痔になりやすい生活習慣とは?

「f(x)=tanxのマクローリン展開をn=3まで求めなさい」という問題について、悩んでいます。

f(x)=sin(x)やf(x)=cos(x)の例を参考に、f'(0)、f''(0)、f'''(0)より級数形式の一般項を求めようとしました。

tanx=sinx/cosxなので、f'=1/cos^2xですが、このままf''、f'''と求めるのは大変面倒な気がします。

最終的な回答は、x+x^3/3+2x^5/15+34x^7/315らしいのですが、こちらから一般項に辿り着けません。

わかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
できましたら、途中の進め方を詳しくお願い致します。

A 回答 (3件)

1/(cosx)^2=1+(tanx)^2という公式をフル活用します。


tanxをxで微分すると
(tanx)'=f'(x)=1/(cosx)^2=1+(tanx)^2
となります。
あとは
f''(x)=2*(tanx)*(tanx)'=2tanx+2*(tanx)^3
f'''(x)=2(tanx)'+2*3*(tanx)^2*(tanx)'=2+8tanx^2+6(tanx)^3
といった感じで、f''(x)、f'''(x)、…は計算できます。

この回答への補足

微分のヒントを頂き、ありがとうございました。

n次の微分を計算していき、x->0とすると、

微分次数が
奇数時は f',f''',f'''''…=f(2n+1)=1,2,16,272…、
偶数時は f,f'',f''''…=f(2n)=0
(上記f( )内は微分次数のつもりです)

となるのは分かりました。
力技で、回答には辿り着けましたが、うまく一般項にできません。

つまり、tanx=Σ([?]*x^(2n+1)/(2n+1)!)と表記するにあたり、1,2,16,272…(n=0,1,2,3…のとき)を一般化して[?]に表すにはどうすればよろしいでしょうか。

もう少しのお助けをお願い致します。

補足日時:2005/09/25 17:44
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答いただき、ありがとうございました。

微分を進めて、何とか回答に辿り着きましたが、一般項がうまく求められません。

補足を記入しましたので、もう少しお助けいただけますと、幸いです。

お礼日時:2005/09/25 17:53

最も標準的な方法はやはり f^{(n)}(x) を次々計算する方法でしょう.


具体的テクニックは No.1 で yoikagari さんが書かれているとおりです.

ただし,今の場合はもう少し簡便にやる方法もあります.
n=3 までということは x^3/3 の項まで求めよということでしょうね.

sin(x) = x - x^3/3! + x^5/5! - ・・・
    = x(1+f)
f = -x^2/3! + x^4/5! - ・・・
と書き,同様に
cos(x) = 1 - x^2/2! + x^4/4! - ・・・
    = 1-g
g = x^2/2! - x^4/4! + ・・・
としておきます.
tan(x) = sin(x)/cos(x) ですから
tan(x) = x(1+f)/(1-g)
    = x(1+f)(1+g+g^2+g^3+・・・)
となります.
右辺全体に x がかかっていますから,x^3 のオーダーまで求めるには
(1+f)(1+g+g^2+g^3+・・・) で x^2 のオーダーまで求めればよいわけです.
f も g も x^2 から始まりますから,
(1+f)(1+g+g^2+g^3+・・・) = {(-1/3!)+1/2!}x^2 + (x^4 以上の項)
となり,
{(-1/3!)+1/2!} = 1/3
から
tan(x) = x + x^3/3 + ・・・
が分かります.
これくらいでしたらほとんど暗算で済みますね.

n=5 までやるのでしたら,
(1+f)(1+g+g^2+g^3+・・・) で x^4 のオーダーまで求める必要があります.
この場合は
(a) 1+f の x^4 のオーダーの項と(1+g+g^2+g^3+・・・) の1との積
(b) 1+f の 1と (1+g+g^2+g^3+・・・) の x^4 のオーダーの項の積
(c) 1+f の x^2 のオーダーの項と(1+g+g^2+g^3+・・・) の x^2 のオーダーの項の積
の3つが x^4 に寄与します.
(a) から来る寄与は 1/5!
(b) から来る寄与は
  g そのものから -1/4!,
  g^2 から (1/2!)^2
(c) からは -(1/3!)×(1/2!)
合わせて
1/5! - 1/4! + (1/2!)^2 - (1/3!)×(1/2!) = 2/15
なので,
tan(x) = x + x^3/3 + (2/15)x^5 + ・・・
こっちはちょっと暗算では無理か(少なくとも私には).

なお,一般項がシンプルな形に書ける方がむしろ珍しいです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

sin(x) ,cos(x)は例題に詳しい回答があるため展開形の商も考えたのですが、ご紹介の手法が思いつきませんでした。

なお、例題の回答はsin(x) ,cos(x)がシンプルな一般項になっていたため、tan(x)も同様になるのかと思った次第です。

お礼日時:2005/09/27 06:23

まず,関数の冪級数展開をしたときに


その一般項がお望みのように

tanx=Σ([?]*x^(2n+1)/(2n+1)!)

のような「すっきりした形」で書けるという
保証はないんです.
実際,ある種の数列{A_n}は
ある関数f(x)を冪級数展開した際に
f(x)=Σ(A_n/n!) x^{n} ----(1)
と現れる係数であるという風に定義されるものも
あります.

さて,本題.じつはtan(x)も
この手の仲間です
ベルヌーイ数と呼ばれる値B_nを用いて
tan(x) =
Σ( (B_n(-4)^n (1-4^n) ) / (2n) )x^(2n-1)
なんていうに表せます.

それでベルヌーイ数B_nというのは
f(x)=x/(e^{x}-1)
を冪級数展開したときの
上の(1)で定義される数列です
B_0=-1
B_n=(-1)/(n+1) Σ_{i=0}^{n-1} (n+1 i) Bi
ここで(n+1 i)は二項係数
ベルヌーイ数ってのは
こういう関数の展開とかには結構よくでてくる
不思議な数列です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足への回答ありがとうございます。

さすがにベルヌーイ数は、今回の問題に対する事前例題に説明すらありませんので、「n=3まで」=「手作業で到達できるところまで」という問題と解釈します。

お礼日時:2005/09/25 21:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qarcsinのマクローリン展開について

arcsinxのマクローリン展開は、どのようにすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

マクローリン級数展開

Qe^-2xの積分

e^-2xの積分はどうしたらよいのでしょうか…。e^xやe^2xsinxなどはのってるのですがこれが見つかりません。お願いします。

Aベストアンサー

いささか、思い違いのようです。

e^-2x は、 t=-2x と置いて置換してもよいけれど、牛刀の感がします。

e^-2x を微分すると、(-2)*( e^-2x )となるので、

e^-2x の積分は、(-1/2)*( e^-2x )と判明します。

QtanhXの近似式について

三角関数のtanhで
 tanhXでX→0の時、tanhX=X
 X→∞の時、tanhX=1
という近似式が成り立つと教科書に書かれているのですが、なぜ成り立つのでしょうか?証明の仕方を教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヒントだけ...。

[定義]
  tanh(x) = sinh(x)/cosh(x) = {e^(+x) - e^(-x)}/{e^(+x) + e^(-x)}

・ x=0 の近傍での一次近似
  e^(±x) ≒ 1±x

・ x →∞のとき、e^(+x)→∞、e^(-x)→ 0

あとは、定義へ代入、です。

---------------------------
>tanhは双曲線関数というようですね。

左様。

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Q偏微分の記号∂の読み方について教えてください。

偏微分の記号∂(partial derivative symbol)にはいろいろな読み方があるようです。
(英語)
curly d, rounded d, curved d, partial, der
正統には∂u/∂x で「partial derivative of u with respect to x」なのかもしれません。
(日本語)
ラウンドディー、ラウンドデルタ、ラウンド、デル、パーシャル、ルンド
MS-IMEはデルで変換します。JIS文字コードでの名前は「デル、ラウンドディー」です。

そこで、次のようなことを教えてください。
(1)分野ごと(数学、物理学、経済学、工学など)の読み方の違い
(2)上記のうち、こんな読み方をするとバカにされる、あるいはキザと思われる読み方
(3)初心者に教えるときのお勧めの読み方
(4)他の読み方、あるいはニックネーム

Aベストアンサー

こんちには。電気・電子工学系です。

(1)
工学系の私は,式の中では「デル」,単独では「ラウンドデルタ」と呼んでいます。あとは地道に「偏微分記号」ですか(^^;
その他「ラウンドディー」「パーシャル」までは聞いたことがあります。この辺りは物理・数学系っぽいですね。
申し訳ありませんが,あとは寡聞にして知りません。

(3)
初心者へのお勧めとは,なかなかに難問ですが,ひと通り教えておいて,式の中では「デル」を読むのが無難かと思います。

(4)
私はちょっと知りません。ごめんなさい。ニックネームは,あったら私も教えて欲しいです。

(2)
専門家に向かって「デル」はちょっと危険な香りがします。
キザになってしまうかどうかは,質問者さんのパーソナリティにかかっているでしょう(^^

*すいません。質問の順番入れ替えました。オチなんで。

では(∂∂)/

Qlogとln

logとln
logとlnの違いは何ですか??
底が10かeかということでいいのでしょうか?
大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??
解説お願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場合があります。

私の大学時代と仕事の経験から言いますと・・・

【eを用いるケース】
・数学全般(log と書きます)
・電子回路の信号遅延の計算(ln と書く人が多いです)
・放射能、および、放射性物質の減衰(log とも ln とも書きます。ただし、eではなく2を使うこともあります。)

【10を用いるケース】(log または log10 と書きます)
・一般に、実験データや工業のデータを片対数や両対数の方眼紙でまとめるとき(挙げると切りがないほど例が多い)
・pH(水溶液の水素イオン指数・・・酸性・中性・アルカリ性)
・デシベル(回路のゲイン、音圧レベル、画面のちらつきなど)

ご参考になれば。

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場...続きを読む

Qlim[n→∞](1-1/n)^n=1/e について

こんにちは

lim[n→∞](1+1/n)^n=e
が成り立つことは簡単に示せるのですが、
lim[n→∞](1-1/n)^n=1/e
となることの証明はどのようにすればいいのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

e=lim(1+t)^(1/t)   〔t→0〕
がeの定義なので、(t→+0でもt→-0でもOK)
-1/n=tとおきます。

n→∞のとき、t→-0なので、
(与式)=lim(1+t)^(-1/t)   〔t→-0〕

これを変形すると、
=lim{(1+t)^(1/t)}^-1   〔t→-0〕
=e^-1
=1/e

高校の範囲なら、この証明で大丈夫です。

Q身近なもので加速度を測る方法って何がありますか?

身近なもので加速度を測る方法って何がありますか?
学校でそうゆう課題がでたんですけど..
単に深く考えずに車で静止した状態から走って距離とかかった時間時間測ればいいんですかね?

Aベストアンサー

>単に深く考えずに車で静止した状態から走って距離とかかった時間時間測ればいいんですかね?

はい、それである程度は。ただし加速度が一定という前提なので、アクセルを同じにして、均一に加速したとすると・・・・という近似値になります。

静止からの動き出しは誤差も大きそうですが、スピードが速くなれば、たとえば高速で、80から、90KMまで何秒かかるかを測ると、比較的正しい数値になると思いますよ。

Q∫1/(x^2+1)^2 の不定積分がわかりません

∫1/(x^2+1)^2 の不定積分がわかりません

答えは

( 1/2 )*( (x/(x^2+1)) + tan-1(x) )

となるようですが、過程がまったくわかりません。
部分積分、置換積分、部分分数分解をためしてみましたが、できませんでした・・・。

見づらく申し訳ありません。画像を参照していただければと思います。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

1/(x^2+1)^2 = (x^2+1)/(x^2+1)^2 - x^2/(x^2+1)^2
= 1/(x^2+1) - (1/2) x・(2x)/(x^2+1)^2
と分解しよう。

∫{ x・(2x)/(x^2+1)^2 }dx は、
∫{ (2x)/(x^2+1)^2 }dx が容易であることを用いて、
部分積分する。

∫{ 1/(x^2+1) }dx は、arctan の定義式だから、
知らなければどうしようもない。
(x=tanθ と置くのは、結論の先取で好ましくない。)

Qタンジェントとアークタンジェントの違い

タンジェントとアークタンジェント、サインとアークサイン、コサインとアークコサインの違いをすごく簡単に教えてください。

Aベストアンサー

タンジェントやサイン、コサインは、角度に対する関数です。
例えば
 tan60°=√3
のような感じで、角度を入力すると、値が出てきます。

逆に、アークタンジェントなどは、数値に対する関数です。
 arctan√3=60°
などのように、数値を入力すると角度が出てきます。

そして、タンジェントとアークタンジェントの関係は、
springsideさんも書いてありますが、逆関数という関係です。
逆関数というのは、原因と結果が逆になるような関数です。
例えば、
  45°→タンジェント→1
  1  →アークタンジェント→45°
のように、「1」と「45°」が逆の位置にありますよね?
こういう関係を、「逆関数」というんです。

どうでしょう、わかりましたか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング