を作るのが良いと思います。
年金は、ご主人は二号から一号、奥さんは三号から一号の被保険者に変更になります。こちらは選択できませんので、必ず役所で手続きをして下さい。4月からの保険料は13,580円(月)です。
メリットや違いですが、一般的に社会保険、厚生年金の方が福利厚生が良いです。あとは金額的なことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
市役所に確認してみます!

お礼日時:2005/04/13 23:37

No,2の者です。

補足です。

社会保険のみ任意継続という形で、一定期間継続できます。期間終了後は国民健康保険へ加入手続きを取るということになります。

詳しくは管轄の社会保険事務所へお問い合わせ下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足して頂きありがとうございました!
検討してみます!

お礼日時:2005/04/13 23:35

ええと・・・


フリーになるということは自営業者になるということですよね。会社を起こされる(法人格)で無いのであれば、国民健康保険&国民年金の選択肢しかありませんよ。

国民健康保険の医療分で年額530,000円(限度額)、介護分で80,000円(限度分)です。
国民年金は成人一人頭13,580円です。お父さんが年金の納付義務を負っているかどうかわかりませんが・・・

国民年金だけでは心細いので、国民年金基金(任意加入)への加入もお奨めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
検討してみます!

お礼日時:2005/04/13 23:34

会社を退職してフリーになるとのことですが


契約時に今まで通り社会保険&厚生年金に加入させてくれるのですか?

この回答への補足

そうなんです。
契約の体系が2種類ありまして
個人事業主となって、保険や年金を全て自分で支払って確定申告するものと
社会保険&厚生年金に加入させてもらえるものとがあります。
後者は正社員と違うのは、賞与や退職金がなっかったり、月間の稼動時間が基準時間より少ないと減額されたりすることがあります。

補足日時:2005/04/13 23:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金、会社の健康保険、国民年金、国民健康保険の手続き

厚生年金、会社の健康保険、国民年金、国民健康保険の手続き

私は女性なのですが、
「自分が就職した時」は、会社が自動的に、
厚生年金と会社の健康保険に、加入手続きをしてくれると思います。

「在職中に結婚した時」
「在職中に住所が変わった時」も、
会社に結婚や転居の届をすれば、会社が自動的に、
厚生年金と会社の健康保険に、姓変更、住所変更の手続きをしてくれると思います。

「自分が退職した時」
厚生年金と会社の健康保険は、会社が自動的に停止してくれると思うのですが、
国民年金と国民健康保険は、どんな手続きが必要でしょうか?

「自分が退職後に、夫が会社を退職した時」

「自分が退職中に、夫が就職した時」

「自分が退職中に、夫が転職した時」

妻の国民年金、国民健康保険について、
どのような手続きが必要でしょうか?

必要な手続きとやり方を知る方法が何もないのですが…。

また、国民年金と国民健康保険に加入中に転居した場合は、
役所に転居届を出せば、
国民年金と国民健康保険についても、
転居の手配をしてくれますよね?

以前、そうしてもらった覚えがあります。

もしお分かりになる方がいらっしゃれば、ぜひお教えください。
どうぞよろしくお願い致します。

厚生年金、会社の健康保険、国民年金、国民健康保険の手続き

私は女性なのですが、
「自分が就職した時」は、会社が自動的に、
厚生年金と会社の健康保険に、加入手続きをしてくれると思います。

「在職中に結婚した時」
「在職中に住所が変わった時」も、
会社に結婚や転居の届をすれば、会社が自動的に、
厚生年金と会社の健康保険に、姓変更、住所変更の手続きをしてくれると思います。

「自分が退職した時」
厚生年金と会社の健康保険は、会社が自動的に停止してくれると思うのですが、
国民年金と国民健康...続きを読む

Aベストアンサー

「自分が退職した時」
国民年金と国民健康保険は、どんな手続きが必要でしょうか?

国民年金は社会保険庁
 国民健康保険は管轄の役所

 それぞれに出向いてご自分で手続きをします。

Q社会保険と国民健康保険の違い&厚生年金

まったくの素人です。幾つか教えて下さい!!
1.今は会社では保険に加入してなく個人で国民健康保険に入っています。前年はあまり収入が無かった為か今払っている保険料は月に5500円位です。今年は月収23万円ボーナス無しです。来年になったら国民健康保険料は幾らになるのでしょうか?
2.会社で社会保険に入ることになった場合は個人の負担はどうなりますか?つまり保険料の算出に使われる前年度の収入が同じ場合社会保険と国民健康保険では払う料金は違うのでしょうか?社会保険の方が会社が何割か負担(?)してくれるので安いのでしょうか?
3.年金はどうなりますか?今は会社で保険に入ってないので国民年金を払っています。その場合収入に関係なく13860円位ですよね?それが会社で保険に入れば厚生年金を払う事になりその額は前年度の収入とかで変わりますよね?自分位の収入だとどれくらい払う事になりますか?
数年前厚生年金に入っていた時は月平均25万ボーナス無し位の給料で厚生年金25000円位引かれていました。この差は何なのでしょうか。厚生年金には入らない方が得ということでしょうか?それとも払う額が多い分何かの見返りがあるのでしょうか?
分かりにくい質問の数々ですがご教授宜しくお願いいたします。

まったくの素人です。幾つか教えて下さい!!
1.今は会社では保険に加入してなく個人で国民健康保険に入っています。前年はあまり収入が無かった為か今払っている保険料は月に5500円位です。今年は月収23万円ボーナス無しです。来年になったら国民健康保険料は幾らになるのでしょうか?
2.会社で社会保険に入ることになった場合は個人の負担はどうなりますか?つまり保険料の算出に使われる前年度の収入が同じ場合社会保険と国民健康保険では払う料金は違うのでしょうか?社会保険の方が会社が何割か負担(?)し...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

 健康保険や年金、税金はややこしいですよね。できるだけ、わかりやすく書いていきたいと思います。

1.今は会社では保険に加入してなく個人で国民健康保険に入っています。前年はあまり収入が無かった為か今払っている保険料は月に5500円位です。今年は月収23万円ボーナス無しです。来年になったら国民健康保険料は幾らになるのでしょうか?

・これは非常に難しい質問ですね。誰も答えられないと思います。

・なぜなら、国民健康保険は各市区町村ごとに運営していまして、しかも、保険料の計算の仕方がばらばらですから、具体的には、お住まいの市区町村の担当課に聞いていただくしかないです。

・一応考え方を書かせていただきますと、

1 世帯割
 一世帯いくらの定額です。

2 均等割
 加入者一人いくらの定額です。

3 所得割
 前年の所得に一定の率をかけて求めます。

4 資産割
 固定資産税に一定の割合をかけて求めます。

 以上の「1~4」の合計が保険料になりますが、市区町村によって、定額の部分の金額が違いますし、収入などにかける率も違います。また、資産割や世帯割がないところもあります。

2.会社で社会保険に入ることになった場合は個人の負担はどうなりますか?つまり保険料の算出に使われる前年度の収入が同じ場合社会保険と国民健康保険では払う料金は違うのでしょうか?社会保険の方が会社が何割か負担(?)してくれるので安いのでしょうか?

・前述のとおり、国民健康保険料がいくらになるのか分からないので、この場で比較することは難しいのですが、一般的には会社の保険のほうが安いと思われます。
 なぜなら、会社の保険の場合、保険料は労使折半、つまり保険料の半分程度を会社が負担することになっているからです。

3.年金はどうなりますか?今は会社で保険に入ってないので国民年金を払っています。その場合収入に関係なく13860円位ですよね?それが会社で保険に入れば厚生年金を払う事になりその額は前年度の収入とかで変わりますよね?自分位の収入だとどれくらい払う事になりますか?
数年前厚生年金に入っていた時は月平均25万ボーナス無し位の給料で厚生年金25000円位引かれていました。この差は何なのでしょうか。厚生年金には入らない方が得ということでしょうか?それとも払う額が多い分何かの見返りがあるのでしょうか?

 国民年金と厚生年金の掛金を比較するのは比較的簡単です。

・国民年金
 今後改定が予定されていますが、今年度ですと全員一律、月額13,860円です。
http://www.city.kagoshima.lg.jp/wwwkago.nsf/V_W_SUB_CATEGORY/B2A008256A027A6549256FD50009D86E

・厚生年金
 これも、今後改定が予定されていますが、今年度ですと、「年収(総報酬)の%14.288」を労使折半しますから、
 年収×14.288%÷2
となります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%B9%B4%E9%87%91

・シュミレーションして見ますと
 国民年金…13,860円×12=166,320円
 厚生年金…年収(23万円×12)×14.288÷2=197,174円

 なお、国民年金はこの金額になりますが、書かれている年収の内訳が分かりませんので、すべてを厚生年金の対象の収入として計算しましたから、金額は最大限と思ってください。

○なお、

>数年前厚生年金に入っていた時は月平均25万ボーナス無し位の給料で厚生年金25000円位引かれていました。

・これは、厚生年金だけで月額25000円ということでしたら、ちょっと高いような気がします。健康保険料が含まれているのではないでしょうか。

・あと、国民年金より厚生年金が高いのは、厚生年金に加入されている方は、国民年金と厚生年金の二つの年金に加入することになるからです。
 つまり、年金加入者は全員、国民年金に加入して、厚生年金に加入されている方は加えて厚生年金に加入されるということです。
 勿論、掛け金が高いわけですから、将来もらえる(であろう)年金額も、国民年金だけの方に比べると各段に高いです。

 こんにちは。

 健康保険や年金、税金はややこしいですよね。できるだけ、わかりやすく書いていきたいと思います。

1.今は会社では保険に加入してなく個人で国民健康保険に入っています。前年はあまり収入が無かった為か今払っている保険料は月に5500円位です。今年は月収23万円ボーナス無しです。来年になったら国民健康保険料は幾らになるのでしょうか?

・これは非常に難しい質問ですね。誰も答えられないと思います。

・なぜなら、国民健康保険は各市区町村ごとに運営していまして、しかも、保...続きを読む

Q再就職した場合の国民健康保険・国民年金保険の手続き?

 お世話になります。国民健康保険・国民年金保険のことで質問させていただきます。

 今年の9月頃に会社を退職して、無職になった間は国民健康保険・国民年金保険の手続きをして保険料を支払っていました。

 そして最近なんとか再就職先を見つけることができたのですが、この場合、雇用保険はハローワークに行き手続きすることになっているようですが、国民健康保険・国民年金保険も市役所などに行って何か手続きをしなければいけないのでしょうか?

 それとも再就職先に年金手帳や源泉徴収表を渡すだけで、こちらからは特に何もしなくてもいいのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃればご意見を聞かせていただきたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>国民健康保険・国民年金保険も市役所などに行って何か手続きをしなければいけないのでしょうか?

新しくつとめる会社で、社会保険等の加入については全て任せればよいでしょう、また国民年金については、これも新しくつとめる会社で厚生年金に加入すれば自動的に切り替わるので心配は無用です。
しかし国民健康保険についてだけは脱退の届けをしなければなりません。
健康保険の被保険者になったからといって、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送で処理できるはずです。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、申し出れば返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>それとも再就職先に年金手帳や源泉徴収表を渡すだけで、こちらからは特に何もしなくてもいいのでしょうか?

源泉徴収票は税金の処理に必要です、年金手帳は厚生年金の手続きに必要です、それと雇用保険被保険者証も必要になるはずです。
また現在は住民税を納付書で直接窓口で支払っている(普通徴収)と思いますが、これも新しくつとめる会社で給与から天引き(特別徴収)にしてもらうよう頼んだ方がいいでしょう。
ただ転職の初年度だけは特別徴収をやらない会社、あるいは少数ですが特別徴収そのものをやらない会社もありますので、その場合は今までどおり直接窓口で支払うことになります。

>国民健康保険・国民年金保険も市役所などに行って何か手続きをしなければいけないのでしょうか?

新しくつとめる会社で、社会保険等の加入については全て任せればよいでしょう、また国民年金については、これも新しくつとめる会社で厚生年金に加入すれば自動的に切り替わるので心配は無用です。
しかし国民健康保険についてだけは脱退の届けをしなければなりません。
健康保険の被保険者になったからといって、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりま...続きを読む

Q社会保険と国民健康保険&国民年金について

6月いっぱいで退職しますが、上半期の収入が200万円位あるため、今年いっぱい夫の扶養に入れない状態です。
この場合、12月まで引き続き社会保険に加入して会社負担分も支払うか、国民年金と国民健康保険に加入するか、どちらかしか方法はないでしょうか?
夫の扶養に入れないということは、夫の社会保険にも入れないということですよね…?
無知ですみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

扶養には

・税金の扶養
・健康保険の扶養
・会社の扶養手当

の三つがあります。
これらは別のもので別の基準があります、ですからこれらをごっちゃにすると訳がわからなくなります、それぞれを別に考えましょう。

「税金の扶養」について

税金の面では妻の年収が問題になります。
働く予定があるなしとかいつ働くとかは関係ありません、その年の1月から12月までの収入が問題になるということです。
この年収が103万以下であれば夫は配偶者控除を受けられます、103万を超えても141万以下ならば夫は配偶者特別控除を受けられます。
また非課税限度額以下であれば交通費は含まれません。

年末になれば夫の会社から「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」が渡されるとおもいますがそれで配偶者控除を申請します。
平成20年中の見積もり所得の欄に所得金額を書きます、収入から給与所得控除の65万を引いた金額です、間違えないようにしてください。
例えば収入が80万であれば

80万-65万=15万

ということで15万と書きます。
収入が65万以下であれば0あるいはマイナスになりますが、そのときは0と書いてください。
また当然103万を超えれば配偶者控除は受けられませんので、その用紙には何も書かないで下さい。
103万を超えて141万までなら夫は配偶者特別控除を受けられます。
もし配偶者特別控除の対象であれば「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」ではなくもうひとつの用紙の、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」に書いて申請します。
例えば収入が給与所得のみで125万だったとします。
給与所得の収入金額等の欄に125万と書きます、その横に65万とすでに印刷されています、125万からその65万を引いた金額60万をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄があります、そこに60万を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表があります、左側のA欄の金額で先ほどの60万は「600000円から649999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が160000円となっています、この16万をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。

以上が配偶者控除及び配偶者特別控除の申請の書き方です。

「健康保険の扶養」

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

まず夫の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が協会(旧・政管)健保かあるいは扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
ですから退職して無職・無収入になれば、退職した翌日から扶養になれます。

B.夫の健保が扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
場合によっては扶養になるのは来年あるいは、再来年と言うこともありえます。

ということでまず夫の健保が協会(旧・政管)健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば協会(旧・政管)健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は協会(旧・政管)健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに合せた対応をするしかありません。
またBの場合は扶養になれなくても、第3号被保険者にはなれることもあるので気を付けてください。

「会社の扶養手当」

これは法律で決まっているものではなく会社独自の規定で決まっているものです(ですからそういう手当のない会社もある)。
ということでその規定については会社に聞いて見なければわかりません。
例えば妻が配偶者控除の対象である場合とか、あるいは妻が健康保険の扶養である場合とか色々ありますので、会社に確認してください。

失業給付は非課税なので、税金に関しては考慮する必要はありません。
ただし健康保険の扶養や国民年金の第3号被保険者については収入としてカウントされます。

>6月いっぱいで退職しますが、上半期の収入が200万円位あるため、今年いっぱい夫の扶養に入れない状態です。

これは誰が言ったのでしょうか?
夫の健保に確認してのことでしょうか?
夫の健保は組合健保で上記のイのようなところなのでしょうか?
もしそれを確認した上の話であれば

>この場合、12月まで引き続き社会保険に加入して会社負担分も支払うか、国民年金と国民健康保険に加入するか、どちらかしか方法はないでしょうか?

健康保険については任意継続か国民健康保険に加入するかのどちらかです。
ただし国民年金については第3号被保険者となれます、もちろん第3号被保険者であれば保険料はありません。
ですから

任意継続+第3号被保険者
国民健康保険+第3号被保険者

といずれかと言うことになります。

>夫の扶養に入れないということは、夫の社会保険にも入れないということですよね…?

冒頭に書いたように税金の扶養と健康保険の扶養は別のもので別の基準があります、ですからこれらをごっちゃにすると訳がわからなくなります、それぞれを別に考えましょう。
明らかにその設問自体が税金の扶養と健康保険の扶養をごっちゃにしています。

扶養には

・税金の扶養
・健康保険の扶養
・会社の扶養手当

の三つがあります。
これらは別のもので別の基準があります、ですからこれらをごっちゃにすると訳がわからなくなります、それぞれを別に考えましょう。

「税金の扶養」について

税金の面では妻の年収が問題になります。
働く予定があるなしとかいつ働くとかは関係ありません、その年の1月から12月までの収入が問題になるということです。
この年収が103万以下であれば夫は配偶者控除を受けられます、103万を超えても141万...続きを読む

Q国民健康保険 加入手続き

国民健康保険の加入手続きに必要なものとして「印鑑」の他に
「家族の中で国民健康保険に加入している方がいればその保険証」というのがありました。
父が会社の保険に入っていて母も私もその扶養になっているので
私の家族(父・母・祖母・私)は誰も国民健康保険証を持っていないということで良いですか?
もしそうであれば、加入手続きの際に必要なものは印鑑だけで大丈夫でしょうか?

是非教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

国民健康保険に加入されるのはどなたですか。
そもそも、今の社会保険から国民健康保険に変更する理由は何なのでしょう。
あなただけが国民健康保険に加入すると仮定します
いま扶養になっているお父さんの保険組合からあなたの資格喪失証明書を取り寄せてください。提出物はそれだけです。

Q国民健康保険から社会保険の切り替え、厚生年金について教えていただきたいことがあります。

国民健康保険から社会保険の切り替え、厚生年金について教えていただきたいことがあるのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

今年転職活動をし2月15日から初出勤でその日に会社へ行き社会保険に加入する手続きを行う予定でした。ですが初出勤日の通勤中に突発性の心不全で倒れ入院することとなりましたので
その日に社会保険、厚生年金に加入することができませんでした。
その後、「国民健康保険」、「国民健康保険限度額適用認定書」を使用してペースメーカーの手術を行い無事退院し5月から改めて2月に入社する予定だった会社に入社しました。
ですが今回の件で障害者認定となりましたので今後は障害者年金をいただけるのではというお話になりました。調べてみたところペースメーカーは障害者年金3級という扱いですので心不全で倒れた2月15日時点で厚生年金に加入していなければならないと知り
会社の方と話し合い無事2月15日に遡って社会保険、厚生年金加入という形となりました。


遡って国民健康保険から社会保険に切り替わるには1度国民健康保険で負担してもらっていた医療費の7割の金額を一度返金しなければならないと聞きます。
ここからが本題となるのですが、

・この場合の手術、入院などの医療費の7割を返金とは「国民健康保険限度額適用認定書」を使用して
限度額を抑えてもらった状態の7割なのか、それとも「国民健康保険限度額適用認定書」は国民健康保険の一部なのでそれが適用される前、つまり限度額の抑えがない状態での金額で7割なのかお聞きしたいです。
おそらく後者ではと思っております。

・手術、入院などの高額な医療費の7割を返金する能力がなく一括で返金が不可能な場合、役所で相談することで分割払いなどの相談に応じてくれるものなのでしょうか?

・例えば「社会保険取得証明書」を持って手術、入院を行った病院に行き今回の事情を説明し、病院側で国民健康保険側に1度7割分を返金をしていただき、その後に病院側で社会保険側に改めて7割分請求していただくという形は可能なのでしょうか?

・また虫の良い話ですが、もしも一括7割返金が絶対でそれを支払うことができず、やっぱり2月15日時点では国保ということにしたいという保険証が発行された後でも撤回することはできるのでしょうか?

・その他、対処法など何かありますでしょうか?

身勝手なお願いであり、また無知な私のせいで周りを巻き込んでいますので、なんとか穏便にすませたいのが現状です。障害者年金をあきらめるという選択肢も自分的には全然ありなのですが
社会保険証が発行されてしまった今、戻ることができない状態になってしまい頭を抱えております。

どうか皆様のお知恵をお貸しいただければと思います。よろしくお願いいたします。

国民健康保険から社会保険の切り替え、厚生年金について教えていただきたいことがあるのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

今年転職活動をし2月15日から初出勤でその日に会社へ行き社会保険に加入する手続きを行う予定でした。ですが初出勤日の通勤中に突発性の心不全で倒れ入院することとなりましたので
その日に社会保険、厚生年金に加入することができませんでした。
その後、「国民健康保険」、「国民健康保険限度額適用認定書」を使用してペースメーカーの手術を行い無事退院し5月から改めて2...続きを読む

Aベストアンサー

それは大変なことでしたね。

しかしいずれにせよ、役所の国保や福祉担当に
相談するしかないですよ。

さすがに、金を借りてでも医療負担分全て返済しろ。
とは言わないのではないでしょうか?
だって、役所の国保と健保組合(協会?)が、
横で医療負担分を移動してくれればいいこと
なんですからねぇ~。

昔、私の父も突然道でうずくまり、病院に
担ぎ込まれ、駆け付けたら、もうペースメーカー
が入ってました。障害手帳1級となりました。
しかし、障害者3級なんですよね。

あなた自身でこれだけ内容をおさえて
いるんですから、窮状はご質問文のように
しっかり伝えられると思います。
それに障害者であることも十分考慮される
ポイントだと思います。

そういう意味では、属人的な判断、
属役所的判断となると考えます。

お大事になさり、無理せずゆっくりと
進められてください。

Q個人事業廃業時の国民年金、国民健康保険の手続き

今年末(12月末日)で個人事業を廃業し、年明けから会社員(会社はまだ決まっていませんが)として働こうと思っているのですが、国民年金と国民健康保険の手続きについて教えてください。

国民年金はクレジットカードで、国民健康保険は銀行引き落としで、それぞれ毎月支払っています。

この場合、国民年金と国民健康保険はどのように手続きすればよいのでしょうか?
会社員になると両方とも給料から天引きされると思いますが、二重払いになったりしないのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勘違いなどがあるようですね。

国民健康保険は、住所地役所である市町村の運営であり、社会保険の健康保険は会社が加入する健康保険団体が運営し、別な団体ですから連動しません。したがって、社会保険に加入したことがわかる資料(健康保険証)をもって住所地役所で手続きしましょう。国民皆保険の制度として、他の健保に加入したことにより国保の脱退が出来るわけですからね。
脱退手続きのタイミングや計算のタイミングで重複納付させられてしまうかもしれませんので、よく確認されることをおすすめします。また、還付の手続きが必要になった場合を考え、アドバイスを受けるようにしましょう。

国民年金も手続きが必要かもしれませんが、厚生年金を含め国の制度運営ですから、最終的にその加入データは連動することになるでしょう。さらに、厚生年金保険は2階建てとも呼ばれ、国民年金に上澄みされた年金保険です。ただ、厚生年金の保険料は、資格取得月(入社月など)から発生することになり、資格喪失月(退職日の翌日の属する月)の保険料が発生せずに、次の年金保険料が発生することになります。さらに、給与天引きされるタイミングは会社ごとに異なることになります。多くの会社は最初の給料では給与天引きを行わず、2回目の給料からとなります。これは会社側の納付日にあわせて会社側が天引きするタイミングを任意で決めていることになり、単純に重複かどうかはわかりづらい状態になると思います。ですので、国保などの手続きとあわせて、納付しすぎた場合の還付手続きを聞いておくほうが良いことでしょう。それか、クレジットカードでの納付から現金納付に切り替えて、入社後数ヶ月程度経過したころに確認のうえで納付されるのも良いでしょう。期間によっては延滞金なども発生しないでしょうし、余計な重複納付により一時的な負担を強いられたり、還付のための手続きから逃げられますからね。

国民年金の手続きは、国保と一緒に市町村役所でも可能ですが、あくまでも年金事務所の代行的な形のため、職員が年金やその保険料の制度を熟知しているとは限りません。私は何度も誤った情報をつかまされたため、年金は年金事務所に相談したり、手続きをするようにしています。

最後に自治体などによるかもしれませんが、年金は本人しか手続きできなかったと思います。家族であっても委任状などが必要です。しかし、国民健康保険は、同一世帯員であれば手続きが可能だと思います。不安であれば、それぞれの窓口に電話などをして確認しましょう。

勘違いなどがあるようですね。

国民健康保険は、住所地役所である市町村の運営であり、社会保険の健康保険は会社が加入する健康保険団体が運営し、別な団体ですから連動しません。したがって、社会保険に加入したことがわかる資料(健康保険証)をもって住所地役所で手続きしましょう。国民皆保険の制度として、他の健保に加入したことにより国保の脱退が出来るわけですからね。
脱退手続きのタイミングや計算のタイミングで重複納付させられてしまうかもしれませんので、よく確認されることをおすすめします。ま...続きを読む

Q国民健康保険から社会保険  ★未納分の国民健康保険料★

2年間ほど請負(自営)で自分で仕事をしていました。この都度、会社に就職が決まりました。

自営の2年間は国民健康保険に加入しておりませんでした、新しく会社に入り社会保険に加入することになります。

自営の2年間の国民健康保険料は請求されるのでしょうか?

未納分の国民健康保険料は社会保険料に上乗せされるのですか?

是非教えて下さい。ヨロシクお願い致します。

Aベストアンサー

国民は健康保険や国民健康保険などの公的医療制度の何れかに加入する義務が有りますから、勤務先で健康保険に加入していない場合は、国保加入が義務づけられています。

年金も、厚生年金や国民年金などの公的年金制度に加入することが義務づけられています。

2年間請負をされる以前は、勤務先で社会保険(健康保険・厚生年金)に加入されていたのですね。

基本的には、退職後から国保に加入して、年金も国民年金に切れ換える必要が有りました。
原則として、今から、市の国保の係へ行って、退職時まで遡って加入手続きをして保険料を支払う必要が有ります。国保の場合、保険税か保険料かによって、2年又は3年以上遡って請求されることは有りません。

その上で、就職して社会保険に加入したら、国保から脱退の手続きをします。

ただし、このまま就職して社会保険に加入した場合、市では国保に未加入の期間があったことを知ることが出来ませんから特に請求は来ませんが、良心的な人は正しい処理をします。

又、国保の保険料は前年の所得を基に計算されますが、失業などで収入が少ない場合は減額の制度が有り、分納の相談も出来ます。

健康保険は国が、国保は市が運営していますから、未納分の国民健康保険料は社会保険料に上乗せされることはありません。

年金については、2年間の未納期間が残ることになり、将来の受給額がその分だけ減額されます。
今から、市の国民年金の係で手続きをすれば、2年間まで遡って納付することができます。

国民は健康保険や国民健康保険などの公的医療制度の何れかに加入する義務が有りますから、勤務先で健康保険に加入していない場合は、国保加入が義務づけられています。

年金も、厚生年金や国民年金などの公的年金制度に加入することが義務づけられています。

2年間請負をされる以前は、勤務先で社会保険(健康保険・厚生年金)に加入されていたのですね。

基本的には、退職後から国保に加入して、年金も国民年金に切れ換える必要が有りました。
原則として、今から、市の国保の係へ行って、退職時まで...続きを読む

Q国民健康保険を手続きしてから放置・・・支払いはどうなりますか?

2008年4月に会社を退職し、社会保険を抜けた為、今保険に入っていない状態です。
5月に区役所に行き国民健康保険への加入の手続きをし、自宅に通知が来て通帳と印鑑等を区役所に持って行く最終の手続きがあるのですが、それをしておらずまだ保険証を頂いていません。
いずれ、社会保険が完備されている仕事に就こうと思い、国民健康保険はやっぱり入らないでおこうと思って放置しているのですが、もし数ヵ月後にやっぱり国民健康保険に入ろうと思った場合、最初に手続きした5月からの分を請求されてしまうのでしょうか?

自宅に来た通知には
『保険料は退職された時や他の市町村から転入された時等、国民健康保険に加入しなければならなくなった時から掛かることになりますので、加入手続きが遅れている場合は遅れた期間の保険料もさかのぼって納めていただくことになります』
と記載されています。
数ヵ月後一気に高い保険料を請求されてしまうのでしょうか?
また、入らない場合はこのまま放置でもよろしいでしょうか?
分かりにくい文章で申し訳ありませんが、詳しい方よろしくお願い致します。

2008年4月に会社を退職し、社会保険を抜けた為、今保険に入っていない状態です。
5月に区役所に行き国民健康保険への加入の手続きをし、自宅に通知が来て通帳と印鑑等を区役所に持って行く最終の手続きがあるのですが、それをしておらずまだ保険証を頂いていません。
いずれ、社会保険が完備されている仕事に就こうと思い、国民健康保険はやっぱり入らないでおこうと思って放置しているのですが、もし数ヵ月後にやっぱり国民健康保険に入ろうと思った場合、最初に手続きした5月からの分を請求されてしまうのでし...続きを読む

Aベストアンサー

国民健康保険というのは実は権利ではなく義務です。
国民は総て国民健康保険に加入しなくてはいけないということになっているのです、ただし会社に就職してそこで健康保険に入っているかその扶養者になっている場合は加入しなくても構わないというだけです。
ですから退職により健保を脱退すれば、国民健康保険に入らねばなりません。
多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は退職日の翌日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると退職日の翌日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。
ですから質問者の方の場合は、前職の健康保険の資格喪失日に遡って保険料は請求されます。

>最初に手続きした5月からの分を請求されてしまうのでしょうか?

そうなります。

>自宅に来た通知には
『保険料は退職された時や他の市町村から転入された時等、国民健康保険に加入しなければならなくなった時から掛かることになりますので、加入手続きが遅れている場合は遅れた期間の保険料もさかのぼって納めていただくことになります』
と記載されています。

多くの自治体ではそうです。

>数ヵ月後一気に高い保険料を請求されてしまうのでしょうか?

そうなりますね、ただその分を分割にしてもらうことは出来るはずです。

>また、入らない場合はこのまま放置でもよろしいでしょうか?

放置しておくと督促状が来ることがあります、ただ実際どこまで追跡するかはわかりません。
以前はその追跡が甘かったので、保険料を払わないで逃げてしまう人もいたようですが、最近は財政逼迫の折から追跡することも多いようです、ですがどこまでやるかは役所のやる気次第でしょう。

国民健康保険というのは実は権利ではなく義務です。
国民は総て国民健康保険に加入しなくてはいけないということになっているのです、ただし会社に就職してそこで健康保険に入っているかその扶養者になっている場合は加入しなくても構わないというだけです。
ですから退職により健保を脱退すれば、国民健康保険に入らねばなりません。
多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれ...続きを読む

Q国民健康保険→社会保険→国民健康保険の切り替え時期について

国民健康保険に加入していたのですが、1月から働き、会社の社会保険に加入しました。3ヶ月で契約満了で退職したので、もう一度国民健康保険に戻るのだと思うのですが、手続きがわかりません。また、給与から社会保険料が天引きされている間も、国民健康保険が口座から自動引き落としになっていました。会社に保険証を返してしまい、今現在保険証がありません。自費で病院にかかっているのですが、国民健康保険料が引き落とされているので、保険証がなくても国民健康保険として扱ってもらえるのでしょうか。この辺の手続きがはっきりせず、困っています。詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>3ヶ月で契約満了で退職したので、もう一度国民健康保険に戻るのだと思うのですが、手続き

国民健康保険に加入するには会社から、『健康保険被保険者資格喪失書証明書』を送付してもらい、「印鑑」をもって市町村役場で手続きを行ってください。
その証明書はあなたの資格取得日と資格喪失日が書いてありますので手続きの際に社会保険に加入していた期間の国民健康保険の喪失と加入が同時に出来ます。
社会保険加入期間に国保の納付をしている場合はその期間の保険料の還付が後日あります。
また、国民健康保険をなくしてしまった場合は、手続きには印鑑の他に「免許証等」の本人確認できるものが必要です。
落とした可能性のあるものは必ず警察に届けておくようにしましょう。

>自費で病院にかかっているのですが、国民健康保険料が引き落とされているので、保険証がなくても国民健康保険として扱ってもらえるのでしょうか。

いくら国保の保険料が引き落としでも保険証がなくては医療機関では通用しません。
早く国保の手続きを済まして保険証を医療機関に提出しましょう。
今までの自費で支払った分の内、7割の保険負担分は還付してくれます。
もし、還付されない場合は
市町村役場で『療養費支給申請書』をもらい、必要事項をあなたが記入します。
その申請書の「診療明細書」欄に医者に書いてもらうように頼みますと記入するか、又は「診療報酬明細書(レセプト)」を封書に入れてくれますから、後は市町村役場にそれを提出するだけです。
後日、あなたの指定振込先に保険負担分は振り込まれます。

>3ヶ月で契約満了で退職したので、もう一度国民健康保険に戻るのだと思うのですが、手続き

国民健康保険に加入するには会社から、『健康保険被保険者資格喪失書証明書』を送付してもらい、「印鑑」をもって市町村役場で手続きを行ってください。
その証明書はあなたの資格取得日と資格喪失日が書いてありますので手続きの際に社会保険に加入していた期間の国民健康保険の喪失と加入が同時に出来ます。
社会保険加入期間に国保の納付をしている場合はその期間の保険料の還付が後日あります。
また、国民健康...続きを読む


人気Q&Aランキング