決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。

(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)
    • good
    • 9

最近、手形の発行コストを抑える趣旨で、手形期日見合いの期間を寝かせて現金支払するケースが増えています。

そのため、こうした記述方法が出ているのだと思います。

「保証」については、ファイナンス会社等を入れて三者で基本契約しているケースや、相互信頼だけで「保証」の担保のないケースや、要は当事者間の力関係で決まっているのが現実のようですね。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期日払いとは?(vs.手形、ファクタリング)

「期日払い」(vs. 手形・ファクタリング)について教えて下さい。

1)運用手順・・どのような手続きを経て運用されるのか?
2)影響効果・・割引はできるのか?等
3)会計処理・・仕訳は?
よくある仕訳サンプルとして下記がありますが、
   77月77日  仕入    / 買掛金
   88月88日  買掛金   / 期日買掛金
   99月99日  期日買掛金 / 現預金
買掛金を期日買掛金に振替えるのは、どのタイミング(何を根拠に)で振替えるのか?
その会計的な意味合いは?

当方いまだかつて期日支払いとうものに出会ったことがありません。
細かい質問で申し訳ありませんが、どなたかお教え下さい。

Aベストアンサー

あまり正確ではないかもしれませんが、
1)運用手順としては、当事者間の了承で行われます。
ファクタリングとはことなり、銀行などを挟んでの三者間取引ではありません。
2)基本的に割引はできないと思います。
支払期日がかなり先の振込だと考える方が良いと思います。
印紙代や手形を取立する費用や管理面(盗難)がなくなる。
先方にしても領収証を発行しないで済む。などがあると思います。
3)一般の買掛金と区別するのは、支払額が確定しているかどうかを区別するためのものだと思います。
買掛金/期日買掛金の振替のタイミングとしては、支払金額を確定させた時に行います。期日振込をする前には、だいたい手形で支払っていたと思われますので、過去に手形を振出していたタイミングで良いと思います。

Q期日現金と手形の違いについて

手形発行費用の削減、手形管理業務の削減という意味で期日現金という支払方法がひろく使われていると思います。

この期日現金というものについて分からない点があり質問いたします。

1.期日現金というのは法的な力がかかるのでしょうか?手形が不渡りとなれば倒産になると思うのですが、期日現金でも同じく倒産になるのでしょうか?

2.期日現金でも割引ってできるのでしょうか?

3.上記の2つの質問&手形の存在の有無以外で、期日現金と手形に違いはありますか?

最近会計システム絡みの仕事をしていて非常に気になっています。一部でも構いませんので、回答いただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経理勤務を離れてから、この期日現金(期日振込?)が大手企業の多くに拡散されたような気がします。ブランクがあるので全部覚えていませんが債務をファイナンス会社に委託するケースが多いので、期日に振り込んでくるのは系列のファイナンス会社の名前となります。期日前の現金化はむづかしいと思いましたが、手数料と利息を払えば現金にしてくれるかもしれません。詳しくはファクタリングで検索するとヒットしますよ。
違いは期日振込は売掛金しかも長い(回収率が悪い)、手形は回収と見なされる。(実態はどちらも売掛債権として回転日数の対象となる。)

Q民事訴訟の期日とは?

民事訴訟についてお聞きしたいです。
弁護士が準備書面を出したので期日も決まったのですが、その後何の連絡もありません。
こちらから連絡しても返事がありません。

期日まで、どのような事をするのですか?
期日後はどうなるのですか?
民事訴訟の流れのページを見たのですが、よくわからなかったので…よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

弁護士が訴状を作成して期日が決まったら特に連絡は
ないでしょう。
弁護士からの期日報告があるだけです。
1回目は、被告弁護士が、答弁書を提出。
2回目の期日までは、答弁書の反論を作成するために
弁護士と話し合いが必要です。
2回目以降は、弁護士同士が和解になるように何回も
裁判所に行き話し合います。
和解のための話し合いは、2ヶ月から半年近くかかります。
和解が決まれば原告が裁判所に出廷します。
和解が決裂した場合は、判決するために更に時間がかかります。

Q手形で支払いをする時(廻し手形)の期日は・・

経理初心者で、ここでいろいろと教えていただきながら何とか頑張ってます。。。
廻し手形について教えてください。
現在、取引先からの手形がいくつかあり、今月の支払いにそれを
使って支払いをしようと思ってます。
その際、手形の期日があと2週間しかないものがいくつかと、最近
受け取ったもので、期日が3ヶ月先のものがいくつかあります。

そういう場合、期日がまじかな手形でも支払いに利用しても大丈夫
なのでしょうか??
最低1ヶ月は先じゃないと駄目などというマナー?のようなものは
あるんでしょうか??
金額的にはどちらも大丈夫なので、どちらの手形を廻してもいいのは
いいんですが。

それと、期日が来た場合、銀行の窓口で書く用紙は窓口でもらうんでしょうか??その他必要なものはありますか??

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
当社では毎月のように受手を廻して支払をしておりますので、参考までに書き込みします。

・手形を廻すときは、支払先によっては、割引の手続きをしたいと言う場合もあり、早めに手形を郵送しております。

・当社の取引している銀行では取立て依頼をするときは、手形を10日前までに銀行に持ち込まなくてはなりません(この辺は銀行によっても違うものと思います)。勿論、満期日1~2日前に持ち込んでもいいのですが、そうすると他店券扱いとなり、資金化されるまでに3日程度時間がかかります。どういうことかというと、7/31日が満期日でも、8/3頃にならないと口座から現金を下ろせない、と言うことです。10日前に取り立て依頼をすると、確実に7/31には資金化され、現金として扱うことができます。
7/31にすぐ資金化したい場合は、満期日の1か月~2週間くらい前には銀行に手形を持ち込むぐらいの余裕が欲しいものです。

・支払明細書を作成し、手形を送る前に必ずFAXで支払先に送ります。その際、満期日を必ず記載しております。

以上3点を考慮の上で手形を廻してみてはいかがでしょうか。

おはようございます。
当社では毎月のように受手を廻して支払をしておりますので、参考までに書き込みします。

・手形を廻すときは、支払先によっては、割引の手続きをしたいと言う場合もあり、早めに手形を郵送しております。

・当社の取引している銀行では取立て依頼をするときは、手形を10日前までに銀行に持ち込まなくてはなりません(この辺は銀行によっても違うものと思います)。勿論、満期日1~2日前に持ち込んでもいいのですが、そうすると他店券扱いとなり、資金化されるまでに3日程度時間がかか...続きを読む

Q信用高値絶対期日到来銘柄とは、なんですか?

いつもヤフーに出ていますが、ナンですか、これ?

Aベストアンサー

制度信用取引の決済期限は半年です。

信用高値絶対期日到来銘柄というのは、ちょうど半年前に(最)高値をつけた銘柄の決済期日が
迫っているものを指します。

期日を過ぎることによって、半年前の高値シコリが解消することがあり、その銘柄の転換点になる場合もあります。たとえばソフトバンクは7月に高値期日を迎えましたが、その直前に一度底入れ反転しました。

ちなみに、期日までは処分売りも出やすいので、実際に買い向かう場合には注意が必要です。

Q翌月サービス利用料金の請求書作成に関わる締日

以下の状況について、ご教示いただきたいと思います。

【前提条件】
顧客は翌月のサービス利用料金を当月25日に当方へ振り込む。(現実的には振込が翌月10日頃になる顧客も存在する)

【質問事項】
■毎月10日前後に、翌月分の請求書を各顧客に送付するのですが、この場合の締日とは、いつに設定すれば良いのでしょうか?
私の締日の認識は20日締めであれば、前月21日~当月20日までの分を請求書に含めるというものですが、翌月分利用料金に対する当月支払用の請求書を作成する為の締日の設定という事が良くわからず、ご質問させていただきたいと思います。

質問として、的外れな事をお聞きしているかもしれませんが、その時はご指摘いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>私の締日の認識は20日締めであれば、前月21日~当月20日までの分を請求書に含めるというものですが

毎月請求書を規則的に送付しているのであればその通りです。

>翌月分利用料金に対する当月支払用の請求書を作成する為の締日の設定という事が良くわからず、

例として、「11月1日から11月30日の間はこれこれこういうサービスを提供します。料金は ○○円です。10月25日までに(前払いで)お支払いください」という請求書を送るのであれば、締日は翌月末日(この場合11月30日)です。
(ただし12月1日以降もサービスは継続する予定でも、11月1日~11月30日分と記してあれば、締日11月30日とは書かないでいいです。)

>翌月分の請求書を各顧客に送付するのですが、この場合の締日とは、いつに設定すれば良いのでしょうか?

上は翌月末日を締日に設定した例ですが、締日を「翌月20日にしてくれ」という顧客がいるかもしれません。

その場合は10月21日~11月20日分のサービス料を支払ってもらう、ことになります。

締日は貴方の都合のいい日に設定したほうがいいとは思います。


 上の例は月によってサービスの内容が変わり、したがって請求金額も変動する場合です。
 ご質問とは少しずれますが、貴方の提供なさるサービスは、月によって金額に変動がある性質のものでしょうか。もし、同じ客は毎月一定額と決まっているのであれば、毎月わざわざ請求書を送る必要はなく、最初の契約書にでも金額と支払期日などを記して、請求書は省略します。

>私の締日の認識は20日締めであれば、前月21日~当月20日までの分を請求書に含めるというものですが

毎月請求書を規則的に送付しているのであればその通りです。

>翌月分利用料金に対する当月支払用の請求書を作成する為の締日の設定という事が良くわからず、

例として、「11月1日から11月30日の間はこれこれこういうサービスを提供します。料金は ○○円です。10月25日までに(前払いで)お支払いください」という請求書を送るのであれば、締日は翌月末日(この場合11月30日)です。
(ただし12月1日以降もサ...続きを読む

