新築一戸建を契約し、現在棟上まで行われています。
そんな矢先の出来事です。この業者が脱税で国税局から告発されたそうで、
「追徴課税金ウン億円の支払いに応じ・・・」という話を耳にしてしまいました。

今後、この業者はどうなるのでしょう?
当然業者処罰されるでしょうが、購入者にとって非常に信用を落とすもので、
今後の工事が資金不足を理由に突貫工事で手抜きされたり、
はたまた事業から手を引くと言って10年保証が無くなったりしないかとても
心配です。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご心配ですね。


どの程度の規模の会社で、利益の蓄積がどのくらいあるかで、判断が違ってきます。
追徴金の支払いに応じたからと云って、安心は出来ません。
脱税をするような会社ですから、良心的な会社ではないわけです。
問題は、その会社に体力があれば問題ないでしょうが、体力がなければ、tuigamalaさんが、懸念されているような事態が起きないとは言い切れません。

一般的に、建設業者は都道府県に建設業の許可を受けていて、毎年、決算報告をしていて、都道府県の建政課などに行けば、これは誰でも閲覧できます。
そこで、どのように利益が蓄積されているか確認されたらいかがでしょうか。

もし、閲覧の方法が判らなければ、お近くの行政書士に相談してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なアドバイスありがとうございます。
ご忠告どおりに行動をしてみようと思います。
今後、最悪の形をも踏まえてどういう対応をすれば良いのか、
逐一対策を練っておく準備も必要かと思います。

ところでkyaezawaさんの「経験者」と言うのは、今回の私のケースを経験された
んでしょうか??

お礼日時:2001/10/13 21:13

>ところでkyaezawaさんの「経験者」と言うのは、今回の私のケースを経験された


んでしょうか??

いいえ。
経験者というのは、建設業関係の業界にいたので、建設業の許可や閲覧の関係を知っているという意味でした。
    • good
    • 0

 ご心配のことと思います。

文面からだけの、判断になってしまいますが、「追徴金」の支払いに応じているのですから、法的にはそれで解決かと思います。

 心配なのは自分の新築住宅ですが、契約も終わっているでしょうし、脱税で工事がストップするなどの、お客さんに対して迷惑がかかるような状態であれば、追徴金の支払いに応じた会社ですから、連絡があると思います。

 何も連絡がないのであれば、予定通り進むとは思いますが、不動産業者の担当者に確認してみてはいかがでしょうか?
    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
担当の営業の方にも連絡をとって、どういうことか確認をしてみます。
(恐らく無難な返答をされると思いますが。。。)

お礼日時:2001/10/13 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金着服元職員2人を 結局 起訴猶予

年金着服元職員2人を起訴猶予
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071109-OHT1T00212.htm
年金保険料着服をした市の職員が 起訴猶予処分になるようですが
この処分は 妥当なのでしょうか?
起訴猶予処分の理由が 全額弁償し、懲戒免職で社会的制裁を受けた ということのようですが
着服が「ばれたら」 着服した金を全額弁償し 辞めれば 処罰を求めない(罪は 問われない)ということでしょうか?

こんな処分なら 抑止力が無く 公務員は着服を 止めないと思うのですが 
公務員だから処罰が甘い訳ではないのでしょうか?
身内に甘いのか?始めから起訴猶予にすることが決まっていたのでしょうか?
あと 起訴猶予処分だと 名前も出ないのでしょうか?
他の不祥事を 喋られないように市は 告発しなかったのでは と聞いたこともありますがどうなのでしょうか
告発しても結局 起訴猶予じゃ意味が無いと思うのですが・・・

Aベストアンサー

公務員の場合、犯罪を犯しても、比較的罪は軽くなるケースが多いように思います。

ニートがパソコンで偽札をつくり、それを行使したため、懲役5年を言い渡せられましたが、公務員が同じように偽札をつくり、行使しても執行猶予が付きました。とうのは私の地元でもありました。

やはり懲戒免職で社会的制裁を受けたというのが、大きい理由だと思われますが、今回の事件で裁判さえならない起訴猶予処分が、妥当かどうかは微妙なところでしょうね。

私の意見としては甘すぎると思いますが、これが公務員の特権といわれれば、遺憾ながら仕方がないのかもしれません。

Qリフォーム業者は基本的に手抜き?

1カ月ほど前に中古マンションをリフォームしました。川口市の山○ハウスという会社です。施工内容は、リビング・洋間のフローリング化,和室の畳新規取替え,室内扉&襖類が新規,水道管交換,壁紙天井クロス新規貼替,洗面台新規,玄関鍵新規、といったところで、キッチン以外全てリフォームと言え、トータル税込み212万円です。疑問ですが、
1.見積りが全ての施工依頼となるのか?(要望を写真付きで紙面化しているが、結果、見積りには漏れがありその確認を双方で疎かにしている。)
2.床鳴りを双方認知していたが、”ある程度はしようがない”と言われる。
3.最終確認をし最終金額を振り込みとあったが、”気がついた点がありますか?の問いに今のところ無い”と言ったことが最終確認になってしまう。
4.10年の保証書を発行すると広告でうたっているが、2週間後も発行されない。
5.壁クロスやCFやフローリングの余りがあるはずなのに、”無い”と言い張る(壁紙は少しでもあれば便利。何割かは余分に注文しているはずだから、許可なく処分するのはおかしい)。
6.特に疑問なのが、60万の最終金の振込みをとても急ぐ。そんなに資金繰りが苦しいのか?最終金の為に最終チェックを疎かにされていないのか?
と幾つかご質問しますが、この会社は地元密着型で、ユーザーのリピート&信頼を経営理念とするべきと思うのですが、およそ当方の期待からは遠く、社長に直に保証書の件を訴えても、数日たった今も郵送も訪問もありません。施工時の営業担当を”替えてくれ”と言ったにもかかわらず、事の重大さを企業として捉えていないようです。200万もかけているのにこういった会社はフォローを軽視するのでしょうか?これがあたりまえなのでしょうか?出るところに出たほうが良いでしょうか?ただ、契約上は先方に不利になることが少ないように思います。アドバイスお願いします。

1カ月ほど前に中古マンションをリフォームしました。川口市の山○ハウスという会社です。施工内容は、リビング・洋間のフローリング化,和室の畳新規取替え,室内扉&襖類が新規,水道管交換,壁紙天井クロス新規貼替,洗面台新規,玄関鍵新規、といったところで、キッチン以外全てリフォームと言え、トータル税込み212万円です。疑問ですが、
1.見積りが全ての施工依頼となるのか?(要望を写真付きで紙面化しているが、結果、見積りには漏れがありその確認を双方で疎かにしている。)
2.床鳴りを双方認...続きを読む

Aベストアンサー

大工です。

同業者としても、悲しい事態です。
お気持ち、お察しいたします。

それぞれの会社の方針により違いがありますので、
回答とはいえない内容です。
ご参考まで。

>1.見積りが全ての施工依頼となるのか?

 お見積りの書類に、何か書いてありませんか?
 いらない工事は、断っている証拠があれば、
 確実なように思われます。


>2.床鳴りを双方認知していたが、”ある程度はしようがない”と言われる。

 納得のいくまで、粘り強く、訴えてみては
 いかがでしょうか?
 床鳴りの原因も、追求してみて下さい。


>3.最終確認をし最終金額を振り込みとあったが、”気がついた点がありますか?の問いに今のところ無い”と言ったことが最終確認になってしまう。

 納得しない点は、すぐに連絡しましょう。
 

>4.10年の保証書を発行すると広告でうたっているが、2週間後も発行されない。

 広告にそのように書かれていれば、その広告も証拠になると
 思いますので、捨てずにとっておきましょう。


>5.壁クロスやCFやフローリングの余りがあるはずなのに、”無い”と言い張る(壁紙は少しでもあれば便利。何割かは余分に注文しているはずだから、許可なく処分するのはおかしい)。

 施工中に、切れ端をもらっておけばよかったですね。
 下請け業者さん任せの場合、そのリフォームの会社には、
 在庫が無いということなんでしょうか?


>6.特に疑問なのが、60万の最終金の振込みをとても急ぐ。そんなに資金繰りが苦しいのか?最終金の為に最終チェックを疎かにされていないのか?

 不満があれば、それを理由に、支払いを拒んでみたら
 いかがでしょうか?
 

大工です。

同業者としても、悲しい事態です。
お気持ち、お察しいたします。

それぞれの会社の方針により違いがありますので、
回答とはいえない内容です。
ご参考まで。

>1.見積りが全ての施工依頼となるのか?

 お見積りの書類に、何か書いてありませんか?
 いらない工事は、断っている証拠があれば、
 確実なように思われます。


>2.床鳴りを双方認知していたが、”ある程度はしようがない”と言われる。

 納得のいくまで、粘り強く、訴えてみては
 いかがでしょうか?
...続きを読む

Q起訴猶予の期限は?

「尖閣諸島の事件で画像流出の海上保安官が
起訴猶予を視野に検察が・・・云々」
だそうですが、この「起訴猶予」の期間などについて何も
知らないのでどなたかおねがいします。

Aベストアンサー

起訴猶予を「起訴するまでの猶予期間がある」と考えているのかな?

起訴猶予処分は、
  被疑事実が明白な場合において、被疑者の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としない
と検察官が判断した場合の処分です。
「猶予」というのは期間のことではなく、「”訴追行為(起訴)”そのものを猶予する」と言う意味合いです。
(このほか、不起訴処分には「嫌疑不十分」「嫌疑なし」がある)。

検察官による処分の最終決定ですから、期間の設定はあり得ません。

敢えて言うなら、検察官の不起訴判断を不服とする者の求め不服審査を行うこと(検察審査会への不服申し立て)ができる期間=公訴時効まで、と言えるかも知れないけど・・・無理があるだろうな と。

Q基礎工事前の電気や排水の工事はどんな業者がやる?

一般的な一戸建て住宅に関する質問です、。
基礎工事は基礎工事の業者があると思います。
では、基礎工事前に電気や水関係の工事、それを考慮した基礎の設計があると思いますが、。。
その基礎の設計は設計士?建築士?とやらが設計するのですか?基礎工事屋さんが設計するのですか?
基礎工事前の電気や水関係の工事はそれぞれその専門業者が工事を請け負うのでしょうか?基礎工事屋さんというものがすべてやるのですか?

Aベストアンサー

図面は色々なパターンがあります。

建設会社や工務店等に勤めている建築士、下請けの設計事務所の設計士が作図します。

この中に基礎図面もありますが配管等は書かれていません。

1Fの図面にキッチンやトイレやお風呂等の場所や寸法が記載されてるので、それを元に下請けの設備屋等が設備図面として新たに作成します。


基礎工事の方は基礎屋の工事に合わせて設備屋が合間を縫って配管します。


大体こんな感じです。設計内容等によって特殊な場合もあります。

Q起訴猶予というのには、期間がないのですか?

 ニュース等で、執行猶予の時は、「執行猶予○年」で言いますが、起訴猶予の時は、単に「起訴猶予となりました」としか言わない気がします。

 これは、どういうことなのでしょうか?

くだらない質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

 

Aベストアンサー

執行猶予とは、刑事裁判の有罪判決において、罪を重ねないことを条件に刑の執行を猶予し、無事にその期間を経過すれば刑の執行を受けることがなくなる制度です。

これに対して起訴猶予とは、起訴しない(刑事裁判を開始しない)という検察官の最終決定です。「猶予」というコトバが使われているため一定期間を経過した後に見直しが予定されているような印象を受けますが、そうではありません。
なお起訴猶予は、容疑者がクロであることは疑いないが、犯した罪が軽微なのであえて裁判で裁くまでもない、という場合に行われます。

Q街路灯を撤去工事するには、何処に電話すればいいのですか? 解体工事業者でしょうか?

街路灯を撤去工事するには、何処に電話すればいいのですか?
解体工事業者でしょうか?

Aベストアンサー

>自治会に許可は得ています。自費で撤去するなら…

そういうことなら、自治会が普段からランプ交換などを依頼している電気工事業者があると思いますので、そこに依頼するのが好ましいです。
自治会の役員さんに、出入りの電気工事業者はどこか聞いてみましょう。

Q大麻 起訴猶予 再び所持

質問お願いします。

一度大麻所持で逮捕され、その件は起訴猶予になり10日足らずで出てきたのですが、一年位して再び大麻所持で逮捕。

この場合、起訴猶予の前歴も前科と同じ扱いになるのでしょうか。

やはり初犯扱いにはならず、執行猶予は難しいでしょうか。

大麻は営利目的ではなく、グラム数は0.9です。


ご回答お願いします。

Aベストアンサー

1年前の起訴猶予ですので、今回あわせて裁判が行われるでしょう。
起訴猶予というのは不起訴処分ではなくて、つぎやったらまとめて裁くぞ!という意味です。
ですので今回の裁判は「大麻で二度逮捕された」事件の裁判です。

まあ執行猶予は裁判官の判断ですので、判例通りのアドバイスはできません。個人的には執行猶予だと思いますが、いきなり実刑になっても責任は取れません。

Q手抜き工事の体験投稿

一部上場の建設会社、エス**エル(旧社名は小*住建)の「ハウス55」を以前に建築しました。
当初(契約後)より、設計図が遅れて工が大幅に遅れたため、工事が突貫工事となったようで、平常では考えられない杜撰な、手抜き工事が行なわれました。
引渡し後も、いろいろな不備や手抜きが発覚して、その都度、不満足ながらも対処してもらいました。
主なものを列挙します。
1.2階から天井裏への点検口に桟があり天井裏に上ることができない。
2.土地を40センチほど土盛りをして、庭に植木を植えるからと話していたのに、
壊した以前の建物の基礎のコンクリートの瓦礫を土の中に埋めてしまい、植木屋が木を植えるのに瓦礫の山で怒るほどだった。
3.トイレの手を洗った水が、ウォッシュレットに入り、其の水をお尻の洗浄に使うような工事をした。
その後、何年か経過して、照明器具を取り替えようとしたところ、シーリングが欠けてしまいました。
自分ではどうしようもないので、近くの電気店に依頼したところ、電源コ ードがしっかり差し込まれていないために熱を持って、電源コードが焦げて、其の熱でシーリングが脆くなったようです。このままでは火事になった可能性があります。
また、石膏ボードに落下の恐れのある照明器具を取り付けようとしていました。
こんな体験談を発表するwebがありますか。
あったら教えてください。

一部上場の建設会社、エス**エル(旧社名は小*住建)の「ハウス55」を以前に建築しました。
当初(契約後)より、設計図が遅れて工が大幅に遅れたため、工事が突貫工事となったようで、平常では考えられない杜撰な、手抜き工事が行なわれました。
引渡し後も、いろいろな不備や手抜きが発覚して、その都度、不満足ながらも対処してもらいました。
主なものを列挙します。
1.2階から天井裏への点検口に桟があり天井裏に上ることができない。
2.土地を40センチほど土盛りをして、庭に植木を植えるからと...続きを読む

Aベストアンサー

このようなケースですと、まだ目に見えない箇所などに対しても不安になりますね。
きちっとした窓口に相談をしてみたらいかがでしょうか。
例えば、
http://www.kjknet.org/
毎月相談会を行っています。(私もたまに相談員参加しています。)

どんな問題があるのか、しっかり専門家をいれて調査をした上で、
何を求めていくかの方針を立てて、文書でやり取りしていくのが良いのではないかと思います。
ただ、相手は弁護士をすでに入れてきていますから、長期戦になるものと思われます。

ウチの近くでも同社の建替え工事をしている様子を見ましたが、
基礎や地盤に対してが、ちょっとあり得ないやり方をしていました。
もう出来て住まわれていますが、、、。
監理機能を持たない、おまかせ工事は、メーカーでもダメですね。
しっかり学習してみてください。ご健闘をお祈りします。

Q起訴猶予の意味は、なんでしょうか?

起訴猶予の意味は、なんでしょうか?

Aベストアンサー

起訴猶予というのは、「罪を犯したのは確実だが、罰を与えるほどではない」ということです。

Q宿泊施設が手抜き工事でコンクリートの床や壁に亀裂がたくさん入っています。

ある宿泊施設のことなのですが、7年前に一部リニューアルをしました。そのリニューアルした部分は、2階建て鉄筋コンクリートですが、壁には内、外に3箇所、わりと大きなヒビがあります。小さいものはたくさんあるので数えていません。強い風とともに雨が降ると水が壁からしみ込むことがあるそうです。
2階のホールになっている床部分には縦横に亀裂が入っています。コンクリートの上にプラスティックのフロアー材を接着剤のようなものでつけているようなのですが、そのフロアー材ごと亀裂が入っていたり、フロアー材の下に亀裂がある事がうかがい知れるような痕があります。

従業員の人に聞いてみた所、完成して、2階の温泉浴場にお湯をはった途端に大きなひびが入ったということがあったそうです。

また、建物の裏手には下水道が通っているのですが、その工事後、その地点は沈下しており、その周辺の建物の壁などにひびが入っていて、明らかに傾いている箇所もありました。この建物は尾根のような所にあり、地盤はよくないようです。

また、リニューアルしていない部分は築30年より古いくらいらしいのですが、やはり、コンクリートの外壁に多数のヒビや、鉄筋の浮き出ている所、錆びがあるのを数箇所確認できました。

かなり危険な建物のような気がするのですが、前述の従業員の人は、上役や建設業社に上記のようなことを聞いてみたが、回答らしい回答はは無く、困っている、とのことでした。
今も営業している宿泊施設なので、もし、手抜き工事等でこの建物が危険なものなら、宿泊者の生命財産が危険にさらされているように思います。

前述の従業員の人はどうしたらいいか悩んで、落ち着かない日々を過ごす内、体調が悪くなってしまいました。さっさと辞めてしまえと私は言ってやりましたが、その従業員は辞めればそこから逃げることが出来ますが、その宿泊施設が営業する限り、宿泊者は危険にさらされるように思えます。
そこで質問ですが、この文章だけでの判断は難しいとは思いますが、この建物は危険でしょうか?
また、危険だとして、どうするべきでしょうか。
姉歯氏の耐震偽装のニュースが盛んに報道されていた頃に前述した従業員とその先輩が上役に相談したそうですが、有耶無耶になっているようです。第三者的機関にこのような建物があるということを知らせたり、通報するべきなのでしょうか。

ぜひ、お教え下さい。

ある宿泊施設のことなのですが、7年前に一部リニューアルをしました。そのリニューアルした部分は、2階建て鉄筋コンクリートですが、壁には内、外に3箇所、わりと大きなヒビがあります。小さいものはたくさんあるので数えていません。強い風とともに雨が降ると水が壁からしみ込むことがあるそうです。
2階のホールになっている床部分には縦横に亀裂が入っています。コンクリートの上にプラスティックのフロアー材を接着剤のようなものでつけているようなのですが、そのフロアー材ごと亀裂が入っていたり、フロア...続きを読む

Aベストアンサー

ホテル、旅館の類ですと地階、F≧3又は面積>300m2であれば建築基準法12条により特殊建築物の定期調査報告が3年に1度義務付けられています。
(設備は1年に1度、期間や規模は地域の条例で若干異なる場合があります)

昇降機以外は大抵建築士がします。(他の有資格者も可ですが)
私の勤める設計事務所でもホテルなどやっておりますが、今ケース程ではないですがひどいコンクリート亀裂等が見つかる事はままあります。
その場合報告書には危険度合いをABCDに分け記入、概要とヵ所を別紙に書きます。
それを行政庁に出す訳です。
行政庁からは管理者に後日是正勧告が来ます。
・・・出していないのでしょうか(この場合役所から勧告や検査が来ますが)、該当していないのでしょうか、検査員が見落としているのでしょうか。・・・

大抵の管理者は勧告に従い直しますが予算の都合、営業の都合上のびのびになる事はままあります。
その場合行政庁は是正勧告、立ち入り検査の権限を行使出来るのですが実際に行ったケースはまず聞いた事がありません、職務怠慢ですかねえ。
消防から大規模な是正を要求され直した事はあります、地域によっても姿勢は違うのでしょう。

とまれ行政庁(建築主事)には上記の様にそれなりの権限が与えられています。
どうにも動きが鈍いのであれば先の方の様に直接動くしかないでしょう。
そこで恐らく役所では報告書を見る事になるはずです。
報告書にまともに危険性が指摘されてあればさすがに重い腰も上げざるを得ないでしょう。
ちなみに「定期報告書」の概要書は閲覧可能です、それを見た上で話された方が賢明でしょうか。
「何ら問題なし」と書かれているかもしれません、「専門家が検査してるんですよ」なんて役所に言われかねません。
仮定の話をしても進みませんね。・・・

一番の懸念は先の方同様通報者の特定ですね。
役所に念押しして下さい「あくまで報告書による是正勧告だと」言う様に。
しかし報告書が出鱈目な場合・・・腹をくくるしかないのでしょうか。

読みづらい文章、且つ長くなりましたが御健闘をお祈り致します。

ホテル、旅館の類ですと地階、F≧3又は面積>300m2であれば建築基準法12条により特殊建築物の定期調査報告が3年に1度義務付けられています。
(設備は1年に1度、期間や規模は地域の条例で若干異なる場合があります)

昇降機以外は大抵建築士がします。(他の有資格者も可ですが)
私の勤める設計事務所でもホテルなどやっておりますが、今ケース程ではないですがひどいコンクリート亀裂等が見つかる事はままあります。
その場合報告書には危険度合いをABCDに分け記入、概要とヵ所を別紙に書きます。
それ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報