消費税法の別表第一の項目のどれにも属さないように思うのですが、どこに定められているのでしょうか?
また、エレベータなどの法定検査も非課税なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

わたしは、「国等へ支払う」と書いていますように、「国へ支払う」手数料とは、書いていません。

で、調べてみましたが、令12-2に、法令に基づき国又は地方公共団体の委託又は指定を受けた者が法令に基づき行う次に掲げる事務に係る役務の提供として列挙されています。おそらく、これによって決められているのだと思われます。ここにあがっている浄化槽法第7条の検査云々の検査にあたるのだろうと思われます。よって、エレベーターにも同様の規定があれば、非課税ではないかという推定は可能だろうと思われます。
手持ちの資料が、十分ではないため、これ以上は分かりません。具体的な運用については、税務署等に問い合わせると分かると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にお答え頂き、ありがとうございます。
手数料の件は、No.2への補足をコピペしたためこのようなことになってしまい申し訳ございません。m(__)m

お礼日時:2001/10/31 17:57

 国へ支払う手数料などは、消費税がかかりません。

200円の印紙は今も200円です。

 ただし、法定検査を受けるに当たり、業者に貯水槽の清掃消毒を委託した場合の委託料には当然消費税がかかります。

この回答への補足

法定検査料を請求しているのは業者です。また、領収書を発行しているのも業者ですが、それでも「国へ支払う手数料」なのでしょうか?

補足日時:2001/10/30 17:45
    • good
    • 1

消費税基本通達6-5-1に、国等へ支払う手数料で非課税になるものが定められています。

この(2)の3か4にあたるように思われます。ただ、私の持っている法令集は古いので、新しいので確認してください。
つまり、法律に決められている登録をしないと使えないようなものや強制的に検査を受けるものについては、その性質上、非課税とするのでしょう。

この回答への補足

法定検査料を請求しているのは業者です。また、領収書を発行しているのも業者ですが、それでも「国へ支払う手数料」なのでしょうか?
エレベータの法定検査料は、業者より課税されて請求がきますが何故でしょうか?

補足日時:2001/10/30 17:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合併浄化槽の工事価格について

長野は南信に住むために中古住宅を購入することになり、合併浄化槽を設置することになりました。
北側の台所から東に4間、東の角のトイレから南側まで6間で設置予定箇所になります。
トイレは現在は汲取りで小と大に分かれており、それを1つにして水洗便器を取付けたいと思います。
見積を取りましたところ、230万超えの見積が参りました。
内訳は、
 浄化槽工事   855,000円
 汚水管工事   315,500円
 放流管工事    77,000円
 給水管工事   207,000円
 トイレ改修工事 493,000円
 電気工事     45,000円
 諸経費     247,500円

その他電力会社へ100,000円程
すべて、税抜き価格です。
事前に調べた金額より随分と高いように思いますが、やはりこの位の金額がかかってしまうのでしょうか?
説明不足もあるでしょうが、教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

 記載が大雑把すぎるので何とも言えない部分があり、他からも見積りとった方が速いし正確だと思いますが、一応。
 浄化槽工事   855,000円
 少し高めの設定かも知れませんが、地盤の状況等によりますね。地域差もあります。
 汚水管工事   315,500円
 便槽の解体等も含まれていると思われます。特に高いとは感じません(距離の問題なんかもありますが)。
 放流管工事    77,000円
 結構距離があるのでしょうか? 少し高いのかなー?
 給水管工事   207,000円
 トイレの追加のみなら高いですね。浄化槽の為に迂回するとかあるのでは? 自治体によってはトイレを増やす事で栓数の関係からメーターや管口径の変更を求められる場合がありますがどうなんでしょう?
 トイレ改修工事 493,000円
 便器本体の金額次第だと思いますが、大工さんなんかもかかりますからねー。内訳分からないとなんとも・・。

 結局は内訳がハッキリしないので曖昧な回答になってしまいます。すいません。助成金が出るので高い見積り出してきてる可能性はあります。
 
 

 記載が大雑把すぎるので何とも言えない部分があり、他からも見積りとった方が速いし正確だと思いますが、一応。
 浄化槽工事   855,000円
 少し高めの設定かも知れませんが、地盤の状況等によりますね。地域差もあります。
 汚水管工事   315,500円
 便槽の解体等も含まれていると思われます。特に高いとは感じません(距離の問題なんかもありますが)。
 放流管工事    77,000円
 結構距離があるのでしょうか? 少し高いのかなー?
 給水管工事   207,000円
...続きを読む

Q印紙税 / 課税・非課税について

印紙税について、教えてください。

医療法人や医師が作成した文書は非課税文書となるとのことですが、
保険調剤薬局の場合はどうなるか、で確認したいことがあります。

確か、薬剤師個人が作成するなら、非課税ですよね。
ですが、薬局(会社)として作成する場合、営業に関しない受取書
に該当しないため課税となる、ということで宜しいのでしょうか。

もうひとつ、非営利団体等が母体の薬局ってどの位あるのでしょうか、
その場合は非課税なのでしょうか。

以上について、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>医療法人や医師が作成した文書は非課税文書となるとのことですが・・

私は初耳ですが。

>保険調剤薬局の場合はどうなるか・・

保険調剤薬局が作成した文書は非課税、ということはないと思います。

>非営利団体等が母体の薬局ってどの位あるのでしょうか、

残念ですが知りません。

>その場合は非課税なのでしょうか。

課税だと思います。

Q浄化槽から下水への切り替え工事の費用について

浄化槽から下水への切り替え工事の費用について教えてください。
現在、我が家は小型合併浄化槽5人槽を設置していて、その上は駐車場として車を置いています。
市が、駐車場の入り口まで工事をして(浄化槽本体から1.5mの距離)最終汚水枡の取り付けをしました。(無償)
そこからの切り替え工事は、自分で業者に頼んで行わなければいけません(自己負担)
家は6年前に建てました。その時に、何年か先に下水に切り替わることがわかっていたので、
簡単に下水に切り替えできるようにお願いして、浄化槽を取り付けてあります。
一つの業者に見積もりをもらったのですが、それが適正価格かどうか教えてください。
工事によって、それぞれ状況が違うので、はっきりした金額はわからないと思いますが、以上のような状況で工事すると、どのくらいの金額になるのか、わかれば教えてください。
よろしくお願い致します。建物内の工事はありません。
見積もりは以下の通りです。


浄化槽廃止下水道直結工事

浄化槽廃止工事  合併浄化槽   1式         125,000 (上部撤去、底部穴あけ埋め戻し)

排水設備工事
   排水管     VU100     4.8m×7,100      34,080
   小口径枡    150 DR      1個          33,000

その他付帯工事
カッター切りコンクリート(ガレージ)  11m×2,050     22,550
外溝及び土間復旧補修        3.7m×24,400    90,280
その他雑工事              1式          25,000
浄化槽埋め戻し 真砂         1式          31,000
コンクリート土間着色作 
コンクリート(ガレージ)         1式          24,500

残土ガラ撤去運搬処分費       1式          41,500

諸経費(調査・設計・申請)       1式          55,000

   合  計                            481,910
   消費税                             24,096
   工事費合計                         506,006

特記事項 ※最終の汲み取り費用は含まれておりません。
       ※汚水最終枡は含まれておりません。

浄化槽から下水への切り替え工事の費用について教えてください。
現在、我が家は小型合併浄化槽5人槽を設置していて、その上は駐車場として車を置いています。
市が、駐車場の入り口まで工事をして(浄化槽本体から1.5mの距離)最終汚水枡の取り付けをしました。(無償)
そこからの切り替え工事は、自分で業者に頼んで行わなければいけません(自己負担)
家は6年前に建てました。その時に、何年か先に下水に切り替わることがわかっていたので、
簡単に下水に切り替えできるようにお願いして、浄化槽を取り...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
No.4です。
以下に補足します。

>浄化槽は上部撤去して埋めると聞いて、それが通常なのかと思っておりました。
>全て掘り起こしたほうがいいのでしょうか?
>その理由をよろしければ教えていただけますか?

要は、今後の土地の利用の制限を受けるからです。
産業廃棄物ではないけど、邪魔物が地中に居座るわけですからね。
FRP程度なら将来建物を建て替えるときに杭でも打ち抜けそうな気がしますが、ベタ基礎なら不同沈下の原因になりかねないし、障害物であることに変わりはありません。
私なら「瑕疵のある敷地」と判断します。
今後、今のままで土地と建物を売却するときも、地中に浄化槽を放置したままであることを買い手側に告げなければなりません。

ごく簡単に(安く)済ませるのなら、全く撤去をせず砂を充填しただけ、というのも聞いたことがありますが、自分にはアンビリーバブル。
禍根を先送りしただけ。
いずれかなりの利息を払わなければならないでしょう。

鉄筋コンクリートなどの強固な浄化槽なら撤去も大変ですが、FRPならそんなに大変じゃないと思いますよ。
普通なら、この50万程度の見積もりで撤去までできそうな気がしますが。

あと、VPとVUの違いですが、こんなサイトがありましたのでご参考に。
管理人には無許可ですが(汗)
http://www.enbikan.com/kind.html
要は、管の肉厚が違うんですよ。
私は比較的大きな建物に関する仕事をしています。
たとえ荷重がかからない場所であったとしても、設計ではVPですね。
VUというと、雨樋程度のイメージです。
たとえ住宅の車庫の下といえどもそこそこの荷重が予想され、管が壊れたときにそう簡単に修理はできませんから、VP管をお勧めした次第です。

VPもVUも、1本の長さは4mです。
なもんで、質問者さんの場合はギリギリ2本ですね。
どっちも単価はたいして変わらないし、施工費用は同じですよ。

それと、蛇足ですが最終桝の設置と、そこから下水道本管への接続に関しては自治体側の持ち出しでよろしいですか?
道路に埋設されている下水道本管までの接続を考えると、道路の掘削や復旧含め相当な出費になると思いますが。

こんばんは。
No.4です。
以下に補足します。

>浄化槽は上部撤去して埋めると聞いて、それが通常なのかと思っておりました。
>全て掘り起こしたほうがいいのでしょうか?
>その理由をよろしければ教えていただけますか?

要は、今後の土地の利用の制限を受けるからです。
産業廃棄物ではないけど、邪魔物が地中に居座るわけですからね。
FRP程度なら将来建物を建て替えるときに杭でも打ち抜けそうな気がしますが、ベタ基礎なら不同沈下の原因になりかねないし、障害物であることに変わりはありません。
...続きを読む

Q郵便料金の消費税課税時期は?

郵便料金を郵便局の窓口で現金で支払いをする時は料金に内税として消費税が課税されていますが、切手を貼って郵便を出す時はいつの時期に課税処理すればいいのでしょうか?それとも、課税処理はしないものなのでしょうか?
切手は非課税ですので、購入の時に消費税は課税されません。同じ役務の提供を受けながら一方は非課税で一方は課税ではおかしいと思います。
通常はどのような処理をされているのでしょうか?

Aベストアンサー

#1のお礼に書かれている
>使った時とは切手を貼った時と理解すればよいのでしょうか?

おおよそそういうことですが厳密には切手を貼ってポストに投函したとき、ということになると思います。

#1に補足します。厳密な仕訳処理は
(1)80円切手を購入したとき
切手(資産)80/現金預金80

というふうに切手を資産計上し、(このときの切手購入は非課税仕入です)

(2)80円切手を貼って封筒をポストに投函したとき
通信費(費用)80/切手(資産)80

このときの通信費が課税仕入(通信費80円は税込み金額)です。

税抜経理の場合は
通信費77 /切手80
仮払消費税3/

となります。

しかしこのような処理は煩雑なので#1で書いたように継続的適用が条件(だったと思います)で

(1)80円切手を買ったとき
通信費(費用)80/現金預金80
(通信費80円は課税仕入れで税込み金額)
または
通信費77 /現金預金80
仮払消費税3/

という処理をしてもよいということです。

さらに補足で切手と同じようなもので、テレホンカードとかハイウェイカードなど(消費税法では「物品切手」といいます)も同じような扱いができますが、こういったものは贈答用にする(自分で使わないで他者に譲る)場合もあるのでそういったときは買ったときに課税仕入処理できませんので注意が必要です。あくまでも自分で買って自分で使う場合に上記の例外的処理ができます。

#1のお礼に書かれている
>使った時とは切手を貼った時と理解すればよいのでしょうか?

おおよそそういうことですが厳密には切手を貼ってポストに投函したとき、ということになると思います。

#1に補足します。厳密な仕訳処理は
(1)80円切手を購入したとき
切手(資産)80/現金預金80

というふうに切手を資産計上し、(このときの切手購入は非課税仕入です)

(2)80円切手を貼って封筒をポストに投函したとき
通信費(費用)80/切手(資産)80

このときの通信費が課税仕入(...続きを読む

Q一人暮らし用の浄化槽

汲み取り式トイレを水洗(浄化槽設置)にしたいのですが、メーカーのカタログを見ると、小さいものでも5人槽で、価格も70万円前後するようです。
もっと小型の一人槽などは無いのでしょうか。

Aベストアンサー

お住まいはどちらですか?
全国的にも、約2,200にのぼる市町村が補助制度を実施しており、小型で高性能の合併処理浄化槽が普及しています。

確認されたらどうでしょうか・・・

http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%b9%e7%ca%bb%bd%e8%cd%fd%be%f4%b2%bd%c1%e5+%ca%e4%bd%f5%b6%e2%c0%a9%c5%d9&fr=top

Q親族間の金銭消費貸借契約による債務の放棄を受けた場合についての課税について教えてください。

わたし(B)が祖父(A)から、住宅取得のための頭金として、1千万円程度の金銭を譲り受けることを予定しています。

それで、そのまま譲り受けると贈与税がかかるため、
きちんと金銭消費貸借契約を締結し、利息を確定し、毎月Aに定期に口座振込みにて返済していくことを予定しています。

その場合で、もしAが死亡した場合で、相続の単純承認をしたその相続人(C)がAのBに対する本債権を放棄してくれた場合、
残りの返済残額に対してAはどのような課税を受けることになるのでしょうか?(Aは相続人にはなりませんが、Aの母親が相続人になります。)

また、Aが生存中に本債権の放棄をした場合、残りの返済残額に対してAはどのような課税を受けることになるのでしょうか?


AがB(またはC)より債権放棄を受けた債務残額分については、贈与を受けたということでそこで贈与税が課税されるのでしょうか?

または、B(またはC)より債権放棄を受けた債務残額分については、所得として所得税が課税されるのでしょうか?

それとも、何らかの別の税が課せられるのか、または単に債権の放棄として不課税となるのでしょうか?


その他、親族よりこのような住宅取得のための頭金として1千万円程度の金銭を譲り受ける場合で、いい節税方法があれば教えていただけると嬉しいです。

よろしくお願いしますm(_ _)m

わたし(B)が祖父(A)から、住宅取得のための頭金として、1千万円程度の金銭を譲り受けることを予定しています。

それで、そのまま譲り受けると贈与税がかかるため、
きちんと金銭消費貸借契約を締結し、利息を確定し、毎月Aに定期に口座振込みにて返済していくことを予定しています。

その場合で、もしAが死亡した場合で、相続の単純承認をしたその相続人(C)がAのBに対する本債権を放棄してくれた場合、
残りの返済残額に対してAはどのような課税を受けることになるのでしょうか?(Aは相続人にはな...続きを読む

Aベストアンサー

>Aが死亡した場合で、相続の単純承認をしたその相続人(C)がAのBに対する本債権を放棄してくれた場合、残りの返済残額に対してAはどのような課税を…

日本の税制度として、死んだあとに発生した事案に対し、死人が新たに課税されることはありません。

>Aが生存中に本債権の放棄をした場合、残りの返済残額に対してAはどのような課税を…

これも、贈与した側に課税されることはありません。

>AがB(またはC)より債権放棄を受けた債務残額分については、贈与を…

「A(孫)が B(祖父)より債権放棄」という日本語が分かりません。
もし、「Bが Aより債権放棄」とを書き間違えただけなら、Bが Aの法定相続人でなければ、そのままでは贈与になります。
法定相続人全員が同意して、あなたを相続人の一人に加えてもらえれば、贈与ではなく「相続」となります。
相続税は、他の相続財産がどれだけあるかによって違ってきますが、贈与税よりははるかに少なくて済みます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/souzoku.htm

>債権放棄を受けた債務残額分については、所得として所得税が課税されるの…

所得税ではなく、「贈与税」です。

>それとも、何らかの別の税が課せられるのか、または単に債権の放棄として不課税と…

これはどちら側の話ですか。
貸したほうは、貸し金が戻ってこなくて損をしているのに、税が課せられたりする馬鹿なことはありません。
借りたほうは、前述のとおり贈与を受けたことになります。

>、親族よりこのような住宅取得のための頭金として1千万円程度の金銭を譲り受ける…

祖父母ではなく父母からなら、「相続時精算課税」制度を利用することができる場合があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/zouyo35.htm

一方、祖父に
「この貸し金の残債は孫 Bに遺贈する」
との遺言書を残してもらえば、贈与ではなく「相続」となります。
この方法がいちばん現実的かと思います。

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

>Aが死亡した場合で、相続の単純承認をしたその相続人(C)がAのBに対する本債権を放棄してくれた場合、残りの返済残額に対してAはどのような課税を…

日本の税制度として、死んだあとに発生した事案に対し、死人が新たに課税されることはありません。

>Aが生存中に本債権の放棄をした場合、残りの返済残額に対してAはどのような課税を…

これも、贈与した側に課税されることはありません。

>AがB(またはC)より債権放棄を受けた債務残額分については、贈与を…

「A(孫)が B(祖父)より債権放棄」...続きを読む

Q浄化槽について。

私の住む町ではある一部は未だに浄化槽設置をしないといけない地域があります。町の3分の2は町の下水管が通っているのですが山間部のため町の下水処理場より土地が低い地域はすべて浄化槽です。
この浄化槽も今まではトイレの排水のみだけでした。しかし数年後に台所、お風呂などの生活排水はすべて浄化槽へ流れるように設置しなければならなくなるのですが今使用している浄化槽でその工事が出きる物なのでしょうか?それともそれなりの浄化槽に替える必要が出てくるのでしょうか?
もしおわかりの方がいらっしゃいましたら教えてください。
今使用の浄化槽にちょっと工事を加えるだけで住むなら費用もそんなに高くないと思うのですが今ので何とかならないとなると今の浄化槽を取って新たな浄化槽を設置するようになるかと思います。そうなると莫大な金額が飛んでいくと思うのですが・・

Aベストアンサー

 簡単に説明しますね、今現在使用している浄化槽に、なんらかの工事をしても駄目です。
あくまでも単独浄化槽はトイレのし尿だけの処理が目的の構造ですから。

ただし浄化槽自体が痛んでなければ合併浄化槽に伏せかえる必要はありません、雑排水やお風呂等で利用したものが雑排槽に流れていますので現状でも問題ありません。

まぁ環境検査事業団では、みなし浄化槽→単独浄化槽の事なんですが
浄化槽の処理機能があまり良くないので合併浄化槽に布設替えしろってうるさいのは現状ですね。

例えば合併浄化槽に布設替えたとしても予算的には

浄化槽本体でフジクリーンのCE-5でしたら12万程度で買えます。
これは配送料金やブロワーも込みの金額です。

上記は住んでる建物により浄化槽の人相は変わるのであくまで例です。

そして配管工事ですが建物や土地の構造にもよりますが
コンクリートやインターロッキング等がうってある地面等で値段が変わりますので、これは一概には値段が出せませんが掘削するのに重機が
入れる場所であれば金額もそんなに高くならないと思いますよ。
補助金もありますので、場所によっては補助の対象外地区がありますので、それはご自身で確認された方がいいかと思われます。

使用している浄化槽が破損していないで問題なければ現状のままでも平気だと思います。

 簡単に説明しますね、今現在使用している浄化槽に、なんらかの工事をしても駄目です。
あくまでも単独浄化槽はトイレのし尿だけの処理が目的の構造ですから。

ただし浄化槽自体が痛んでなければ合併浄化槽に伏せかえる必要はありません、雑排水やお風呂等で利用したものが雑排槽に流れていますので現状でも問題ありません。

まぁ環境検査事業団では、みなし浄化槽→単独浄化槽の事なんですが
浄化槽の処理機能があまり良くないので合併浄化槽に布設替えしろってうるさいのは現状ですね。

例えば合併浄...続きを読む

Q相続税 非課税額の計算

生命保険    6,000万
現金・貯金  12,000万
家屋評価額  1,000万    合計 19,000万 を

妻+子供2人=3人 で相続する場合の非課税額を教えて下さい。
亡くなった主人は、定年していたので無職でした。

生命保険控除 500万×3人=1,500万
基礎控除   5,000万+3,000万(3人×1000万)=8,000万
合計・・・・・・・・9,500万

課税対象額 19,000-9,500= 9,500万 で正しいですか?
無職だったので、やはり退職金控除は受けられないのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

>3,000万円(生命保険金、死亡退職金の非課税額)と回答に書いてあります。
↑これは全くの間違いですか?
「退職金控除」ではなく「死亡退職金の非課税枠」のことですね。
お父様は無職だったんですよね。
退職金はもらえませんので、その非課税枠というものも関係ありません。
死亡退職金をもらえば、その分について生命保険金と同じように非課税分があるということです。

>証券なども取引しているのですが、生前に解約しておいた方が良いでしょうか?
生前に解約するのと死後解約するのとで戻ってくる金額が変わったりするのでしょうか?
MMF、MRF、投資信託のことでしょうか。
変わりません。
なので、どっちでも同じことです。

それとも、株式のことでしょうか。
株の場合は、亡くなった日、もしくはその月、前月、前々月の平均株価のうち、最も低い金額で計算しますので何とも言えません。

Q合併処理浄化槽の製造はいつから

 中古住宅の購入を考えていますが、浄化槽が合併処理浄化槽か単独処理浄化槽か、よくわかりません。

 合併処理浄化槽がいつから製造されるようになったかわかれば、それ以前に建築されたものであれば、単独浄化槽だということがわかります。

 合併処理浄化槽が最初に製造されたのはいつごろでしょうか。また、いつごろから、一般に普及するようになったのでしょうか。

 お手数ですが、教えてください

Aベストアンサー

 こんにちは。
 合併処理浄化槽の製造開始は昭和56年頃と言われていますが、特殊施設等でしか採用されていなかったようです。
 合併処理浄化槽は、昭和63年に厚生省が『合併処理浄化槽設置整備事業』実施計画を内示し、全国で普及しています。平成9年の6月には単独処理浄化槽の新設廃止が施行されました。合併処理浄化槽が急速な普及を開始した理由は、高額な設備ではありますが、国家予算の補助金交付が背景にあるといえます。
 しかし、今年度で新築住宅への補助金交付は廃止される市町村が多くなります。この補助金は国の補正予算と市町村の交付金で成り立っていましたが、国家財政の悪化により、市町村への補正予算がゼロになった為だと言われています。
 しかし、既存の単独処理浄化槽を合併処理浄化槽に変換する場合には補助金が暫くの間は継続される見通しなので、購入予定の物件が単独処理浄化槽の場合にはお早めに工事され、補助金の申請をされる事をお勧め致します。平成9年以降に新築された物件では合併処理浄化槽を採用しているものが殆どですが、それ以前は混在していましたので、年式では区別できません。そこで、簡単な見分け方を紹介致します。
~単独処理浄化槽と合併処理浄化槽の見分け方~
(1)浄化槽の蓋の数(単独は2個 合併は3個が殆どですが、合併でも蓋2つのものがある)
(2)台所・お風呂の排水放流先(台所・お風呂の排水が直接側溝に流れていくなら単独)
  以上の2点を確認されれば、確実に見分けができます。

 こんにちは。
 合併処理浄化槽の製造開始は昭和56年頃と言われていますが、特殊施設等でしか採用されていなかったようです。
 合併処理浄化槽は、昭和63年に厚生省が『合併処理浄化槽設置整備事業』実施計画を内示し、全国で普及しています。平成9年の6月には単独処理浄化槽の新設廃止が施行されました。合併処理浄化槽が急速な普及を開始した理由は、高額な設備ではありますが、国家予算の補助金交付が背景にあるといえます。
 しかし、今年度で新築住宅への補助金交付は廃止される市町村が多くな...続きを読む

Q消費税法 輸出免税or非課税?

消費税法の問題です。
A社のこの取引は輸出免税とされるのか、それとも非課税取引とされるのか教えて下さい。

A社が外国の取引先B社(非居住者)に対する貸付金の利息30,000円を受け取った。

Aベストアンサー

> しかし、この消費税の問題では、
> 課税売上割合を求める際に、輸出取引扱いになってるんですよ。
> 非課税取引であれば分子にしか30,000円を加えないはずです。
消費税法31条
「非課税資産の輸出等を行つた場合の仕入れに係る消費税額の控除の特例」ですね。(以下、条文を若干読みやすくしたものを記載します。)

事業者が国内において非課税資産の譲渡等のうち輸出取引等に該当するものを行つた場合において、当該非課税資産の譲渡等が輸出取引等に該当するものであることにつき、財務省令で定めるところにより証明がされたときは、当該非課税資産の譲渡等のうち当該証明がされたものは、課税資産の譲渡等に係る輸出取引等に該当するものとみなして、第30条(仕入れに係る消費税額の控除)の規定を適用する。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報