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む

Q月末が休日のため 翌月に振り替えられた費用の計上方法

帳簿記入について教えてください。
8月の末日が日曜日だったために翌日の9月1日に
銀行口座からの費用が何件か引き落とされています。
販売管理費としては8月に入れ込みたいのですが
日にちのくくりで〆てしまうと銀行預金の残高が
末日の通帳残高と違ってしまいます。
8月帳簿に9月1日に振り替えられた費用を計上するには
どのように記入すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず8月末に販売管理費を未払費用として計上します。

販売管理費/未払費用

そして9月に未払費用を払います。

未払費用/普通預金(など)

すると8月末で費用が発生し(費用は発生したけど払ってはいない=借金)、9月に借金を返したことになります。

Q配当期日呼出状とは?

今年の初めまで住んでいたマンションのローンを
離婚した元旦那が支払っていなかったので
裁判所から突然競売開始の郵便物が届きました。
あわててすぐ引越し先を決め引越しました。
今回、買い手が決まったらしくタイトルのような
郵便物が届きました。
売却金額は残額に600万ほど足りない金額でした。

この場合配当というのは 誰に対して
どのように配当があるのでしょうか?
出頭に応じないと配当異議を申し立てることはできません
ということですが・・・。
ちなみに債務者は元旦那、所有者は元旦那と私。
私の持分は4分の1でした。

Aベストアンサー

あなたの立場を法律的に述べると、

他人(元夫)のために、自分のマンションの持分を提供している「物上保証人」

配当は、銀行などの債権者に支払われるが、あなたも関係者として、「文句」があるなら聞きましょうということ。
今回、余るお金がないので、あなたに支払われるものはない。
特に出頭しても特になることはない。
経験として、出頭してみたいならそれもひとつの話の種になるでしょう。
理屈としては、あなたは、元夫に、マンションを売られたことにつき、お金の要求(求償権という)をすることができるが、文無しなのでどうしようもない。

Q仕入計上が翌月になった場合の月末在庫金額について

私の会社では、月末近くに発注した商品が月内に入庫されても、
仕入先の都合により伝票が翌月扱いになることがある上、
月内に出庫され売上が計上されることがあります。

例:
1/28 @1,000円の商品を100個発注(仕入計上は翌月)
1/29 100個入庫
1/31 オーダーが入り30個出庫し売上計上

この場合、1/31時点の在庫数は70個ですが、1/31時点の在庫金額と
1月分の売上原価はどのように計算するのが一般的でしょうか?

Aベストアンサー

No.3、4です。会社によって経理の方法はさまざまでしょうが、御社の経理方法には問題があると思います。
質問を読み直して思ったのですが、仕入先から送られてくる伝票というのは請求書のことではないですか?その日付は仕入とは関係ありませんよ?仕入先からの書類を活用する場合には請求書ではなく、商品に添付されてくる納品書の日付で計上するのが一般的ですが、その日付が実際の納品日と異なる場合には入庫日を記入するなどして実際の仕入日がわかるようにする必要があります。納品書に拠らず、自社で入庫時に入庫伝票を作成する場合もあります。いずれにせよ、自社で管理すべきことです。
後から仕入先から送られてくる請求書は金額を確認するためのものであり、その日付は請求書を作成した日のことですから入庫のタイミングである仕入日とは関係ありません。

>1月で入出庫と売上計上を行うなら、仕入先に1/29で伝票を発行してもらうか
上記のとおり御社が入庫日を確認すべきなのであり、仕入先を巻き込むことではありません。

>それができないならば、伝票に従って2月で入出庫と売上計上を行うべきということでしょうか?
計上はあくまで実際の取引日で行わなければなりません。伝票に記載された日付が実際の取引と異なるなら伝票の方を補正すべきであって、間違った伝票にあわせることは経理の責任放棄となります。間違っている伝票の日付に計上をあわせて売上を繰り延べるなら、最悪脱税といわれかねません。「仕入先の都合により伝票が翌月扱いになることがある」というのは、仮にその伝票が納品書のことである場合、仕入先が脱税を図っている可能性が高いです。

No.3、4です。会社によって経理の方法はさまざまでしょうが、御社の経理方法には問題があると思います。
質問を読み直して思ったのですが、仕入先から送られてくる伝票というのは請求書のことではないですか?その日付は仕入とは関係ありませんよ?仕入先からの書類を活用する場合には請求書ではなく、商品に添付されてくる納品書の日付で計上するのが一般的ですが、その日付が実際の納品日と異なる場合には入庫日を記入するなどして実際の仕入日がわかるようにする必要があります。納品書に拠らず、自社で入庫...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング